【着火剤おすすめ5選】山岳写真家に取材|コスパ良好な商品や低臭タイプなども紹介

【着火剤おすすめ5選】山岳写真家に取材|コスパ良好な商品や低臭タイプなども紹介
山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

焚火に欠かせない、火おこしを簡単にする着火剤。ロゴス、キャプテンスタッグなどから、形状や効果時間、さまざまな着火剤が発売されていますが、自分の使用目的にはどの商品が最適か、迷ってしまうのではないでしょうか。そこで数多くの山でキャンプを経験された山岳写真家・荒井祐介さんへの取材をもとに、おすすめの着火剤をご紹介します。この記事を読んで、タイプ別のメリット・デメリットを理解し自分にあった着火剤を選んでみてください。


着火剤の選び方|山岳写真家に聞く

山岳写真家の荒井裕介さんに、着火剤を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

焚き火のイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

適切な着火剤を選べば面倒な火おこしがかんたんに。

形状と特性を知っておこう

山岳写真家

着火の妨げになる水を防ぐという点で、必要な分だけを使用することができる小わけされたものがおすすめです。

固形タイプならブロックやタブレットに、ジェルタイプならパウチで小わけされており、固形タイプは防水仕様のものがありますし、パウチされたジェルタイプはパウチが水分の侵入を防いでくれます。

水に強ければ着火に関してはもちろん、安全に関しても向上します。固形タイプはそのまま固形燃料として使用できる物もあり悪天候時や薪が手に入らない場合にも安心です。

着火剤のタイプを把握しよう

山岳写真家

着火剤は点火性に優れた特性を持つ素材で作られており、どの着火剤も着火自体は容易に行えます。しかし、おこした火を薪や炭火に移すには、着火剤の熱を効果的に薪や炭火に伝えることが大切です。

そこで注目すべきは燃焼時間です。長く燃焼すればそれだけ多くの熱を薪の周囲こもらせますので、そのぶんより薪に木炭(可燃)ガスの発生をうながすことができます。

低温時、悪天候時も燃焼時間の長いものは、効率よく火起こしができます。ぜひ燃焼時間も比較して選ぶようにしてください。

利用頻度から着火剤を選ぼう

山岳写真家

パウチで小わけされたジェルタイプ、固形タイプのブロックやタブレットはいずれも着火性はよいのですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

着火自体は、パウチが燃えやすい素材でできているジェルタイプが簡単です。焚き火やアウトドア用品の扱いに不慣れな方でも簡単に着火ができるでしょう。

ブロックタイプは着火に少し時間がかかるものの、着火後は嫌な匂いも少なく火が安定することがポイントですね。

タブレットタイプは、着火性ではほかの2つに劣るものの、軽量でサブ燃料としても使えるので、持てる荷物量が限られるバックパッカーにおすすめです。

着火剤おすすめ5選|山岳写真家が選ぶ

うえで紹介した着火剤の選び方のポイントをふまえて、山岳写真家の荒井裕介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

焚き火のイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

着火剤でうまく火がついた炎のゆらめきは心を落ち着かせてくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』

LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』

出典:Amazon

小わけタイプ タブレットタイプ
小わけサイズ 幅40×奥行25×高さ25mm
内容量 21個
燃焼時間 約13~17分

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

山岳写真家

コスパ抜群の着火剤

タブレットタイプでコスパがいい着火剤です。タブレットタイプに多い、燃焼時独特の匂いがせず、1個で最大17分の燃焼が得られます。

固形燃料としても使用できる使い勝手のいい着火剤で、ハイキングからキャンプまで幅広く活躍します。それでいて、価格が安いのが魅力です。また、燃焼時に煙が出ない設計で、雨天時でも着火可能なのも嬉しいポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ )『ファイアロック 着火剤9片入』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『ファイアロック着火剤9片入』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『ファイアロック着火剤9片入』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『ファイアロック着火剤9片入』

