ギターストラップロックピンおすすめ12選|固定式・取り外し式など厳選

JIM DUNLOP『STRAPLOK STRAP RETAINERS DUAL DESIGN - BLACK OXIDE(SLS1033BK)』
出典:Amazon

ストラップが外れてギターが落下してしまうことを、防ぐためにつけるストラップロックピン。

この記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選ぶギターストラップロックピンおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。

後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子

武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ステージングの幅を広げるストラップロックピン ギターストラップが外れるのを防ぐ!

ライブでギターを弾いている男性
Pixabayのロゴ

ロックピンをつければ、動いてもギターの落下を心配する必要がなくなるので、ステージングの幅が広がりライブを楽しむことができます。

ライブで動きながらギターを弾いているときに、ストラップが外れた経験をしたことがある人は多いでしょう。動かずに弾いているときはストラップが外れにくくても、少しギターを動かしただけで外れてしまうことがあります。ストラップが外れてしまったら、演奏ミスをしてしまう可能性がありますし、ギターが落下してキズがついてしまう可能性もあります。

ロックピンは、ストラップがギターから外れないようにしてくれるため、ステージングの幅を広げてくれるアイテムです。ライブを楽しむためにも、ロックピンは欠かせません。

ギターストラップロックピンを選ぶときのポイント ピアノ講師・元大手楽器メーカー店員が教える

まずは、ギターストラップロックピンの選び方をチェックしていきましょう。ロックピンのタイプごとのメリットやデメリットを理解して選ぶことが大切です。ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんのアドバイスもご紹介しています。お気に入りのギターストラップロックピンを選ぶために、参考にしてみてください。

固定式と取り外し式に分けられる

 

Musiclily『Security Strap Locks』

ギターとストラップの固定力を強化するギターストラップロックピン。固定式のストラップロックピンと取り外し式のストラップロックピンに分けられます。それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを知って選ぶときの参考にしましょう。

固定式ロックピンのメリットとデメリット

ギターのボディーにネジで固定するロックピン。ストラップの固定力は強く、少し動いた程度でストラップが外れるという心配はありません。

しかし、ロックピンをギターに固定するために手間がかかります。また、ネジ穴がゆるくなって、固定が難しくなってしまうこともあります。

純正のロックピンのままのほうが売却するときに高く売れることが多いため、交換しても売却するときにもとに戻せるように、大切に保管しておきましょう。

取り外し式ストラップロックのメリットとデメリット

取り外し式は、ストラップをはめた上に装着して、固定力を強化する簡易タイプのストラップロックピンです。ゴムやプラスチック、シリコンなどの素材で作られているものが多いです。このタイプのストラップロックは、純正のロックピンのまま、ギターとストラップの固定力を強めたい人に向いているでしょう。

加工いらずでかんたんに取りつけられ、お求めになりやすい料金というメリットがあります。しかし、固定式のロックピンより固定力が劣ることがデメリットです。

好みの色を選びましょう

 

HARRY'S ENGINEERING『STRAP RUBBER』

ロックピンは、シルバーとブラックだけではなく、さまざまなカラーのものが発売されています。ロックピンのカラーは、ギターやストラップのカラーを考えて選ぶとよいでしょう。

好みによって純正のロックピンと同じカラーを選ぶことも、まったく異なるカラーの目立つものを選ぶこともできます。また、演奏している音楽のジャンルに合わせてカラーを選んでもよいでしょう。

ギターストラップロックピンおすすめ12選 固定式・取り外し式など

それではピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのギターストラップロックピンをご紹介します。ご紹介したギターストラップロックピンの選び方を参考に自分の好みに合った商品を見つけましょう。

エキスパートのおすすめ

JIM DUNLOP『STRAPLOK STRAP RETAINERS DUAL DESIGN - BLACK OXIDE(SLS1033BK)』

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

JIM DUNLOP『SLS1033BK』は着脱もかんたん。ボタンひとつでロック解除ができます。

多くの人に使われている使いやすいロックピン

Schallerとともに多くの人に使われてきたJIM DUNLOPのロックピン。JIM DUNLOPのロックピンの特徴は、使いやすさと安定感になります。

ロックピンのなかには、つまみ部分を引きながら取りつけるものもありますが、JIM DUNROPのロックピンはボタンを押しながら取りつけます。実際使ってみるとわかりますが、押しながらのほうが取りつけやすいです。つまみを引きながら取りつけるロックピンが使いにくいと感じている人は、一度使ってみてください。

