ファイヤースターターおすすめ7選|雨天時も簡単に着火できる! 使い方も紹介

The Friendly Swede(ザ フレンドリー スウィード)『フェロセリウム ファイアースターター』
出典:Amazon

アウトドアで火をおこしたい時に便利なのがファイヤースターター。ライターなどの道具とくらべて低温の環境や悪天候の際に強いほか、燃料切れの心配もありません。

本記事では、ファイヤースターターを選ぶ時のポイント、おすすめ商品と選び方をご紹介。

記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ファイヤースターターとは

 

アウトドアシーンで火起こしをしたい時に、マッチやライターではすぐに火を起こすことができないなんてこともあるかと思います。

ファイヤースターターとは、一言でいうと【発火器具】になります。ロッドというマグネシウムで作られた棒状のものと火打ち石の役割を果たす【ストライカー】を使って火花を起こします。

また、ファイヤースターターは雨の日や湿った日でも火起こしをすることができるので環境に左右されません。使い続けて馴れることで簡単にライターやマッチより簡易的に火起こしができます。

ファイヤースターターを使用するメリット

 

ファイヤースターターは濡れや低温化での使用に強い道具です。ではどこに注目するかというと、サイズや重量が決まっているのならハンドルやケースなど実際に自分が携帯するときを想定して選びましょう。

雨天時やグローブをしている場合に、ハンドルが握りやすいサイズや素材でできていることがポイントになります。

また、ストライカー(火打ち金)のサイズも扱う上で重要になります。小さすぎでは力の加減が難しくストレスになってしまうからです。悪天候時にグローブをはめて使用することを前提として選ぶようにしてください。

ファイヤースターターの選び方

それでは、ファイヤースターターの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】ロッドのサイズ
【2】ストライカーとの相性
【3】アクセサリー付きかどうか


上記の3つのポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ロッドのサイズをチェック

 

ファイヤースターターはさまざまなサイズが販売されています。その用途もさまざまで、ライターの故障等の緊急時に使用するタイプや、ライターを一切使わず焚き火をおこなうブッシュクラフトなどがあり、用途にあわせて最適な物を選びたいところです。

ファイヤースターターは、本体のロッドと、ロッドを削る役割を果たす金属の板のストライカーでできており、ストライカーでロッドを削ることで火花がうまれ、着火する仕組みとなっています。機能はどれを選んでも変わりませんが、サイズや耐久性、用途で分けることができます。

ガスストーブ等燃料に着火するのであれば小型のものでじゅうぶんですが、天然素材の着火剤で焚き火をおこなう場合はより多くの火の粉を発生させられる大型のものよいでしょう。

【2】ストライカーとの相性をチェック

 

価格によって強度に差がでてくることがあるのですが、太めのサイズであれば、強度はじゅうぶん。むしろ価格よりもストライカー(火打ち金部)との相性のほうをチェックするべきです。

大手メーカーが販売しているものはそのバランスが取れているので扱いやすいのが特徴ですが、経験を積むとロッド(火打ち石部)の硬さに合わせて擦り方をコントロールできるようになります。よって価格で選ぶよりは自分が使用するサイズを選択することが重要なポイントになります。

コンパクトなモデルを選ぶなら強度が保たれる大手メーカー製、太く大きなサイズならブランドを問わず使い勝手のいいサイズで選ぶことを意識してください。

【3】アクセサリー付きかどうかチェック

 

ファイヤースターターで火をおこす時は、ロッドとストライカーの2セットがあってこその火起こしになります。片方でも紛失してしまうと、いざという時に火を起こすことができません。

ブレスレットタイプやネックレスタイプのファイヤースターターなら体に身につけることで紛失してしまうことがありません。アクセサリータイプは、バッグやリュックにも装着することで使いたい時にすぐに使うことができます

ファイヤースターターおすすめ7選

上記で紹介したファイヤースターターの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

Bush Craft(ブッシュクラフト)『メタルマッチ』

BushCraftブッシュクラフトオリジナルファイヤースチール2.0[メタルマッチ]メタル製火打石/火打ち金 BushCraftブッシュクラフトオリジナルファイヤースチール2.0[メタルマッチ]メタル製火打石/火打ち金 BushCraftブッシュクラフトオリジナルファイヤースチール2.0[メタルマッチ]メタル製火打石/火打ち金
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ストライカーのグリップ あり
ロッドの長さ 約60×9.5mm
ロッドの素材 ブレード:スチール/ロッド:フェロセリウム
携帯性 -
重さ 約55g

