PR(アフィリエイト)

バーチャルキーボードおすすめ5選【使い勝手は?】マウス機能付き、日本語配列も

Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』
出典:Amazon
Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

レーザーで投影したキーをタッチして文字の入力を行う「バーチャルキーボード」。ひとくちにバーチャルキーボードといっても、マウス機能付きやスピーカー搭載モデルなどさまざま販売されています。

この記事ではバーチャルキーボードの選び方と、WindowsやMacBookで使えるおすすめ商品を紹介します。バーチャルキーボードの仕組みや魅力についても解説。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ITライター
酒井 麻里子
IT分野を中心に、スマホ、PC、ガジェットなどのアイテムレビューや、企業DXの取材、業界・技術関連の解説記事などを手がける。 noteでは、趣味で集めているプログラミングロボットの話題なども発信。テレワーク×メタバースの可能性を考えるWEBマガジン『Zat's VR』運営。株式会社ウレルブン代表。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

バーチャルキーボードとは? 魅力と仕組みについて

デスクの上に投影されたキーボードに手をのせている様子
ペイレスイメージズのロゴ
デスクの上に投影されたキーボードに手をのせている様子
ペイレスイメージズのロゴ

ガジェットオタクの心をくすぐるニッチな商品、バーチャルキーボード。キーボード本体を持たない非接触型で、レーザーで投影したキーをタッチして文字入力ができる商品です。

近未来的な見た目とかんたんに持ち運べる便利さが魅力で、一部のファンから支持を集めています。まだまだ普及しているとはいいがたいですが、クラウドファンディング発の製品が話題になったこともあり、気になっている方も多いのでは?

バーチャルキーボードの選び方 対応モデル・機能・デザインなど

バーチャルキーボードを購入するとき、どんなことに気をつければいいのかわからないという方も多いですよね。使い心地・入力精度・バッテリー・サイズなど、バーチャルキーボードを選ぶときのポイントを見てみましょう。

ポイントをしっかり押さえて、バーチャルキーボード選びの参考にしてみてくださいね。

対応OS・バージョンを確認する

デスクの上に投影されたキーボードに手をのせている様子
ペイレスイメージズのロゴ
デスクの上に投影されたキーボードに手をのせている様子
ペイレスイメージズのロゴ

バーチャルキーボードを選ぶときにまず注意することは、自分の持っているパソコン・スマートフォン・タブレットなどに対応しているか。商品を購入する前に、必ず確認しましょう。

対応しているOSでもバージョンが古すぎると使えないことがありますし、スマホの場合は一部機能が制限されることも。またiPhoneのみ、あるいはAndroidのみでしか使えないものもあるので注意しましょう。

キーボードの見やすさなどの使い勝手で選ぶ

キーボードの見やすさや文字の認識の速さは、バーチャルキーボードを選ぶうえで気になるポイントですよね。

キーボードの使い勝手を大きく左右するものなので、しっかりと確認してから購入するようにしましょう。

Amazonの商品レビューに使用感の動画が掲載されていることもあるので、実際の投影感やタイピングイメージを確認するのもオススメです。

キーピッチ・キーボードサイズは視認性を重視!

 

バーチャルキーボードと一般的なキーボードとの大きな違いは、実際にボタンがあるかないか。バーチャルキーボードは目でキーの位置を確認しながらタイピングすることになるので、キーの視認性は打ちやすさに大きく関わるポイントになります。

視認性は人それぞれで、打ちやすいと感じるキーピッチ(キーとキーの間の距離)やキーボードサイズは人によってさまざま。キーピッチは18.5~19mmくらいが標準的な大きさとされているので、ひとつの目安にしてみてください。

文字認識の速度を確認しよう

 

バーチャルキーボードでも、入力スピードを重視したいという方は、1分間に認識できる文字数が多いものを選びましょう。センサーの反応速度によって入力できる文字数が異なりますが、早いものだと1分間に350文字ほど認識できるものも。

ただ一般的なキーボードに比べると、どうしてもタイピングが遅くなる傾向があります。絶対に入力速度を落としたくないという方は、一般的なキーボードの方がいいかもしれません。

機能で選ぶ

 

バーチャルキーボードでできるのは、文字の入力だけではありません。

文字入力以外にも、「マウス」「スピーカー」「防水」など、さまざまな機能がついているものがあります。

マウス操作ができるバーチャルキーボードも

ふだんからマウスを使って操作している方は、マウスモードがついているバーチャルキーボードが便利。マウスモードは画面上でカーソルを動かしたり、クリックしたりすることができます。

ただし、キーボード操作と同じく感触があるものではないので、使いこなすには慣れが必要です。

スピーカー機能!作業中に音楽なども聴ける!

パソコンで作業をしながらよく音楽を聴く方は、スピーカー機能のついているバーチャルキーボードもいいですね。

Bluetoothでワイヤレス接続ができたり、音質にこだわっているアイテムも。スピーカーの性能に力を入れている製品もあるので、音楽好きの方は要チェックです!

