【国内メーカー】電気ケトルおすすめ10選|【タイガー、象印、パナソニックなど】

TIGER(タイガー)『電気ケトル(PCM-A060)』
出典:Amazon

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、国内メーカーの電気ケトルの選び方と特徴、おすすめ商品についてうかがいました。朝食のコーヒーや夜食にカップ麺を食べるときなど、あると便利なのが電気ケトル。毎日のように使うものだからこそ、安全性や性能・品質がしっかりしている国内メーカーだととても安心ですよね。この記事では、さまざまな国内メーカーから、タイガー、象印、ドリテック、パナソニック、ピーコック、YAMAZEN、アイリスオーヤマの7メーカー・ブランドを厳選。それぞれの電気ケトルの選び方や特徴、おすすめ商品を紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター
細野(倉田) 沙也加

フードコーディネーターと管理栄養士が立ち上げた料理研究家による会社、合同会社HITOOMOIのフードコーディネーターです。 大切な人のために手作りの料理を振る舞うシーンを作ることで、 生きててよかったと思える社会の実現を目指しています。 主にレシピの開発、記事執筆、栄養計算、商品開発、食・健康に関するコンサルティングを行っています。SNSで手作り料理を発信中。

電気ケトルとは? どう選ぶ? 電気ケトルとの違いや選び方をご紹介

電気ケトルは、電気であっという間に使う分だけお湯を沸かしてくれます。似た商品に電気ポットがあり、こちらは保温機能や温度調節機能が充実、たくさんのお湯を用意するのに向いています。

「出来るだけ電気代を押さえたい」「朝コーヒーを飲む量だけお湯が必要」といった消費者ニーズにこたえてくれるのが、電気ケトルになります。

なお、電気ケトルを選ぶ際には、以下の5項目で比較してみましょう。

【1】必要な湯量を沸かせる容量か?
【2】コーヒードリップに使うなら注ぎ口に注目
【3】転倒による湯漏れなどの安全機能をチェック
【4】素材ごとのデザイン性とメリット、デメリット
【5】保温や温度設定が便利


なお、上記の選び方に関しては下記で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

【2020年版】電気ケトルおすすめランキング24選|温度調整機能や保温、おしゃれタイプも


フードコーディネーターと編集部が厳選した7メーカー・ブランド 【タイガー、象印、ドリテック、パナソニック、ピーコック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ】

目覚まし時計とマグカップ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

忙しい朝、電気ケトルがあるとちょっと快適になるかもしれません。

国内シェアトップクラス、安心・安全、おしゃれ、持ちやすい、自社技術などの観点から、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、タイガー、象印、ドリテック、パナソニック、ピーコック、YAMAZEN、アイリスオーヤを厳選。それぞれどのような特徴があり、どう選べばいいのでしょうか? 解説してもらいました。

タイガーの特徴:国内シェアトップクラス

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

1923年に虎印の魔法瓶製造メーカとして創業しているタイガー魔法瓶。とにかく安全性を重要視して製造しており、国内シェアはトップクラスです。とりあえず1台電気ケトルがほしい! という方にはおすすめできるメーカーなのではないでしょうか。

商品ラインアップとして「わく子」シリーズを展開。容量、機能、デザインなどでその方のニーズに合ったものを選ぶことができます。保温機能がないので、少量でお湯を沸かしたい方におすすめです。

象印の特徴:お子さまやペットのいる家庭におすすめ!

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

1918年に創業している象印マホービン。お湯が漏れるのを防止する機能や、蒸気が出ないようにする機能など、安全面に考慮した技術にすぐれています。

このような機能を搭載している商品が多く、お子さまやペットのいるご家庭におすすめ。保温機能が搭載されている商品もあるので、都度沸かすのが面倒な方にもいいですね。

ドリテックの特徴:暮らしを便利にする商品を提供!

