ハンディスキャナおすすめ10選|アイリスオーヤマ、ブラザーの人気製品など

ハンディスキャナおすすめ10選|アイリスオーヤマ、ブラザーの人気製品など
IT・家電ライター
河原塚 英信

デジタル系トレンド情報誌の編集者を経て、フリーランスの編集ライターへ。 テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、ドローンなどのデジタル製品を中心に執筆。 生活家電専門サイト『家電 Watch』の、編集記者でもある。

IT・家電ライターである河原塚英信さんに監修いただき、ハンディスキャナのおすすめ商品と選び方をご紹介します。据え置きタイプのスキャナーや複合機などがなくても、書類や図面、写真などを手軽に写しとれる便利なハンディスキャナ。「場所を選ばずに使える」という手軽さが魅力です。どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。


ハンディスキャナの用途

スキャナは印刷物や写真などを読み込んでコンピュータで扱えるデジタル画像へと変換(スキャン)する機器のことです。そして、ハンディスキャナとは持ち運び可能で携帯できる手動タイプを指します。

スキャナはコピー機と一体化した複合機に搭載されていることが多いのですが、複合機のような据え置きの機器は場所を取ったり、手軽に使いにくかったりすることも。置き場所に困らず、どこでもスキャンしたいというニーズに応えられるアイテムがハンディスキャナです。

ハンディスキャナの選び方 IT・家電ライターに取材

解像度や携帯の便利さといった機能面で商品の特徴を把握して、自分のニーズに適合したものを選択しましょう。

解像度を重視して選ぶ

デジタル画像は画像を格子状に細分して作られます。この細分の度合いを示すのが解像度で、解像度が高いほど精細で原本に忠実な画像となります。そこで「より原本に近い画像にしたい」という場合は、「より解像度が高いハンディスキャナ」を選択する必要があります。

ただ、ハンディスキャナは基本的に手で持って動かす仕組みなので、非常に高い精度の表現には少し不向きです。解像度が300dpiほどあれば粗すぎない画質として充分使えるでしょう。

持ち運びの利便性で選ぶ

「ハンディ」の呼称が示すとおり、ハンディスキャナの利点は「持ち運びできる」という携帯性にあります。

本体があまりコンパクトすぎると、A4サイズなどの書類のスキャンがしづらいといったデメリットが出てくるので、携帯性と機能性のバランスを考えて選んでみましょう。

機能性と性能重視で選ぶ

紙媒体をスキャンする場合に「より機能性が充実した高性能のものがほしい」という人もいるでしょう。

スキャンした画像をWi-FiやBluetoothで転送できたり、書面用・画像用でスキャンモードが変えられたりと、アイテムによって機能はさまざま。使用シーンや用途に合わせて選んでみましょう。

PCメモリの選び方の重要ポイント IT・家電ライターからのアドバイス

IT・家電ライター

手軽に持ち運べて外出先でも書類を歪みなくスキャンできるのが、スマホのカメラと比べての優位性になります。いずれも付属ソフトについては過度な期待は禁物です。例えばハンディスキャナで読み取ったJPGデータをGoogleフォトに保存すれば、高い精度で文字認識(OCR)してくれますよ。

機能性に富んだハンディスキャナ10選 IT・家電ライターと編集部が選んだ

価格・性能・携帯性・利便性などそれぞれのニーズに着目して、ハンディスキャナをご紹介します。

IT・家電ライター

brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』はスキャンしたデータをSDカードに記録できるほか、スマホやタブレットへWi-Fiでデータ転送できます。外出先でもPCやスマホでかんたんにデータを確認できて便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』

brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』 brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』 brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』 brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』 brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』 brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』

出典:Amazon

解像度 600×600dpi
原稿サイズ 幅55~215.9×長さ90~812.8mm
インターフェース USB2.0高速
サイズ 52.5×308×40.7mm
重量 約480g

リチウムイオン電池搭載でコンセントいらず

こちらは、リチウムイオン電池が搭載された商品で、コンセントがない場所でも使用可能。1回の充電での使用可能回数は約450回なので、バッテリー切れの心配も少ないという点が特徴です。

