スキー・スノーボード用ワックスおすすめ10選|プロのスノボコーチに取材!

スキー・スノーボード用ワックスおすすめ10選|プロのスノボコーチに取材!
プロスノーボードコーチ
出口 超

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。 著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。 人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立高原スキー場(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。

プロのスノーボードコーチ・出口 超さんと編集部が選ぶ、おすすめのスキー・スノーボード用ワックス10選を紹介します! スキーやスノーボードの爽快さを存分に楽しむなら、充分なメンテナンスが欠かせません。なかでもとくに重要なのが板にかける「ワックス」。ホットワックスと簡易ワックスがありますが、どちらを選ぶべき? この記事では商品の選び方も解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。記事後半では各通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています。


スキー・スノーボード用ワックスの選び方 プロのスノボコーチに聞いた!

ワックスで手入れされたグラトリ板
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

滑走する爽快感がたまらないスキーやスノーボードは、こまめなメンテナンスが不可欠です。なかでも「ワックス」の役割は大きいといえるでしょう。

ただしワックスの種類は多く、いろいろな説明書きはあるものの、結局どれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか? ここではどんな場合にどんなことに注意して選ぶといいのか、スキー・スノーボード用ワックス選びのポイントを解説します。

使う場所の雪質や雪温で選ぶ

ワックスを選ぶときは、まず「よく使うか、どのように使うか」を考えます。スキースノボ板をよく使うならその回数に耐えられるようしっかり滑走面を守らなくてはなりませんし、レンタル板を使うときもできるだけ滑りやすいようかんたんにかけられるワックスが必要です。

具体的にチェックすべき項目は次の3つです。
1)対応する雪質:ドライ〜ウェット・パウダーなど
2)対応する雪温:雪の温度
3)使用方法:アイロンを使う、スポンジで塗って拭きとるなど

どんな雪なのか、どのように使うかをよく考え、それに合ったワックスを選びましょう。

ホットワックスと簡易ワックス

スキーワックスはおもに「簡易ワックス」「ホットワックス」に分けられます。

簡易ワックスは塗るのがかんたんで滑る直前に仕上げられるものが一般的。一方でホットワックスはアイロンを使ってじっくりと手間をかけて塗布します。両者には効果にも大きな違いがあるため、事前におさえておきましょう。

レジャーにおすすめなのは「簡易ワックス」

思い立ってスキーに行くような「レジャー」で楽しむなら、簡易ワックスがおすすめです。簡易ワックスはかんたんに塗布できますが効果はあまり長続きしません。そのため、スキー場でのレンタル板にさっと塗布することができ、短い間でも高い滑走性を得られます。

塗布の方法もさまざまで、簡易ワックスはエアーゾルタイプやスティックタイプといった、とにかく手軽に塗布できるものが多いので使用シーンで選んでもよいでしょう。

また、ワックス塗布前に滑走面をきれいにするクリーナーやブラシがセットになっているものもあります。ワックスの効果は同じですから、まずはこれでワックスの使い心地を感じてみるのもよいでしょう。

上級者向けの「ホットワックス」

毎年何回もスキーを楽しむ上級者は、スキー板やスノーボードにもこだわりがありシーズン前からきちんとメンテナンスすることでしょう。そんな上級者には「ホットワックス」がおすすめです。

ホットワックスの塗布は一般に多くの手間や時間がかかります。ただ、それだけ得られる効果は高く長続きするので、スキー板やボードをきちんと維持・保管するためには欠かせません。

もともと雪質や雪温ごとに適したワックスを選ぶことが重要ですが、最近はどんな雪にも対応できるオールラウンドタイプを使うユーザーも増えています。

使用頻度や滑るシーンに合わせて選びましょう プロスノーボードコーチのアドバイス

プロスノーボードコーチ

スキーやスノーボードを最適な状態で使うのに必要なワックス。使用頻度や滑る地域、滑走日数により簡易ワックスを選ぶのか、ホットワックスを選ぶのかを決めることが重要です。

簡易ワックスの場合は、携帯性や手軽さで選ぶのがひとつの基準。ホットワックスなら雪温にこだわるか、オールラウンドなどの汎用性で選ぶかです。それぞれのシーンに合わせて選びましょう。

ホットワックスのおすすめ5選 スキー・スノーボードに!

