アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

アウトドアに便利な固形燃料おすすめ8選|種類ごとの特徴や選び方も解説

キャンプやアウトドアで、手軽に調理を楽しめる「固形燃料」。旅館での料理や災害時の備えとしても人気のアイテムです。しかし、種類や燃焼時間、保存方法など、さまざまな固形燃料があるため何を選べばいいか悩んでしまいますね。

本記事では、固形燃料の種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

固形燃料の種類・タイプ

固形燃料とひとくちにいっても、その材質や形状にはさまざまなものがあります。アウトドア用でよく使われる材質としては、アルコール系のものと木質系(木炭)のものがあります。これらを利用した形状の違いで紹介していきます。

定番の「卓上用固形燃料」

 

アルコール系の代表格、「卓上用固形燃料」です。よく旅館の宴会などでも使われる、コンロと一緒に使うアルミ箔のついた燃料として見たことがあるかもしれません。固形燃料として一番最初におもいつくのはこれかもしれませんね。

防災グッズとしても人気「缶入り固形燃料」

 

一度火をつけて消しても再度利用できるのが「缶入り固形燃料」の特徴です。缶入りは容量も多く長時間利用することができるので、保存性に優れ非常用として使われることが多い固形燃料です。

着火剤とし広く利用「タブレット型固形燃料」

 

おもに木炭の着火剤として利用されるのが「タブレット型固形燃料」です。必要な分を割ってつかえるものが多く、火力や使用時間に応じて量を調整して利用します。もともとは軍用として使われていたといわれています。

(★)それぞれの特徴を理解し、自分に合ったものを選択

キャンプ/釣りライター

ほかには小分けで手軽なジェルパックなどもあります。自分がどのような固形燃料を利用したいのか、それぞれ燃焼時間や保管の仕方などがことなるので、特徴をまず調べてから選ぶようにしましょう。

固形燃料の選び方

それでは、固形燃料の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】燃焼時間
【2】保存のしやすさ
【3】ニオイや煙の量


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】燃焼時間をチェック

炎
Pixabayのロゴ

固形燃料には、ティーライトキャンドルのようなものも含めることがあります。とても安価に販売されていることがありますが、アウトドア用としてはあまり向きません。

燃焼時間は長いものの、風で吹き消されやすく、火力もそれほど期待できないためです。自宅でチーズフォンデュをするだけ、という程度ならばよいのですが、炊飯や調理に使おうとするのであれば、やはり燃焼時間が長く火力も高いものがおすすめです。

一般的にお湯を沸かしたり炊飯をしたりといったことを考えるなら、強い火力で15分程度の燃焼時間が基準だと考えましょう。追加投入できるのであれば、ひとつあたり燃焼時間が5分だとしても、連続して3つ使えば15分持つという考え方でもOKです。

【2】保存のしやすさをチェック

 

宴会などでよく出てくる、ひとり用コンロで使うアルコール燃料は、長く保存しているうちに揮発してしまい、気づいたら中身がなくなっていた、ということもあります。燃料の包装自体の密閉性が高い商品を選ぶとよいでしょう。

なお、購入して開封したら、気密性のある容器に移して保管しておけば安心です。また、自己着火の危険を避けるため、とくに夏場に窓の近くで直射日光が当たって高温になる場所には置かない心配りも必要です。注意書きなどをよく読み、安全に保管するようにしましょう。

【3】ニオイや煙の量をチェック

 

炭の火起こしなどであれば、持続時間と火力だけに注目すればよいのですが、調理に使う場合はニオイや煙が出るかどうかなども調べておきたいものです。

メーカーによって異なるのですが、商品によっては多少ガソリンに近いニオイのものもあり、それで食材を焼くとニオイが移ってしまうことも。「コッヘル」などの調理器具を使うならよいのですが、直火が食材にあたる使い方の場合は注意しましょう。

実際に使ってみないとわからないことなので、アウトドア用品店で聞いてみたり、通販サイトのレビューなども参考にしてください。

固形燃料おすすめ8選

上記でご紹介した固形燃料の選び方のポイントをふまえて、おすすめの商品をご紹介します。エキスパートならではのていねいな解説つきで商品をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

エキスパートのおすすめ

エスビット『固形燃料ミリタリー』

Esbit(エスビット)固形燃料ミリタリー14g×6個入ES11220000 Esbit(エスビット)固形燃料ミリタリー14g×6個入ES11220000
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