エキスパートのおすすめ

Fender『Strap Blocks(0990819000)』

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

簡易型ならFender『Strap Blocks』が便利です。ゴム製なので柔軟性があり、ホールド感が増します。

シンプルなデザインの簡易タイプストラップロック

Fenderから発売されている簡易タイプのストラップロックです。ゴム製で柔軟性があるため、取りつけがかんたんで、ストラップを固定してくれます。

ほとんどのストラップボタンに対応できるのも、ありがたいポイントです。シンプルなデザインでさまざまなギターに合うため、多くのジャンルのギターに取りつけやすいでしょう。

エキスパートのおすすめ

Schaller『S-Locks(14010201)』

SchallerシャーラーストラップロックピンS-Locksクローム#14010201/Chromeペア【国内正規品】 SchallerシャーラーストラップロックピンS-Locksクローム#14010201/Chromeペア【国内正規品】 SchallerシャーラーストラップロックピンS-Locksクローム#14010201/Chromeペア【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item
ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

Schaller『S-Locks』はもともと需要の多い商品ですが、より強固に挟めて引き上げやすくなりました。

静隠性が改良された新しいストラップロックピン

従来のSchaller製品をモデルチェンジして作られたストラップロックピン。従来品より、扱いやすさと静隠性という点で改良がみられます。

つまみの部分が長くなったため、厚手のストラップが挟みやすく、つまみ部分を引っ張りやすいように改良されました。また、演奏中や持ち運ぶときに、ロックピンの金具同士が擦れる音が出ないように設計されています。

ERNIE BALL『SUPER LOCKS(P04602)』

【正規品】ERNIEBALL4602ギター/ベース用ストラップピンSUPERLOCKSGOLD 【正規品】ERNIEBALL4602ギター/ベース用ストラップピンSUPERLOCKSGOLD
出典:Amazon この商品を見るview item

アクセサリーとしても魅力的なロックピン

ギターの弦やピック、シールドなどを販売しているERNIE BALLのロックピン。左右にあるボタンを押しながら取りつけるタイプのロックピンです。ボタンを押しながらつまみやすいように、設計されています。

上部に大きくロゴがデザインされていて、アクセサリーとしても魅力的です。
カラーはニッケル、ゴールド、ブラックの3色あり、自分のギターに合ったカラーを選びましょう。

HARRY'S ENGINEERING『STRAP RUBBER』

カラーバリエーションが豊富なストラップロック

ストラップをつけたうえから、かんたんに取りつけられる簡易タイプのストラップロック。ラバー製でストラップをギターから外れにくくしてくれます。

このストラップロックの特徴は、カラーの豊富さです。レギュラーカラーが全11色、限定カラーが5色もあります。オレンジやグリーンなどのものを選べば、ストラップを艶やかに演出してくれるでしょう。

Musiclily『Security Strap Locks』

Musiclily金属製ストラップロックピンSecurityStrapLocksギター/ベース用、ゴールド(2個入) Musiclily金属製ストラップロックピンSecurityStrapLocksギター/ベース用、ゴールド(2個入) Musiclily金属製ストラップロックピンSecurityStrapLocksギター/ベース用、ゴールド(2個入) Musiclily金属製ストラップロックピンSecurityStrapLocksギター/ベース用、ゴールド(2個入) Musiclily金属製ストラップロックピンSecurityStrapLocksギター/ベース用、ゴールド(2個入)
出典:Amazon この商品を見るview item

つまみを引っ張りながら取りつけるロックピン

ピックアップやペグ、ピックガードなどさまざまなギターパーツを発売しているMusiclilyのロックピン。Schallerのロックピンのように、つまみを引っ張りながら取りつけるタイプです。

公式サイトには、フェンダーのストラトキャスターとテレキャスター専用ロックピンのように記載されていますが、ほかのメーカーのギターにも取りつけられます。
カラーはクロム、ゴールド、ブラックの3色があります。

