ロードバイク用チューブおすすめ商品5選【ブチルチューブ・ラテックスチューブ】

ロードバイク用チューブおすすめ商品5選【ブチルチューブ・ラテックスチューブ】
自転車ジャーナリスト:菊地 武洋
自転車ジャーナリスト
菊地 武洋

80年代から国内外のレースやサイクルショーを取材するベテランジャーナリスト。分かりやすいハードウエアの評論は定評が高く、近年はロードバイクのみならず、クロスバイクのインプレッションも数多く手掛けている。グランフォンドやセンチュリーライドなど海外ライドイベントにも出場経験を持つ。単行本の他、自転車産業振興協会でプロ向け教本の監修も手掛ける。 最新著書<a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-COSMIC-MOOK/dp/4774786373/ref=sr_1_1?qid=1563350674&s=books&sr=1-1" target="">『最新ロードバイク インプレッション&購入ガイド』(コスミック出版 )</a>

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに、ロードバイクに適したチューブについてうかがいました。走りに特化したロードバイクに乗っているなら、インナーチューブにもぜひとも気を使いたいところです。チューブは決して目立つ部分ではありませんが、交換することによってロードバイクの走行性能をさらに引き出してくれる大切なパーツです。この記事では菊地さんに、ロードバイクに使ってみたいチューブを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。合わせてロードバイク用チューブを選ぶ際の参考にしてみてください。


ロードバイク用チューブを選ぶポイント 自転車ジャーナリストが解説

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに、ロードバイク用チューブを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

乗り心地やブレーキングに影響を与えるインナーチューブ。交換を検討してみてるのもいいかもしれませんね。

バルブの形式を確認する

自転車ジャーナリスト

バルブ穴とインナーチューブは互換性なし

最初にバルブの形式を確認してください。バルブには細い順に仏式(フレンチ)、英式(ウッズ)、米式(シュレーダー)の3種類の規格があります。応急処置として、米式と英式用リムは兼用バルブナットを使えば仏式を使えますが、基本的にバルブ穴とインナーチューブのバルブは互換性がありません。

ロードバイクは空気圧が高いので仏式、クロスバイクでは仏式だけでなく米式も採用されています。英式バルブはシティサイクルに多く使われ、スポーツバイクで使われることは稀(まれ)です。

バルブの長さと太さを確認

自転車ジャーナリスト

長さはリム高+15mm、太さは28Cが標準仕様

バルブの形式に続いて、バルブの長さと太さについて確認します。

まず長さについて、米式や英式のバルブ長は一種類ですが、仏式には大きく分けると3種類の長さがあります。計測方法はメーカーによって異なりますが、40mm、60mm、80mm前後の製品があります。選ぶ目安はリム高+15mm

次に太さですが、インナーチューブはタイヤ幅に応じた太さのものを選びましょう。たとえばパッケージに700×18-25C(18/25・ETORTO622)とあれば、18~25Cに対応しているということ。最近は28Cを標準仕様にするバイクが増えてきているので、対応サイズを見落とさないようにしましょう。

ヴィットリア『コンペティション ラテックス』

ラテックスを素材に使った上級者にも人気の高いインナーチューブ。太さ28Cに対応するモデルもあり。

>> 楽天市場で詳細を見る

走りを大きく変えるチューブの材質

自転車ジャーナリスト

シェアが高いのは合成ゴムのブチルチューブ

インナーチューブの材質は大きく分けると2種類。

もっともシェアが高いのは合成ゴムのブチルチューブです。安価で耐候、耐熱性にすぐれ、空気漏れが少ないのが特徴で、ほぼすべてのクリンチャータイヤの標準インナーチューブに使われています。ちなみに国内で販売されている米式、英式バルブはすべてブチルチューブです。

天然ゴムで作られているラテックスチューブは軽量で伸縮性が高く、しなやかで乗り心地がよいことで知られています。弱点は価格が高価になってしまう点、品質にバラつきが起きやすい点です。また、ポリアミドを使って軽量で耐パンク性の高い新製品も登場しています。

ロードバイク用チューブのおすすめ5選 自転車ジャーナリストが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

チューボリート『チューボロード 700C』

出典:Amazon

バルブ形式
仏式
サイズ
700×18~28C
素材
ポリウレタン
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0
自転車ジャーナリスト

圧倒的な軽さを誇る新世代チューブ

恐らく、この10年でもっとも話題をさらったインナーチューブといえば、オーストリアにあるRTIスポーツ社のチューボリートでしょう。一般的なブチルチューブと比較して重量は1/3、バルブの材質まで樹脂を使うほど徹底した軽量化が施されています。

また、耐貫通性能は2倍とパンクに強いのも大きなアドバンテージです。リムの温度が上がらないロードバイクのディスクブレーキ用は23gと驚くほど軽いので、ヒルクライムの決戦用パーツや携帯用スペアチューブとしても最適。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソーヨー『ラテックスチューブ』

