PR(アフィリエイト)

料理用ハケおすすめ11選 | シリコン製、天然毛など厳選商品を紹介!

料理用ハケおすすめ11選 | シリコン製、天然毛など厳選商品を紹介!
料理用ハケおすすめ11選 | シリコン製、天然毛など厳選商品を紹介!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年05月15日に公開された記事です。

料理用のハケは、お菓子やパン、料理などをつくる際にあると重宝する調理アイテムです。調理の下ごしらえに使ったり、ソースやタレを塗ったり、1本あると便利に使えます。

特別効果なものではありませんが、素材や種類がたくさんあるので、どれを選んだらよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

この記事では、管理栄養士・渡辺愛理さんのアドバイスをもとに、料理用ハケの選び方とおすすめ商品を紹介。定番の天然毛だけでなく、シリコンや化学繊維などさまざまなタイプの商品をピックアップしています。

記事後半には、比較一覧表、通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるので、口コミや評判もチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

温活料理研究家/管理栄養士
渡辺 愛理
大学卒業後、病院・介護老人保険施設での勤務を経て、フリーランス管理栄養士となる。 自身が冷え性に長年悩んできた経験から、冷え性に悩む方への食事カウンセリングや料理教室講師をメインに、その他レシピ開発やコラム執筆、栄養士さん向けWebライター講座を行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

料理用ハケの選び方とは? 毛の材質、サイズ、お手入れのかんたんさなど

まずは料理用ハケの選び方をチェックしていきましょう。管理栄養士・渡辺愛理さんのアドバイスもご紹介していますので、自分の使い方にぴったりな料理用ハケを選ぶために参考にしてください。

毛の材質で選ぶ シリコン、化学繊維、天然毛など

 

料理用ハケにはおもに天然毛、化学繊維のほか、最近ではシリコン素材の商品も販売されています。それぞれの材質にはどのような特徴があるのか確認したうえで、使い勝手がよさそうなものを選びましょう。

扱いやすい「シリコン」

 

シリコン製のハケは、熱に強いため油を塗る作業などに使いやすいです。ほかの素材とは異なり、抜け毛がないのもシリコン製の特徴。食洗機で丸洗いできるのでお手入れのしやすさが魅力です。

卵液などのとろみのある液体に向いており、アク取りなどの用途にも便利に使える反面、ほかの素材よりも毛の本数が少なく保水しにくいため、サラサラとした液体だと使いにくさを感じる場合があります。

「化学繊維」は日々のケアがらくらく!

 

化学繊維のハケは、ポリエステルやアクリル、ナイロンなどの素材で作られており、天然毛と同じようにやわらかく弾力のある使い心地が特徴です。

天然毛のハケよりも早く毛が乾燥するのでお手入れがしやすいのがメリットですが、毛の抜けやすさは天然毛と変わりありません。使用中に毛が抜けてしまう場合もあるため注意しましょう。

「天然毛」はデリケートだが使いやすい

 

天然毛のハケは、ヤギや馬、豚などの動物の毛を使って作られています。やわらかく弾力性もあるので繊細な作業でも料理をキズつけずに使用できるのが特徴。とろみのある液体やさらさらとした液体など粘度に関わらず使いやすいメリットがあります。

ほかの素材よりもデリケートで毛が抜けやすい特徴があるため、お手入れの際には注意を払って慎重に扱うことが大切です。

使いやすいサイズを選ぶ 幅は4~5cmほどが主流、広い幅のものは便利

 

料理用のハケには、持ち手の長さや太さ、ハケの幅などさまざまなサイズの商品が販売されています。使いやすいハケを選ぶには、用途に合わせてハケの幅を選ぶようにしましょう。

ハケの幅は4~5cmほどが主流ですが、広い面積を塗る場合にはもう少し幅が広めのものがあると便利。反対に小さなフルーツにシロップを塗るなどこまかな作業をする場合には、もう少し幅が狭いハケを選ぶと使いやすいです。

