ロッドベルトのおすすめ11選|【ダイワ・シマノ】ショルダーベルト付きも

Booms Fishing『RS3 Rod Belts Fishing Rod Tie Strap』
出典:Amazon
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

ロッド(竿)を束ねて移動したいときに便利なロッドベルト。長さや本数に左右されないため、マルチに活躍してくれるアイテムです。その実用性からシマノやDAIWAといった大手メーカー、ブランドも多数ラインアップ。ここでは、ワイルドライフクリエーター・荒井裕介さんと編集部が選んだロッドベルトの厳選11選と選び方をご紹介します。


目次

ロッドベルトってどんなアイテム?

薄暗い場所に置いてある釣竿やケースなど
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

愛用している釣り道具は、移動時も大切に扱いたいですよね。

ロッドベルトとは複数のロッドをまとめて持ち運ぶときに便利なアイテム。オカッパリやアジングなど、フィールドに合わせて異なる種類のロッドを使い分けたい方は重宝するでしょう。

2ピースタイプのロッドがバラバラにならないようにまとめるのにも活躍。ロッドの保護にも役立つので、アングラーにとってひとつ持っておいて損のないアイテムといえます。

ロッドベルトの選定ポイントを紹介 ワイルドライフクリエーターに聞いた

ひとくちにロッドベルトといっても、さまざまな商品が販売されています。使用するロッドの本数やフィールドなど、自分のスタイルに合わせて選ぶのがポイント。ここからは、ロッドベルトを購入するときの選び方を解説していきます。

ロッドを守るにはベルトの厚みが重要

ロッドをまとめたときにぶつかり合ってキズつかないように、ベルトの素材や厚みは重要なポイントです

素材には、やわらかいネオプレーンなどを採用しているベルトを選ぶとよいでしょう。衝撃を受けにくくしてくれるので、ロッドを守ってくれます。不安であれば、可能な限り厚みがある商品がよいでしょう。

巻きつける本数に合わせてサイズをチェック

ベルトの長さや太さは商品によってさまざまです。持ち運びたいロッドの本数に合わせて決めるとよいでしょう。

2ピースタイプロッドをまとめる程度であれば、ミニサイズのバンドでも充分。しかし複数本をまとめる場合は、Lサイズや長尺タイプなどひとまわり大きいベルトを選ぶと安心ですね。

ロッドのガイドを通せるスリットは地味ながら便利

ベルトにスリットがあるかどうかも要チェック。ロッドのガイドに通して巻きつけることが可能になるので、ズレや滑り落ちる心配がなくなります

スリット付きの商品を選ぶ場合は、スリットのサイズも確認しておきましょう。ガイドにもサイズがあるので、合うものを選ぶことが重要。大きすぎず小さすぎず、丁度いいサイズ感が理想的です。

ショルダーベルトが付いていると持ち運びに便利

釣りをするときに持ち歩く道具は多いもの。ショルダーベルトが付いているベルトであれば、両手が空いて移動がらくになります。長さ調節が可能なら、体格にも合わせやすく重宝しますね。

とくにランガンスタイルの方にとって、移動のしやすさは重要なポイント。釣り場をアクティブに移動しやすくなりますよ。

ロッドの先端を守りたいならティップカバー付きを

ティップやトップガイドといったロッドの先端部分もしっかりと守りたい方には、ティップカバー付きのベルトがおすすめ。デリケートなロッドの先端を、キズや衝撃から守ってくれるため、安全に持ち運ぶことが可能になります

ロッドの先端は、車の振動や移動するときの些細な振動でも、ポッキリ折れてしまうことがあります。大切なロッドを守るためにも、ぜひ検討してみてください。

ティップの保護やガイドの干渉に注意して選ぶ ワイルドライフクリエーターによるアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

アクティブに動きたいときや数種類のロッドを携帯する際には、必需品なのがロッドベルトですね。分割可能なロッドは、もちろんあると便利ですがちょっと不安を感じる人もいるでしょう。ティップの保護の有無やガイドとの干渉時に引っかかりがないかなど注意しながら、自分のスタイルにあったロッドベルトを選ぶようにしましょう。

ロッドベルト11選 サイズ・素材もチェック!