ここからは、プロのスノーボードコーチ・出口 超さんと編集部で選ぶ、おすすめのホットワックス5選を紹介します!

プロスノーボードコーチ

TOKO『オールインワンワックス』はやや高価ですが、これひとつですべての雪質に対応できるならお買い得。雪温に応じてワックスを変えるのが面倒だという人におすすめのワックスです。

チームレスキュー『レスキュー無双』は、ワックスというよりは滑走面をコーティングします。毎回ワックスをするのが面倒だという人にはとくにおすすめ。汚れに強いため、春雪での滑走に高い滑走性を持続してくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TOKO(トコ)『オールインワンワックス』 プロのスノボコーチが推薦!

TOKO固形ワックスオールインワン120g205502005(Men's、Lady's)

出典:楽天市場

タイプ ホットワックス
容量 120g
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 0℃~-30℃

全天候・全雪質対応で初心者にも安心

全天候・全雪温に対応しているので、使い分けの面倒がなく使いやすいワックスです。使ったあとはしっかり収納できるケースに入っているので、ワクシング初心者でも比較的かんたんに使えます。

浸透性が高い点もとても優秀。フッ素無添加で、生分解されるため安心・安全に使いたい方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

チームレスキュー『レスキュー無双』 プロのスノボコーチが推薦!

スキーワックスの常識を覆す!<レスキュー無双60g>

出典:楽天市場

タイプ ホットワックス
容量 60g
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 -

ほとんどの雪質で高い滑走性・持続性を持つ

主素材にパラフィンではなくポリエチレンを使用。そのためわずらわしい重ね塗りが不要です。にもかかわらず、滑走性は高く、使っても5〜7日程度は持つので毎日塗る手間もかかりません。

さらにポリエチレンは雪温の変化に強く、汚れに強いため室内ゲレンデや春の雪など幅広い雪温にしっかり対応! 高い滑走性を維持しながら長く楽しむことができます。

コンケスト『VOLAアベレージJ200(CWV20R)』

VOLA(ボラ)VOLAアベレージJ200(CWV20R)【smtb-s】

出典:楽天市場

タイプ ホットワックス
容量 200g
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 -8度~3度

ミクシング不要のお手軽ホットワックス

VOLAが日本の雪質・雪温などの最新平均的ゲレンデデータをもとに独自にブレンドしたワックスです。

ホットワックスによくあるミキシングをしなくても単体で充分なパフォーマンスをえられるので、メンテナンスの手間がかけられない方におすすめです。

また、ワックス量も200gと多めなのもうれしいポイント。

ホルメンコール『ホットワックス ハイドロカーボンミックスワックス』

【3/25はエントリー&楽天カードで最大P12倍】ホルメンコールホットワックスハイドロカーボンミックスワックスウルトラミックスブルー2×35gスキースノーボード(24124)チューンナップ用品HOLMENKOL

出典:楽天市場

タイプ ホットワックス
容量 35g×2
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 -14℃〜-20℃

全雪温・全雪質対応のオールラウンドワックス

ホルメンコールはさまざまなワックスを製造しているブランドです。高い滑走性能を得るために、ホルメンコールのいろいろなワックスを組み合わせて塗るという使い方も。なかでもこの製品は、ワールドカップで多く使用されているレーシングベースワックスです。

おもに雪温-14~-20℃で使用。湿雪から乾いた雪まで幅広くカバーします。

IGNIO(イグニオ)『ホットワックス ベースワックス 新雪用(IG-5T0217H)』

【3/25はエントリー&楽天カードで最大P12倍】イグニオホットワックスベースワックス新雪用IG-5T0217Hスキースノーボードチューンナップ用品IGNIO 【3/25はエントリー&楽天カードで最大P12倍】イグニオホットワックスベースワックス新雪用IG-5T0217Hスキースノーボードチューンナップ用品IGNIO

出典:楽天市場

タイプ ホットワックス
容量 -
対応する雪質 パウダー(新雪)
対応する雪温 -10℃~-2℃

雪温-10〜-2℃のパウダースノーで実力を発揮

アルペンが2006年に立ち上げたプライベートブランド「イグニオ」。子ども用から大人用まで、ウエアや小物類などさまざまなアイテムを展開しています。そんなイグニオのホットワックスは、すぐれたコストパフォーマンスが魅力です。

新雪用のこの商品は、パウダースノーなどで滑走力がアップ! 気温-6〜+4℃、雪温-10〜-2℃の状況で使えます。

簡易ワックスのおすすめ5選 スキー・スノーボードに!

