デュアルSIMスマホおすすめ11選|高コスパ! トリプルスロット搭載機種も

 OPPO Reno 10x Zoom オーシャングリーン 【日本正規代理店品】 CPH1919 OG カラー:グリーン
出典:Amazon

1台で2つのSIMを利用できるデュアルSIMスマートフォン。本記事ではIT系ライターの堀井塚 高さんと編集部が厳選したデュアルSIMスマートフォンのおすすめ商品と選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

フリーライター&エディター
堀井塚 高

新聞記者、ゲームライター、パソコン系ライター、雑誌・書籍の編集者、Web編集者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。 IT関連はもちろん、金融関連、経済関連、医療関連、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。 家族は息子1人とスマートスピーカー6台。 好きなエヴァンゲリオンは初号機。 行ってみたい場所は仮面舞踏会。 座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

デュアルSIMスマホのメリットとは メリットは?

スマホを操作する写真
Pixabay license logo

ふたつのSIMカードを1台で使用できるのがデュアルSIMスマホです

デュアルSIMスマホとは、1台で2枚のSIMカードを使用できるスマホを指します。1枚を大手キャリアにして通話料を下げて1枚を格安スマホにしてデータ通信料を下げる、といった使い方ができます。

ほかにもプライベートと仕事用の電話を2台持ちしなくても済む、国内用SIMと海外用SIMで使い分けると海外に行くときも同じスマホが使える、といったメリットもあります。

デュアルSIMスマートフォンの選び方 IT系ライターに聞く

ここからは、デュアルSIMスマートフォンの選び方についてご紹介していきます。ポイントは待ち受け方式やスロットをよくチェックすることです。ぜひデュアルSIMスマートフォン選びの参考にしてください。

スマートフォン

Photo by Youssef Sarhan on Unsplash

1台のスマートフォンで2枚のSIMが使える、それがデュアルSIMスマホです。

デュアルSIMスマホの待ち受け方式で選ぶ DSDSとDSDV

デュアルSIMスマホの待ち受け方式には、DSDSやDSSS、DSDVがあります。待ち受け方式の違いをおさえておきましょう。

主流のDSDS対応モデルを選ぶ

iPhone XR/XS/XS Max(2018年秋発売)は、DSDSに対応。※「楽天市場で詳細を見る」を押すと、「iphoneXR」のページが表示されます。

「DSSS」とは「Dual SIM Single Standby(デュアルSIMシングルスタンバイ)」の略語で、どちらか一方のSIMカードしか待ち受け状態にできません。

もうひとつのSIMカードで通話やデータ通信をする場合、都度スマホのSIM設定を切り替えなければいけない手間がかかります。デュアルSIMスマホのメリットを活かせるDSDSモデルを選びましょう。

4G LTEを両方のSIMで使えるDSDVも

スマホで会話する女性の写真
Pixabay license logo

通話音質のよい4G LTEを両方のSIMで使えます

「DSDV(Dual SIM Dual VOLTE、デュアルSIMデュアルVOLTE)」のスマホなら、どちらか一方を3G通信にする必要があるDSDSと違い、両方のSIMで4G通信を利用できます。最近はDSDV対応モデルが主流になっています。両方のSIMカードともに4G通信を利用したい場合は、DSDV対応モデルを選びましょう。

データの容量で選ぶ トリプルスロットも

デュアルSIMスマホは機種によってデータ容量が異なります。SDカードを使えるかどうかを踏まえて、データ容量を選びましょう。

SDカード兼用なら本体の容量をチェックする

スマホでPCチェックをする写真
Pixabay license logo

やりとりするデータ量によって、本体の容量を決めましょう

SIMカードを2枚使うとSDカードでのデータ増設ができないため、じゅうぶんな本体容量のある機種を選ぶ必要があります。写真撮影やアプリの導入など基本的な使い方をするなら32GB、電子書籍などの大きなデータも保存したいときには64GBのものを選びましょう。

