レジャーシートおすすめ17選|バッグ一体型や洗える防水タイプまで

LOGOS(ロゴス)『土禁スペース砂よけマット』
出典:Amazon

レジャーシートは、キャンプやピクニックはもちろん、夏のレジャーである海水浴、子供の遠足や運動会など、年間を通して使う機会の多いアイテムです。

本記事では、レジャーシートの選び方や、アウトドアブランドの本格レジャーシート、テーブルクロスや室内カーペットとしても役立つ商品をご紹介。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

レジャーシートの選び方

それでは、レジャーシートの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】使用人数に合わせた大きさ
【2】座り心地
【3】機能性
【4】お手入れのしやすさ
【5】デザイン
【6】持ち運びやすさ


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『レジャーシートのおすすめ商品』を今スグみる

【1】使用人数に合わせた大きさをチェック

 

大きさは重要なチェックポイントです。ファミリーやカップルで使う場合、使用人数に対して大きすぎず小さすぎずを意識しましょう。

余裕をもちすぎて大きすぎるものを選ぶと、風でかんたんにめくれあがったり、スペースを余分にとってしまったりして周囲に迷惑をかけることもあります。

多くの商品には目安の使用人数が表示されていますのでチェックしてください。あくまで目安ですが、縦幅を160~180cmとし、横幅40~50cmくらいをひとり分の専有面積としてみるとちょうどいいでしょう。

【2】座り心地をチェック

 

運動会やお花見、花火大会など場所によってはかたい土やコンクリートのうえにレジャーシートを敷く機会もあるでしょう。固い地面やデコボコがある場所では、お尻が痛くなってしまって長時間座れないことも。

厚手タイプやシートのなかにスポンジを使用しているものなど、クッション性の高いタイプを選べば、座り心地もよく快適に過ごせますよ。

【3】機能性をチェック

 

レジャーシートにもさまざまな機能と工夫がなされているものが普及するようになりましたが、とくに重要なのが防水性です。

地面に直接敷くとなれば、防水性がないと場所によって表側に水がしみ出てきたりします。この防水機能は地面からの冷気を和らげてくれるので重要です。

もうひとつの便利な機能はシートのコーナーにペグを刺すことができるタイプ。これで風のめくれ上がりを防ぐことができます。

またシートを小さくするための収納の工夫も大事で、たたんでパッキングができるものや、収納バッグに入るものなど事前によく調べておきましょう。

【4】お手入れのしやすさをチェック

 

レジャーシートは地面に直接敷いて使うので、どうしても土や砂がついたり、汚れが気になってしまいます。水洗いできたり、洗剤で汚れを拭き取れるタイプのものならお手入れもしやすく、長く愛用できます。

とくに肌触りのよいファブリックタイプのレジャーシートは、繊維に土や砂が入ると落ちづらいため、洗えるかどうかもチェックして購入するとよいでしょう。

【5】デザインをチェック

 

レジャーシートは実用性で選ぶことはもちろんですが、名前のとおり楽しいレジャーを演出してくれる大事な道具でもあります。

表地の柄やデザインのオシャレさは、性能や機能とともに大切なチェックポイント。チェック柄、プリント柄、エスニック柄など、好みや使用するシチュエーションとのマッチングを考えて楽しくチョイスしてください。

【6】持ち運びやすさをチェック

 

キャンプやBBQなどアウトドアレジャーではなにかと荷物が多くなりがちです。また、小さな子どもを自転車に乗せて出かける公園遊びもなるべく荷物を少なくおさえたいですね。

コンパクトに収納できたり、持ち手つきのレジャーシートなら荷物の多い日でも安心。なかにはレジャーシート自体がトートバッグに変身するユニークな商品もあります。利用するシーンをイメージして購入するとよいでしょう。

レジャーシートおすすめ17選

レジャーシートの選び方のポイントをふまえて、さまざまなタイプのレジャーシートをご紹介します。デザインや機能性などそれぞれの特徴をチェックして自分にあったレジャーシートを見つけてみてくださいね。

