PR(アフィリエイト)

SIM変換アダプタおすすめ8選|サイズを確認して選ぼう!

F.Wave『nano SIM変換アダプター4点セット』
出典:Amazon
F.Wave『nano SIM変換アダプター4点セット』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

SIMカードを複数のスマホやタブレットで使い回すときに便利な「SIM変換アダプタ」。

この記事では、SIM変換アダプタの選び方を解説し、IT・サイエンスライターの島田祥輔さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

IT・サイエンスライター
島田 祥輔
パソコンやインターネットサービスを初心者向けに解説する書籍や記事を執筆。他にもサイエンス一般について雑誌やニュースサイトで執筆。 著書に『おもしろ遺伝子の氏名と使命』(オーム社)、『遺伝子「超」入門』(パンダ・パブリッシング)、編集協力に『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ』(朝日新聞出版)、『ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか』(高橋祥子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。また、腸内細菌検査サービス「マイキンソー」のオウンドメディア「Mykinsoラボ」の編集長も務める。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

SIM変換アダプタを選ぶポイント IT・サイエンスライターに聞く

まずは、SIM変換アダプタの選び方をご紹介していきます。「サイズ」「落下防止」「付属品」の3点に注目して選べば、自分に合う商品が見つけやすくなるでしょう。各選び方のポイントについて、詳しくご説明します。

並べられたSIMカードとSIM変換アダプタとカード取り出しピン
Pixabayのロゴ
並べられたSIMカードとSIM変換アダプタとカード取り出しピン
Pixabayのロゴ

持っているSIMカードと機器の対応SIMを確認

 

SIMカードには3種類のサイズがあり、標準SIM>microSIM>nanoSIMの順で、だんだんと小さくなります。スマホごとに対応するサイズが異なるため、まずは自分が持っているSIMカードが入るか確認してみましょう。サイズが異なる場合は、変換アダプタの出番です。

ただし、SIM変換アダプタは小さいサイズのものを大きいサイズに変換するもの。標準SIMカードは変換アダプタを使用してもmicroSIMやnanoSIM対応にすることはできない点には注意が必要です。

どうしても標準SIMを小さいサイズにしたい場合は、ハサミなどで切る方法もあります。その場合は、専用のカッターがあると失敗も少なく便利です。

落下防止機能があれば安心

 

SIM変換アダプタは、粘着式シートが付属したものがおすすめ。SIMカードは非常に小さく、取り替える際に落としてなくしてしまった……ということもありえます。また、スマホに変換アダプタに乗せたSIMカードを入れる際、ズレてしまい入れにくいことも。

粘着式シートが付属したものなら、SIMカードを変換アダプタにしっかり固定して落下を防いでくれます。落としてなくさないか心配な方は、ぜひチェックしてみてください。

ピンやケースもあると便利

 

付属品にも注目して選んでみましょう。SIMカードを取り出す際に便利なピンがついているものや、SIMやSDカード類を収納できるケースが付属しているものもあります。

とくに、海外旅行などで複数のSIMカードを使う方は、ピンやケースがあると便利なので検討してみるといいでしょう。

SIM変換アダプタおすすめ8選 変換可能サイズ・セット内容をチェック!

買ったらすぐに使える、心強いSIM変換アダプタをご紹介します。落下防止シートやケースつきのもの、標準SIMを小さくできるカッターが付属したものもあるので、自分にぴったりの商品を見つけてください。

エキスパートのおすすめ

Ciscle『Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット』

Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』 Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』 Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』 Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』 Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』 Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』 Ciscle『NanoSIMMicroSIM変換アダプター4点セット』
出典:Amazon この商品を見るview item

付属のヤスリを使えばサイズの微調整もできる

変換アダプタには落下防止用フィルムがついており、SIMカードをしっかりと貼りつけることができます。落下する心配が少なくなり、スマホへの挿入もしやすくなるでしょう。

ヤスリが付属しているのもうれしいポイント。変換アダプタのサイズは合っているのに、スマホによっては挿入しづらいこともあります。ヤスリを使えば形状を微調整できるので、スムーズに入れられるようになるでしょう。

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3、取り出し用ピン、ヤスリ

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3、取り出し用ピン、ヤスリ

RedCloud『sim変換アダプター』

RedCloud『sim変換アダプター』 RedCloud『sim変換アダプター』 RedCloud『sim変換アダプター』 RedCloud『sim変換アダプター』 RedCloud『sim変換アダプター』 RedCloud『sim変換アダプター』
出典:Amazon この商品を見るview item

テープで固定できるので落下の心配不要

落下防止機能も備えた心強いアイテム。SIMカードを乗せた後でテープでしっかり固定するため、ズレる心配がありません。また、2セットなので、家族や友人と分け合うこともできます。海外旅行などで複数人ぶんの変換アダプタがほしいときにおすすめ。

