PR(アフィリエイト)

赤ちゃん体重計のおすすめ5選|高精度の人気商品を厳選!【助産師監修】

赤ちゃん体重計のおすすめ5選|高精度の人気商品を厳選!【助産師監修】
赤ちゃん体重計のおすすめ5選|高精度の人気商品を厳選!【助産師監修】

◆本記事はプロモーションが含まれています。

母乳量を確認できたり、日々の成長を記録できる赤ちゃん用体重計(ベビースケール)。ご家庭に赤ちゃんが生まれるときはもちろん、出産祝いのプレゼントにも最適です。

この記事では助産師監修のもと、赤ちゃん体重計の選び方とおすすめ商品を紹介!人気のタニタをはじめ、コンパクトで置き場に困らないものや大人も使える商品を厳選しました。

記事後半では、助産師さんが選んだランキングも発表!さらに、楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミも参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

わこう助産院院長・助産師/社)わこう産前・産後ケアセンター代表
伊東 優子
ドラマ「コウノドリ」の撮影場所にもなった助産院の院長。 25年以上助産師としてのキャリアを持つ。総合母子周産期医療センターをはじめ妊娠・出産・産後・子育てのあらゆる分野の経験を活かし2011年より助産院を開業。 2015年 内閣総理大臣、厚生労働大臣の視察される産前・産後ケアのモデル施設。 「安産ごはん160」監修

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ベビー・キッズ、その他
中村 亜紀子

「ベビー・キッズ」「美容・コスメ・化粧品」「健康」カテゴリーほか、レディース向け商材全般を担当。妊婦・育児・女性向け雑誌の編集歴約15年で、ママやパパ、医療・美容関係者、製造メーカーへの取材経験は3000件以上。「ママやパパ、子供にとって本当にいい物をおすすめする」が信条。

赤ちゃん用の体重計は必要? メリットを解説!

母親が赤ちゃんを持ち上げている様子
Pixabayのロゴ
母親が赤ちゃんを持ち上げている様子
Pixabayのロゴ

赤ちゃん体重計とは、新生児用体重計のことで「ベビースケール」とも呼ばれます。乳幼児の定期健診を受けていれば、わざわざ赤ちゃん用の体重計を購入する必要はないと思っている方が多いかもしれません。一方で「赤ちゃん体重計を買ってよかった」という声が多くあります。まずはそのメリットについてご紹介します。

こまかい数値を測定できる

 

メリットの1つは、こまかい数値を測定できること。赤ちゃん用の体重計は1g~50g単位で計測できるものが多くあり、大人用の体重計では量れないこまかい数値も計測できます。赤ちゃんの成長はとにかく早いですが、日々少しずつ変動していくなかでは気づきにくいものです。数値で把握することで、成長の記録にもなります。

母乳量測定に役立つ

 

メリット2つ目は、母乳の量を測定するのに役立つということ。赤ちゃんは母乳を飲んだぶんだけ体重が増えるので、母乳がきちんと出ているかどうか、しっかり飲めているかを判断する基準になります。赤ちゃんだけでなく、お母さんの健康管理にも重要な役割を果たしているのです。

赤ちゃん体重計・ベビースケールの選び方

体重計に乗せられた赤ちゃん
ペイレスイメージズのロゴ
体重計に乗せられた赤ちゃん
ペイレスイメージズのロゴ

まずは赤ちゃん用体重計の選び方をご紹介します。

計測機能で選ぶ

赤ちゃん体重計を買うときにもっとも大切なチェックポイントは、計測機能です。使用方法によっては、とくにこだわって選びたいですね。

1g単位で量れるものがおすすめ

 

赤ちゃん体重計のなかには5g単位や10g単位で量れるものもありますが、よりこまかく量りたいのであれば、少し値は張りますが1g単位で計測できるタイプがいいでしょう。授乳量を知りたい場合は、1cc=1gで計算することができます。

赤ちゃんの吸う力には個人差があるので、長い時間おっぱいを吸っていても実はあまり母乳を飲めていないということも。1g単位で量れるタイプの赤ちゃん体重計であれば、よりこまかな変化に気づくことができますよ

正確な数値を知るために精度の高いものを

 

赤ちゃん体重計を選ぶときは、誤差が少ないものを選ぶのが大切です。赤ちゃんの体重は、より正確な数値を把握できるほうが体重管理にも役立ちます。

ただどうしても赤ちゃんは測るときに動いてしまいがちなので、誤差の範囲が+-10パーセント程度のものを目安とするのがおすすめです。誤差の範囲については記載のない商品もありますが、赤ちゃん体重計を選ぶときのポイントとしてチェックしてみてくださいね。

最大表示もチェック

 

