ジュースアップの口コミや評判を実際に使って検証してみました

ジュースアップの口コミや評判を実際に使って検証してみました

「細かい字を書くことが多い」「文字は細い線が好き」という人は、ペン先の細いボールペンが使いたいですよね。しかしペン先が細いと、紙によっては引っかかって書きにくくかったり、書いた字が見にくかったりする場合もあると思います。そこで、スムーズな紙滑りなのに発色がいいと評判の『ジュースアップ』の0.4mmを実際に購入して試してみました。書き心地や握り心地などさまざまな検証をしているので気になる人はぜひ読んでください。


ジュースアップを実際に購入し使ってみました

ジュースアップ3本画像

ペン先の細いボールペンでよく見かける0.38mm。このタイプを選ぶのは、「0.5mmでは太い」「細いペン先が好き」「細かい字を書くことが多い」といった人ではないでしょうか。

しかし、細いボールペンは、カリカリとした引っかかりのある書き心地であったり、発色が悪く字が見にくいといったデメリットをもつものもあります。

しかし、『ジュースアップ』は、0.4mmと細いのに書きやすく発色がいいと話題の商品です。カラーバリエーションも豊富ですが、まずは基本的な色見である黒、赤、青を購入して実際に試してみました。

ジュースアップってどんなボールペン?

筆記用具や文具を手がける株式会社パイロットコーポレーションが販売する『ジュースアップ』は、0.5mmタイプが先に発売されました。その後、極細シリーズとして今回購入した0.4mmを発表。細いペン先で水性顔料ゲルインキを使用したボールペンです。

顔料ゲルインキは、スルスルとしたなめらかな書き心地が特徴ですが、『ジュースアップ』には顔料にプラスして「特殊添加剤」を配合した独自のゲルインキが使われています。また、ペン先に使用するチップは独自開発の「シナジーチップ」を搭載。「細書き」と「なめらかさ」の両立を可能にしました。

ノック式のボールペンですが、ON/OFFがひと目で確認できる工夫もほどこされています。

ジュースアップの口コミ&評判

ジュースアップ口コミは?

『ジュースアップ』は、「滑りがよくなめらかに書ける」「修正テープの上でも引っかからない」など、高評価の口コミが多いといった印象を受けました。

しかし、人の好みや求めるものは異なるため、低評価の口コミももちろんあります。ここでは、ポジティブな口コミ、ネガティブな口コミのそれぞれを紹介します。

ポジティブな口コミ

0.4mmという細字タイプながらも、「なめらかに書ける」「スルスルと書き心地がよい」という口コミは多くみられました。そのほかにも、「発色がよい」「インク玉がでにくい」といった意見もありました。

ネガティブな口コミ

検索していると好評価の口コミが目につくのですが、「イマイチだった…」という内容の口コミもいくつかありました。その中でも比較的多かったのが、「乾きが遅い」「マーカーを引くとにじむ」「多少の裏写りがある」という声でした。

ジュースアップ0.4mmを実際に使用してわかったこと

ジュースアップノートと3本のペン

今回購入したのは、『ジュースアップ』の中でも0.4mmの黒、赤、青の3色セットです。 ボールペンで重視したい基本的な要素「書き心地」「握りやすさ」「乾きの早さ」「裏写り」のほか、筆者個人が気になったことについて検証したので、その結果をわかりやすくお伝えします。

書き心地は?

ジュースアップペン先アップ&ノート文字

まずは、私がいつも持ち歩いているキャンパスノートBタイプ(罫線幅6mm)に試し書きをしてみました。

筆者は現在、日常的にジェットストリームの0.38mmを使っています。今回購入した『ジュースアップ』と「ほかのボールペンとの違いは?」といった点も同時に検証してみました。

書き心地を検証した結果、『ジュースアップ』のほうが、引っかかりがなくスムーズに書けました!ペン先に搭載の「シナジーチップ」によるものか判断できませんが、細書きとなめらかな書き心地が体験できました。

また、発色の良さも『ジュースアップ』が勝っているという印象です。

筆者の夫は普段から0.5mmや0.7mmのボールペンを愛用していますが、『ジュースアップ』の0.4mmを使ったところ「書き心地はいいけどちょっと細いかな」といった感想でした。文字の太さに関しては好き嫌いが分かれそうです。

修正テープの上に書ける?

ジュースアップ修正テープ上の文字

口コミの中に「修正テープの上でも書ける」との意見があったので、筆者も試してみました。使用したのは100均で購入した修正テープです。修正テープを使用後に書いてみたところ、とくに引っかかりも感じず、スムーズに書けました。

握りやすさは?

ジュースアップ長さ

ボディサイズは、最大径10.5mm、全長142.8mm。一般的な鉛筆より少し太く、グリップ部分には薄い滑り止めがついています。

グリップ部分はゴムっぽくなくサラッとしており、細すぎず、太すぎないちょうどいい握り心地です。長時間使用しましたが、疲れにくいと感じました。

乾きの早さは?