500mlのお湯を沸かすのもこれひとつでOK

エスビットはドイツのメーカーで、固形燃料を入れた状態で折りたたんで持ち運べる、「ポケットストーブ」とのセット商品でおなじみです。アウトドア用品を扱うお店には、必ず置いてあるような定番商品です。

「固形燃料ミリタリー」はタブレット状の商品で、ひとつあたり約12分ほど燃焼します。500mlのお湯を沸かすのが約8分程度なので、ちょうど使いやすいものになっているといえるでしょう。ガス缶とは違い、高所や低温下でも安定して燃焼するのが特徴です。さまざまな環境下で頼りになる燃料として、常備しておくのもよいでしょう。

これより小さい『固形燃料スタンダード』は燃焼時間が5分ほどなので、組み合わせて調整する使い方もあります。

エキスパートのおすすめ

ファイヤーサイド(Fireside) ドラゴン着火剤 1箱24個入り 630540

ファイヤーサイド(Fireside)ドラゴン着火剤1箱24個入り630540 ファイヤーサイド(Fireside)ドラゴン着火剤1箱24個入り630540 ファイヤーサイド(Fireside)ドラゴン着火剤1箱24個入り630540 ファイヤーサイド(Fireside)ドラゴン着火剤1箱24個入り630540 ファイヤーサイド(Fireside)ドラゴン着火剤1箱24個入り630540 ファイヤーサイド(Fireside)ドラゴン着火剤1箱24個入り630540
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

小分けしやすく使いやすいキューブ状

薪ストーブをはじめとして、焚き火道具や直火用ケトルなど、火に関連する商品を販売しているファイヤーサイドの着火剤です。

着火剤となっていますが、調理に使ってもかまいません。価格も比較的安価なので、常備する固形燃料としても最適です。キューブ状の燃料はひとつあたり15分ほど燃焼し、火力もじゅうぶんなので使いやすいものです。

1パック24個入りで販売されていますが、キューブ間のすきまが大きめなので、はさみなどで切って必要な個数だけ持ち歩きやすいのがこの商品の特徴。密閉できる金属缶などに小分けして入れ、不意の発火を防ぐなど、安心して持ち運ぶこともできます。

エキスパートのおすすめ

ニチネン『屋外用トップ丸缶600g』

NITINEN(ニチネン)屋外用缶入り固形燃料屋外用トップ丸缶600g NITINEN(ニチネン)屋外用缶入り固形燃料屋外用トップ丸缶600g NITINEN(ニチネン)屋外用缶入り固形燃料屋外用トップ丸缶600g
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

災害時のそなえにも最適な缶入りタイプ

故障せず安心して使える缶入りタイプの燃料が、登山などで多く使われていた時代がありました。現在でもほぼ変わりませんが、それほど完成されたスタイルだったといえるのがこの商品です。

非常用・防災用などで備蓄されることも多いので、目にしたことがあるかもしれません。この商品のすばらしいところは、上ふたが五徳(ごとく)になる仕組みで、このまま鍋などを置いて調理することが可能な点です。燃焼時間も110分と長く、きちんとふたをして消火すれば再使用も可能です。

ちなみに同タイプで250gもありますが、こちらは燃焼時間150分と、今回紹介している600gのものより燃焼時間が長くなっています。これは、250gの方が火のでる穴が小さく、火力を抑えているためです。

エキスパートのおすすめ

LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

パック入りのジェル状で保管しやすい

こちらの「ゲルネンミニパック」は、単体で調理が可能なものではなく、炭による火おこしをかんたんにしてくれる商品です。

アルコール系の固形燃料のなかでも、ジェル状にして小さなパックに分けているタイプも根強い人気があります。チューブからしぼり出すタイプより使いやすいという方が多いのも、人気の秘密でしょう。

キャンプ用品をフルラインアップでそろえる人気のLOGOS(ロゴス)の商品だけあって、安心して使えます。ただし、すでに燃えている状態のコンロなどに追加投入はしないように注意が必要です。

ジェルタイプを燃えている火の中に投げ込むと、場合によっては爆跳(ばくちょう)することがあるためです。燃焼時間も長めで火力もあるので、上手に使えば一袋で炭の火起こしができます。

