2020モデルも【中華スマホ】おすすめ8選|カメラ機能・周波数帯・技適認定で選ぶ

2020モデルも【中華スマホ】おすすめ8選|カメラ機能・周波数帯・技適認定で選ぶ
ITライター
酒井 麻里子

IT関連の書籍、雑誌、Webコンテンツ等の編集・執筆に携わる。 著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter 安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)、 『今すぐ使えるかんたんFC2ブログ 超入門』(技術評論社)など。

ここ数年でスマホを使う人が爆発的に増えています。その普及の一翼をになうのが、HUAWEIを筆頭とする中華スマホです。そこで、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選ぶ中華スマホをランキング形式でご紹介します。また、選び方のポイントも解説していますので、スマホ購入時の参考にしてくださいね。


中華スマホを使うメリット&デメリットは?

デスクに置かれたスマホ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

中華スマホを選ぶ際は、速度が速く、国内外で広く使われている周波数帯の2.1GHz帯(バンド1)に対応したものを選びましょう。

中華スマホのメリットのひとつは、やはりスペックがかなり充実した製品でありながら、リーズナブルな価格で手に入るでしょう。少し前までは、結局はiPhoneを超えられないという見方もされていた中華スマホ。今では誰もそう言い切ることはできないほどにグレードが上がっているのが現実です。

デメリットとしては、国内スマホ特有の機能と言える「おサイフ」や「ワンセグ」には対応できていない機種が多いですが、致命的とは言えないでしょう。機能・コスパ重視の人は、中華スマホもじゅうぶん選択肢のひとつとして考えてよいでしょう。

中華スマホの選び方のポイント カメラ機能・周波数帯・技適認定で選ぶ

中華スマホを選ぶときに気をつけるべきポイントがいくつかあります。それぞれポイント別に確認します。

日本の技術基準適合認定をパスしているのか?

日本国内で使うスマホは電波法などの法律に違反していない製品であることが必要です。そのため、技術基準適合証明/技術基準適合認定という制度があり、これに合格すると「技適マーク」がスマホ端末につけられます。技適マークのない中華スマホを使用していれば、使用者が違法性を問われる場合もあるので、気をつけないといけません。

「技適マーク」があるかどうかを、中華スマホの端末もしくは設定画面を見てみましょう。国内正規販売品の中華スマホは問題ありません。

カバーしている周波数の範囲はじゅうぶんか?

国内のキャリアは使う周波数帯が決まっています。一方、スマホ端末側も対応できる周波数帯が決まっています。これがマッチしていないとスマホ端末として正常な利用ができないということが起こりえます。端末が対応する周波数帯域を確認し、LTEバンドの周波数として国内外で広く使われている2.1GHz帯に対応していないものは避けましょう

国内正規販売品は問題ありませんが、SIMフリータイプの中華スマホを選ぶときには、気をつけましょう。

故障時のサポートは日本国内で対応しているのか?

サポート体制がどうなっているかも、重要なポイントです。不具合があったときに国内でサポートしてくれるものなら安心ですが、本国とやり取りをするのはたいへんです。国内に販売やサポートの事業所があるか、確認しておきましょう。

カメラ機能は充実しているか?

中華スマホに限らず国内のスマホも同様ではありますが、スマホを選ぶ条件として、カメラ機能がどれだけ充実しているかも大きいポイントと言えるでしょう。

画素数がじゅうぶんであるかはもちろんのこと、最近はそれ以上に、ダイナミックで感動的な写真や臨場感あふれる写真を撮影するための機能が注目されています。超広角レンズであったり、光学ズームであったり、手ブレ補正にすぐれていたりなどのハイスペックなカメラ機能が求められています。

カメラや最新技術を重視する方は中華スマホも選択肢に ITライターからのアドバイス

ITライター

中国製の家電やデジタル製品が「安かろう・悪かろう」だったのは昔の話。最近は手ごろな価格ですぐれた性能をもつ製品が増えています。とくにスマホは、高いカメラ性能や最新技術を盛り込んだ端末が多数すぐそろっているので、ぜひ選択肢に入れてみてください。

ITライターおすすめ中華スマホランキング 操作性・汎用性・カメラ機能をチェック!

