PR(アフィリエイト)

眠気覚ましドリンクおすすめ15選|試験や会議の眠気対策で人気の商品を紹介

眠気覚ましドリンクおすすめ15選|試験や会議の眠気対策で人気の商品を紹介
眠気覚ましドリンクおすすめ15選|試験や会議の眠気対策で人気の商品を紹介

◆本記事はプロモーションが含まれています。

コンビニやドラッグストア、スーパーなどでも手軽に買える商品もある「眠気覚ましドリンク」。受験勉強や長距離の運転時、仕事中にシャキッとさせたいときなど、つい手に取りたくなりますよね。

本記事では、そんな眠気覚ましドリンクの選び方やおすすめの商品を厳選! 「医薬品」といわゆるエナジードリンクと呼ばれる「清涼飲料水」と分類に分けて紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

フードアナリスト・日本箸教育講師
市岡 充重
2005年、朝日新聞地域情報誌のライターとして取材執筆活動をスタート。2014年、フリーライターとして独立、個人事務所iworks を設立。 2013年にフードアナリスト、及び日本箸教育講師の資格を取得し、以後、数々の飲食店や生産者、料理人を取材し、食にまつわる情報や食の魅力を高いレベルで発信。 2020年2月、エゾシカ産業に挑戦する北海道釧路市の人々の奮闘を綴った『北海道ジビエ物語』(シーソーブックス)を共著で出版。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ベビー・キッズ、その他
中村 亜紀子

「ベビー・キッズ」「美容・コスメ・化粧品」「健康」カテゴリーほか、レディース向け商材全般を担当。妊婦・育児・女性向け雑誌の編集歴約15年で、ママやパパ、医療・美容関係者、製造メーカーへの取材経験は3000件以上。「ママやパパ、子供にとって本当にいい物をおすすめする」が信条。

眠気覚ましドリンクとは

 

眠気覚ましドリンクは、「栄養ドリンク」とも呼ばれます。栄養ドリンクは、「医薬品」「医薬部外品」「清涼飲料水」に分けられます。

<栄養ドリンクの分類>
・「医薬品」:医薬品として認められた成分が配合されており、効果・効能について明記できる。
・「医薬部外品」:医薬品よりも作用が緩やか。
・「清涼飲料水」:いわゆるエナジードリンクと呼ばれる商品のこと。医薬品や医薬部外品のように具体的な効果・効能について表示はできない。

眠気覚ましドリンクとして販売されている商品のほとんどは、「清涼飲料水」に分類されるものです。一部「第3類医薬品」に分類される商品もあるので、商品説明欄をよく確認してください。

眠気覚ましドリンクの効果

ベッドに寝ている女性

Photo by Unsplash

ベッドに寝ている女性

Photo by Unsplash

主にコーヒーに含まれているカフェインを摂取することで、中枢神経が刺激され、覚醒モードにしてくれます。目が覚めるだけではなく集中力も高めてくれる効果があるとされています。

注意点:1日のカフェイン摂取量は400mgまで!

医薬品の眠気覚ましドリンクの多くはカフェインを配合しています。カフェインは眠気を誘うアデノシン受容体と結合する成分で、アデノシンの働きを抑え脳の覚醒をうながしてくれます。

しかし、カフェインを大量に摂取すればいいというわけではありません。EUでは、成人なら1日400mg未満、かつ1回の摂取量が200mgを超えないようにとされています。カフェインの過剰摂取は、めまいや中毒などの副作用を引き起こすなど健康を害することもあるので、眠気覚ましドリンクを飲むときは、カフェイン摂取量にも気をつけましょう。

眠気覚ましドリンクの選び方

では、眠気覚ましドリンクの選び方をチェックしていきましょう。フードアナリスト・市岡充重さんのアドバイスもご紹介しています。自分の求める眠気覚ましドリンクを選ぶために参考にしてみてください。ポイントは下記の5つ。

【1】1本に含まれるカフェインの量を確認
【2】目的に合わせて選ぶ
【3】好みの味のものを選ぶ
【4】糖分など、カフェイン以外の成分にも注目
【5】カフェイン配合なら少し早めに飲むのがベスト

