PR(アフィリエイト)

【2024年】SIMフリースマホおすすめ15選|乗り換えや機種変更に【コスパ最強端末も】

Google(グーグル)『Google Pixel 7a』
Google(グーグル)『Google Pixel 7a』

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年03月17日に公開された記事です。

ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアの縛りがないSIMフリースマホ。自身で格安SIMのプランを契約するもよし、既存のキャリアのSIMをそのまま差し替えて使うもよし、選択肢の幅が広がります。

そこでこの記事ではiPhone、AndroidスマホをはじめSIMフリースマホの選び方とおすすめ商品を紹介します。Googleピクセルシリーズやゲーミングスマホ、コスパ最強モデルもピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ITライター
酒井 麻里子
IT分野を中心に、スマホ、PC、ガジェットなどのアイテムレビューや、企業DXの取材、業界・技術関連の解説記事などを手がける。 noteでは、趣味で集めているプログラミングロボットの話題なども発信。テレワーク×メタバースの可能性を考えるWEBマガジン『Zat's VR』運営。株式会社ウレルブン代表。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

SIMフリースマホのメリットとデメリット

SIMフリースマホのメリットには、好きな通信会社のSIMカードを選ぶことで料金が抑えられたり、キャリアにない端末が利用できる点がある一方で、故障した際の修理費が自己負担になる、キャリアメールが使えないなどのデメリットも存在します。

このメリットとデメリットをよく吟味したうえで、自分に合う端末かどうかを検討しましょう。

好きな通信会社のSIMカードが選べて、料金も節約できる メリット1

SIMフリースマホは端末にSIMロックがかかっていないため、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアに限らず、どこの取扱店で契約したSIMカードを使うことができます。

そのため、自分が使いたい端末と必要な料金プランを自由に組み合わせることで、月々の料金を節約することも可能です。

豊富な端末から自由に選択できる メリット2

たくさんのスマホ ペイレスイメージズのロゴ
たくさんのスマホ ペイレスイメージズのロゴ

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアで契約している場合、取り扱っている端末しか契約できませんが、SIMフリースマホなら、「どんな端末でも使える」ようになります。

つまり、スマホでゲームをすることが多いからゲーミングスマホにしたり、型落ちのiPhoneにしたりなど、個人に合ったスマホを選ぶことが可能になる、ということです。

海外でもSIMを入れ替えれば、そのまま使える メリット3

海外 ペイレスイメージズのロゴ
海外 ペイレスイメージズのロゴ

海外旅行に行く際、その地域で使える海外用のスマホや割と高いWi-Fiをレンタルした経験がある方もいると思います。しかし、SIMフリースマホなら、現地で売られている安いSIMカードに入れ替えるだけで、普段通りに使うことができます。

なお、海外でも使えるSIMカードを手に入れるには、WEBから申し込み、出発前に取り寄せるか出発当日に空港のサービスカウンターで受け取りましょう。そのほか、家電量販店や空港(国内・現地)でも申し込むことができます。

その際の注意点ですが、使っているSIMフリースマホが海外のバンド(周波数)に対応しているかです。これが合わないと手配したのに使えないので、申し込み前に確認しましょう。

キャリアメールやSuicaなど使えない機能がある デメリット1

NG ペイレスイメージズのロゴ
NG ペイレスイメージズのロゴ

SIMフリースマホにすると、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアメールが使えなくなります。なので、事前にフリーアドレスを取得しておきましょう。

また、電車に乗る際に使っていたSuicaや買い物時に便利なおサイフケータイといった便利な機能も、海外製の安い端末に乗り換えを検討しているなら、付いていない可能性があります。買ってから後悔しないよう、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

初期設定、故障などは自分で対応する必要がある デメリット2

NG ペイレスイメージズのロゴ
NG ペイレスイメージズのロゴ

ドコモ・au・ソフトバンクで端末を購入した場合、データ移行といった初期設定は手厚くサポートしてくれますが、SIMフリースマホはそれらをすべて自分で行う必要があります。初期不良や故障時の対応も同じです。

なお、格安SIMのなかには、修理保証をオプションで付けられるものがあります。過去に画面を割ったり、水没させた経験がある方は、そのサービスを提供している格安SIM端末を購入したほうがいいでしょう。

