クロスバイスのおすすめ11選|サイズ・機能・移動幅・精度で選ぶ【ボール版にも】

クロスバイスのおすすめ11選|サイズ・機能・移動幅・精度で選ぶ【ボール版にも】
空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。 【すわろチャンネル】 <a href="http://www.youtube.com/c/スワロちゃんねる" target="_blank">http://www.youtube.com/c/スワロちゃんねる</a>

対象物を固定し、X軸Y軸の2軸に移動する摺動部がついた「クロスバイス(X-Yテーブル)」。クロスバイスがあれば、ボール盤でも長穴を開けたり切削加工ができるようになってDIYをもっと楽しめるのに、と一度は考えたことがある人もいるのではないでしょうか。トラスコ(TRUSCO)やエスコ(ESCO)といったメーカーをはじめ、0.001mmを調整できる精度やクロスバイスじたいのサイズ差など、種類はさまざま。ここでは、大きめのものから小さめのものをはさむのに適しているクロスバイスの選び方と、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選んだおすすめのクロスバイスを紹介します。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確


クロスバイスの選び方 サイズ・用途・機能・移動幅・精度などに注目

台に固定されたクロスバイス
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

X軸・Y軸を自在に動かせるクロスバイスは、ボール盤で正確な位置決めやフライス加工をするのに必要不可欠な部品です。

クロスバイスを選ぶとき、はさむものの大きさに合ったサイズかどうか、どんな機能があるのかを購入する前に確認する必要があります。

買ってから後悔しないためにも、クロスバイスを選ぶうえで注意しておきたいポイントをまとめました。

サイズで選ぶ 目的に合った使い方ができるように

クロスバイスを選ぶ際、お手持ちのボール盤に取りつけて自分がしたい加工ができるかどうか、まずはバイスの高さや開き口の幅、口の深さの寸法をチェックしていきます。

以下、チェックの仕方や見方を詳細に説明していきます。

加工ができる高さかどうかをチェックする

クロスバイスは、X軸(左右)、Y軸(前後)を動かすことはできますが、バイス自体を上下に動かすことはできません。主軸操作レバーやテーブルの高さを変えることができるので、高さがたりず加工ができないということはめったにありませんが、実際にバイスを設置してみると高さが自分に合わずやりづらいということはありえます。

クロスバイスボール盤に設置し、実際に加工したいものを削ったり穴を開けたりできるかどうかをシミュレーションしておきましょう。

加工したいものをはさめる口の広さか

クロスバイスを使ううえで重要なポイントのひとつが、バイスの口の開き幅です。口の開き幅ではさめるものの大きさが変わります。口の開き幅は小さいもので75mm、大きいものですと200mmまで開くものがあります。

一般的に開き幅が大きいものほど価格も高くなります。自分の加工したいものに見合った開き幅のものを選ぶことが重要です。

口の深さも要チェック!

バイスの口の深さもまた重要で、口の深さではさめるものの厚みが変わります。口の深さは32〜53mmと幅広く、基本的に口の開き幅に比例して、大きくなるほど価格が高くなります。

なので、あまり厚みのないものを加工する場合は小さめのものを選ぶとコストがかからなくていいでしょう。

精度で選ぶ 0.001mm単位の調整など

クロスバイスのなかには0.001mm単位などのこまかいメモリで、はさんだものを動かすことができるものもあります。しかし、高い精度で位置決めができたり、ボール盤の作動時にブレにくいものはかなり高額になります

そこまで精度を求めていない、使ってみて自分で調整していくということであれば、精度を求めすぎない安価なものを購入したほうがいいです。

移動幅はどれくらいか確認しておく X方向、Y方向への

前後左右の移動幅が大きければ大きいほど、広範囲の加工が可能です。移動幅は一番小さいものでX軸もY軸も100mmほど、大きいものだと190mmほどで、こちらもバイスの開き幅やサイズに比例します。