ワンシーズンに何度もスキーに行かない、思いついたら行くといったユーザーには、手軽でかんたんに塗れる「簡易ワックス」が便利です。

ここからは、プロのスノーボードコーチ・出口 超さんと編集部で選ぶ、おすすめの簡易ワックス5選を紹介します!

プロスノーボードコーチ

DOMINATORの『HYPER ZOOM PASTE』は私も愛用している一品。高性能なのに価格も控えめ。持ち運びにも便利なコンパクト形状なのでおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOMINATOR(ドミネーター)『HYPER ZOOM PASTE』 プロのスノボコーチが推薦!

DOMINATOR(ドミネーター)HYPERZOOMPASTE60mlHZP

出典:Amazon

タイプ 簡易ワックス
容量 60ml
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 -

サーモアクティブシステムで手軽に快適な滑り心地

ペースト状なので、トレーニングの合間や、レジャーとしてのスキースノボ板にも手軽にワクシングできます。

このシリーズが持つほかにはない特徴が、ワックス自体が雪の状況や雪温を判断し、硬度を変化させる「サーモアクティブシステム」。これにより使う状況に応じてワックスを変える必要がなく、楽しむための手間が非常に少なくなります。

Gallium(ガリウム)『GENERAL F220』

GALLIUM(ガリウム)GENERAL・F220(220ml)SW2086

出典:Amazon

タイプ 簡易ワックス
容量 220ml
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 -

手軽に使える缶タイプのアイテム! 持続性も充分

スポンジで塗りつけるタイプの簡易缶ワックスです。手を汚す使えるのがメリット。リムーバーなどで滑走面をキレイにしたあと全体に塗り広げ、ナイロンブラシなどで擦るというかんたんなステップで塗ることができます。

フッ素配合であらゆる雪質に対応。ガリウムも配合しているため、パラフィンのみのワックスより5倍以上持続力がある点も魅力です。

SWIX(スウィックス)『スキー・スノーボード用ワックス フッ素エアゾール(XF0220J)』

SWIX(スウィックス)スキースノーボードワックスフッ素エアゾール220mlXF0220J SWIX(スウィックス)スキースノーボードワックスフッ素エアゾール220mlXF0220J SWIX(スウィックス)スキースノーボードワックスフッ素エアゾール220mlXF0220J SWIX(スウィックス)スキースノーボードワックスフッ素エアゾール220mlXF0220J SWIX(スウィックス)スキースノーボードワックスフッ素エアゾール220mlXF0220J SWIX(スウィックス)スキースノーボードワックスフッ素エアゾール220mlXF0220J

出典:Amazon

タイプ 簡易ワックス
容量 220ml
対応する雪質 -
対応する雪温 -

かんたんで便利に使えるエアゾールタイプ

このワックスは、滑る直前にも手軽に使えるエアゾールタイプです。さらにうれしいのが、ワクシングだけでなく滑走面に汚れがあるとき、塗ってすぐ拭き取ればキレイにしてくれるリムーバー効果があること。

シーズン中も、これが1本あればワクシングとクリーニングどちらにも使えて、初心者から上級者まで便利に使えます。

TOKO(トコ)『express MAXI』

TOKO(トコ)スプレーワックスエクスプレスマキシ200ml5509256液体ワックススキー&スノーボードチューンナップ【C1】

出典:Amazon

タイプ 簡易ワックス
容量 200ml
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 -

雪質問わず使える手軽さが魅力の液体ワックス

200mlという充分な容量。そこまで頻繁にゲレンデに通わない初級〜中級スキーヤーであればシーズンとおして使えるでしょう。

幅広い環境に対応できる簡易液体ワックスで、雪質や雪温を考えずに使用可能。「雪山の環境に合わせて使い分けるのが面倒」という初心者の方にもおすすめです。ベンジンやフッ素を使用していないエコ仕様であることも特徴のひとつ。

