PR(アフィリエイト)

クレープトンボのおすすめ11選|おうちで本格クレープ!【焼き方のコツも】

クレープトンボのおすすめ11選|おうちで本格クレープ!【焼き方のコツも】
クレープトンボのおすすめ11選|おうちで本格クレープ!【焼き方のコツも】

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年05月26日に公開された記事です。

自宅でクレープを作るときに、クレープトンボはとても便利。生地を均一に薄く伸ばしてプロのような仕上がりに近づきます。

この記事では、クレーブトンボの選び方とおすすめの商品をご紹介します。丸型、角型や木製、竹製など幅広い商品を厳選しました。クレープをうまく焼くコツや、通販サイトの売れ筋人気ランキングも紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね!


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

合同会社HITOOMOI/料理ライター
宮﨑 奈津季
女子栄養大学実践栄養学科卒業。介護食品メーカーで営業を2年経験後、独立。 フリーランスの管理栄養士として、 菓子メーカーの営業代行・商品開発、料理動画サービスのレシピ開発、撮影、記事の執筆を行う。 2019年1月に合同会社HITOOMOIの創業メンバーとして参画。食・健康にかかわるコンテンツ制作など幅広く活動中。誰かのための料理、労わる料理、作り手も気負わない料理を大切にしている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

クレープトンボの選び方 管理栄養士に取材しました

まずはクレープトンボの選び方をチェックしていきましょう。管理栄養士・宮﨑奈津季さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのクレープトンボを選ぶために参考にしてみてくださいね。

クレープ
ペイレスイメージズのロゴ
クレープ
ペイレスイメージズのロゴ

トンボがあると家がたちまちクレープ屋に! おうちでクレープを楽しみましょう

ヘッドパーツの形状から選ぶ

ヘッドパーツの形も、クレープづくりには重要なポイントになってきます。それぞれの形と特徴を見ていきましょう。

「丸型」は初心者におすすめ!

 

クレープトンボに慣れていない人は、まず丸型を選ぶとよいでしょう。ヘッドが円柱になっているため、角度が変わっても、生地やパンに対し均一の力がかかるので、生地が破れにくいという特徴があります。子どもと一緒に焼く際などに向いています。

最初は、少しクレープが厚めになるかもしれませんが、慣れてくるにしたがって、お店で作るような薄いクレープを作れるようになります。

「角型」はお店のように薄く焼ける

 

できるだけ薄いクレープを焼きたいのであれば、角形を選びましょう。思いのままに力加減を調節できるので、薄く滑らかなクレープを焼けます。

ただし、角度や力加減を間違えると破れてしまうこともあるので、焼くときの難易度はあがります。まずは丸型でクレープをうまく焼けるようになってから、ステップアップとして選ぶとよいでしょう。

柄の全長はクレープパンの直径までに収める

 

ヘッドの形が決まったら、柄の長さもチェックしましょう。柄が長すぎても短すぎても扱いにくいもの。目安としては、クレープパンやフライパンの直径と同じくらいのものを選ぶようにしましょう。

実際に使用するキッチンをイメージし、まわりの壁や棚にぶつかるほど長くはないか、クレープを焼いている際に短すぎて手や腕が熱したパンに触れてしまうことがないかを考え、持ちやすい長さのものを選びます。

「ヘッド」はクレープパンの3分の2程度の長さを目安に

 

クレープトンボを選ぶ際に重要なのが、ヘッドの大きさです。クレープパンやフライパンの直径の2/3ほどの大きさが目安です。パンの直径よりもヘッドが大きいとうまく回転させて生地を伸ばすのが難しくなります。また半分以下の大きさだと、何度も伸ばしているうちに生地に火が通ってしまい、うまく焼けないことがあります。

30cmのパンを使うのであれば、ヘッドが18~20cmのクレープトンボを選びましょう。

材質で選ぶ

クレープトンボにはおもに「」と「」が使われています。それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

「木製」は商品の種類が多い

 

木製のクレープトンボは、サイズや柄の長さなどのバリエーションが豊かです。値段も数百円~数千円するものまで幅広く販売されています。まずクレープトンボがどのようなものか使ってみたいという場合に、選ぶとよいでしょう。

ただし、木製は水分が残っているとかびや腐食の原因となるので、使用後はしっかりと洗って、水気を切り、乾燥した場所で保管するように気をつけてください。

「竹製」は抗菌作用があり清潔に使える

 

クレープトンボを長く衛生的に使うのであれば、竹製のものがよいでしょう。竹には抗菌作用があり、カビなどが発生しにくい素材です。また竹はしなやかで耐久性もあり、劣化しにくいという特徴も。