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】1本に含まれるカフェインの量を確認

コーヒー豆
Pixabayのロゴ
コーヒー豆
Pixabayのロゴ

眠気覚ましドリンクは、商品によってカフェインの量が異なります。1本にどのくらいのカフェインが含まれているかを確認してください。

なかには「1日2回以上の服用は避ける」と注意書きされている商品も存在します。1日に何本飲んでいいかは商品によって異なるので、飲むまえに商品説明欄をチェックしてください。

【2】目的に合わせて選ぶ

眠気覚ましを重視するのか、飲みやすさを重視するのかなど、目的に合わせて選びましょう。

眠気覚ましならカフェインが凝縮された「眠気特化タイプ」

 

眠気覚ましを重視するときは、眠気覚ましに特化したタイプを選びましょう。ほかのタイプよりもカフェインの量が多めなので「体をシャキッとさせたい!」というときにおすすめです。

また、より作用の強さを求めるなら、第3類医薬品に分類された商品を選ぶのもいいでしょう。

飲みやすい味なら「エナジードリンクタイプ」

 

飲みやすい味の商品がよいなら、清涼飲料水に分類されるエナジードリンク系の眠気覚ましドリンクを選ぶといいでしょう。おいしく飲めるように風味づけしたり、炭酸を配合したりしています。

エナジードリンク系は250mlなどの容量に少なめのカフェインが含まれています。

疲れを取るなら医薬品・医薬部外品の「栄養ドリンクタイプ」

疲れている人
Pixabayのロゴ
疲れている人
Pixabayのロゴ

医薬品や医薬部外品の栄養ドリンクには、生薬やビタミン類などを配合し、体の疲れやダルさを緩和する作用のある商品も販売されています。またカフェインを含むタイプもあるため、疲労と眠気を取りたい場合に適しています。

【3】好みの味のものを選ぶ

 

眠気覚ましドリンクを探すときは、自分の好みの風味を探しましょう。第3類医薬品に分類されるような眠気覚ましに特化したタイプは、コーヒー風味のタイプが多いです。

一方、エナジードリンク系は各メーカーが風味を工夫してつくっています。香料や甘味料を加えて口当たりをよくしたり、炭酸を加えて爽快感を加えたりなど、おいしく飲めるように工夫されたタイプが存在します。商品説明欄や口コミを確認して風味の特徴をとらえてください。

【4】糖分など、カフェイン以外の成分にも注目

眠気覚ましドリンクを選ぶ際は、カフェイン以外の成分も確認をしましょう。

「アルギニン」や「ガラナ」にも注目

 

カフェイン以外ではアルギニンやガラナ、ふたつの成分の配合を確かめてください。アルギニンはアミノ酸の一種で、体内でも合成されますが、激しい運動をしたときや、加齢などによって不足します。

一方、ガラナとはブラジル原産の植物で、コーヒーの約3倍のカフェインが含まれているといわれています。

こういった成分が配合されているかも確認しましょう。

糖分が気になる方はシュガーレスタイプを

 

エナジードリンク系の眠気覚ましドリンクは、飲みやすいように糖分を配合していることが一般的です。しかし最近では、糖分の摂取が気になる人に向けてシュガーレスタイプの商品も販売されています。定期的に飲みたいと考えている人やダイエット中の人は糖分の有無も確認してみましょう。

エナジードリンク系の眠気覚ましドリンクに含まれる糖分の種類は、果糖やぶどう糖、ハチミツなどがよく見られます。

【5】カフェイン配合なら少し早めに飲むのがベスト

コーヒー豆

Photo by Unsplash

コーヒー豆

Photo by Unsplash

運転中や授業中、午後からの仕事など、眠くてたまらないというときに利用したい眠気覚ましドリンク。ジュース感覚で飲めるものから、「第3類医薬品」に分類されるものまでいろいろな種類がありますが、覚醒をうながす作用のあるカフェインが配合されたものが多いようです。

個人差はありますが、カフェインは摂取後、効き目が現れるまでに30分ほどかかりますので、少し早めに飲んでおくのがおすすめです。

眠気覚ましドリンクおすすめ4選|医薬品

それでは、おすすめの眠気覚ましドリンクをご紹介いたします。

ここからは、フードアナリスト・市岡充重さんと編集部が選んだ、眠気覚ましドリンクのおすすめ商品を「医薬品」とエナジードリンクのような「清涼飲料水」に分けて紹介します。

まずは、医薬品の眠気覚ましドリンクからみていきましょう!