Coleman(コールマン)『レジャーシート』

コールマン(Coleman)レジャーシートサンセット2000026870 コールマン(Coleman)レジャーシートサンセット2000026870 コールマン(Coleman)レジャーシートサンセット2000026870

出典:Amazon

ファミリーにピッタリの大きさと実用性

表地はサラッとした起毛素材、裏地は防水性が高いPVCが施されたファミリーにちょうどいいサイズのレジャーシートです。表地と裏地の間にはPUフォームがあり、座り心地にも配慮されています。

OutPort(アウトポート)『レジャーシート 厚手 200×200cm』

OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青) OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青) OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青) OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青) OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青) OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青) OutPortレジャーシート厚手200×200cm防水コンパクト(青)

出典:Amazon

見た目もかわいい、大きめのレジャーシート

大きめサイズがほしいファミリーなどにおすすめの200×200cmのレジャーシートです。これなら大人4人が寝転がってもまだスペースに余裕があるでしょう。見た目がタータンチェックなのもオシャレです。

MILESTO(ミレスト)『UTILITY PE 3WAYシートバッグ(MLS521)』

milesto(ミレスト)PEシリーズ3WAYシートバッグMLS521折り畳み式大容量マルチトート(カーシート・レジャーシートになる3WAY)(id0a219)*バレンタインギフト milesto(ミレスト)PEシリーズ3WAYシートバッグMLS521折り畳み式大容量マルチトート(カーシート・レジャーシートになる3WAY)(id0a219)*バレンタインギフト milesto(ミレスト)PEシリーズ3WAYシートバッグMLS521折り畳み式大容量マルチトート(カーシート・レジャーシートになる3WAY)(id0a219)*バレンタインギフト

出典:楽天市場

シートが巨大バッグに変身!

サイドのジッパーを締めてバックルで固定すると、巨大なトートバッグに変身するユニークな商品です。耐荷重が30kgで容量は180Lもあるバッグで、PE製のしっかりした防水素材。

Matador『Pocket Blanket Version2』

マタドールMatadorポケットブランケット2.0レジャーシートコンパクト撥水2〜4人用ブランケット軽量MATL3001GPocketBlanket夏休み マタドールMatadorポケットブランケット2.0レジャーシートコンパクト撥水2〜4人用ブランケット軽量MATL3001GPocketBlanket夏休み マタドールMatadorポケットブランケット2.0レジャーシートコンパクト撥水2〜4人用ブランケット軽量MATL3001GPocketBlanket夏休み

出典:楽天市場

ポケットサイズの超コンパクトなレジャーシート

どこでも持ち歩いて使える、コンパクトなレジャーシートを探す方におすすめしたいのが『Matador Pocket Blanket Version2』です。サイズは2人用にちょうどいい160×112cm。防水性もある丈夫なシートの薄さはたった0.09mmで、重量は108g。折りたためば約10cm四方とほぼ手のひらに収まるほどコンパクトです。

viaggio+(ビアッジオプラス)『ピクニックシート』

【めざましランキング1位】レジャーシート厚手大きいクッションモノトーン190×200おしゃれ5〜6人大判ペグ穴付きピクニックシート遠足運動会防水アウトドア洗える手洗いショルダーyctviaggio+ 【めざましランキング1位】レジャーシート厚手大きいクッションモノトーン190×200おしゃれ5〜6人大判ペグ穴付きピクニックシート遠足運動会防水アウトドア洗える手洗いショルダーyctviaggio+ 【めざましランキング1位】レジャーシート厚手大きいクッションモノトーン190×200おしゃれ5〜6人大判ペグ穴付きピクニックシート遠足運動会防水アウトドア洗える手洗いショルダーyctviaggio+

出典:楽天市場

いつでも清潔に! 洗えるレジャーシート

レジャーシートについた汚れをジャブジャブと気持ちよく洗うことができる!とっても清潔で画期的なアイテムです。いつでも洗えるから、ピクニックや遠足のときなど、汚れがついていても気にする必要がありませんよ。