ジュースアップ書き比べ(乾きの早さ検証)

ボールペンで書いているときに手が触れてしまい、書いた文字がにじんでしまった経験がある人も多いと思います。今回は、『ジュースアップ』の乾きが早いのか、にじまないのかも検証しました。

黒、青、赤の順番で『ジュースアップ』と書き、赤で書き終わった直後に、上から順番にマーカーで線を引いてみました。

黒と青の場合、にじみはありませんでしたが、一番最後に書いた赤は若干にじみました。書いてから一呼吸置けば、にじみの心配はなさそうです。また、インクの乾きも比較的早いと思いました。

裏写りはする?

ジュースアップノート裏面

紙の裏にインクが染み出すことはありません。ただ、筆圧が強い人が書くとノートの次のページに凸凹とした跡が残るでしょう。

紙1枚だけを机の上に置いて書いた状態であれば、裏の凸凹は気になりませんでした。

ON/OFFはわかりやすい?

『ジュースアップ』は、ノックした際のONとOFFがひと目でわかる点も公式サイトに特徴として挙げられています。どのように見えるのか実際に確認してみました。

ジュースアップ小窓(ON)

『ジュースアップ』をONにすると、4つの小窓に色がつく仕組み。

赤のボールペンで試しましたが、黒や青はそれぞれの色で表示されます。

ONの表示に関しては、少し見づらいと思いました。比較的明るい色目の赤でもはっきりしないので、ボディと同系色になる黒は同化してしまいます。主張しすぎないシンプルなボールペンが欲しい人には向いています。

ジュースアップ小窓(OFF)

OFFにすると4つの小窓から色が消えます。

クリップの強さは?

ジュースアップクリップ(手持ち画像)

『ジュースアップ』のクリップは弱めです。そのため、紙1枚のところにも片手でサッと挟むことができます。

ジュースアップクリップ(ノートに挟んでいる画像)

クリップが弱いため、紙1枚のところに挟むと、ノートを軽く傾けるだけでまっすぐ指していたペンがスッとこのくらい傾きます。

ペン先はどれくらい細い?

ジュースアップとジェットストリームペン先アップ

今回購入した『ジュースアップ』の0.4mm(左)と、筆者が持っていたジェットストリーム0.38mm(右)のペン先の違いはこんな感じです。本体は、0.4mmの『ジュースアップ』のほうが細く見えます。

そのため、『ジュースアップ』のほうが、マス目の中など細かい部分に書く際は、紙とペン先の接点が見やすいと感じました。

PILOT(パイロット)『Juice up』

パイロットゲルインキボールペンジュースアップ04(超極細)ブラック/レッド/ブルーLJP-20S4-B/R/L3色3本組み パイロットゲルインキボールペンジュースアップ04(超極細)ブラック/レッド/ブルーLJP-20S4-B/R/L3色3本組み パイロットゲルインキボールペンジュースアップ04(超極細)ブラック/レッド/ブルーLJP-20S4-B/R/L3色3本組み パイロットゲルインキボールペンジュースアップ04(超極細)ブラック/レッド/ブルーLJP-20S4-B/R/L3色3本組み

出典:Amazon

サイズ 全長:142.8mm、最大径:10.5mm
重さ
ペン先 0.4mm(超極細)
素材 樹脂、ラバー
方式 ノック式
インキ 水性顔料ゲルインキ

ジュースアップを実際に購入し試してみたうえでのまとめ

ジュースアップレーダー

PILOT(パイロット)『Juice up』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

普段0.38mmを使っている筆者ですが、今後は『ジュースアップ』を使いたいと思うほど、発色がよく書きやすい商品でした。乾きも比較的早く、手帳用として使うボールペンとしても適しています。普段からペン先の細いボールペンを使っている人にはおすすめです!

0.5mm以上のペン先のボールペンに慣れている人には少し細く感じるかもしれませんが、書き心地はいいので是非一度お試しください。

また、ノックは遊びが多く、ちょっと押しただけではペン先が出てこないため、ボールペンを胸ポケットに入れる機会の多い人は、ポケットが汚れなくていいと思いました。

『ジュースアップ』は、この記事で紹介した黒、赤、青の替芯も販売されています。

また10色セット(黒、赤、青、ブルーブラック、グリーン、オレンジ、ピンク、バイオレット、ライトブルー、ブラウン)や、白紙だけでなく、黒などの濃い色の紙にも書けるパステルカラー6色セットも販売されています。

発色のよさと書き心地にこだわりたい人は『ジュースアップ』をご検討ください!