素材自体が軽いので、クレープパーティや屋台などでクレープを焼き続ける際には、竹製を選ぶと腕や肩への負担も減るかもしれません。

おうちでクレープを楽しめるアイテム! 管理栄養士がアドバイス

合同会社HITOOMOI/料理ライター:宮﨑 奈津季

合同会社HITOOMOI/料理ライター

クレープトンボがあると、一気におうちでクレープ屋さんの気分になれます。はじめて使うのであれば、木製で丸型のものがおすすめです。

フライパンのサイズによっては使いにくい場合もあるので、小さめのサイズを購入しましょう。

クレープトンボのおすすめ11選 管理栄養士・宮﨑奈津季さんと編集部が選んだ

選び方をふまえて、管理栄養士・宮﨑奈津季さんと編集部が選んだクレープトンボをご紹介します。

合同会社HITOOMOI/料理ライター:宮﨑 奈津季

合同会社HITOOMOI/料理ライター

クレープハウスぷち『クレープ鉄板用トンボ』は、まさにお店のように薄いクレープを作りたい方におすすめ。

子どもと一緒に使うのであれば、中央産業『家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型(木製)』がいいでしょう。

耐久性のあるものがいい場合は、竹製のマルサンパントリー『クレープ用竹とんぼ角型』を。サイズが大きめなので、購入の際には自宅のフライパンやホットプレートに合う大きさかどうかチェックしておきましょう。

エキスパートのおすすめ

中央産業『家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型(木製)』

小型で子どもと一緒に使える

ヘッドが14cmと小ぶりで、丸型のヘッドは、角度を変えても均一に力が加わるので、初心者でも生地をしっかりと伸ばせるでしょう。また30gという軽さのため、子どもでも扱いやすく、家庭用のフライパンでのクレープ作りも楽しくなりそうです。

長く使用するためにも、使用後はしっかりと洗って乾かしてから保管することを心がけましょう。

サイズ ヘッド14.5×柄20cm
先端の形 丸型
素材

サイズ ヘッド14.5×柄20cm
先端の形 丸型
素材

エキスパートのおすすめ

マルサンパントリー『クレープ用竹とんぼ角型(812225)』

耐久性のある竹製トンボ

製菓・製パン材料を取り扱うマルサンパントリーのクレープトンボです。ヘッドは約20cmと少し大きめ、柄も約30cmあるので、コンロのまわりのものに当たらないように注意が必要でしょう。

抗菌作用のある竹でできていて、耐久性もあるので、長くクレープを焼きたい人におすすめ。角形になっているので力加減の調節が必要ですが、素早く美しいクレープ生地を焼けます。

サイズ ヘッド19.5×柄27.5cm
先端の形 角形
素材

サイズ ヘッド19.5×柄27.5cm
先端の形 角形
素材

遠藤商事『クレープ用トンボ 角型(GKL-11)』

業務用厨房用品メーカーがつくったクレープトンボ

多くの家庭用、業務用キッチンアイテムを製造販売している遠藤商事のクレープトンボです。業務用のため、ヘッドも20cmとワイド。家庭では大型のフライパンやホットプレートでの使用に向いています。

角形のヘッドのため慣れるまでは練習が必要ですが、慣れてくると思うように薄いクレープが焼けるのでどんどん楽しくなってきそうです。

サイズ ヘッド20.3×柄20cm
先端の形 角型
素材

サイズ ヘッド20.3×柄20cm
先端の形 角型
素材

SEISIN『クレープ用トンボ クレープスプレッダー』

SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』 SEISIN『クレープ用トンボクレープスプレッダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

クレープをはがすスパチュラもセットになった

こちらは、クレープ生地を伸ばすトンボに、焼きあがった生地を皿などに移動するためのスパチュラがセットになった便利な商品です。どちらも天然木で作られており、ホットプレートでの使用も可能。

スパチュラは持ち手なども初心者に使いやすい角度になっています。クレープ以外にもパンケーキやガレットづくりに重宝します。

サイズ 12.5×20.2cm
先端の形 丸型
素材 天然木製

サイズ 12.5×20.2cm
先端の形 丸型
素材 天然木製

エキスパートのおすすめ

クレープハウスぷち『クレープ鉄板用トンボ』

クレープ店がつくったクレープトンボ

30年以上のクレープ販売の実績があるクレープ販売ぷち。そのノウハウを生かして作ったクレープトンボです。ヘッドが角形のため、扱いに慣れてくると、お店で出てくるような薄くて滑らかな生地を作れるようになります。