ここからはロッドベルトの具体的な商品を紹介します。数ある商品のなかから厳選した11アイテムをピックアップ。大切なロッドをしっかりと守ってくれるものや、便利に持ち運べるものまで、幅広く紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

『2ピースロッドティップカバー』はティップ部分が保護され、トラウトシーンでも安心して使えるので幅広いユーザーにおすすめ。岩場の多い場所や被りのある場所でも、ティップの引っかかりを気にせず携帯できるのがポイントですね!

『RS3 Rod Belts Fishing Rod Tie Strap』は自由度と保護力が高いのがおすすめのポイントです。ロッドに巻きつけたときの保護力の高いネオプレーンで、ガイドとあたってもキズつけず引っかかりもないので安心して使用できますね。

『ロッドキャリーショルダーベルト』は、長尺のロッドを携帯するのに安心のロッドベルトです。背負えるベルト付きなので携帯性にすぐれ、釣り場の移動にも一役かってくれること間違いなしです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MAZUME(マズメ)『2ピースロッドティップカバー(MZAS-321)』

MAZUME(マズメ)『2ピースロッドティップカバー(MZAS-321)』 MAZUME(マズメ)『2ピースロッドティップカバー(MZAS-321)』

出典:楽天市場

サイズ ティップカバー:幅40×長さ190mm、ベルト:幅25×長さ230mm
素材 ネオプレーン

ティップガイドの破損防止にうってつけ

ティップカバー付きのロッドベルト。デリケートなロッドの先端を守ってくれるカバーが付いているので、車での移動中も安心です。素材には厚みのあるネオプレーンを採用しており、衝撃などからしっかりとロッドを守ってくれます

細いロッドであれば複数本の収納も可能なサイズ。状況に応じて使い分けたい方にマッチする魅力的なポイントですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Booms Fishing『RS3 Rod Belts Fishing Rod Tie Strap』

BoomsFishing『RS3RodBeltsFishingRodTieStrap』 BoomsFishing『RS3RodBeltsFishingRodTieStrap』 BoomsFishing『RS3RodBeltsFishingRodTieStrap』 BoomsFishing『RS3RodBeltsFishingRodTieStrap』 BoomsFishing『RS3RodBeltsFishingRodTieStrap』

出典:Amazon

サイズ 幅35×長さ250×厚さ4mm
素材 ネオプレーン

衝撃を和らげるネオプレーン素材採用

保護力に長けたロッドベルト。ネオプレーン素材が持ち運び時の衝撃を吸収し、ロッドへのダメージを抑えてくれます。肉厚なのでロッドがキズつくのが嫌な方にもおすすめです。

ベルト表面に施したパイル素材も特徴のひとつ。釣り竿に優しく、マジックテープがカンタンにくっつき絶妙な粘着力を実現しています。3つのサイズから選べるので、束ねたい本数や場所に合わせてチョイスするとよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Abu Garcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』

AbuGarcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』 AbuGarcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』 AbuGarcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』 AbuGarcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』 AbuGarcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』 AbuGarcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』

出典:Amazon

サイズ 幅40×長さ760~1200mm
素材 ネオプレーン、ナイロン、TPR樹脂

長いロッドにも対応可能なショルダーベルト

ロングタイプのロッドにも対応するショルダーベルト付きの商品です。ベルト部分が最長で120cmにもなるので、長いロッドをまとめて肩掛けして持ち運ぶことが可能。ロッドを持ち歩く機会が多い方は要チェックのアイテムです。

