記事種別: article type icon レビュー

モレスキンのノートってどうなの? 実際に使ってみてわかったメリットとは

モレスキンのノートってどうなの? 実際に使ってみてわかったメリットとは

雑誌や書籍などでたびたび紹介されているモレスキンのノート。気になっている人もいるのではないでしょうか。高価なぶん、紙質も耐久性も高くてすばらしいノートだと聞いているけれど、どう使えばいいのかわからないと悩んでいる人も多いはず。ここでは、モレスキンのノートの実際の使用例や、使ってみてわかったことを詳しくご紹介します。


モレスキン・クラシックノートブックを使ってみた結果

モレスキン全体

旅行の記録や育児日記、業務上で得た知識などをかき残すために、ノートを用意して使いはじめたものの、長続きせず悩んだ経験はありませんか?

今回紹介する『モレスキン・クラシックノートブック』のプレーンタイプ(無地)は、そんな悩みを抱えている人にぴったり。罫線がないノートなのでイラストやスケッチ、図などを自由にかけることはもちろん、マスキングテープ等を貼っても罫線が透けないので、自分好みにノートを彩ることができます。

また、他社のノートにはない高価で上質な素材を使用していることも特徴で、そのなかでもノート紙は薄くてなめらかな肌触り。手にとっただけで、大切に使い続けようと自然に思わせてくれる、そんなノートです。シンプルで高級感のあるデザインと、ほどよい重量感が、持っている人のモチベーションを高めてくれます。自分用へはもちろん、大切な人へのプレゼントにも適しています。

『モレスキン・クラシックノートブック』を実際に使ってみて、見た目や質感に高級感があるだけでなく、自由に、自分好みにノートを彩るのにふさわしいノートであることがわかりました。

モレスキン・クラシックノートブックとは

 

モレスキンは、ゴッホやピカソなど芸術家たちに古くから愛されてきたノートで、イタリアで生産されています。今回ご紹介する『モレスキン・クラシックノートブック』は、モレスキンのクラシックシリーズの商品のひとつ。

丸みを帯びたコーナー部分、生成色のページ、ゴムバンド、ブックマークリボン、拡張可能なバックポケットなど、古くから愛されているモレスキンノートのいいところを受け継いでいるのが特徴です。

今回購入した『モレスキン・クラシックノートブック Lサイズ(13cm×21cm)』は、全240ページ。ノートのレイアウトはドット方眼、横罫、方眼、無地と4種類あります。

モレスキン・クラシックノートブックの口コミ・評判

モレスキンの口コミ評判は

『モレスキン・クラシックノートブック』は、雑誌や書籍でもたびたび紹介されることから、愛用している人が多いことがわかりました。

仕事上のメモや、趣味の記録、子どもの育児日記やペットの観察日記として利用している人も多くいました。

そんな多くの愛用者がいる『モレスキン・クラシックノートブック』の口コミを調査し、そのなかでも信ぴょう性の高いものをまとめてみました。

モレスキン・クラシックノートブックのいい口コミ ここがGOOD!

見た目の品がとにかくよくて、持っているだけでメモをとりたくなってしまう。持っているだけで仕事ができる感がしてテンションがあがる。という声が多くありました。

ほどよく厚みがあり、ペンの滑りやかき心地もいい。裏うつりしにくい。ゴムも伸びないし耐久性も高いので、何冊もリピートして使っているという声もありました。

モレスキン・クラシックノートブックのネガティブな口コミ ここがイマイチ……

それほどネガティブなコメントはありませんでしたが、重量が重い。持ち運びの際、軽さを重視している人には向かないという声がちらほらありました。

重量を測ってみたところ、重量は333gほどでした。スマートフォンの約2倍ほどの重さということを考えると、カバンの重さを少しでも軽くしたい人には不向きだということがわかります。

モレスキン・クラシックノートブックを徹底レビュー!


では、『モレスキン・クラシックノートブック』を実際に手にとって使っていきます。今回は『モレスキン・クラシックノートブック』の <Lサイズ・無地タイプ> を購入しました。

届いたときは全体がビニールで覆われています。

モレスキンの裏ラベル

裏面をチェック。ラベル部分に、ページ数とサイズ、ノート用紙のスペックが記載されています。

モレスキン・クラシックノートブックの質感と機能性をチェック!