出典:楽天市場

小わけタイプ 固形ブロック
小わけサイズ 幅30×奥行40×高さ10mm
内容量 9片
燃焼時間 約10分

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

山岳写真家

定番のキャンプ用着火剤

ワックスを混ぜた圧縮木材繊維をブロック状にした着火剤です。スペースに合わせてブロックを投入して使うオーソドックスなタイプで、量販店での取り扱いが多く、リーズナブルなことも特徴です。

またワックスや圧縮木材など、天然素材で構成されており安心してお使い頂けます。ワックスが含まれているので、木材繊維であっても雨天時にも着火ができ、安定した燃焼が得られます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FIRESIDE(ファイヤーサイド) 『ドラゴン着火剤』

FIRESIDE(ファイヤーサイド)『ドラゴン着火剤』 FIRESIDE(ファイヤーサイド)『ドラゴン着火剤』 FIRESIDE(ファイヤーサイド)『ドラゴン着火剤』 FIRESIDE(ファイヤーサイド)『ドラゴン着火剤』 FIRESIDE(ファイヤーサイド)『ドラゴン着火剤』 FIRESIDE(ファイヤーサイド)『ドラゴン着火剤』

出典:Amazon

小わけタイプ タブレットタイプ
小わけサイズ -
内容量 24個
燃焼時間 約15分

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

山岳写真家

薪ストーブ愛用者も使う着火剤

タブレットタイプの着火剤で、燃焼時間が15分あり固形燃料としても使える着火剤です。その安定性から、薪ストーブ愛用者からも高い支持を受けています。

薪状況に合わせて個数を使いわけられるので、必要な分だけ使用することができる点も魅力。薪のみならず、着火しずらい炭にも使えるので、アウトドアのみならずイベントやご家庭でも活躍します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』

LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』

出典:楽天市場

小わけタイプ ジェルタイプ
小わけサイズ -
内容量 8個
燃焼時間 -

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

山岳写真家

ゼリー状の小分けタイプで安心安全

ジェル状の着火剤をパウチして小わけにした着火剤です。ジェルタイプは燃焼時に誤ってたくさん投入すると思わぬ事故につながることがありますが、このパウチタイプの商品なら、火の様子を見ながら適量を投下できるので安心して使えます。

パウチも破れにくく、かつ着火しやすい素材で取り扱いも簡単で、コスパもいい商品です。焚き火初心者でも安定した燃焼をえることが出来ます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター』

UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブルファイヤースターター』 UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブルファイヤースターター』 UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブルファイヤースターター』 UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブルファイヤースターター』

出典:Amazon

小わけタイプ 固形タイプ
小わけサイズ -
内容量 20本
燃焼時間 約7分

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

山岳写真家

マッチタイプの可愛い着火剤

マッチ箱の様なケースに、三角の着火剤が敷き詰められた可愛い見た目の商品です。

ケースの刷り紙にマッチのように擦り付けるだけで点火できるので、手間いらずでとても扱いやすい着火剤です。

BBQやキャンプにも、ポケットに入れて持ち歩けるので大変便利ですね。

これ1個で点火と着火が可能なので、非常持ち出し袋にも入れてくことをおすすめします。

着火剤をうまく利用して火おこし名人に|山岳写真家よりアドバイス

焚き火のイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

固形タイプはそのまま固形燃料として使用できる物もあるので、悪天候時や薪が手に入らない場合にも安心。

山岳写真家

小わけになっている着火剤は、使用量を把握しやすく、保管もラクで最後までしっかりと使い切ることができます。

しかし、ジェルや液体の着火剤は、すでに炎が上がっている状態で追加すると事故になるケースがあり危険です。

基本的には着火剤は火がついていないことを確認し投入するものですが、小わけになっているジェルタイプでパウチによって燃料が保護されたのものなら、万一火がついている状態で投入しても即座に引火する恐れが少ないです。

安全を考慮して小わけされた各タイプの商品を選ぶように心がけてください。

特徴別に着火剤を5選ご紹介 まだまだあります!