SIMフリースマホの選び方

料金が抑えられ、キャリアにない端末が利用できる「SIMフリースマホ」。自分が使いたい端末と必要な料金プランを自由に組み合わせられるのは魅力的ですよね。

この記事では、SIMフリースマホの基本的な選び方をご紹介します。なんとなく同じ通信会社で契約している人、現在の携帯代に不満がある人は、ぜひ見てみてください。

ポイントは下記。

【1】スペック
【2】おサイフケータイの有無
【3】防塵・防水・耐衝撃性


上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

スペックで選ぶ 使い勝手に影響

SIMフリースマホを購入する際、自分の使い方や目的に合ったスペックがあるかはとても重要です。

たとえば、ゲーム目的なのに価格を優先して安い端末を購入すると、処理速度が足りず快適なプレイは難しいでしょう。また、通話やSNSの投稿や閲覧、2台目などのサブとして使う場合、高性能の端末はもったいないかもしれません。

ここでは、スペックに影響するCPU・メモリ(RAM)・ストレージ(ROM)・バッテリー・カメラ性能・ディスプレイ性能・5G対応について解説していきます。

CPU:性能が高ければ処理速度が速い

回路 ペイレスイメージズのロゴ
回路 ペイレスイメージズのロゴ

人間でいう頭脳に当たる部分で、SIMフリースマホの使い勝手を大きく左右します。ゲームやアプリをサクサク快適に使いたいなら「ヘキサコア(6コア)」か「オクタコア(8コア)」のCPUが搭載されているものを選びましょう。

同時に、クロック周波数(GHz(ギガヘルツ)で表記)と呼ばれる数値もチェック。目安として、2.0GHz以上を選んでおけば、快適な動作が期待できます。

メモリ(RAM):最低でも4GB、余裕があるなら8GBが目安

スマホの頭脳 ペイレスイメージズのロゴ
スマホの頭脳 ペイレスイメージズのロゴ

メモリ(RAM)は、CPUが何かしらの作業を行う際に必要になる作業用メモリを指します。なので、メモリ(RAM)の容量が多ければ、たくさんのアプリなどを起動することが可能です。

CPU同様、スペック(性能)を大きく左右するので、一度に複数のアプリやゲームを起動するなら最低4GB、お金をかけられるなら8GBを目安に選びましょう。

ストレージ(ROM):動画や音楽、写真を保存するなら128GB以上を

 

写真や音楽、OS、システムデータなど、さまざまなデータを保存しておく場所をストレージ(ROM)と呼んでいます。メモリ同様、大きくなるほどたくさんのデータ保存が可能です。

アプリやゲームを楽しむなら最低でも64GB以上、それらに加えて旅行先や日常を映した写真や動画、好きな音楽などをたくさん保存したいなら128GB以上が目安になると考えましょう。

なお、本来ROMはCDやゲームソフトといった、書き込みができない(読み込み専用)のメモリを指します。しかし、日本のスマホ市場では、データの保存容量を示すストレージと同じ意味で扱われています。

バッテリー:大容量か急速充電に対応しているか

 

バッテリーの容量は、3,000~3,500mAHが一般的、4,000mAH以上だと高スペックと言われています。この数値が高くなるほど、1回の充電で長い時間スマホを使うことが可能です。

また、急速充電に対応している端末は、バッテリー残量が少なくなったときでも短時間で充電することができる点がメリットになります。

充電のできない環境でスマホを使うことが多い場合には、バッテリー容量の大きなものを、外出先のカフェやオフィスなどで短時間で充電をすることがあるなら、急速充電対応のものを選ぶと便利です。

カメラ:必要な機能を搭載しているか

 

カメラ性能は機種や価格帯によって大きく差が出ます。搭載されることが多い機能として、自動で明るさなどを調整してくれるAI補正、夜間でも撮影可能なナイトモード、動画がキレイに撮影できる手ブレ補正機能があります。

そのほか、写真のクォリティに影響する画素数(pixel)、デュアルカメラやトリプルカメラなどカメラ性能に関わる機能はさまざまなものがありますが、搭載されているものが多いほど価格が高くなる傾向です。メインとして使うのか、サブとして使うのかで必要な機能は異なってくるので、事前に決めておきましょう。

ディスプレイ:サイズとディスプレイ方式をチェック

 

ディスプレイ性能は、サイズとディスプレイ方式をチェックしましょう。YouTubeなどで動画を見たり、電子書籍を読んだりすることが多いなら、6.5インチ以上を目安にしましょう。その際、大型テレビにも使われることが多い有機ELディスプレイだと、より鮮明な映像を楽しむことができます。