バイスのサイズが大きいものはそれなりに高いので、広範囲の加工をしないのであればなるべく小さめのクロスバイスを選ぶといいでしょう。

どれほどの精度が必要かを把握することがポイント クロスバイス選びのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

クロスバイスはボール盤に取り付けて作業することもあり、その精度が重要となってきます。どれほどの精度が必要なのかをまず把握し、そこから価格と相談しながら選択するようにすれば良いでしょう。

クロスバイスのおすすめ3選(大型タイプ) 大きめの対象物をはさむのに最適

ボール盤をつかって大きめの対象物の加工や、広範囲の加工をしたいと考えている人もいるかと思います。

そんなときに役立つ大きめのクロスバイスを3品ご紹介します。

空間デザイン・DIYクリエイター

ZIVIの『クロスバイス 200mm』はスライド軸の振り幅が大きく、大きな範囲での加工が可能。大きなものを加工する方におすすめな商品です。

ボール盤での使用を考えている場合は、大きさが対応可能かどうかをあらかじめ調べておきましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ZIVI『クロスバイス 200mm』

ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』 ZIVI『クロスバイス200mm』

出典:Amazon

X軸スライド幅 198mm
Y軸スライド幅 190mm
口の開き幅 200mm
口の深さ 53mm
質量 36kg

とにかく大きいサイズを加工したい人へ

口の開き幅が200mmととにかく大きいものがはさめる大型のクロスバイスです。バイスの長さが192mmと長いのですが、重さも36kgとかなりの重量なため、大きなボール盤向きです。

スライド幅はX軸198mm、Y軸190mm。広範囲の加工が可能です。とにかく大きなものを広範囲で加工したいという人は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

TRUSCO『クロスバイス 125mm(CR-125N)』

TRUSCO『クロスバイス125mm(CR-125N)』 TRUSCO『クロスバイス125mm(CR-125N)』 TRUSCO『クロスバイス125mm(CR-125N)』

出典:Amazon

X軸スライド幅 173mm
Y軸スライド幅 180mm
口の開き幅 125mm
口の深さ 32mm
質量 12.7kg

125mm幅でスライド幅も大きいクロスバイス!

TRUSCOから発売されている、口の開き幅125mmの大きめのクロスバイスです。スライド幅がX軸173mm、Y軸180mmと、このクラスの大きさのバイスのなかでは大きいので広範囲の加工が可能です。

しっかりとしたつくりでガタつきも少ないのですが、重量が12.7kgとそれなりに重いので、重さのあるものを加工する場合は注意しましょう。広範囲の加工ができて、ガタつきのないものを探している人向きです。

Capri Tools『クロススライドバイス 150mm(CP10522)』

CapriTools『クロススライドバイス150mm(CP10522)』 CapriTools『クロススライドバイス150mm(CP10522)』 CapriTools『クロススライドバイス150mm(CP10522)』 CapriTools『クロススライドバイス150mm(CP10522)』 CapriTools『クロススライドバイス150mm(CP10522)』 CapriTools『クロススライドバイス150mm(CP10522)』

出典:Amazon

X軸スライド幅 -
Y軸スライド幅 -
口の開き幅 145mm
口の深さ 42mm
質量 18.3kg

アメリカ製の大型のクロスバイス!

アメリカの工具メーカーCapri Toolsから発売されている、口幅150mmのクロスバイスです。口の開き幅が145mmとかなり大きく、幅の大きいものをはさんで加工することができます。サビにくい鋳鉄を使用しているので、長期の使用に適しています

長く大事に使いたい人にはもちろん、大きいサイズのものを加工したい人に適しています。

クロスバイスのおすすめ3選(小型タイプ) 小さめの対象物をはさむのに最適

小さな対象物を、狭い範囲で加工したい場合は小さめのクロスバイスを選ぶといいですよ。そんな小さくてこまかい作業をするうえで役に立つ小さめのクロスバイスを3品ご紹介します。

空間デザイン・DIYクリエイター

TRUSCOの『クロスバイス 75mm(CR-75N)』はコンパクトで軽量なクロスバイス、はじめて使用する方でも扱いやすい商品と言えます。DIY初心者、まずはじめに買うのであればこちらをオススメいたします。

