PR(アフィリエイト)

パソコンのセキュリティ対策は絶対必要!ウイルスから自分のパソコンを守る

パソコンのセキュリティ対策は絶対必要!ウイルスから自分のパソコンを守る
パソコンのセキュリティ対策は絶対必要!ウイルスから自分のパソコンを守る

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年10月06日に公開された記事です。

皆さんは普段からパソコンのセキュリティ対策をおこなっていますか?パソコンには重要な機密情報が非常に多く詰まっているので、セキュリティ対策を疎かにしていると第三者に乗っ取られてしまい、重要な機密情報を抜き取られてしまいます。

機密情報が抜き取られてしまった場合、悪用されてしまい、さまざまな被害に遭う可能性があります。そのようなことにならないためにも、パソコンのセキュリティ対策を怠らないことが大切です。

それでは、パソコンのセキュリティ対策をおこなうメリット、疎かにするとどんな危険性があるのかについてご説明しましょう。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:その他
花島 優史

モノ以外のサービス全般を担当。趣味~実用系のサブスクをはじめ、日常生活を快適かつ豊かにするおすすめ情報やハウツー情報までをカバーしている。

パソコンのセキュリティ対策をおこなうメリット

パソコンをセキュリティで守っている画像 ペイレスイメージズのロゴ
パソコンをセキュリティで守っている画像 ペイレスイメージズのロゴ

パソコンのセキュリティ対策をおこなうメリットは、以下のとおりです。

・パソコン内に保存されている重要な情報が守られる
・第三者にパソコンが乗っ取られなくなる
・人的ミスによる情報流出が防げる

それでは、パソコンのセキュリティ対策をおこなうメリットについてご説明しましょう。

パソコン内に保存されている重要な情報が守られる

警告サインを表す画像 ペイレスイメージズのロゴ
警告サインを表す画像 ペイレスイメージズのロゴ

パソコンのセキュリティ対策をおこなうことによって、パソコン内に記録されている重要な機密情報を守ることにつながるのがポイントです。パソコン内には名前、住所、電話番号、メールアドレス、パスワード情報など、数えきれないほど多くの機密情報が保存されています。

自宅のパソコンはもちろん、企業で使用するパソコンの場合、企業の顧客情報や取引先の情報、社員全員の情報など絶対に流出してはいけない情報が非常に多く詰まっています。

つまり、パソコンのセキュリティ対策をおこなうことで非常に多くの情報が守られるのが最大のメリットです。

近年では企業の意向でテレワークをする人も増えており、フリーランスとして活動している人も自宅のパソコンから仕事をしていることも多いでしょう。安心してパソコンで仕事をするためにも、セキュリティ対策をおこなうことが大切です。

第三者にパソコンが乗っ取られにくくなる

セキュリティを破って侵入を図るイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ
セキュリティを破って侵入を図るイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ

パソコンのセキュリティ対策をおこなうことによって、第三者にパソコンが乗っ取られるのを防ぐことができます。

パソコンを乗っ取ろうとするハッカーのような人は、あの手この手で不特定多数の人のパソコンを乗っ取ろうと画策しています。セキュリティ対策が脆弱なパソコンの場合、ハッカーに目を付けられて侵入されてしまい、さまざまな情報を抜き取られてしまうでしょう。

しかし、パソコンのセキュリティ対策がしっかりおこなわれている場合、ハッカーによってパソコン内に侵入されにくくなります。パソコン内に侵入しようとするとセキュリティソフトが反応して妨害してくれるため、簡単に侵入を許さなくなるのがポイントです。

セキュリティが強固だとわかればハッカーも諦める傾向にあるので、セキュリティ対策をおこなうに越したことはありません。

人的ミスによる情報流出が防げる

たくさんのパソコンを警備員が守っている画像 ペイレスイメージズのロゴ
たくさんのパソコンを警備員が守っている画像 ペイレスイメージズのロゴ

たとえば企業内の情報システムで複数のファイルやデータを共有していた場合、インターネットを経由して共有しているので誰かがミスをすれば多大な影響を受けることになります。

取引先に送るデータを別の人に送信してしまったり、メールアドレスを間違えて重要な情報を他人に送ってしまったり、パスワードやIDなどを設定していなかったことで不特定多数の人にファイルやデータの中身を盗み見られてしまったりとさまざまです。

自宅で使用しているパソコンも同じで、気をつけていても人的ミスで重要な情報を流出させてしまう可能性があります。

しかし、セキュリティ対策をしっかりすることで、人的ミスによる情報流出を防げるのがポイントです。意識して対策することも大切ですが、セキュリティ対策を重要視すれば重要な情報が守られます。

パソコンのセキュリティ対策を怠るとどんな危険性がある?

