【デュアルSIMスマホ】選び方&おすすめ商品5選|IT系ライターが解説!

【デュアルSIMスマホ】選び方&おすすめ商品5選|IT系ライターが解説!
フリーライター&エディター
堀井塚 高

新聞記者、ゲームライター、パソコン系ライター、雑誌・書籍の編集者、Web編集者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。 IT関連はもちろん、金融関連、経済関連、医療関連、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。 家族は息子1人とスマートスピーカー6台。 好きなエヴァンゲリオンは初号機。 行ってみたい場所は仮面舞踏会。 座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

IT系ライターが選ぶデュアルSIMスマホ5選をご紹介します。2つのSIMを利用できるデュアルSIMスマートファン。本記事ではデュアルSIMスマートフォンの選び方をIT系ライターの堀井塚 高さんが解説します。また、デュアルSIMスマートファンのおすすめ商品5選についても教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


デュアルSIMスマートファンの選び方 IT系ライターに聞く

IT系ライターの堀井塚 高さんに、デュアルSIMスマートフォンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

スマートフォン

Photo by Youssef Sarhan on Unsplash

1台のスマートフォンで2枚のSIMが使える、それがデュアルSIMスマホです。

DSDSまたはDSDV対応モデルを選ぶ

フリーライター&エディター

「DSDS」とは「Dual SIM Dual Standby(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」の略語で、両方のSIMカードを同時に待ち受け状態にしておくことができます。

また、「DSDV(Dual SIM Dual VOLTE、デュアルSIMデュアルVOLTE)」のスマホなら、どちらか一方を3G通信にする必要があるDSDSと違い、両方のSIMで4G通信を利用できます。最近はDSDV対応モデルが主流になっています。

Apple(アップル)『iPhone XR』

iPhone XR/XS/XS Max(2018年秋発売)は、DSDSに対応。※「楽天市場で詳細を見る」を押すと、「iphoneXR」のページが表示されます。

>> 楽天市場で詳細を見る

SIMサイズの確認を忘れずに。排他利用のモデルに注意

フリーライター&エディター

SIMカードのサイズには「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」と3つの規格があり、利用できるSIMカードは端末によって異なります。SIMカードのサイズは必ず確認しましょう。

また、デュアルSIM対応をうたっていてもSIMスロットとSDカードスロットを排他利用する端末があります。そのような端末で2枚のデュアルSIMを利用する場合は、SDカードが利用できなくなります。SDカードも一緒に使いたいという方は、2枚のnanoSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できる「トリプルスロット」を搭載しているモデルを選ぶといいでしょう。

モトローラ『moto G7』

トリプルスロット搭載モデル。

>> Amazonで詳細を見る

選び方の基本はシングルSIMもデュアルSIMも同じ

フリーライター&エディター

シングルSIMのスマホとデュアルSIMのスマホの違いは、利用できるSIMカードの数だけです。DSDSやDSDAに対応した端末はまだ種類が少ないため選択肢は限られてきますが、画面サイズやCPU、メモリー容量、ストレージ容量など、端末を選ぶ際のポイントに変わりはありません。

ただし、デュアルSIMスマホの場合は2回線を待ち受け状態にしているため、バッテリー消費量が大きくなることも覚えておきましょう。

デュアルSIMスマートフォンのおすすめ商品5選 IT系ライターが厳選!

ここまで紹介したデュアルSIMスマートフォンの選び方のポイントをふまえて、堀井塚 高さんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple(アップル)『iPhone XR』

Apple(アップル)『iPhoneXR』

出典:楽天市場

本体サイズ 150.9×75.7×8.3mm
液晶サイズ 6.1インチ
重さ 194g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
本体ストレージ 64GB、128GB
バッテリー -

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

デュアルSIMに対応したiPhoneは3モデル

2018年秋に発売されたiPhoneの上位3モデル(iPhone XR/XS/XS Max)は、どれもデュアルSIMに対応しています。本体サイズや性能で、好みのものを選ぶといいでしょう。これらのモデルの特徴は、nano simカードスロットに加えて、eSIM(Embedded SIM、組み込み用SIM)と呼ばれる機能を搭載することでDSDSに対応していること。

eSIMでは携帯電話情報を手軽に書き換えることができるため、出張でいろいろな国を訪れる人が現地の通信事業者の回線を利用する場合でも、国ごとにSIMカードを差し替える必要がなくなります。

※「楽天市場で詳細を見る」を押すと、「iphoneXR」のページが表示されます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OPPO(オッポ)『Reno 10x Zoom』