D'Addario『Dual Lock Strap Clip』

D'AddarioダダリオストラップロックDualLockStrapClipPW-DLC-01【国内正規品】 D'AddarioダダリオストラップロックDualLockStrapClipPW-DLC-01【国内正規品】 D'AddarioダダリオストラップロックDualLockStrapClipPW-DLC-01【国内正規品】 D'AddarioダダリオストラップロックDualLockStrapClipPW-DLC-01【国内正規品】 D'AddarioダダリオストラップロックDualLockStrapClipPW-DLC-01【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item

シールドが誤って抜けることを防ぐストラップロック

さまざまな弦を販売し、多くのギタリストに使われているD'Addarioのストラップロック。かんたんに取りつけられ、ストラップが外れることを防いでくれます。

また、ストラップを固定してくれるだけではなく、シールドを固定してプラグが入力ジャックから間違って抜けることを、防いでくれる形状をしている便利なストラップロックです。

HENNESSEY『NSL7200』

HENNESSEYNSL7200Cストラップロックピン(ヘネシー) HENNESSEYNSL7200Cストラップロックピン(ヘネシー)
出典:Amazon この商品を見るview item

ストラップ穴の加工がいらないロックピン

機構部がストラップの裏側にあるHENNESSEYが発売しているロックピン。上部のつまみを引っ張ったり、押したりするのではなく、ストラップの裏にある土台部分を、指で引っ掛けて引っ張ると取り外せます。実際にやってみると、上部を引っ張ったり押したりするタイプよりも、スムーズに取り外せるでしょう。

また、取りつけ部が細いため、ストラップの穴を加工せずに取りつけられるのも便利です。

JIM DUNLOP『Strap Lock』

Dunlop(ダンロップ)STRAPLOCK#7036/【2個セット!】簡易ストラップロックストラップが外れにくくなる便利アイテム!ストラップ・ロック Dunlop(ダンロップ)STRAPLOCK#7036/【2個セット!】簡易ストラップロックストラップが外れにくくなる便利アイテム!ストラップ・ロック Dunlop(ダンロップ)STRAPLOCK#7036/【2個セット!】簡易ストラップロックストラップが外れにくくなる便利アイテム!ストラップ・ロック
出典:Amazon この商品を見るview item

回すと固定できるプラチック製のストラップロック

JIMDUNLOPから発売されているプラスチック製のストラップロック。ストラップピンを穴に入れて、2枚重なっているうえのプラスチックを回すことで、ストラップを固定できます。

プラスチック製のため、落としたりギターを激しく動かすと割れる可能性もありますが、普通に動きながらギターを弾く程度ならしっかりストラップを固定してくれます。

Kmise『ギターストラップロックボタン』

Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック Kmiseギターストラップロック
出典:Amazon この商品を見るview item

ステンレス製の耐久性がすぐれたロックピン

ステンレス製のサビにくく耐久性にすぐれたロックピン。押し込んでストラップとギターを固定するのではなく、引っかけるタイプです。

ストラップを取りつける部分の樽が長く、厚手のストラップでも取りつけられます。光沢があるレッドの座金はきれいで、ギターのアクセサリーとしても魅力的です。お求めになりやすい価格のため、はじめてロックピンを使う人が試しに使ってみるのにぴったりです。

PARKSONS『PSL-700』

Parksonsロック式ストラップピンギターベース用2個セットPSL-700Cクロム Parksonsロック式ストラップピンギターベース用2個セットPSL-700Cクロム Parksonsロック式ストラップピンギターベース用2個セットPSL-700Cクロム Parksonsロック式ストラップピンギターベース用2個セットPSL-700Cクロム Parksonsロック式ストラップピンギターベース用2個セットPSL-700Cクロム Parksonsロック式ストラップピンギターベース用2個セットPSL-700Cクロム
出典:Amazon この商品を見るview item

好みのカラーを選べるロックピン

豊富なカラーバリエーションがあるPARKSONSから発売されているロックピン。ロックピンの上部を引っ張りながらはめ込むタイプです。Scaller製のロックピンと互換性があります。