フードアナリスト・日本箸教育講師:市岡 充重

フードアナリスト・日本箸教育講師

眠気覚ましに加え、疲労や倦怠感を和らげたい人には、日野薬品工業『アオーク』を。医薬品のため結果が期待できます。

日野薬品工業『アオーク(AWOUK)』

コーヒー味の眠気覚ましドリンク

眠気や倦怠感を抑えることができる、日野薬品工業の医薬品の眠気覚ましドリンクです。1本50mlの容量にコーヒー3杯分に相当する200mgのカフェインが含まれています。

さらにタウリンが1,000mg配合。身体的な疲労感の軽減が期待できます。

※この商品は「第3類医薬品」です。

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 コーヒー
カフェイン(1本あたり) 200mg
その他成分 タウリン
内容量 50ml×2本
全てを見る全てを見る

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 コーヒー
カフェイン(1本あたり) 200mg
その他成分 タウリン
内容量 50ml×2本
全てを見る全てを見る

米田薬品『ハイエナル 88 内服液』

ガラナも配合した商品

3種のカフェイン(クエン酸カフェイン、カフェイン水和物、安息香酸ナトリウムカフェイン)が配合された眠気覚ましドリンクです。1本30mlに250mgのカフェインを含んでいます。

コーヒーとは違う種類のカフェインを含むガラナ流エキスが200mg配合されています。また、ビタミンB1やタウリンが配合されているので、疲労時の倦怠感も緩和できるでしょう。

※この商品は「第3類医薬品」です。

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 少し甘味がある
カフェイン(1本あたり) クエン酸カフェイン:150mg、カフェイン水和物:50mg、安息香酸ナトリウムカフェイン、50mg
その他成分 ガラナ流エキス、タウリン、ビタミンB1
内容量 30ml×2本
全てを見る全てを見る

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 少し甘味がある
カフェイン(1本あたり) クエン酸カフェイン:150mg、カフェイン水和物:50mg、安息香酸ナトリウムカフェイン、50mg
その他成分 ガラナ流エキス、タウリン、ビタミンB1
内容量 30ml×2本
全てを見る全てを見る

エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』

エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』 エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』 エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』 エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』 エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』 エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』
出典:Amazon この商品を見るview item

倦怠感も緩和する成分も配合している

コーヒー3杯分に相当する量のカフェインが150mg配合されている商品です。また、眠気だけではなく倦怠感を緩和する成分も5種類配合しています。

ほろ苦いコーヒー風味なので、ふだんコーヒーを飲み慣れている人に適した眠気覚ましドリンクです。運転中や会議など眠ってはいけない状況のまえに飲んでみましょう。

※この商品は「第3類医薬品」です。

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 ほろ苦いコーヒー風味
カフェイン(1本あたり) 150mg
その他成分 タウリン、ビタミンB群、グリセロリン酸カルシウム、など
内容量 30ml×2本
全てを見る全てを見る

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 ほろ苦いコーヒー風味
カフェイン(1本あたり) 150mg
その他成分 タウリン、ビタミンB群、グリセロリン酸カルシウム、など
内容量 30ml×2本
全てを見る全てを見る

マツモトキヨシ『matsukiyo モリピン内服液』

マツモトキヨシ『matsukiyoモリピン内服液』 マツモトキヨシ『matsukiyoモリピン内服液』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

