パラソルタープおすすめ5選|キャンプや海水浴で活躍!【うれしいUVカットも】

パラソルタープおすすめ5選|キャンプや海水浴で活躍!【うれしいUVカットも】

パラソルタープは開くだけで日よけができるうえ、タープよりもかんたんに設置ができ、キャンプや海水浴だけではなく自宅の庭などでも使えるアイテムです。また、着替える場所がない場合、UVカット対策、急な雨や風にも対応可能です。

本記事では、登山愛好家でカメラマンの山崎友貴さんと編集部が、パラソルタープを選ぶポイントおすすめ商品をご紹介します。


目次

フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

パラソルタープを選ぶポイント

それでは、パラソルタープの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】形状や重さをチェック
【2】通気窓の有無を確認
【3】収納時のサイズも考慮


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】形状や重さをチェック

パラソルタープを安全かつ快適に使用するには、形状や重さが重要です。日差しをしっかり遮り、ちょっとくらいの風では飛ばされない安定感があるといいですね。ここでは、パラソルタープの形状と重さについて解説していきます。

▼地面にしっかりとさせるポールの形状が◎

 

パラソルタープは、パラソルとして立てて使うこともできますが、本体を寝かせ支柱を地面にさして使うことがほとんど。支柱は1本だけですが、しっかりと地中にさすことで安定感が増すので、多少の風なら倒れてしまうことはありません。

海辺のような風が強い場所では、深くさし込まないと飛ばされてしまうので、注意が必要です。また、かたい地面にさすときは力が必要なので気をつけましょう。

▼重量は軽すぎないほうが安定感アップ

 

持ち運ぶことを考えると軽いものを選びたいところですが、安定感を求めるなら軽すぎないものがおすすめです。軽すぎるものは風の影響を受けやすく、飛ばされやすいのが難点。万が一のケガや事故を防止するためにも、安全に固定することが大切です。重量は3.5~4kg程度を目安にするといいでしょう。

持ち運びのしやすさを重視するか、安定性を重視するか悩むところではあります。使うシーンや移動手段によっても変わってくるので、自分に合ったものを選びましょう。

【2】通気窓の有無を確認

 

パラソルタープは地面に接地している部分が多く、熱がこもりやすいのが難点。テントと比べると密閉されてはいませんが、通気口があると風通しがさらによくなって快適に過ごすことができます。赤ちゃんや小さなお子さんの熱中症が気になるという方は、通気口のあるパラソルタープのほうが安心です。

【3】収納時のサイズも考慮

 

パラソルタープのメリットは、タープやテントよりもコンパクトで、パラソルよりも日差しを遮ることができるところ。車での移動なら問題ないかもしれませんが、自転車や公共交通機関を使って移動する際は、折りたたんだ際のサイズが小さいほうが持ち運びに便利です。購入する際は、収納時のサイズや総重量をチェックしましょう。

パラソルタープは風に弱いので、しっかりと対策を 登山愛好家がアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

傘のようにかんたんに広げられて気軽に使えるパラソルタープ。スタンドを購入すれば、垂直に立ててガーデンパラソルとしても使うことができます。

弱点は風に弱いこと。砂地などではペグが利かないため、海で使う場合は飛ばされないためのオモリを購入することをおすすめします。また、UVカット機能を持つ生地を使用している商品もあるので、女性が選ぶときのポイントになるのではないでしょうか。

パラソルタープおすすめ5選

ここでは、一般的・おしゃれなパラソルタープをご紹介します。多彩なシーンで使用できるものから、多機能なものまでさまざま。パラソルタープとパラソルテントの中間的なアイテムもあります。選ぶときのポイントを参考に、使いやすいパラソルタープを選んでみましょう。

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『フリット UVカットウィングパラソル240cm(M-1601)』

軽量&コンパクトな2WAY仕様のパラソルタープ

軽量でパラソルとしても使用できる2WAY仕様。外径240cmの大型パラソルに、日差しをよける裾がついています。骨組みは頑丈なグラスファイバーで、傘の内側はシルバーコーティング。日差しをはねのけて紫外線カットしつつ、熱もこもりにくくなっています。

収納時は直径10×長さ130cmとコンパクト。重量も2.0kgと軽量です。持ち運びがしやすく、車のちょっとしたスペースにスッポリ入るサイズ感。風が弱いときはパラソルとして立てて使えるので、ビーチや自宅の庭でも使えそうですね。

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『フリット パラソルシェード180cm(UD-53)』

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)ビーチテントサンシェードフリットパラソルシェード180cmネイビー×ブルーUD-53 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)ビーチテントサンシェードフリットパラソルシェード180cmネイビー×ブルーUD-53 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)ビーチテントサンシェードフリットパラソルシェード180cmネイビー×ブルーUD-53 キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)ビーチテントサンシェードフリットパラソルシェード180cmネイビー×ブルーUD-53