防水仕様・寿命約12,000回

ファイヤースターターの平均寿命が約10,000回と言われているなか、こちらのメタルマッチは、約12,000回の使用が可能となっています。また、防水仕様のため、水気を拭うことですぐに着火ができます。

コードには着火剤となる「550FireCord」を使用。初心者でも持ちやすい安定感のあるロッドサイズです。

エキスパートのおすすめ

MORAKNIV(モーラ・ナイフ)『FIRE STARTER (11859)』

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家:荒井 裕介

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ナイフと好相性のファイヤースターター

ナイフブランドが提供するファイヤースターターで、当然ながらナイフとの相性は抜群です。太めのロッドと握りやすいハンドルは、ナイフをスターター代わりに使用する際に力が入りやすく、着火性能を安定させます。

フィールドナイフユーザーにおすすめのブッシュクラフト対応モデルです。モーラ・ナイフユーザーだけではなく、さまざまなナイフを使用する人におすすめで、初心者や女性でもロッドが太いので安心して扱えるところが魅力の1つです。

エキスパートのおすすめ

LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)『ファイアースチールスカウト 2.0』

ライトマイファイヤーファイヤースチールスカウトBIOココシェル26270LIGHTMYFIRE ライトマイファイヤーファイヤースチールスカウトBIOココシェル26270LIGHTMYFIRE
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家:荒井 裕介

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ライターからの入れ替えに

小型でよく火花が飛ぶストライカーを使用しており、初めてでも扱いやすいファイヤースターターです。ガスバーナーやアルコールストーブユーザーにおすすめの1品です。ストーブと一緒にギアポーチやクッカーにスタッキングしてもかさばらないサイズで使い勝手もよいです。

細身なので先端を押し当てて使用すると折れてしまうこともありますが、ストーブに点火するならじゅうぶん役割を果たしてくれます。ブッシュクラフターのようにナイフの背でこするような使い方をしなければ長く使えるので、ハイカー向けのファイヤースターターです。

エキスパートのおすすめ

Chileeany『ファイヤースターター』

Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木) Chileeany大きいサイズ火打ち石+ホイッスルファイヤースターターマグネシウム着火具サバイバルツール収納袋付(木)
出典:Amazon この商品を見るview item
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家:荒井 裕介

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

入門者におすすめのセット

ホイッスルとロッド、缶オープナーが付いた、便利なセットになっているファイヤースターターです。救急箱と一緒に持って歩けばいざという時にも役立つはずです。

初心者が最初に買うならコスパ面でもこちらがおすすめです。迷ったらまずはこれからスタートするとよいでしょう。モーラと同様に大きめのハンドルが扱いやすく、安定して火花を飛ばせるので、経験者はもちろんあまり慣れていない人にも安心してご使用いただけます。

エキスパートのおすすめ

The Friendly Swede(ザ フレンドリー スウィード)『フェロセリウム ファイアースターター』

TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』 TheFriendlySwede(ザフレンドリースウィード)『フェロセリウムファイアースターター』
出典:Amazon この商品を見るview item
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家:荒井 裕介

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

野外活動全般におすすめのスタイリッシュさ

木製のハンドルに太めのロッドが装備された、オールラウンドに使えるタフでおしゃれなファイヤースターターです。飽きのこないデザインで、カントリースタイルのキャンパーからブッシュクラフターまで幅広い層にマッチします。

ロッドが太く長いので、安心して長く愛用できるのもポイントです。スタイリッシュにアウトドアを楽しむすべての人におすすめの1品です。

OPINEL(オピネル)『エクスプローラー#12』

OPINEL(オピネル)エクスプローラー#12オレンジ41513【国内正規商品】 OPINEL(オピネル)エクスプローラー#12オレンジ41513【国内正規商品】 OPINEL(オピネル)エクスプローラー#12オレンジ41513【国内正規商品】 OPINEL(オピネル)エクスプローラー#12オレンジ41513【国内正規商品】 OPINEL(オピネル)エクスプローラー#12オレンジ41513【国内正規商品】 OPINEL(オピネル)エクスプローラー#12オレンジ41513【国内正規商品】
出典:Amazon この商品を見るview item