数ある中華スマホのなかから操作性や汎用性、カメラ機能などに注目して厳選! ITライターの酒井さんが選ぶ、2020年版・Androidスマホランキングを発表します。

4位 Motorola(モトローラ)『Moto G7 Plus』

モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A モトローラMotoG7Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PADU0003JP/A

出典:Amazon

画面サイズ 6.24インチ、2,270 x1,080 (フルHD+, 403ppi) IPS液晶
内蔵メモリ 4GB
バッテリー容量 3,000mAh
カメラ機能 1,600万画素(f/1.7、1.2μm)+500万画素デュアルカメラ、デュアル相関色温度LEDフラッシュ、光学式手ブレ補正

光学式手ブレ補正で被写体をナチュラルに!

光学式のハイエンドな手ブレ補正ができるデュアルカメラを搭載。臨場感たっぷりに被写体をとらえ、絶好のシャッターチャンスを逃さずモノにできるでしょう。カメラは、たとえローライトのシチュエーションでも、自然でリアルなディテールを映像に刻みます。

たった15分で12時間分の充電ができるのもうれしいですね。性能も妥協したくないしコスパもという方におすすめです。

3位 HUAWEI(ファーウェイ)『nova 5T』

【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen 【初回限定版】HUAWEINOVA5Tクラッシグリーン+FreeLaceGreen

出典:Amazon

画面サイズ 約6.26インチ FHD + (2,340×1,080ピクセル) TFT
内蔵メモリ 8GB
バッテリー容量 3,750mAh(一体型)
カメラ機能 (クアッドカメラ)約4800万画素(F1.8)/約1600万画素(F2.2) / 約200万画素(F2.4)×2

色鮮やかな高解像度画像&動画が撮れる!

すぐれたAIが搭載された4つのアウトカメラを駆使して、高解像度で超広角、ボケ感のある写真など自由自在に撮影できてしまうすぐれもの。

次世代クラスのハイクオリティなビデオ撮影もできて、壮大な風景やため息が出るような美しい光景を色鮮やかな画像や動画として残すことができます。AIのアルゴリズムのサポートを得て、ユーザーは伸び伸びと自由に被写体を狙う醍醐味を味わえるでしょう。

2位 OPPO(オッポ)『A5 2020』

OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL OPPOA52020ブルー【日本正規代理店品】CPH1943BL

出典:Amazon

画面サイズ 6.5インチ
内蔵メモリ 4GB
バッテリー容量 5,000mAh
カメラ機能 800万画素、119°の画角

高画質・超広角・手ブレ補正のトリプルメリット

低価格でもカメラ機能にはこだわりたい人向けの中華スマホです。画質の高さは言うまでもなく、その超広角レンズにより、より広いシーンも手軽に撮影できるすぐれもの。手ブレ補正力も高いので、さまざまな被写体をリアリティーをそこなわずに画像や映像に残せます。

隠れたうれしい機能としては、リバース充電ができるところ。ほかのデバイスへの電源となって電力供給ができます。

1位 HUAWEI(ファーウェイ)『P30 lite』

HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】 HUAWEIP30Liteミッドナイトブラック【日本正規代理店品】

出典:Amazon

画面サイズ 約6.15インチ FHD+ (2312×1080ピクセル) TFT
内蔵メモリ 4GB
バッテリー容量 3,340mAh
カメラ機能 (トリプルカメラ):約2,400万画素+約800万画素+200万画素、AF

画角120°クラスの超広角レンズで壮大な風景を

画角120°の超広角レンズの機能により、広い視野で被写体をとらえることができます。壮大なすばらしい風景を、手軽に撮影できるうれしいカメラ性能が魅力的な中華スマホです。

また、AIを活用したセルフィー技術により、その人の顔の形状やタイプにふさわしい調整をしてくれます。いきいきした美しい表情の自撮り画像をSNSにアップできますよ!