ただ、SNSの投稿や閲覧程度で動画などを見ないなら、携帯性を重視して片手で操作できるもの、ポケットに収まる5インチ以下がサイズの目安にしましょう。

なお、FPSなどのゲーム用に使うなら、リフレッシュレートが90hz以上だと、サクサク動かすことができます。が、その分、電池の消費が早くなるので、使わないときは低いものに切り替えられるといいでしょう。

5G対応:動画やアプリがサクサク動く

SIMフリースマホを選ぶ際、通信速度にこだわるなら5G(第5世代移動通信システム)に対応しているかどうかも重要です。5Gには、高速かつ大容量・低遅延・同時多接続という3つの特徴があります。これにより、動画が途中で止まったり、アプリのダウンロードで待たされるといったことが軽減されるということです。

また、5Gに対応していると4Kや8Kライブ配信(視聴)、まるでその場にいたり現実かのようなVRやAR体験などが可能になります。

おサイフケータイの有無をチェック 中華モデルは事前に確認を

おサイフケータイ ペイレスイメージズのロゴ
おサイフケータイ ペイレスイメージズのロゴ

キャリアスマホでは当たり前の機能と言っても過言ではない、モバイルSuicaやPASMO、QUICPayといったキャッシュレス決済。これらを普段使いなれているなら、おサイフケータイに対応しているか否かを忘れずにチェックしましょう。冒頭でもお伝えした通り、海外製の安い端末だと対応していない機種があります。

なお、paypayなどのQRコード決済であれば、おサイフケータイが無くても問題なく使えます。

防塵・防水・耐衝撃性も忘れずに確認 万が一に備える

 

日常生活でよく携帯を落としたり、水の中に落とした経験がある人は、防水・防塵・耐衝撃性能を確認しましょう。防塵・防水性能はIP規格と呼ばれる指標で確認することができ、IP●●といった数値を見たことがある人もいると思います。

10の位は防塵性能、1の位を防水性能を示し、それぞれ数字が大きいほど(防塵は1~6、防水は0~8)それぞれの性能が高くなります。なお、IP56だと粉塵からスマホを保護し、規定の圧力・時間であれば、水中に落としても水が浸入しないIP68は完全な防塵構造で、水面下でも使える性能を誇っているということになります。

なお、よくスマホの画面を割ってしまう場合は、画面に強化ガラスを採用したモデルや耐衝撃性にすぐれたモデルを選びましょう。

SIMフリースマホのメーカー・ブランド紹介

各メーカー・ブランドの特徴を紹介するので、購入時の参考にしてみてください。

XPERIA(SONY) 縦長の画面が特徴

 

21:9のシネマワイドディスプレイという縦長の画面が特徴で、ハイエンドモデルは4kの映像に対応したモデルも。なお、低価格でもハイレゾに対応していたり、映像技術のブラビアにより高精細な画面を楽しむことができます。

AQUOS(SHARP) 防塵・防水・おサイフケータイに対応

 

価格がミドル~ハイエンドまで幅広いのが特徴です。画面にシールを貼らなくても、のぞき込みを防いでくれる「のぞき込みブロック」を搭載しています。また、国産メーカーだけあり、防塵・防水やおサイフケータイにも対応しています。

ASUS 写真撮影とゲームどちらが主になるか選ぶ

 

日本国内では、簡単にプロ並みの写真撮影ができる「ZenFone」、超ハイスペックなゲーミング用の「ROG Phone」という2つのシリーズを展開する台湾メーカーです。どちらもハイエンドモデルなので、価格は高めですが、明確に特徴が異なるので、自分に合うシリーズを選びましょう。

OPPO カメラ機能が充実

 

中国に本社を構え、「Find X」「Reno」「A」という3つのシリーズを日本国内で展開しています。ハイエンドモデルには、超広角、広角、顕微鏡、望遠の4眼カメラが搭載されていて、シーンに合わせて使い分けることが可能です。

Xiaomi コアなファン多数

 

こちらも中国に本社があり、日本国内では「Mi」と「Redmi」の2つのシリーズを展開しています。高品質で低価格な機種が多く、日本でもコアなユーザーから人気を集めています。

SIMフリースマホおすすめ15選

SIMフリースマホの選び方のポイントをふまえて、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめ機種をまとめてご紹介します。SIMフリースマホは安心の日本製や人気メーカーなど、さまざまな端末がありますので参考にしてみてください。