パソコンのデータに侵入するイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ
パソコンのデータに侵入するイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ

パソコンのセキュリティ対策を怠った場合、以下のような危険性があります。

・マルウェアに感染する
・不正アクセス
・フィッシング詐欺

それでは、パソコンのセキュリティ対策を怠ったときの危険性についてご説明しましょう。

マルウェアに感染する

データが破壊されるイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ
データが破壊されるイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ

パソコンのセキュリティ対策を怠った場合、マルウェアに感染する可能性があります。

マルウェアとは、ウイルスやワーム、トロイの木馬、スパイウェアなどのユーザーに不利益をもたらす悪意のあるプログラムやソフトウェアの総称です。

ウイルスはパソコン内に侵入してプログラムの一部を書き換え、増殖していくのが特徴です。

ワームはネットワークに接続しただけで感染するもので、無限に増殖するウイルスと非常に似ていますが、単体で存在できます。

トロイの木馬は画像やファイル、アプリなどに偽装してパソコン内に侵入し、外部からの操作でパソコンを操ってきます。

スパイウェアとはいつの間にか自分が気づかないうちにインストールされているのが特徴で、ユーザーの個人情報やアクセス履歴といった重要な機密情報を収集します。自宅で使用するパソコンはもちろん、さまざまな機密情報を扱う企業こそもっとも注意するマルウェアです。

マルウェアに感染した場合、パソコンの動作がおかしくなったり、個人情報が知らない間に盗まれたり、保存ファイルを改ざんされたりしてさまざまな被害に遭うでしょう。

おもな感染経路は、メールの添付ファイルやネットワーク経由による侵入、不正サイトや悪意のあるサイトへのアクセス、不正なソフトウェアやアプリのインストール、ソフトウェアの脆弱性を突いて侵入するといったものが挙げられます。

不正アクセス

セキュリティのイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ
セキュリティのイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ

不正アクセスとは、インターネット上から第三者がハッキングしてパソコン内に侵入して情報を盗まれる行為です。

不正アクセスはパソコントラブルの代表的なもののひとつで、セキュリティの脆弱性を突いて侵入してくるのが一般的です。

しっかりセキュリティ対策をおこなっていれば防げるものなので、油断せずにしっかり対策しましょう。

フィッシング詐欺

詐欺を働いている人間のイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ
詐欺を働いている人間のイメージ画像 ペイレスイメージズのロゴ

フィッシング詐欺とは、公式のショッピングサイトやWebサービスを装って引っかかった人の個人情報を盗む犯罪です。

おもにオンラインショッピングサイトを多用している人がターゲットになりやすいでしょう。

偽のショッピングサイトを設置し、購入する人が入力したクレジットカードの情報を盗み、そのクレジットカードを悪用するのが一般的な手段です。

ただ、近年ではクレジットカード会社やオンラインショッピングサイト、Webサービスの名前を騙り、わざとらしく緊急メールを送ってくるという手段もあります。

メールに添付されているURLに誘導してログインIDやパスワードを入力させるのが一般的な手口です。万が一IDやパスワードを入力してしまった場合、アカウントが乗っ取られてしまうので、身に覚えがない商品を際限なく購入されてしまう可能性が高いです。

パソコンのセキュリティ対策方法とは?

 

ノートン 360 デラックス セキュリティソフト

パソコンのセキュリティ対策方法は、以下のとおりです。

・通信データの暗号化
・パスワードやIDを複雑化させる
・セキュリティソフトを導入する
・データをバックアップする
・定期的にソフトの更新や再検討をする
・複数の対策を組み合わせる

それでは、パソコンのセキュリティ対策方法についてご説明しましょう。

通信データの暗号化

 

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド

パソコンのセキュリティ対策をおこなううえでつねに意識しておきたいのが、パソコンを使用している以上、つねになんらかの方法によってハッキングされてしまい、データを改ざんされたり盗聴されたり、不正アクセスされたりする可能性があることです。