Water Pocket(ウォーターポケット)『レジャーシート』

【メール便OK】【おしゃれ】【幅広】生地が丈夫防水レジャーシート【日本製】サイズ(約)107×160cm【固定ピン4個付】【RCP】 【メール便OK】【おしゃれ】【幅広】生地が丈夫防水レジャーシート【日本製】サイズ(約)107×160cm【固定ピン4個付】【RCP】 【メール便OK】【おしゃれ】【幅広】生地が丈夫防水レジャーシート【日本製】サイズ(約)107×160cm【固定ピン4個付】【RCP】

出典:楽天市場

水分を一切通さない防水性

地面がしっとり湿っていたとしても問題なし! 水分を一切通さない仕様のため、敷く場所を選びません。「雨は上がっているけど地面が濡れているからな……」と、外に出ることを諦めなくていいんです。

USER(ユーザー)『折りたたみレジャーマット極厚15mmタイプ(U-P930)』

ユーザー(USER)極厚15mmマット1000U-P930 ユーザー(USER)極厚15mmマット1000U-P930 ユーザー(USER)極厚15mmマット1000U-P930 ユーザー(USER)極厚15mmマット1000U-P930 ユーザー(USER)極厚15mmマット1000U-P930

出典:Amazon

厚手タイプでクッション性抜群!

すぐれたクッション性を確保した、厚さ15mmの極厚レジャーマット。デコボコした地面に敷いても、極厚マットがお尻に痛さや不快感を与えず、快適に過ごせます。

LOGOS(ロゴス)『土禁スペース砂よけマット』

ロゴスマット土禁スペース砂よけマット125×90cm73833341 ロゴスマット土禁スペース砂よけマット125×90cm73833341 ロゴスマット土禁スペース砂よけマット125×90cm73833341

出典:Amazon

土禁スペースがつくれる「ロゴス」のマット

かんたんに土禁スペースがつくれるのがポイント。四辺を内側に折込ボタンで固定するだけで、砂や土がシートに入ってくるのを防いでくれます。収納時もコンパクトなのもポイントです。

アサヒ興洋『Hide&Seek レジャーシート(L)』

アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm アサヒ興洋Hide&Seekレジャーシート(L)グリーン約90×180cm

出典:Amazon

日常的に使えるちょうどよいサイズ感

2〜3人で使用するのにちょうどいい約1畳サイズのレジャーシートです。重さは約180gと軽く、持ち運びも便利です。子どもと一緒の公園遊びや遠足などの行事でも活躍するでしょう。

アサヒ興洋『GREEN JAMBOREE クッションマット2畳』

アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き アサヒ興洋クッションマットレジャーシート厚手4~5人用GREENJAMBOREEオレンジ縦180×横180cm(2畳)厚みのある三層構造手提げバッグ付きストッパー付き

出典:Amazon

三層構造でやわらかな座り心地

サーカス柄が見た目にもたのしいレジャーシート。約2畳と大きいサイズでゆったり使えます。表地には防水効果のあるフィルムをコーティングし、裏地はアルミ蒸着フィルムで、冷気や湿気を防いでくれます。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ストローラグ90×180cm UB-3058』

レジャーシート大きいレジャーシートおしゃれUB-3058ストローラグ90×180cm(ターコイズ)【CAG】【QCC16】 レジャーシート大きいレジャーシートおしゃれUB-3058ストローラグ90×180cm(ターコイズ)【CAG】【QCC16】 レジャーシート大きいレジャーシートおしゃれUB-3058ストローラグ90×180cm(ターコイズ)【CAG】【QCC16】

出典:楽天市場

丸洗いOKでお手入れしやすい

ターコイズカラーが見た目にも涼しげなレジャーシートです。ストロー状のポリプロピレン素材を織り上げたこちらのラグは汚れがつきにくく、ジャブジャブと水で丸ごと洗濯できてお手入れしやすいことが特徴です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『UVカットシルバーレジャーシート(2畳用)ピン6本付 M-3350』