かんたんに手入れができるかチェック ハケと持ち手が取り外せるタイプや境目がないデザインも

 

料理用のハケは直接食材に触れるものなので衛生的に使えるものであることが大切です。ハケと持ち手の境目などに汚れが溜まりやすいため、ハケと持ち手が取り外せるものを選ぶとお手入れがしやすく清潔にたもてます。

商品によっては持ち手とハケの境目がないデザインもあるので、お手入れがしやすいものかどうかで選ぶのもポイントです。

自分にあったサイズで握りやすいものを 管理栄養士からのアドバイス

温活料理研究家/管理栄養士:渡辺 愛理

温活料理研究家/管理栄養士

ハケにはいろいろなサイズがあり、大きさは使いやすさにあまり関係ないように思われがちですが、実はとても関係します。持ち手が握りやすいものを使ったりすることで、自分に合ったサイズで、調理をするときの疲労感を防ぐことができますよ。

料理用ハケのおすすめ11選 管理栄養士と編集部が選んだ

さまざまな素材や大きさ、デザインなどからおすすめの料理用ハケをご紹介します。使い勝手がよさそうな料理用ハケ選びの参考にしてください。記事後半にはAmazonや楽天の人気ランキングもありますのでチェックしてみてくださいね。

温活料理研究家/管理栄養士:渡辺 愛理

温活料理研究家/管理栄養士

私のおすすめはコレ

ユーロキッチン『シリコンブラシ』は、食洗機が使えるため、衛生面や使い勝手のよさを重視される方にはおすすめです。

エムテートリマツ『テリハケ山羊毛 30mm 』は、小ぶりのため小回りが利くうえに、さらっとした液体を塗るときにぴったり。

ル・クルーゼ『パストリー・ブラシ』は、耐熱温度が高く、見た目も華やかなため、おしゃれなキッチングッズをそろえたい方は候補に入れてください。

タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』

タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』 タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』 タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』 タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』
出典:Amazon この商品を見るview item

着脱可能でお手入れしやすい

鮮やかなオレンジ色が特徴的なシリコン製のハケは、食材からの色移りが目立ちにくいのが特徴。毛先がやわらかいので卵やソース、バターなどさまざまな液体を塗るのに使いやすくなっています。

ハケと持ち手が着脱できるので、境目などこまかい部分も洗いやすくしっかり乾燥できるので、衛生的につかえるのも魅力的なポイントです。

サイズ 44×13×218mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:ABS樹脂
重量 34g

サイズ 44×13×218mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:ABS樹脂
重量 34g

貝印 『シリコーン 塗り刷毛(DH7059)』

貝印『シリコーン塗り刷毛(DH7059)』 貝印『シリコーン塗り刷毛(DH7059)』 貝印『シリコーン塗り刷毛(DH7059)』 貝印『シリコーン塗り刷毛(DH7059)』 貝印『シリコーン塗り刷毛(DH7059)』
出典:Amazon この商品を見るview item

先がかたまらずお手入れしやすい

なめらかなシリコン素材のハケは、お好み焼きのソースや肉や魚の下味つけで使用したあと、すぐに洗わず少し時間が経っても先が固まらず洗いやすいのが魅力。シリコン部分は210℃まで耐えられるので、熱した鉄板やホットプレートなどにも使用できます。

抜け毛の心配もないため、はじめてハケを購入する方でも扱いやすい商品です。

サイズ 215×40×16mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:ポリプロピレン
重量 38g

サイズ 215×40×16mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:ポリプロピレン
重量 38g

エキスパートのおすすめ

ユーロキッチン『シリコンブラシ』

ユーロキッチン『シリコンブラシ』 ユーロキッチン『シリコンブラシ』
出典:Amazon この商品を見るview item

食洗機対応だからお手入れがらく

業務用としても使用されるシリコン製のハケです。食洗機に対応しているのでらくに洗浄できます。ステンレス製の持ち手はつけ根まで洗いやすいデザインになっているので衛生的に使えます。そのままフックに吊り下げられるのも便利です。

