粉砂糖おすすめ9選【料理研究家が厳選】アイシングクッキーなどお菓子作りに!

cotta(コッタ)『純粉糖』
出典:Amazon

料理研究家の松本葉子さんへの取材をもとに、粉砂糖の選び方とおすすめの商品を厳選! 純粉糖、コーンスターチ入り、泣きにくい粉糖とさまざまな種類の商品を紹介します。記事の後半では、Amazonや楽天市場などの人気売れ筋ランキングも掲載! ぜひ参考にして、作りたいお菓子にぴったりの粉砂糖をみつけてくださいね。


目次

この記事を担当するエキスパート

料理研究家&食専門ライター
松本葉子

紙媒体およびwebで食関連記事を執筆するほか、食物学専攻の学生時代から継続している料理研究および多くの料理人や飲食店、生産現場を取材してきた経験を生かして食品メーカーや飲食店などにレシピ提供・メニューアドバイスを行っている。 また、毎日のように取り寄せる食品・調理関連品の中から厳選した「価値あるお取り寄せ情報」を限定読者に発信していたが、近くブログとして公開予定。

マイナビおすすめナビ編集部

主に『ベビー・キッズ』『美容・健康』『食品・ドリンク』カテゴリを担当する、40代編集者。マタニティ・育児雑誌、美容系雑誌、モノ系雑誌の編集経験をもとに、「ユーザー目線で本当にいい物をおすすめする」が信条。最近はスキンケアグッズよりも、健康食品や健康グッズに興味・関心が移りつつある。趣味:食べる、寝る 特技:大食い、子供とすぐ仲良くなる

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

粉砂糖とは? 上白糖やグラニュー糖との違いは?

パンに粉砂糖をふりかける様子
ペイレスイメージズのロゴ

お菓子づくりによく使われる粉砂糖。粉糖やシュガーパウダーともいわれ、グラニュー糖を粉にして作られます。湿気を帯びて固まるのを防ぐためにコーンスターチなどを加えたものも多くあります。

また、上白糖やグラニュー糖となにが違うのでしょうか? 上白糖もグラニュー糖も、サトウキビやサトウダイコンなどから抽出したショ糖を原料としています。ここに、ショ糖を加水分解した転化糖を少量加えたものが上白糖、ほとんどなにも加えていないのがグラニュー糖です。

上白糖はしっとりとして水に溶けやすく、加熱すると焼き目がつきやすいのが特徴。グラニュー糖はサラサラとしてクセのない甘味で、焦げ目がつきにくいといった特徴があります。

粉砂糖の選び方 種類や内容量、保存方法をチェック!

粉砂糖は、ケーキやクッキーなど作るお菓子のタイプに応じて使い分ける必要があります。それぞれにおいて知っておきたいポイントがあるので、ひとつひとつ見ていきましょう。

 

粉砂糖の種類で選ぶ

粉砂糖はおおまかにいって、3種類に分けることができます。「混ぜもののない純粉糖」、「コーンスターチなどが入った粉砂糖」、「トッピングによく使われるプードルデコール」です。それぞれの特徴を見てみましょう。

「純粉糖」は風味はいいが湿気に弱い

 

グラニュー糖100%の粉砂糖は、「純粉糖」といわれます。生地にもよくなじみ、グラニュー糖を原料としているため、ほかの材料の風味を損なわないのが特徴です。

ただし、湿気に弱く保存状態がよくないとダマになりやすいのが難点。保存するときはしっかりした湿気対策が必要です。

「コーンスターチ入り」は湿気に強く保存しやすい

 

グラニュー糖100%の純粉糖は湿気に弱く、固まりやすいので、それをカバーするために固化防止剤としてコーンスターチやオリゴ糖を入れている粉砂糖があります。

一般に「粉砂糖」として販売されているのはこのタイプがほとんど。扱いやすく、使い残したときにも固まりにくいところがメリットです。

溶けにくい「プードルデコール(トッピング用)」

 

「チョコレートケーキの上一面に粉砂糖をかけてデコレーションしたい」そんなときに適しているのがプードルデコールと呼ばれるタイプの粉砂糖です。

粉末の表面を油脂でコーティングしてあるので、お菓子などの仕上げに使っても空気中の水分を吸ってべたついたり溶けたりしにくいのが特徴。そのため「泣きにくい粉砂糖」とも言われます。