ソーヨー『ラテックスチューブ』

出典:Amazon

バルブ形式
仏式
サイズ
700×23~25C
素材
ラテックス
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0
自転車ジャーナリスト

最上級の乗り心地を実現する日本製チューブ

お気に入りのクリンチャータイヤの性能を極限まで引き出したいなら、プロ選手も絶賛するソーヨータイヤのラテックスチューブを試してみましょう。ラテックスは伸縮率が高く、耐パンク性能にもすぐれるだけでなく、しなやかな乗り心地で昔から高い評価を得ています。

ただし、安定した品質を保つのが難しく、コストも高いのが弱点。それでも、一度使ったらやめられないという人が多いようです。ソーヨーのチューブは紫外線劣化を防ぐためにアルミで梱包されるなど、細部までこだわり抜いた上質なインナーチューブです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヴィットリア『コンペティション ラテックス』

ヴィットリア『コンペティション ラテックス』

出典:楽天市場

バルブ形式
仏式
サイズ
622×19~23C、622×25~28C
素材
ラテックス
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0
自転車ジャーナリスト

唯一の28C対応ラテックスチューブ

趣味の世界でコストパフォーマンスを優先するのは無粋ですが、インナーチューブのような消耗品の場合、どうしても費用対効果を意識してしまいます。

ヴィットリアのコンペティションラテックスは、性能にもコストにもシビアな走行距離の多いロングライダーや選手から人気の逸品。バルブ長は51mm、太さは19-24Cと25-28C用の2種類があります。流行の28Cに対応する唯一のラテックスチューブというだけでなく、バルブコアも交換できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パナレーサー『R'AIR』

パナレーサー『R'AIR』

出典:Amazon

バルブ形式
仏式
サイズ
700×18~23C、700×23~28C、700×31~35C、26×1.75~2.10、20×1.0~1.25、ほか
素材
ブチルゴム
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0
自転車ジャーナリスト

ブチルゴムの弱点を克服した軽量チューブ

ブチルゴムは空気の漏れが少なく、製品の性能がバランスよく安定しているのが魅力です。R'AIRは軽さと耐久性を追求しているので、山や丘陵の上り坂に設定されたコースを走るヒルクライマーから人気を集めています。

チューブが薄いので慎重に作業する必要はありますが、従来品よりも2.1倍の伸縮性があり乗り心地がよくなると評判です。

また、ラインナップが充実しており、バルブ長や対応するタイヤ幅も豊富で、バルブコアが外れるモデルもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シュワルベ『チューブ』

シュワルベ『チューブ』

出典:Amazon

バルブ形式
仏式、英式、米式
サイズ
700×18~28C、ほか
素材
ブチルゴム
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0
自転車ジャーナリスト

手頃な価格で、幅広くタイヤサイズにマッチする

スポーツサイクルを扱うプロショップで、もっとも見かける機会が多いのがドイツのタイヤメーカー、シュワルベのインナーチューブ。価格も手頃でバルブ長も豊富に用意されています。

また、伸縮率が高いので1サイズで18-28Cまでカバーできるのも、ほかにない特徴です。軽量タイプと比べると重量はありますが、ゴムが肉厚でパンクしにくいのが高評価となりリピーターも多いチューブです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像

チューボリート『チューボロード 700C』
ソーヨー『ラテックスチューブ』
ヴィットリア『コンペティション ラテックス』
パナレーサー『R'AIR』
シュワルベ『チューブ』

商品

チューボリート『チューボロード 700C』 ソーヨー『ラテックスチューブ』 ヴィットリア『コンペティション ラテックス』 パナレーサー『R'AIR』 シュワルベ『チューブ』

特徴

圧倒的な軽さを誇る新世代チューブ 最上級の乗り心地を実現する日本製チューブ 唯一の28C対応ラテックスチューブ ブチルゴムの弱点を克服した軽量チューブ 手頃な価格で、幅広くタイヤサイズにマッチする

価格

Amazon : ¥3,980
楽天市場 : ¥ 4,730
PayPayモール : ¥ 4,730
※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥2,364
楽天市場 : ¥ 4,174
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,091
※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 1,661
PayPayモール : ¥ 1,661
※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥1,469
楽天市場 : ¥ 2,351
※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥815
楽天市場 : ¥ 939
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,578
※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

バルブ形式

仏式 仏式 仏式 仏式 仏式、英式、米式

サイズ

700×18~28C 700×23~25C 622×19~23C、622×25~28C 700×18~23C、700×23~28C、700×31~35C、26×1.75~2.10、20×1.0~1.25、ほか 700×18~28C、ほか

素材

ポリウレタン ラテックス ラテックス ブチルゴム ブチルゴム

商品情報

通販サイトのランキングを参考にする タイヤチューブの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのタイヤチューブの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:自転車用タイヤチューブランキング
楽天市場:タイヤチューブランキング
Yahoo!ショッピング:自転車 タイヤ、チューブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自転車ジャーナリストからのアドバイス ロードバイク用チューブを選ぶうえで

自転車ジャーナリスト

走行性能に影響力が出るパーツ!