多用途に使えるUVカット機能つきレジャーシート

防水効果の高いポリエチレン素材を使用したレジャーシートです。UVカット機能つきなので、海や川でのレジャーシートとして活躍するほか、簡易タープとして日除けに使ったり、自転車の雨除けカバーなどにも代用できます。

LOGOS(ロゴス)『SNOOPY 防水レジャーシート』

スヌーピーの表情がかわいいレジャーシート

アウトドアブランドで有名なLOGOSから販売されている、さまざまな表情のスヌーピーがかわいいレジャーシートです。適度な重さがあるのでピンで固定しなくても風に飛ばされにくく、持ち運びできる収納バッグつきでスマートに使えます。

Oregonian Camper『防水グランドシート (Lサイズ/200×140cm)928094』

タフな作りでアウトドアシーンで活躍

丈夫でしっかりとした生地で、裏地に防水加工がほどこされたグランドシートです。角にハトメ(穴あきリング)がついているので、ペグを打って風でシートがめくれ上がるのを防止します。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAキャンプマット』

キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318

出典:Amazon

クッション性に優れた凹凸マット

キャプテンスタッグのEVAキャンプマットは、厚さ20mmの凹凸で優れたクッション性と、凸部に温風を発生させることで保温性を兼ね備えた1人用のマットです。アウトドアシーンやヨガなどのエクササイズマットとしても活躍します。

SUNDRY(サンドリー)『アウトドアマット』

サンドリー(SUNDRY)折りたたみクッションマットアウトドアマット サンドリー(SUNDRY)折りたたみクッションマットアウトドアマット サンドリー(SUNDRY)折りたたみクッションマットアウトドアマット

出典:楽天市場

カラフルな見た目のクッションマット

鮮やかなグリーンが目を引くマットは、クッション性がありでこぼことした地面でも不快感なく座ることがき、特殊な凹面で保湿性も高め、快適に使用できます。220gと超軽量でコンパクトに収納できるバッグもついているため、持ち運びもラクラクです。