万が一のことを考えて防水機能があると安心!

お茶やコーヒーなどを飲みながら、パソコンを使うという方も多いでしょう。もし飲み物をこぼしてしまったら……と思うと、ヒヤッとしますよね。

そんな方は、防水機能の搭載されたバーチャルキーボードを選ぶといいでしょう。万が一のことがあっても、安心して使えますよ。

携帯性を確認しよう!

 

バーチャルキーボードを職場や出先などに持ち運んで使用したいという方は、サイズや重量をチェック。バーチャルキーボードの重量は60~100gほどで、サイズもさまざまです。

毎日持ち歩くのであれば、軽量でコンパクトな製品がいいですよね。専用のストラップを付属しているなど、持ち運びやすい工夫がされているものもあるのでよく確認しましょう。

携行性を重視するのであれば、小型のワイヤレスキーボードの採用も視野に入ります。

バッテリー持ちのよさも重要

 

毎日持ち運ぶのであれば、バッテリーの持ちのよさも重要ポイント。多くのアイテムは2~3時間程度の稼働ですが、なかには大容量のバッテリーが搭載されたものもあるので購入前にしっかり確認しましょう。

また長時間使いたいなら、省電力モードがある製品もいいですね。使わないときは省電力モードに切り替えることで、バッテリーの節約ができます。

近未来的なデザインで選ぶ

暗闇のなか投影されたキーボード
ペイレスイメージズのロゴ
暗闇のなか投影されたキーボード
ペイレスイメージズのロゴ

昔、映画でみたようなバーチャルに投影されたキーボードで入力できる!

まるでSFの世界に出てきそうな、近未来的なビジュアルもバーチャルキーボードの大きな魅力。せっかくなら、デザインに凝っているアイテムに注目して選んでみるのもいいでしょう。

SF映画に登場するロボットをモチーフにした製品も発売されており、使うたびにワクワクしてしまいそうですね!

アイアンマンの「トニースターク」が家で、机にキーボードを投影してタイピングしているシーンがありましたが、バーチャルキーボードで再現可能です。未来的なデザインが好みであれば、ゲーミングキーボードの採用もオススメ。

接続方法を確認しよう!

 

バーチャルキーボードの接続方法としては、USBによる有線・Bluetoothによる無線の2パターンがあります。

Bluetoothによる無線接続のアイテムが多いですが、パソコン・スマホ・タブレットといろいろなデバイスで使う予定があるなら、どちらの方法でも利用できる製品を選びましょう。

エキスパートのアドバイス

ITライター:酒井 麻里子

ITライター

キー配列にも注目しましょう

キーの「配列」も要チェックです。キーにアルファベットとひらがなが併記された「日本語配列」と、アルファベットのみの「英語配列」に大別でき、海外製品の多くは英語配列となります。

基本的なローマ字入力は日本語配列と同様に行なえますが、こまかい配置などに違いがあるため、はじめて使う方は少々慣れが必要かもしれません。

バーチャルキーボードおすすめ5選

ここからは、バーチャルキーボードをご紹介していきます。時代の先を行くバーチャルキーボードをいろいろと探してみましょう!

Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』

Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』
出典:Amazon この商品を見るview item

ピアノ型キーボードで音楽を自作できる

キーの形が丸くなっている、少し変わったバーチャルキーボード。USBによる有線接続と、Bluetoothによる無線接続のどちらにも対応しており、ともに接続後5秒で起動します。

充電後、バッテリーはおよそ10時間持続。使い終わったあとは本体の底面を持ち上げて傾けると、自動で電源が切れる機能も。またアプリと接続すれば、ピアノ型のキーボードを使って音楽を自作することもできますよ。

音楽の自作に興味がある方は、本格的な鍵盤型キーボード「MIDIキーボード」も揃えてみると音楽ライフが充実します。

対応OS Windows、iOS、Android
キーボードの特徴 QWERTY
付加機能 楽器演奏アプリ、スマホ用ドック、インテリジェントシャットダウン
重量 約139g
連続稼働時間 10時間
接続方法 Bluetooth
全てを見る全てを見る

対応OS Windows、iOS、Android
キーボードの特徴 QWERTY
付加機能 楽器演奏アプリ、スマホ用ドック、インテリジェントシャットダウン
重量 約139g
連続稼働時間 10時間
接続方法 Bluetooth
全てを見る全てを見る

amadana『R2-D2 バーチャルキーボード(IMP-101)』

amadana『R2-D2バーチャルキーボード(IMP-101)』 amadana『R2-D2バーチャルキーボード(IMP-101)』
出典:Amazon この商品を見るview item

アストロメク・ドロイドR2-D2型の投影機で操作

スターウォーズファンなら、臨機応変で驚くほどの勇気をもつR2-D2型アストロメク・ドロイドに夢中な人も多いはず。電源を入れたり、キーボード操作するたびにR2-D2の機械音が鳴り、楽しみながら操作できます。