モレスキンの厚さ

まずは、ハードカバー表面と厚みをチェック。カバー全体に厚みがあり水や汚れに強く、耐久性にもすぐれていそうです。

モレスキンの付属ゴム

次に、へたりにくく長く使えると評判の付属のゴムをチェック。指でひっぱると適度な弾力があります。短期間ですぐにヨレヨレになることはありません。

モレスキンの中身

では、中を見ていきましょう。

1ページ目は厚紙になっていて、紛失したときの届け先などを記載する欄があります。As a rewardの欄には、拾った人へのお礼の金額を記載することができます。日本の手帳にはない記載欄ですね。

モレスキンの紙質

紙質は中性紙でとても滑らかでペンを走らせやすそうな質感です。紙は真っ白ではなく、薄い生成色。紙の厚さはやや薄めです。

モレスキンの裏表紙の裏

最後のページ部分(裏表紙の裏に当たる部分)には頑丈な紙製のポケットがついています。メモや領収書などを保管しておくのに便利ですね。

モレスキンと小冊子

ポケットの中を除いてみると、モレスキンの理念や歴史などが描かれた小冊子と、クオリティコントロールシールが入っていました。

小冊子は日本語表記以外にも英語や中国語などでの記載も。世界中で愛されているノートだということがよくわかります。

モレスキン・クラシックノートブックのかき心地は?

モレスキンに筆記

実際にボールペン、シャープペン、鉛筆、水性ペン、油性ペン、マーカーを使って文字をかいてみました。

滑らかな中性紙を使っていることもあり、どの筆記具でもスラスラとかきやすかったです。
紙自体は薄い生成色ですが、マーカーの発色も良好です。

モレスキンに絵を描く

鉛筆とボールペンでとっさに絵をかいてみました。文字同様、絵もとてもかきやすいです。イラストやスケッチをこまめにする人にも適しています。

モレスキンの裏うつり

気になる裏うつりもチェック。

紙が薄めのせいか多少、裏うつりします。油性ペンに至っては2ページ目にもうつってしまうので、油性ペンの利用は避けましょう。

モレスキン・クラシックノートブックの使い方実例

モレスキンと本

ブログやInstagram、TwitterなどのSNSを調べていると、モレスキンのノートを使用している人が多くいました。それらを参考に今回は、『モレスキン・クラシックノートブック』で自分だけの読書ノートを作ってみることに。マスキングテープなどを使って、自分だけの読書ノートをつくることができました。

読んだ本について、ノートに思ったことや印象に残ったシーンをかき出すことでより鮮明に記憶に刻まれます。また、読んだそのときに、なにをどう思ったかをあとで読み返すことができて新鮮な気持ちになれます。

読書ノート以外にも、仕事の研修で学んだことをまとめている人や、子どもの育児日記や飼っているペットの観察記録などを、ご自身のイラストやスケッチを交えておしゃれに使いこなしている人が本当に多かったです。絵やイラストをかくことが好きな人にもぴったりなノートだといえます。


モレスキン『クラシックノートブック ハードカバー』

モレスキンノートクラシックハード方眼ラージQP061黒 モレスキンノートクラシックハード方眼ラージQP061黒 モレスキンノートクラシックハード方眼ラージQP061黒 モレスキンノートクラシックハード方眼ラージQP061黒 モレスキンノートクラシックハード方眼ラージQP061黒 モレスキンノートクラシックハード方眼ラージQP061黒