ITライター

HUAWEI『P30』は、最大30倍のズームに対応した望遠レンズが魅力。アウトドアやスポーツの撮影で活躍します。また、ロック解除の指紋センサーがディスプレイに内蔵されている点も特徴。国内のスマホではまだ珍しいので自慢できますよ。

Motorola『Moto G7』は、「予算をかけずにスマホを買い換えたい」という人におすすめ。大きめの画面サイズや急速充電対応など、低価格ながらストレスなく使えるスペックを備えています。ジェスチャーでさまざまな操作ができる独自機能も便利。

そのほかのおすすめ! 中華スマホ4選 ITライターと編集部が選ぶ

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Motorola(モトローラ)『Moto G7』

モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A モトローラMotoG7クリアホワイト【日本正規代理店品】PADY0001JP/A

出典:Amazon

画面サイズ 6.24インチ、 2,270 x1,080 (フルHD+, 403ppi) LTPS液晶
内蔵メモリ 4GB
バッテリー容量 3,000mAh
カメラ機能 1,200万画素(f/1.8、1.25μm)+500万画素デュアルカメラ、PDAF(位相差オートフォーカス)、LEDフラッシュ

1台で2つの電話番号を使い分け!

この1台で2台の電話として使える「デュアルスタンバイ機能」は、アグレッシブにビジネスを展開する人に向いていると言えるでしょう。

カメラ性能もさることながら、この機能は多忙な人をしっかりサポートしてくれます。2台の携帯電話をもつわずらわしさからの解放で、さらに時間をクリエイティブに使えるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OPPO(オッポ)『Reno A』

OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL OPPORenoAブルー【日本正規代理店品】CPH1983BL

出典:Amazon

画面サイズ 6.4インチ FHD+AMOLED,2340×1080ピクセル
内蔵メモリ 6GB
バッテリー容量 3,600mAh
カメラ機能 1,600万画素+200万画素 インカメラ:2,500万画素

あれもこれも余裕で対応できる汎用性がナイス

いろいろな機能が高いスペックとして詰まっており、生活をエンジョイさせてくれるOPPOの中華スマホ。

おサイフがわりになるので、手ぶらでのショッピングをサポート。防水なので雨の日も気をつかわずアウトドアにもガンガン持っていけます。カメラ機能もかなり充実でシャッターチャンスを逃すことがありません。大容量メモリでゲームや動画視聴が好きな方にも向いています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HUAWEI(ファーウェイ)『P30』

HUAWEIP30オーロラブルー【日本正規代理店品】 HUAWEIP30オーロラブルー【日本正規代理店品】 HUAWEIP30オーロラブルー【日本正規代理店品】 HUAWEIP30オーロラブルー【日本正規代理店品】 HUAWEIP30オーロラブルー【日本正規代理店品】

出典:Amazon

画面サイズ 約6.1インチ OLED/2340x1080ピクセル Full HD+
内蔵メモリ 6GB
バッテリー容量 容量3,650mAh (一体型)(Typ値)
カメラ機能 インカメラ:3,200万画素

トリプルカメラシステムがあらゆる撮影をサポート

超高解像度をもつメインカメラと超広角カメラ、望遠カメラからなるトリプルカメラシステムが魅力の中華スマホ。トリプルカメラシステムが、あらゆるものの撮影を後押し!

どのようなシーンにもかかわらず、その人が撮りたいものを狙いうち。感性のおもむくままにシャッターを切れば、楽しい撮影体験ができるでしょう。SNS投稿もますます楽しくなりそうです。

Motorola(モトローラ)『Moto G6 Plus』

モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A モトローラMotoG6Plusディープインディゴ【日本正規代理店品】PAAT0026JP/A

出典:Amazon

画面サイズ 5.93インチ/2160×1080(407 ppi フルHD IPS液晶)
内蔵メモリ 4GB
バッテリー容量 3,200mAh
カメラ機能 1,200万画素(f/1.7)+500万画素(f/2.2)デュアルカメラ、デュアル相関色温度LEDフラッシュ

多彩な操作とスムーズな動きに感動!