OPPO(オッポ)『Reno10xZoom』

出典:Amazon

本体サイズ 162.0×77.2×9.3mm
液晶サイズ 6.65インチ
重さ 215g
SIMサイズ デュアルナノSIMカード
本体ストレージ 256GB
バッテリー 4065mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

DSDV対応のデュアルスロット搭載モデル

2枚のnonoSIMカードを4Gで利用できるDSDV対応モデル。いわゆる「排他利用」なので、一方または両方のスロットにmicroSDカードを挿入して、256~512GBの外部メモリーとして利用することもできます。

ふだんは一方にmicroSDカードを挿入して使い、海外旅行などでは現地のSIMカードに差し替えるといった使い方が考えられるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モトローラ『moto G7』

モトローラ『motoG7』

出典:Amazon

本体サイズ 157×75.3×7.92mm
液晶サイズ 6.24インチ
重さ 174g
SIMサイズ nanoSIM×2
本体ストレージ 64GB
バッテリー 3000mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

通話は3G、通信は4Gで利用できるDSDS対応モ

2枚のnanoSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるトリプルスロットを搭載。DSDV対応なので、両方のSIMカードで4Gを利用できます。データ通信を利用することが多い人は、両方のスロットにMVNOのSIMカードを挿入する使い方ができそうです。

また、仕事用と個人用で電話番号を使い分けたい人にもおすすめできます。microSDカードは最大2TBに対応。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エイスース『ZenFone Live (L1)』

エイスース『ZenFoneLive(L1)』

出典:Amazon

本体サイズ 147.2×71.7×8.1mm
液晶サイズ 5.5インチ
重さ 140g
SIMサイズ nanoSIM×2
本体ストレージ 32GB
バッテリー 3,000mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

トリプルスロット搭載モデル

2枚のnanoSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるトリプルスロットを搭載。SIMカードの一方を4Gで、もう一方を3Gで利用するDSDS対応なので、通話は3G、通信は4Gで利用することになります。通話はNTTドコモなどの通信事業者、通信はMVNOというふうに使い分けたい人におすすめです。

microSDカードは最大2TBまで対応しているので、動画などを大量に保存しておくことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

wiko『Tommy3 Plus』

wiko『Tommy3Plus』

出典:Amazon

本体サイズ 147.6×71.3×8.4mm
液晶サイズ 5.45インチ
重さ 150g
SIMサイズ MicroSIM×2
本体ストレージ 16GB
バッテリー 2900mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

両方のSIMで4Gを利用できるDSDV対応モデル

2枚のmicroSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるトリプルスロットを搭載。両方のSIMカードで4Gを利用できるDSDV対応となっています。

価格が安い分、基本性能がいまひとつなので、通話がメインで2つの電話番号を使い分けたい人に向いています。なおmicroSDカードの容量は最大128GBとなっています。

「デュアルSIMスマホ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Apple(アップル)『iPhone XR』
OPPO(オッポ)『Reno 10x Zoom』
モトローラ『moto G7』
エイスース『ZenFone Live (L1)』
wiko『Tommy3 Plus』
商品名 Apple(アップル)『iPhone XR』 OPPO(オッポ)『Reno 10x Zoom』 モトローラ『moto G7』 エイスース『ZenFone Live (L1)』 wiko『Tommy3 Plus』
商品情報
特徴 デュアルSIMに対応したiPhoneは3モデル DSDV対応のデュアルスロット搭載モデル 通話は3G、通信は4Gで利用できるDSDS対応モ トリプルスロット搭載モデル 両方のSIMで4Gを利用できるDSDV対応モデル
本体サイズ 150.9×75.7×8.3mm 162.0×77.2×9.3mm 157×75.3×7.92mm 147.2×71.7×8.1mm 147.6×71.3×8.4mm
液晶サイズ 6.1インチ 6.65インチ 6.24インチ 5.5インチ 5.45インチ
重さ 194g 215g 174g 140g 150g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIMとeSIM) デュアルナノSIMカード nanoSIM×2 nanoSIM×2 MicroSIM×2
本体ストレージ 64GB、128GB 256GB 64GB 32GB 16GB
バッテリー - 4065mAh 3000mAh 3,000mAh 2900mAh
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする デュアルSIMスマホの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのデュアルSIMスマホの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スマートフォン本体ランキング
楽天市場:スマートフォン本体ランキング
Yahoo!ショッピング:スマホランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