データを増設したいならトリプルスロット機種も

トリプルスロット搭載モデル。

トリプルスロットなら2枚のSIMを使いつつ、SDカードで容量の増設も可能です。トリプルスロットに対応している機種はデュアルSIMスマホのなかでも少なくなっていますが、多くのデータを持ち運びたいときには検討してみましょう。

バッテリー消耗対策があるかチェック 電池消耗を抑える機能の有無

バッテリー切れの写真
Pixabay license logo

バッテリー消耗が大きいからこそ、対策の機能があるものをチェックしましょう

バッテリーの消耗が気になるなら、容量の大きいバッテリーを搭載した機種や、バッテリー消耗をおさえる機能がついている機種を選ぶ選択肢もあります。

SIMカードのサイズの違いに注意 対応SIMサイズは大丈夫?

SIMカードの写真
Pixabay license logo

現在使っているSIMカードのサイズが合うかどうか確認しておきましょう

現在利用している回線のSIMカードをデュアルSIMスマホでも使いたい場合には、SIMカードのサイズを事前にチェックするのが重要です。

au系の通話SIMを使うときの2つのポイント 選ぶ機種に注意

au系SIMはdocomoやSoftbank系と通話規格が異なります。au系通話SIMをデュアルSIMスマホで使いたいときのポイントを解説します。

au VoLTEに対応しているDSDV対応機種を選ぶ

スマホを利用する女性の写真
Pixabay license logo

au系SIMを使うときには、対応している機種を選びましょう

au系で提供されている4G LTEを活用した音声通話サービスが「au VoLTE」です。au VoLTEに対応している機種同士だと、高音質でクリアな通話が楽しめます。デュアルSIMスマホは、docomoやSoftbankのVoLTEには対応していても、au VoLTEに対応しているものは少なくなっています。前もって対応しているかどうかをチェックしましょう。

またau系SIMはVoLTEまたは4G LTEが主流のため、両方のSIMとも4G通信が使用できるDSDVを選ぶのも重要です。

3G規格を使うなら対応機種が狭まる

通話する女性の写真
Pixabay license logo

ほかの優先したいポイントがあるなら、乗り換えも視野に入れましょう

手持ちのSIMを使いたいなどの理由でau系3G通信に対応したデュアルSIMスマホを探す場合、注意が必要です。docomoとSoftbankの3G通信W-CDMAに対応したモデルは多い一方、auの3G通信CDMA2000やCDMA 1X WINに対応したモデルは少なくなっています。

CDMA2000やCDMA 1X WINのau系3D通信サービスは、2022年3月31日でサービス停止が決まりました。デュアルSIMスマホ選びでほかに重視したいポイントがあるなら、乗り換えを検討するのも選択肢のひとつです。

デュアルSIMスマートフォンのおすすめ11選 SIMサイズ・ストレージ・バッテリー容量もチェック!

デュアルSIMスマートフォンの選び方のポイントをふまえて、堀井塚 高さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

Xiaomi『Redmi 9T 4+64GB』

XiaomiRedmi9T4+64GBSIMフリースマートフォンカーボングレー【日本正規代理店品】REDMI-9T-GRAY XiaomiRedmi9T4+64GBSIMフリースマートフォンカーボングレー【日本正規代理店品】REDMI-9T-GRAY XiaomiRedmi9T4+64GBSIMフリースマートフォンカーボングレー【日本正規代理店品】REDMI-9T-GRAY XiaomiRedmi9T4+64GBSIMフリースマートフォンカーボングレー【日本正規代理店品】REDMI-9T-GRAY XiaomiRedmi9T4+64GBSIMフリースマートフォンカーボングレー【日本正規代理店品】REDMI-9T-GRAY XiaomiRedmi9T4+64GBSIMフリースマートフォンカーボングレー【日本正規代理店品】REDMI-9T-GRAY

出典:Amazon

本体サイズ 162.3×77.3×9.6mm
液晶サイズ 6.53インチ
重さ 198g
SIMサイズ Nano SIM
本体ストレージ 64GB
バッテリー -