また、公式HPでは動画でクレープづくりを解説しているので、動画を見ながら一緒に焼くと、早くマスターできるかもしれません。

サイズ ヘッド20×柄20cm
先端の形 角型
素材 -

サイズ ヘッド20×柄20cm
先端の形 角型
素材 -

Mayitr『クレープスプレッダー 木製』

Mayitr『クレープスプレッダー木製』 Mayitr『クレープスプレッダー木製』 Mayitr『クレープスプレッダー木製』 Mayitr『クレープスプレッダー木製』 Mayitr『クレープスプレッダー木製』 Mayitr『クレープスプレッダー木製』
出典:Amazon この商品を見るview item

小ぶりで使いやすいビギナー向け

こちらの商品は、こぶりでコスパも高いので、はじめてクレープトンボを選ぶ際にぴったり。12cmのヘッドは小まわりが利くので、家庭用の小さなフライパンを使ってきれいなクレープを焼けます。ホームパーティで焼きたてのクレープをふるまえそう。

木製なので軽く、柄の長さもコンパクト。収納にも場所を取りません。

サイズ ヘッド12×柄15.5cm
先端の形 丸型
素材

サイズ ヘッド12×柄15.5cm
先端の形 丸型
素材

高儀『木製クレープトンボ 丸 ミニ』

高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』 高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』 高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』 高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』 高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』 高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』 高儀『木製クレープトンボ丸ミニ』
出典:Amazon この商品を見るview item

柄が長いので、焼いているあいだも熱を受けにくい

ヘッドは20cmで家庭用フライパンにも対応しています。同サイズのヘッドを持つクレープトンボより柄が少し長いので、パンからの熱も伝わりにくく、子どもと一緒に作業できます。

ヘッドは丸型で、初心者にも使いやすいタイプ。使用前に水につけておくと、生地を伸ばす際にもくっつかず、らくに伸ばせます。

サイズ ヘッド16×柄23cm
先端の形 丸型
素材

サイズ ヘッド16×柄23cm
先端の形 丸型
素材

ナガオ『クレープ トンボ 角』

ナガオ『クレープトンボ角』 ナガオ『クレープトンボ角』 ナガオ『クレープトンボ角』
出典:Amazon この商品を見るview item

お店のような薄さを求めるのにぴったりの角形トンボ

こちらは、ヘッドが角形になっているので、力の加減がしやすく、お店で食べるような薄いクレープ生地を焼きたい人にぴったりです。30cmほどのフライパンなどを使って大判の生地を焼けます。

ただし、柄の部分が25cmあるので、クレープを焼く際には、スムーズにクレープ生地を伸ばすためにも周囲のものに当たらないように配慮して焼くことが大切です。

サイズ 20.1×25cm
先端の形 角形
素材 天然木製

サイズ 20.1×25cm
先端の形 角形
素材 天然木製

高儀『木製クレープトンボ 角』

高儀『木製クレープトンボ角』 高儀『木製クレープトンボ角』 高儀『木製クレープトンボ角』 高儀『木製クレープトンボ角』
出典:Amazon この商品を見るview item

お店で出される薄さに近づける? 角型トンボ

業務用として定評のあるメーカーの製品で、さらに職人的技術が活かせる角形のクレープトンボです。同じシリーズで丸形もあります。

ヘッドは20cmと大型。幅も丸型のものより広いので、最初は扱いに戸惑うかもしれません。しかし慣れてきたら、大きめのフライパンやクレープパンをひと滑りさせて、きれいなクレープを作れます。

サイズ ヘッド20×柄25cm
先端の形 角形
素材

サイズ ヘッド20×柄25cm
先端の形 角形
素材

山下工芸(Yamasita craft)『竹製クレープベラ(26749)』

山下工芸(Yamasitacraft)『竹製クレープベラ(26749)』 山下工芸(Yamasitacraft)『竹製クレープベラ(26749)』 山下工芸(Yamasitacraft)『竹製クレープベラ(26749)』 山下工芸(Yamasitacraft)『竹製クレープベラ(26749)』
出典:Amazon この商品を見るview item

放置竹林の保護をサポートするクレープベラ

山下工芸は、間伐材や放置竹林の整備によって出た竹材など天然素材を利用した製品を企画製造しています。同社の竹製クレープベラのそのひとつ。しなやかで抗菌作用もある竹を使用したクレープベラは軽く、長時間使用しても疲れません。

ヘッドは角形になっていて、絶妙な力加減により薄いクレープを焼くことができます。また10cmという小ぶりのヘッドなので、家庭用のフライパンに使用可能です。

サイズ 100×150mm
先端の形 角形
素材 竹(ウレタン塗装)

サイズ 100×150mm
先端の形 角形
素材 竹(ウレタン塗装)