SWIX(スウィックス)『ユニバーサルF4ペースト(F4-75C)』

[スウィックス]F4ペースト75mlF4-75C

出典:Amazon

タイプ 簡易ワックス
容量 75ml
対応する雪質 全雪質
対応する雪温 オールラウンド

より早くかんたんに塗れて滑走面も保護

ワクシングで「より早くかんたんに塗る」ことを追求したワックスです。ペースト状で誰でもかんたんに塗ることが可能。フッ素配合で汚れにも強く、手軽にメンテナンス、保管の準備をするならぴったりでしょう。

手軽ながら、爽快な滑走性と滑走面の保護効果を兼ね備えており、オフシーズンでは保管時のさび防止効果も。

しっかり保管したいけれど、手間はかけたくないという方におすすめのワックスです。

「スキー・スノーボード用ワックス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TOKO(トコ)『オールインワンワックス』
チームレスキュー『レスキュー無双』
コンケスト『VOLAアベレージJ200(CWV20R)』
ホルメンコール『ホットワックス ハイドロカーボンミックスワックス』
IGNIO(イグニオ)『ホットワックス ベースワックス 新雪用(IG-5T0217H)』
DOMINATOR(ドミネーター)『HYPER ZOOM PASTE』
Gallium(ガリウム)『GENERAL F220』
SWIX(スウィックス)『スキー・スノーボード用ワックス フッ素エアゾール(XF0220J)』
TOKO(トコ)『express MAXI』
SWIX(スウィックス)『ユニバーサルF4ペースト(F4-75C)』
商品名 TOKO(トコ)『オールインワンワックス』 チームレスキュー『レスキュー無双』 コンケスト『VOLAアベレージJ200(CWV20R)』 ホルメンコール『ホットワックス ハイドロカーボンミックスワックス』 IGNIO(イグニオ)『ホットワックス ベースワックス 新雪用(IG-5T0217H)』 DOMINATOR(ドミネーター)『HYPER ZOOM PASTE』 Gallium(ガリウム)『GENERAL F220』 SWIX(スウィックス)『スキー・スノーボード用ワックス フッ素エアゾール(XF0220J)』 TOKO(トコ)『express MAXI』 SWIX(スウィックス)『ユニバーサルF4ペースト(F4-75C)』
商品情報
特徴 全天候・全雪質対応で初心者にも安心 ほとんどの雪質で高い滑走性・持続性を持つ ミクシング不要のお手軽ホットワックス 全雪温・全雪質対応のオールラウンドワックス 雪温-10〜-2℃のパウダースノーで実力を発揮 サーモアクティブシステムで手軽に快適な滑り心地 手軽に使える缶タイプのアイテム! 持続性も充分 かんたんで便利に使えるエアゾールタイプ 雪質問わず使える手軽さが魅力の液体ワックス より早くかんたんに塗れて滑走面も保護
タイプ ホットワックス ホットワックス ホットワックス ホットワックス ホットワックス 簡易ワックス 簡易ワックス 簡易ワックス 簡易ワックス 簡易ワックス
容量 120g 60g 200g 35g×2 - 60ml 220ml 220ml 200ml 75ml
対応する雪質 全雪質 全雪質 全雪質 全雪質 パウダー(新雪) 全雪質 全雪質 - 全雪質 全雪質
対応する雪温 0℃~-30℃ - -8度~3度 -14℃〜-20℃ -10℃~-2℃ - - - - オールラウンド
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スキー ワックスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスキー ワックスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スキー・スノーボード用ワックスランキング
楽天市場:ワックスランキング
Yahoo!ショッピング:スキーワックスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】スキーやスノボで役立つ商品情報はこちら!