赤ちゃん体重計には、表示できる最小と最大数値が存在します。最大表示の数値が小さすぎると、使用できる期間が短くなりますので、ご注意ください。

赤ちゃんの平均体重は、生後3カ月で4.5〜6kg程度です。また1歳ごろになると7〜10kg程度になってきます。もちろん赤ちゃんによって体重も異なってきますので、長く使用したいのであれば、15〜20kgぐらいまでカバーしてくれるものがいいでしょう。

もちろんあわせて、表示できる最小数値のチェックも忘れずに。0〜5g程度まで表示してくれるものだと、母乳量の確認などに役立ちます。

収納や持ち運びやすさをチェック

 

赤ちゃん体重計は寝かせながら測るタイプが主流のため、サイズは大きめです。ただそのなかにもいろいろありますので、よりコンパクトで持ち運びしやすいものを選びましょう。

一般的なベビースケールは、大きさが40×60cm、重量が2kg程度が目安となります。また、厚みのあるタイプは収納しにくくなります。収納場所にあわせて、赤ちゃん体重計の厚みのチェックも忘れずに。

便利な機能で選ぶ

赤ちゃん体重計は、商品によっていろいろな機能がついています。自分が使うときに、どのような機能があったら便利かを想像しながら、チェックしてみましょう。

風袋引き機能|正確な体重が分かる

 

赤ちゃんの正確な体重を量りたいとき、服を着せずにベビートレーにのせては体を冷やしてしまいます。そこで便利なのが、風袋(ふうたい)引き機能。

最初にタオルやおくるみを敷いて重さを量ってから赤ちゃんをのせてあげると、タオルやおくるみの重量を差し引いて赤ちゃん自身の体重を量ることができます

トレーの取り外し|大人も使える

 

最近ではベビートレーを取り外しできるタイプも増えてきました。トレーを取り外せば大人用の体重計として使えるので、長期的に使用することが可能。家族みんなで使う体重計と考えれば、レンタルではなく購入するほうがコスパが高いといえます。

またベビートレーを取り外せれば掃除がしやすく、つねに清潔な状態で赤ちゃんの体重を量ることができます。デリケートな赤ちゃんの肌に触れるものですから、いつもきれいにしておきたいですね。

バックライト機能|暗闇でも見やすい

バックライト機能は、頻回授乳が必要な新生児のころの赤ちゃんの体重を量るときにとくに便利です。バックライト機能つきなら暗いところでも数字がくっきりと見えるので、赤ちゃんがぐっすりと眠っている真っ暗な部屋でも体重を量ることができますよ

赤ちゃんを起こさず寝ている間に体重を量ってしまいたい、という方にピッタリです。

メモリー機能|授乳量の比較に便利

 

赤ちゃん体重計の魅力のひとつは、日々赤ちゃんの成長を実感できるという点。メモリー機能がついていれば、記録をし忘れてしまったときでも前回の測定結果を見られ、赤ちゃんの変化がわかりやすくなります。

また、前回との授乳量の変化を知りたいときにも便利な機能。授乳前後の体重差を自動で差し引いてくれる製品なら、授乳量がすぐに把握できます。

アプリ連携|スマホでかんたん管理

スマホを見る女性
Pixabayのロゴ
スマホを見る女性
Pixabayのロゴ

赤ちゃんの体重管理のために毎日測りたいときは、スマホと連動できるものや専用アプリがあるものだと、より便利です。

体重の書き忘れの心配がなくなり、赤ちゃんのお世話をしながらでも、かんたんに体重のチェックをすることができます。より手軽さを求めるなら、アプリ連携があるかどうかのチェックも忘れずにしておきましょう。

価格で選ぶ

 

赤ちゃん体重計は、商品によって値段もさまざま。数千円程度のリーズナブルなものから、数万円するものまで、価格帯が広いです。

赤ちゃん体重計の値段の差は、すなわち機能性の違い。たとえば表示される単位がこまかいものや、計測できる数値が大きいもの、メモリー機能があるものなどは、より高価な傾向にあります。

もちろんあると便利な機能ですが、使わないと意味がありません。5,000〜10,000円程度の商品でも、じゅうぶんな機能が備わっているものが多くありますので、必要な機能かどうかを見きわめて購入してください。

プレゼントならデザイン性もこだわって

 

赤ちゃん体重計は病院で使用しているような無機質なものが多いですが、なかにはかわいいデザインやカラーが特徴的なタイプもあります。

デザインにこだわったものなら、出産祝いなどのプレゼントにぴったり。毎日測定するママやパパも楽しくなるようなデザインを選んでみましょう。

赤ちゃん体重計のおすすめメーカー

ここでは、赤ちゃん体重計を作っているメーカーをご紹介します。

タニタ

 

「はかる」を通し、多くの人々の健康づくりをサポートしているタニタ。赤ちゃん用の体重計はシンプルで使いやすいものが多いです。なかには6歳ごろまで体重を測れるタイプや授乳量がこまかく測れるタイプなどがあります。