滑り止め付きハンドルは、すぐに移動したいときにも便利です。オカッパリやランガンスタイルを楽しみたいときに活躍してくれるでしょう。

Major Craft(メジャークラフト)『ティップ用ロッドベルトロングタイプ(MCRB-200)』

MajorCraft(メジャークラフト)『ティップ用ロッドベルトロングタイプ(MCRB-200)』

出典:Amazon

サイズ 幅30×長さ470mm
素材 -

全長70cmのロングタイプ

70cmの長さのロングタイプのロッドベルト。2〜3本でも余裕をもってまとめることができるので、複数本のロッドを使い分けたいフィールドで重宝するでしょう。

長さを生かして、先端部分までぐるぐると巻きつけることも可能。バタつきを抑えてしっかり固定できるため、車に積んで移動するときにデリケートなティップを保護してくれます。

GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWA ネオベルト ワイド』

GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWAネオベルトワイド』

出典:Amazon

サイズ 幅50×長さ320mm
素材 -

2役をこなす便利アイテム

ガイドを通すスリットがついているので、ベルトが滑り落ちる心配がなく安全に持ち運ぶことが可能です。2本入りでロッドの上下に取り付けられるので、移動中のバタつきもおこりません。

従来のベルトの使い方のほかに、巻き付けて滑り止めとして使うことで、固着を解消するのにも活躍。ひとつで2役をこなしてくれるため、ひとつ持っていると重宝するでしょう。

GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWA ネオショルダーベルト』

GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWAネオショルダーベルト』 GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWAネオショルダーベルト』 GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWAネオショルダーベルト』 GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWAネオショルダーベルト』 GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWAネオショルダーベルト』

出典:Amazon

サイズ ネオベルト部:幅35×長さ320mm、ショルダーベルト部:幅38×長さ1100mm
素材 -

持ち運びに便利なショルダーベルト付き

頻繁に移動したい方にうってつけな、ショルダーベルト付きのロッドベルト。肩に掛けて持ち運びができるため、両手が空いて移動もラクラクです。フィールドを動き回るランガンスタイルにぴったり。

肩にあたる位置にショルダーパッドが配備されていて、肩にやさしく滑り落ちを防いでくれます。バックルは保護生地付きで、大切なロッドがキズつくのを防いでくれます

tailwalk(テイルウォーク)『ロッドトップカバー DX』

tailwalk(テイルウォーク)『ロッドトップカバーDX』

出典:Amazon

サイズ 幅75×長さ620mm
素材 -

2ピース以上のロッドも収納可能

複数本のロッドをまとめて収納できる、ティップカバー付きのロッドベルトです。2ピース以上の本数を束ねることができる収納力を備えているので、たくさんのロッドを持ち運びたい方に向いています。

幅と長さはどちらも大きめのサイズで、ロッドをしっかりと保護してくれます。ティップ以外の部分も広範囲に守ることが可能です。

SHIMANO(シマノ)『シマノフレックストップカバー(BE-031G)』

SHIMANO(シマノ)『シマノフレックストップカバー(BE-031G)』 SHIMANO(シマノ)『シマノフレックストップカバー(BE-031G)』 SHIMANO(シマノ)『シマノフレックストップカバー(BE-031G)』

出典:Amazon

サイズ S:幅50×長さ230mm、M:幅70×長さ230mm、L:幅90×長さ230mm
素材 PUフォーム、ナイロンジャージ

手持ちの本数とマッチしやすい3種類のサイズ展開

ティップを守ってくれるカバータイプ。手持ちのロッドに合わせてS〜Lの3種類から選ぶことが可能で、フィールドや目的に合わせた使い方ができます。

3mmのクッション生地も魅力のひとつ。衝撃を吸収してくれる厚みのあるカバーが、繊細なトップガイドやティップをしっかりと守ってくれます。今使っているロッドベルトでは先端部分の保護が不安……という方は、一緒に使ってみてはいかがでしょうか?