卵液やソースを塗るなど料理に使えるだけでなく、静電気を帯びやすいシリコン製の特徴を利用するとパソコンなどのホコリ取りなど幅広い用途に使えます。

サイズ 45×15×220mm
材質 ハケ部:シリコン樹脂、柄部ステンレス鋼
重量 38g

サイズ 45×15×220mm
材質 ハケ部:シリコン樹脂、柄部ステンレス鋼
重量 38g

タマハシ『鎧塚 俊彦 シリコンハケ(TY-007)』

タマハシ『鎧塚俊彦シリコンハケ(TY-007)』 タマハシ『鎧塚俊彦シリコンハケ(TY-007)』
出典:Amazon この商品を見るview item

スタイリッシュな見た目がおしゃれ

オールブラックでスタイリッシュなシリコン製の料理用ハケです。おしゃれなだけでなく、真っ黒なので食材からの色移りが目立ちにくくなっています。

持ち手とハケに境目がないので汚れがたまりにくく、お手入れしやすいのも魅力的なポイント。食洗機で丸洗いができるので、かんたんにお手入れを済ませたい方にぴったりです。

サイズ 45×260mm
材質 シリコンゴム
重量 約93g

サイズ 45×260mm
材質 シリコンゴム
重量 約93g

松田栄『木柄三味糸綴じ御料理刷毛(DHK0601)』

こまかい作業に使いやすい小さめのハケ

幅が1.5cmと小さめの料理用ハケです。天然毛のしなやかさがあるので、お菓子作りから料理まで、大きめなハケでは塗りにくいこまかな食材に塗布しやすいのが特徴。用途別に異なる幅のハケをそろえておきたい方に重宝します。

持ち手は手に馴染みやすいような形状になっているので、使いやすさにこだわりたい方にもぴったりです。

サイズ 15×150×20mm
材質 ハケ部:山羊毛、柄部:木材
重量 6g

サイズ 15×150×20mm
材質 ハケ部:山羊毛、柄部:木材
重量 6g

エキスパートのおすすめ

エムテートリマツ『テリハケ山羊毛 30mm (IK-135)』

さらさらとした液体も塗りやすい

天然毛の料理ハケは液体の含みがよく、ケーキ作りでシロップを塗ったり、焼きおにぎりに醤油を塗ったりと、さらさらとした液体を塗りやすいのが特徴。ハケの幅が3cmとやや小ぶりサイズなので、こまかな作業にも向いています。

ムラなく液体を塗布しやすいので、料理やお菓子、パン作りなど本格的な調理に活躍してくれるでしょう。

サイズ 幅30mm、厚み約6~8mm、毛丈約35~40mm
材質 -
重量 18g

サイズ 幅30mm、厚み約6~8mm、毛丈約35~40mm
材質 -
重量 18g

下村工業 味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』

下村工業味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』 下村工業味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』 下村工業味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』 下村工業味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』
出典:Amazon この商品を見るview item

持ち手がフィットして使いやすい

色もデザインもシンプルなシリコン製の料理用ハケです。持ち手のカーブが手にフィットして使いやすくなっています。ハケの幅が4cmと標準的なサイズ感なので、料理にもお菓子作りにも使いやすいです。

使用後は食器用洗剤をつけたスポンジで洗うだけでかんたんに汚れを落とすことができ、水切れもよいのでお手入れもらくに済ませられます。

サイズ 205×40×12mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、本体:ポリプロピレン
重量 32g

サイズ 205×40×12mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、本体:ポリプロピレン
重量 32g

エキスパートのおすすめ

Le Creuset (ル・クルーゼ)『パストリー・ブラシ』

キッチンがおしゃれになるデザインが魅力

カラフルなキッチン製品で知られるル・クルーゼのシリコンハケです。木の持ち手に鮮やかなチェリーレッドのハケはビジュアルもおしゃれ。ハケは250℃までの耐熱性があるので熱々のソースや油を塗るのにも使えます。