ESCOの『クロススライドバイス 80mm(EA525DK-11)』は精度を重視して加工が可能なクロスバイスです。0.1mmの精度で加工可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TRUSCO『クロスバイス 75mm(CR-75N)』

TRUSCO『クロスバイス75mm(CR-75N)』

出典:Amazon

X軸スライド幅 149mm
Y軸スライド幅 110mm
口の開き幅 68mm
口の深さ 25mm
質量 6.2kg

コンパクトサイズで使い勝手のいいクロスバイス

口の開き幅が68mmのコンパクトサイズのクロスバイス。コンパクトサイズでありながら、スライド幅もX軸149mm、Y軸110mmと横長の範囲の加工が可能です。

比較的軽量で扱いやすいため、小さめの対象物の加工をしたい人や、はじめてボール盤にクロスバイスを取りつけて作業をしようとしているDIY初心者向きの一品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ESCO『クロススライドバイス 80mm(EA525DK-11)』

ESCO『クロススライドバイス80mm(EA525DK-11)』

出典:楽天市場

X軸スライド幅 127mm
Y軸スライド幅 127mm
口の開き幅 81mm
口の深さ 29mm
質量 8.1kg

0.1mm単位でハンドル操作ができるクロスバイス

ハンドルダイヤルに0.1mm単位のメモリがついていて、X軸もY軸も0.1mmずつスライド移動をすることができるクロスバイスです。小さな単位でスライド移動が可能ですので、正確な位置づけが可能です。精密さを重視している分、販売価格もやや高め。

小さなサイズの対象物で、精密な加工をしたい人や、ほかのクロスバイスを使ったけれど精密さに欠けていて満足できないという人に適しています。

ESCO『クロススライド精密バイス 75mm(EA525DK-1)』

ESCO『クロススライド精密バイス75mm(EA525DK-1)』

出典:楽天市場

X軸スライド幅 -
Y軸スライド幅 -
口の開き幅 76mm
口の深さ 40mm
質量 13.2kg

より精密な作業をしたい人へ!

ハンドルダイヤルのメモリが0.001mm単位で動かすことができるクロスバイス。口の開き幅は76mmとコンパクトなバイスではありますが、バイスを支える土台部分がかなりしっかりしており、ボール盤の振動でズレやガタつきを防ぎます。

ボール盤上で、かなり正確な位置づけや加工をしたいという人向けの一品です。

クロスバイスのおすすめ5選(コスパ重視タイプ) お手ごろ価格で使える

「精度よりもコスパを重視したい」という人におすすめの、お手ごろ価格で使いやすいクロスバイスを5品ご紹介します。

藤原産業『SK11 ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』

藤原産業『SK11ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 藤原産業『SK11ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 藤原産業『SK11ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 藤原産業『SK11ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 藤原産業『SK11ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 藤原産業『SK11ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』

出典:Amazon

X軸スライド幅 -
Y軸スライド幅 -
口の開き幅 90mm
口の深さ 36mm
質量 9.5kg

中型ながらコストパフォーマンスよし!

比較的リーズナブルに購入できる、口の開き幅が90mmの中型クロスバイス。中型でありながら重量は9.5kgと比較的軽量でコンパクトなつくりです。ハンドルダイヤル式なので、正確な位置決めをすることが可能。

クロスバイスをつけたいけれど、小型タイプはもの足りないという人や、中型のバイスがほしいけれどなるべくお金をかけたくない! という人に適しています。

G-NET『ギガセレクション クロスバイス(GSQKF3)』

G-NET『ギガセレクションクロスバイス(GSQKF3)』 G-NET『ギガセレクションクロスバイス(GSQKF3)』

出典:楽天市場

X軸スライド幅 90mm
Y軸スライド幅 120m
口の開き幅 70mm
口の深さ 30mm
質量 7.0kg

国内メーカーでコスパのいいクロスバイス!