カッティングフックやホイッスルもついた万能タイプ

ナイフとしてはもちろん、グリップ部分に搭載されたファイヤースターターで火おこしも可能。さらに、ロープなどが切れるカッティングフックやホイッスルまでついているので、緊急時に役立つ万能アイテムです。

ナイフは折り畳み式で、セーフティロック機能を搭載。刃が出てくる心配がなく、気軽にバックパックに入れることができます。

Moraknife(モーラ・ナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル 』

モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert モーラ・ナイフMoraknivBushcraftSurvivalDesert
出典:Amazon この商品を見るview item

長めのファイヤースターターが使いやすい

ナイフとファイヤースターター、ダイヤモンドシャープナーがセットになっています。長めのファイヤースターターで着火しやすく、初心者から上級者まで幅広く使える商品です。

ナイフは老舗メーカーならではの高品質で切れ味もじゅうぶん。錆びにくいステンレス鋼の刃なので、メンテナンスも楽です。シャープナーが付属しているので、使い終わったあとや切れ味が悪く感じた場合など、好きなときにナイフを研げます。

【番外編】 火口に適したおすすめ2選


ファイヤースターターでの着火に便利な火口(ほくち)になる商品をご紹介します。

Bush Craft(ブッシュクラフト)『麻の火口(ほぐち)』

BushCraft(ブッシュクラフト)麻の火口(ほくち)4個セット28970 BushCraft(ブッシュクラフト)麻の火口(ほくち)4個セット28970 BushCraft(ブッシュクラフト)麻の火口(ほくち)4個セット28970
出典:Amazon この商品を見るview item
重さ 10g×4

起こし初心者にも使いやすい! 着火しやすい火口

100%天然麻の繊維をほぐしたものです。圧縮するとコンパクトになるので持ち運びやすく、着火しやすいので初心者にも扱いやすい商品です。

ファイヤースターターによる着火は練習が必要なので、こちらの商品で練習してみるのもいいでしょう。もちろん本番用の火口としても使用可能です。1袋で約5回分使用できます。

Bush Craft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』

BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』 BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』 BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』 BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』 BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』 BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』 BushCraft(ブッシュクラフト)『火おこしセット・ルーキーナイフあり』
出典:Amazon この商品を見るview item
重さ -

火口から薪まで入った火起こし入門セット

ナイフやファイヤースターター、着火用のウッドなどが入っている火おこし入門セット。2種類の火口やシラカバの薪など、焚火を楽しむために必要な材料がそろっています。緩衝材や外箱も燃料になる無駄のないセットです

ファイヤーキャンディーという虫よけ効果のある着火剤も付属。火口での着火に失敗したときも安心です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Bush Craft(ブッシュクラフト)『メタルマッチ』
MORAKNIV(モーラ・ナイフ)『FIRE STARTER (11859)』
LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)『ファイアースチールスカウト 2.0』
Chileeany『ファイヤースターター』
The Friendly Swede(ザ フレンドリー スウィード)『フェロセリウム ファイアースターター』
OPINEL(オピネル)『エクスプローラー#12』
Moraknife(モーラ・ナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル 』
商品名 Bush Craft(ブッシュクラフト)『メタルマッチ』 MORAKNIV(モーラ・ナイフ)『FIRE STARTER (11859)』 LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)『ファイアースチールスカウト 2.0』 Chileeany『ファイヤースターター』 The Friendly Swede(ザ フレンドリー スウィード)『フェロセリウム ファイアースターター』 OPINEL(オピネル)『エクスプローラー#12』 Moraknife(モーラ・ナイフ)『ブッシュクラフト サバイバル 』
商品情報
特徴 防水仕様・寿命約12,000回 ナイフと好相性のファイヤースターター ライターからの入れ替えに 入門者におすすめのセット 野外活動全般におすすめのスタイリッシュさ カッティングフックやホイッスルもついた万能タイプ 長めのファイヤースターターが使いやすい
ストライカーのグリップ あり あり あり なし なし あり あり
ロッドの長さ 約60×9.5mm 65mm 75mm 8mm 7cm - -
ロッドの素材 ブレード:スチール/ロッド:フェロセリウム - マグネシウム合金 マグネシウム合金 フェロセリウム - -
携帯性 - - ストラップ リング、ストラップ付 50cm パラコードストラップ - -
重さ 約55g 66g 27g 52g - 175g 123g(ナイフのみの重量)
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ファイヤースターターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのファイヤースターターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:火起こしランキング
楽天市場:ファイヤースターターランキング
Yahoo!ショッピング:火打石、ファイヤースターターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ファイヤースターターに関するQ&A よくある質問

question iconファイヤースターターの寿命は?

