ブッシュクラフトナイフおすすめ8選|火起こし・薪割り・キャンプ時の料理に!

モーラ・ナイフ Mora knife Bushcraft Survival Black
出典:Amazon

火種になるファザースティックを作ったり、薪割り、料理に使うなど幅広い使い方ができるブッシュクラフトナイフ。この記事では、北欧メーカーのモーラナイフやヘレなどをはじめ、職人さんが心を込めて作った厳選したおすすめ11選をプロダクトコンセプターの土居輝彦さんと編集部が厳選。おすすめと選び方のポイントをご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


編集者/プロダクトコンセプター
土居 輝彦

1982年より㈱ワールドフォトプレス社の雑誌monoマガジン編集部へ。 1984年より同誌編集長。 2004年より同社編集局長。 2017年より同誌編集ディレクター。 その間、数々の雑誌を創刊。 FM cocoloへの情報提供、執筆・講演活動、大学講師、各自治体のアドバイザー、IDSデザインコンペティション審査委員長などを現在兼任中。

「ブッシュクラフトナイフ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル ブラック』zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
KELLAM KNIVES(ケラムナイフ)『ウルヴァリン プロ』
Ahti(アハチ)『レウク 90』
BOKER(ボーカー)『マグナム トレイル シースナイフ』
土佐鍛『ダマスカス豆山遊鉈』
Schrade(シュレード)『フロンティア フルタング ドロップポイント フィクスドブレード SCHF51』
Bark River(バークリバー)『ブラボー1 A2』
KA-BAR(ケーバー)『ベッカー BK22 コンパニオン ナイフ ナイロンシース』
商品名 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル ブラック』zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz KELLAM KNIVES(ケラムナイフ)『ウルヴァリン プロ』 Ahti(アハチ)『レウク 90』 BOKER(ボーカー)『マグナム トレイル シースナイフ』 土佐鍛『ダマスカス豆山遊鉈』 Schrade(シュレード)『フロンティア フルタング ドロップポイント フィクスドブレード SCHF51』 Bark River(バークリバー)『ブラボー1 A2』 KA-BAR(ケーバー)『ベッカー BK22 コンパニオン ナイフ ナイロンシース』
商品情報
特徴 これ1本で火起こしもできる万能ナイフ 小回りが利いて細かい作業やウッドクラフト向き フィンランド発! 手になじむカーブの木製グリップ ドイツの老舗メーカーのステンレスナイフ 伝統技法を駆使! 日本の鍛冶職人が作る本格派 シャープナー付きでいつでも切れ味を保てるナイフ アメリカ海軍と共同開発されたサバイバルナイフ しっかりとした重量で安定感あるバトニングが可能
グリップ素材 ラバー カーリーバーチ マイカルタ TPE マイカルタ ザイテル(ナイロン樹脂)
刃の素材 カーボン カーボン カーボン 440Aステンレス カーボン A2鋼 カーボン
全長 約232mm 199mm 約215mm 200mm 約200mm 約279mm 230mm 約267mm
刃の長さ 約109mm 79mm 約90mm 82mm 約80mm 約130mm 107mm 約133mm
刃の形状 - スカンジグラインド - フラットグラインド - ホローグラインド フルハイトグラインド -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月8日時点 での税込価格

ブッシュクラフトナイフとは? 火起こしや薪割り、料理にも使える北欧発の逸品

ブッシュクラフトとは北欧で生まれた言葉で、「自然のなかで、素材を生かしてアウトドアを楽しむこと」を意味します

火起こしや薪割り、ウッドクラフトなど用途も目的もさまざま。北欧の豊かな自然に囲まれた国々の知恵が詰まった魅力的なナイフになります。

ブッシュクラフトナイフの選び方 幅広い用途に使用可能

それではさっそく、ブッシュクラフトナイフの選び方を解説していきます。選び方を参考に、自分に合ったブッシュクラフトナイフを選びましょう。

グリップの持ちやすさで選ぶ

 

Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル ブラック』

グリップには樹脂と木製があります。樹脂は濡れた手でも使いやすく滑りにくいので安心です。

木製は、樺(かば)や樫(かし)といった丈夫な木材をはじめ、さまざまな素材が使われています。樺は木目が美しく、樫は丈夫で水分を含んでも弾力があります。

見た目だけで決めず、実際に握ってから自分の用途や好みに合わせて選びましょう。

刃の素材で選ぶ

刃の素材は、おもにステンレスとカーボン(炭素鋼)があります。それぞれの特徴を深くして、自分に合う素材を選びましょう。

水辺付近や料理に使うならステンレス製

 