マツモトキヨシのオリジナル商品

マツモトキヨシが森田薬品工業と提携しオリジナルブランドとして販売している商品です。1本30mlの眠気覚ましドリンクに200mgと高い量のカフェインを配合することで眠気を抑えます。

さらにタウリンも500mg配合。マツモトキヨシオリジナルなので、手に入りやすいこともポイントです。

※この商品は「第3類医薬品」です。

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 -
カフェイン(1本あたり) 200mg
その他成分 タウリンなど
内容量 30ml
全てを見る全てを見る

タイプ 眠気覚ましを重視
風味 -
カフェイン(1本あたり) 200mg
その他成分 タウリンなど
内容量 30ml
全てを見る全てを見る

眠気覚ましドリンクおすすめ11選|清涼飲料水

うえで紹介した「医薬品」のように効能・効果はいえませんが、カフェインによって体がシャキッとしたり気分をスッキリさせたりすることが期待できる、エナジードリンク系の眠気覚ましドリンクを紹介します。

エキスパートのおすすめ

サントリー『HYPER ZONe ENERGY』

サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』 サントリー『HYPERZONeENERGY』
出典:Amazon この商品を見るview item

デジタル作業のために開発された

400mlという大容量タイプのドリンクです。ゲームやアニメ、音楽などにデジタルパフォーマンスのために開発されました。150mgのカフェインのほか、カフェインをサポートするアルギニン、体の機能維持に必要なビタミンB群も含まれています。

インパクトのある独自の風味に仕上げた商品です。遊びや趣味、勉強、仕事などでデジタルな作業を行なう人はぜひ一度試してみてください。

タイプ エナジードリンク
風味 インパクトのある独自のテイスト
カフェイン(1本あたり) 150mg
その他成分 アルギニン、パラチノース、ビタミンB群など
内容量 400ml×24本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク
風味 インパクトのある独自のテイスト
カフェイン(1本あたり) 150mg
その他成分 アルギニン、パラチノース、ビタミンB群など
内容量 400ml×24本
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

アサヒ飲料『モンスターアブソリュートリーゼロ』

アサヒ飲料『モンスターアブソリュートリーゼロ』 アサヒ飲料『モンスターアブソリュートリーゼロ』 アサヒ飲料『モンスターアブソリュートリーゼロ』
出典:Amazon この商品を見るview item

糖類を配合していないエナジードリンク

モンスターエナジーシリーズの商品です。355ml缶に142mgのカフェインが配合されています。風味は甘くキリっとしたシトラス系の味わいの炭酸飲料で飲みやすいと好評です。

ゼロカロリー、ゼロシュガーとして販売しているため、糖分が気になる人に適しているエナジードリンクです。24本セット商品なので定期的に飲みたい人にも注目してほしい商品といえます。

タイプ エナジードリンク系
風味 甘くキリっとしたシトラス系の味わい
カフェイン(1本あたり) 142mg
その他成分 高麗人参根エキス、アルギニン、など
内容量 355ml×24本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 甘くキリっとしたシトラス系の味わい
カフェイン(1本あたり) 142mg
その他成分 高麗人参根エキス、アルギニン、など
内容量 355ml×24本
全てを見る全てを見る

常盤薬品工業『眠眠打破』

常盤薬品工業『眠眠打破』 常盤薬品工業『眠眠打破』 常盤薬品工業『眠眠打破』 常盤薬品工業『眠眠打破』 常盤薬品工業『眠眠打破』
出典:Amazon この商品を見るview item

カフェインとアルギニンのふたつが配合

1本50mlに120mgのカフェインを配合したエナジードリンクです。レギュラーコーヒー2杯分のカフェインに相当します。

体の巡りをサポートするためにシナモンやフェンネルなど7種類の東洋ハーブをミックスしています。

タイプ エナジードリンク系
風味 本格派のコーヒー味
カフェイン(1本あたり) 120mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB群、など
内容量 50ml
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 本格派のコーヒー味
カフェイン(1本あたり) 120mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB群、など
内容量 50ml
全てを見る全てを見る

