クロスバイスおすすめ10選|サイズ別に、しっかり固定で使いやすいモデルを紹介

 ZIVI クロスバイス 最大口開200mm
出典:Amazon

対象物を固定し、X軸Y軸の2軸に移動する摺動部がついた「クロスバイス(X-Yテーブル)」。クロスバイスがあれば、ボール盤でも長穴を開けたり切削加工ができるようになってDIYをもっと楽しめるのに、と一度は考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

トラスコ(TRUSCO)やエスコ(ESCO)といったメーカーをはじめ、0.001mmを調整できる精度やクロスバイスじたいのサイズ差など、種類はさまざま。

そこで、本記事では、クロスバイスと選び方、そしておすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

クロスバイスの選び方

それでは、クロスバイスの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】高さ
【2】挟む口の広さ
【3】口の深さ
【4】精度
【5】移動幅


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】高さをチェック

 

クロスバイスは、X軸(左右)、Y軸(前後)を動かすことはできますが、バイス自体を上下に動かすことはできません。主軸操作レバーやテーブルの高さを変えることができるので、高さがたりず加工ができないということはめったにありませんが、実際にバイスを設置してみると高さが自分に合わずやりづらいということはありえます。

クロスバイスボール盤に設置し、実際に加工したいものを削ったり穴を開けたりできるかどうかをシミュレーションしておきましょう。

【2】挟む口の広さをチェック

 

クロスバイスを使ううえで重要なポイントのひとつが、バイスの口の開き幅です。口の開き幅ではさめるものの大きさが変わります。口の開き幅は小さいもので75mm、大きいものですと200mmまで開くものがあります。

一般的に開き幅が大きいものほど価格も高くなります。自分の加工したいものに見合った開き幅のものを選ぶことが重要です。

【3】口の深さをチェック

 

バイスの口の深さもまた重要で、口の深さではさめるものの厚みが変わります。口の深さは32〜53mmと幅広く、基本的に口の開き幅に比例して、大きくなるほど価格が高くなります。

なので、あまり厚みのないものを加工する場合は小さめのものを選ぶとコストがかからなくていいでしょう。

【4】精度をチェック

 

クロスバイスのなかには0.001mm単位などのこまかいメモリで、はさんだものを動かすことができるものもあります。しかし、高い精度で位置決めができたり、ボール盤の作動時にブレにくいものはかなり高額になります

そこまで精度を求めていない、使ってみて自分で調整していくということであれば、精度を求めすぎない安価なものを購入したほうがいいです。

【5】移動幅をチェック

 

前後左右の移動幅が大きければ大きいほど、広範囲の加工が可能です。移動幅は一番小さいものでX軸もY軸も100mmほど、大きいものだと190mmほどで、こちらもバイスの開き幅やサイズに比例します。

バイスのサイズが大きいものはそれなりに高いので、広範囲の加工をしないのであればなるべく小さめのクロスバイスを選ぶといいでしょう。

エキスパートのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

クロスバイスはボール盤に取り付けて作業することもあり、その精度が重要となってきます。どれほどの精度が必要なのかをまず把握し、そこから価格と相談しながら選択するようにすれば良いでしょう。

クロスバイスのおすすめ商品

それでは、クロスバイスのおすすめ商品をご紹介いたします。

▼おすすめ3選|大型タイプ

▼おすすめ2選|中型タイプ

▼おすすめ5選|小型タイプ

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ3選|大型タイプ

まずは、大型タイプのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

ZIVI『クロスバイス 200mm』

ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

ZIVIの『クロスバイス 200mm』はスライド軸の振り幅が大きく、大きな範囲での加工が可能。大きなものを加工する方におすすめな商品です。

ボール盤での使用を考えている場合は、大きさが対応可能かどうかをあらかじめ調べておきましょう。

とにかく大きいサイズを加工したい人へ

口の開き幅が200mmととにかく大きいものがはさめる大型のクロスバイスです。バイスの長さが192mmと長いのですが、重さも36kgとかなりの重量なため、大きなボール盤向きです。

スライド幅はX軸198mm、Y軸190mm。広範囲の加工が可能です。とにかく大きなものを広範囲で加工したいという人は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

TRUSCO『クロスバイス 125mm(CR-125N)』

TRUSCO『クロスバイス125mm(CR-125N)』 TRUSCO『クロスバイス125mm(CR-125N)』 TRUSCO『クロスバイス125mm(CR-125N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

125mm幅でスライド幅も大きいクロスバイス!

TRUSCOから発売されている、口の開き幅125mmの大きめのクロスバイスです。スライド幅がX軸173mm、Y軸180mmと、このクラスの大きさのバイスのなかでは大きいので広範囲の加工が可能です。

しっかりとしたつくりでガタつきも少ないのですが、重量が12.7kgとそれなりに重いので、重さのあるものを加工する場合は注意しましょう。広範囲の加工ができて、ガタつきのないものを探している人向きです。

DUTY JAPAN『2軸スライドクロスバイス 125mm』

DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』 DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』 DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』 DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』
出典:Amazon この商品を見るview item

大きめサイズでコスパよし! 日曜大工に!