BOKER(ボーカー)『マグナム トレイル シースナイフ』

水辺付近のキャンプや釣り、料理で使う場面を想定しているならステンレス製のブッシュクラフトナイフがおすすめです。理由としては、水に強くサビに強い、お手入れすると切れ味が戻りやすい(お手入れがしやすい)点が挙げられます。

そのため、水辺付近では大活躍間違いナシです。

幅広く使うならカーボン製

 

Ahti(アハチ)『レウク 90』

カーボン製のブッシュクラフトナイフは、丈夫・切れ味がいい・お手入れしやすい(研ぎやすい)という特徴があるので、アウトドアで幅広く対応することが可能です。

難点としてはサビやすく、そのまま使用していると、ナイフが手から抜けて思わぬケガをする可能性がある点です。なので、ブレードに椿油やオリーブなどを塗布する定期的なお手入れが欠かせません

とはいえ、火起こし、薪割り、料理、食事の際の食器や箸を作るなど、さまざまな場面で活躍してくれるので、アウトドア愛好者からは人気の高い素材になります。

刃の形状で選ぶ

ブッシュクラフトナイフは薪割りから料理、落ちている木材でのウッドクラフト製作に至るまで、いろいろなことに利用できます。

刃の形状によっても切れ味や研ぎやすさが変わってきます。ここでは、用途別に刃の形状と、その特徴をご紹介しましょう。

薪割りに適したスカンジグラインド

 

Schrade(シュレード)『フロンティア フルタング ドロップポイント フィクスドブレード SCHF51』

キャンプで必要となる薪。木を割いて薪を作る作業をバトニングといいます。

バトニングには、北欧ナイフに多いスカンジグラインドという、先端に向かってまっすぐに刃付けがされたものが向いています。研ぎやすく、細かいクラフト作りにも向いているオールマイティーな形状です。

料理やハンディングに適したホローグラインド

 

Helle(ヘレ)『ファルケクニーベン』

ブッシュクラフトナイフの定番として知られる形状です。刃の断面が内側に細いカーブを描いた形になっていて、刃先が接触しているので切り込みやすくなっています。

初心者の方や力に自信のない方にもおすすめですが、先端が細いので研ぐときに少し神経を使います。

上級者向けコンベックスグラインド

 

Bark River(バークリバー)『ブラボー1 A2』

コンベックスグラインドとは、刃の断面の外側に丸い厚みがあって、日本刀と同じ形状になっているものです。

とても刃持ちがよく、刃こぼれがしにくいのがメリットです。ただ、扱いに少し技術が必要なので、上級者や愛好家に向いています。薪割りのときなど、下と横に切り割く力が強く、ハードな使用シーンにおすすめです。

ナイフの全長や刃渡りもチェックしよう

 

KELLAM KNIVES(ケラムナイフ)『ウルヴァリン プロ』

使用するシーンや目的によって適している刃の長さや、グリップとあわせた大きさなどが違います。

木の皮を削ったり、魚をさばいたりするような細かい作業が多い場合は、短いもののほうが扱いやすいでしょう。割りといった力のかかる作業では、長めのもののほうが使いやすく、効率的に作業を進められます。

丈夫で安心なフルタング構造を選ぼう プロダクトコンセプターからのアドバイス

編集者/プロダクトコンセプター

ブレード(刀身)がハンドル部全体に一枚の鋼材でつながっているものを「フルタング構造」と呼びます。

軽量化を意図してハンドル部の鋼材を細くしたものもありますが、基本的にブッシュクラフトナイフは作業に負荷がかかりやすいので、多少重くなりますが構造体としてフルタングのほうがより丈夫で安全

シース(鞘〈さや〉)もロック機構の有無や、グローブをしたままでの着脱が容易なものを選ぶと間違いがないと思います。

ブッシュクラフトナイフのおすすめメーカー・ブランド ボーカーとモーラナイフを厳選

さまざまなブランドがあるブッシュクラフトナイフですが、ボーカーとモーラナイフをご紹介します。

BOKER(ボーカー)