素材は頑丈な金属製で、「挿入する前に変換アダプタが折れてしまわないか心配」という方も、安心して使うことができるでしょう。

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3、SIMカード取り出しピン、SIMカードフォルダ

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3、SIMカード取り出しピン、SIMカードフォルダ

APNSIM『NanoSIM 変換アダプター 10個セット』

10個入りで家族や知人で分け合える

nanoSIMからmicroSIMへの変換アダプタが10個もセットになっています。リーズナブルな価格で、同じ変換アダプタがたくさんほしい方にとってはコスパのいい商品。家族や友人と分け合うこともできますよ。

シンプルな商品ですが、落下防止シールが付属。SIMカードを落下して壊したり紛失したりする心配もありません。

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×10、脱落防止用シール×10、カッティングシール×10

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×10、脱落防止用シール×10、カッティングシール×10

i-Plus Company Tech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』

i-PlusCompanyTech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』 i-PlusCompanyTech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』 i-PlusCompanyTech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』 i-PlusCompanyTech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』
出典:Amazon この商品を見るview item

パンチで標準SIMをmicroSIM対応にできる

SIMパンチが付属しており標準SIMのサイズを変更することができます。SIM変換アダプタでは大きいものを小さいサイズに合わせることはできませんが、パンチを使って切断することで標準SIMをmicroSIMやnanoSIMに対応させることが可能

加工後も付属のSIM変換アダプタを使えば標準SIMとして使えるので安心です。標準SIMを使っていて変換できず困っていた方は、ぜひ試してみてください。

変換可能サイズ 標準SIM→microSIM、標準SIM→nanoSIM、microSIM→nanoSIM
セット内容 SIM変換アダプタ×3、SIMパンチ、SIMカード取り出しピン、携帯SIMカードホルダー、両面ヤスリ

変換可能サイズ 標準SIM→microSIM、標準SIM→nanoSIM、microSIM→nanoSIM
セット内容 SIM変換アダプタ×3、SIMパンチ、SIMカード取り出しピン、携帯SIMカードホルダー、両面ヤスリ

Ruitong『USB-C OTGカードリーダー+アダプター』

Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』 Ruitong『USB-COTGカードリーダー+アダプター』
出典:Amazon この商品を見るview item

ケースをスマホのスタンドに活用できる

付属のケースがスマホのスタンドに早変わりする、便利なSIM変換アダプタセット。「外出先で手を放して動画を楽しみたいけれど、スマホスタンドを持ち運ぶのは面倒……」という悩みを抱えている方にとっては、一石二鳥の商品といえるでしょう。

必要なアイテムがそろっている上、ギフト用のケースつきなのがポイント。友だちのお誕生日プレゼントとしても、検討してみてはいかがでしょうか。

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ、SIMカード取り出しピン、3-IN-I USB-C OTGカードリーダー ほか

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ、SIMカード取り出しピン、3-IN-I USB-C OTGカードリーダー ほか

mobee『Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット』

mobee『NanoSIMMicroSIM変換アダプタ3点セット』 mobee『NanoSIMMicroSIM変換アダプタ3点セット』
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパを重視する人にぴったり

できるだけ、安価にSIMに変換するアダプターを探している人にピッタリなのが、こちらの商品です。NanoSIMやMicroSIMをSIMサイズにするための最低限のアダプターがセットになっています。SIMを取り出すピンなどもないため、すでに自前で持っているか、代用品を用意する必要があります。

アダプターにフィルムが貼ってあるので、端末からカードを取り出す際に落下・紛失の心配がないのもうれしいポイントです。

変換可能サイズ NanoSIM→MicroSIM、NanoSIM→SIMカード、MicroSIM→SIMカード
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3

変換可能サイズ NanoSIM→MicroSIM、NanoSIM→SIMカード、MicroSIM→SIMカード
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3

Aerb『SIMカードカッター』

Aerb『SIMカードカッター』 Aerb『SIMカードカッター』 Aerb『SIMカードカッター』 Aerb『SIMカードカッター』 Aerb『SIMカードカッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

ホチキスのように手軽にサイズを変更

ホチキスのような見た目のカッターで、標準SIMからnanoSIMへのサイズ変更が可能。「標準SIMを小さくしたいけれど自分で切るのは怖い……」という方も安心です。

SIM取り出しピンやヤスリも付属。カットした後にうまくスマホに入らなくても、ヤスリでサイズを微調整することができるので失敗も少ないでしょう。

変換可能サイズ 標準SIM→nanoSIM、標準SIM→microSIM、nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM ほか
セット内容 SIMカードカッター、SIMカード変換アダプタ×3、SIMカード取り出しピン、SIMトレー、紙ヤスリ

変換可能サイズ 標準SIM→nanoSIM、標準SIM→microSIM、nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM ほか
セット内容 SIMカードカッター、SIMカード変換アダプタ×3、SIMカード取り出しピン、SIMトレー、紙ヤスリ

GPP『nano SIM micro SIM変換アダプター』

海外SIMにも対応するアダプター

海外への渡航が多い人や、複数台の端末の間でSIMを差し替えて使用しているひとにぴったりの変換アダプタ―です。nanoSIMからmicroSIM、nanoSIMからSIM、microSIMからSIMに変換するアダプターが各2枚ずつ入っています。