燃料にはさまざまな形状があることが分かりました。ここではいろいろ比べてみたい方のために、「固形タイプ」「ゼリータイプ」などご紹介していきます。

固形タイプ

丸実富士屋『文化たきつけ』

丸実富士屋『文化たきつけ』 丸実富士屋『文化たきつけ』 丸実富士屋『文化たきつけ』

出典:楽天市場

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 18本
燃焼時間 -

コストパフォーマンスにすぐれた固形着火剤

マッチ1本ですぐ火がつくので、火起こしが不安な人でも心配なし。かんたんに手で割ることができ、1本で持続性があり火力が高いしっかりとした火を起こすことができます。

価格も比較的リーズナブルなので、手に取りやすいですね。キャンプやバーベキューが初心者の方や、大人数でのアウトドアで使用するのにぴったりです。

ビガー チャコール プリケット【CAPTAIN STAG】キャプテンスタッグアウトドアネンリョウ・カキ(M6701)*22

ビガーチャコールプリケット【CAPTAINSTAG】キャプテンスタッグアウトドアネンリョウ・カキ(M6701)*22

出典:楽天市場

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 -
燃焼時間 -

着火しやすく好きな大きさに切って使える

必要な分だけを割って使えるため、バーベキューコンロはもちろん、七輪などの小さな調理器具にも利用可能。微妙な火力調整もかんたんです。

着火剤にもなるので、炭と併用して使えば着火もスムーズ、かつ遠赤外線でいつもの料理がさらにおいしさアップしてくれそうです。アウトドア料理の幅を広げてみたい方はぜひ検討してみはいかがでしょうか。

ゼリータイプ

ニチネン『チャッカネン』

ニチネン『チャッカネン』

出典:Amazon

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 240g
燃焼時間 -

チューブタイプで量を調整できるジェル着火剤

木炭への着火に便利なゼリー燃料。メチルアルコールと増粘剤が混合されています。チューブタイプなので量を調整しやすく少量での使用が可能です。

火のつきがよく燃焼も持続性があり、煙も出ないため快適に使用できるでしょう。残りはキャップをしめて保存しておけば乾燥や湿気る心配もありません。長持ちして最後までキレイに使えます。

環境に優しいエコ資源

UNIFLAME(ユニフレーム)『森の着火材』

UNIFLAME(ユニフレーム)『森の着火材』

出典:Amazon

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 12回分
燃焼時間 約7分

間伐材利用で環境にやさしく手を汚さずに使える

間伐材を利用して作った環境に優しい着火材。製品に使用しているパラフィンワックス(蝋)はすべてがリサイクル品です。揮発成分(灯油など)を含んでいないので乾かず、手が汚れず、刺激臭などのイヤなにおいもありません。

固形タイプなので飛び散る心配もなく安心して使えます。一片が約7分かけてゆっくり燃焼するので、急に炎が燃え上がることもありませんよ。

FIRE UP(ファイヤーアップ)『Firelighters drum』

FIREUP(ファイヤーアップ)『Firelightersdrum』 FIREUP(ファイヤーアップ)『Firelightersdrum』 FIREUP(ファイヤーアップ)『Firelightersdrum』 FIREUP(ファイヤーアップ)『Firelightersdrum』

出典:Amazon

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 100個
燃焼時間 約10分

燃焼時のにおいが気にならない

長期保存しても油分が揮発せず、安定した着火性と火力を維持。燃焼時のイヤなにおいも気になりません。バイオマスエネルギーなので環境にもやさしいのがうれしいポイント。

数量は100個入りと多いですが、箱に入っているため永年保存することができます。大人数のキャンプやバーベキューで重宝するのではないでしょうか。

着火剤を使用しなくてもOK!? 着火しやすい炭2選 【番外編】

着火剤を使わなくても着火しやすくなっている炭も多く出まわっています。そのなかから2つご紹介します。

BUNDOK(バンドック)『らくらく 炭』

BUNDOK(バンドック)『らくらく炭』 BUNDOK(バンドック)『らくらく炭』 BUNDOK(バンドック)『らくらく炭』 BUNDOK(バンドック)『らくらく炭』 BUNDOK(バンドック)『らくらく炭』 BUNDOK(バンドック)『らくらく炭』