キュートなR2-D2と一緒なら、飽きずにキーボード操作に打ち込めるでしょう。スターウォーズファン必見のバーチャルキーボード です。

対応OS iOS、Android、Windows 、Mac OS、Blackberry
キーボードの特徴 68キー(英語配列)
付加機能 輝度調整、動作音調整、感度調整、パワーセービングモード、かんたんペアリング
重量 635g
連続稼働時間 2時間
接続方法 Bluetooth
全てを見る全てを見る

対応OS iOS、Android、Windows 、Mac OS、Blackberry
キーボードの特徴 68キー(英語配列)
付加機能 輝度調整、動作音調整、感度調整、パワーセービングモード、かんたんペアリング
重量 635g
連続稼働時間 2時間
接続方法 Bluetooth
全てを見る全てを見る

Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』

Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』
出典:Amazon この商品を見るview item

誤字を軽減する円形キーボード

計算されたラウンドキーデザインによって誤ったキーを押してしまう事を抑制してくれます。自動スリープモードをサポートしており、8秒間放置すると自動的に省電力モードに切り替わります

FDAテストに合格している安全なレーザーです。周囲の光が強い場合、投影されたキーボードが見えにくくなるので使用する際はご注意ください。

対応OS
キーボードの特徴 英語配列
付加機能
重量
連続稼働時間
接続方法
全てを見る全てを見る

対応OS
キーボードの特徴 英語配列
付加機能
重量
連続稼働時間
接続方法
全てを見る全てを見る

Celluon『Epic』

Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』 Celluon『Epic』
出典:Amazon この商品を見るview item

毎分350文字のタイピング認識速度でストレスなし

こちらはレーザーでバーチャルキーボードを投影する「マジックキューブ」のリニューアルモデル「Epic」です。タイピングの反応がよく、認識速度は毎分350文字。ストレスを感じずタイピングできるのがポイントです。

スリムで軽量なため持ち運びしやすく、外出先でスマートフォンやタブレット端末のよい相棒になることでしょう。

対応OS -
キーボードの特徴 QWERTY
付加機能 -
重量 58.5g
連続稼働時間 -
接続方法 Bluetooth
全てを見る全てを見る

対応OS -
キーボードの特徴 QWERTY
付加機能 -
重量 58.5g
連続稼働時間 -
接続方法 Bluetooth
全てを見る全てを見る

DeHaccie『レーザー投影式キーボード』

DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』
出典:Amazon この商品を見るview item

使用しながらほかのデバイスの充電も可能

Bluetoothのほか、USBによる優先接続も可能なレーザー投影式キーボードです。英語配列のキーボードで1分あたり350文字以上の文字認識を行います。デスクトップPCやラップトップPC、スマートフォン、タブレットと幅広いデバイスに対応しています。

USB接続によってほかのデバイスを充電することもできます。

対応OS iOS、Android、Windows 、Mac OS
キーボードの特徴 英語配列
付加機能 ミニBluetoothスピーカー
重量 -
連続稼働時間 -
接続方法 Bluetooth、USB
全てを見る全てを見る

対応OS iOS、Android、Windows 、Mac OS
キーボードの特徴 英語配列
付加機能 ミニBluetoothスピーカー
重量 -
連続稼働時間 -
接続方法 Bluetooth、USB
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』
amadana『R2-D2 バーチャルキーボード(IMP-101)』
Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』
Celluon『Epic』
DeHaccie『レーザー投影式キーボード』
商品名 Roboraty『プロジェクションバーチャルキーボード』 amadana『R2-D2 バーチャルキーボード(IMP-101)』 Nwlgl『ワイヤレスプロジェクション仮想キーボード』 Celluon『Epic』 DeHaccie『レーザー投影式キーボード』
商品情報
特徴 ピアノ型キーボードで音楽を自作できる アストロメク・ドロイドR2-D2型の投影機で操作 誤字を軽減する円形キーボード 毎分350文字のタイピング認識速度でストレスなし 使用しながらほかのデバイスの充電も可能
対応OS Windows、iOS、Android iOS、Android、Windows 、Mac OS、Blackberry - iOS、Android、Windows 、Mac OS
キーボードの特徴 QWERTY 68キー(英語配列) 英語配列 QWERTY 英語配列
付加機能 楽器演奏アプリ、スマホ用ドック、インテリジェントシャットダウン 輝度調整、動作音調整、感度調整、パワーセービングモード、かんたんペアリング - ミニBluetoothスピーカー
重量 約139g 635g 58.5g -
連続稼働時間 10時間 2時間 - -
接続方法 Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth、USB
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月5日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする バーチャルキーボードの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのバーチャルキーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:バーチャルキーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

バーチャルキーボードに関連するほかの商品情報はこちら

持ち運びで使えるモデルだと便利!

近未来的でかっこいい見た目が魅力のバーチャルキーボード。あなた好みのバーチャルキーボードは見つかりましたか?

最初はどうしても慣れが必要ですが、持ち運びもしやすく便利なので手放せなくなるアイテムになること間違いなし! ぜひこの記事を参考にしてあなたにぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button