電工ナイフおすすめ9選|折りたたみタイプや固定刃タイプなども紹介

ホーザン HOZAN 電工ナイフ Z-683
出典:楽天市場

電気工事のケーブル加工をする際に使用する「電工ナイフ」。折りたたみタイプや固定刃タイプ、グリップの素材や刃の素材など、さまざまな商品があります。

本記事では、商品の特徴ごとの選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。長持ちさせるお手入れ方法などについても触れています。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ売れ筋や口コミも確認してみてください。


この記事を担当するエキスパート

空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

電工ナイフとは

汚れた板の上にある、ニッパー、ナイフ、釘、針金など
Pixabayのロゴ

電工ナイフは、主に電気工事で使うための工具で、VVF・VVRケーブル(Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat-type・Round-type cable:600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形・丸形)のビニール被覆部分を削ったり、剥ぎ取ったりするためのナイフです。 電気工事士技能試験の指定工具には、電工ナイフを含むナイフが定められいます。

電工ナイフの選び方

それでは、電工ナイフの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】電工ナイフのタイプ
【2】グリップの素材
【3】刃の素材
【4】刃長・刃の形状
【5】付加機能


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『すべてのおすすめ商品』を今すぐ見る

【1】電工ナイフのタイプをチェック

本体の形状はおもに、折りたたんで刃を収納できるタイプと、折りたたまずに鞘(さや)に収納する固定刃タイプがあります。作業性などに向き不向きがありますので、特徴を見てみましょう。

▼折りたたみタイプ|携帯性重視・狭い空間での利用

 

折りたたみタイプの電工ナイフは、刃を収納することができコンパクトになるのが特徴。狭い空間の作業時にも腰袋などから取り出しやすく、工具を小さくまとめたい方におすすめです。

『折りたたみタイプのおすすめ商品』を今すぐ見る

▼固定刃タイプ|作業性・丈夫さ重視

 

固定刃タイプはケースが腰ベルトに取りつけられるものも多く、サッと取り出しやすいのが特徴。電工ナイフを頻繁に使う方には鞘つきタイプの方が便利かもしれません。比較的頑丈なつくりなので、太いケーブルをカットするなどの作業が多い方にも向いています。

『固定刃タイプのおすすめ商品』を今すぐ見る

【2】グリップの素材をチェック

グリップの素材は大きく分けてラバー加工されているものと木製が主流。それぞれの特徴を見てみましょう。

▼ラバー加工|滑りにくい

 

あらかじめラバー加工されているグリップは水分に強く、汗などで滑りにくいのが特徴。安全で正確な作業の手助けになってくれるでしょう。腰袋やケースから取り出すときに落としにくいのもポイントです。固定刃タイプはラバー加工されているものが多いので、参考にしてみてください。

▼木製|手になじみやすい

 

木製のグリップは手になじみやすいのが特徴。使うほどに自分の手になじんだ形になってくれます。購入時にグリップのエッジが手にあたって痛い場合は、あらかじめヤスリで削って角を取ることも可能。また、現場によっては油分がついてしまうこともありますが、木製なら油分を吸い込んでくれるので、比較的使いやすいでしょう。

【3】刃の素材をチェック

刃の素材はおもにステンレスと鋼(はがね)。どちらも金属なので水分がついたら拭き取るなど最低限のお手入れは必要ですが、使用頻度などにより向き不向きがあります。

▼ステンレス製|サビにくくお手入れかんたん

 

ステンレス製の刃の特徴はなんといってもサビにくいこと。あまりメンテナンスしなくて済むので、たまにしか使わない、という方はステンレス製を選ぶといいでしょう。切れ味が鈍ってきたら、ステンレス刃にも使用できる砥石やシャープナーで研ぐのがおすすめです。

▼鋼(はがね)製|きちんと研げば長持ち

 

鋼製の刃は刃物によく使用される炭素鋼が主流。サビやすいですが、きちんと研ぐことで長く使うことができます。また、自分好みの切れ味に調整して研ぐことができるのも魅力的ですね。使用頻度の高い方や、お手入れが苦にならない方は鋼製がおすすめです。

【4】刃長・刃の形状をチェック

 

電気工事では電線の先端から10cmほど被覆を剥き、さらに内側の被覆を2cm程度剥いて電線を露出させることが多いため、ナイフの全長や刃長を基準に電線の長さを測ると作業がはかどります。自分がよく使用する長さを基準に選んでみてもいいでしょう。