200年以上の歴史があるドイツの老舗ブランドで、多くのユーザーから切れ味、耐食性の高さで支持を集めています。アウトドアやハンティングに使えるナイフ、包丁やカミソリなどさまざまな刃物に精通しているのが特徴です。

なお、コスパで選ぶなら「マグナムシリーズ」で、1,000~2,000円台から購入できるモデルもあります。ブッシュクラフトナイフがどんなものか、試してみたい方におすすめです。

Morakniv(モーラナイフ)

北欧スウェーデンのモーラ地方で1891年に創業した老舗メーカー。品質の高さはスウェーデン王室から御用達認定を受けているので、折り紙付きです。特徴はカラーバリエーションやインナップの豊富な点。

人気が高いのは「ガーバーグマルチマウント」で、マルチマウントと呼ばれるケースに収納すると、ベルトやリュックにも装着が可能になります。

ブッシュクラフトナイフおすすめ3選【北欧メーカー】 モーラナイフ、ケラムナイフ、ヘレ、ロゼリ、アハチの人気メーカー

ブッシュクラフトの発祥の地である、北欧のメーカーのおすすめ商品5選をご紹介します。職人がハンドメイドしたものから限定モデルまでを厳選しました。

編集者/プロダクトコンセプター

北欧の刃物といえばスウェーデン鋼。Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル ブラック』もそのひとつです。森林面積の多い国独特の耐久性や機能性、デザインといった点が特徴的な製品が多いのもスウェーデン製ならでは。

メンテナンスを考えたら経験が豊富な方には炭素鋼、はじめての方にはステンレス鋼がおすすめです。

Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル ブラック』zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』 Morakniv(モーラナイフ)『ブッシュクラフトサバイバルブラック』

出典:Amazon

これ1本で火起こしもできる万能ナイフ

職人の手で伝統的に受け継がれてきた切れ味がよい刃と、握りやすいグリップを兼ね備えた良質なナイフです。

ナイフカバーにはダイヤモンドシャープナーがついており、切れ味が落ちてきたらすぐに研磨することが可能。

さらに、ファイヤースターターが付属していて、これ1本を持っていれば、木を削ってすぐに火をつけることができる、まさに万能なサバイバルナイフです。

KELLAM KNIVES(ケラムナイフ)『ウルヴァリン プロ』

KELLAMKNIVES(ケラムナイフ)『ウルヴァリンプロ』

出典:Amazon

小回りが利いて細かい作業やウッドクラフト向き

切れ味のよさが特徴です。カーボン(炭素鋼)素材で丈夫というだけでなく、刃の長さが約8cmと比較的短めで、小回りが利きます。細かい作業やウッドクラフト、フェザー作りにもおすすめです。

木材には染色された樺の木を使用。やわらかい波打つような木目は温かみがあって、美しい仕上がりとなっています。とっておきの1本になるでしょう。

Ahti(アハチ)『レウク 90』

Ahti(アハチ)『レウク90』

出典:Amazon

フィンランド発! 手になじむカーブの木製グリップ

フィンランドのナイフメーカーで職人が1本ずつ手作りしているAhti(アハチ)のナイフ。ここまで紹介したナイフと異なるポイントはグリップ部分の独特なカーブです。木製でカーブを描くことによって、使うたびに手になじみやすく、独特な風合いを感じることができます

刃はカーボンスチールのため丈夫で、研ぐことによって切れ味が鋭くなるとされているナイフです。

ブッシュクラフトナイフおすすめ5選【薪割りしやすい】 ドイツの老舗メーカー、日本の鍛冶職人が作る本格派など

ポータブルサイズのナイフでバトニング(薪割り)をする際は、ナイフのグリップを手で持ち、木
の上に置いた刃の先端を木や石などで叩いて割ります。

強く叩いても壊れにく、叩きやすい形状のブッシュクラフトナイフのおすすめ6選をご紹介します。

編集者/プロダクトコンセプター

BOKER(ボーカー)『マグナム トレイル シースナイフ』はグローブをしたままでも取り扱いがラクな商品。

フルタング構造で耐久性も抜群で、「近代ナイフの父」と呼ばれたR.W.ラブレスの影響を感じさせるデザインバランスです。薪割りよりは細かな作業に心強いはず。

BOKER(ボーカー)『マグナム トレイル シースナイフ』

BOKER(ボーカー)『マグナムトレイルシースナイフ』 BOKER(ボーカー)『マグナムトレイルシースナイフ』 BOKER(ボーカー)『マグナムトレイルシースナイフ』