本体を動かしてスキャンするのではなく、紙を吸い込ませるタイプなので画像のズレが生じにくいのも魅力。紙を挿入口に当てると自動でスキャンを進めてくれるので、多くの枚数をスキャンする際に使いやすいでしょう。

IT・家電ライター

外出先で書類を歪みなくスキャンしたいなら、Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』はコンパクトで持ち運びやすくおすすめです。好みにもよりますが、どこでも手に入れられる単3形乾電池(2本)で駆動するのも便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』

Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』

出典:Amazon

解像度 300・600・900dpi
原稿サイズ A4まで
インターフェース USB2.0
サイズ 30×257×245mm
重量 約150g

読み取り設定がこまかく選べる

3種類の解像度を選択できるので、文字や写真などスキャンしたい媒体によって過不足なくデータ化できます。保存形式もPDFかJPEGから選べるので、ニーズに合わせたファイルが作成できますよ。

OCR機能も搭載されているので、文字データをテキスト化して編集するのも自在。しかもPCやメディアに保存することなくソフトへの直接貼り付けが可能です。乾電池式なので、うっかり充電を忘れてしまったという事態も防げます。

IT・家電ライター

サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』は使用場所や用途によってスキャン方法を選べたり、読み取り解像度を300/600/1200dpiの3段階から選択できるのがうれしいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』

サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』

出典:Amazon

解像度 300・600・1200dpi
原稿サイズ 幅最大216mm
インターフェース USB2.0準拠
サイズ 約39×260×26.5mm
重量 スキャナー本体:約146g

2WAYでニーズに合わせて使い分けできる!

ハンディタイプとシートフィードタイプ(書類を吸い込ませる方式)の2WAYタイプ。外出先とデスクワークで使い分けできるので、多忙なビジネスパーソン向けのアイテムです。シートフィードは自動読み取り式なので、スキャナにお任せできます。

スキャン画像がすぐ見られる液晶画面を搭載しているので、会議資料などの書類をすばやく確認して使いたい人にもおすすめです。

Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』

Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』

出典:Amazon

解像度 300・600・1050dpi
原稿サイズ A4、A5、5R、4R、3R以下
インターフェース USB2.0高速
サイズ 40×255×27mm
重量 204g

カラー液晶画面搭載ですぐに画像チェック!

解像度が低・高・精細の3段階で切替え可能。シンプルなボタン操作でスキャンやモードの切り替えができるので、届いてすぐに使いはじめられます。

カラー液晶ディスプレイでスキャンした画像をすぐに確認可能。Wi-Fi接続でスマートフォンやタブレットなどに転送できるので、パソコンがないという方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』

アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』 アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』 アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』 アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』 アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』

出典:Amazon

解像度 300×300dpi
原稿サイズ 幅540×長さ1200mm
インターフェース USB2.0高速
サイズ 91×20mm
重量 -

名刺のスキャン向きの小型タイプ

手のひらに収まる小型サイズ。カバンのなかに入れてもかさばりにくいです。デスク上で名刺などの紙媒体を頻繁にスキャンしたいという、ビジネスマンに適したアイテムといえるでしょう。

USB接続することで、エクセルやワードなどにスキャン画像を直接貼り付けることのできる「ピクチャーダイレクト機能」が魅力的。お仕事の作業効率をアップしてくれます。

MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』

MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』

出典:Amazon

解像度 300・600・900dpi
原稿サイズ A4(216mm以内)
インターフェース USB2.0
サイズ 30×255×30mm
重量 約150g

シンプルなスタイルで名刺からA4まで対応

約4秒で自動保存するスピーディーさが魅力のハンディスキャナ。スキャンした書類の文字情報をテキストデータ化できる『OCR機能』付きです。

3分経過すると自動的に電源オフとなる「スタンバイモード」も搭載。シンプルなスタイルで名刺からA4まで各種サイズに対応しており、さまざまなビジネスシーンで活躍するでしょう。