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

1997年創業のドリテックは、「暮らし」に関わるものすべてに便利さを提供することをコンセプトに商品開発を行なっています。

ドリテックの電気ケトルには大きく分けて材質がプラスチックの「スタンダードタイプ」と、見た目がおしゃれな「ステンレスタイプ」の2種類あります。注ぎ口が細いものもあるので、コーヒーをハンドドリップで入れたい方にもおすすめできるブランドです。

パナソニックの特徴:安全性能が高い!

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

家電を多く製造・販売しているパナソニック。パナソニックの電気ケトルは2011年度のグッドデザイン賞を受賞しており、湯漏れ防止の構造やロックレバー機能など安全面が評価されています。

必要な分だけ都度沸かすタイプになっているので、朝だけなど限定して湯を沸かす方におすすめです。ハンドルの形状は、お湯の注ぎやすさや持ちやすさにつながる角度や太さを計算して設計されています。使いやすいブランドのひとつです。

ピーコックの特徴:自社の真空断熱技術を活用!

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

1950年より、輸出用ガラス魔法瓶製造メーカーとして創業したピーコック。現在は、真空断熱の技術を活かして、電気ケトルだけではなく電気ポットやステンレスボトル、マグボトルなども製造しています。

電子ケトルは見た目がかわいくて、転倒湯もれ防止や空焚き防止など機能充実。女性でかわいいものが好きな方におすすめできます。

YAMAZENの特徴:さまざまなシーンを支える+αを提供

YAMAZENは1947年に創業し、2016年には商社初の「レジリエンス認証※」を取得しました。生産財(モノづくりのために使う工作機械や工場内での周辺機器や工具)、住設建材(住宅設備機器や建材)、家庭機器(家具・家電など)の3つの事業分野をコアに、国内外100を超える事業所を展開する専門商社です。

電気ケトルの特徴は、コーヒー・お茶・紅茶などの適温はそれぞれ異なるため、ただ沸騰したお湯を注ぐのではなく、美味しさを引き出せるよう「60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・100℃」と6段階の細かい温度調整が可能です。

※レジリエンス認証とは……内閣官房国士強靭化推進室が定めたガイドラインに基づき、事業継続に関する取り組みを継続的に行っている事業者が対象となるもの。

アイリスオーヤマの特徴:常にヒット作品を狙う!

1971年に創業したアイリスオーヤマの家電は、企画・デザイン・価格などあらゆる側面から徹底的に実際に使う人の視点で検討されたものが販売されています。そのため、「業界初」「お手頃価格」で形容できるものばかり。通常、ロングセラー商品をいかに持てるかに重きを置くが、アイリスオーヤマでは常にヒット商品を世に出すことで成長を遂げようとしています。

電子ケトルは、どんなインテリアのお部屋にあっても違和感のないおしゃれなデザイン、温度調節機能つき、空焚き防止などが搭載されています。

【国内メーカー】電気ケトルおすすめ10選 温度調節可能、注ぎやすい形状など

それでは国内メーカーの電子ケトルおすすめ10選をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TIGER(タイガー)『電気ケトル(PCM-A060)』

TIGER(タイガー)『電気ケトル(PCM-A060)』

出典:Amazon

本体サイズ 161×212×167mm
重さ 900g
容量 0.6L
消費電力 1300W
安全面 転倒お湯漏れ防止構造、本体二重構造、省スチーム設計、通電自動オフ、カラだき防止

Thumb lg 41835b1a 17cc 4803 ab3f 1fdbdee147d9

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

沸騰するまでが早い! コンパクトタイプ

見た目もシンプルでどんな空間にも溶け込むタイガーの電気ケトルです。転倒お湯漏れ防止構造や本体が熱くならずに保温効果もある二重構造、省スチーム設計など安心安全面への配慮が素晴らしい商品です。

なにより最大の特徴は、カップ1杯(140ml)60秒で沸騰するというスピーディーさ。コンパクトでささっとお湯を沸かしたい方におすすめです。

TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』

TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』

出典:Amazon

本体サイズ 226×148×215mm
重さ 1030g
容量 0.8L
消費電力 1300w
安全面 蒸気レス沸騰、通電自動オフ、転倒お湯漏れ防止構造、給湯ロックボタン、カラだき防止機能