「手首をひねる」「持ち上げる」「振り下ろす」といったかんたんな動作だけでカメラ起動や切り替えなどの操作が行なえる便利な機能つき!

しかも、スマホ本体のスピーディな動作を邪魔してしまうような、余分なソフトウェアがもともと搭載されていません。ムダなものをアンインストールする手間がかからないのもうれしいポイントです。

「中華スマホ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
4位 Motorola(モトローラ)『Moto G7 Plus』
3位 HUAWEI(ファーウェイ)『nova 5T』
2位 OPPO(オッポ)『A5 2020』
1位 HUAWEI(ファーウェイ)『P30 lite』
Motorola(モトローラ)『Moto G7』
OPPO(オッポ)『Reno A』
HUAWEI(ファーウェイ)『P30』
Motorola(モトローラ)『Moto G6 Plus』
商品名 4位 Motorola(モトローラ)『Moto G7 Plus』 3位 HUAWEI(ファーウェイ)『nova 5T』 2位 OPPO(オッポ)『A5 2020』 1位 HUAWEI(ファーウェイ)『P30 lite』 Motorola(モトローラ)『Moto G7』 OPPO(オッポ)『Reno A』 HUAWEI(ファーウェイ)『P30』 Motorola(モトローラ)『Moto G6 Plus』
商品情報
特徴 光学式手ブレ補正で被写体をナチュラルに! 色鮮やかな高解像度画像&動画が撮れる! 高画質・超広角・手ブレ補正のトリプルメリット 画角120°クラスの超広角レンズで壮大な風景を 1台で2つの電話番号を使い分け! あれもこれも余裕で対応できる汎用性がナイス トリプルカメラシステムがあらゆる撮影をサポート 多彩な操作とスムーズな動きに感動!
画面サイズ 6.24インチ、2,270 x1,080 (フルHD+, 403ppi) IPS液晶 約6.26インチ FHD + (2,340×1,080ピクセル) TFT 6.5インチ 約6.15インチ FHD+ (2312×1080ピクセル) TFT 6.24インチ、 2,270 x1,080 (フルHD+, 403ppi) LTPS液晶 6.4インチ FHD+AMOLED,2340×1080ピクセル 約6.1インチ OLED/2340x1080ピクセル Full HD+ 5.93インチ/2160×1080(407 ppi フルHD IPS液晶)
内蔵メモリ 4GB 8GB 4GB 4GB 4GB 6GB 6GB 4GB
バッテリー容量 3,000mAh 3,750mAh(一体型) 5,000mAh 3,340mAh 3,000mAh 3,600mAh 容量3,650mAh (一体型)(Typ値) 3,200mAh
カメラ機能 1,600万画素(f/1.7、1.2μm)+500万画素デュアルカメラ、デュアル相関色温度LEDフラッシュ、光学式手ブレ補正 (クアッドカメラ)約4800万画素(F1.8)/約1600万画素(F2.2) / 約200万画素(F2.4)×2 800万画素、119°の画角 (トリプルカメラ):約2,400万画素+約800万画素+200万画素、AF 1,200万画素(f/1.8、1.25μm)+500万画素デュアルカメラ、PDAF(位相差オートフォーカス)、LEDフラッシュ 1,600万画素+200万画素 インカメラ:2,500万画素 インカメラ:3,200万画素 1,200万画素(f/1.7)+500万画素(f/2.2)デュアルカメラ、デュアル相関色温度LEDフラッシュ
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月15日時点 での税込価格

ITライター

日常での使い勝手のよさを重視するなら、おサイフケータイと防水機能は押さえておきたいポイント。OPPO『Reno A』はどちらも搭載していながら手ごろな価格が魅力。長く使える端末を探している人におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 中華スマホの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの中華スマホの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スマートフォン本体ランキング
楽天市場:スマートフォン本体ランキング
Yahoo!ショッピング:スマホ本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの中華スマホ関連商品

ITライターの松村武宏さんに聞いた、格安スマホの選び方とおすすめの商品を紹介します。月額料金が安い通信サービスの「格安SIM」と、いろいろな価格帯の端末から選べる「SIMフリースマホ」を組み合わせた製品のことをいう「格安スマホ」。通信サービスの月額料金は大手携帯キャリア(NTTドコモ、au、ソ...