KLUMA『ロッドベルト』

KLUMA『ロッドベルト』 KLUMA『ロッドベルト』 KLUMA『ロッドベルト』 KLUMA『ロッドベルト』

出典:Amazon

サイズ 幅40×長さ1100mm
素材 -

長さ調節をすれば肩掛けタイプにも

シチュエーションに合わせて長さ調節ができるショルダーベルト付きのロッドベルトです。自分の身長やロッドの長さに合わせた使い方ができて便利。肩掛けもできるため、持ち運びが楽になりますね。

バンドが充分な長さなので、ロッドをしっかりと固定することができます。比較的価格がリーズナブルなのも魅力。釣り初心者には導入しやすいアイテムといえるでしょう。

Funshare『ロッドベルト』

Funshare『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』

出典:Amazon

サイズ 幅30×長さ245mm
素材 ネオプレーン

伸縮性にすぐれて使いやすい

ホールド力に長けたシンプルなロッドベルト。伸縮性にすぐれた生地を採用することで、ロッドをしっかり固定することができます。

ガイドを通すスリットの存在が、より安定した持ち運びを実現。ずり落ちてくる心配がないので安心ですね。低価格かつ5個セットになっているため、コスパのよさも魅力的。ロッドベルトを試してみたいという方にうってつけです。

Wood Season『ロッドベルト』

WoodSeason『ロッドベルト』 WoodSeason『ロッドベルト』 WoodSeason『ロッドベルト』 WoodSeason『ロッドベルト』 WoodSeason『ロッドベルト』 WoodSeason『ロッドベルト』 WoodSeason『ロッドベルト』

出典:Amazon

サイズ -
素材 ネオプレーン

シチュエーションに合わせた自在な使い方を実現

フィールドや目的に合わせた使い方ができるロッドベルト。スリットを利用して巻き方を変えたり、車内の取っ掛かりに固定したりと、シチュエーションに合わせてマルチに活躍してくれます。

滑り止めが付いているため、ホールド力にすぐれているのも魅力。スリットとともに、ロッドのずり落ち防止に一役買っています。カラーバリエーションが豊富なので、ロッドの仕分けに利用するのにも便利です。

「ロッドベルト」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
MAZUME(マズメ)『2ピースロッドティップカバー(MZAS-321)』
Booms Fishing『RS3 Rod Belts Fishing Rod Tie Strap』
Abu Garcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』
Major Craft(メジャークラフト)『ティップ用ロッドベルトロングタイプ(MCRB-200)』
GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWA ネオベルト ワイド』
GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWA ネオショルダーベルト』
tailwalk(テイルウォーク)『ロッドトップカバー DX』
SHIMANO(シマノ)『シマノフレックストップカバー(BE-031G)』
KLUMA『ロッドベルト』
Funshare『ロッドベルト』
Wood Season『ロッドベルト』
商品名 MAZUME(マズメ)『2ピースロッドティップカバー(MZAS-321)』 Booms Fishing『RS3 Rod Belts Fishing Rod Tie Strap』 Abu Garcia(アブガルシア)『ロッドキャリーショルダーベルト(1400493)』 Major Craft(メジャークラフト)『ティップ用ロッドベルトロングタイプ(MCRB-200)』 GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWA ネオベルト ワイド』 GLOBERIDE(グローブライド)『DAIWA ネオショルダーベルト』 tailwalk(テイルウォーク)『ロッドトップカバー DX』 SHIMANO(シマノ)『シマノフレックストップカバー(BE-031G)』 KLUMA『ロッドベルト』 Funshare『ロッドベルト』 Wood Season『ロッドベルト』
商品情報
特徴 ティップガイドの破損防止にうってつけ 衝撃を和らげるネオプレーン素材採用 長いロッドにも対応可能なショルダーベルト 全長70cmのロングタイプ 2役をこなす便利アイテム 持ち運びに便利なショルダーベルト付き 2ピース以上のロッドも収納可能 手持ちの本数とマッチしやすい3種類のサイズ展開 長さ調節をすれば肩掛けタイプにも 伸縮性にすぐれて使いやすい シチュエーションに合わせた自在な使い方を実現
サイズ ティップカバー:幅40×長さ190mm、ベルト:幅25×長さ230mm 幅35×長さ250×厚さ4mm 幅40×長さ760~1200mm 幅30×長さ470mm 幅50×長さ320mm ネオベルト部:幅35×長さ320mm、ショルダーベルト部:幅38×長さ1100mm 幅75×長さ620mm S:幅50×長さ230mm、M:幅70×長さ230mm、L:幅90×長さ230mm 幅40×長さ1100mm 幅30×長さ245mm -
素材 ネオプレーン ネオプレーン ネオプレーン、ナイロン、TPR樹脂 - - - - PUフォーム、ナイロンジャージ - ネオプレーン ネオプレーン
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

