鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた

鮮やかな色合い? シグノ0.38mmを実際に使って検証してみた

「極細なのになめらか」がキャッチフレーズのボールペン『シグノ』のライトブルーカラーを使ってみました。『シグノ』の公式サイトには「鮮やか」「なめらか」「にじまない」の言葉がみられ、口コミもポジティブな意見が多かったです。本記事では、『シグノ』のライトブルーカラーを実際に使って書き心地、色合いなどを検証してみました。『シグノ』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


シグノの0.38mmを購入して使ってみました

シグノ全体

筆者は、メモ帳にカラーボールペンを使いたくて購入しても、「色がうまくでない」「薄い」「かすれる」と感じたことが何度かありました。筆者と同じように購入しても満足できるカラーボールペンに出会えなかった経験をしたことがある人もいるはずです。

そこでお試しいただきたいのが、ペン先0.38mmで薄めの色でも鮮やか! 書き心地もなめらかな『シグノ』です。

一般的によく使われているボールペンのペン先は0.5mmや0.7mmですが、0.38mmの細さで鮮やかさや滑らかさが本当に表現できるのかは気になるところ。

本記事は、『シグノ』の0.38mmの使い心地が気になっている人のために、実際に購入、使用して気になる点について検証してみました。商品の使用感など、試して感じたことをお伝えします!

シグノの0.38mmってどんなボールペン? 公式サイトの情報などを調査

三菱鉛筆の『ユニボール(uni-ball)』ブランドの一つである『シグノ』は、0.38mmとペン先が極細なのに滑らかな書き心地を追求したボールペンです。

ボールペンは、ペン先のボールが回転することでインクが紙についていきますが、『シグノ』はペン先の角をなくした「エッジレスチップ」を搭載したことで、紙に引っかからない滑らかさを実現しました。

使われているのは「ゲルインク」です。ゲルインクは顔料と水と添加剤を使用します。『シグノ』は、添加剤の配合を見直すことで、鮮やかさと滑らかさを向上させました。

ちなみに、「顔料インク」とは、水や油に不溶のインクのこと。つまり、耐水性があるということですね。また、耐光性にも優れているため、光による色あせがしにくいのも特徴です。

ボディデザインは、シンプルで、凸凹の無い流れるような形状になっています。

シグノの口コミ&評判は? SNSやECサイトでの評価を調査

シグノ口コミ

『シグノ』の口コミを検索したところ、「滑らかに書ける」「書きやすい」といった高評価の意見が多く見られました。ほかにもいろんな意見があったので、ポジティブな口コミとネガティブな口コミに分類して紹介します。

ポジティブな口コミ

一番多く目についた口コミは、「滑らかな紙滑りで書きやすい」。そのほかにも、「インク詰まりやダマになることがない」「細いわりにかすれない」といった意見が多く見られました。

ネガティブな口コミ

鮮やかに発色することから、「字が綺麗に見える」という噂があるようですが、字の綺麗さを実感できている人は少ないです。このほかには、「ペン先が紙に引っかかる」「インク漏れが起こった」などのネガティブな意見もありました。

シグノを実際に使用してわかったこと 検証レビュー

筆者は、これまであまり気に入った色味のものに出会えていなかった水色を試してみたかったので、今回は『シグノ』のライトブルーをセレクト。「書き心地」「握り心地」「乾きの早さ」「裏写り」に加え、気になった点について検証してみました。

シグノの購入を考えていたり、メーカーは決めていないがカラーボールペンが欲しいと思ったりしている人は、ぜひ参考にしてみてください。

書き心地を検証

シグノとノート

筆記用具としての重要な要素である書き心地をCampusノートB版、罫線6mmタイプに書いて検証しました。

シグノ試し書き

0.38mmの極細ボールペンにありがちな紙に引っかかる感じはまったくなく、ペン滑りはとてもいいと思いました。また、漢字を書いても細かい隙間が埋まってしまう心配もありません。

発色の良さは?

シグノ付箋

書く紙の色によってどの程度発色が異なるのかも検証したいと思い、4色の付箋に書いてみました。発色の良いインクが搭載されていることで、同系色の水色の付箋でも文字がハッキリ見えます

シグノサイズ

『シグノ』の軸径は11.0mm、全長は141.2mmです。一般的な鉛筆と比較してみましたが、若干太いくらいでしょうか。

シグノ手に持つ

実際手にしてみると、軽すぎず重すぎず、ちょうどよい重量感で重心の偏りも感じませんでした。

また、公式サイトでは、『グリップと軸のつなぎ目が目立たない』とのことだったので観察してみると、まさにそのとおり! グリップの素材もゴムっぽさがあまりなく、比較的サラッとした感触で、握り心地もよかったです。

乾きの早さを検証

シグノハイライト

画像上:ノートに『シグノ』と書いた直後に指でこすってみました。

画像下:こちらは、『シグノ』と書いた直後にマーカーを引いてみました。

いずれもにじみは見られないので、インクの乾きは早いといえるでしょう。

裏写りを検証

シグノ裏写り

ノートに書いたページを軽く浮かせてこのくらい透ける程度なので、インクが裏ににじみ出る心配はありません。ただし、強い力で書いた場合には、裏面に凸凹とした跡が出ます。

クリップの強さを検証

シグノクリップ

クリップの強さは少し弱めです。強さがない分、コピー用紙に容易に挟むことができます。手帳を使った後などにサッとボールペンを紙に挟んで使いたい人におすすめです。

ほかのボールペンとの違いを検証

シグノ比較

筆者の夫は、消せるボールペンである、パイロットのフリクションボール0.7mmを好んで使っています。その中に、今回購入した、シグノのライトブルーと同系色と思われるものがあったので、違いを検証してみました。