差し替える回数が多いアダプターは、摩耗や汚損のリスクも増えてくるので、いざというときのスペアとして持っておくと心強いです。

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→SIM、microSIM→SIM
セット内容 変換アダプター×6

変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→SIM、microSIM→SIM
セット内容 変換アダプター×6

「SIM変換アダプタ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Ciscle『Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット』
RedCloud『sim変換アダプター』
APNSIM『NanoSIM 変換アダプター 10個セット』
i-Plus Company Tech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』
Ruitong『USB-C OTGカードリーダー+アダプター』
mobee『Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット』
Aerb『SIMカードカッター』
GPP『nano SIM micro SIM変換アダプター』
商品名 Ciscle『Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット』 RedCloud『sim変換アダプター』 APNSIM『NanoSIM 変換アダプター 10個セット』 i-Plus Company Tech『SIMパンチ+SIM変換アダプター4点セット』 Ruitong『USB-C OTGカードリーダー+アダプター』 mobee『Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット』 Aerb『SIMカードカッター』 GPP『nano SIM micro SIM変換アダプター』
商品情報
特徴 付属のヤスリを使えばサイズの微調整もできる テープで固定できるので落下の心配不要 10個入りで家族や知人で分け合える パンチで標準SIMをmicroSIM対応にできる ケースをスマホのスタンドに活用できる コスパを重視する人にぴったり ホチキスのように手軽にサイズを変更 海外SIMにも対応するアダプター
変換可能サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM nanoSIM→microSIM 標準SIM→microSIM、標準SIM→nanoSIM、microSIM→nanoSIM nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM NanoSIM→MicroSIM、NanoSIM→SIMカード、MicroSIM→SIMカード 標準SIM→nanoSIM、標準SIM→microSIM、nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM ほか nanoSIM→microSIM、nanoSIM→SIM、microSIM→SIM
セット内容 SIMカード変換アダプタ×3、取り出し用ピン、ヤスリ SIMカード変換アダプタ×3、SIMカード取り出しピン、SIMカードフォルダ SIMカード変換アダプタ×10、脱落防止用シール×10、カッティングシール×10 SIM変換アダプタ×3、SIMパンチ、SIMカード取り出しピン、携帯SIMカードホルダー、両面ヤスリ SIMカード変換アダプタ、SIMカード取り出しピン、3-IN-I USB-C OTGカードリーダー ほか SIMカード変換アダプタ×3 SIMカードカッター、SIMカード変換アダプタ×3、SIMカード取り出しピン、SIMトレー、紙ヤスリ 変換アダプター×6
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月26日時点 での税込価格

SIM変換アダプタ使用の流れ

1、スマホの電源を切り、SIMカードを取り出す
もしSIMカードが機器に装着されたままだったら、まずは取り出さなくてはいけません。SIMカードの抜き差しをする際は、スマホの電源を切っておきましょう

2、機種に合った方法でSIMを取り出す
Android端末は直接SIMカードを入れるスロットやトレーがあるため、機種に合ったやり方で取り出します。iPhoneでSIMカードを取り出す際には、針金などの先の細いものが必要になるのでSIMピンを活用しましょう。

3、変換アダプタを装着し、再びトレーに挿入する
取り出したSIMカードに変換アダプタを装着し、新たなスマホのトレーに挿入すれば完了です。

使用時に注意すべきポイント

SIMカードは小さくても重要性が高いものです。ちょっとしたキズや落下で作動しなくなる恐れもあるので、ていねいに扱うのがポイント。とくにSIMカードをスマホに入れるとき、無理やり入れようとすると破損の原因となります。落ち着いて引っかかっているポイントを確認して入れなおしましょう。

また、SIMカードの金属面を直接手で触れるとサビなどの原因となるため注意しましょう。サビや汚れが付着すると、正しくデータを読み込めなくなる恐れがあります。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする SIM変換アダプタの売れ筋をチェック

AmazonでのSIM変換アダプタの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:SIM関連アクセサリランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

SIM変換アダプタに関連する記事をご紹介

変換アダプタを使って認識されないときはキャリアでサイズ交換 IT・サイエンスライターからのアドバイス

IT・サイエンスライター:島田 祥輔

IT・サイエンスライター

はじめてSIM変換アダプタを使う人は、まわりで実際に使っている人の実物を見るとイメージしやすいと思います。

また、変換アダプタはスマホメーカーの動作保証の対象外なので、トラブルがゼロではありません。スマホの機種や変換アダプタの相性もあるので、どうしてもスマホがSIMカードを認識しないときは、携帯電話キャリアにSIMカードのサイズを交換してもらいましょう。

まずはSIMカードやスマホの対応規格を確認

SIM変換アダプタのおすすめをご紹介しました。

SIM変換アダプタを選ぶときは、自分の持っているSIMカードやスマホの対応規格を確認し、そのうえで落下防止機能や付属品に注目するのがポイント。

ご紹介した情報を参考に、自分にとって使いやすいSIM変換アダプタを選んでみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button