PR(アフィリエイト) article type icon レビュー

鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた

鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた
鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた

◆本記事はプロモーションが含まれています。

「極細なのになめらか」がキャッチフレーズのボールペン『シグノ』のライトブルーカラーを使ってみました。『シグノ』の公式サイトには「鮮やか」「なめらか」「にじまない」の言葉がみられ、口コミもポジティブな意見が多かったです。この記事では、『シグノ』のライトブルーカラーを実際に使って書き心地、色合いなどを検証してみました。『シグノ』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品、住まい・DIY
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」「住まい・DIY」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

シグノの0.38mmを購入して使ってみました

シグノ全体
シグノ全体

筆者は、メモ帳にカラーボールペンを使いたくて購入しても、「色がうまくでない」「薄い」「かすれる」と感じたことが何度かありました。筆者と同じように購入しても満足できるカラーボールペンに出会えなかった経験をしたことがある人もいるはずです。

そこでお試しいただきたいのが、ペン先0.38mmで薄めの色でも鮮やか! 書き心地もなめらかな『シグノ』です。

一般的によく使われているボールペンのペン先は0.5mmや0.7mmですが、0.38mmの細さで鮮やかさや滑らかさが本当に表現できるのかは気になるところ。

本記事は、『シグノ』の0.38mmの使い心地が気になっている人のために、実際に購入、使用して気になる点について検証してみました。商品の使用感など、試して感じたことをお伝えします!

シグノの0.38mmってどんなボールペン? 公式サイトの情報などを調査

 

三菱鉛筆の『ユニボール(uni-ball)』ブランドの一つである『シグノ』は、0.38mmとペン先が極細なのに滑らかな書き心地を追求したボールペンです。

ボールペンは、ペン先のボールが回転することでインクが紙についていきますが、『シグノ』はペン先の角をなくした「エッジレスチップ」を搭載したことで、紙に引っかからない滑らかさを実現しました。

使われているのは「ゲルインク」です。ゲルインクは顔料と水と添加剤を使用します。『シグノ』は、添加剤の配合を見直すことで、鮮やかさと滑らかさを向上させました。

ちなみに、「顔料インク」とは、水や油に不溶のインクのこと。つまり、耐水性があるということですね。また、耐光性にも優れているため、光による色あせがしにくいのも特徴です。

ボディデザインは、シンプルで、凸凹の無い流れるような形状になっています。

シグノの口コミ&評判は? SNSやECサイトでの評価を調査

シグノ口コミ
シグノ口コミ

『シグノ』の口コミを検索したところ、「滑らかに書ける」「書きやすい」といった高評価の意見が多く見られました。ほかにもいろんな意見があったので、ポジティブな口コミとネガティブな口コミに分類して紹介します。

ポジティブな口コミ

一番多く目についた口コミは、「滑らかな紙滑りで書きやすい」。そのほかにも、「インク詰まりやダマになることがない」「細いわりにかすれない」といった意見が多く見られました。

ネガティブな口コミ

鮮やかに発色することから、「字が綺麗に見える」という噂があるようですが、字の綺麗さを実感できている人は少ないです。このほかには、「ペン先が紙に引っかかる」「インク漏れが起こった」などのネガティブな意見もありました。

シグノを実際に使用してわかったこと 検証レビュー

筆者は、これまであまり気に入った色味のものに出会えていなかった水色を試してみたかったので、今回は『シグノ』のライトブルーをセレクト。「書き心地」「握り心地」「乾きの早さ」「裏写り」に加え、気になった点について検証してみました。

シグノの購入を考えていたり、メーカーは決めていないがカラーボールペンが欲しいと思ったりしている人は、ぜひ参考にしてみてください。

書き心地を検証

シグノとノート
シグノとノート

筆記用具としての重要な要素である書き心地をCampusノートB版、罫線6mmタイプに書いて検証しました。

シグノ試し書き
シグノ試し書き

0.38mmの極細ボールペンにありがちな紙に引っかかる感じはまったくなく、ペン滑りはとてもいいと思いました。また、漢字を書いても細かい隙間が埋まってしまう心配もありません。

発色の良さは?