クローム、ゴールド、ブラック、サテンクローン、ニッケル、ブラックニッケルと6種類のカラーバリエーションがあり、ギターに合うカラーが見つかるでしょう。

ammoon『ラバー製ロックブロック』

シンプルなデザインではじめて使う人のために

ammoonから発売されている、シンプルなデザインのストラップロック。ラバー製でやわらかいですが、厚手でしっかりストラップとギターを固定してくれます。

ギターの落下を防止するために、穴がゆるくなりはじめたらすぐに新しいストラップロックに交換したほうがよいでしょう。お求めやすい価格のため、はじめてストラップロックを使う人に向いている商品です。

「ギターストラップロックピン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JIM DUNLOP『STRAPLOK STRAP RETAINERS DUAL DESIGN - BLACK OXIDE(SLS1033BK)』
Fender『Strap Blocks(0990819000)』
Schaller『S-Locks(14010201)』
ERNIE BALL『SUPER LOCKS(P04602)』
HARRY'S ENGINEERING『STRAP RUBBER』
Musiclily『Security Strap Locks』
D'Addario『Dual Lock Strap Clip』
HENNESSEY『NSL7200』
JIM DUNLOP『Strap Lock』
Kmise『ギターストラップロックボタン』
PARKSONS『PSL-700』
ammoon『ラバー製ロックブロック』
商品名 JIM DUNLOP『STRAPLOK STRAP RETAINERS DUAL DESIGN - BLACK OXIDE(SLS1033BK)』 Fender『Strap Blocks(0990819000)』 Schaller『S-Locks(14010201)』 ERNIE BALL『SUPER LOCKS(P04602)』 HARRY'S ENGINEERING『STRAP RUBBER』 Musiclily『Security Strap Locks』 D'Addario『Dual Lock Strap Clip』 HENNESSEY『NSL7200』 JIM DUNLOP『Strap Lock』 Kmise『ギターストラップロックボタン』 PARKSONS『PSL-700』 ammoon『ラバー製ロックブロック』
商品情報
特徴 多くの人に使われている使いやすいロックピン シンプルなデザインの簡易タイプストラップロック 静隠性が改良された新しいストラップロックピン アクセサリーとしても魅力的なロックピン カラーバリエーションが豊富なストラップロック つまみを引っ張りながら取りつけるロックピン シールドが誤って抜けることを防ぐストラップロック ストラップ穴の加工がいらないロックピン 回すと固定できるプラチック製のストラップロック ステンレス製の耐久性がすぐれたロックピン 好みのカラーを選べるロックピン シンプルなデザインではじめて使う人のために
メーカー JIM DUNLOP Fender Schaller ERNIE BALL HARRY'S ENGINEERING Musiclily D'Addario HENNESSEY JIM DUNLOP Kmise PARKSONS ammoon
タイプ ロックピン ストラップロック ロックピン ロックピン ストラップロック ロックピン ストラップロック ロックピン ストラップロック ロックピン ロックピン ストラップロック
カラー ニッケル、ブラス、ブラックオキサイド、ゴールド、ヴィンテージニッケル、ブラックニッケル ブラック、レッド ニッケル、クローム、サテン・クローム、ブラック・クローム、ゴールド、ルテニウム、サテン・パール、ビンテージ・コッパ― ニッケル、ゴールド、ブラック ブラック、レッド、ピンク、ライトグリーン、チョコ、イエロー、ネイビー、オレンジ、オリーブ、グレイ、パープル クローム、ゴールド、ブラック ブラック クローム、ブラック、ゴールド ブラック レッド クローム、ゴールド、ニッケル、ブラック、サテンクロム、ブラックニッケル ブラック
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ギターストラップロックピンの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのギターストラップロックピンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキギターストラップピンランキング
Yahoo!ショッピング:ギター ストラップ ロックピンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ギターストラップロックピンに関するQ&A よくある質問

question icon取り付け方法は?

answer icon

ストラップピンの取り付け方は次の通りです。

(1)ストラップピンを固定しているネジをドライバーで外します。プラスドライバーは、必ずネジ穴のサイズに合ったものを使用しましょう。
(2)ネジを外したら、ストラップピンを交換し、再度ネジを締めます。この際、ネジを締めすぎないようにしましょう。

question iconストラップの穴にピンが入らないときは?