圧倒的なコスパが魅力的

4800万画素の4眼カメラを搭載しており、オクタコアCPUを搭載したハイスペックモデルながら実売価格1万円台という圧倒的なコストパフォーマンスを実現したスマホです。狭縁デザインを採用しており本体サイズに対してディスプレイが非常に広く、スマホで動画などを見る機会が多い方も満足できるでしょう。コスパ重視でスマホを選びたい方におすすめです。

OPPO『A73』

OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】 OPPOA73ネービーブルー【日本正規代理店品】

出典:Amazon

本体サイズ 159×72×7mm
液晶サイズ 6.44インチ
重さ 162g
SIMサイズ NanoSIM
本体ストレージ 64GB
バッテリー -

美しい有機ELディスプレイを搭載

実売価格2万円台ながら、美しい有機ELディスプレイを搭載したデュアルSIMスマホとなっています。6.44インチのディスプレイにフルHD以上の解像度での表示が可能です。スマホで動画などを見る機会が多いという方にもぴったりです。オクタコアCPUと4GBRAMを搭載しており、処理能力も高いのでゲームなども十分に楽しむことのできるスマホとなっています。

SHARP 『AQUOS sense4』

SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー SHARPSIMフリースマホAQUOSsense4シルバー

出典:Amazon

本体サイズ -
液晶サイズ 5.8インチ
重さ -
SIMサイズ Nano SIM
本体ストレージ 64GB
バッテリー 4570mAh

ミドルスペックのコストパフォーマンスモデル

日本を代表するスマホメーカーであるシャープのミドルクラスタイプのスマホとなっています。ディスプレイにはIGZOを搭載しており、フルHD以上の解像度での表示が可能となっています。価格帯としては3万円台と国産スマホとしては安価ですが、金属ボディが採用されており、質感も抜群です。スマホはやはり日本メーカーのものがいい、という方にもおすすめです。

Ex oa

OPPO(オッポ)『Reno 10x Zoom』

OPPO(オッポ)『Reno10xZoom』

出典:Amazon

本体サイズ 162.0×77.2×9.3mm
液晶サイズ 6.65インチ
重さ 215g
SIMサイズ デュアルナノSIMカード
本体ストレージ 256GB
バッテリー 4065mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

DSDV対応のデュアルスロット搭載モデル

2枚のnonoSIMカードを4Gで利用できるDSDV対応モデル。いわゆる「排他利用」なので、一方または両方のスロットにmicroSDカードを挿入して、256~512GBの外部メモリーとして利用することもできます。

ふだんは一方にmicroSDカードを挿入して使い、海外旅行などでは現地のSIMカードに差し替えるといった使い方が考えられるでしょう。

Ex oa

モトローラ『moto G7』

モトローラ『motoG7』

出典:Amazon

本体サイズ 157×75.3×7.92mm
液晶サイズ 6.24インチ
重さ 174g
SIMサイズ nanoSIM×2
本体ストレージ 64GB
バッテリー 3000mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

通話は3G、通信は4Gで利用できるDSDS対応モ

2枚のnanoSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるトリプルスロットを搭載。DSDV対応なので、両方のSIMカードで4Gを利用できます。データ通信を利用することが多い人は、両方のスロットにMVNOのSIMカードを挿入する使い方ができそうです。

また、仕事用と個人用で電話番号を使い分けたい人にもおすすめできます。microSDカードは最大2TBに対応。

Ex oa

エイスース『ZenFone Live (L1)』

エイスース『ZenFoneLive(L1)』

出典:Amazon

本体サイズ 147.2×71.7×8.1mm
液晶サイズ 5.5インチ
重さ 140g
SIMサイズ nanoSIM×2
本体ストレージ 32GB
バッテリー 3,000mAh

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

トリプルスロット搭載モデル

2枚のnanoSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるトリプルスロットを搭載。SIMカードの一方を4Gで、もう一方を3Gで利用するDSDS対応なので、通話は3G、通信は4Gで利用することになります。通話はNTTドコモなどの通信事業者、通信はMVNOというふうに使い分けたい人におすすめです。

microSDカードは最大2TBまで対応しているので、動画などを大量に保存しておくことができます。

OPPO(オッポ)『Reno 3A(CPH2013)』

OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH OPPOReno3Aホワイト【日本正規代理店品】CPH2013WH

出典:Amazon

本体サイズ 160.9×74.1×8.2mm
液晶サイズ 6.44インチ
重さ 175g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIM×2)
本体ストレージ 128GB
バッテリー 4025mAh

防水機能があるお手頃デュアルSIMスマホ!