あまり目立つパーツではありませんが、インナーチューブは走行性能に影響力を持つ重要なパーツです。同じ空気圧でも、インナーチューブの柔軟性によって乗り心地やブレーキング性能が変わるだけでなく、パンクのしやすさも大きく違ってきます

初心者は作業性の高いブチル素材が安心ですが、ステップアップしたらラテックス素材にも挑戦してみてください。

ロードバイク商品の関連記事はこちら さらに走りを快適にする

通勤や通学、趣味でロードバイクに乗る人は多いのではないでしょうか。タイヤはロードバイクの走行性能に大きく関わってきます。選び方とおすすめの商品について、自転車ライターの浅野真則さんに教えてもらいました。

ロードバイクのホイールを買いかえたいけれど、どの商品がいいかわからないとお悩みの方へ。自転車ライターの浅野真則さんにロードバイクのホイールを選ぶ際に押さえたいポイントをうかがいました。

自転車ライターの浅野真則さんにパンク修理グッズのおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。サイクリング中にタイヤがパンクしたとき、応急処置として役立つ修理グッズをご紹介します。

ロードバイクについて詳しい浅野真則さんがおすすめするロードバイク用ライトの選び方や、ロードバイク乗りの方たちに人気の商品を紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ロードバイク用サドルバッグおすすめ5選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

ロードバイク用サドルバッグおすすめ5選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに取材し、ロードバイク用サドルバッグの選び方とおすすめ商品について聞きました。軽量化されているロードバイクには荷物を入れるカゴがついていないことが多いです。リュックなどを背負って乗ると、動きのじゃまになったり背中が蒸れたりして快適に乗れません。サドルバッグがあれば、快適に乗れるだけでなく、緊急時用のメンテナンス道具を常備しておくのにもぴったり。この記事では、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんがロードバイク用のサドルバッグの選び方のコツやおすすめ商品を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。


パンク修理グッズおすすめ5選と選び方|持ち運びやすいリペアキットを厳選!

パンク修理グッズおすすめ5選と選び方|持ち運びやすいリペアキットを厳選!

自転車ライターの浅野真則さんにパンク修理グッズのおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。最近、信号待ちや渋滞につかまってしまった車を横目に、颯爽と走るロードバイクを見る機会が多くなってきました。便利なロードバイクですが、走行中のパンクはどうしても避けてはとおれないですよね。この記事では、サイクリング中にタイヤがパンクしたとき、応急処置として役立つ修理グッズをご紹介します。ぜひ参考にしてください。


通勤用自転車おすすめ6選|クロスバイク・電動アシスト・折りたたみ式も

通勤用自転車おすすめ6選|クロスバイク・電動アシスト・折りたたみ式も

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに、通勤用に使える自転車のおすすめと選び方を教えてもらいました。毎日、満員電車に揺られて通勤するのはなかなか疲れますよね。最近は、街中でも自転車で通勤するビジネスパーソンを見かけることもあり、自転車通勤を検討している方も多いのではないでしょうか。この記事では快適に走れるクロスバイク、坂道もラクに走れる電動アシスト付きのタイプ、雨が降ったときに折りたたんで電車にも乗れるタイプなど、さまざま商品から厳選してご紹介します。ぜひお気に入りの一台を見つけてくださいね。


クロスバイクのおすすめモデル7選【おしゃれなデザインを厳選】低価格の商品も

クロスバイクのおすすめモデル7選【おしゃれなデザインを厳選】低価格の商品も

サイクリングアドバイザーの日向涼子さんに、クロスバイクの選び方とおすすめの商品7選を教えていただきました。通勤・通学に、街乗りに、さらにはちょっと遠くへサイクリングにと、さまざまなシーンで使えて人気のクロスバイク。この記事では「ママチャリよりスマートな自転車がほしいけど、どんなタイプがあるかわからない」といったスポーツバイクの初心者から、「クロスバイクがほしいけど、種類が多くてどうやって選ぼう……」「ロードバイクだけでなく、気軽に楽しめるクロスバイクにも乗ってみたい」という中・上級者が納得できる1台までをご紹介します。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。長く付き合える愛車選びの参考にしてくださいね。


【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

スポーツライターで、ミラソルデポルテ代表の今 雄飛さんにおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。自転車のテールライトは、クルマからの視認性を高めるために必要な装備のひとつです。しかし自転車を、通勤だけに使用する、遠出をするなど用途によって、最適なテールライトは変わってきます。どのような点に注意して選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、ぴったりなテールライトを見つけてください。売れ筋ランキングも掲載しています。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る