購入後は元々使っていたキャリアメールアドレスや、通話機能は使えないので、希望の通信会社を選んで登録し、初期設定をするようにしましょう。

Google(グーグル)『Google Pixel 7a』

Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』 Google(グーグル)『GooglePixel7a』
この商品を見るview item 出典:Amazon

最強高コスパモデル

グーグルから発売されているピクセルシリーズの7aモデル。Titan M2 セキュリティチップとGoogle Tensor G2、RAM8GBで高度なセキュリティと超高速な操作性能を実現しました。

消しゴムマジックや夜景モード、超解像ズームなど写真をたくさん撮る方にはおすすめな機能が満載。4,385mAhの大容量バッテリーで1日中使っても安心です。6aモデルでは非搭載だったワイヤレス充電も実装され最強高コスパモデルにふさわしい商品ですね。

本体サイズ/重さ ‎15.24 x 7.11 x 1.02 cm/195.04g
OS Android
CPU Google Tensor G2
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 6.1インチ
画面解像度 -
防水対応 IP67
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ ‎15.24 x 7.11 x 1.02 cm/195.04g
OS Android
CPU Google Tensor G2
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 6.1インチ
画面解像度 -
防水対応 IP67
全てを見る全てを見る

Apple(アップル)『iPhone15』

Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone15』
この商品を見るview item 出典:Amazon

待望のUSB-C!最新モデル

2023年9月に発売されたiPhoneの最新モデルです。待望のUSB-C充電に対応しつつ、iPhone 14 Pro専用の機能であった、画面上部にウィジェットを表示する領域の「Dynamic Island」も採用。別のことをしていても知りたい情報をキャッチすることができます。これまでと比べ値段が高くなっている点がもどかしいポイント。

本体サイズ/重さ 147.6×71.6×7.80mm/171g
OS ios
CPU A15Bionic
内蔵メモリ 128GB, 256GB, 512GB
画面サイズ 6.1インチSuper Retina XDR ディスプレイ
画面解像度 -
防水対応 IP68
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 147.6×71.6×7.80mm/171g
OS ios
CPU A15Bionic
内蔵メモリ 128GB, 256GB, 512GB
画面サイズ 6.1インチSuper Retina XDR ディスプレイ
画面解像度 -
防水対応 IP68
全てを見る全てを見る

Apple(アップル)『iPhone13mini』

Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhone13mini』
この商品を見るview item 出典:Amazon

片手操作派にもうれしいミニサイズ

近年では大型ディスプレイを採用したモデルが主流ですが片手操作派にはサイズ的に厳しいことがあります。その点、こちらのモデルは全面フルディスプレイで5.4インチサイズを確保しながら片手操作にも対応できるコンパクトさを実現

サイズは小さくてもスペックは高く、13シリーズの目玉であるシネマティックモードも搭載しています。

本体サイズ/重さ 131.5×64.2×7.65mm/-
OS iOS
CPU A15Bionic
内蔵メモリ 最大512GB
画面サイズ 5.4インチ
画面解像度 2,340×1,080
防水対応 IP68
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 131.5×64.2×7.65mm/-
OS iOS
CPU A15Bionic
内蔵メモリ 最大512GB
画面サイズ 5.4インチ
画面解像度 2,340×1,080
防水対応 IP68
全てを見る全てを見る

Apple(アップル)『iPhoneSE』

Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 Apple(アップル)『iPhoneSE』
この商品を見るview item 出典:Amazon

リーズナブルでもしっかりiPhone

iPhoneシリーズの廉価モデルとなっているのがiPhoneSE。昔ながらの丸みの帯びたエッジや指紋認証機能付きのホームボタンが特徴です。マスクをしていても指紋認証で素早くロック解除できるのが魅力的。

低価格でありながら、スペックは必要十分なので、できるだけコストをかけずにiPhoneを使いたいという方やサブ機を探している方にもおすすめです。

本体サイズ/重さ 138.4×67.3×7.3mm/-
OS iOS
CPU A13Bionic
内蔵メモリ 最大128GB
画面サイズ 4.7インチ
画面解像度 1,334×750
防水対応 IP67
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 138.4×67.3×7.3mm/-
OS iOS
CPU A13Bionic
内蔵メモリ 最大128GB
画面サイズ 4.7インチ
画面解像度 1,334×750
防水対応 IP67
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Xperia 5 V』

SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』
この商品を見るview item 出典:Amazon
SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』 SONY(ソニー)『Xperia5V』
この商品を見るview item 出典:Amazon