answer icon

彫刻刀や専用ポンチなどで穴を少し大きくすれば、ロックピンが入るようになります。

ギターストラップロックピンを使うときに、ストラップの穴が小さくてピンが入らないことがあります。そのようなケースでは、ストラップの穴を加工しなければいけません。

彫刻刀や専用ポンチなどで穴を少し大きくすれば、ロックピンが入るようになります。穴を大きくし過ぎないように注意してください。自分で加工するのが苦手な人は、ギターショップに持って行き相談してみましょう。専門家に加工してもらうこともできます。

おすすめのギター関連の道具の記事はこちら 【関連記事】

ほかの種類のギターストラップロックピンについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

大切な楽器をキズつけないためにロックピンを使おう ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務がアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

楽器の落下は大きなダメージとなる場合も多く、修理に出されるギタリストの方も少なくありません。できれば未然に対処して不測の事態を避けたいものです。そんなとき、ギターストラップロックピンはたのもしい存在となります。固定式か簡易式か、ご自身のギターに合うサイズかなどを確認して、好みに合うものを選びましょう。

好みに合ったギターストラップロックピンを見つけよう

ギターストラップロックピンを選ぶ際のポイントやおすすめの商品をピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部でご紹介しました。ギターストラップロックピンを使えば、ギターの落下を防ぐことができます。

ギターとストラップの固定力を高めるには、ロックピンとストラップロックがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、よく考えてから選んでください。

今回ご紹介したおすすめの商品を参考に、好みに合ったギターストラップロックピンを見つけましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ベースケースおすすめ13選|専門家厳選人気ギグバッグ(セミハード)など

ベースケースおすすめ13選|専門家厳選人気ギグバッグ(セミハード)など

お気に入りのベースを持ち運ぶのに欠かせない「ベースケース」。人気のフェンダーやMONOなどから、さまざまな種類が販売されています。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力、機能などにもそれぞれに特徴があります。そこで音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめの商品を紹介します。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性を想像しながら選んでみてください。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 収納ケース・ボックス

キーボードスタンドおすすめ12選【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。この記事では、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、すすめの商品をご紹介します。 後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon シンセサイザー・キーボード , 楽器 , 音楽機材

ピアノ椅子のおすすめ人気9選【人気の甲南、ヤマハなど!】ピアニストが厳選

ピアノ椅子のおすすめ人気9選【人気の甲南、ヤマハなど!】ピアニストが厳選

ピアノを演奏するときは必要になるピアノ椅子。ピアノの練習などで長時間座って演奏することもあるので、座り心地が快適なものを選びたいものです。また子どもの成長など身長によって高さも調節しやすいと便利ですよね。そこで、ピアニストであり音楽教室主宰の神田朝子さんにピアノ椅子の選び方とおすすめの商品をうかがいました。ぜひ参考にして、用途や座り心地などが自分にぴったりのものを見つけてください。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon ピアノ・電子ピアノ(鍵盤楽器) , 楽器 , 音楽用品

譜面台おすすめ13選|卓上タイプや高さ調整できるタイプも

譜面台おすすめ13選|卓上タイプや高さ調整できるタイプも

楽器の演奏中に、見やすい位置に譜面を置くことができる譜面台。譜面台はどれも同じように見えますが、ヤマハやキクタニなどのメーカーによって調整できる高さや、調整の方法など、少しずつ違いがあり、使い方に合わせて選ぶ必要があります。この記事では音楽ライターの田澤 仁さんと編集部が厳選した譜面台のおすすめ商品をご紹介しています。記事の最後には通販サイトの最新ランキングも掲載してますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

tag icon 楽譜・スコア , 音楽用品

ギターケーブル(シールド)おすすめ9選|長さ・音域・弾きやすさが重要

ギターケーブル(シールド)おすすめ9選|長さ・音域・弾きやすさが重要

さまざまな機材や楽器の接続に使われる「シールド」。シールドは楽器や音響メーカー、ショップオリジナルなど多くの選択肢があり、好みのシールドを選ぶことはとても大変です。本記事ではギターシールドの選び方とおすすめ商品を紹介します。長さや音域など、5つのチェックポイントを参考に、ぜひ自分にピッタリの商品を選んでくださいね。

tag icon エレキギター・エレキベース , 楽器 , 音楽用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。