ITライターの酒井麻里子さんに取材をした内容をもとに、simフリースマホの選び方とおすすめ商品を紹介します。simフリースマホは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」といった、「キャリア」の制約がないスマートフォンのことです。大手キャリアで販売されているスマホの場合、キャリアで提供しているプラン...

IT系ライターが選ぶデュアルSIMスマホ5選をご紹介します。2つのSIMを利用できるデュアルSIMスマートファン。本記事ではデュアルSIMスマートフォンの選び方をIT系ライターの堀井塚 高さんが解説します。また、デュアルSIMスマートファンのおすすめ商品5選についても教えてもらいました。最後に...

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さ...

カメラ機能・周波数帯・技適認定を要確認

ここまで中華スマホの8商品を紹介しました。カメラ機能を中心に充実したスペックの中華スマホには目移りがしますね。人それぞれ使い方の個性があるので、自分にとって大切な機能をチェックして選びたいものです。

自分にとって生活や仕事、旅行が楽しくなる中華スマホを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/05/15 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【USB充電器】おすすめ18選|大容量・コンパクト・急速充電対応も

2020年【USB充電器】おすすめ18選|大容量・コンパクト・急速充電対応も

USB充電器は、新しい商品が次々と発売されています。機能やスペックはもちろん、コンパクト・高速充電・バッテリー内蔵・海外対応タイプなどさまざまです。そこで、ITライターの傍島康雄さんと編集部が選ぶUSB充電器おすすめ18選をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


ネックストラップおすすめ13選【カメラやスマホ、コンデジなどの携帯に!】

ネックストラップおすすめ13選【カメラやスマホ、コンデジなどの携帯に!】

ネックストラップはシーンを選ばず便利に使えるアイテム。カメラだけでなく、スマホや双眼鏡など、なにかを首から下げたいときに活躍します。機能性やデザインにこだわったものなど、さまざまな特徴の商品がありますが、どこに注目して選ぶべきなのでしょうか? 本記事では、ネックストラップの特徴や選び方のポイント、おすすめの商品をフォトグラファーの高月 優さんにうかがいました。


【2020年春夏】おすすめXperia |1&10のマーク2が登場!! 新旧比較でどっちを選ぶ

【2020年春夏】おすすめXperia |1&10のマーク2が登場!! 新旧比較でどっちを選ぶ

ついに発表になった5G対応2020年春夏モデル情報や新旧比較。ひと目でサイズ感の違いがわかる比較イラストや各モデルの相関図などを掲載。各機種のポイントを教えてくれるのは、デジタルガジェット選びのプロ、海老原昭さん。ぜひ、参考にしてください。


2020年【Androidスマホ】おすすめ7選|価格・機能・SIMフリー・容量で選ぶ

2020年【Androidスマホ】おすすめ7選|価格・機能・SIMフリー・容量で選ぶ

AndroidスマホはiPhoneとくらべて種類は豊富ですが、一方でメーカーや個性もそれぞれ異なります。そこで、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選ぶおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。選び方のポイントとそのほかのおすすめスマホもあわせてご覧ください。


【2020年版】ワイヤレス充電器おすすめ22選|充電方法が簡単な商品も紹介

【2020年版】ワイヤレス充電器おすすめ22選|充電方法が簡単な商品も紹介

ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、2020年版ワイヤレス充電器おすすめ22選をご紹介します。オフィスや自宅だけでなく車でも充電可能なワイヤレス充電器をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


HUAWEI(ファーウェイ) OPPO(オッポ)

新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る