出典:Amazon

支柱をなくして広い空間をつくった新しいスタイル

支柱をなくした新しいスタイルのパラソルシェードです。地面に接地させて使う点は同じですが、支柱をなくすことでより広い空間を実現。幅188×奥行140×高さ115cmと小さめのサイズですが、支柱がないので広々と使える構造になっています。

コンパクトサイズなので、海や山だけでなく自宅の庭でも使いやすくおすすめです。広げるのもたたむのもかんたん。重さも1.2kgと軽量なので、女性でも持ち運びや設置がしやすいでしょう。

『パラソル シェルター テント』

RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季 RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季 RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季 RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季 RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季 RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季 RJKQZJ伸縮釣りパラソル大型折りたたみテント360度回転防水防風断熱2m日除けガーデンキャンプアウトドアシェルターテントUVカット撥水簡易サンシェード四季

出典:Amazon

多目的&多彩なシーンで使い勝手抜群

多目的に使えるパラソルシェードテントです。2層屋根になっているので天井部分の風通しがよく、吹き上げるような風でも飛ばされてしまう心配はありません。パラソルの周囲を覆うカーテンが付属しており、急な雨や風、紫外線を防ぎます。冬の釣りでも風よけとして使えますね。

カーテンはジッパーつきで、なかが見えないようになっているので、簡易トイレや着替えなどにも便利。日差しに合わせて、傘部分の向きも調整できます。多彩なシーンで使える、使い勝手が抜群にいいパラソルタープです。

『パラソルタープ ハイタイプ スタンド付き(lxy19-0606)』

パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業 パラソルタープハイタイプスタンド付きテント紫外線防止UVカット日焼け対策アウトドア釣り屋外作業

出典:Amazon

2層屋根と風穴で風通しがいい多目的パラソルタープ

多目的に使えるパラソルタープです。パラソル全体を覆うことができるカーテンつきで、急な雨や風を防いだり、強い日差しをよけることができます。また、海や山で着替える場所がないときにも便利。パラソルの角度が自由に調節でき、日差しに合わせて向きを変えられます。

風にあおられるのを防ぐ風穴と2層屋根の構造で、風通しがよく快適に過ごせます。シルバーコーティングされているので紫外線もカット。幅が200cmあって広々とした空間になっているので、ファミリーにもおすすめです。

SKLZ(スキルズ)『スポーツブレラ(0849102078971)』

Sport-Brella(スポーツブレラ)パラソルサンシェードレッド Sport-Brella(スポーツブレラ)パラソルサンシェードレッド Sport-Brella(スポーツブレラ)パラソルサンシェードレッド Sport-Brella(スポーツブレラ)パラソルサンシェードレッド Sport-Brella(スポーツブレラ)パラソルサンシェードレッド Sport-Brella(スポーツブレラ)パラソルサンシェードレッド

出典:Amazon

風があっても安定感◎ 風通しのよさが自慢!

2層屋根の構造で風通しがよく、安定感のあるパラソルタープです。サイドの2カ所にロールアップできる大きな窓がついていて、さらに屋根にも空気穴が。風がパラソルのなかを抜けるように通っていくので、風にあおられにくい構造になっています。

重量は4.1kgとすこし重めですが、その分安定感がアップします。UPF(紫外線防止指数)50+で紫外線を大幅カット。海や山など紫外線が気になる場所にもおすすめです。収納時のサイズは幅9×長さ138cmと、持ち運びにも家での保管にも、さほど気にならない大きさですよ。

「パラソルタープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『フリット UVカットウィングパラソル240cm(M-1601)』
CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『フリット パラソルシェード180cm(UD-53)』
『パラソル シェルター テント』
『パラソルタープ ハイタイプ スタンド付き(lxy19-0606)』
SKLZ(スキルズ)『スポーツブレラ(0849102078971)』
商品名 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『フリット UVカットウィングパラソル240cm(M-1601)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『フリット パラソルシェード180cm(UD-53)』 『パラソル シェルター テント』 『パラソルタープ ハイタイプ スタンド付き(lxy19-0606)』 SKLZ(スキルズ)『スポーツブレラ(0849102078971)』
商品情報
特徴 軽量&コンパクトな2WAY仕様のパラソルタープ 支柱をなくして広い空間をつくった新しいスタイル 多目的&多彩なシーンで使い勝手抜群 2層屋根と風穴で風通しがいい多目的パラソルタープ 風があっても安定感◎ 風通しのよさが自慢!
サイズ 使用時:(約)幅240×奥行240×高さ220cm、収納時:(約)幅10×奥行10×高さ130cm 使用時:(約)幅188×奥行140×高さ115cm、収納時:(約)幅12×奥行12×高さ110cm 使用時:(約)幅197×奥行197×高さ207cm、収納時:(約)幅 - ×奥行 - ×高さ - cm 使用時:(約)幅200×奥行200×高さ220cm、収納時:(約)幅 - ×奥行 - ×高さ124cm 使用時:(約)幅244×奥行244×高さ127~173cm、収納時:(約)幅9×奥行9×高さ138cm
重量 約2.0kg 約1.2kg 約2.1kg 約3.7kg 約4.1kg
先端のとがり - - - - -
通気窓 × × ×(窓はないが屋根が2層構造で風通しはいい)
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする パラソルタープの売れ筋をチェック

Amazonでのパラソルタープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:パラソルタープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

使用シーンや移動手段を考慮する

パラソルタープのおすすめ商品をご紹介しました。

パラソルタープを選ぶには、使用シーンや移動手段などを考慮するのがポイント。また、人数に合ったサイズも考えると選びやすいかもしれませんね。

ぜひ、自分に合ったパラソルタープを選んでレジャーを楽しみましょう!

【関連記事】パラソルタープに関連する記事はこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


シリコンボトルおすすめ11選【折りたたんでコンパクトに】人気のvivなど!

シリコンボトルおすすめ11選【折りたたんでコンパクトに】人気のvivなど!

軽くて持ち運びに便利なシリコンボトルは、使い終わったらコンパクトに畳んで収納できるアイテムです。本記事では、シリコンボトルのおすすめ商品と選び方をご紹介します。シンプルで機能的なものからかわいいキャラクターデザインまで幅広くご紹介します!

tag icon キャンプ用皿・コップ・カトラリー , キャンプ用調理器具 , アウトドア・キャンプ

サバイバルシートおすすめ14選|SOL・モンベルなど厳選! 寝袋タイプも

サバイバルシートおすすめ14選|SOL・モンベルなど厳選! 寝袋タイプも

サバイバルシートはアルミ蒸着などを施した銀色および金色のフィルム状の商品で、体温を輻射(ふくしゃ)して保温することができるシートです。アウトドア以外に災害時や遭難時にも体温低下を防ぐためにエマージェンシーシートとして使用します。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表のA-sukeさんと編集部が厳選したサバイバルシートのおすすめと選び方についてご紹介します。後半に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

tag icon コット・ハンモック・マットレス・マット , 寝袋・シュラフ , 登山・トレッキング

チタンカップおすすめ17選|アウトドアや自宅で活躍!【プレゼントにも】

チタンカップおすすめ17選|アウトドアや自宅で活躍!【プレゼントにも】

この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が、チタンカップの選び方、おすすめの17選をご紹介します。アウトドア食器用品のひとつとして知られるチタンカップ。その軽さと実用性の高さから、自宅用やプレゼント用に購入する方も多くなっているようです。直火対応や保温・保冷対応のタイプや、機能やデザインもブランドによってさまざま。記事後半には、お手入れ方法やアルミ臭の除去方法、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon グラス・コップ類 , 食器・カトラリー , キッチン用品

アウトドア用斧おすすめ13選|ハスクバーナ、ハルタホースなど厳選

アウトドア用斧おすすめ13選|ハスクバーナ、ハルタホースなど厳選

クラフトや焚きつけ作りに便利なアウトドア用の斧は、キャンプやブッシュクラフトでも活躍します。大きさやメーカーによって「アウトドアアックス」や「フィールドアックス」「ハチェット」など呼び名が異なるうえ、こまかい作業向けのものや薪割り向けのものなど種類がさまざまです。ここでは、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が厳選したアウトドア用の斧のおすすめと選び方をご紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 焚き火グッズ , キャンプ用薪・炭・着火剤・火おこし器 , 工具

【軽量&コンパクト】焚き火台のおすすめ3選|おしゃれなソロ向けを紹介!

【軽量&コンパクト】焚き火台のおすすめ3選|おしゃれなソロ向けを紹介!

アウトドアブランドのディレクションやPRなどに携わっている山田昭一さんにおすすめの焚き火台を教えてもらいました。さまざまな種類がある中で、最近愛用しているのが、軽量かつコンパクトな焚き火台とのこと。持ち運びしやすいだけでなく、壊れにくいタフさも兼ね備えているタイプもあるようです。アウトドアに精通した山田さんが選ぶギア選びをぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon キャンプ用コンロ・グリル , 焚き火グッズ , キャンプ用調理器具

関連するブランド・メーカー


CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。