シグノ付箋
シグノ付箋

書く紙の色によってどの程度発色が異なるのかも検証したいと思い、4色の付箋に書いてみました。発色の良いインクが搭載されていることで、同系色の水色の付箋でも文字がハッキリ見えます

シグノサイズ
シグノサイズ

『シグノ』の軸径は11.0mm、全長は141.2mmです。一般的な鉛筆と比較してみましたが、若干太いくらいでしょうか。

シグノ手に持つ
シグノ手に持つ

実際手にしてみると、軽すぎず重すぎず、ちょうどよい重量感で重心の偏りも感じませんでした。

また、公式サイトでは、『グリップと軸のつなぎ目が目立たない』とのことだったので観察してみると、まさにそのとおり! グリップの素材もゴムっぽさがあまりなく、比較的サラッとした感触で、握り心地もよかったです。

乾きの早さを検証

シグノハイライト
シグノハイライト

画像上:ノートに『シグノ』と書いた直後に指でこすってみました。

画像下:こちらは、『シグノ』と書いた直後にマーカーを引いてみました。

いずれもにじみは見られないので、インクの乾きは早いといえるでしょう。

裏写りを検証

シグノ裏写り
シグノ裏写り

ノートに書いたページを軽く浮かせてこのくらい透ける程度なので、インクが裏ににじみ出る心配はありません。ただし、強い力で書いた場合には、裏面に凸凹とした跡が出ます。

クリップの強さを検証

シグノクリップ
シグノクリップ

クリップの強さは少し弱めです。強さがない分、コピー用紙に容易に挟むことができます。手帳を使った後などにサッとボールペンを紙に挟んで使いたい人におすすめです。

ほかのボールペンとの違いを検証

シグノ比較
シグノ比較

筆者の夫は、消せるボールペンである、パイロットのフリクションボール0.7mmを好んで使っています。その中に、今回購入した、シグノのライトブルーと同系色と思われるものがあったので、違いを検証してみました。

シグノ筆跡比較
シグノ筆跡比較

フリクションは、ペン先の太さがシグノの2倍ほどあるため、明瞭さは勝っているように見えます。しかし、シグノは、細さのわりには発色がよく文字がハッキリとしているのがわかります。

シグノジェットストリーム比較
シグノジェットストリーム比較

次に試したのは、筆者がいつも愛用している三菱鉛筆のジェットストリーム0.38mm(赤色)。シグノと同じ0.38mmですが、発色・紙滑りのよさは、シグノが断然上だと感じました

シグノに3色もしくは4色ボールペンがあれば、愛用のボールペンはシグノに変更したいほどです。

三菱鉛筆『ユニボール シグノ RT1 0.38mm』

三菱鉛筆『ユニボールシグノRT10.38mm』 三菱鉛筆『ユニボールシグノRT10.38mm』
出典:Amazon この商品を見るview item
サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.38mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット
全てを見る全てを見る

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.38mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット
全てを見る全てを見る

シグノ0.38mmを実際に試してみたうえでのまとめ 総合評価:4.0点

シグノチャート
シグノチャート

シグノ0.38mmを試した感想をチャートにしてみました。
書き心地:4
裏うつり:4
握りやすさ:3
速乾性:5
※執筆者の主観を数値化したものです。

『シグノ』は、書く際に紙の上でペン先がツルツル滑りすぎることがなく、ほどよい抵抗感があり、とても書きやすいボールペンでした。

極細のボールペンの中には、机の上に紙を1枚置いただけの状態で書くと、ペン先のボールが空回りをして書けないものもあります。しかし、今回試した『シグノ』の0.38mmは、ノートの上でも紙の上でもスムーズに書けるので、細いボールペンが好みの人には自信をもっておすすめできます。

また、インクの乾きも早いため、手帳用としても使いやすいと感じました。

ボールペンは、仕事だけでなく、日常でもよく使う筆記用具ですが、気に入った商品に出会っていない人も多いはず。使いやすいボールペンを探している人、ほかの商品に変えたいと思っている人は、ぜひ『シグノ』を試してみてください。

『シグノ』の0.38mmは、今回検証したライトブルーのほか、黒、赤、青、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレットがあります。

替芯は黒、赤、青、ブルーブラックのみ。そのほか、シグノシリーズには、極細の0.28mmと、0.5mmもあります。

三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯 シグノRT 0.38(UMR-83)』

三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯シグノRT0.38(UMR-83)』 三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯シグノRT0.38(UMR-83)』 三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯シグノRT0.38(UMR-83)』 三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯シグノRT0.38(UMR-83)』 三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯シグノRT0.38(UMR-83)』 三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯シグノRT0.38(UMR-83)』
出典:Amazon この商品を見るview item
サイズ 軸径6.2×全長11.2mm
重量 2.6g
ボール径 0.38mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ブルーブラック
全てを見る全てを見る

サイズ 軸径6.2×全長11.2mm
重量 2.6g
ボール径 0.38mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ブルーブラック
全てを見る全てを見る

三菱鉛筆『ユニボール シグノ RT1 0.28mm』

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.28mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット
全てを見る全てを見る

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.28mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット
全てを見る全てを見る

三菱鉛筆『ユニボール シグノ RT1 0.5mm』

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.5mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット
全てを見る全てを見る

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.5mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット
全てを見る全てを見る

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ボールペンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのボールペンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ジェルインクボールペンランキング
楽天市場:ボールペンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのボールペンの記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button