持ち手とハケは取り外しができるので、洗いやすく乾燥もさせやすいので清潔な状態をたもてるのも魅力。持ち手は手にフィットする楕円形なので使い勝手がいいです。

レッドのほかに、ホワイト、オレンジがあります。

サイズ 30×173mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:木製
重量 -

サイズ 30×173mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:木製
重量 -

一高 『料理刷毛 雪の舞』

抗菌剤入りナイロンで衛生的

波形加工を施したナイロン製のハケです。従来品よりも柔らかな素材になっているのでお菓子作りや料理など幅広い用途に使いやすくなっています。抗菌剤入りのナイロンを使用しているので、衛生的に使えるのも魅力。

木柄に切り込みを入れて毛を3段で締めることで密着度が増し、隙間を最小限におさえ、内部に食材が染み込みにくくなるような工夫がされています。

サイズ 65×310×8mm
材質 ハケ部:ナイロン毛、柄部:木製
重量 17g

サイズ 65×310×8mm
材質 ハケ部:ナイロン毛、柄部:木製
重量 17g

タイガークラウン『ケーキ用塗り筆(344)』

タイガークラウン『ケーキ用塗り筆(344)』 タイガークラウン『ケーキ用塗り筆(344)』 タイガークラウン『ケーキ用塗り筆(344)』
出典:Amazon この商品を見るview item

しなやかな使い心地が魅力

豚毛のハケはしなやかな使い心地が特徴。筆のような形状になっているので、毛先に厚みがあり液体をたっぷり含むので、食材の表面に伸ばしやすくなっています。

持ち手部分にはカーブが付いているので使いやすいのも魅力的なポイント。持ちやすいのでこまかい作業にも対応しやすく、ケーキやクッキーなどのお菓子作り用にぴったりです。

サイズ 28×260mm
材質 ハケ部:豚毛、柄部:木材
重量 70g

サイズ 28×260mm
材質 ハケ部:豚毛、柄部:木材
重量 70g

貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』

貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』
出典:Amazon この商品を見るview item

適度なコシのあるハケがお菓子作りにぴったり

アクリル系合成繊維の料理用ハケは、柔らかさと適度なコシがある毛が特徴。さらさらとしたシロップから粘度のある卵黄まで手早く塗布できるので、美しく仕上げたいスイーツ作りにぴったりです。液体だけでなく粉をまぶしたりする作業にも使えます。