阪本漢法製薬『シャキット強烈』

マムシ抽出液を配合した商品

1本50mlの容量に200mgのカフェインが高配合されている商品。果糖ぶどう糖液糖やハチミツで甘味づけしているエナジードリンク系の飲みものです。

強壮作用があるマムシ抽出液を加えるなど配合する成分にこだわっています。さらにガラナ抽出液を1,000mg配合しているので、カフェイン以外の成分もほしい人は一度確認してください。

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 200mg
その他成分 ガラナ抽出液、など
内容量 50ml×3本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 200mg
その他成分 ガラナ抽出液、など
内容量 50ml×3本
全てを見る全てを見る

常盤薬品工業『眠眠打破 濃抹茶味』

抹茶風味のエナジードリンク

眠眠打破シリーズから販売されている抹茶風味のドリンクです。1本50mlの容量にカフェインが120mgとアルギニン500mgが配合されています。

ハーブミックス、ビタミンB群、菊花抽出物、カテキンなど常盤薬品工業が配合成分にこだわっていることも特徴。

抹茶風味が好きな人やコーヒー風味が苦手という人にぜひチェックしてほしい商品です。

タイプ エナジードリンク系
風味 飲みやすい濃抹茶味
カフェイン(1本あたり) 120mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB群、など
内容量 50ml
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 飲みやすい濃抹茶味
カフェイン(1本あたり) 120mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB群、など
内容量 50ml
全てを見る全てを見る

常盤薬品工業『激強打破』

活力もほしいときに飲みたい

レギュラーコーヒー2.5杯分(150mg)のカフェインを配合したエナジードリンクです。

マカエキスやスッポン、赤マムシなど15種類の強壮作用をもつ成分を配合しています。また、マカやカンカニクジュヨウを加えるなど配合成分にこだわった商品です。活力もほしい人に適しています。

タイプ エナジードリンク系
風味 濃強爽味
カフェイン(1本あたり) 150mg
その他成分 アルギニン、ガラナエキス、マカエキス、高麗人参エキス、など
内容量 50ml
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 濃強爽味
カフェイン(1本あたり) 150mg
その他成分 アルギニン、ガラナエキス、マカエキス、高麗人参エキス、など
内容量 50ml
全てを見る全てを見る

ハウスウェルネスフーズ『ギガシャキ』

ハウスウェルネスフーズ『ギガシャキ』 ハウスウェルネスフーズ『ギガシャキ』 ハウスウェルネスフーズ『ギガシャキ』
出典:Amazon この商品を見るview item

スパイスの刺激も加わっている

1本50mlの容量に約100mgのカフェインを配合した商品。アルギニンも500mg加えているので、カフェインの働きをサポートしてくれるでしょう。

ショウガやトウガラシの香辛料抽出物やスパイス由来の刺激成分クロシンを配合しています。スパイスの刺激と苦みを濃厚に感じるドリンクです。ジンジャーレモン味なので飲みやすさもポイント。

タイプ エナジードリンク系
風味 ジンジャーレモン味
カフェイン(1本あたり) 約100mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB6、など
内容量 50ml×10本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 ジンジャーレモン味
カフェイン(1本あたり) 約100mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB6、など
内容量 50ml×10本
全てを見る全てを見る

RED BULL『レッドブル・エナジードリンク』

REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』 REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』 REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』 REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』 REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』 REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』 REDBULL『レッドブル・エナジードリンク』
出典:Amazon この商品を見るview item

微炭酸で飲みやすいドリンク

エナジードリンク系のドリンクのなかでも著名な商品です。250mlのなかに80mgのカフェインが配合。カフェインをサポートするアルギニンも含まれています。

このドリンクに使われている糖分は砂糖大根から抽出した砂糖で、果実の糖分と同じように体内で吸収されることが特徴です。微炭酸なので炭酸が苦手な人も飲みやすいでしょう。

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 80mg
その他成分 アルギニン、など
内容量 250ml×6本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 80mg
その他成分 アルギニン、など
内容量 250ml×6本
全てを見る全てを見る