ロッドベルトの巻き方を紹介

ロッドベルトの巻き方は人それぞれです。しかし、正しい巻き方を知っておかないとロッドをキズつけてしまう要因にもなるため、基本的な巻き方を解説します。

スリットがないシンプルなロッドベルトの場合は、最初のロッドに半周巻きつけたあと、2本目を束ねて巻くだけ。スリットが付いている場合は、ガイドに通すのを忘れないようにしましょう。

このときベルトの位置に注意して巻くのがポイント。ジョイント部分はティップ同様に繊細なので、そこを覆うように固定すると安心です。巻くときの力加減にも注意。ゆるすぎるとズレの原因になり、逆にキツすぎると折れてしまう可能性があります。テンションをかけて巻くのが上手な巻き方です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ロッドベルトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのロッドベルトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:釣り用ロッドベルトランキング
楽天市場:ロッドベルトランキング
Yahoo!ショッピング:釣り ロッドベルトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ロッドベルトに関連する記事をご紹介

釣りやシュノーケリングなど、海や川のレジャーに必須のアイテム「ライフジャケット」。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだ、ライフジャケットのおすすめ14選をご紹介します。また、あわせて動画によるライフジャケットの使い方や選び方のポイントについても解説していきます。

あらゆる釣り人に人気のベイトリールメーカーといえば、真っ先にダイワが思い浮かびます。コストパフォーマンスモデルから、トッププロが愛用するハイエンドモデルまで幅広いラインナップが魅力です。この記事では、釣りライターの中山一弘さんに、ダイワベイトリールの選び方、おすすめ5選をご紹介します。記事後半...

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表...

ルアーの量が増えてくるとどうしても必要になるのが専用のケースです。いきなり大型のタックルボックスを買うのもよいですが、小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、あとあと持ち出し用に使えて便利です。この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースについて、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコ...

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドになりました。また、ベイトタックルの高いコントロール性を活かせるトラウトフィッシングでもベイトフィネスが人気です。専用ロッドがたくさん出ていますが、どのように選べばよいの...

まとめ

ロッドベルトの11商品をご紹介しました。

ロッドベルトはネオプレーンなどやわらかめの素材のものを選ぶと衝撃やキズからロッドを守ってくれます。また、スリット入りでズレにくいものや、ショルダーベルト付きで持ち運びやすいものなど、機能性にも着目して選ぶとよいでしょう。

あなたがほしいロッドベルトを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ロッドケースおすすめ6選|ソフト・セミハード・ハード、ダイワ・シマノなど厳選

ロッドケースおすすめ6選|ソフト・セミハード・ハード、ダイワ・シマノなど厳選

釣り場に向かうとき、釣竿を剥き出しのまま運んでしまうと破損の恐れがあります。さらに複数の竿や玉網(タモ)の柄なども持ち歩こうと思うなら、専用のロッドケースを用意したほうが安心です。ここでは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだロッドケースのおすすめと選び方のコツについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【2021年】ルアーロッドおすすめ10選|テーパーの特徴も解説

【2021年】ルアーロッドおすすめ10選|テーパーの特徴も解説

ルアー(疑似餌)で釣れる魚は淡水域、海を合わせると数えきれないほどたくさんいます。釣りたい魚に合わせてさまざまな道具がありますが、ルアーロッドはどのようなものを選べばよいのでしょう? 釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだルアーロッドのおすすめと選び方のコツをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ルアーケースおすすめ8選【メイホウ・シマノ・ダイワほか】整理しやすいおしゃれケース!

ルアーケースおすすめ8選【メイホウ・シマノ・ダイワほか】整理しやすいおしゃれケース!