口の開き幅125mmとやや大きいタイプながら、抜群のコストパフォーマンスで販売されています。ガタが出やすいためクロスバイスに精密さを求める人には向いていません。

ですが、日曜大工やDIYで使うから多少のガタつきは気にならないという人や、ガタつきが気になったとしても自らの工夫や技術で抑えてみたいという人に適しています。

▼おすすめ2選|中型タイプ

続いては、中型タイプのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

藤原産業『SK11 ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』

中型ながらコストパフォーマンスよし!

比較的リーズナブルに購入できる、口の開き幅が90mmの中型クロスバイス。中型でありながら重量は9.5kgと比較的軽量でコンパクトなつくりです。ハンドルダイヤル式なので、正確な位置決めをすることが可能。

クロスバイスをつけたいけれど、小型タイプはもの足りないという人や、中型のバイスがほしいけれどなるべくお金をかけたくない! という人に適しています。

PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』

PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』 PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』
出典:Amazon この商品を見るview item

日曜大工向け! とても安価なクロスバイス

クロスバイスのなかではかなり安価で売られている一品。口の開き幅も75mm、重量4.5kgと軽量で、慣れていない人でも扱いやすいです。スライド幅はX軸が75〜85mm、Y軸は95〜105mmと少し範囲は狭いので、小さなものの加工に適しています

なるべくコストを抑えて日曜大工やDIYを楽しみたいという人向けのクロスバイスです。

▼おすすめ5選|小型タイプ

最後は、小型タイプのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

TRUSCO『クロスバイス 75mm(CR-75N)』

TRUSCO『クロスバイス75mm(CR-75N)』 TRUSCO『クロスバイス75mm(CR-75N)』
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

TRUSCOの『クロスバイス 75mm(CR-75N)』はコンパクトで軽量なクロスバイス、はじめて使用する方でも扱いやすい商品と言えます。DIY初心者、まずはじめに買うのであればこちらをオススメいたします。

コンパクトサイズで使い勝手のいいクロスバイス

口の開き幅が68mmのコンパクトサイズのクロスバイス。コンパクトサイズでありながら、スライド幅もX軸149mm、Y軸110mmと横長の範囲の加工が可能です。

比較的軽量で扱いやすいため、小さめの対象物の加工をしたい人や、はじめてボール盤にクロスバイスを取りつけて作業をしようとしているDIY初心者向きの一品です。

エキスパートのおすすめ

エスコ『80mmクロススライドバイス(EA525DK-11)』

空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

ESCOの『クロススライドバイス 80mm(EA525DK-11)』は精度を重視して加工が可能なクロスバイスです。0.1mmの精度で加工可能です。

0.1mm単位でハンドル操作ができるクロスバイス

ハンドルダイヤルに0.1mm単位のメモリがついていて、X軸もY軸も0.1mmずつスライド移動をすることができるクロスバイスです。小さな単位でスライド移動が可能ですので、正確な位置づけが可能です。精密さを重視している分、販売価格もやや高め。

小さなサイズの対象物で、精密な加工をしたい人や、ほかのクロスバイスを使ったけれど精密さに欠けていて満足できないという人に適しています。

ESCO『クロススライド精密バイス 75mm(EA525DK-1)』

より精密な作業をしたい人へ!

ハンドルダイヤルのメモリが0.001mm単位で動かすことができるクロスバイス。口の開き幅は76mmとコンパクトなバイスではありますが、バイスを支える土台部分がかなりしっかりしており、ボール盤の振動でズレやガタつきを防ぎます。

ボール盤上で、かなり正確な位置づけや加工をしたいという人向けの一品です。

G-NET『ギガセレクション クロスバイス(GSQKF3)』

G-NET『ギガセレクションクロスバイス(GSQKF3)』 G-NET『ギガセレクションクロスバイス(GSQKF3)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

国内メーカーでコスパのいいクロスバイス!

口の開き幅が70mmと小型のクロスバイスのなかでも、8千円台と安価で販売されているクロスバイス。スライド幅がX軸90mm、Y軸120mと縦長の範囲内での加工が可能です。

加工できる範囲が縦長のほうが都合がいい人や、小型サイズで少しでも安価なクロスバイスを探しているという人向けのクロスバイスです。

F-BOX『2軸 スライドクロスバイス 88mm』

F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』 F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』 F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』 F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』
出典:Amazon この商品を見るview item

お試しの一台に! 小型クロスバイス

バイスの口の開き幅88mmと小型なクロスバイスです。ダイヤルハンドルつきで正確な位置決めをすることができますが、ガタがでやすいため自分でこまめにメンテナンスをするのが苦にならない人に向いています。