Scrish『グランドシート レジャーシート』

耐久性に優れた特大レジャーシート

アウトドアシーンに馴染むアーミーグリーンのレジャーシートは、裏面にポリウレタンをコーティングし防水性を備え、シートには軽くて耐久性のあるナイロン素材のオックスフォード生地を採用することで耐久性があり、丈夫なので、長く使用できますよ。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『レジャーシート』
OutPort(アウトポート)『レジャーシート 厚手 200×200cm』
MILESTO(ミレスト)『UTILITY PE 3WAYシートバッグ(MLS521)』
Matador『Pocket Blanket Version2』
viaggio+(ビアッジオプラス)『ピクニックシート』
Water Pocket(ウォーターポケット)『レジャーシート』
USER(ユーザー)『折りたたみレジャーマット極厚15mmタイプ(U-P930)』
LOGOS(ロゴス)『土禁スペース砂よけマット』
アサヒ興洋『Hide&Seek レジャーシート(L)』
アサヒ興洋『GREEN JAMBOREE クッションマット2畳』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ストローラグ90×180cm UB-3058』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『UVカットシルバーレジャーシート(2畳用)ピン6本付 M-3350』
LOGOS(ロゴス)『SNOOPY 防水レジャーシート』
Oregonian Camper『防水グランドシート (Lサイズ/200×140cm)928094』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAキャンプマット』
SUNDRY(サンドリー)『アウトドアマット』
Scrish『グランドシート レジャーシート』
商品名 Coleman(コールマン)『レジャーシート』 OutPort(アウトポート)『レジャーシート 厚手 200×200cm』 MILESTO(ミレスト)『UTILITY PE 3WAYシートバッグ(MLS521)』 Matador『Pocket Blanket Version2』 viaggio+(ビアッジオプラス)『ピクニックシート』 Water Pocket(ウォーターポケット)『レジャーシート』 USER(ユーザー)『折りたたみレジャーマット極厚15mmタイプ(U-P930)』 LOGOS(ロゴス)『土禁スペース砂よけマット』 アサヒ興洋『Hide&Seek レジャーシート(L)』 アサヒ興洋『GREEN JAMBOREE クッションマット2畳』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ストローラグ90×180cm UB-3058』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『UVカットシルバーレジャーシート(2畳用)ピン6本付 M-3350』 LOGOS(ロゴス)『SNOOPY 防水レジャーシート』 Oregonian Camper『防水グランドシート (Lサイズ/200×140cm)928094』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAキャンプマット』 SUNDRY(サンドリー)『アウトドアマット』 Scrish『グランドシート レジャーシート』
商品情報
特徴 ファミリーにピッタリの大きさと実用性 見た目もかわいい、大きめのレジャーシート シートが巨大バッグに変身! ポケットサイズの超コンパクトなレジャーシート いつでも清潔に! 洗えるレジャーシート 水分を一切通さない防水性 厚手タイプでクッション性抜群! 土禁スペースがつくれる「ロゴス」のマット 日常的に使えるちょうどよいサイズ感 三層構造でやわらかな座り心地 丸洗いOKでお手入れしやすい 多用途に使えるUVカット機能つきレジャーシート スヌーピーの表情がかわいいレジャーシート タフな作りでアウトドアシーンで活躍 クッション性に優れた凹凸マット カラフルな見た目のクッションマット 耐久性に優れた特大レジャーシート
サイズ(使用時) 200×170cm 200×200cm 106×173cm 160×112cm 200×200cm 107×160cm 100×180×1.5cm 195×140cm 約90×180cm 約180×180cm 約90×180cm 約180×180cm (約)195×145cm 200×140cm 56×182cm 56×181cm 240×220cm
サイズ(収納時) 15×15×45cm 15×25×42cm 106×60×45cm 11×8cm 42×26×9cm 26×100×10.5cm 15×15×35cm - - 約47×24×5cm - (約)26×4.5×27cm - 13×12.6×56cm 14×13×60cm -
重量 1,200g 1,200g 560g 108g 1,000g 900g 181g 367g 500g - (約)1,600g - 270g 220g 620g
素材 表地:アクリル、インナー:PUフォーム、裏地:PVC 表地:アクリル100%、クッション:ウレタンスポンジ、裏地:防水 TPE ポリエチレン タフテックス(新開発高密度ナイロン) 表地:ポリエステル100%(グレーダイヤはアクリル100%)、裏地:ポリエチレン100% PVC 発泡ポリエチレン、アルミ蒸着フィルム 表地:アクリル、裏地:ポリエチレン(アルミ蒸着)、フォーム:ポリエチレン ポリエチレン、ポリプロピレン 本体:ポリプロピレン、発泡ポリエチレン、アルミ蒸着フィルム、手提げ袋:EVA樹脂 ラグ:ポリプロピレン、ベルト:ポリエステル シート:ポリエチレン、ピン:ポリプロピレン ポリエステル(PVCコーティング) ポリエステル100%、裏地:PVCコーティング(防水) プラスチックポリエチレン、EVA樹脂、合成ゴム ポリエチレン ポリウレタン,ナイロン
水洗い - - - - - - - - - - -
クッション性 あり あり なし なし あり - あり なし なし あり なし なし なし なし あり あり あり
ペグ/砂除け あり/なし なし/- -/- あり/なし -/- あり/- なし/なし なし/あり あり/なし なし/なし なし/なし あり/なし なし/なし なし/なし なし/なし なし/なし なし/なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レジャーシートの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレジャーシートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドアレジャーシートランキング
楽天市場:レジャーシートランキング
Yahoo!ショッピング:レジャーシートランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

レジャーシートに関するQ&A よくある質問

question iconお手入れ方法は?

answer icon

使用後は土や砂、ホコリなどを取り除きます。 物干しざおに広げて干し、全体を水拭きします。汚れが気になる場合は、掃除機をかけましょう。

question icon洗い方は?

answer icon

まずは掃除機などで汚れやゴミを取り除きます。そして、洗える素材は手洗いまたは洗濯機で洗いましょう。

【関連記事】ピクニックやキャンプ用具の関連商品もチェック

機能性・見た目のバランスでレジャーシートを選ぼう アウトドアライターからのアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