口の開き幅が70mmと小型のクロスバイスのなかでも、8千円台と安価で販売されているクロスバイス。スライド幅がX軸90mm、Y軸120mと縦長の範囲内での加工が可能です。

加工できる範囲が縦長のほうが都合がいい人や、小型サイズで少しでも安価なクロスバイスを探しているという人向けのクロスバイスです。

DUTY JAPAN『2軸スライドクロスバイス 125mm』

DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』 DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』 DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』 DUTYJAPAN『2軸スライドクロスバイス125mm』

出典:Amazon

X軸スライド幅 -
Y軸スライド幅 -
口の開き幅 125mm
口の深さ 42mm
質量 -

大きめサイズでコスパよし! 日曜大工に!

口の開き幅125mmとやや大きいタイプながら、抜群のコストパフォーマンスで販売されています。ガタが出やすいためクロスバイスに精密さを求める人には向いていません。

ですが、日曜大工やDIYで使うから多少のガタつきは気にならないという人や、ガタつきが気になったとしても自らの工夫や技術で抑えてみたいという人に適しています。

F-BOX『2軸 スライドクロスバイス 88mm』

F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』 F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』 F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』 F-BOX『2軸スライドクロスバイス88mm』

出典:Amazon

X軸スライド幅 -
Y軸スライド幅 -
口の開き幅 88mm
口の深さ 40mm
質量 -

お試しの一台に! 小型クロスバイス

バイスの口の開き幅88mmと小型なクロスバイスです。ダイヤルハンドルつきで正確な位置決めをすることができますが、ガタがでやすいため自分でこまめにメンテナンスをするのが苦にならない人に向いています。

最初から改造目的で、とにかく安いクロスバイスがほしい! という人はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』

PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』

出典:Amazon

X軸スライド幅 75~85mm
Y軸スライド幅 95~105mm
口の開き幅 75mm
口の深さ 25mm
質量 5kg

日曜大工向け! とても安価なクロスバイス

クロスバイスのなかではかなり安価で売られている一品。口の開き幅も75mm、重量4.5kgと軽量で、慣れていない人でも扱いやすいです。スライド幅はX軸が75〜85mm、Y軸は95〜105mmと少し範囲は狭いので、小さなものの加工に適しています

なるべくコストを抑えて日曜大工やDIYを楽しみたいという人向けのクロスバイスです。

「クロスバイス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ZIVI『クロスバイス 200mm』
TRUSCO『クロスバイス 125mm(CR-125N)』
Capri Tools『クロススライドバイス 150mm(CP10522)』
TRUSCO『クロスバイス 75mm(CR-75N)』
ESCO『クロススライドバイス 80mm(EA525DK-11)』
ESCO『クロススライド精密バイス 75mm(EA525DK-1)』
藤原産業『SK11 ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』
G-NET『ギガセレクション クロスバイス(GSQKF3)』
DUTY JAPAN『2軸スライドクロスバイス 125mm』
F-BOX『2軸 スライドクロスバイス 88mm』
PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』
商品名 ZIVI『クロスバイス 200mm』 TRUSCO『クロスバイス 125mm(CR-125N)』 Capri Tools『クロススライドバイス 150mm(CP10522)』 TRUSCO『クロスバイス 75mm(CR-75N)』 ESCO『クロススライドバイス 80mm(EA525DK-11)』 ESCO『クロススライド精密バイス 75mm(EA525DK-1)』 藤原産業『SK11 ボール盤用クロスバイス(SCV-100)』 G-NET『ギガセレクション クロスバイス(GSQKF3)』 DUTY JAPAN『2軸スライドクロスバイス 125mm』 F-BOX『2軸 スライドクロスバイス 88mm』 PAOCK『二次元バイス(GS-S107)』
商品情報
特徴 とにかく大きいサイズを加工したい人へ 125mm幅でスライド幅も大きいクロスバイス! アメリカ製の大型のクロスバイス! コンパクトサイズで使い勝手のいいクロスバイス 0.1mm単位でハンドル操作ができるクロスバイス より精密な作業をしたい人へ! 中型ながらコストパフォーマンスよし! 国内メーカーでコスパのいいクロスバイス! 大きめサイズでコスパよし! 日曜大工に! お試しの一台に! 小型クロスバイス 日曜大工向け! とても安価なクロスバイス
X軸スライド幅 198mm 173mm - 149mm 127mm - - 90mm - - 75~85mm
Y軸スライド幅 190mm 180mm - 110mm 127mm - - 120m - - 95~105mm
口の開き幅 200mm 125mm 145mm 68mm 81mm 76mm 90mm 70mm 125mm 88mm 75mm
口の深さ 53mm 32mm 42mm 25mm 29mm 40mm 36mm 30mm 42mm 40mm 25mm
質量 36kg 12.7kg 18.3kg 6.2kg 8.1kg 13.2kg 9.5kg 7.0kg - - 5kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クロスバイスの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのクロスバイスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:バイス・万力ランキング
Yahoo!ショッピング:クロスバイスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