出典:Amazon

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 2kg
燃焼時間 90分

小さいサイズで火力調節がしやすい燃料

着火剤が不要で、勢いよく燃焼する便利な炭。本来捨ててしまう小さな木炭を特殊な技術で再利用しているので、環境にも配慮された地球にやさしい製品です。

炭の形状も小ぶりなため、こまかな火力調節がしやすいのも魅力的です。ただし燃焼時間は短いため、調理用の燃料というよりは木炭などと併用して使うのがよさそうです。

LOGOS(ロゴス)『エコココロゴス ラウンドストーブ』

LOGOS(ロゴス)『エコココロゴスラウンドストーブ』 LOGOS(ロゴス)『エコココロゴスラウンドストーブ』 LOGOS(ロゴス)『エコココロゴスラウンドストーブ』 LOGOS(ロゴス)『エコココロゴスラウンドストーブ』

出典:Amazon

小わけタイプ -
小わけサイズ -
内容量 2個
燃焼時間 40~60分

即着火で約40~60分燃焼が続く

すぐに着火するので、わずか1分ほどでバーベキューをスタートすることが可能。森林を伐採しないヤシガラ成型炭で、環境にもやさしい製品です。

ひとつひとつのサイズが大きく強火力。1個でステーキを14枚焼けるほどの火力を誇ります。燃焼時間も約40~60分と長く、いつものバーベキューが効率よく楽しめそうです。

「着火剤」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ )『ファイアロック 着火剤9片入』
FIRESIDE(ファイヤーサイド) 『ドラゴン着火剤』
LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』
UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター』
丸実富士屋『文化たきつけ』
ビガー チャコール プリケット【CAPTAIN STAG】キャプテンスタッグアウトドアネンリョウ・カキ(M6701)*22
ニチネン『チャッカネン』
UNIFLAME(ユニフレーム)『森の着火材』
FIRE UP(ファイヤーアップ)『Firelighters drum』
BUNDOK(バンドック)『らくらく 炭』
LOGOS(ロゴス)『エコココロゴス ラウンドストーブ』
商品名 LOGOS(ロゴス)『防水ファイアーライター』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ )『ファイアロック 着火剤9片入』 FIRESIDE(ファイヤーサイド) 『ドラゴン着火剤』 LOGOS(ロゴス)『ゲルネンミニパック』 UCO(ユーコ)『スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター』 丸実富士屋『文化たきつけ』 ビガー チャコール プリケット【CAPTAIN STAG】キャプテンスタッグアウトドアネンリョウ・カキ(M6701)*22 ニチネン『チャッカネン』 UNIFLAME(ユニフレーム)『森の着火材』 FIRE UP(ファイヤーアップ)『Firelighters drum』 BUNDOK(バンドック)『らくらく 炭』 LOGOS(ロゴス)『エコココロゴス ラウンドストーブ』
商品情報
特徴 コスパ抜群の着火剤 定番のキャンプ用着火剤 薪ストーブ愛用者も使う着火剤 ゼリー状の小分けタイプで安心安全 マッチタイプの可愛い着火剤 コストパフォーマンスにすぐれた固形着火剤 着火しやすく好きな大きさに切って使える チューブタイプで量を調整できるジェル着火剤 間伐材利用で環境にやさしく手を汚さずに使える 燃焼時のにおいが気にならない 小さいサイズで火力調節がしやすい燃料 即着火で約40~60分燃焼が続く
小わけタイプ タブレットタイプ 固形ブロック タブレットタイプ ジェルタイプ 固形タイプ - - - - - - -
小わけサイズ 幅40×奥行25×高さ25mm 幅30×奥行40×高さ10mm - - - - - - - - - -
内容量 21個 9片 24個 8個 20本 18本 - 240g 12回分 100個 2kg 2個
燃焼時間 約13~17分 約10分 約15分 - 約7分 - - - 約7分 約10分 90分 40~60分
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 着火剤の売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでの着火剤の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:着火剤ランキング
Yahoo!ショッピング:着火剤ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのおすすめ関連商品はこちら 【関連記事】