PILOT(パイロット)『Juice up 0.4専用 ゲルインキボールペン替芯(ブラック)』

パイロットジュースアップ専用ゲルインキボールペン替芯0.4mmLP3RF12S4B3本組み

出典:Amazon

サイズ 全長:111mm、最大径:6mm
重さ
ペン先 超極細0.4mmボール
素材
方式 ノック式
インキ 水性顔料ゲルインキ

PILOT(パイロット)『Juice up 0.4専用 ゲルインキボールペン替芯(レッド)』

パイロット水性ゲルインキボールペン替芯ジュースアップ専用超極細0.4mm赤LP3RF12S4-R3本組み

出典:Amazon

サイズ 全長:111mm、最大径:6mm
重さ
ペン先 超極細0.4mmボール
素材
方式 ノック式
インキ 水性顔料ゲルインキ

PILOT(パイロット)『Juice up 0.4専用 ゲルインキボールペン替芯(ブルー)』

パイロットゲルインキボールペンジュースアップレフィル0.4mmLP3RF12S4-Lブルー パイロットゲルインキボールペンジュースアップレフィル0.4mmLP3RF12S4-Lブルー パイロットゲルインキボールペンジュースアップレフィル0.4mmLP3RF12S4-Lブルー パイロットゲルインキボールペンジュースアップレフィル0.4mmLP3RF12S4-Lブルー

出典:Amazon

サイズ 全長:111mm、最大径:6mm
重さ
ペン先 超極細0.4mmボール
素材
方式 ノック式
インキ 水性顔料ゲルインキ

PILOT(パイロット)『Juice up 0.4mm 10色セット』

パイロットゲルボールペンジュースアップ0.410色LJP200S4-10C パイロットゲルボールペンジュースアップ0.410色LJP200S4-10C パイロットゲルボールペンジュースアップ0.410色LJP200S4-10C

出典:Amazon

サイズ 107×144×12mm
重さ
ペン先 0.4mm(超極細)
素材 樹脂、ラバー
方式 ノック式
インキ 水性顔料ゲルインキ

PILOT(パイロット)『Juice up 0.4mm パステル6色セット』

パイロットゲルボールペンジュースアップ0.4パステルカラー6色LJP120S4-6CP パイロットゲルボールペンジュースアップ0.4パステルカラー6色LJP120S4-6CP パイロットゲルボールペンジュースアップ0.4パステルカラー6色LJP120S4-6CP パイロットゲルボールペンジュースアップ0.4パステルカラー6色LJP120S4-6CP

出典:Amazon

サイズ 64×144×12mm
重さ
ペン先 0.4mm(超極細)
素材 樹脂、ラバー
方式 ノック式
インキ 水性顔料ゲルインキ

そのほかの筆記具に関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:澤田、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

この記事では、ギフトソムリエで文具にも詳しいPapp Hidekoさん監修のもと、ぺんてるのボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。数多くのボールペンが販売されていますが、なかでも老舗メーカーのうちのひとつが「ぺんてる」。ぺんてるは創業70年以上の歴史があり、ゲルインキのボールペンをはじめ、リーズナブルなものから高級モデルまでそろっています。種類豊富なぺんてるのボールペンについて、みていきましょう。


消せるボールペンおすすめ13選【フリクション・ユニボール】人気の3色タイプも!

消せるボールペンおすすめ13選【フリクション・ユニボール】人気の3色タイプも!

書き間違えたとき、すぐに書きなおしできる「消せるボールペン」。パイロットの『フリクション』シリーズ、三菱鉛筆の『ユニボール』が主流となっています。廉価モデルから高級モデルまで、幅広いラインアップがありますよ。本記事では、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、消せるボールペンの選び方とおすすめ商品を紹介します。


高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

ゼブラが販売する高級感あるジェルインク式ボールペンの『サラサグランド』。口コミを見ると書きやすい、デザインがいいなど高評価が多く、気になる方も多いのではないでしょうか。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『サラサグランド』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!


中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

プラチナ万年筆の製造工場で、40年以上勤務してきた万年筆職人が開いた手作り万年筆ショップである「中屋万年筆」。ひとりひとりに合った書き心地の万年筆を、ていねいに1本1本作り上げています。中屋万年筆では「ロング」や「ポータブル」などの定番商品から、特注品までさまざまな万年筆を扱っています。この記事では、小物王の納富廉邦(のうとみやすくに)さんと編集部が、中屋万年筆を選ぶときのポイントや、おすすめ商品をご紹介します。


【2020年】最新ボールペンおすすめ人気ランキング42選|評価や口コミも紹介!

【2020年】最新ボールペンおすすめ人気ランキング42選|評価や口コミも紹介!

ボールペンは会社でも家でも外出先でも1本持っていると便利な筆記用具ですよね! 高級ブランドのパーカーやモンブランは女性から男性のプレゼントとして大人気です! この記事では、油性や水性、新作ボールペン別に人気ランキングを紹介します! 記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


関連するブランド・メーカー


PILOT(パイロット)

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る