エキスパートのおすすめ

ニイタカ『チャック付き袋入りカエン』

ニイタカ(NIITAKA)固形燃料カエンニューエース(チャック付き袋入り)20個入り(30g) ニイタカ(NIITAKA)固形燃料カエンニューエース(チャック付き袋入り)20個入り(30g) ニイタカ(NIITAKA)固形燃料カエンニューエース(チャック付き袋入り)20個入り(30g) ニイタカ(NIITAKA)固形燃料カエンニューエース(チャック付き袋入り)20個入り(30g)
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

安定の火力で炊飯などにも最適

アウトドア専用品として販売されているわけではありませんが、多くの方がよく知っている固形燃料といえばこの商品。

チャック付きの袋に入っているので、使用後も密封状態を保つことができ、残った固形燃料が揮発して小さくなってしまうのを最小限に防げます。ひとり用コンロなどで使ったことがある方も多いと思いますが、ライターやマッチでかんたんに着火し、火持ちもよいのが特徴です。

「メスティン」や「コッヘル」などで炊飯する際にも、適度な火力でおいしいご飯が炊けるでしょう。15g~30gまで、4段階の容量で販売されています。

LOGOS(ロゴス)『エコココロゴス・ミニラウンドストーブ3』

ロゴス(LOGOS)固形燃料エコココロゴスミニラウンドストーブ383100103 ロゴス(LOGOS)固形燃料エコココロゴスミニラウンドストーブ383100103 ロゴス(LOGOS)固形燃料エコココロゴスミニラウンドストーブ383100103 ロゴス(LOGOS)固形燃料エコココロゴスミニラウンドストーブ383100103 ロゴス(LOGOS)固形燃料エコココロゴスミニラウンドストーブ383100103 ロゴス(LOGOS)固形燃料エコココロゴスミニラウンドストーブ383100103
出典:Amazon この商品を見るview item

1分で即着火! エコでパワフルな炭燃料

バーベキューで大活躍しそうな便利な炭。使用している原料はヤシの実やココナッツ採取の際に廃棄処分になるはずのヤシガラで、環境に優しい固形燃料です。

エコにも関わらず、1個で4枚以上のステーキが焼けるほどのパワフルな火力を保ち続けます。さらに、着火するまでわずか「1分」という驚きの速さは、この商品最大の特徴と言えるでしょう。着火方法も一部に集中して火を当てるだけなので、初心者でもカンタンです。

井之上事務所『Dual-Heat』

クリスタルファイヤー専用ハイブリッド型燃料130g(1個) クリスタルファイヤー専用ハイブリッド型燃料130g(1個) クリスタルファイヤー専用ハイブリッド型燃料130g(1個) クリスタルファイヤー専用ハイブリッド型燃料130g(1個)
出典:Amazon この商品を見るview item

非危険物認定で災害時の備蓄にも重宝する燃料

空輸も含めたすべての交通機関での輸送が可能な固形燃料で、旅行先やアウトドアでも利用できる便利なアイテムです。消防署の規制を受けない「非・危険物」で、再保存や再利用も可能なので、災害時用の備蓄としても役立つでしょう。

特許を取得した特殊なロックウールを使用しているので、万が一倒れても燃料がこぼれないだけでなく、発火点が152℃高いため、自然発火の危険性もないすぐれた安全性も魅力です。

ニチネン『パック 四角タイプ』

ニチネン製パック燃料四角タイプ27g ニチネン製パック燃料四角タイプ27g ニチネン製パック燃料四角タイプ27g ニチネン製パック燃料四角タイプ27g
出典:Amazon この商品を見るview item

長期保管にも最適な燃料

揮発しないので長期保管に適している商品です。従来の固形燃料は長期保管を行うと揮発して量が減る・少なくなる・なくなってしまうなどの欠点があり、ラップなどでくるんでの面倒な保管が必要でした。パック燃料はその点を改善し、揮発しない特徴があり、長期保管に優れており防災対策用品としてもおすすめです。

番外編|その他のキャンプグッズ5選

LOGOS(ロゴス)『マイクロステンコンロ』

ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101 ロゴス(LOGOS)マイクロステンコンロ83010101
出典:Amazon この商品を見るview item

ポケットサイズに折りたためるコンパクトなストーブ

特徴は、ポケットサイズに折りたたむことが可能な超コンパクト設計で、持ち運びしやすいストーブになっています。

コンパクトになるというだけでなく、ステンレスを使用しているので、耐久性も兼ね備えています。ステンレス製は、丈夫なだけでなく軽くて汚れが落ちやすいというメリットも。キャンプのあとも、洗えばキレイなまま使い続けることができるでしょう。トレッキングやソロキャンプでも活躍しそうです。