クロスバイスに関するそのほかの記事はこちら 【DIY工具関連商品も要チェック】

DIYアドバイザーである野口 僚さんへの取材をもとに、おすすめのクランプと選び方のポイントをご紹介します。DIYで木材などの材料を固定するクランプ。切断するときのビビリやズレを解消できたり、接着するとき材料を押さえたりと、活躍する機会の多いアイテムです。CクランプやFクランプなどの形状や固定方...

電気工事のケーブル加工をする際に使用する「電工ナイフ」。折りたたみタイプや固定刃タイプ、グリップの素材や刃の素材など、さまざまな商品があります。自分がおもに行なう作業にはどのような商品が向いているのか、商品の特徴ごとに選び方や、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部のおすすめ商品をご紹介しま...

この記事では、レザークラフト作家のHARUさん監修のもと、ハトメパンチの選び方やおすすめ商品、ハトメパンチの使い方もあわせてご紹介します。ハトメを取りつける際に欠かせない道具が「ハトメパンチ」。ひとつあれば、紙や革などさまざまな素材にかんたんにハトメがつけられるため、おしゃれなDIYやキャンプ...

DIYアドバイザーが選ぶ卓上グラインダー5選をご紹介します。DIY作業をする際に1台あるととっても便利な卓上グラインダー。購入を検討している方も多いのではないでしょうか。ただ、取り扱いによっては、危険がともなうことも。そこで、DIYアドバイザーである鈴木ひろ子さんに、安全面や研磨能力、使い勝手...

一級建築士の神村さゆりさんへの取材を行い、電動カンナの選び方とおすすめ商品をうかがいました。毛羽立った板をつるつるに仕上げたり、曲がった板を平らにしたりなど、木材を削る道具、カンナ。熟練の大工さんは手押しで削り節のように美しい削りくずを作ったりしますが、カンナ掛け自体は刃の調整と相当な訓練を要...

クロスバイスの使い方 長く愛用するために

クロスバイスを長くつかうためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。ボール盤にくっつけてそのままにしておくとガタつきやサビの原因にもなります。

メンテナンスはかんたんにできるのでぜひ定期的におこないましょう。

定期的に微調整をおこなう

ボール盤でクロスバイスを使っていると、ボール盤の振動で緩みが生じ、ガタつきの原因になります。

使用前はもちろんのこと、使用しない期間があってもこまめに取付部分の調整をおこない緩みをなおしておくことで、最高の状態でガタつきも少なく加工ができますよ。

オイルはNG! グリスを使おう!