防水防塵IP68を有し、さらにおサイフケータイにも対応しているのに、手の届きやすい価格のスマホです。DSDVで、2つのSIM両方がLTEに対応しています。

バッテリーが4025mAhで、1日で充電が切れることはありません。さらに、本体ストレージが128Gあるので、例え2つのSIMスロットをSIMカードだけで使用しても、写真や動画の保存先に困ることはありませんね。もし、1枚のSIMカードだけならば、256GBまでのmicroSDカードを入れて使用できます。

ソニー 『Xperia1 II(XQ-AT42)』

ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1 ソニーXperia1II/5G対応/SIMフリースマホ/防水/防塵/Snapdragon865/ストレージ256GB/フラストブラック/XQ-AT42B3JPCX1

出典:Amazon

本体サイズ 166×72×79mm
液晶サイズ 6.5インチ
重さ 181g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIM×2)
本体ストレージ 256GB
バッテリー 4000mAh

キレイな画質と音で優雅に動画を楽しもう!

5G通信・おサイフケータイ・有機ELディスプレイ・ワイヤレス充電・指紋認証など、高機能のスペックがこれでもかと詰め込まれたハイスペックなソニーのスマホです。DSDVに対応し、デュアルSIMの両方でLTE通信ができます

ディスプレイは21:9と映画館のようなワイド画面で、4K画像をも楽しめます。ゲームもカクカクすることなくスムーズな動きで、ストレスなく操作できるでしょう。microSDを使う時にはデュアルSIMとはなりませんが、本体ストレージが大容量なので問題はありません。

Google 『Pixel 4a 』

国内SIMフリーGooglePixel4a(5G)128GBJustBlackブラックスマートフォン本体

出典:Amazon

本体サイズ 144×69.4×82mm
液晶サイズ 5.8インチ
重さ 143g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIM・eSIM)
本体ストレージ 128GB
バッテリー 3140mAh

楽しみ方が広がるeSIM機能搭載5Gスマホ!

Google Pixel 4の廉価版であるPixel 4aですが、5G通信が可能でカメラ機能がとても優秀なスマホです。特に夜景の写真の美しさには定評があります。

SIMフリーなので、大手キャリアに縛られることなく通信業者の選択ができます。イヤフォンジャックがあり、綺麗な音源を楽しめ、音ゲームのときも遅延がありません。2021年の春にグーグルフォトが保存容量無制限から制限付きになりますが、Pixelスマホからのアップデートはしばらくは無制限のままなので、写真を多く撮る人にはおすすめです。

Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 9S』

XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】 XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】 XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】 XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】 XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】 XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】 XiaomiRedmiNote9S6+128GBグレイシャーホワイト【日本正規代理店品】

出典:Amazon

本体サイズ 165.75×76.68×8.8mm
液晶サイズ 6.67インチ
重さ 209g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIM×2) + microSD
本体ストレージ 128G
バッテリー 5020mAh

デュアルSIMスマホビギナーも満足できるスマホ!

2万円台という格安スマホの部類でありながら、高い性能をもつスマホです。バッテリーが5020mAhと大容量で、さらに急速充電に対応しています。これなら毎日神経質に充電を気にしなくてもよいですね。

また、SIMスロットに2枚のSIMカードとmicroSD(512GB拡張可能)の3枚同時に入れて使え、デュアルSIM VoLTE HD通話に対応しているという優れものです。初めてSIM2枚で運用し、通信費用を抑えたいという方におすすめです。

ASUS(エイスース)『Zenfone Max Pro M2』

ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】 ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】 ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】 ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】 ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】 ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】 ASUSZenFoneMaxProM2ミッドナイトブルー6GB/64GBZB631KL-BL64S6【日本正規代理店品】

出典:Amazon

本体サイズ 170×90×66mm
液晶サイズ 6.3型ワイド
重さ 400 g
SIMサイズ デュアルSIM(nano-SIM×2)+ microSD
本体ストレージ 64GB
バッテリー 5000mAh

使いこみたくなるタフなボディをもつスマホ!