また、刃の形状は、ビニールで覆われたVVFケーブルなどを割きやすいホロー形状になっているものもあるので、注目してみましょう。心線を鉛筆剥きすることが多い方は、峰が太いものを選ぶと指が痛くなりにくいです。

【5】付加機能をチェック

電工ナイフには、ナイフ以外の付加機能を備えているものもありますので、一部をご紹介していきます。

▼VVFケーブル用|割線・皮剥き機能

 

VVFケーブルをかんたんに加工できる割線・皮剥き機能つきのタイプ。グリップについている穴にケーブルを通すだけで、2〜4心までのVVFケーブルを割くことができます。また刃には皮剥き用の穴が空いていて、心線の皮剥きに使用することができます。VVFケーブルをたくさん加工する方には便利な機能ですね。

▼絶縁タイプ

 

電気工事の際には通電を切断して行なうのが鉄則ですが、万が一ということもあります。高電圧の箇所はとくに危険ですので、ナイフの峰がプラスチック加工されている絶縁タイプの電工ナイフを使用するといいでしょう。

▼ノミとしても使用できるタイプ

 

ナイフの先端も刃になっていて、ノミのように使えるタイプ。ブレードがグリップの後端まで貫通していてハンマーで叩くことができます。電気工事でも壁にコンセント用の穴を開けるなどの作業が必要になることがありますので、ナイフ一本で済ませられると便利ですね。

エキスパートのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

使いやすさをしっかり吟味しましょう

電工ナイフは、電気工事士の七つ道具のひとつになる、ケーブル加工の際の必須アイテムです。電気ケーブルはとてもデリケートなため、加工には慎重な作業が必要です。

そのために、作業アイテムは使いやすくなくてはなりません。手になじむのはもちろん、加工のしやすさ、メンテナンスのしやすさなども慎重に検討する必要があります。

電工ナイフのおすすめ商品

それでは、電工ナイフのおすすめ商品をご紹介いたします。

▼おすすめ5選|折りたたみタイプ

▼おすすめ4選|固定刃タイプ

▼番外編|電工ナイフと合わせてそろえたいアイテム

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ5選|折りたたみタイプ

いくつかあるタイプのなかから、折りたたみタイプの電工ナイフをご紹介します。

HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』

HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』 HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』 HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』 HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』 HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』 HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』
出典:Amazon この商品を見るview item
電工ナイフの定番! 試験にもおすすめ

電気工事士技能試験の指定工具といえば「ホーザン」。こちらの電工ナイフは折りたたみタイプの定番で、木製のグリップに炭素鋼の刃がついています。刃や先端の形状も直線形なので、ゴムブッシングに切れ込みを入れるのにも適しています。

使いやすく長持もちするので、初心者だけでなく、愛用している熟練の職人さんもいらっしゃるようです。最初に使用した工具には愛着がわくということもありますので、お手入れしながら長く使っていきたいという方にぴったりです。

MARVEL(マーベル)『電工ナイフ(MEK-60)』

鎌に似たのカーブ刃で滑りにくい

刃の先端がカーブしているのが大きな特徴。ケーブルの被覆を剥く際には曲面にナイフをあてることになるので、沿いやすくなっています。研ぎ方にコツがありますが、鎌の研ぎ方を参考にするといいでしょう。

グリップは木製で、使うほど手になじんできます。お手ごろ価格なので、まずは技能試験のために電工ナイフを購入したい! という方にも向いています。

KNIPEX(クニペックス)『電工用折りたたみナイフ(16 20 50 SB)』

KNIPEX(クニペックス)『電工用折りたたみナイフ(162050SB)』 KNIPEX(クニペックス)『電工用折りたたみナイフ(162050SB)』
出典:Amazon この商品を見るview item
人間工学にもとづいたハンドル設計

耐衝撃性にすぐれたプラスチックハンドルは、人間工学にもとづいて設計。手になじみがよく刃に力が伝わりやすくなっています。ゾーリンゲン製のステンレス刃を使用しており、耐久性にすぐれているのも特徴です。

グリップ部のカラーリングもポイント。現場で落としても目立ちやすいので、紛失しづらいのがうれしいですね。

DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』

DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』 DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』 DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』 DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』
出典:Amazon この商品を見るview item
ライナーロック方式でしっかり刃を固定

刃を開くと自動固定してくれるライナーロック式。ぐらつかずに安定するので、作業しやすいのが特徴です。刃の断面形状はホローグラインドで、皮剥きしやすくなっています。

ポケットに入れても落ちにくいクリップつきで、折りたたみ部分のホールはカラビナなどにもかけられるように大きくなっています。デザイン性が高いので、おしゃれな工具でキメたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』

DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』 DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』 DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』 DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』
出典:Amazon この商品を見るview item
刃の交換がかんたんなユーティリティナイフ

折りたたみ式のユーティリティナイフ。ステンレス製の高耐久のグリップに、刃がしっかりと収まります。刃の素材は高炭素鋼で、裏返せば両端使用できる形状なので、経済的でうれしいですね。交換時はスライドノブを使用してかんたんに交換できます。

グリップの一部にはエラストマーを使用、刃の一部にはカバーがついているので、取り出し時や使用時の安全性も考慮されています。ケーブルだけでなくほかのものもカットしたいという方におすすめです。

▼おすすめ4選|固定刃タイプ

いくつかあるタイプのなかから、固定刃タイプの電工ナイフをご紹介します。

エキスパートのおすすめ

MIRAI(未来工業)『デンコーマック 電工ナイフ(DM-11)』

MIRAI(未来工業)『デンコーマック電工ナイフ(DM-11)』 MIRAI(未来工業)『デンコーマック電工ナイフ(DM-11)』
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

電工ナイフは芯線がキズつかないように、切れすぎず、切れなすぎずといった、まさに絶妙な切れ味でなければいけません。そんなちょうどよい切れ味が『DM-11』。プラスしてVVFケーブルを割る機能があるため、初心者の方にうれしいですね。

VVFケーブル用の付加機能がうれしい

VVFケーブルを加工する機会が多い方にうれしい付加機能つき。グリップの後端には穴を通すだけで割線ができる機能が、刃には皮剥き用の穴が空いています。

腰ベルトに装着できるケースが付属しており、ナイフの取り出しがしやすいのもポイント。グリップはゴム製なので、取り出すときに落としにくく、作業性も良好です。

エキスパートのおすすめ

FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』

FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』 FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』 FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』 FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』 FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』 FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

『FK01-180』は刃がとてもコンパクトで使いやすいです。刃が短いのでサクサクと作業が可能です。カッターナイフのように使えることから、電工ナイフ初心者の方にもおすすめです。

コンパクトな刃先で取りまわしがラク

刃長が短くコンパクトなので、取りまわしやすいのが特徴。狭い場所での作業やこまかい作業に向いているでしょう。グリップはしっかり握れる形状と長さを確保しています。カッターナイフ感覚で手軽に使えますが、刃の厚みはしっかりしており、ホロー形状の刃なのでVVFケーブルなどもラクに加工できます。

刃のカバーとセーフティコード取り付け用の穴も装備していて、安全面も配慮されています。

Tajima(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』

TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 TAJIMA(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』
出典:Amazon この商品を見るview item
刃の先端がノミのようになっている多機能タイプ

ノミのように使える先端刃と、叩いても大丈夫なブレード貫通型。壁などの穴あけやホゾの加工もこれ1本でできてしまいます。刃の峰にはバリ取り用の溝も装備。

腰ベルトにつけられるホルスターは前後2連式。電工カッターと一緒にニッパーなども収納できて便利です。ナイフ本体とホルスターを繋げる安全ロープの取りつけ穴もついているので、落下させてケガをする心配もありません。

KNIPEX(クニペックス)『ケーブルナイフ(98 54)』

軽量でコンパクトな絶縁タイプ

刃の峰をプラスチックコーティングし、絶縁処理してあるのが最大の特徴。とくに高電圧の箇所を作業するときなど、万が一のことを考えると安心ですね。

刃長は約5cmとコンパクト。本体重量も軽量なので、手に負担がかかりにくくなっています。グリップは人間工学を考慮して設計されており、親指用の窪みが滑り止めにも役立ちます。握りやすいので力が効率よく伝わり、使いやすい一品です。

▼番外編|電工ナイフと合わせてそろえたいアイテム

電工ナイフと一緒に使うことの多いアイテムです。合わせてそろえておくと、いざというとき困らずに済む商品をご紹介します。

MIRAI(未来工業)『携帯砥石(DW-1)』

小型でステンレス刃にも使用できる研ぎ器

手のひらサイズの携帯砥石。小型なのでポケットに入れておくこともできます。手で持って使用する砥石なので、切れ味が悪くなってきたら手軽に研げるのが魅力的ですね。プラスチックベースがついていて、持ちやすくなっているのもうれしいポイントです。