本記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、バーベキュー用炭の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。一般的に使うことの多い、入手しやすいものを中心に選んでいただきましたので、ぜひ参考にしてください。

バーベキューに欠かせないのがバーベキューコンロ。家族や友人、同僚との親睦を深めることができ、何よりワイワイ楽しい時間を過ごせます。キャンプ王編集部編集長の忍者タカさんに、6人以上用テーブル型バーベキューコンロの選び方のポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。

アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、卓上バーベキューコンロの選び方とおすすめの商品をご紹介します。卓上タイプはスタンドタイプとくらべて小さくて軽いので、持ち運びや保管がしやすいお手軽アイテムです。

着火剤について5つのポイントをおさらい

1)必要な分だけ使える小分けタイプが便利
2)燃焼時間に注目して選ぶ
3)パウチで小わけされたジェルタイプは、燃えやすく初心者でも扱いやすい
4)固形のブロックタイプは着火後に火が安定しやすい
5)タブレットタイプは軽量でサブ燃料としても使える

ジェルタイプやブロックタイプなど、ひとくちに着火剤といっても種類はさまざま。目的に合った着火剤を見つけて、キャンプやバーベキューをより楽しいものにしてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/04/24 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたんに火を起こせる【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたんに火を起こせる【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


ジェットボイルおすすめ5選|出力最大級! シングルバーナーモデルもご紹介

ジェットボイルおすすめ5選|出力最大級! シングルバーナーモデルもご紹介

テント泊をともなう登山はもちろん、最近多くのファンがいる最小限の装備で旅する「ウルトラライトハイク」などでは、少しでも装備重量を減らしたいもの。テント泊では食料や燃料も持参しなければならないので、そのあたりも軽量化を図りたいものです。そんなとき注目なのが、少ない燃料で効率的にお湯を沸かしたり調理できる『ジェットボイル』というアウトドア用バーナーです。そんなジェットボイルの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺ってみましたので、ご紹介します。


バーベキュー用の炭おすすめ5選|備長炭やオガ炭、黒炭・白炭・成形炭の違いを解説

バーベキュー用の炭おすすめ5選|備長炭やオガ炭、黒炭・白炭・成形炭の違いを解説

アウトドアでの楽しみといえば、みんなでワイワイ盛り上がるバーベキューだという方も多いでしょう。バーベキューで活躍する燃料といえば炭ですが、黒炭、白炭、成型炭など、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。そのため、どんなものを選べばいいのか悩んでしまいますね。本記事では、キャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、バーベキュー用炭の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。一般的に使うことの多い、入手しやすいものを中心に選んでいただきましたので、ぜひ参考にしてきてください。


アウトドア キャンプ用 焚き火台おすすめ21選|定番ブランドや選び方をご紹介!

アウトドア キャンプ用 焚き火台おすすめ21選|定番ブランドや選び方をご紹介!

環境保護の観点から、地面に直接火を焚く「直火」を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、必需品となってきたのが焚き火台。暖を取る、火を囲んで談笑する、調理するなど多彩に活躍してくれます。そんな焚き火台の選び方とおすすめ商品を、アウトドアカフェBASE CAMPの代表で幅広い経験と知識があるエキスパート、A-sukeさんがご紹介します。


ソロキャンプ道具おすすめ9選|最低限揃えておきたいアイテム!

ソロキャンプ道具おすすめ9選|最低限揃えておきたいアイテム!

アウトドアライターが選ぶソロキャンプ道具9選をご紹介します。大自然をひとり占めできる贅沢さが魅力のソロキャンプですが、道具が充実していれば、より、ひとりだけの醍醐味を満喫することができます。この記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんに、ソロキャンプに役立つ道具の選び方と、おすすめの商品を教えてもらいました。自分に合った道具を選んで、ワンランク上のソロキャンプを楽しんでください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る