ルアーの量が増えてくるとどうしても必要になるのが専用のケースです。いきなり大型のタックルボックスを買うのもよいですが、小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、あとあと持ち出し用に使えて便利です。この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースについて、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。記事後半には比較一覧表、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


おすすめフライロッド5選|ロッド選びのコツは? 釣りライターに聞く

おすすめフライロッド5選|ロッド選びのコツは? 釣りライターに聞く

フライ(毛バリ)をラインの重さだけでキャストするフライフィッシングは、渓流や湖、管理釣場など魚の活性やそこに住む水生昆虫のステージに合わせて、綿密に作戦を組み立てるとても奥深い釣りです。ここでは、釣りライターの中山一弘さんが選んだフライロッドのおすすめと選び方のコツをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


へら竿のおすすめ12選! シマノ・ダイワほか人気モデルや選び方を解説

へら竿のおすすめ12選! シマノ・ダイワほか人気モデルや選び方を解説

池や湖、大型河川などに多く生息するへらぶなは、釣り人に人気のターゲットです。へらぶながたくさん放流された管理型の池などもあり、大会なども盛んにおこなわれています。釣りの入門にも最適ですが、食性(プランクトン食)からエサの作り方を少し変えるだけで釣果が変わるなど、奥深さがあるのも魅力です。へら竿は「カーボン竿」と「竹竿」の2種類。シマノやダイワをはじめさまざまなメーカーから販売されています。では初心者がへらぶな釣りをはじめるには、どんな竿を用意すればよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


関連するブランド・メーカー


SHIMANO(シマノ)

新着記事


パソコンの買い替え時期はいつ?平均寿命と故障のサイン

パソコンの買い替え時期はいつ?平均寿命と故障のサイン

パソコンの調子があまりよくないと、買い替えを検討しますよね。パソコンを買い替えるなら、なおせる不具合なのか、なおせない故障なのか見極めたいところ。デスクトップやノートパソコンなどパーツそれぞれに寿命が違い、さまざまな症状が出てきます。原因によっては部品だけ買い替えるだけでもよく、寿命を知れば買い替えるタイミングもわかるでしょう。この記事では、パソコンの買い替え時期を見極める方法をご紹介します。


カメラの買取やリサイクル時の注意点を解説!そのほかの処分方法も紹介

カメラの買取やリサイクル時の注意点を解説!そのほかの処分方法も紹介

使わなくなった古いカメラを処分するとき、その方法はどうすればいいのでしょうか。カメラの処分方法としておすすめしたい方法は「買取」です。買い取りであれば、普通に捨てるだけでは得られない買取金を得ることができるからです。新しいカメラを買うときの足しにもなります。今回は古くなったり使わなくなったカメラを新しいカメラへ買い替えを検討している方に、買取をはじめその処分方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

さまざまな原因で起こるニキビ。薬を使って早く治したいですよね。場合によっては皮膚科を受診することも大切ですが、市販薬も販売されています。この記事では、医療ライターの西村テツジさんへの取材をもとに、ニキビ用塗り薬の選び方や思春期ニキビ・大人ニキビにおすすめの塗り薬を12点ご紹介。商品選びの参考にしてください。


空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機は快適な空間作りには欠かせないアイテムですが、故障などの異常がわかりにくく、どのタイミングで買い替えをすべきか悩むことがありますよね。しかし空気清浄機にも寿命があり、さまざまなサインを出していることがあります。この記事では空気清浄機の寿命や買い替えサイン、故障の原因、長く使うためのポイントなどをご紹介します。


掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

ほぼ毎日使う掃除機は、長く使えるものは10年以上使えますが、寿命が短いものは数年で使えなくなってしまうことはあまり知られていません。最近吸引力が弱くなってきた、途中で止まってしまうことが増えた場合は、そのタイミングで修理や買い替えを検討しましょう。この記事では、掃除機の寿命や故障の原因をタイプごとに詳しく紹介しています。掃除機の買い替えを検討している際は、ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。

 

アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る