シグノ筆跡比較

フリクションは、ペン先の太さがシグノの2倍ほどあるため、明瞭さは勝っているように見えます。しかし、シグノは、細さのわりには発色がよく文字がハッキリとしているのがわかります。

シグノジェットストリーム比較

次に試したのは、筆者がいつも愛用している三菱鉛筆のジェットストリーム0.38mm(赤色)。シグノと同じ0.38mmですが、発色・紙滑りのよさは、シグノが断然上だと感じました

シグノに3色もしくは4色ボールペンがあれば、愛用のボールペンはシグノに変更したいほどです。

三菱鉛筆『ユニボール シグノ RT1 0.38mm』

UNIユニボールシグノノック式ボールペンRT10.38mmカラー

出典:Amazon

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.38mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット

シグノ0.38mmを実際に試してみたうえでのまとめ レビュー総括

シグノチャート

シグノ0.38mmを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『シグノ』は、書く際に紙の上でペン先がツルツル滑りすぎることがなく、ほどよい抵抗感があり、とても書きやすいボールペンでした。

極細のボールペンの中には、机の上に紙を1枚置いただけの状態で書くと、ペン先のボールが空回りをして書けないものもあります。しかし、今回試した『シグノ』の0.38mmは、ノートの上でも紙の上でもスムーズに書けるので、細いボールペンが好みの人には自信をもっておすすめできます。

また、インクの乾きも早いため、手帳用としても使いやすいと感じました。

ボールペンは、仕事だけでなく、日常でもよく使う筆記用具ですが、気に入った商品に出会っていない人も多いはず。使いやすいボールペンを探している人、ほかの商品に変えたいと思っている人は、ぜひ『シグノ』を試してみてください。

『シグノ』の0.38mmは、今回検証したライトブルーのほか、黒、赤、青、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレットがあります。

替芯は黒、赤、青、ブルーブラックのみ。そのほか、シグノシリーズには、極細の0.28mmと、0.5mmもあります。

三菱鉛筆『ゲルボールペン替芯 シグノRT 0.38(UMR-83)』

三菱鉛筆ゲルボールペン替芯シグノRT0.38黒10本UMR83.24 三菱鉛筆ゲルボールペン替芯シグノRT0.38黒10本UMR83.24 三菱鉛筆ゲルボールペン替芯シグノRT0.38黒10本UMR83.24 三菱鉛筆ゲルボールペン替芯シグノRT0.38黒10本UMR83.24 三菱鉛筆ゲルボールペン替芯シグノRT0.38黒10本UMR83.24 三菱鉛筆ゲルボールペン替芯シグノRT0.38黒10本UMR83.24

出典:Amazon

サイズ 軸径6.2×全長11.2mm
重量 2.6g
ボール径 0.38mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ブルーブラック

三菱鉛筆『ユニボール シグノ RT1 0.28mm』

三菱鉛筆ゲルボールペンユニボールシグノRT1UMN-155-28黒24

出典:Amazon

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.28mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット

三菱鉛筆『ユニボール シグノ RT1 0.5mm』

三菱鉛筆ゲルボールペンユニボールシグノRT1UMN-155-05黒24

出典:Amazon

サイズ 軸径11.0×全長141.2mm
重量 11.1g
ボール径 0.5mm
インクタイプ ゲルインク
インクカラー 黒、赤、青、ライトブルー、ブルーブラック、ベビーピンク、オレンジ、ライムグリーン、グリーン、バイオレット

そのほかのボールペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:澤田、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

この記事では、ギフトソムリエで文具にも詳しいPapp Hidekoさん監修のもと、ぺんてるのボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。数多くのボールペンが販売されていますが、なかでも老舗メーカーのうちのひとつが「ぺんてる」。ぺんてるは創業70年以上の歴史があり、ゲルインキのボールペンをはじめ、リーズナブルなものから高級モデルまでそろっています。種類豊富なぺんてるのボールペンについて、みていきましょう。


消せるボールペンおすすめ13選【フリクション・ユニボール】人気の3色タイプも!

消せるボールペンおすすめ13選【フリクション・ユニボール】人気の3色タイプも!

書き間違えたとき、すぐに書きなおしできる「消せるボールペン」。パイロットの『フリクション』シリーズ、三菱鉛筆の『ユニボール』が主流となっています。廉価モデルから高級モデルまで、幅広いラインアップがありますよ。本記事では、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、消せるボールペンの選び方とおすすめ商品を紹介します。


高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

ゼブラが販売する高級感あるジェルインク式ボールペンの『サラサグランド』。口コミを見ると書きやすい、デザインがいいなど高評価が多く、気になる方も多いのではないでしょうか。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『サラサグランド』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!


中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

プラチナ万年筆の製造工場で、40年以上勤務してきた万年筆職人が開いた手作り万年筆ショップである「中屋万年筆」。ひとりひとりに合った書き心地の万年筆を、ていねいに1本1本作り上げています。中屋万年筆では「ロング」や「ポータブル」などの定番商品から、特注品までさまざまな万年筆を扱っています。この記事では、小物王の納富廉邦(のうとみやすくに)さんと編集部が、中屋万年筆を選ぶときのポイントや、おすすめ商品をご紹介します。


【2020年】最新ボールペンおすすめ人気ランキング42選|評価や口コミも紹介!

【2020年】最新ボールペンおすすめ人気ランキング42選|評価や口コミも紹介!

ボールペンは会社でも家でも外出先でも1本持っていると便利な筆記用具ですよね! 高級ブランドのパーカーやモンブランは女性から男性のプレゼントとして大人気です! この記事では、油性や水性、新作ボールペン別に人気ランキングを紹介します! 記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


関連するブランド・メーカー


三菱鉛筆

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る