長持ちバッテリーで長時間撮影もラクラク

長持ちするバッテリーにより、充電切れの心配なく楽しむことができるXperia。音楽や映像の楽しみを高めるDSEE Ultimateやフルステージステレオスピーカーが特徴で、高品質な音を楽しめます。

カメラ機能は、暗い場所でも鮮明な写真を撮れる新世代センサーが印象的。リアルタイムHDRドライブ搭載のディスプレイは、映像を明るく鮮やかに映し出します。

本体サイズ/重さ 幅68mm×高さ154mm×厚み86mm/約182g
OS Android 13
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform
内蔵メモリ 8GB
画面サイズ 約6.1インチ
画面解像度 -
防水対応 IP68
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 幅68mm×高さ154mm×厚み86mm/約182g
OS Android 13
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform
内蔵メモリ 8GB
画面サイズ 約6.1インチ
画面解像度 -
防水対応 IP68
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Xperia 5 III』

SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』
この商品を見るview item 出典:Amazon
SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』
この商品を見るview item 出典:Amazon

ハイスペック&高品質カメラ

SONYの最新の技術をコンパクトサイズに凝縮したハイエンドスマホです。ディスプレイサイズは大きいもののスリムなデザインに仕上げられているので片手での操作にも十分対応可能です。

カメラはトリプルレンズを採用。ツァイスレンズを使用することによってスマホのレベルを超えた高画質な写真や動画の撮影が可能となりました。昔から馴染みのある日本メーカーのハイエンドスマホを求める方におすすめです。

本体サイズ/重さ 0.82 x 6.8 x 15.7 cm/168g
OS AndroidOS
CPU Snapdragon 888
内蔵メモリ 256GB
画面サイズ 6.1インチ
画面解像度 -
防水対応 IPX8
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 0.82 x 6.8 x 15.7 cm/168g
OS AndroidOS
CPU Snapdragon 888
内蔵メモリ 256GB
画面サイズ 6.1インチ
画面解像度 -
防水対応 IPX8
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Xperia PRO-I』

SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』
この商品を見るview item 出典:Amazon
SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』 SONY(ソニー)『XperiaPRO-I』
この商品を見るview item 出典:Amazon

撮影もゲームも大満足!

2021年に発売されたちょっと前のモデルですが、CPUには高い処理能力を誇るSnapdragon888を採用し、RAMは余裕の12GBで3Dをたっぷり使ったゲームなども快適に楽しめます。

ツァイスレンズを採用したカメラも超高性能で、美しい写真や動画を撮影可能です。

本体サイズ/重さ 72×166×8.9mm/211g
OS Android11
CPU Qualcomm Snapdragon888
内蔵メモリ 512GB
画面サイズ 6.5インチ
画面解像度 -
防水対応 IPX8
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 72×166×8.9mm/211g
OS Android11
CPU Qualcomm Snapdragon888
内蔵メモリ 512GB
画面サイズ 6.5インチ
画面解像度 -
防水対応 IPX8
全てを見る全てを見る

SHARP(シャープ)『AQUOS sense8(SH-M26)』

SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』
この商品を見るview item 出典:Amazon
SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8(SH-M26)』
この商品を見るview item 出典:Amazon

長持ちバッテリーと高性能カメラを搭載

消費電力を抑える、アイドリングストップが可能なシャープ独自のIGZO OLEDは、表示内容や操作に応じて書き換え頻度を制御することで、賢く省エネができます。また、ハイエンドモデルに迫る1/1.55インチ大型センサーで、暗いところも明るいところも高画質で撮影が可能です。

画質エンジンProPix4は見たままの質感を表現。お気に入りのシーンを鮮明に残すことができます。

本体サイズ/重さ 0.8 x 7 x 15.2 cm/210 g
OS Android 12
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G Mobile Platform 2.2GHz+1.8GHz オクタコア
内蔵メモリ RAM 6GB , ROM 128GB
画面サイズ 約 6.1インチ
画面解像度 フルHD+(2432×1080ドット) IGZO OLED
防水対応 IP6X
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 0.8 x 7 x 15.2 cm/210 g
OS Android 12
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G Mobile Platform 2.2GHz+1.8GHz オクタコア
内蔵メモリ RAM 6GB , ROM 128GB
画面サイズ 約 6.1インチ
画面解像度 フルHD+(2432×1080ドット) IGZO OLED
防水対応 IP6X
全てを見る全てを見る