時間短縮なのに節電 蒸気レス電気ケトル

140mlを45秒という速さで沸かし22%の電力をカットした、沸騰時間の短縮と節電が可能な電気ケトルです。蒸気孔をなくした蒸気レス構造にしたことでやけどの心配も軽減され、結露の心配をせず好きな場所に置くことができます。

フッ素加工されたケトル内部はステンレス製で、汚れが付きづらくなっています。給湯ロックボタンがあるので、倒れてもお湯漏れを防止できる安心設計です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』

ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』 ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』 ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』 ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』 ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』

出典:Amazon

本体サイズ 230×145×225mm(本体のみ)
重さ 1,000g(本体のみ)
容量 0.8L
消費電力 1300W
安全面 転倒湯もれ防止構造、マイコン沸とう検知センサー、マイコン空だき防止センサー、マイコン自動電源オフ

Thumb lg 41835b1a 17cc 4803 ab3f 1fdbdee147d9

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

基本的な機能にハンドドリップ機能もプラス

安全面に定評がある象印マホービン。転倒防止湯漏れ防止構造はもちろん、熱くなりにくいような二重構造、蒸気レス構造など基本的な機能が充実しています。

さらに、コーヒーをハンドドリップしやすいよう、湯量を少なくできるようになっています。カルキ臭が気になる方のためのカルキ飛ばしコースも。おいしい水でコーヒーを入れたい方にはうれしいですよね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

dretec(ドリテック)『温度調整付ケトル アラビカ(PO-145)』

dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトルアラビカ(PO-145)』

出典:Amazon

本体サイズ 253×210×208mm
重さ 本体:(約)566g、給電プレート:511g
容量 0.8L
消費電力 900W
安全面 空焚き防止機能

Thumb lg 41835b1a 17cc 4803 ab3f 1fdbdee147d9

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

こだわりの強い方に! 好みの温度でお湯が沸かせる

ステンレスの見た目がおしゃれなドリテックの電気ケトル。お好みの温度に合わせてお湯を沸かすことができるため、お茶やコーヒーなど、適切な温度に調整でき、極上の一杯を追求したい方におすすめの電気ケトルです。

細長い注ぎ口はその形状や直径、曲がり具合を理想的な形に設計しています。コーヒーを自分で入れる方はとても使いやすい電気ケトルだと思います。

dretec(ドリテック)『ドリップケトル グレーブ(PO-350)』

dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトルグレーブ(PO-350)』

出典:Amazon

本体サイズ 215×142×269mm
重さ 885g
容量 1.0L
消費電力 900w
安全面 沸騰時自動電源オフ、空焚き防止

本格的なコーヒーが楽しめるドリップケトル

自宅で本格的なコーヒーを楽しみたい人に嬉しい、細口のドリップケトルです。スイッチを押すだけで沸かすことができ、自動で止まるので忙しい朝など目を離しても安心してお湯が沸かせます。

鏡面加工とヘアライン仕上げの2つのデザインからお好みで選ぶことができ、どちらもお部屋に置いてもスッキリしたデザインです。蓋は取り外すことができるので水を入れやすく、満水もメモリがあるのでわかりやすくなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『電気ケトル(NC-KT083)』

Panasonic(パナソニック)『電気ケトル(NC-KT083)』

出典:Amazon

本体サイズ (約)221×148×193mm
重さ 約1,000g
容量 0.8L
消費電力 1200W
安全面 転倒湯もれ防止構造、空だき防止機能、沸騰すると電源自動OFF、熱くなりにくい本体二重構造

Thumb lg 41835b1a 17cc 4803 ab3f 1fdbdee147d9

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

お手入れらくらく、安全性も兼ね備えているケトル

ひとり暮らしや夫婦などのふたり分程度であれば、さくっと沸かせるサイズの電気ケトルです。見た目もシンプルで2色展開しています。

ふたが着脱式になっていること、さらにステンレスの容器であるため、さびにくくお手入れしやすいのが特長です。安全面では、湯漏れ転倒防止機能はもちろん、空焚き防止機能、さらに沸騰すると電源が自動でOFFになるので安心ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ピーコック魔法瓶工業『電気ケトル(WEK-08)』

