PR(アフィリエイト)

OCRソフト人気おすすめ11選|高精度に読み取り! エクセルに変換も

SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF Ver.7 COMPLETE』
出典:Amazon
SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF Ver.7 COMPLETE』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

紙やPDFの書類をパソコンに入力したいときに役立つのが「OCRソフト」。ビジネスシーンのみならず、趣味の活動でも広く利用されています。

本記事では、ITライターの柳谷智宣さんに話を伺い、高精度に読み取れるOCRソフトの選び方とおすすめ商品を紹介します。Mac・Windowsに対応する製品を厳選。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ITライター
柳谷 智宣
IT・ビジネス関連のライターです。1998年からライターとして、デジタルガジェット、ウェブサービス、コンシューマー製品からエンタープライズ製品まで様々な記事を手掛けています。 ネット詐欺被害を防ぐNPO法人DLISの代表理事を務め、都内に展開する飲食業「原価BAR」やウイスキー販売会社「トゥールビヨン」も経営しており、デジタル好きと経営者の両方の目線で製品やサービスを紹介するのが得意です。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

OCRソフトとは?

 

OCRとは「Optical Character Recognition」の頭文字で、「光学的文字認識」を意味するIT用語です。OCRソフトは名刺や伝票、PDF資料などの情報を、パソコン上で管理・編集・加工できるテキストデータに変換。文字を自動で認識してくれるので、手間がかかりがちなデータの入力をスピーディーに終わらせられます。

翻訳機能を備えた製品であれば、外国語で書かれた取扱説明書などをスキャナーで取り込んで、OCRソフトで翻訳するという使い方もできます。

OCRソフトの選び方 ITライターがおすすめする

OCRソフトのニーズはビジネス界だけにとどまらず、学校や個人経営のショップ、サークル活動などさまざま。それらの多様なニーズに応えるために、各メーカーともにいろいろな特色を持った製品を市場に出しています。そこで、代表的な選択肢について詳しく解説しましょう。ポイントは下記。

【1】読み取り機能の精度
【2】使いたい言語に対応するか
【3】プロ仕様か一般仕様か
【4】オプション機能

これらのポイントを押さえて、自分に合ったソフトを選びましょう。

【1】読み取り機能の精度で選ぶ

 

OCRソフトでは文字をうまく読み取れないこともありえますし、製品によっても使う環境によっても読み取り精度は異なります。変換されたテキストデータが意味不明な文字列だった場合、修正に時間を取られ逆に作業効率を下げてしまいます。そうならないためにも、読み取り精度にも留意して製品を選びましょう。

【2】使いたい言語に対応したものを選ぶ

 

日本語の資料をメインで扱うなら、日本語に対応した一般的なOCRソフトで問題ないでしょう。ただし外国語の場合、言語に対応していなければうまくテキスト化できないことも。外国語の文書や資料を頻繁に取り扱うのであれば、海外メーカーのOCRソフトも視野に入れて選ぶのがよいでしょう。

【3】プロ仕様か一般仕様かで選ぶ

 

個人的な趣味の領域で使うのなら、余分な機能がいくつもあるプロ仕様はオーバースペックになってしまう可能性があります。一方でビジネス上さまざまな機能が必要になるなら、プロ仕様の本格的なタイプを選択するのが妥当でしょう。

【4】オプション機能もチェック!

 

OCRソフトは目的に応じてさまざまなオプション機能が付いています。「今は使わないが将来必要になるかもしれない」というのは、ビジネス界ではよくあることです。

たとえば「外国語対応」「定型帳簿対応」などのオプションは、企業ならいずれ必要に迫られる可能性はあるかもしれません。自社の将来的計画やほかの部署との連携なども考慮のうえ、オプション機能の必要性を探ってみることも大切です。

ITライターからのアドバイス 読み取ったデータを活用できるかが重要!

ITライター:柳谷 智宣

ITライター

スキャンしたり撮影した画像から、写っている文字をテキスト化するOCRソフトは、OCR処理したデータをどう活用するのかを考えて選びましょう。名刺をスキャンするなら名刺管理ソフトが適していますし、PDFでの保存ならPDF編集ソフトを利用しましょう。取り込んだテキストを再編集するなら、WordやExcelへの変換機能も必要です。

OCRソフトのおすすめ11選 対応言語・対応OS・出力文書もチェック!