この砥石はステンレス刃にも使用可能。研ぐのが難しいと言われているステンレスですが、思いついたときにサッと使えば、本格的な砥石を使用して研がなくてもメンテナンスができます。

HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』

HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』 HOZAN(ホーザン)『VVFストリッパー(P-958)』
出典:Amazon この商品を見るview item
一本四役の万能ストリッパー

VVFケーブル用のストリッパー。3心までのVVFケーブルのケーブル外装と心線被覆を一気に剥くことができます。先端にはのの字曲げ用のプライヤーが、本体には12cmまでのスケールが描かれていて、まさに万能選手。1本持っていれば「測る」「剥く」「切る」「のの字曲げ」の4つの作業をこなすことができます。

工具がないときに備えて電工ナイフでケーブルを加工する技術は必須ですが、加工するケーブルが多いときなどにはこういった便利な工具を使用するのも手です。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』
MARVEL(マーベル)『電工ナイフ(MEK-60)』
KNIPEX(クニペックス)『電工用折りたたみナイフ(16 20 50 SB)』
DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』
DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』
MIRAI(未来工業)『デンコーマック 電工ナイフ(DM-11)』
FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』
Tajima(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』
KNIPEX(クニペックス)『ケーブルナイフ(98 54)』
商品名 HOZAN(ホーザン)『電工ナイフ(Z-683)』 MARVEL(マーベル)『電工ナイフ(MEK-60)』 KNIPEX(クニペックス)『電工用折りたたみナイフ(16 20 50 SB)』 DENSAN(デンサン)『電工ナイフ(DK-670A)』 DENSAN(デンサン)『ストロングナイフカッター(DKF-175)』 MIRAI(未来工業)『デンコーマック 電工ナイフ(DM-11)』 FUJIYA(フジ矢)『ポケット電工ナイフ(FK01-180)』 Tajima(タジマ)『タタックナイフホルスター付(DK-TN80HST2)』 KNIPEX(クニペックス)『ケーブルナイフ(98 54)』
商品情報
特徴 電工ナイフの定番! 試験にもおすすめ 鎌に似たのカーブ刃で滑りにくい 人間工学にもとづいたハンドル設計 ライナーロック方式でしっかり刃を固定 刃の交換がかんたんなユーティリティナイフ VVFケーブル用の付加機能がうれしい コンパクトな刃先で取りまわしがラク 刃の先端がノミのようになっている多機能タイプ 軽量でコンパクトな絶縁タイプ
全長 70mm 195mm 120mm 180mm 175mm 240mm 175mm - 190mm
刃長 205mm 60mm 80mm 65mm - 88mm 50mm - 50mm
材質 刃:刃物用炭素鋼、グリップ:天然木 - 刃:ステンレス鋼、グリップ:プラスチック 刃:8cr13mov(鋼材) 刃:高炭素鋼、グリップ:ステンレス・エラストマー 刃:特殊ハガネ、グリップ:プラスチック - 刃:スチール、グリップ:エラストマー樹脂 刃:特殊工具鋼(油焼き入れ)
重量 120g 115g 85g 150g 160g 270g 100g 246g 68g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月12日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 電工ナイフの売れ筋をチェック

Amazonでの電工ナイフの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:電工ナイフランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

電工ナイフのお手入れ方法

比較的お手入れがかんたんなステンレス製の刃のものでも、長期間メンテナンスしないと切れ味が悪くなってしまいます。日頃のお手入れは水分や汚れを拭き取るだけでじゅうぶんですが、切れ味が鈍くなったりサビが出た場合の対処方法などをご紹介します。

■使用後は水分や汚れを拭き取る

ギザギザな刃の付いた折りたたみナイフ
Pixabayのロゴ

刃に付着した水分や汚れはサビのもと。使用後には必ず拭き取りましょう。これだけでもじゅうぶんに長持もちします。

■研ぎ方は自分の好みに合わせて

 

切れ味が鈍くなったり刃こぼれを起こしたら、研ぐことで切れ味を復活させましょう。使用する砥石は荒砥〜中砥でじゅうぶん。刃こぼれがひどい場合には荒砥で刃こぼれした部分を整え、中砥で仕上げます。

電工ナイフは「切れれば切れるほどよい」というものではありません。切れすぎると心線にキズがついてしまうこともあります。研ぎすぎには注意しましょう。自分の好みの切れ味もあると思いますので、最初は加減がつかみにくいかもしれませんが、徐々に自分好みの加減をつかんで慣れていきましょう。