ピーコック魔法瓶工業『電気ケトル(WEK-08)』

出典:Amazon

本体サイズ 150×214×207mm(プレート含む)
重さ 1,020g(プレート含む)
容量 0.8L
消費電力 1200W
安全面 転倒湯もれ防止設計、空だき防止機能

Thumb lg 41835b1a 17cc 4803 ab3f 1fdbdee147d9

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

コロンとかわいい、まるでミルクピッチャー

食卓に似合うケトルをイメージして作られているピーコックの電気ケトルは、とにかく見た目がかわいいです。懐かしさもあり、新しさもあるデザインが今の時代にマッチしているのではないでしょうか。

見た目だけではなく、1カップ(140ml)であれば70秒ほどで沸くという高機能。転倒湯漏れ防止機能や、空焚き防止機能も備わっています。ひとり暮らしの女性におすすめです。

YAMAZEN(山善)『電気ケトル (YKG-C800)』

山善『電気ケトル(YKG-C800)』 山善『電気ケトル(YKG-C800)』 山善『電気ケトル(YKG-C800)』 山善『電気ケトル(YKG-C800)』 山善『電気ケトル(YKG-C800)』 山善『電気ケトル(YKG-C800)』 山善『電気ケトル(YKG-C800)』

出典:Amazon

本体サイズ 240×190×285mm
重さ 980g
容量 0.8L
消費電力 1000w
安全面 電流フューズ、温度フューズ

1℃単位と細かい温度設定が可能に

60℃~100℃まで1℃単位で細かい温度設定ができます。細かな温度設定を好まない人には、6段階にプリセットされているので、温度設定スイッチで簡単にそれぞれの温度に沸かせます。

好きな温度で60分保温することもでき、お客さんが来てすぐにお湯が必要になるときなどに便利です。

ノズルはドリップコーヒーが入れやすい細口。取っては大きく握りやすく使いやすさにこだわったデザインです。本体はマットなブラックでキッチンに出したままでも部屋に馴染みうきません。

アイリスオーヤマ『ドリップケトル 温度調節付(IKE-C600T-B)』

アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル温度調節付(IKE-C600T-B)』

出典:Amazon

本体サイズ 222×223×266mm(プレート含む)
重さ 700g(本体のみ)
容量 0.6L
消費電力 1200w
安全面 空焚き防止機能、自動電源オフ

細口ノズルのアンティーク調電子ケトル

アンティーク調のおしゃれなデザインの電気ケトルです。お湯を沸かすときは電源ボタンを押して温度を選ぶだけ。

温度調節は60℃~100℃で設定できるだけでなく、沸騰・コーヒー・お茶でお好みメニューで切り替えもできます。保温も可能です。

細口ノズルなのでこだわりのコーヒーを入れるのにも最適。蓋を外すと広口になっており手入れもラクです。自動で加熱終了・空焚き防止の機能と安全面にも考慮されています。

アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』

アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』

出典:Amazon

本体サイズ 275×222×217mm
重さ 1000g(本体のみ)
容量 1.5L
消費電力 1200w
安全面 沸騰時自動電源オフ、空焚き防止機能

温度設定や保温もできるガラス製ケトル

メモリ付きのガラス製電気ケトルです。ガラスで透明なので、湯量や沸き上がりが一目でわかります。またにおい移りもしません。

60℃から100℃まで温度設定をすることができ、飲み物に合わせて温度を変えることもできます。1時間の保温機能も付いており、すぐにお湯が必要になるという時に便利です。