OCRで注目のアイテムをラインナップしました。それぞれの製品のポイントをおさえながら用途に合ったものを選んでください。

SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』

SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』
出典:Amazon この商品を見るview item

多ページを一気に変換! 初心者にもおすすめ

紙媒体に印字された文書をデジタルデータに変換するだけでなく、レイアウトはそのままでワード・エクセル・パワーポイントなどに変換可能。変換後のデータ編集もかんたんで、大量のデータを処理するのにも便利です。

文書の形式は崩さずにデータ化したいというニーズに応える製品。さまざまな機能を備えながらも操作性はシンプルなので、はじめてOCRソフトを使うという人にもおすすめです。

対応言語 日本語、英語
対応OS Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint
付属品 読取革命Lite for Mac、簡単!PDF変換、ほか

対応言語 日本語、英語
対応OS Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint
付属品 読取革命Lite for Mac、簡単!PDF変換、ほか

Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelement Pro』

Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelementPro』
出典:Amazon この商品を見るview item

オールインワンタイプならこれ! PDFの直接編集

PDFデータの「編集・調整・追加・削除」の作業を自由自在にこなせる操作性の高さが特徴。PDFデータに関わる作業の一元化が可能になっています。OCR機能によって読み取ったテキストデータを、まるでワードやエクセルを操作するかのように編集することも、検索することもできます。

このソフトひとつで、文字編集に関するあらゆることができてしまう利便性の高さ。PDFをワードやエクセル、パワーポイントなどさまざまなファイルに変換でき、スピーディーに仕事がはかどります。

対応言語 -
対応OS Windows、Mac
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像、Epub、ほか
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows、Mac
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像、Epub、ほか
付属品 -

SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF Ver.10 COMPLETE』

SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFVer.10COMPLETE』
出典:Amazon この商品を見るview item

本や書類をそのままパソコンに入れたような操作感

業界でもトップクラスのシェアを誇るPDFソフトで、PDF編集でほしかった機能が詰まってます。たとえば文章全部をテキスト化するのではなく、ほしい部分だけ選んで変換することもできますし、書類の束から一枚抜き取って順番を入れ替えるようにページの入れ替えも簡単にできます。

また、注釈としてコメントしたテキストを集約して抽出することも可能。どんな校正が入ったのかを取りまとめて見たいときに便利です。文章を編集する人にとってはかゆい所に手が届く仕様になっています。

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像、CSV、ほか
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像、CSV、ほか
付属品 -

JustSystems(ジャストシステム)【JUST PDF 5 Pro 通常版』

電子印鑑・電子署名機能に長けた製品!

PDFの編集だけでなく、PDFからワードなどにデータを変換したり、ワードなどをPDFに変換したりすることができます。電子印鑑の運用が簡単になっており、電子署名を安全に使えますよ。

またパソコンに不慣れでも、操作に迷いにくいシステムを採用しており、感覚的に扱うことができますよ。

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像など
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像など
付属品 -

SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取 5』

SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取5』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取5』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取5』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取5』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取5』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取5』
出典:Amazon この商品を見るview item

読み取り精度抜群!瞬間テキストなど使いやすい!

高い識字率を誇るパナソニック社製の高精度OCRエンジンを搭載。かすれた文字や低解像度の画像も認識できます。名刺を自動でデータ化できる名刺管理機能と、スマホなどで撮影された斜めに写った画像や傾いた写真などもまっすぐに補正する機能が便利です。

使いやすさを重視し、ユーザー目線にて開発された製品。多忙な社会人にとっては有能な秘書に等しい働きをしてくれます。特に、選択した画像文字を瞬時にテキスト化する瞬間テキストは非常に便利。ファックス文書を多く扱う部署でも活躍しそうです。

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 Word、Excel、テキスト
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 Word、Excel、テキスト
付属品 -

MEDIA NAVI(メディアナビ)『カメラでなんでもスキャン Pro2』

スマホカメラで撮影するだけの簡単OCR

デジタルカメラやスマートフォンのカメラを高画質のスキャナーのように活用できる、画像補正・スキャンソフトです。

「四角いもの」であれば、一般的な紙書類やパンフレットなどはもちろん、黒板・看板のようにスキャナーに入らない巨大なものまで、何でも対応することができます。なおOCR機能は、Google社のCloud Vision APIサービスを使用して提供しているため、1日あたりの上限が50件になっている点は注意が必要です。