機能が充実していて使いやすい赤ちゃん体重計を探している方は、タニタの商品をチェックしてみてくださいね。

エー・アンド・デイ

 

たくさんの電子計測機器の開発・製造・販売を行うエー・アンド・ディー。工場や食料、医療などさまざまな分野で、いろいろなものを「測る」機器を手がける企業です。

もちろん、なかには赤ちゃん体重計をはじめとした計量器の取り扱いもあります。エー・アンド・ディーの赤ちゃん体重計は高い性能を持ち、業務用として採用されることもあります。

赤ちゃん体重計おすすめ5選 タニタなど人気メーカーの商品や大人が乗れるものも!

赤ちゃん体重計の選び方をおさえつつ、実際の商品を見てみましょう。ここでは、シンプルなものからさまざまな機能がついているものまで、おすすめの商品をピックアップしました。なかには赤ちゃんが映えるようなおしゃれな赤ちゃん体重計もありますよ。気になるアイテムを見つけてくださいね!

タニタ『ベビースケール(BB-105-IV nometa)』

タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』 タニタ『ベビースケール(BB-105-IVnometa)』
出典:Amazon この商品を見るview item

母乳量をしっかりチェックしたい人に

タニタの授乳量ボタンがついている赤ちゃん体重計です。授乳量は授乳前後で赤ちゃんの体重を測って、その差から導きだしますが、こちらのベビースケールであればボタン一つを押すと、すぐに授乳量がわかります。

また授乳量であれば、1g単位で測定可能。母乳がどのぐらい出ているかを、チェックしたい方におすすめです。

最小計測単位 5g(0~8kg)、10g(8~20kg)
最大荷重
体重計の重量 2.2kg
風袋引き機能
ベビートレー取り外し
バックライト機能
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

最小計測単位 5g(0~8kg)、10g(8~20kg)
最大荷重
体重計の重量 2.2kg
風袋引き機能
ベビートレー取り外し
バックライト機能
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

タニタ『業務用高精度ベビースケール』

医療機関で使える高精度! 授乳量もわかる

赤ちゃんの正確な体重を知るために高精度な体重計がほしいけれど、たくさんあって迷うという方にうれしいアイテム。医療機関でも使用できる業務用の高精度な体重計で、2g単位で正確な測定が可能です。がたつきの少ない安定感も魅力。

授乳量の測定に便利な専用キーを搭載。「授乳量」キーを押すことで、デジタル画面に授乳量が表示されます。日々の授乳量をチェックしたいという方に重宝するでしょう。

最小計測単位 2g
最大荷重 15kg
体重計の重量 4.6kg
風袋引き機能 あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 あり
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

最小計測単位 2g
最大荷重 15kg
体重計の重量 4.6kg
風袋引き機能 あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 あり
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

エー・アンド・デイ『ベビースケール AD-6020シリーズ Baby One』

エー・アンド・デイ『ベビースケールAD-6020シリーズBabyOne』 エー・アンド・デイ『ベビースケールAD-6020シリーズBabyOne』 エー・アンド・デイ『ベビースケールAD-6020シリーズBabyOne』
出典:Amazon この商品を見るview item

トレーが取り外せて清潔に使える

ベビートレーを取り外して丸洗いができる、衛生面・安全性が考えられた体重計。ロックレバーが表示画面のすぐ上に設置されているので、トレーを取りつけた後にロックし忘れるのを防げます。いつでも清潔な状態で、安全に赤ちゃんの体重を量れますね。

身長を測るカーソルつきで、赤ちゃんの身長も同時に測定できます。カーソルはコンパクトに収納するスペースが設けられているので、身長を測りたいけどカーソルをすぐに用意できなくて測れないということもありません。

最小計測単位 50g
最大荷重 5kg
体重計の重量 5kg
風袋引き機能 あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 -
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

最小計測単位 50g
最大荷重 5kg
体重計の重量 5kg
風袋引き機能 あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 -
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

トライアンドイー『Digital Baby Scale』

トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』 トライアンドイー『DigitalBabyScale』
出典:Amazon この商品を見るview item

アプリで赤ちゃんの成長を記録

赤ちゃんの成長を記録することを重視した体重計。アプリと連携して、赤ちゃんの体重や身長の記録はもちろん、チャートや日記にすることもできます。かなりこまかく記録することができるので、毎日の育児が楽しくなるでしょう。

赤ちゃんの肌に触れることを考慮して、ベビートレーは抗菌仕様。取り外しが可能なので、つねに洗って清潔に保っておきたいという方にもうれしいですね。

最小計測単位 10g
最大荷重 20kg
体重計の重量 -
風袋引き機能 -
ベビートレー取り外し
バックライト機能 -
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