どんなお菓子を作るかによって選ぶ

作るお菓子によって、選ぶ粉砂糖は変わってきます。たとえば、上品な味わいがほしいときや、マカロンなど繊細な菓子を作るときにはグラニュー糖100%の純粉糖を、一般的なアイシングに使うなら、手に入りやすさや扱いやすさを考えてコーンスターチやオリゴ糖入りの粉砂糖を使うなど、使い分けるのがおすすめです。

また、トッピングやデコレーションにのみ使うのなら、湿気に強く溶けにくいプードルデコールが便利です。

内容量で選ぶ

 

粉砂糖にはさまざまな内容量の商品が販売されています。使う用途やシーンに合わせて内容量を選ぶとよいでしょう。

たとえば、頻繁(ひんぱん)お菓子を作るという方は大容量のものを、トッピングとして少量使うだけであれば、少量タイプのものを選びましょう。

粉砂糖は保存方法も大切

 

粉砂糖は湿気を吸うと、種類によってはダマになったり、パッケージのなかでかたまったりします。久しぶりに使おうと思ったら、粉砂糖が「塊砂糖」になっていたという人も少なくないでしょう。

粉砂糖が吸湿してしまうのを避けるためには、とにかく空気に触れさせないことです。そのためには密封できるパッケージの商品を選ぶのも有効。

また、使い残した分は密閉できる容器に移し替えて保存するといいでしょう。さらに、乾燥剤を入れて常温保存しておくと固まりにくくなります。

お菓子作りでいつも残ってしまうなら、純粉糖がおすすめ! 専門家よりのアドバイス

料理研究家&食専門ライター

アイシングやマカロンの材料として欠かせない粉砂糖ですが、お菓子作り用に買うといつも使い切れなくて……という方は、グラニュー糖100%の純粉糖を選ぶのがおすすめ

添加物が入っていない分、かたまりやすいですが、残っても料理の調味やコーヒー・紅茶用として使いやすいのがメリットです。大きくかたまって使いにくいときは、ポリ袋に入れて上から押すようにして崩してみましょう。

粉砂糖おすすめ9選! アイシングクッキーやドーナツに!

ここからは、純粉糖やコーンスターチが入ったものなど、使い切りの小容量のものやコストパフォーマンスの高い大容量のものなど、いろいろなタイプの粉砂糖を紹介していきます。

エキスパートのおすすめ

cotta(コッタ)『純粉糖』

料理研究家&食専門ライター:松本葉子

料理研究家&食専門ライター

コッタ『純粉糖』は、菓子作りが好きな人にはおなじみのcottaブランドの商品。安定した品質とコスパの高さが魅力です。グラニュー糖の原料も明記されています。純粉糖なのでダマになりやすいため、ふるってから使いましょう。

水分が少ない生地でも混ぜやすい

さとうきびと甜菜(てんさい)が材料のグラニュー糖から作られた純粉糖。水分が少ない生地やバターに加えてもしっかり溶けて、よく混ざります。グラニュー糖本来の味がしっかりと出て、上品な味のお菓子を作ることが可能。マカロンなど繊細なお菓子を作りたいときにもおすすめです。

500gとじゅうぶんな内容量で、たくさんのお菓子を作るときに役立ちます。

エキスパートのおすすめ

きくや『粉糖』

料理研究家&食専門ライター:松本葉子

料理研究家&食専門ライター

クリスマスのイベント用に大量のアイシングクッキーやバタークリームを使うケーキを作りたい……、そんなときには大容量のきくや『粉糖』がぴったり。また、お菓子作りが好きな仲間で分けて使えばとてもリーズナブルです。

大量に使っても安心の高コスパ

グラニュー糖にコーンスターチが1~4%ほど添加されています。アイシングを作ると、一気になくなってしまうのが粉砂糖。大容量なので、そのような悩みを解決してくれます。純粉糖と違い、ダマができにくいので、ふるいを使わなくてもサラサラです。

1kgでも安く購入できる高コスパ。上手になるまで何回でも試すことができますね。

エキスパートのおすすめ

富澤商店『溶けない粉砂糖』

料理研究家&食専門ライター:松本葉子

料理研究家&食専門ライター

富澤商店『溶けない粉砂糖』は、製菓材料専門店である富澤商店のトッピング用粉砂糖です。これを使えばチョコレートケーキやシュトーレンなどがフォトジェニックな仕上がりに。容量たっぷりなので、いろいろなお菓子に使ってみたくなりますよ。

じゅうぶんな容量で甘さはひかえめ

できあがったお菓子のおいしさを邪魔しない、甘さひかえめのプードルデコール。デコレーションに便利です。仕上げ用として使うものなので、多すぎると使い切れない心配がありますが、400gと多すぎず少なすぎずの適度な分量です。