対応言語 -
対応OS Windows(R) 10 /8.1 / 7
出力文書 -
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows(R) 10 /8.1 / 7
出力文書 -
付属品 -

Media Drive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0』

MediaDrive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリングPROv.15.0』 MediaDrive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリングPROv.15.0』 MediaDrive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリングPROv.15.0』 MediaDrive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリングPROv.15.0』 MediaDrive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリングPROv.15.0』
出典:Amazon この商品を見るview item

4カ国語対応の名刺管理ソフト

海外のお客さん、特にアメリカや東アジア圏のお客さんが多いという人におすすめのOCRソフトです。このソフトは日本語・英語・中国語・韓国語に対応しており、読み取った名刺情報をクラウドで管理し、携帯からもチェックが可能。

また、取得した名刺情報の中に住所情報があり、それが海外の住所であってもアメリカ・カナダ・中国・台湾・香港であれば住所振り分けて整理してくれます

対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語
対応OS Windows
出力文書 CSV、ContactXML
付属品 -

対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語
対応OS Windows
出力文書 CSV、ContactXML
付属品 -

Adobe(アドビ)『Acrobat Standard DC』

Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』 Adobe(アドビ)『AcrobatStandardDC』
出典:Amazon この商品を見るview item

一般文書をラクラク加工! 誤字チェックも便利

スキャンして得たPDFデータを高い再現性にて「ワード」「エクセル」「パワーポイント」に変換可能。また不要な背景や紙の歪みを取り除いてPDF化するので、たとえば確定申告の際に必要な領収書などを読み取りPDF管理することもできます。

また、機械は苦手という人でもアドビスペシャリストによる電話サポートがあるので、操作方法が分からないというときでも安心して利用できますよ。

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、JPG、Word、Excel、Powerpoint
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、JPG、Word、Excel、Powerpoint
付属品 -

SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF for 自炊』

SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFfor自炊』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFfor自炊』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFfor自炊』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFfor自炊』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDFfor自炊』
出典:Amazon この商品を見るview item

iPadなどのタブレットやスマホに最適化

いきなりPDF for 自炊は、書籍のPDFやJPEGファイルをiPadなどのタブレット端末用にまとめて最適化するソフトです。使うデバイスを選択するだけで、最適な形式のPDFに変換してくれます。

OCR機能やカラーページの自動判別、余白の自動カットなど、本格的な最適化機能も搭載。スマホやタブレットでの読書をするなら最適です。

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、JPEG
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 PDF、JPEG
付属品 -

富士フィルムビジネスイノベーション『DocuWorks 9.1 アップグレード』

富士フィルムビジネスイノベーション『DocuWorks9.1アップグレード』 富士フィルムビジネスイノベーション『DocuWorks9.1アップグレード』 富士フィルムビジネスイノベーション『DocuWorks9.1アップグレード』
出典:Amazon この商品を見るview item

書類と電子媒体を一元管理! クラウド連携もできる

「ドキュメント・ビューア」というツールで、文書の閲覧や編集が可能。PCのモニター上で再現された仮想デスクに置かれた文書類を処理できます。

読み取った紙媒体のテキスト情報は電子媒体と視覚的に一元管理でき、さらに振り分け情報を設定しておくだけで、読み取りから振り分けまでを自動化。定型的な書類整理を加速化させたいという人におすすめな一品です。

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 -
付属品 -

対応言語 -
対応OS Windows
出力文書 -
付属品 -

MEDIANAVI(メディアナビ)『撮メモ Pro 2』

ラクに取り込める! ビジネス以外の用途にも

PC画面の一部分だけを静止撮影および動画録画して保存することが可能。文字や図形を書き込んでから保存することができます。「強制テキスト解析」機能で画面上にあるほとんどの文字・画像が撮影でき、傾いた画像を正常に補正する「まっすぐ補正」機能も便利です。

「何でも手当たり次第にデータ変換したい」という贅沢なニーズに対しても、満足度の高い結果が期待できる利便性の高さが特徴です。遊び感覚で作業できる楽しいツールなので、プライベートに趣味的な用途で利用するユーザーに向いています。