出典:Amazon

ドイツの老舗メーカーのステンレスナイフ

200年以上の歴史を誇る、ドイツの老舗ナイフメーカーが作るブッシュクラフトナイフ。シンプルで扱いやすいところがポイントです。

グリップ部分はストレートに近く、バトニングしやすい形状。刃の素材は440Aステンレスでとても丈夫で、サビに強いのが特徴です。グリップに紐を通して持ちやすくなっています。

編集者/プロダクトコンセプター

日本版のブッシュクラフトナイフ「剣鉈」。土佐鍛『ダマスカス豆山遊鉈』は国内のアウトドアフィールドを考えたら、とくに用途に適した製品です。

ブレードとハンドルの境目(ヒルト)にツバが配されており、使用時に誤ってケガをしないような工夫も。

土佐鍛『ダマスカス豆山遊鉈』

土佐鍛『ダマスカス豆山遊鉈』

出典:Amazon

伝統技法を駆使! 日本の鍛冶職人が作る本格派

土佐にある老舗メーカーが伝統技法で作る、こだわりの詰まったナイフ。もともとは狩猟のために作られているので切れ味は抜群です。

グリップ部分は樫の木が使われており、弾力性があって使うたびに手になじんでくれるのも魅力のひとつです。外側に向かって太くなっているので、握りやすく、力を入れやすいのが特徴。太いからこそ、バトニングでも安定して打つことができるナイフです。

Schrade(シュレード)『フロンティア フルタング ドロップポイント フィクスドブレード SCHF51』

Schrade(シュレード)『フロンティアフルタングドロップポイントフィクスドブレードSCHF51』 Schrade(シュレード)『フロンティアフルタングドロップポイントフィクスドブレードSCHF51』 Schrade(シュレード)『フロンティアフルタングドロップポイントフィクスドブレードSCHF51』 Schrade(シュレード)『フロンティアフルタングドロップポイントフィクスドブレードSCHF51』

出典:Amazon

シャープナー付きでいつでも切れ味を保てるナイフ

グリップ部分は樹脂素材で滑りにくく、ストレートライン形状なのでバトニングの際もしっかり打ちつけやすいのが特徴です。シャープナーが付属しているのは魅力的なポイントのひとつ。切れ味をいつでも保つことができるうれしいナイフです。

ブラックコーティングされた高炭素鋼製。グリップも刃もすべて黒で統一されています。使うときにテンションの上がるクールなデザインですね。

Bark River(バークリバー)『ブラボー1 A2』

BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』 BarkRiver(バークリバー)『ブラボー1A2』

出典:Amazon

アメリカ海軍と共同開発されたサバイバルナイフ

携行のしやすさと、丸太も切断できるほどの力強い刃を持つナイフ。過酷なテストをクリアしたメーカーの製品だけあってとにかく頑丈で、長期間愛用することができるでしょう。

刃には、切れ味や刃持ちがよく、さらに研ぎやすくて刃こぼれもしにくい素材が使用されています。グリップはストレートで約12.2cmとバトニングしやすく手になじみやすいサイズ感です。

KA-BAR(ケーバー)『ベッカー BK22 コンパニオン ナイフ ナイロンシース』

KA-BAR(ケーバー)『ベッカーBK22コンパニオンナイフナイロンシース』 KA-BAR(ケーバー)『ベッカーBK22コンパニオンナイフナイロンシース』 KA-BAR(ケーバー)『ベッカーBK22コンパニオンナイフナイロンシース』 KA-BAR(ケーバー)『ベッカーBK22コンパニオンナイフナイロンシース』 KA-BAR(ケーバー)『ベッカーBK22コンパニオンナイフナイロンシース』

出典:Amazon

しっかりとした重量で安定感あるバトニングが可能

刃の部分にブラックパウダーコーティングが施してあり、少々荒い作業でも気にせず使える1本です。持ったときにずっしりと重みを感じることができ、安定感があるためバトニングにもおすすめです。