ASUS(エイスース)『ROG Phone 7』

ASUS(エイスース)『ROGPhone7』 ASUS(エイスース)『ROGPhone7』 ASUS(エイスース)『ROGPhone7』 ASUS(エイスース)『ROGPhone7』
この商品を見るview item 出典:Amazon
ASUS(エイスース)『ROGPhone7』 ASUS(エイスース)『ROGPhone7』 ASUS(エイスース)『ROGPhone7』 ASUS(エイスース)『ROGPhone7』
この商品を見るview item 出典:Amazon

本格派のゲーミングスマホ

近年、スマホで本格的なゲームを楽しんでいるという方も増えています。そんな方にぴったりなのがこちらのゲーミングスマホ。ゲームをより快適に楽しむ為に設計されており、処理能力はもちろんのこと、長時間のプレイでも性能が落ちにくいよう冷却性能などにもこだわっています。

スマホでより快適にゲームをプレイしたいという方はもちろん、ハイスペックなスマホを求める方にもおすすめです。

本体サイズ/重さ 1.03 x 7.7 x 17.3 cm/239g
OS Android13
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU)
内蔵メモリ 256・512GB
画面サイズ 6.78インチ
画面解像度 2,448×1,080ドット (フルHD+)
防水対応 IP54
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 1.03 x 7.7 x 17.3 cm/239g
OS Android13
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU)
内蔵メモリ 256・512GB
画面サイズ 6.78インチ
画面解像度 2,448×1,080ドット (フルHD+)
防水対応 IP54
全てを見る全てを見る

ASUS(エイスース)『Zenfone 10』

ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』
この商品を見るview item 出典:Amazon
ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』 ASUS(エイスース)『Zenfone10』
この商品を見るview item 出典:Amazon

スタイリッシュなハイスペックモデル

PCパーツメーカー大手のASUSのハイエンドスマホです。上質でスタイリッシュなデザインの中に、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU)など余裕の処理能力が詰め込まれています

もちろん5Gにも対応しており、海外メーカーモデルながらしっかりおサイフケータイ機能も。欲しい機能が全部詰め込まれた、優秀なSIMフリースマートフォンに仕上がっています。

本体サイズ/重さ 0.94 x 6.81 x 14.65 cm/172g
OS Android13
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU)
内蔵メモリ 128・256・512GB
画面サイズ 5.9インチ
画面解像度 2,400×1,080ドット (フルHD+)
防水対応 -
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 0.94 x 6.81 x 14.65 cm/172g
OS Android13
CPU Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU)
内蔵メモリ 128・256・512GB
画面サイズ 5.9インチ
画面解像度 2,400×1,080ドット (フルHD+)
防水対応 -
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi 13T Pro』

Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi13TPro』
この商品を見るview item 出典:Amazon

たった19分で100%充電のハイパーチャージ

AI カメラ機能が搭載された2億画素カメラで、すべての記憶を鮮やかに記録できるスマートフォン。デュアルスピーカーのセットアップで、臨場感あふれるステレオ体験ができ、映画や音楽の楽しみも一層深まります。

メーカー独自保証として、本体は12ヶ月、バッテリーは24ヶ月無償交換サービスもあり、製品保証も充実しています。

本体サイズ/重さ 18.7 x 9 x 6.4 cm; 630 g
OS Android 12.0
CPU Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
内蔵メモリ RAM 8GB、 ROM 128GB
画面サイズ 6.7 インチ
画面解像度 CrystalRes 有機EL(AMOLED)
防水対応 IPX3
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 18.7 x 9 x 6.4 cm; 630 g
OS Android 12.0
CPU Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
内蔵メモリ RAM 8GB、 ROM 128GB
画面サイズ 6.7 インチ
画面解像度 CrystalRes 有機EL(AMOLED)
防水対応 IPX3
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 12』

Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote12』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote12』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote12』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote12』
この商品を見るview item 出典:Amazon

1億画素を越える高性能カメラ

従来のスマホのレベルを超えた1億800万画素の高性能カメラを搭載したスマホです。超高精細な写真の撮影が可能で、より美しい写真や動画を撮影したいという方におすすめのモデル。

画素数に余裕があるだけにズームアップしても画質が落ちず、さまざまな用途で使用可能。さらに120Hzの高リフレッシュレート有機ELディスプレイも魅力です。

本体サイズ/重さ 164×76.5×8.1/193g
OS MIUI12
CPU Qualcomm Snapdragon 732G
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 6.67インチ
画面解像度 2,400×1,080
防水対応 IP53
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 164×76.5×8.1/193g
OS MIUI12
CPU Qualcomm Snapdragon 732G
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 6.67インチ
画面解像度 2,400×1,080
防水対応 IP53
全てを見る全てを見る