対応言語 日本語、英語、ほか
対応OS Windows
出力文書 PNG、JPG
付属品 -

対応言語 日本語、英語、ほか
対応OS Windows
出力文書 PNG、JPG
付属品 -

「OCRソフト」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』
Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelement Pro』
SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF Ver.10  COMPLETE』
JustSystems(ジャストシステム)【JUST PDF 5 Pro 通常版』
SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取 5』
MEDIA NAVI(メディアナビ)『カメラでなんでもスキャン Pro2』
Media Drive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0』
Adobe(アドビ)『Acrobat Standard DC』
SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF for 自炊』
富士フィルムビジネスイノベーション『DocuWorks 9.1 アップグレード』
MEDIANAVI(メディアナビ)『撮メモ Pro 2』
商品名 SOURCENEXT(ソースネクスト)『読取革命Ver.16』 Wondershare(ワンダーシェア)『PDFelement Pro』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF Ver.10 COMPLETE』 JustSystems(ジャストシステム)【JUST PDF 5 Pro 通常版』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『本格読取 5』 MEDIA NAVI(メディアナビ)『カメラでなんでもスキャン Pro2』 Media Drive(メディアドライブ)『やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0』 Adobe(アドビ)『Acrobat Standard DC』 SOURCENEXT(ソースネクスト)『いきなりPDF for 自炊』 富士フィルムビジネスイノベーション『DocuWorks 9.1 アップグレード』 MEDIANAVI(メディアナビ)『撮メモ Pro 2』
商品情報
特徴 多ページを一気に変換! 初心者にもおすすめ オールインワンタイプならこれ! PDFの直接編集 本や書類をそのままパソコンに入れたような操作感 電子印鑑・電子署名機能に長けた製品! 読み取り精度抜群!瞬間テキストなど使いやすい! スマホカメラで撮影するだけの簡単OCR 4カ国語対応の名刺管理ソフト 一般文書をラクラク加工! 誤字チェックも便利 iPadなどのタブレットやスマホに最適化 書類と電子媒体を一元管理! クラウド連携もできる ラクに取り込める! ビジネス以外の用途にも
対応言語 日本語、英語 - - - - - 日本語、英語、中国語、韓国語 - - - 日本語、英語、ほか
対応OS Windows Windows、Mac Windows Windows Windows Windows(R) 10 /8.1 / 7 Windows Windows Windows Windows Windows
出力文書 PDF、Excel、Word、PowerPoint PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像、Epub、ほか PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像、CSV、ほか PDF、Excel、Word、PowerPoint、テキスト、画像など Word、Excel、テキスト - CSV、ContactXML PDF、JPG、Word、Excel、Powerpoint PDF、JPEG - PNG、JPG
付属品 読取革命Lite for Mac、簡単!PDF変換、ほか - - - - - - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月15日時点 での税込価格

【ランキング】通販サイトの最新人気! OCRソフトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのOCRソフトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:OCRソフトランキング
楽天市場:OCRランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【Q&A】よくある質問

question iconOCRソフトとは? 利用するメリットをしっかり理解しよう

answer icon

OCRソフトとは、紙の資料や名刺に記された情報をスキャナーで読み取って、パソコン上で編集できるように変換するソフトのことです。

入力作業を省くことができるので、スピーディに作業を終わらせることができます。また、英語で記された紙の文章をパソコン上でテキスト化すれば、翻訳サービスを用いることで日本語として理解することができます。

【OCRソフトのおすすめ商品はこちら】

question iconOCRソフトの選び方は? 重点を押さえて便利な製品を選ぼう

answer icon

OCRソフトの選び方は、下記がポイントです。
【1】読み取り機能の精度
【2】使いたい言語に対応しているか
【3】プロ向けか一般向けか
【4】オプション機能
詳しい内容はカキのリンクからチェックしてみてくださいね。
【OCRソフトの選び方をチェック】

【関連記事】スキャナーもチェック

【まとめ】作業効率を劇的に高めてくれる

これまでOCRソフトの選び方と売れ筋のOCRソフトをご紹介しました。

PDFなどをテキストデータ化できるOCRソフトは作業効率化に貢献できるアイテム。入手したデータを自由自在に編集・加工できるという、一種のゲーム感覚で進行する楽しさもあります。ニーズに適した満足できるOCRソフトを見つけてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button