最初から改造目的で、とにかく安いクロスバイスがほしい! という人はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
ZIVI『クロスバイス 200mm』
TRUSCO『クロスバイス 125mm(CR-125N)』
DUTY JAPAN『2軸スライドクロスバイス 125mm』
藤原産業『SK11 ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』
PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』
TRUSCO『クロスバイス 75mm(CR-75N)』
エスコ『80mmクロススライドバイス(EA525DK-11)』
ESCO『クロススライド精密バイス 75mm(EA525DK-1)』
G-NET『ギガセレクション クロスバイス(GSQKF3)』
F-BOX『2軸 スライドクロスバイス 88mm』
商品名 ZIVI『クロスバイス 200mm』 TRUSCO『クロスバイス 125mm(CR-125N)』 DUTY JAPAN『2軸スライドクロスバイス 125mm』 藤原産業『SK11 ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』 TRUSCO『クロスバイス 75mm(CR-75N)』 エスコ『80mmクロススライドバイス(EA525DK-11)』 ESCO『クロススライド精密バイス 75mm(EA525DK-1)』 G-NET『ギガセレクション クロスバイス(GSQKF3)』 F-BOX『2軸 スライドクロスバイス 88mm』
商品情報
特徴 とにかく大きいサイズを加工したい人へ 125mm幅でスライド幅も大きいクロスバイス! 大きめサイズでコスパよし! 日曜大工に! 中型ながらコストパフォーマンスよし! 日曜大工向け! とても安価なクロスバイス コンパクトサイズで使い勝手のいいクロスバイス 0.1mm単位でハンドル操作ができるクロスバイス より精密な作業をしたい人へ! 国内メーカーでコスパのいいクロスバイス! お試しの一台に! 小型クロスバイス
X軸スライド幅 198mm 173mm - - 75~85mm 149mm 127mm - 90mm -
Y軸スライド幅 190mm 180mm - - 95~105mm 110mm 127mm - 120m -
口の開き幅 200mm 125mm 125mm 90mm 75mm 68mm 81mm 76mm 70mm 88mm
口の深さ 53mm 32mm 42mm 36mm 25mm 25mm 29mm 40mm 30mm 40mm
質量 36kg 12.7kg - 9.5kg 5kg 6.2kg 8.1kg 13.2kg 7.0kg -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る クロスバイスの売れ筋をチェック

Amazonでのクロスバイスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:バイス・万力ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ

今回はクロスバイスのおすすめ商品をご紹介しました。クロスバイスには、さまざまな種類があります。種類や用途など、ポイントを絞ってチェックすることで見つけやすくなりますよ。

ご紹介した内容を参考にして、あなたにぴったりのクロスバイスを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ドライバー工具おすすめ31選|手動式から電動式まで、使い勝手のいい商品を紹介

ドライバー工具おすすめ31選|手動式から電動式まで、使い勝手のいい商品を紹介

本記事では、DIYアドバイザーの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ドライバー工具の選び方とおすすめ商品をご紹介。初心者向けに「これさえあれば安心」という1本から、小型で収納しやすいドライバーまで、手動も電動も多彩にご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 工具 , 自動車・バイク用工具 , DIY

補強金具の種類と特徴|初心者向けに、DIYや建設現場で使われる商品を解説

補強金具の種類と特徴|初心者向けに、DIYや建設現場で使われる商品を解説

木材同士の補強や連結を行うための補強金具。決して目立つ存在ではありませんが、うまく設置することで感製品のクオリティを大幅に上げることができます。そのため、建築だけでなく、DIYなどを行う方も、ぜひとも用意しておきたいアイテムのひとつです。そこで本記事では、DIYや建設現場で使われる補強金具について、基礎知識や種類ごとの特徴を解説いたします。本記事を読めば、補強金具の必要性や、種類ごとの違いや目的を知ることができるはず。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 工具 , DIY

卓上フライス盤おすすめ11選|手動式・自動式など、金属・木材向けの商品を紹介

卓上フライス盤おすすめ11選|手動式・自動式など、金属・木材向けの商品を紹介

DIYで木材や金属の切削加工をする際に、かかる労力と時間、ケガのリスクを減らしてくれる便利な機械がフライス盤です。本記事では、卓上フライス盤の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , 作業用品

DIY・電子工作におすすめのハンダゴテ10選|初心者&プロ向けも紹介

DIY・電子工作におすすめのハンダゴテ10選|初心者&プロ向けも紹介

電子工作に使用するハンダゴテ。商品数も多く、加熱方式の違い、価格やワット数、性能も一つひとつ異なります。本記事では、空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんへの取材のもと、ハンダゴテの選び方とおすすめ商品をご紹介。初心者向けの使いやすいモデルや温度調節をはじめとした機能満載のプロ向けまでピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 工具 , DIY

手動・電動・ラチェット式も紹介!タイプ別ケーブルカッターおすすめ11選

手動・電動・ラチェット式も紹介!タイプ別ケーブルカッターおすすめ11選

ケーブルをカットするのに便利なケーブルカッター。ハンディタイプや電動タイプ・ラチェットタイプなど、さまざまなタイプがあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。本記事では、ケーブルカッターの基礎知識や選び方、そしておすすめをご紹介。電気工事で使用される商品をタイプ別にわかりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 工具 , DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。