最小計測単位 10g
最大荷重 20kg
体重計の重量 -
風袋引き機能 -
ベビートレー取り外し
バックライト機能 -
メモリー機能 あり
全てを見る全てを見る

タニタ『デジタルベビースケール 愛情』

6歳になるまで使用可能! 赤ちゃんの成長を見守る

「はかる」ことで健康管理をサポートしてきたタニタのベビースケール。ベビートレーの横サイズが55cmなので、産後4カ月程度までトレーを使用し、大きくなったら取り外して計測しましょう。ベビートレーは取り外して丸洗いできるので、清潔さを保てます

50g単位と大まかな計測にはなりますが、風袋引き機能がついているので、衣服の重さを差し引いた体重を計測するのに重宝するでしょう。赤ちゃんの成長をしっかりと追いかけたい、という方にピッタリの商品です。

最小計測単位 50g
最大荷重 20kg
体重計の重量 1.8kg
風袋引き機能 あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 -
メモリー機能 -
全てを見る全てを見る

最小計測単位 50g
最大荷重 20kg
体重計の重量 1.8kg
風袋引き機能 あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 -
メモリー機能 -
全てを見る全てを見る

「赤ちゃん体重計」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
タニタ『ベビースケール(BB-105-IV nometa)』
タニタ『業務用高精度ベビースケール』
エー・アンド・デイ『ベビースケール AD-6020シリーズ Baby One』
トライアンドイー『Digital Baby Scale』
タニタ『デジタルベビースケール 愛情』
商品名 タニタ『ベビースケール(BB-105-IV nometa)』 タニタ『業務用高精度ベビースケール』 エー・アンド・デイ『ベビースケール AD-6020シリーズ Baby One』 トライアンドイー『Digital Baby Scale』 タニタ『デジタルベビースケール 愛情』
商品情報
特徴 母乳量をしっかりチェックしたい人に 医療機関で使える高精度! 授乳量もわかる トレーが取り外せて清潔に使える アプリで赤ちゃんの成長を記録 6歳になるまで使用可能! 赤ちゃんの成長を見守る
最小計測単位 5g(0~8kg)、10g(8~20kg) 2g 50g 10g 50g
最大荷重 15kg 5kg 20kg 20kg
体重計の重量 2.2kg 4.6kg 5kg - 1.8kg
風袋引き機能 あり あり - あり
ベビートレー取り外し
バックライト機能 あり - - -
メモリー機能 あり あり あり あり -
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 赤ちゃん体重計の売れ筋をチェック

楽天市場での赤ちゃん体重計の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:赤ちゃん体重計ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

赤ちゃん体重計はいつからいつまで必要?

 

赤ちゃん体重計の使用期間は、使い方によって異なりますが、だいたい産まれてから生後4カ月ごろまでがメインです。とくに生後1カ月までは、必要な母乳量が出ているかのチェックもかねて、利用回数も多くなりやすいです。

新生児期を過ぎれば、授乳量を含めて使う頻度は下がりますが、赤ちゃんのうちはどのぐらい体重が増えているのか気になりますよね。体重管理もしやすくなりますので、赤ちゃんのうちは定期的に測ってあげるのがいいでしょう。

体重の増え方の目安も参考に

 

赤ちゃんの体重増加には、月齢ごとに目安があります。下記を参考にしてみてくださいね。

【1日あたりの体重増加の目安】
■生後1カ月〜3カ月:25〜30g
■生後4カ月〜6カ月:20〜25g
■生後7カ月〜9カ月:10〜20g
■生後10カ月〜12カ月:7〜10g

また生後6カ月ごろからは、授乳だけではなく離乳食も始まります。赤ちゃん体重計でしっかり体重管理をしながら、赤ちゃんの成長をサポートしてあげましょう。

【関連記事】赤ちゃん体重計に関連するほかの商品情報はこちら

最小計測単位と長期間使えるかをチェック 助産師からのアドバイス

わこう助産院院長・助産師/社)わこう産前・産後ケアセンター代表:伊東 優子

わこう助産院院長・助産師/社)わこう産前・産後ケアセンター代表

赤ちゃん体重計を選ぶポイントは最小計測単位と、乳児期が過ぎても台座を外せて長期間使用できるかどうか。新生児期の赤ちゃんを持つママの最初の悩みは、母乳やミルクが足りているか。体重が順調に増えているかでしょう。これらが順調であれば、不安材料が減ります。

とくに新生児期は、最小計測単位10g以内であれば問題ないでしょう。

赤ちゃん体重計で赤ちゃんの体重管理をしましょう

生まれたての赤ちゃんについては悩むことも多いですが、まずは赤ちゃん体重計で体重管理をして成長をサポートしましょう!

製品によってさまざまな機能が付いていますので、使用方法や予算と相談しながら、使いやすいものを選んでくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button