格安SIM・SIMフリースマホをお探しの方はこちらをチェック! 【関連記事】

月額料金が安い通信サービスの「格安SIM」と、いろいろな価格帯の端末から選べる「SIMフリースマホ」を組み合わせた製品のことをいう「格安スマホ」。本記事を参考に、ぜひ自分に合った格安スマホをみつけてみてください。

simフリースマホは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」といった、「キャリア」の制約がないスマートフォンのことです。simフリースマホの場合は、端末とは別に通信会社も自分で選ぶことができることが特徴です。本記事では、simフリースマホの選び方とおすすめ商品を紹介します。

対応している通信事業者に注意|IT系ライターからのアドバイス DSDS対応モデルの購入を検討している方へ

フリーライター&エディター

デュアルSIMスマホの古いモデルのなかには、KDDI(au)の通信網に対応していないものがあります。DSDV対応のモデルなら、そのリスクは避けられますが、DSDS対応のモデルを購入する際は対応している通信事業者を確認しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


iPhone11ProMaxケースおすすめ5選【落下対策、耐衝撃の商品も】

iPhone11ProMaxケースおすすめ5選【落下対策、耐衝撃の商品も】

IT編集者の中筋義人さんに、iPhone 11ProMaxのケース選び方やおすすめ商品をご紹介してもらいます。『iPhone 11 Pro Max』は2019年9月20日に発売され、トリプルカメラを備えた機種です。それだけに落として破損……なんてことは避けたいところ。本体をしっかり保護しつつ、見た目もいいケースを選びたいけど、種類が豊富なiPhoneケースの中からなにを選んだらいいか迷いますよね。Appleオリジナルや、他社ブランドとのコラボ商品のほか、さまざまなメーカーから販売されています。そんなお悩みの方へ向けて、おすすめのケースや選び方をご紹介しております。ぜひ参考にしてみてください。


急速充電対応のモバイルバッテリーおすすめ7選! 大容量・軽量・価格など選び方を紹介

急速充電対応のモバイルバッテリーおすすめ7選! 大容量・軽量・価格など選び方を紹介

iPhone、Androidのスマホやタブレット、PCの充電には欠かせない「モバイルバッテリー」。なかでも「急速充電対応」のモバイルバッテリーは、1台持っておくとなにかと重宝します。昨今では防災グッズとしても注目されていますよね。しかし、人気メーカーのAnker(アンカー)をはじめ、QC・PD、大容量、小型・軽量タイプなど種類や価格はさまざまで、何を選べばいいか悩んでしまいます。そこで、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材のもと、急速充電対応のモバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介します。倍速や3倍急速、複数デバイス同時充電可能な機種なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020】Androidスマホのおすすめ18選! キャリアかSIMフリーか? iPhoneとの違いも解説

【2020】Androidスマホのおすすめ18選! キャリアかSIMフリーか? iPhoneとの違いも解説

AndroidスマホはiPhoneとくらべて種類は豊富ですが、価格や機能・性能、容量など、その特徴はメーカーによってさまざまです。国内ではiPhoneが人気かつ、大手3キャリアのdocomo、au、Softbankが主流ですが、格安SIMの普及にともなって、乗り換える方も増えてきています。ただ、どのような機種を選べいいか正直迷ってしまいますよね。そこで、ITライターの酒井麻里子さんに、選び方のポイントと、本当におすすめするAndroidスマホを伺かったので、ランキング形式で紹介します。さらに、編集部がおすすめする機種もスペック別に紹介。あなたにぴったりのAndroidスマホを見つけ、スマホライフを充実させてみてはいかがでしょうか。


初心者にも最安値を!格安スマホ・SIM乗り換えガイド|おすすめ会社・機種を解説

初心者にも最安値を!格安スマホ・SIM乗り換えガイド|おすすめ会社・機種を解説

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、格安スマホ・SIMのおすすめ商品や選び方、おすすめ会社、料金について詳しくご紹介します。初心者でも基礎からわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。


軽量モバイルバッテリーおすすめ6選【小型・薄型・口紅型タイプも】

軽量モバイルバッテリーおすすめ6選【小型・薄型・口紅型タイプも】

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、軽量なモバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。スマホのバッテリーが切れたときのために、持っていると安心のモバイルバッテリーですが、必要以上に容量が大きいものを選ぶと、重くなりすぎて持ち運ぶのがたいへんです。外出時に常に持ち歩くのなら、できる限り軽いバッテリーを選びましょう。エキスパートの早川厚志さんが解説しているポイントを参考に、自分の使い方にあった軽量なモバイルバッテリーをみつけてください。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月29日:「ワイヤレスマウス」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月29日:「ワイヤレスマウス」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「ワイヤレスマウス」。完全無欠のワイヤレスマウスが超お買い得です。


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る