危険とつねに隣り合わせということを意識することが大切ですが、通信データの暗号化をおこなうことで対策できます。

通信データが暗号化することで、外部から侵入しようとしても読み取れないデータとして表示されるので第三者に不正に悪用されにくくなります

通信データが暗号化されていないフリーWi-Fiなどは利用しないようにしましょう。フリーWi-Fiはデータが暗号化されていないので不正アクセスが起こる可能性が高いです。したがって、暗号化されているWi-Fiをつかってアクセスしましょう。

パスワードやIDを複雑化させる

 

ESET インターネット セキュリティ

複数のサービスを利用するときに注意したいのが、パスワードやIDを適当なものにしないことです。

自分でパスワードやIDを決めるさいに、自分や家族の誕生日などの安直なものにしないようにしましょう。ハッキングする人はある程度予測を立てて侵入しようとしているので、安直なパスワードやIDだとすぐに突破されてしまいます。

したがって、パスワードやIDを決めるときは誰も予測できないような複雑なものにするのがおすすめです。

英数字や大文字小文字を組み合わせるなど、複雑化するほど突破されにくくなります。

また、パスワードやIDを入力した後にワンタイムパスワードを設定するのもおすすめです。ワンタイムパスワードとは、一定時間が経つと入力できなくなる一度限りのパスワードを入力するシステムです。

同じパスワードは二度と表示されないので、認証システムを強化できます。

セキュリティソフトを導入する

 

マカフィー リブセーフ

パソコンのセキュリティ対策を強固なものにするためにも、セキュリティソフトを導入するのがおすすめです。

セキュリティソフトを導入することでウイルスを自動的に検知して駆除したり、不正アクセスを検知してブロックしたり、意図せず不正サイトや悪意のあるサイトへアクセスしてしまったときに検知して防いでくれたりと、さまざまな機能があります。

とはいえ、セキュリティソフトにはさまざまな種類があるので、どのソフトにすればいいのかわからないと言う人も多いでしょう。どれを選べばいいのかわからない場合、無料版を提供しているメーカーのセキュリティソフトを導入するのがおすすめです。

使用感を試してみて、必要な機能がそろっていると感じたら有料版を使うといいでしょう。有料版は無料版と比べて優れた機能が搭載されていることから、自分のパソコンを強固なものにしてくれます。

データをバックアップする

 

ソースネクスト ZERO スーパーセキュリティ

データのバックアップをとっておくのもセキュリティ対策になります。

第三者による手口やマルウェア感染などによってパソコン内のデータが破壊される可能性があるため、万が一のときのために全てのデータのバックアップをとっておきましょう。

他にも人的ミスでデータを消してしまったり、停電などが原因で意図しないデータの消去が起こったりする可能性もあるので、定期的にデータをバックアップするのがおすすめです。

定期的にソフトの更新や再検討をする

 

ジャングル G DATA インターネットセキュリティ

セキュリティ対策のためにソフトを導入したらそれで終わりというわけではありません。

ハッキングの技術は日々進化しているので、既存のソフトを導入していたとしても突破される可能性はじゅうぶんにあります。セキュリティを突破されないようにするためにも、定期的にソフトの更新や別のソフトへの変更を検討する必要性があるでしょう。

つねに進化し続けるマルウェアをはじめとするサイバー攻撃に対抗できるようにするために、定期的にセキュリティソフトを見直して安心できる利用環境を維持することが大切です。

複数の対策を組み合わせる

 

カスペルスキー セキュリティ

たとえセキュリティソフトを導入したとしても、これで完全に対策できるわけではありません。

万能な対策は存在しませんし、さまざまな感染経路があるのでいつどんなときでも被害に遭う可能性はじゅうぶんにあります。

セキュリティソフトを導入したからといって安心するのではなく、認証情報の管理やバックアップ、安易にソフトウェアをダウンロードしないようにしたり、不特定のメールを開封しないようにしたりと、さまざまな対策と組み合わせることで対策が強化されていきます。

まとめ

パソコンを使用するうえで、つねにセキュリティを意識することが大切です。

いつどんなときでも第三者によるハッキングや情報流出などがおこなわれる可能性がある以上、セキュリティソフトを導入したり、認証システムを強化したり、パスワードやIDを複雑化させたりと、さまざまな対策を組み合わせましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button