クロスバイスは使用しているとX軸、Y軸の摺動部(しょうどうぶ)の動きがどうしても鈍くなってきます。動きを潤滑にするためにはオイルスプレーではなくグリスを必ず塗ります。

グリスのほうがオイルを塗るよりも動きのよさが長持ちしますし、使うときに手や部品がベタベタすることもないですよ。

ボール盤に取りつけ、DIYの幅を広げよう

クロスバイスをボール盤に取りつけることで、穴あけ作業だけでなくこまかい切削作業もできるため、日曜大工やバイクなどの部品までDIYできます。

ボール盤が家にあって新たなフライス盤をおく場所がない人や、ボール盤にクロスバイスをつけて簡易的なフライス盤をつくって自分でアレンジしてみたいという人は、このページを参考にして自分にぴったりのクロスバイスを見つけてみてはいかがでしょうか。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


コンベックスのおすすめ9選|老舗のタジマやおしゃれなタイプも!最強の1台は?

コンベックスのおすすめ9選|老舗のタジマやおしゃれなタイプも!最強の1台は?

コンベックスとは、巻き取り式の金属製テープメジャーのこと。測量時には自立するのに、収容時には曲がるという特徴があります。木材を切るために長さを測ったり、家の間取り寸法を確認したりと、「ものづくり」には欠かせないアイテムです。今回は芸術大学教員でありDIYアドバイザーの野口僚さんに取材し、おすすめのコンベックスと選び方をお聞きしました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


エアブラシ用ハンドピースおすすめ9選【シングルアクション? ダブルアクション? それともトリガー?】

エアブラシ用ハンドピースおすすめ9選【シングルアクション? ダブルアクション? それともトリガー?】

エアブラシ用ハンドピースの選び方とおすすめの9商品をご紹介します。エアブラシ用ハンドピースはアートやプラモデルの塗装などによく使われている、低圧エアを使用した小型の霧化器具で、単純にエアブラシと呼ばれることもあります。この記事では住まいづくりナビゲーターの神村さゆりさんと編集部がタミヤやGSIクレオスの製品をはじめ、計9商品をご紹介。初心者にはわかりにくい「シングルアクション」「トリガーアクション」「ダブルアクション」などの操作方法についても解説します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクも掲載しました。各サイトの売れ筋商品や口コミもチェックしてみてください。


精密ドライバーおすすめ11選|こまかい作業の必須アイテム【家電製品やメガネなど】

精密ドライバーおすすめ11選|こまかい作業の必須アイテム【家電製品やメガネなど】

メガネやゲーム機、時計、家電製品などの細かい「ねじ」を締めたり緩めたりするのに、精密ドライバーは欠かせません。ねじにはそれぞれ規格がありますが、品質の悪いドライバーは、形状がねじに合わなかったり、力をかけた際にねじに負けて先端が欠けてしまったりすることがあるようです。では、精密ドライバーを購入するにはどのような点に気をつければいいのでしょうか。ITサポートエンジニアの古賀竜一さんに、精密ドライバーの選び方、おすすめ11選をうかがいました。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


【2020年】DIY用ジグソーおすすめ18選|初心者用からプロ用まで・機能も解説

【2020年】DIY用ジグソーおすすめ18選|初心者用からプロ用まで・機能も解説

木材や軟鋼板を切るのに使うDIY用ジグソー。普通のノコギリや丸ノコでは時間のかかる作業も素早く終わらせることができます。また、曲線や円形の切断もできるため、製作の幅が広がる便利なアイテムです。この記事ではDIYアドバイザーである末永 京さん、野口 僚さんへの取材をもとに、選び方のポイントとおすすめのDIY用ジグソーを紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


ワイヤーストリッパーおすすめ7選|使い方を理解し正しい製品を選ぶ!

ワイヤーストリッパーおすすめ7選|使い方を理解し正しい製品を選ぶ!

電線を覆っているチューブをはがす「ワイヤーストリッパー」。電気工事士に必須の工具で電気工作やDIYにも幅広く活躍します。ホーザンやベッセルといった代表的なメーカーをはじめ、手動や自動タイプなどさまざまな種類が販売されています。そこで、空間デザイン・DIYクリエイターに選び方のポイントとおすすめの商品をうかがしました。ラクに作業を行うことができる商品や家庭用はもちろん、プロ用にもピッタリの商品を紹介していきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


関連するブランド・メーカー


TRUSCO(トラスコ中山) 藤原産業

新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る