高性能カメラ搭載モデル

最大4800万画素の広角カメラを搭載した、プロクオリティの写真や動画撮影を楽しめるモデル。AIが周囲の光などから判断して自動で撮影モードを最適化してくれるので、誰でもキレイな写真や動画を撮影できます。

有機ELディスプレイでは、90Hz対応のフルHDで精細で滑らかな映像を楽しめます。8GB RAMによりサクサクとした動作で、最大16GB相当のRAM拡張もサポート。バッテリーは4,500mAhの大容量で、急速充電にも対応しています。

本体サイズ/重さ 74×160×7.8 mm/183g
OS ColorOS 13
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 6.4インチ
画面解像度 2,400×1,080
防水対応 IPX8
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 74×160×7.8 mm/183g
OS ColorOS 13
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 6.4インチ
画面解像度 2,400×1,080
防水対応 IPX8
全てを見る全てを見る

OPPO(オッポ)『OPPO A79 5G』

OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』
この商品を見るview item 出典:Amazon
OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』 OPPO(オッポ)『OPPOA795G』
この商品を見るview item 出典:Amazon

約6.7型のフルHDディスプレイを搭載

美しく大型の6.7インチ液晶ディスプレイと、最大90Hzリフレッシュレートを備えたスマホ。CPUにDimensity 6020を採用しつつ、4GB RAMにより動作は非常にスムーズです。

約5,000万画素広角カメラで鮮明な写真を撮影できます。IP54防水防塵や顔認証もサポートし、低価格ながら普段使いに申し分ない性能を備えた1台です。

本体サイズ/重さ 幅76×高さ166×奥行8 mm/193g
OS ColorOS 13
CPU MediaTek Dimensity 6020
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 4GB
画面解像度 2,400×1,080
防水対応 -
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 幅76×高さ166×奥行8 mm/193g
OS ColorOS 13
CPU MediaTek Dimensity 6020
内蔵メモリ 128GB
画面サイズ 4GB
画面解像度 2,400×1,080
防水対応 -
全てを見る全てを見る

MOTOROLA(モトローラ)『moto g24』

MOTOROLA(モトローラ)『motog24』 MOTOROLA(モトローラ)『motog24』 MOTOROLA(モトローラ)『motog24』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
MOTOROLA(モトローラ)『motog24』 MOTOROLA(モトローラ)『motog24』 MOTOROLA(モトローラ)『motog24』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

Helio G85プロセッサと8GB RAMにより快適な動作を実現したコストパフォーマンスに優れる1台。6.6インチのHD画質でYouTubeなどで動画もきれいに見られますよ。

ステレオスピーカーを搭載するほか、広角+マクロの2カメラで多彩な撮影ができるのも嬉しいポイント。バッテリーは15W充電対応の5000mAhバッテリーを搭載しており、長時間の使用にも対応しています。

本体サイズ/重さ 幅74.53×高さ163.49×厚み7.99 mm/181 g
OS Android 14
CPU MediaTek Helio G85
内蔵メモリ 8GB
画面サイズ 128GB
画面解像度 1612x720
防水対応 IP52
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 幅74.53×高さ163.49×厚み7.99 mm/181 g
OS Android 14
CPU MediaTek Helio G85
内蔵メモリ 8GB
画面サイズ 128GB
画面解像度 1612x720
防水対応 IP52
全てを見る全てを見る