家電ライターの河原塚英信さんに取材し、スマホ用防水ケースを選ぶときのポイントとおすすめ商品を紹介します。海辺やプールで記念撮影をしたり、登山や釣りなどのアウトドアを楽しんだりするときにスマホが水にぬれてしまわないか、気になりますよね。そんなときに役立つものがスマホ用の防水ケースです。なかにスマ...

キャンプライターの中山一弘さんに、アウトドア用の財布についてうかがいました。アウトドアでは少しでも荷物を減らして、身軽になりたいシーンが多くあります。ふだん使っている財布をそのまま持って出かけたら思いのほかかさばって、文字どおり「重荷」になってしまった、なんていう経験はありませんか。アウトドア...

作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにバラクラバ(目出し帽)のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。防寒性に優れ、ウィンタースポーツやロードバイクなどで使用することも多いバラクラバですが、夏場に嬉しいUVカット機能付きのタイプや、花粉をカットしてくれるタイプなど種類がさまざまです。この記...

安全にスノーボードを楽しむためには欠かせないゴーグル。OAKLEY(オークリー)、SMITH(スミス)、SWANS(スワンズ)、DRAGON(ドラゴン)などのブランドが定番かつ人気です。曇りにくさやレンズのカラー、フィット感も重要なポイントです。おしゃれなデザインの商品も多いので、どれを選べば...

スノーボードを楽しむ際、顔や首もとは直接外気に触れることが多い部分ですよね。地域や季節に関係なく、寒さや日焼けから身を守るためにもネックウォーマーは用意しておきたいアイテム。通気性の高いものや顔まで覆うことのできるタイプなど、暖めるだけではない機能性の高さがスノーボーダーから注目を集めています...

まとめ

この記事では、スキー・スノーボード用ワックスの選び方とおすすめ商品を紹介しました。

こだわりを持って選ぶならならホットワックス、手軽に楽しんだりメンテナンスしたいなら簡易ワックスがおすすめです。ただ、いずれの場合も使う場所の雪質や雪温に合わせることが大切です。使用シーンや雪質、天気などの状況に合ったワックスで快適な滑りを手に入れましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スノボネックウォーマーおすすめ5選|おしゃれなフード付きもご紹介

スノボネックウォーマーおすすめ5選|おしゃれなフード付きもご紹介

スノーボードを楽しむ際、顔や首もとは直接外気に触れることが多い部分ですよね。地域や季節に関係なく、寒さや日焼けから身を守るためにもネックウォーマーは用意しておきたいアイテム。通気性の高いものや顔まで覆うことのできるタイプなど、暖めるだけではない機能性の高さがスノーボーダーから注目を集めています! この記事では、プロスノーボードコーチの出口 超さんに聞く、スノボネックウォーマーの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。機能的で使い勝手のいいネックウォーマーを手に入れて、快適にスノーボードを楽しんでくださいね。


スノボゴーグルおすすめ6選と選び方【ハイテクで高性能なものや曇りにくい商品も】

スノボゴーグルおすすめ6選と選び方【ハイテクで高性能なものや曇りにくい商品も】

安全にスノーボードを楽しむためには欠かせないゴーグル。OAKLEY(オークリー)、SMITH(スミス)、SWANS(スワンズ)、DRAGON(ドラゴン)などのブランドが定番かつ人気です。曇りにくさやレンズのカラー、フィット感も重要なポイントです。おしゃれなデザインの商品も多いので、どれを選べばいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。本記事では、プロスノーボードコーチ出口 超さんにおうかがいしたスノボゴーグルの選び方と、おすすめ商品を紹介します。プロの視点を参考に、自分に適したスノボゴーグルを見つけましょう。売れ筋ランキングも参考にしてください。


スキーヘルメットおすすめ10選|初心者からプロ向けまで、メーカー別に徹底紹介!

スキーヘルメットおすすめ10選|初心者からプロ向けまで、メーカー別に徹底紹介!