合成繊維なので洗浄後も乾燥が早いので衛生的に使えるのもうれしいポイントです。

サイズ 450×180×10mm
材質 ハケ部:アクリル系合成繊維、柄部:ポリプロピレン
重量 -

サイズ 450×180×10mm
材質 ハケ部:アクリル系合成繊維、柄部:ポリプロピレン
重量 -

「料理用ハケ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』
貝印 『シリコーン 塗り刷毛(DH7059)』
ユーロキッチン『シリコンブラシ』
タマハシ『鎧塚 俊彦 シリコンハケ(TY-007)』
松田栄『木柄三味糸綴じ御料理刷毛(DHK0601)』
エムテートリマツ『テリハケ山羊毛 30mm (IK-135)』
下村工業 味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』
Le Creuset (ル・クルーゼ)『パストリー・ブラシ』
一高 『料理刷毛 雪の舞』
タイガークラウン『ケーキ用塗り筆(344)』
貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』
商品名 タイガークラウン『シリコーンクック刷毛(2256)』 貝印 『シリコーン 塗り刷毛(DH7059)』 ユーロキッチン『シリコンブラシ』 タマハシ『鎧塚 俊彦 シリコンハケ(TY-007)』 松田栄『木柄三味糸綴じ御料理刷毛(DHK0601)』 エムテートリマツ『テリハケ山羊毛 30mm (IK-135)』 下村工業 味わい食房『シリコーン料理ハケ(ASH-683)』 Le Creuset (ル・クルーゼ)『パストリー・ブラシ』 一高 『料理刷毛 雪の舞』 タイガークラウン『ケーキ用塗り筆(344)』 貝印『卵黄やシロップが手ばやく塗れる便利な塗り刷毛(DL6259)』
商品情報
特徴 着脱可能でお手入れしやすい 先がかたまらずお手入れしやすい 食洗機対応だからお手入れがらく スタイリッシュな見た目がおしゃれ こまかい作業に使いやすい小さめのハケ さらさらとした液体も塗りやすい 持ち手がフィットして使いやすい キッチンがおしゃれになるデザインが魅力 抗菌剤入りナイロンで衛生的 しなやかな使い心地が魅力 適度なコシのあるハケがお菓子作りにぴったり
サイズ 44×13×218mm 215×40×16mm 45×15×220mm 45×260mm 15×150×20mm 幅30mm、厚み約6~8mm、毛丈約35~40mm 205×40×12mm 30×173mm 65×310×8mm 28×260mm 450×180×10mm
材質 ハケ部:シリコンゴム、柄部:ABS樹脂 ハケ部:シリコンゴム、柄部:ポリプロピレン ハケ部:シリコン樹脂、柄部ステンレス鋼 シリコンゴム ハケ部:山羊毛、柄部:木材 - ハケ部:シリコンゴム、本体:ポリプロピレン ハケ部:シリコンゴム、柄部:木製 ハケ部:ナイロン毛、柄部:木製 ハケ部:豚毛、柄部:木材 ハケ部:アクリル系合成繊維、柄部:ポリプロピレン
重量 34g 38g 38g 約93g 6g 18g 32g - 17g 70g -
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月13日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 料理用ハケの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での料理用ハケの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:料理用ハケランキング
楽天市場:料理用ハケランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

料理用ハケの使い方 上手な使い方のコツとお手入れ方法

料理用ハケで粉を払う
Pixabayのロゴ
料理用ハケで粉を払う
Pixabayのロゴ

料理用ハケは使用後にはなるべく早く洗って乾かすことが大切です。

料理用ハケをうまく使いこなすためのポイントや日々のお手入れの仕方をご紹介します。

水で濡らしてから使う

アップルパイに卵黄をハケで塗っているところ
ペイレスイメージズのロゴ
アップルパイに卵黄をハケで塗っているところ
ペイレスイメージズのロゴ

使う前にハケを水で塗らすと汚れも落ちやすいです。

タレやソースなどの液体を塗るために使うなら、使用前に軽く水にくぐらせておくのがポイント。毛を濡らすことで液体が絡みやすくなり使用後の汚れ落ちもよくお手入れしやすくなります。

濡らす目安としては、ハケから水がしたたるほどではなく、軽く湿らせる程度にしましょう。ただし、液体ではなく粉を使用する場合には、水に濡らすのではなくしっかりと乾燥させた状態で使用します。

使い終わったらできるだけ早く乾燥させる

 

ハケにタレやソースが付着した状態で放置すると汚れが落ちにくくなるだけでなく、色やにおいが染みつきやすくなります。きれいな状態で長く使うためには、使用後はなるべく早く洗って乾燥させることが大切です。

洗った後はそのまま干すのではなく、乾いた布巾でハケをはさんで水分を吸い取らせたうえで、通気性のよい場所で陰干ししましょう。

そのほかのキッチンツールに関連する記事はこちら 【関連記事】

ハケは用途ごとに使い分けていきましょう

料理用のハケは、お菓子やパン、料理などをつくる際にあると重宝する調理アイテムです。お玉やフライ返しのように日常的に使用するアイテムではありませんが、ハケがあると照り焼きや焼き鳥、お好み焼きなど料理のレパートリーが広がるので便利に使えます。

特別高価なアイテムではないので、1本はそろえておいて損はありません。紹介した選び方やランキングを参考にしながら、これを機会に使い勝手がよい料理用ハケをぜひ探してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button