Esbit(エスビット) 『ポケットストーブスタンダード(固形燃料4g×20個付) ES20920000』

ソロキャンプに最適なポケットストーブ

ドイツエスビット社製の固形燃料ストーブです。収納時には10cm×7.7cm×2.3cmと片手で十分おさまるコンパクトサイズなため、持ち運びに便利でソロキャンプには最適です。また、エスビットの固形燃料もセットになっているため、すぐ利用できるのも便利です。

Esbit(エスビット)『チタニウムストーブ(ESSTI115TI)』

Esbit(エスビット)チタニュームストーブESSTI115TI Esbit(エスビット)チタニュームストーブESSTI115TI Esbit(エスビット)チタニュームストーブESSTI115TI Esbit(エスビット)チタニュームストーブESSTI115TI Esbit(エスビット)チタニュームストーブESSTI115TI
出典:Amazon この商品を見るview item

超軽量の13g! 扱いやすいチタン製ストーブ

コンパクトさと軽量性から、ヨーロッパ諸国の軍で採用されている、サバイバルブランド・エスビットの製品です。チタニウム製で、重量はわずか13gという超軽量ストーブ。カンタンに折りたたむことも可能なので、コンパクトに持ち運ぶことができるでしょう。

五徳は斜めカット仕様で滑り止めのギザギザつき。クッカーの大きさを問わず安定感が増すような設計になっています。

イケダ『火消し蓋(固形燃料皿用)』

燃料の無駄使いを防げる便利な逸品

燃焼中でも、途中で火が消すことができ、燃料の無駄使い防止に役立ちます。再利用できる燃料もあるので、そういった燃料を扱うときに役立つでしょう。

ステンレス製で耐久性や軽さがすぐれているのも魅了のひとつ。使用後にきちんと手入れをすれば、長期間使用することも可能です。シンプルですが、持っていると便利なアイテムではないでしょうか。

メスティン『 アルミ製飯ごう ハンドルカバー「4点セット」』

炊飯だけじゃないさまざまな調理に対応するセット

アルミ製飯盒、ハンドルカバー、ストーブ、バット網の合計4点がセットになった商品です。これひとつですぐに調理ができ、コスパも最高です。また、高熱伝導のアルミなためお米のアレンジ料理はもちろん、ラーメンやパスタなどの麺類も調理可能です。これ1台で調理の幅が大きく広がるでしょう。

「固形燃料」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
エスビット『固形燃料ミリタリー』
ファイヤーサイド(Fireside) ドラゴン着火剤 1箱24個入り 630540
ニチネン『屋外用トップ丸缶600g』
LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』
ニイタカ『チャック付き袋入りカエン』
LOGOS(ロゴス)『エコココロゴス・ミニラウンドストーブ3』
井之上事務所『Dual-Heat』
ニチネン『パック 四角タイプ』
LOGOS(ロゴス)『マイクロステンコンロ』
Esbit(エスビット) 『ポケットストーブスタンダード(固形燃料4g×20個付) ES20920000』
Esbit(エスビット)『チタニウムストーブ(ESSTI115TI)』
イケダ『火消し蓋(固形燃料皿用)』
メスティン『 アルミ製飯ごう ハンドルカバー「4点セット」』
商品名 エスビット『固形燃料ミリタリー』 ファイヤーサイド(Fireside) ドラゴン着火剤 1箱24個入り 630540 ニチネン『屋外用トップ丸缶600g』 LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』 ニイタカ『チャック付き袋入りカエン』 LOGOS(ロゴス)『エコココロゴス・ミニラウンドストーブ3』 井之上事務所『Dual-Heat』 ニチネン『パック 四角タイプ』 LOGOS(ロゴス)『マイクロステンコンロ』 Esbit(エスビット) 『ポケットストーブスタンダード(固形燃料4g×20個付) ES20920000』 Esbit(エスビット)『チタニウムストーブ(ESSTI115TI)』 イケダ『火消し蓋(固形燃料皿用)』 メスティン『 アルミ製飯ごう ハンドルカバー「4点セット」』
商品情報
特徴 500mlのお湯を沸かすのもこれひとつでOK 小分けしやすく使いやすいキューブ状 災害時のそなえにも最適な缶入りタイプ パック入りのジェル状で保管しやすい 安定の火力で炊飯などにも最適 1分で即着火! エコでパワフルな炭燃料 非危険物認定で災害時の備蓄にも重宝する燃料 長期保管にも最適な燃料 ポケットサイズに折りたためるコンパクトなストーブ ソロキャンプに最適なポケットストーブ 超軽量の13g! 扱いやすいチタン製ストーブ 燃料の無駄使いを防げる便利な逸品 炊飯だけじゃないさまざまな調理に対応するセット
重量 14g 1パック350g 600g 25g 25g 450g 130g 27g 160g 85g 11.5g 23g -
燃焼時間 1タブレット約12分 約15分(1個) 約110分 -- - 30~45分(1個) 120分(強火)、180分(弱火) 約20分30秒 - - - - -
入り数 6個 24個 12個 8個 20個 3個 1缶 12個 コンロ本体、燃料受け皿 コンロ本体、燃料受け皿 コンロ本体 本体 アルミ製飯盒、ハンドルカバー、ストーブ、バット網
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 固形燃料の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの固形燃料の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用固形燃料ランキング
楽天市場:固形燃料ランキング
Yahoo!ショッピング:固形燃料ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのアウトドアアイテムもチェック 【関連記事】