ユニテック・ジャパン『MS910+(プラス)』

ユニテック・ジャパン『MS910+(プラス)』 ユニテック・ジャパン『MS910+(プラス)』 ユニテック・ジャパン『MS910+(プラス)』

出典:Amazon

解像度 -
原稿サイズ -
インターフェース Mini USB
サイズ 65×24×18mm
重量 24.6g

バーコードリーダーとして活躍

バーコードの読み込みに特化した小型・軽量タイプ。重さは約25gで、ポケットに入るほど小さくて軽いアイテムです。耐久性が高く、ハードな使い方にもタフに応えてくれるでしょう。

ボタンひとつだけで毎秒650回のスキャンが可能です。各種スマホ・タブレット・PCとの相性もよく、とくに小売店でのデータ読み取り用として活用できます。

Inlight(インライト)『iscan02』

Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』 Inlight(インライト)『iscan02』

出典:Amazon

解像度 1050×1050dpi
原稿サイズ 幅216mm
インターフェース USB2.0高速
サイズ 39×258×28mm
重量 200g

Wi-Fi対応! スリムで携帯に便利

厚さ3cm未満のスリムさで、出張時に利用するビジネスマンなど携帯性を重視するニーズに適合したハンディスキャナ。カラーディスプレイが搭載されており、スキャン2秒後に画面を確認できるスピーディーさも便利です。

OCRソフトも搭載可能。スキャン後にデータを編集する場合に使い勝手がよいタイプです。

ケンコー・トキナー『ハンディスキャン(KS-H mini)』

ケンコー・トキナー『ハンディスキャン(KS-Hmini)』

出典:Amazon

解像度 300dpi
原稿サイズ 幅約54×長さ1200mm
インターフェース USB1.1/2.0
サイズ 約20×91×27.5mm
重量 約41.5g

リーズナブルで多機能なコンパクトスキャナ

「とにかく軽量・コンパクトでリーズナブルなものを」というユーザーに適した商品。小型でありながら、名刺や資料などを手軽にスキャンできる機能性の高さも魅力です。

付属しているOCRソフトを使えば、エクセルやワードといったデータへの変換も可能。日本語だけでなく主要な外国言語も認識できる便利な機能もついています。

サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』

サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』

出典:Amazon

解像度 -
原稿サイズ -
インターフェース USB2.0/Bluetooth v4.0 BLE
サイズ 33×114.7×22.45mm
重量 55g

携行に便利な小型タイプで語学学習用にも

携帯性に長けた「小型・軽量」のペン型ハンディスキャナ。ペンのように本体を持って原本をすっとなぞるだけでカンタンに使えます。OCR機能が搭載されており、なぞった文字データはすぐにテキスト化可能です。

Bluetooth対応となっており、スマホアプリを使えばワイヤレスでスキャンできる利便性も。最大で193ヵ国語に対応しているので、語学学習用としても活用できます。

「ハンディスキャナ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』
Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』
サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』
Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』
アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』
MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』
ユニテック・ジャパン『MS910+(プラス)』
Inlight(インライト)『iscan02』
ケンコー・トキナー『ハンディスキャン(KS-H mini)』
サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』
商品名 brother(ブラザー)『スキャナー(MDS-820W)』 Aidodo(エイドード)『Aoleca(A1-001)』 サンワダイレクト『2WAYハンディスキャナ(400-SCN040)』 Aibecy『IScan02(FVN5104462979756IS)』 アイリスオーヤマ『ハンディスキャナー(HSC-A8)』 MUNBYN『iscan01(IDS001-SI)』 ユニテック・ジャパン『MS910+(プラス)』 Inlight(インライト)『iscan02』 ケンコー・トキナー『ハンディスキャン(KS-H mini)』 サンワダイレクト『ペン型スキャナ(400-SCN031)』
商品情報
特徴 リチウムイオン電池搭載でコンセントいらず 読み取り設定がこまかく選べる 2WAYでニーズに合わせて使い分けできる! カラー液晶画面搭載ですぐに画像チェック! 名刺のスキャン向きの小型タイプ シンプルなスタイルで名刺からA4まで対応 バーコードリーダーとして活躍 Wi-Fi対応! スリムで携帯に便利 リーズナブルで多機能なコンパクトスキャナ 携行に便利な小型タイプで語学学習用にも
解像度 600×600dpi 300・600・900dpi 300・600・1200dpi 300・600・1050dpi 300×300dpi 300・600・900dpi - 1050×1050dpi 300dpi -
原稿サイズ 幅55~215.9×長さ90~812.8mm A4まで 幅最大216mm A4、A5、5R、4R、3R以下 幅540×長さ1200mm A4(216mm以内) - 幅216mm 幅約54×長さ1200mm -
インターフェース USB2.0高速 USB2.0 USB2.0準拠 USB2.0高速 USB2.0高速 USB2.0 Mini USB USB2.0高速 USB1.1/2.0 USB2.0/Bluetooth v4.0 BLE
サイズ 52.5×308×40.7mm 30×257×245mm 約39×260×26.5mm 40×255×27mm 91×20mm 30×255×30mm 65×24×18mm 39×258×28mm 約20×91×27.5mm 33×114.7×22.45mm
重量 約480g 約150g スキャナー本体:約146g 204g - 約150g 24.6g 200g 約41.5g 55g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月20日時点 での税込価格