answer icon

一般的なファイヤースターターの寿命は、10,000回程度とされています。また、マグネシウムの金属棒が長いものほど寿命も長くなります。

question iconファイヤースターターの使い方は?

answer icon

ファイヤースターターはマグネシウムの塊と金属状のストライカーをすり合わせることで火花を起こすことができます。まずは火花が起こる構造をしっかり理解しましょう。

マグネシウムの粉末を燃やしたいものに乗せて火花をうまく誘導することが着火します。ストライカーは素早く擦るのではなく、ゆっくりと擦るだけで問題なく使えます。

 

キャンプに役立つ着火剤&炭の関連商品 【関連記事】

迷ったらまずは大きいものを! エキスパートからのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

防災からアウトドアまで幅広く使えるファイヤースターターですが、アウトドアで使うのであればまず自分に合ったサイズのものを選びたいところです。迷ったらひとまず大きいものを選ぶことをおすすめします。

買った後は、とにかく使いこなせるようになるまで練習あるのみです。コツをつかんでしまえばライターと同じように利用することも可能で、ライターのように燃料を気にすることなく火を起こすことができるようになります。

ストライカーがなくても、ナイフなどでも対応が可能になるでしょう。今回ご紹介したものであれば、どれを選んでも幅広く使えること間違いなしです。

サイズ選びがキモ

本記事では、ファイヤースターターの選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の3つのポイントを押さえておきましょう。

【1】ロッドのサイズ
【2】ストライカーとの相性
【3】アクセサリー付きかどうか


ファイヤースターターはサイズ選びが重要です。持ちやすく、使いやすいものを選びましょう。今回ご紹介したポイントを意識してファイヤースターターを選べば、ブッシュクラフトをより快適に楽しめるでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

アウトドアの焚火やバーベキューの火起こしを簡単にする着火剤。ロゴス、キャプテンスタッグなどのキャンプメーカーからはもちろん、最近ではダイソーなど100均からも販売されています。本記事では、着火剤の選び方やおすすめ商品をご紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon キャンプファイヤー , アウトドア・キャンプ

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

キャンプやアウトドアで、手軽に調理を楽しめる「固形燃料」。旅館での料理や災害時の備えとしても人気のアイテムです。しかし、種類や燃焼時間、保存方法など、さまざまな固形燃料があるため何を選べばいいか悩んでしまいますね。本記事では、固形燃料の種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ソロキャンプ

バーベキュー用の炭おすすめ13選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキュー用の炭おすすめ13選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキューやキャンプで便利な燃料といえば炭ですが、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。調理時や後片付けがしやすい、臭いや煙の出ないオガ炭も紹介します。さらamazonやヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

メッシュタイプの焚き火台おすすめ5選|耐久性やコンパクトに収納できる便利な商品もご紹介!

メッシュタイプの焚き火台おすすめ5選|耐久性やコンパクトに収納できる便利な商品もご紹介!

環境保護の観点から、地面に直接火を焚く「直火」を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、必需品となってきたのが焚き火台。暖を取る、火を囲んで談笑する、調理するなど多彩に活躍してくれます。この記事では、メッシュタイプの焚き火台のおすすめ商品ご紹介しています。焚き火台の選び方のポイントなども掲載しているので是非、焚き火台選びの参考にしてみてください。

tag icon キャンプ用コンロ・グリル , 焚き火グッズ , 調理器具

チタン製の焚き火台おすすめ5選|軽くて丈夫な人気のチタン素材の商品をご紹介!

チタン製の焚き火台おすすめ5選|軽くて丈夫な人気のチタン素材の商品をご紹介!

近年アウトドアの人気からソロやご家族でキャンプに行く方もいらっしゃるるのではないでしょうか。キャンプ用品も各メーカーから多数販売されていますが、特に「直火」を禁止するキャンプ場も増えてきているので、焚き火台は必須のアイテムとなっています。この記事では、軽くて頑丈なチタン素材の焚き火台おすすめ商品ご紹介しています。近年のキャンプブームに合わせて、さまざまばメーカーからたくさんの種類の商品が販売されていますので是非、参考にしてみてください。

tag icon キャンプ用コンロ・グリル , 焚き火グッズ , 調理器具

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。