もし少し余ってしまった場合は、「溶けない粉砂糖」という名称ながら、湿気を避けて密封保存が基本です。

富澤商店『粉砂糖』

生地に溶けやすくお菓子づくりが楽しくなる

グラニュー糖に粉末水あめを加えた粉砂糖です。粉末水あめを加えることでグラニュー糖だけの粉砂糖よりも湿気に強く、かたまりにくくなっています。かといって、味に変化が生じるわけでもなく、純粉糖のように使える便利な粉砂糖です。

粉砂糖ひとつひとつの粒子がこまかく、生地に溶けやすく混ざりやすいので、お菓子づくりがよりスピーディになります。

プロフーズ『全糖粉糖』

チャックつきだから湿気対策も安心

混ざりけのないグラニュー糖100%の純粉糖です。いろいろなお菓子づくりの生地に混ぜ込むこともできます。容量のわりに価格が高くないので、ケーキやクッキーのデコレーションに使うアイシングとして、たっぷり使うことも可能です。

純粉糖は湿気に弱いですが、袋がチャックつきなので、ほかの容器に入れ替える必要がありません。使い終わればチャックを閉めるだけで保存できます。

日新製糖『粉糖』

粉糖(200g) 粉糖(200g)

出典:Amazon

オリゴ糖入りの独自製法で固まりにくい

子どもの日記のようなパッケージがかわいい、オリゴ糖入りの粉砂糖です。コーンスターチは入っていません。パッケージにあるようなケーキの生地作りにも使えますし、デコレーションとしても使えます。

オリゴ糖入りの粉砂糖はコーンスターチ入りと比べ粘りがあるので、細い線のアイシングが切れずに描きやすいのもメリット。200gと少量なので保存もしやすいです。

徳倉『MGP-s 粉糖』

大容量でアイシングなどいろんな用途に幅広く使える

1kgタイプの粉砂糖です。グラニュー糖にコーンスターチが添加されています。粉砂糖を生地に大量に混ぜ込むお菓子の場合、コーンスターチ入り粉砂糖だと、味や仕上がりに影響が出やすいといわれています。大容量であることを活かして、アイシングクリーム用として使ってみてください。

ダマになりにくいので、デコレーション用として使っても作業がしやすいです。

cotta(コッタ)『粉糖』

cotta粉糖250g製菓製菓材料粉砂糖砂糖パウダーシュガースイーツお菓子作り cotta粉糖250g製菓製菓材料粉砂糖砂糖パウダーシュガースイーツお菓子作り cotta粉糖250g製菓製菓材料粉砂糖砂糖パウダーシュガースイーツお菓子作り

出典:楽天市場

コーンスターチ入りで固まりにくく生地になじむ

コーンスターチが2.5%入っている粉砂糖。ダマになりにくくかたまりにくいのが特徴です。サラサラで、水分の少ないお菓子の材料ともよく混ざります

表面の焼き上がりがなめらかで、アイシングをかけるときの作業もラクになります。サブレや型抜きクッキーやタルトなどがおすすめ。250gで使い切りなのもうれしいポイントです。