アウトドアでの使い勝手が大きく変わる!

本記事では、固形燃料の種類や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、種類ごとの特徴を把握した上で、下記の3つのポイントを抑えておきましょう。

【1】燃焼時間
【2】保存のしやすさ
【3】ニオイや煙の量


アウトドアにて、バーベキューなどで火起こしをする際に便利な固形燃料。種類によって燃焼時間が違ったり、持ち運びやすさが変わるなど、それぞれに特徴があります。一つひとつを押さえることで、アウトドアでの使い勝手が大きく変わりますので、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


キャンプ用薪ストーブおすすめ11選|テントでも使える!コンパクトなモデルや日本製も!

キャンプ用薪ストーブおすすめ11選|テントでも使える!コンパクトなモデルや日本製も!

最近ではキャンプ用薪ストーブの種類が増えて入手しやすくなりました。キャンプ用の薪ストーブは収納性もよく、持ち運びしやすいのが特長です。ここでは、キャンプライター・中山一弘さんと編集部が選んだ薪ストーブのおすすめと選び方のコツ、使い方についてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

着火剤のおすすめ17選|初心者も火起こししやすいタイプを紹介!

アウトドアの焚火やバーベキューの火起こしを簡単にする着火剤。ロゴス、キャプテンスタッグなどのキャンプメーカーからはもちろん、最近ではダイソーなど100均からも販売されています。本記事では、着火剤の選び方やおすすめ商品をご紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon キャンプファイヤー , アウトドア・キャンプ

ファイヤースターターおすすめ7選|雨天時も簡単に着火できる! 使い方も紹介

ファイヤースターターおすすめ7選|雨天時も簡単に着火できる! 使い方も紹介

アウトドアで火をおこしたい時に便利なのがファイヤースターター。ライターなどの道具とくらべて低温の環境や悪天候の際に強いほか、燃料切れの心配もありません。本記事では、ファイヤースターターを選ぶ時のポイント、おすすめ商品と選び方をご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。

tag icon 焚き火グッズ , キャンプファイヤー , アウトドア・キャンプ

バーベキュー用の炭おすすめ13選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキュー用の炭おすすめ13選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキューやキャンプで便利な燃料といえば炭ですが、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。調理時や後片付けがしやすい、臭いや煙の出ないオガ炭も紹介します。さらamazonやヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , キャンプ用調理器具 , ファミリーキャンプ

メッシュタイプの焚き火台おすすめ5選|耐久性やコンパクトに収納できる便利な商品もご紹介!

メッシュタイプの焚き火台おすすめ5選|耐久性やコンパクトに収納できる便利な商品もご紹介!

環境保護の観点から、地面に直接火を焚く「直火」を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、必需品となってきたのが焚き火台。暖を取る、火を囲んで談笑する、調理するなど多彩に活躍してくれます。この記事では、メッシュタイプの焚き火台のおすすめ商品ご紹介しています。焚き火台の選び方のポイントなども掲載しているので是非、焚き火台選びの参考にしてみてください。

tag icon キャンプ用コンロ・グリル , 焚き火グッズ , 調理器具

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。