■サビ防止のお手入れ方法も

機械式の砥石で刃物を研いでいる様子
Pixabayのロゴ

軽いサビ程度なら、ステンレス製の場合は台所用の粉末クレンザー+サビ取り用ゴムやワインのコルク栓で、鋼製の場合は粉末クレンザー+ナイロンたわしで落とせます。頑固なサビが付着してしまった場合はヤスリや砥石を使用してキレイにしていきますが、根気のいる作業になりますので、自信のない方は刃物店にメンテナンスを依頼するのもいいでしょう。

鋼の場合なら、サビ防止に油を含ませた布で拭くだけでもよいでしょう。とくに長期間使用せずにしまっておく際などにおすすめの方法です。使用する油は、古来から日本刀の手入れに使用されてきた椿油100%のものが、酸化しにくくてよいと言われています。再度使用する際には滑ってケガをすることのないように、油を拭き取ってから使いましょう。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ

電工ナイフについて、グリップや刃の素材、形状などの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。まずはどのような商品が自分の用途に合っているかを見極めることが大切です。また、お手入れ方法についても詳しく紹介いたしましたので、長もちさせたい方はメンテナンスの参考にしてみてください。

初心者の方も熟練の職人さんも、ケガのないように電工ナイフを使用していきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


 カッターマットおすすめ13選【大判サイズも】折りたたみできるものや透明タイプなど

カッターマットおすすめ13選【大判サイズも】折りたたみできるものや透明タイプなど

カッターを使った作業をするときに役立つカッターマット。この記事では、文房具のプロ・他故壁氏(たこかべうじ)さんへの取材をもとに、カッターマットの選び方とおすすめ商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、あわせてチェックしてみてください。

tag icon プラモデル , 作業用品 , カッター

ペーパーカッターおすすめ人気商品11選|文房具マニア厳選! 家庭用も

ペーパーカッターおすすめ人気商品11選|文房具マニア厳選! 家庭用も

ペーパーカッター(断裁機)は、たくさんの紙を正確に早く切るために必要不可欠な道具。しかし、A3/A4といった対応サイズ、ずれないできれいに紙が切れる補助機能、怪我を防止する安全カバーなど、種類や機能が豊富でどれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、文房具ライターの「きだて たく」さんへの取材をもとに、ペーパーカッターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。厚紙も切れる業務用の大型サイズ、比較的安い家庭用のミニサイズなど幅広く厳選しました。ぜひ最後までチェックしてくださいね!

tag icon カッター , 文具

工具用カッターおすすめ8選|力を入れないタイプ・プラも切りやすい商品も紹介

工具用カッターおすすめ8選|力を入れないタイプ・プラも切りやすい商品も紹介

石膏ボードや木材、ガラスなど、幅広い素材が切断できる工具用のカッター。DIYでは欠かせない道具となっています。本記事では、工具用カッターの選び方とおすすめの商品をご紹介。工具用カッター選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

tag icon カッター , 文具

【2022年】ロータリーカッターのおすすめ11選|使い方や替刃の交換時期も紹介!

【2022年】ロータリーカッターのおすすめ11選|使い方や替刃の交換時期も紹介!

ロータリーカッターは、刃の部分が円形になっていて回転しながら紙や布などを裁断するカッターです。最近では100均ダイソーやセリアでも取り扱っています。電動タイプと手動タイプがあり、布を切るのか紙を切るのかでも選び方が変わってきます。この記事では、ライフスタイルアドバイザー・高橋美布さんと編集部がおすすめする、ロータリーカッターを紹介します。定番人気のオルファ商品もピックアップ! 通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているので、口コミとあわせてチェックしてみてください!

tag icon カッター , 日用品 , 生活雑貨

テープカッターおすすめ14選【切れ味よし】人気のコクヨや無印も!

テープカッターおすすめ14選【切れ味よし】人気のコクヨや無印も!

荷物の梱包や小学校の図工など、さまざまなシーンで使うセロハンテープやマスキングテープ、ガムテープなどのテープ類。そんなテープをカットする台がテープカッターです。コクヨ、ニチバン、サンスター文具などの文房具メーカーから、便利そうな商品がたくさん発売されています。ダイソーやセリア、キャンドゥといった100均や、無印良品などの人気店でも見かけますね。シンプルなものだけでなく、おしゃれなデザインやかわいい商品もありますよ。この記事では、テープカッターの選び方とおすすめ商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon カッター , テープ , 文具

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。