素材はカーボン(炭素鋼)なので、丈夫で長持ちしやすく、研ぎやすいナイフです。同じメーカーの刃物で用途別にコレクションするのも楽しいかもしれませんね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アウトドアナイフの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのアウトドアナイフの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドアナイフランキング
楽天市場:アウトドアナイフランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドアナイフランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのキャンプ用品はこちら 【関連記事】

用途別にそろえるのもあり 編集部からひと言

ブッシュクラフトナイフのおすすめ商品をご紹介しました。

メーカーごとの魅力をぜひ参考にしてください。料理やウッドクラフト、バトニングなど用途別でそろえてみるのもおすすめです。

研ぎやすさなどお手入れのしやすさもチェックしながら、あなたがほしいブッシュクラフトナイフを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

趣味は「某アイドルの推し活」の30代主婦。『美容・食品』カテゴリを主に担当。推しに会える日を夢見て美容にも惜しみなく投資する、「すべては推しのため」が口癖。これまでライターや編集経験を積み、2020年1月におすすめナビへ。ミーハー気質なため、流行りを常に追うが飽きるのも早い。ナチュールワインとエイジングケアコスメが好き。

関連する記事


多機能ナイフおすすめ10選|登山・キャンプなどアウトドアで必須の万能ツール

多機能ナイフおすすめ10選|登山・キャンプなどアウトドアで必須の万能ツール

マルチツールナイフとは装備が充実した多機能型ナイフのこと。マルチツールナイフはキャンプではもちろんツーリングや登山などさまざまなシーンでも使うことができるので、アウトドアにはぜひ持っておきたい装備のひとつです。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだマルチツールナイフのおすすめ商品と選び方についてご紹介します。

tag icon ナイフ(アウトドア) , アウトドア・キャンプ

マルチツールおすすめ14選|用途に合った商品の特徴や選び方も解説

マルチツールおすすめ14選|用途に合った商品の特徴や選び方も解説

アウトドアやちょっとした日常の作業用にあると便利なマルチツール。実は、マルチツールはアウトドア用、旅行用、自転車やバイクの整備用など、用途に合わせて形状などが違うんです。そのため、用途に合わせた選び方が重要になります。本記事では、マルチツールの選び方やおすすめ商品をご紹介。アウトドア用、旅行用、自転車やバイクの整備用といったそれぞれの特徴などもしっかり解説いたします。さらに通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認できます。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon キャンプ用調理器具 , ナイフ(アウトドア) , アウトドア・キャンプ

フィッシングナイフおすすめ14選|捌きやすさ・錆びにくさに注目して選ぶ!

フィッシングナイフおすすめ14選|捌きやすさ・錆びにくさに注目して選ぶ!

本記事では、フィッシングナイフの種類や特徴、捌きやすさやサビにくさを考えた選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon 釣り・フィッシング(携行品・便利グッズ) , ナイフ(アウトドア) , アウトドア・キャンプ

アウトドア用の鉈(なた)おすすめ9選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

アウトドア用の鉈(なた)おすすめ9選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

キャンプや狩猟などでよく使われる鉈(なた)。日本発祥の刃物で、鉈と呼ばれるものは日本製が大半です。おもに火おこしに使用する薪割りなどで重宝されています。キャンプではまず火をおこせるようにならないといけませんが、そのままの木材を燃料として使うのは困難です。木材を適切な大きさに切断・加工できる鉈は、キャンプではとても便利なアイテムです。しかし、鉈といっても形・大きさ・重量など、さまざまなものがあり、ベストなものを選ぶのはキャンプに慣れた上級者でないと難しいでしょう。本記事では山岳写真家として知られる荒井裕介さんへの取材をもとに、鉈の選び方やおすすめの商品をご紹介します。

tag icon 焚き火グッズ , キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具

アーミーナイフ(十徳ナイフ)おすすめ12選|キャンプや登山の必須アイテム

アーミーナイフ(十徳ナイフ)おすすめ12選|キャンプや登山の必須アイテム

マルチツールナイフや十徳ナイフ(じっとくナイフ)とも呼ばれ、キャンプや登山などのアウトドアで活躍するアーミーナイフ。「ビクトリノックス」「レザーマン」をはじめ、ナイフのほかに栓抜きやドライバーなど、様々なツールがついたものが人気です。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選したアーミーナイフのおすすめと選び方についてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 包丁・ナイフ , 登山・トレッキング , ナイフ(アウトドア)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。