【関連記事】そのほかの記事も参考にしてみてください

まとめ

今回はハンディスキャナを10商品ご紹介しました。それぞれのアイテムによって、機能性や強みはさまざまです。

選び方やおすすめ商品を参考にしながら、重視するポイントを絞って必要なシーンに役立つアイテムを見つけてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/04/09 本文修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【PCゲームおすすめ5選】ゲームライター厳選の商品を紹介|オンラインRPGも!

【PCゲームおすすめ5選】ゲームライター厳選の商品を紹介|オンラインRPGも!

ゲームライターの辻村美奈さんに聞いた、PCゲーム選びのポイントとおすすめの商品を紹介します。FPSやRPG、シミュレーションゲームなどさまざまなジャンルのものが販売されているPCゲーム。オンラインでいろんな人と対戦できるものも。「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」など、有名なものもご紹介するので、本記事をPCゲーム選びの参考にしてくださいね。


2020年【CPU】おすすめ15選|コスパ・機能・処理性能別に紹介

2020年【CPU】おすすめ15選|コスパ・機能・処理性能別に紹介

コンピューターを構成する中枢部分であるCPU。おもにIntel(インテル)とAMD(エーエムディー)から発売されており、性能などはさまざま。そこで、CPUを選ぶポイントを解説しつつ、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんと編集部が選んだおすすめの15選をランキングとともにご紹介します。


【2020年版】PCスピーカーおすすめ22選|5.1chのものやBluetooth接続可能な商品を紹介

【2020年版】PCスピーカーおすすめ22選|5.1chのものやBluetooth接続可能な商品を紹介

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、2020年版PCスピーカー22選をご紹介します。5.1chのスピーカーや、Bluetooth接続ができるスピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【2020年最新版】電源タップのおすすめ12選【USBポート・おしゃれなタワー式・マグネット付きも】

【2020年最新版】電源タップのおすすめ12選【USBポート・おしゃれなタワー式・マグネット付きも】

PCやテレビなど、生活家電を使っているとコンセントの数が不足してしまうことがありますよね。そんなとき便利なのが「電源タップ」。使用できるコンセントの数を増やしてくれたり、延長コードで機器を使えるようにしてくれたり機能や形状もさまざまです。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選んだ電源タップのおすすめ商品をタイプ別にご紹介。選ぶポイントについても解説しているので参考にしてみてください。


【2020年】NASおすすめ15選|家庭用ネットワークHDの性能・特徴・選び方

【2020年】NASおすすめ15選|家庭用ネットワークHDの性能・特徴・選び方

面倒なケーブル接続をせずにネットワークでスマートにHDDにアクセスできるNAS。本記事では、HDD内蔵型とNASキットの特徴、ベイ・RAIDなどについて解説しています。さらに、プロの家電販売員・たろっささんと編集部が選んだ2020年版おすすめのNAS製品をランキングとともに紹介します。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る