出典:Amazon

サイズバリエーション ポケット、ミディアム、ラージ、XL
ページ数 240ページ
レイアウト ドット方眼、方眼、横罫、無地
重量 約330g

モレスキン・クラシックノートブックを使用してわかったこと

モレスキンのレーダー

『モレスキン・クラシックノートブック』は、見た目や紙質に高級感があり、長い間大切に使いたいと思わせてくれるノートでした。

また、無地で見開き2ページ分にイラストやスケッチをかくこともできるので、ノートにたびたび絵をかく人にも適しています。

マスキングテープや写真、シールなどでデコレーションして自分だけのおしゃれなノートをつくれば、SNSでかいた内容を自慢することもできますよ。その際はモレスキンノートのハッシュタグも忘れずに! 『モレスキン・クラシックノートブック』を活用して、未来の自分へのメッセージを残してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したクラシックノートブックのカバーはブラックですが、ブラック以外にもレッド、オレンジ、イエロー、ブルー、グリーンのカバーのノートも販売されています。カバーの色合いも好みのものを選びたい人は、そちらもチェックしてみてくださいね。

ノート・手帳の関連記事もチェック!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


メモ帳おすすめ25選【ビジネス・学生向けなど】使いやすいノートタイプやアプリ連動も

メモ帳おすすめ25選【ビジネス・学生向けなど】使いやすいノートタイプやアプリ連動も

メモ帳は、身近な文房具のひとつです。ひと口にメモ帳と言っても、機能性やサイズ、書き味などさまざま。本記事では、メモ帳の選び方とおすすめ商品をご紹介。使いやすい付箋タイプからアプリと連動して使えるデジタルメモまでピックアップ。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングも掲載しているので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ノート , ノート・手帳・カレンダー , 文具

レポート用紙のおすすめ19選【A4・B4・B5など】文章や図・データを書きやすいのはどれ?

レポート用紙のおすすめ19選【A4・B4・B5など】文章や図・データを書きやすいのはどれ?

レポート用紙は大学でのレポート提出用だけでなく、ビジネスシーンでも使われます。大きさはA4サイズやB5サイズが一般的。この記事では、作家・脚本家の南原 順さんへの取材をもとに、レポート用紙の選び方とおすすめ商品をご紹介します。後半には通販サイトの売れ筋ランキングや文字数についての解説、Wordでレポート用紙を印刷する方法なども紹介しているので、あわせて参考にしてください!

tag icon ノート , ノート・手帳・カレンダー , 文具

『ニーモシネ』って実際どうなの? リングノートとノートパッドを徹底検証!

『ニーモシネ』って実際どうなの? リングノートとノートパッドを徹底検証!

ノート紙が上質なことで知られる『ニーモシネ』のノート。紙質や書き心地は実際のところどうなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。『ニーモシネ』のノートはリングノートやノートパッドなどさまざまな種類の商品が販売されていますが、どのノートを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこでここでは、『ニーモシネ』のリングノートとノートバッドを全部で6品購入したうえでわかったことや、それぞれのノートのレビュー、紙質や書き心地を写真を交えて紹介していきたいと思います。この記事を参考に、あなたに合った『ニーモシネ』のノートを見つけてみてくださいね。

tag icon ノート , ノート・手帳・カレンダー , 文具

MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

どんな筆記具でも書きやすく、一冊の本をつくるようにおしゃれに記入できるノートを探している人もいるのではないでしょうか。ふつうのノートじゃ満足できないというあなたにぴったりなノートが、今回ご紹介する『MDノート』です。昔の文庫本のようなシンプルかつ個性的なデザインで、にじみにくく上質なオリジナル用紙を使用。糸かがりとじで製本されていることもあり耐久性もすぐれています。ここでは、『MDノート』を実際に使用している様子を写真を交えたレビューをお届けするとともに、使い方の実例もご紹介します。

tag icon ノート , ノート・手帳・カレンダー , 文具

【書き方も解説】エンディングノートおすすめ13選|終活と向き合う!若い人向けも

【書き方も解説】エンディングノートおすすめ13選|終活と向き合う!若い人向けも

「終活」が注目を集めるにつれて、家族や大切な人へのメッセージ、葬儀の要望、重要書類の整理などをエンディングノートでまとめようとお考えの方も多いのではないでしょうか。コクヨなどの文具メーカーのものをはじめとして、さまざまなエンディングノートが販売されていますが、意外と種類が多く、どのように選べばいいか困ってしまうこともあるでしょう。本記事では、エンディングノートの選び方と、おすすめの商品15選をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon ノート , ノート・手帳・カレンダー , 文具

関連するブランド・メーカー


Moleskin(モレスキン)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。