レジャーシートの登場シーンはピクニック、お花見、運動会、キャンプ、海水浴などさまざまです。

いわゆるブルーシートのような薄い生地のシートもよく使われますが、アウトドアレジャーにおいて多少ハードな使用にも耐えられるものを選ぶのが重要です。

使用するシチュエーションでの人数、機能性、そして見た目と、この3つをよくバランスをとって検討してみてください。

お手入れが簡単なものも

本記事では、レジャーシートの選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか? 商品を選ぶ際は、下記の6つのポイントを抑えておきましょう。

・使用人数に合わせた大きさ
・座り心地
・機能性
・お手入れのしやすさ
・デザイン
・持ち運びやすさ


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいレジャーシートを選べるはずです。

ピクニックやハイキングなどで休憩やご飯を食べる際に必要なレジャーシート。使うときは楽しいですが、お手入れが面倒といった欠点もあります。しかし、現在のレジャーシートではお手入れが簡単なものから使いやすいものまで様々な商品が展開されています。なので、ぜひ本記事を参考にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


1000Wのポータブル電源のおすすめ6選|ドライヤーや冷蔵庫も使える!

1000Wのポータブル電源のおすすめ6選|ドライヤーや冷蔵庫も使える!

アウトドアだけでなく、災害などの緊急時にも役立つポータブル電源。家電などを数日に渡って使用するにはある程度の電気容量が必要です。ここでは、1000Wのポータブル電源のおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon アウトドア・キャンプ , 防災グッズ

折りたたみバケツのおすすめ17選【災害時やキャンプ・アウトドア】に活躍!

折りたたみバケツのおすすめ17選【災害時やキャンプ・アウトドア】に活躍!

アウトドアやキャンプだけでなく災害時にも役に立つ折りたたみバケツ。ロゴス、スノーピークなどのアウトドアブランドからもおしゃれなバケツが販売されています。この記事では折りたたみバケツを買おうか悩んでいる人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品を紹介します。さらに通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon アウトドア・キャンプ

シリコンボトルおすすめ11選【折りたたんでコンパクトに】人気のvivなど!

シリコンボトルおすすめ11選【折りたたんでコンパクトに】人気のvivなど!

軽くて持ち運びに便利なシリコンボトルは、使い終わったらコンパクトに畳んで収納できるアイテムです。本記事では、シリコンボトルのおすすめ商品と選び方をご紹介します。シンプルで機能的なものからかわいいキャラクターデザインまで幅広くご紹介します!

tag icon キャンプ用皿・コップ・カトラリー , キャンプ用調理器具 , アウトドア・キャンプ

サバイバルシートおすすめ14選|SOL・モンベルなど厳選! 寝袋タイプも

サバイバルシートおすすめ14選|SOL・モンベルなど厳選! 寝袋タイプも

サバイバルシートはアルミ蒸着などを施した銀色および金色のフィルム状の商品で、体温を輻射(ふくしゃ)して保温することができるシートです。アウトドア以外に災害時や遭難時にも体温低下を防ぐためにエマージェンシーシートとして使用します。ここでは、アウトドアカフェBASE CAMP代表のA-sukeさんと編集部が厳選したサバイバルシートのおすすめと選び方についてご紹介します。後半に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

tag icon コット・ハンモック・マットレス・マット , 寝袋・シュラフ , 登山・トレッキング

チタンカップおすすめ17選|アウトドアや自宅で活躍!【プレゼントにも】

チタンカップおすすめ17選|アウトドアや自宅で活躍!【プレゼントにも】

この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が、チタンカップの選び方、おすすめの17選をご紹介します。アウトドア食器用品のひとつとして知られるチタンカップ。その軽さと実用性の高さから、自宅用やプレゼント用に購入する方も多くなっているようです。直火対応や保温・保冷対応のタイプや、機能やデザインもブランドによってさまざま。記事後半には、お手入れ方法やアルミ臭の除去方法、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon グラス・コップ類 , 食器・カトラリー , キッチン用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。