雅漆工芸『クレープ用トンボ 桧(5-44-11)』

桧(ひのき)を使用したクレープトンボ

桧は木材として加工した際の美しさと、その芳香が昔から知られてきました。また耐久性や抗菌作用もあり、長く使えるクレープトンボを探している人にピッタリです。

ヘッドは21cmと若干ワイドなので、家庭では大判のフライパンでクレープを作るのに向いています。また丸型のほかに、角形のヘッドも販売されているので、クレープ作りに慣れている人はそちらを選ぶとよいでしょう。

サイズ 210×275mm
先端の形 丸型
素材 木(桧)

サイズ 210×275mm
先端の形 丸型
素材 木(桧)

「クレープトンボ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
中央産業『家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型(木製)』
マルサンパントリー『クレープ用竹とんぼ角型(812225)』
遠藤商事『クレープ用トンボ 角型(GKL-11)』
SEISIN『クレープ用トンボ クレープスプレッダー』
クレープハウスぷち『クレープ鉄板用トンボ』
Mayitr『クレープスプレッダー 木製』
高儀『木製クレープトンボ 丸 ミニ』
ナガオ『クレープ トンボ 角』
高儀『木製クレープトンボ 角』
山下工芸(Yamasita craft)『竹製クレープベラ(26749)』
雅漆工芸『クレープ用トンボ 桧(5-44-11)』
商品名 中央産業『家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型(木製)』 マルサンパントリー『クレープ用竹とんぼ角型(812225)』 遠藤商事『クレープ用トンボ 角型(GKL-11)』 SEISIN『クレープ用トンボ クレープスプレッダー』 クレープハウスぷち『クレープ鉄板用トンボ』 Mayitr『クレープスプレッダー 木製』 高儀『木製クレープトンボ 丸 ミニ』 ナガオ『クレープ トンボ 角』 高儀『木製クレープトンボ 角』 山下工芸(Yamasita craft)『竹製クレープベラ(26749)』 雅漆工芸『クレープ用トンボ 桧(5-44-11)』
商品情報
特徴 小型で子どもと一緒に使える 耐久性のある竹製トンボ 業務用厨房用品メーカーがつくったクレープトンボ クレープをはがすスパチュラもセットになった クレープ店がつくったクレープトンボ 小ぶりで使いやすいビギナー向け 柄が長いので、焼いているあいだも熱を受けにくい お店のような薄さを求めるのにぴったりの角形トンボ お店で出される薄さに近づける? 角型トンボ 放置竹林の保護をサポートするクレープベラ 桧(ひのき)を使用したクレープトンボ
サイズ ヘッド14.5×柄20cm ヘッド19.5×柄27.5cm ヘッド20.3×柄20cm 12.5×20.2cm ヘッド20×柄20cm ヘッド12×柄15.5cm ヘッド16×柄23cm 20.1×25cm ヘッド20×柄25cm 100×150mm 210×275mm
先端の形 丸型 角形 角型 丸型 角型 丸型 丸型 角形 角形 角形 丸型
素材 天然木製 - 天然木製 竹(ウレタン塗装) 木(桧)
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クレープトンボの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのクレープトンボの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クレープトンボランキング
Yahoo!ショッピング:業務用クレープ焼き器ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

クレープを上手に焼くコツを紹介!

クレープ生地をのばす
Pixabayのロゴ
クレープ生地をのばす
Pixabayのロゴ

おいしいクレープを作るポイントは、クレープトンボで愛情をこめてクレープ生地を伸ばしていくこと。

クレープを焼く前にクレープトンボを水につけておくと、クレープ生地がトンボにくっつくことなく、きれいに焼けます。

焼く際には、できるだけ力を抜き、フライパンのうえにクレープ生地を滑らせて伸ばすようにしましょう。このとき、はじめはトンボの柄の下のほうを持ち、段々と手を柄の上のほうに滑らせて焼いてみてください。最後は、クレープパンと平行になるようにトンボを寝かせていくことを意識すると薄く焼き上がります。そのとき、やけどには十分気を付けてくださいね。

力を入れすぎると、クレープが破れたり厚みが均等ではなくなり焦げてしまうので注意しましょう。

また、新品のクレープトンボには繊維がけば立った状態で残っていることもあるので、あらかじめやすりなどで滑らかにしておくとバッチリです!

きれいにクレープを焼くならこちらもチェック

自宅で手軽にクレープに挑戦!

クレープの材料はとてもシンプル。だからこそ、生地の薄さが味のポイントとなってきます。最初は、焦げたり破れたりすることもあるかもしれませんが、失敗をおそれずにクレープトンボの扱いに慣れましょう。

少し自信がついてきたら、家族や親しい人を集めてクレープパーティをするのも楽しいかもしれません。気の置けない仲間においしいクレープを食べてもらうためにも、素材やサイズをチェックしながら、手にしっくりとくるクレープトンボを選びましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button