富永貿易『サバイバー エナジードリンク』

富永貿易『サバイバーエナジードリンク』 富永貿易『サバイバーエナジードリンク』 富永貿易『サバイバーエナジードリンク』 富永貿易『サバイバーエナジードリンク』 富永貿易『サバイバーエナジードリンク』 富永貿易『サバイバーエナジードリンク』
出典:Amazon この商品を見るview item

アルギニンとビタミンB群も配合されている

250ml缶で販売されているドリンクです。1本に120mgのカフェインが配合されており、体をスッキリさせてくれるでしょう。

アルギニンやビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB12などのビタミンB群も配合していることが特徴です。

炭酸入りなので飲むときにはシュワっと爽快感が得られる商品となっています。

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 120mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB群、など
内容量 250ml×30本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 120mg
その他成分 アルギニン、ビタミンB群、など
内容量 250ml×30本
全てを見る全てを見る

ファイテン『エクストリーム エナジードライ』

ファイテン『エクストリームエナジードライ』 ファイテン『エクストリームエナジードライ』 ファイテン『エクストリームエナジードライ』 ファイテン『エクストリームエナジードライ』 ファイテン『エクストリームエナジードライ』
出典:Amazon この商品を見るview item

運動前に飲むドリンクとしてもおすすめ

1本250ml缶に100mgのカフェインが含まれています。このドリンクには、マカエキスやシトルリン、BCAAなど、体を動かすときにサポートしてくれる成分を配合。運動などの前に飲むのもおすすめです。

微炭酸入りでさわやかな味わいの商品です。

タイプ エナジードリンク系
風味 さわやかな味わい
カフェイン(1本あたり) 100mg
その他成分 アルギニン、マカエキス、シトルリン、BCAA、ビタミンB、ビタミンD、など
内容量 250ml×30本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 さわやかな味わい
カフェイン(1本あたり) 100mg
その他成分 アルギニン、マカエキス、シトルリン、BCAA、ビタミンB、ビタミンD、など
内容量 250ml×30本
全てを見る全てを見る

KIIVA(キーバ)『KIIVA ENERGY DRINK 500』

KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』 KIIVA(キーバ)『KIIVAENERGYDRINK500』
出典:Amazon この商品を見るview item

アルギニンとガラナエキスも高配合

大容量タイプのエナジードリンクです。500ml缶にカフェインが160mg配合されています。また、カフェインの作用をサポートするアルギニンが625mg、コーヒーとは違う種類のカフェインを含んでいるガラナエキスを200mg配合。体をシャキッとさせてくれるでしょう。

趣味やスポーツ、勉強、会議前などさまざまなシーンでの活躍が期待できます。

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 160mg
その他成分 アルギニン、ガラナエキス、ビタミンB6、ビタミンB12、など
内容量 500ml×24本
全てを見る全てを見る

タイプ エナジードリンク系
風味 -
カフェイン(1本あたり) 160mg
その他成分 アルギニン、ガラナエキス、ビタミンB6、ビタミンB12、など
内容量 500ml×24本
全てを見る全てを見る