「SIMフリースマホ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像 Google(グーグル)『Google Pixel 7a』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 SONY(ソニー)『Xperia 5 V』 SONY(ソニー)『Xperia 5 III』 SONY(ソニー)『Xperia PRO-I』 SHARP(シャープ)『AQUOS sense8(SH-M26)』 ASUS(エイスース)『ROG Phone 7』 ASUS(エイスース)『Zenfone 10』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi 13T Pro』 Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 12』 OPPO(オッポ)『OPPO Reno9 A』 OPPO(オッポ)『OPPO A79 5G』  MOTOROLA(モトローラ)『moto g24』
商品名 Google(グーグル)『Google Pixel 7a』 Apple(アップル)『iPhone15』 Apple(アップル)『iPhone13mini』 Apple(アップル)『iPhoneSE』 SONY(ソニー)『Xperia 5 V』 SONY(ソニー)『Xperia 5 III』 SONY(ソニー)『Xperia PRO-I』 SHARP(シャープ)『AQUOS sense8(SH-M26)』 ASUS(エイスース)『ROG Phone 7』 ASUS(エイスース)『Zenfone 10』 Xiaomi(シャオミ)『Xiaomi 13T Pro』 Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 12』 OPPO(オッポ)『OPPO Reno9 A』 OPPO(オッポ)『OPPO A79 5G』 MOTOROLA(モトローラ)『moto g24』
商品情報
特徴 最強高コスパモデル 待望のUSB-C!最新モデル 片手操作派にもうれしいミニサイズ リーズナブルでもしっかりiPhone 長持ちバッテリーで長時間撮影もラクラク ハイスペック&高品質カメラ 撮影もゲームも大満足! 長持ちバッテリーと高性能カメラを搭載 本格派のゲーミングスマホ スタイリッシュなハイスペックモデル たった19分で100%充電のハイパーチャージ 1億画素を越える高性能カメラ 高性能カメラ搭載モデル 約6.7型のフルHDディスプレイを搭載
本体サイズ/重さ ‎15.24 x 7.11 x 1.02 cm/195.04g 147.6×71.6×7.80mm/171g 131.5×64.2×7.65mm/- 138.4×67.3×7.3mm/- 幅68mm×高さ154mm×厚み86mm/約182g 0.82 x 6.8 x 15.7 cm/168g 72×166×8.9mm/211g 0.8 x 7 x 15.2 cm/210 g 1.03 x 7.7 x 17.3 cm/239g 0.94 x 6.81 x 14.65 cm/172g 18.7 x 9 x 6.4 cm; 630 g 164×76.5×8.1/193g 74×160×7.8 mm/183g 幅76×高さ166×奥行8 mm/193g 幅74.53×高さ163.49×厚み7.99 mm/181 g
OS Android ios iOS iOS Android 13 AndroidOS Android11 Android 12 Android13 Android13 Android 12.0 MIUI12 ColorOS 13 ColorOS 13 Android 14
CPU Google Tensor G2 A15Bionic A15Bionic A13Bionic Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform Snapdragon 888 Qualcomm Snapdragon888 Qualcomm Snapdragon 695 5G Mobile Platform 2.2GHz+1.8GHz オクタコア Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU) Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 (オクタコアCPU) Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 Qualcomm Snapdragon 732G Qualcomm Snapdragon 695 5G MediaTek Dimensity 6020 MediaTek Helio G85
内蔵メモリ 128GB 128GB, 256GB, 512GB 最大512GB 最大128GB 8GB 256GB 512GB RAM 6GB , ROM 128GB 256・512GB 128・256・512GB RAM 8GB、 ROM 128GB 128GB 128GB 128GB 8GB
画面サイズ 6.1インチ 6.1インチSuper Retina XDR ディスプレイ 5.4インチ 4.7インチ 約6.1インチ 6.1インチ 6.5インチ 約 6.1インチ 6.78インチ 5.9インチ 6.7 インチ 6.67インチ 6.4インチ 4GB 128GB
画面解像度 - - 2,340×1,080 1,334×750 - - - フルHD+(2432×1080ドット) IGZO OLED 2,448×1,080ドット (フルHD+) 2,400×1,080ドット (フルHD+) CrystalRes 有機EL(AMOLED) 2,400×1,080 2,400×1,080 2,400×1,080 1612x720
防水対応 IP67 IP68 IP68 IP67 IP68 IPX8 IPX8 IP6X IP54 - IPX3 IP53 IPX8 - IP52
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする SIMフリースマホの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのSIMフリースマホの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:携帯電話・スマートフォン本体ランキング
楽天市場:スマートフォン本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのスマホはこちら

エキスパートからのアドバイス

ITライター:酒井 麻里子

ITライター

写真をよく撮るならカメラ性能にも注目!

スマホは一度買うと長く使うものなので、購入時に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

迷ったときには、「今使っているスマホで物足りないと感じる部分はなにか?」を考え、その部分の性能を満たしているものを選ぶ方法がおすすめです。

また、日常的な使い勝手を左右するサイズや防水対応の可否、バッテリー容量などのポイントに加え、写真をよく撮る方ならカメラ性能にも注目したいところ。

最近はカメラそのものの画素数に加え、撮影機能にも高度な技術を取り入れた端末も増えているので、より高度な写真撮影を楽しめるはずです。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button