ウィンタースポーツの代表格であるスキーを安全に楽しむために欠かせないのが、スキー用のヘルメット。ロシニョールやGIRO、SWANといったいろいろなブランドから非常に多くのスキーヘルメットが発売されています。そのうえフリースタイル、レーシング用などモデルの違いもあって、どれを選んだらいいのか迷う人も多いことでしょう。ここでは、スキーヘルメットの選び方のポイントをプロスノーボードコーチの出口超さんとともにしっかり解説、評判のよいスキーヘルメット10選を紹介します。選び方のポイントとあわせてチェックしてください。


スノボ用ヘルメットおすすめ10選|メーカーや機能をチェック!

スノボ用ヘルメットおすすめ10選|メーカーや機能をチェック!

スノーボードは今ではスキーと並ぶウィンタースポーツとして定着しました。スノーボードでは、接触や転倒に備えて頭部をしっかりガードするヘルメットが重要なアイテム。デザインも機能もいろいろなものがあって、選ぶとなると迷ってしまいがちです。この記事では、スノボ用ヘルメットの選び方を解説するとともに、おすすめの商品を紹介します。自分に合うものを選んで安全にスノーボードを楽しんでくださいね。


スノーボードケースおすすめ7選 | 移動方法で選ぶキャスター付きやリュック式

スノーボードケースおすすめ7選 | 移動方法で選ぶキャスター付きやリュック式

ウィンタースポーツのなかでもスキーとならんで人気のスノーボード。マイボードを使うなら、運ぶ際にスノーボードケースが必要となります。多くのメーカーから発売されていて、2wayタイプや3wayタイプ、キャスターつきやリュック式など、いろいろな機能がついています。この記事では、スノーボードケースの選び方を解説し、プロスノーボードコーチである出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめのスノーボードケースを紹介します。購入する際の参考にしてください。


新着記事


浴室手すりおすすめ11選 | お風呂にかんたん設置、工事不要な商品を紹介!

浴室手すりおすすめ11選 | お風呂にかんたん設置、工事不要な商品を紹介!

住宅コンサルタントの森 雅樹さんと編集部が選んだ浴室手すりのおすすめ商品11選を紹介します。浴室での介護や転倒事故防止に必要な浴室手すり。取りつけには工事費が必要になる商品もありますが、自分でかんたんに設置できるタイプの浴室手すりも発売されています。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


バイオリンケースのおすすめ12選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンケースのおすすめ12選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンを購入する際に一緒に選ぶことが多いバイオリンケースですが、形や木製から樹脂加工まで素材もさまざまです。持ち運びの便利さや保管性能などがまったくことなるため、最初のうちはどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで本記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のあるピアノ講師の山野辺祥子さんに取材し、バイオリンケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【耳毛カッターおすすめ12選】パナソニック、フィリップス、ブラウンなど厳選紹介!

【耳毛カッターおすすめ12選】パナソニック、フィリップス、ブラウンなど厳選紹介!

この記事では、医療ライターの宮座美帆さん監修のもと、耳毛カッターの選び方とおすすめの商品を厳選! パナソニックやフィリップス、ブラウンや貝印などさまざまなメーカーの製品を紹介します。耳毛に特化したものや、アタッチメント付きでほかのムダ毛処理に使えるものも。記事の後半では、各通販サイトの人気ランキングも掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

フードコーディネーターの倉田沙也加さんへの取材をもとに、アガベシロップの選び方とおすすめの商品を厳選! 低GI値食品として注目を集める「アガベシロップ」。製法や添加物の有無など、選ぶ際に気にすべきポイントはたくさんあります。この記事を参考に、ふだんの生活にも取り入れやすいアガベシロップをみつけてくださいね。


【40代向け】シャンプーおすすめ12選|頭皮のケアに! アミノ酸系シャンプーも紹介

【40代向け】シャンプーおすすめ12選|頭皮のケアに! アミノ酸系シャンプーも紹介

コスメコンシェルジュのさくらさん監修のもと、40代におすすめのシャンプーの選び方とおすすめの商品を紹介! 40代になると、髪のハリやコシがなくなってきたり、頭皮の乾燥が気になりはじめたりします。そんな悩みにアプローチできるものや、頭皮のことを考えたものを選ぶことが大切です。この記事を参考に、自分にぴったりなシャンプーをみつけてみてくださいね。


人気の記事


>>総合ランキングを見る