デュアルSIMのほかにマイクロSDカードも装着できます。しかも、2TBまでのマイクロSDカードに対応しているため、高画質で撮影した写真も容量を気にしないで撮りためたり、たくさんのアプリをダウンロードしたりと思いのまま。

デュアルSIMは2つの番号を同時に待受けでき、その2つ共にLTE接続が可能です。生体認証は顔認証のほか、背面の指紋認証もあります。マスクが手放せない現代においては、2つの認証機能があるのはうれしいところです。

「デュアルSIMスマホ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Xiaomi『Redmi 9T 4+64GB』
OPPO『A73』
SHARP 『AQUOS sense4』
OPPO(オッポ)『Reno 10x Zoom』
モトローラ『moto G7』
エイスース『ZenFone Live (L1)』
OPPO(オッポ)『Reno 3A(CPH2013)』
ソニー 『Xperia1 II(XQ-AT42)』
Google 『Pixel 4a 』
Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 9S』
ASUS(エイスース)『Zenfone Max Pro M2』
商品名 Xiaomi『Redmi 9T 4+64GB』 OPPO『A73』 SHARP 『AQUOS sense4』 OPPO(オッポ)『Reno 10x Zoom』 モトローラ『moto G7』 エイスース『ZenFone Live (L1)』 OPPO(オッポ)『Reno 3A(CPH2013)』 ソニー 『Xperia1 II(XQ-AT42)』 Google 『Pixel 4a 』 Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 9S』 ASUS(エイスース)『Zenfone Max Pro M2』
商品情報
特徴 圧倒的なコスパが魅力的 美しい有機ELディスプレイを搭載 ミドルスペックのコストパフォーマンスモデル DSDV対応のデュアルスロット搭載モデル 通話は3G、通信は4Gで利用できるDSDS対応モ トリプルスロット搭載モデル 防水機能があるお手頃デュアルSIMスマホ! キレイな画質と音で優雅に動画を楽しもう! 楽しみ方が広がるeSIM機能搭載5Gスマホ! デュアルSIMスマホビギナーも満足できるスマホ! 使いこみたくなるタフなボディをもつスマホ!
本体サイズ 162.3×77.3×9.6mm 159×72×7mm - 162.0×77.2×9.3mm 157×75.3×7.92mm 147.2×71.7×8.1mm 160.9×74.1×8.2mm 166×72×79mm 144×69.4×82mm 165.75×76.68×8.8mm 170×90×66mm
液晶サイズ 6.53インチ 6.44インチ 5.8インチ 6.65インチ 6.24インチ 5.5インチ 6.44インチ 6.5インチ 5.8インチ 6.67インチ 6.3型ワイド
重さ 198g 162g - 215g 174g 140g 175g 181g 143g 209g 400 g
SIMサイズ Nano SIM NanoSIM Nano SIM デュアルナノSIMカード nanoSIM×2 nanoSIM×2 デュアルSIM(nano-SIM×2) デュアルSIM(nano-SIM×2) デュアルSIM(nano-SIM・eSIM) デュアルSIM(nano-SIM×2) + microSD デュアルSIM(nano-SIM×2)+ microSD
本体ストレージ 64GB 64GB 64GB 256GB 64GB 32GB 128GB 256GB 128GB 128G 64GB
バッテリー - - 4570mAh 4065mAh 3000mAh 3,000mAh 4025mAh 4000mAh 3140mAh 5020mAh 5000mAh
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする デュアルSIMスマホの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのデュアルSIMスマホの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スマートフォン本体ランキング
楽天市場:スマートフォン本体ランキング
Yahoo!ショッピング:スマホランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