マルグリット『プードルデコール』

湿気に強く溶けにくいデコレーション用粉砂糖

粉砂糖表面に特殊なコーティングをしているため、湿気に強く溶けにくいのが特徴。お菓子の上に振りかけても消えにくいので、きれいな見た目を保ち続けることができます。

溶けやすい粉砂糖ではうまく飾りつけができない仕上げ用途に特化して、開発されました。飾りつけやデコレーションとして使いましょう。

「粉砂糖」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
cotta(コッタ)『純粉糖』
きくや『粉糖』
富澤商店『溶けない粉砂糖』
富澤商店『粉砂糖』
プロフーズ『全糖粉糖』
日新製糖『粉糖』
徳倉『MGP-s 粉糖』
cotta(コッタ)『粉糖』
マルグリット『プードルデコール』
商品名 cotta(コッタ)『純粉糖』 きくや『粉糖』 富澤商店『溶けない粉砂糖』 富澤商店『粉砂糖』 プロフーズ『全糖粉糖』 日新製糖『粉糖』 徳倉『MGP-s 粉糖』 cotta(コッタ)『粉糖』 マルグリット『プードルデコール』
商品情報
特徴 水分が少ない生地でも混ぜやすい 大量に使っても安心の高コスパ じゅうぶんな容量で甘さはひかえめ 生地に溶けやすくお菓子づくりが楽しくなる チャックつきだから湿気対策も安心 オリゴ糖入りの独自製法で固まりにくい 大容量でアイシングなどいろんな用途に幅広く使える コーンスターチ入りで固まりにくく生地になじむ 湿気に強く溶けにくいデコレーション用粉砂糖
種類 純粉糖 コーンスターチ入り プードルデコール 粉末水あめ入り 純粉糖 オリゴ糖入り コーンスターチ入り コーンスターチ入り プードルデコール
内容量 500g 1,000g 400g 400g 500g 200g 1,000g 250g 1,000g
チャック付き なし なし あり あり あり なし なし なし なし
原材料 グラニュー糖(さとうきび、甜菜) 砂糖、コーンスターチ グラニュー糖(国内製造)、澱粉、食用精製加工油脂 グラニュー糖、粉末水飴 グラニュー糖 原料糖、オリゴ糖 グラニュー糖、コーンスターチ グラニュー糖(97.5%)、コーンスターチ(2.5%) デキストローズ、どうもろこし澱粉、加工油脂、微粒二酸化ケイ素、リン酸カルシウム、香料
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月13日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 粉砂糖の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの粉砂糖の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:粉砂糖ランキング
楽天市場:粉砂糖ランキング
Yahoo!ショッピング:粉砂糖ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

お菓子作りに便利なアイテムはこちら 【関連記事】

作るお菓子に応じて

この記事では、料理研究家の松本葉子さんと編集部が厳選した、粉砂糖のおすすめ商品を紹介しました。作るお菓子に応じて使う粉砂糖を変えたり、使う量に見合った内容量のものを選んだりすることが大切です。ぜひこの記事を参考にして、あなたがほしい粉砂糖を選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【体にいい】精製されていない砂糖おすすめ9選|黒砂糖・てんさい糖・きび砂糖を紹介

【体にいい】精製されていない砂糖おすすめ9選|黒砂糖・てんさい糖・きび砂糖を紹介

1級フードアナリストの里井真由美さんへの取材をもとに、精製されていない砂糖の選び方とおすすめの商品をご紹介します。精製されていない砂糖には黒砂糖、てんさい糖、きび砂糖があり、ミネラルなどの栄養素を多く含んでいて、健康志向の方に注目されています。記事後半には通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので参考にしてみてください。

tag icon 砂糖 , 食品 , 調味料

メープルシュガーおすすめ9選|糖質やカロリーが気になる人にも!

メープルシュガーおすすめ9選|糖質やカロリーが気になる人にも!

メープルシュガーは、栄養豊富でカロリーや糖質も控えめ。ダイエット中や健康志向の方から注目を集める天然甘味料です。ここでは、フードコーディネーターの國塩亜矢子さんと編集部が選んだおすすめの商品と選び方をご紹介します。

tag icon 砂糖 , 食品 , 調味料

スティックシュガーおすすめ11選【コーヒーや料理に】低カロリーシュガーも紹介!

スティックシュガーおすすめ11選【コーヒーや料理に】低カロリーシュガーも紹介!

コーヒー・紅茶を飲むときに便利なスティックシュガー。個包装のパッケージは飲みものに添えるほか、グラム数がはっきりしているので料理にも大活躍。この記事では、料理研究家の松本葉子さんへの取材をもとに、スティックシュガーの選び方とおすすめ商品を紹介します。グラニュー糖よりも低カロリーに抑えられる天然甘味料や人工甘味料についても解説しています。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 砂糖 , 調味料

ココナッツシュガーおすすめ4選【料理やお菓子作りに】瓶や袋タイプも!

ココナッツシュガーおすすめ4選【料理やお菓子作りに】瓶や袋タイプも!

白砂糖に比べ、糖分以外の栄養分が豊富で身体に優しいとされているココナッツシュガー。同じように見えても、マンゴスチンの果皮がはいっているものやオーガニックのものなど、いろいろな種類があります。この記事では、フードアナリストのとけいじ千絵さんのお話をもとに、おすすめのココナッツシュガーと、上手な選び方をご紹介します。

tag icon 砂糖 , 調味料

砂糖のおすすめ15選|体にいいのは? 種類や原料を解説!

砂糖のおすすめ15選|体にいいのは? 種類や原料を解説!

料理の甘みやつや出しなど、さまざまな目的で利用される砂糖。毎日使うものだからこそ、少しでも身体に良いものを選びたいと考える人も少なくないでしょう。ここでは、フードスタイリストの池 ももこさんにお話をうかがい、砂糖の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 砂糖 , 調味料

関連するブランド・メーカー


cotta(コッタ) 富澤商店 日新製糖

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。