取り出せる茶こし付きで電気ケトル内に直接お茶を作っておくこともできます。沸騰時やケトル内がからの時は自動で電源が切れる安全機能付きです。

「電気ケトル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TIGER(タイガー)『電気ケトル(PCM-A060)』
TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』
ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』
dretec(ドリテック)『温度調整付ケトル アラビカ(PO-145)』
dretec(ドリテック)『ドリップケトル グレーブ(PO-350)』
Panasonic(パナソニック)『電気ケトル(NC-KT083)』
ピーコック魔法瓶工業『電気ケトル(WEK-08)』
YAMAZEN(山善)『電気ケトル (YKG-C800)』
アイリスオーヤマ『ドリップケトル 温度調節付(IKE-C600T-B)』
アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』
商品名 TIGER(タイガー)『電気ケトル(PCM-A060)』 TIGER(タイガー)『蒸気レス電気ケトル(PCH-G080)』 ZOJIRUSHI(象印マホービン)『電気ケトル(CK-AX08)』 dretec(ドリテック)『温度調整付ケトル アラビカ(PO-145)』 dretec(ドリテック)『ドリップケトル グレーブ(PO-350)』 Panasonic(パナソニック)『電気ケトル(NC-KT083)』 ピーコック魔法瓶工業『電気ケトル(WEK-08)』 YAMAZEN(山善)『電気ケトル (YKG-C800)』 アイリスオーヤマ『ドリップケトル 温度調節付(IKE-C600T-B)』 アイリスオーヤマ『電気ケトル(ガラス)温度調節付(IKE-G1500T-B)』
商品情報
特徴 沸騰するまでが早い! コンパクトタイプ 時間短縮なのに節電 蒸気レス電気ケトル 基本的な機能にハンドドリップ機能もプラス こだわりの強い方に! 好みの温度でお湯が沸かせる 本格的なコーヒーが楽しめるドリップケトル お手入れらくらく、安全性も兼ね備えているケトル コロンとかわいい、まるでミルクピッチャー 1℃単位と細かい温度設定が可能に 細口ノズルのアンティーク調電子ケトル 温度設定や保温もできるガラス製ケトル
本体サイズ 161×212×167mm 226×148×215mm 230×145×225mm(本体のみ) 253×210×208mm 215×142×269mm (約)221×148×193mm 150×214×207mm(プレート含む) 240×190×285mm 222×223×266mm(プレート含む) 275×222×217mm
重さ 900g 1030g 1,000g(本体のみ) 本体:(約)566g、給電プレート:511g 885g 約1,000g 1,020g(プレート含む) 980g 700g(本体のみ) 1000g(本体のみ)
容量 0.6L 0.8L 0.8L 0.8L 1.0L 0.8L 0.8L 0.8L 0.6L 1.5L
消費電力 1300W 1300w 1300W 900W 900w 1200W 1200W 1000w 1200w 1200w
安全面 転倒お湯漏れ防止構造、本体二重構造、省スチーム設計、通電自動オフ、カラだき防止 蒸気レス沸騰、通電自動オフ、転倒お湯漏れ防止構造、給湯ロックボタン、カラだき防止機能 転倒湯もれ防止構造、マイコン沸とう検知センサー、マイコン空だき防止センサー、マイコン自動電源オフ 空焚き防止機能 沸騰時自動電源オフ、空焚き防止 転倒湯もれ防止構造、空だき防止機能、沸騰すると電源自動OFF、熱くなりにくい本体二重構造 転倒湯もれ防止設計、空だき防止機能 電流フューズ、温度フューズ 空焚き防止機能、自動電源オフ 沸騰時自動電源オフ、空焚き防止機能
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 国内メーカー別電気ケトルの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの国内メーカー別電気ケトルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:電気ケトルランキング
楽天市場:電気ケトル ランキング
Yahoo!ショッピング:電気ケトルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

関連記事

6/4更新)デジタル&家電ライターのコヤマタカヒロさんへの取材をもとに、電気ケトルの選び方と、おしゃれで安全、保温機能なども優れたおすすめ22選をご紹介します。ティファール、タイガー、デロンギなど使用目的に合わせて選んでみてください!