「眠気覚ましドリンク」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
日野薬品工業『アオーク(AWOUK)』
米田薬品『ハイエナル 88 内服液』
エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』
マツモトキヨシ『matsukiyo モリピン内服液』
サントリー『HYPER ZONe ENERGY』
アサヒ飲料『モンスターアブソリュートリーゼロ』
常盤薬品工業『眠眠打破』
阪本漢法製薬『シャキット強烈』
常盤薬品工業『眠眠打破 濃抹茶味』
常盤薬品工業『激強打破』
ハウスウェルネスフーズ『ギガシャキ』
RED BULL『レッドブル・エナジードリンク』
富永貿易『サバイバー エナジードリンク』
ファイテン『エクストリーム エナジードライ』
KIIVA(キーバ)『KIIVA ENERGY DRINK 500』
商品名 日野薬品工業『アオーク(AWOUK)』 米田薬品『ハイエナル 88 内服液』 エスエス製薬『エスタロンモカ内服液』 マツモトキヨシ『matsukiyo モリピン内服液』 サントリー『HYPER ZONe ENERGY』 アサヒ飲料『モンスターアブソリュートリーゼロ』 常盤薬品工業『眠眠打破』 阪本漢法製薬『シャキット強烈』 常盤薬品工業『眠眠打破 濃抹茶味』 常盤薬品工業『激強打破』 ハウスウェルネスフーズ『ギガシャキ』 RED BULL『レッドブル・エナジードリンク』 富永貿易『サバイバー エナジードリンク』 ファイテン『エクストリーム エナジードライ』 KIIVA(キーバ)『KIIVA ENERGY DRINK 500』
商品情報
特徴 コーヒー味の眠気覚ましドリンク ガラナも配合した商品 倦怠感も緩和する成分も配合している マツモトキヨシのオリジナル商品 デジタル作業のために開発された 糖類を配合していないエナジードリンク カフェインとアルギニンのふたつが配合 マムシ抽出液を配合した商品 抹茶風味のエナジードリンク 活力もほしいときに飲みたい スパイスの刺激も加わっている 微炭酸で飲みやすいドリンク アルギニンとビタミンB群も配合されている 運動前に飲むドリンクとしてもおすすめ アルギニンとガラナエキスも高配合
タイプ 眠気覚ましを重視 眠気覚ましを重視 眠気覚ましを重視 眠気覚ましを重視 エナジードリンク エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系 エナジードリンク系
風味 コーヒー 少し甘味がある ほろ苦いコーヒー風味 - インパクトのある独自のテイスト 甘くキリっとしたシトラス系の味わい 本格派のコーヒー味 - 飲みやすい濃抹茶味 濃強爽味 ジンジャーレモン味 - - さわやかな味わい -
カフェイン(1本あたり) 200mg クエン酸カフェイン:150mg、カフェイン水和物:50mg、安息香酸ナトリウムカフェイン、50mg 150mg 200mg 150mg 142mg 120mg 200mg 120mg 150mg 約100mg 80mg 120mg 100mg 160mg
その他成分 タウリン ガラナ流エキス、タウリン、ビタミンB1 タウリン、ビタミンB群、グリセロリン酸カルシウム、など タウリンなど アルギニン、パラチノース、ビタミンB群など 高麗人参根エキス、アルギニン、など アルギニン、ビタミンB群、など ガラナ抽出液、など アルギニン、ビタミンB群、など アルギニン、ガラナエキス、マカエキス、高麗人参エキス、など アルギニン、ビタミンB6、など アルギニン、など アルギニン、ビタミンB群、など アルギニン、マカエキス、シトルリン、BCAA、ビタミンB、ビタミンD、など アルギニン、ガラナエキス、ビタミンB6、ビタミンB12、など
内容量 50ml×2本 30ml×2本 30ml×2本 30ml 400ml×24本 355ml×24本 50ml 50ml×3本 50ml 50ml 50ml×10本 250ml×6本 250ml×30本 250ml×30本 500ml×24本
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 眠気覚ましドリンクの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの眠気覚ましドリンクの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:眠気覚ましランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

「配合成分」「用法用量」をしっかり守って

本記事では、眠気覚ましドリンクの選び方と、フードアナリスト・市岡充重さんと編集部で選んだおすすめ商品を紹介しました。眠気覚ましドリンクはカフェインの量やタイプで選ぶことがポイントです。

カフェインはたくさん摂取すればよいというわけではなく、過剰に摂取すると体への悪影響となる場合もあります。過剰摂取をしないためにも、眠気覚ましドリンクを飲むときには「配合成分」「用法用量」をしっかり守って取り入れましょう。

眠気覚ましを重視しているタイプで、医薬品のものは高い作用が期待できます。一方、エナジードリンク系は風味を工夫しているので飲みやすさがポイントといえるでしょう。

また、各メーカーによって配合成分が異なるので、この記事で紹介したおすすめ商品も参考にして、自分の用途に合う眠気覚ましドリンクを見つけてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button