格安SIM・SIMフリースマホに関するそのほかの商品情報 【関連記事】

対応している通信事業者に注意 DSDS対応モデルの購入を検討している方へ

フリーライター&エディター

デュアルSIMスマホの古いモデルのなかには、KDDI(au)の通信網に対応していないものがあります。DSDV対応のモデルなら、そのリスクは避けられますが、DSDS対応のモデルを購入する際は対応している通信事業者を確認しましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年のおすすめナビ「ランニング部」生き残りメンバー。好きな場所は、海と草原、それとゴールデン街と中華街、コリアンタウン。「早く沖縄行きたい」が口癖。趣味はDJとギター、フリーダイビング、動画編集。アイドル雑誌、芸能誌の編集、アスリートの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で暮らしたい。

関連する記事


【2021年】Bluetoothスピーカーおすすめ21選|おしゃれ&高音質!

【2021年】Bluetoothスピーカーおすすめ21選|おしゃれ&高音質!

スマホやPCなどとワイヤレスで接続して音楽を楽しむことができるBluetoothスピーカー。高音質のハイレゾ対応やワンタッチでペアリングできるNFC対応、通話機能のある機種、そのほか防水対応のものならアウトドアや水辺にも持ち込めます。本記事では、 IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部が厳選したワイヤレスで使えるBluetoothスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag パソコン , パソコン周辺機器 , オーディオ

急速USBカーチャージャーおすすめ11選【iPhoneほかスマホを車内でフル充電】

急速USBカーチャージャーおすすめ11選【iPhoneほかスマホを車内でフル充電】

急速USBカーチャージャーとは、車に装備されているシガーソケット(12V/24V)を使ってUSB充電する器具のことをいいます。充電口が2つあるタイプが一般的で、最新タイプでは出力が各2.4A(合計4.8A)の大出力タイプも増えてきました(一般的に「急速」と呼べるのは2.1A以上)。コンビニでも手軽に購入でき、車で充電できる便利なカーチャージャー。本記事では、急速USBカーチャージャーの選び方やおすすめ商品を自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに取材しました。ぜひ、購入の参考にしてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

Icon mini tag スマートフォン・携帯電話 , 携帯電話アクセサリ , カー用品

ワイヤレス充電器おすすめ16選|置くだけで急速充電! 2台同時充電モデルも

ワイヤレス充電器おすすめ16選|置くだけで急速充電! 2台同時充電モデルも

スマホを置くだけですぐに急速充電することができるワイヤレス充電器。充電ケーブルを抜き差しする必要がなく、ケーブル破損の心配もありません。本記事では、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が厳選したワイヤレス充電器のおすすめと選び方をご紹介。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag スマートフォン・携帯電話 , 携帯電話アクセサリ , iPhone

【2021年】Apple Watchベルトおすすめ17選|純正からブランド品まで厳選

【2021年】Apple Watchベルトおすすめ17選|純正からブランド品まで厳選

おしゃれでデザインが豊富なApple Watchベルト。この記事では、ITライター・鈴木朋子さんと編集部が厳選したApple Watchベルトのおすすめと選び方をご紹介します。純正品ほか高級ブランド商品、サードパーティー商品など、それぞれのシーンに合うものや好みのものを見つかるはずですよ。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag スマートフォン・携帯電話 , 腕時計 , 携帯電話アクセサリ

静音キーボードおすすめ11選|打ち心地と静音性を叶える選び方も解説

静音キーボードおすすめ11選|打ち心地と静音性を叶える選び方も解説

会社だけでなく、カフェやサテライトオフィスなど、様々な場所で作業をしているときについ気になってしまうのがキーボードのタイピング音。特にエンターキーを打つ際は「カチャ!」とクセで音を立ててしまうこともよくあるでしょう。そんな時、周りを気にせず、タイピングができるのが静音キーボードです。音が静かになるように設計され、意図せずとも静かにキーボードを打つことができます。しかし実は、静音キーボードにも仕組みや機能をしっかり選ばないと、「思ったよりも音が出るな」と感じてしまうこともしばしば。本記事では、そんな静音キーボードの選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag パソコン , パソコン周辺機器 , スマートフォン・携帯電話

関連するブランド・メーカー


ASUS(エイスース) OPPO(オッポ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。