収納コンサルタントでライフアレンジニストの有賀照枝さんに聞いた、やかんやケトルを選ぶときのポイントとおすすめの商品10選をうかがいました。お湯をわかすのにあると便利な「やかん」や「ケトル」。素材や形、大きさがさまざまな商品が販売されているので、自分の生活スタイルにあったものを買いたいですね。本...

【最後に】フードコーディネーターからアドバイス 自分の用途に合ったサイズ・機能を選ぼう!

合同会社HITOOMOI代表 フードコーディネーター

購入前にどんなシーンで使うかイメージしておく

電気ケトルは便利で毎日使う家電のひとつです。そのため、自分の用途に合ったものを選ぶというのがとても大切。

ひとり暮らしで朝にコーヒーを飲む際にしか使わないのであれば、沸かすまでの時間が短くて容量も少なく、保温がなくても大丈夫です。逆に家族が多かったり、大量にお湯を沸かしたりするなら、容量は多いものがベストでしょう。まずはどんなシーンで使用するのかを購入前にイメージしておくといいですね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/22 コンテンツ修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


電気ケトルおすすめランキング24選|温度調整機能や保温、おしゃれタイプも

電気ケトルおすすめランキング24選|温度調整機能や保温、おしゃれタイプも

デジタル&家電ライターのコヤマタカヒロさんへの取材をもとに、電気ケトルの選び方と、おしゃれで安全、保温機能なども優れたおすすめ22選をご紹介します。ティファール、タイガー、デロンギなど使用目的に合わせて選んでみてください!


保温卓上ポットおすすめ13選|おしゃれなデザインや洗いやすいものも!

保温卓上ポットおすすめ13選|おしゃれなデザインや洗いやすいものも!

あたたかいお茶やスープを入れておくのに役立つ保温卓上ポット。保温だけではなく保冷ができる商品もあります。電気を使用せずに保温・保冷ができるのはうれしいですよね。この記事では、暮らしのグッズに詳しい瀧本真奈美さんにお話をうかがい、保温卓上ポットの選び方とおすすめの商品をご紹介。記事後半には、Amazonや楽天市場など大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


【手軽に保温・保冷】エアーポットおすすめ13選│大容量でおしゃれタイプも!

【手軽に保温・保冷】エアーポットおすすめ13選│大容量でおしゃれタイプも!

電気を使わず保温・保冷ができるエコなアイテム「エアーポット」。お湯を入れておけば毎回お湯を沸かす必要がなく、かんたんに温かい飲み物を飲むことができます。本記事では、素材・機能性・大容量タイプなど選び方のポイントを解説。あわせて、厳選したエアーポットのおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


電気ケトル海外メーカーおすすめ5選|各メーカーの特徴も解説

電気ケトル海外メーカーおすすめ5選|各メーカーの特徴も解説

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、電気ケトルの選び方とおすすめ商品を海外メーカー別にうかがいました。コーヒーやお茶を淹(い)れるときに活躍してくれる電気ケトル。海外、とくにヨーロッパでは広く普及していて、各メーカーごとに特徴のある商品が販売されています。安心して使える性能がありながらデザイン性の高い商品が多く、おしゃれな電気ケトルを探しているなら、海外メーカーも選択肢にいれるべき。そこで、フードコーディネーターの倉田沙也加さんが海外メーカーの中から、ティファール、デロンギ、ラッセルホブスの3メーカー・ブランドを厳選。それぞれの電気ケトルの選び方や特徴、おすすめ商品を紹介します。ぜひ電気ケトル選びの参考にしてください。


ラザニアおすすめ7選|料理家が厳選!【生地の形や原材料をチェック】

ラザニアおすすめ7選|料理家が厳選!【生地の形や原材料をチェック】

イタリア料理といえばパスタですが、そのなかでも特に人気を集めているのがラザニア。本格的なラザニアはお店でしか食べられないと思いがちですが、実は家庭でも簡単に本格的なラザニアが作れる商品が販売されています。そこで、料理家である河野真希さんに聞いたラザニア商品の選び方と、おすすめの品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。