大容量なモバイルバッテリーおすすめ5選【急速充電・ソーラーパネル搭載商品も】

大容量なモバイルバッテリーおすすめ5選【急速充電・ソーラーパネル搭載商品も】
電脳系フリーライター
早川 厚志

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。 1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。 1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。 決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、大容量モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。スマホやタブレットのバッテリーが切れたときに役立つモバイルバッテリーですが、複数のデバイスを充電したり、泊まりがけの旅行やキャンプに持っていったり、家族や友人と一緒に使うときなどには、大容量のモバイルバッテリーがあると安心です。また、災害や停電などに備える場合もできるだけ容量の大きなものを用意しておきたいですよね。この記事では、そんな大容量モバイルバッテリーの選び方や高速充電のコツ、20,000mAh以上のおすすめモバイルバッテリーをいくつかご紹介します。


大容量モバイルバッテリーを選ぶときには? 電脳系フリーライターに聞いた

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、大容量モバイルバッテリーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

机の上に置かれたモバイルバッテリー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

大容量のバッテリーでも、やっぱりコンパクトなものがいいですよね。

どれ位の容量が必要か

電脳系フリーライター

ひと口に「大容量」と言っても、その基準は使う人や用途によって異なります。数年前であれば5000〜10,000mAhでも間違いなく大容量の部類でしたが、近年スマホのバッテリー容量が増大したことに加え、モバイルバッテリーの小型化・軽量化もすすんだことで、このクラスを日常的に持ち歩く人が増えてきたことから、10,000mAhクラスが当たり前になってきています。

今では20,000mAh以上のものを大容量と呼ぶほうが適切かもしれません。20,000mAhなら、最新の大型スマホ(iPhone 11 Proなど)を約5回ほど充電できますので、複数デバイスの同時充電や旅行・出張にぴったりの大容量と言えるのではないでしょうか。

出力ポートに注目する

電脳系フリーライター

大容量バッテリーには2つ以上のUSBポートを搭載した製品が多くあり、スマホとタブレットなど複数のデバイスを所有していたり、家族や友人のスマホを同時に充電するのに便利です。

また、USB Power Delievry(PD)出力に対応したバッテリーの20,000mAhクラス以上では45Wで充電できるものもありますので、ノートPCにも高速で充電できます。

さらにはAC出力(コンセント)にも対応し、AC電源プラグをそのまま挿して充電できるタイプもありますので、USB PDに対応していないノートPCを充電したいときや、屋外で電子楽器を演奏したい場合などに便利です。

SUNVALLEY『RAVPower コンセント対応モバイルバッテリー(RP-PB054)』

AC出力にも対応しているので、旅行やいざというときに大活躍してくれるでしょう!

>> Amazonで詳細を見る

バッテリー自体への充電速度も確認

電脳系フリーライター

いくらモバイルバッテリーが大容量でも、すべて使い切ってしまったら、バッテリー自体を充電(蓄電)する必要がありますが、充電速度が遅いとフル充電までに時間がかかります。そのため、大容量モバイルバッテリーを選ぶとき、パッケージや商品ページに記載されている「フル充電までの時間」も要チェックです。

最も普及しているmicro USBポートから充電する製品では、Quick Charge対応の充電器を使うことで18Wで充電できるものがあります。また、USB PD入力に対応した大容量モバイルバッテリーの場合、PD対応の充電器とケーブルを使用することで、30W以上の急速充電によりフル充電までの時間が大幅に短くなるものもあります。

Anker『PowerCore Speed 20000 PD』

バッテリー本体への充電もPower Deliveryに対応していて、わずか約4時間で充電が完了します!

>> 楽天市場で詳細を見る

大容量モバイルバッテリーのおすすめ5選 電脳系フリーライターが選ぶ

ここまでで紹介した大容量モバイルバッテリーの選び方のポイントをふまえて、電脳系フリーライターの早川厚志さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker(アンカー)『PowerCore 20100』

出典:Amazon

容量 20100mAh
入力 5V=2A
出力 5V=4.8A
本体充電時間 -
サイズ 166×58×22mm
カラー ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
重さ 約356g
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

2万mAh超の大容量で重さは缶ジュース1本分

18ヶ月保証で人気の高いAnker製のモバイルバッテリーです。20100mAhという大容量でありながら350ml缶ジュース1本分とほぼ同じ重さなので、カバンやリュックに入れても苦になりません。

2つのUSB(Type-A)ポートから、iPhone 11 ProやiPhone XS Maxに約4回以上、iPhone XSやGalaxy S9を5回以上、iPad Pro(2018, 11インチ)を約2回充電できます(各ポート2.4A、合計で最大4.8A出力)。ボディは汚れや指紋がつきにくいマット仕上げで、持ちやすい仕様です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TSUNEO(ツネオ)『24000mAh モバイルバッテリー ソーラーチャージャー』

出典:Amazon

容量 24000mAh
入力 micro USB、Lightning
出力 USB×4
本体充電時間 -
サイズ 166×82×24mm
カラー レッド/ブラック
重さ -
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

ソーラーやLightning入力にも対応の万能型

ソーラーパネルを備えた24,000mAhの大容量バッテリーです。出力ポートはUSBポートを4つ備え、iPhone Xを6回、Galaxy S8を6回以上、iPadAirを3回ほどフル充電できます。入力ポートはmicro USBとLightningの2種類が用意され、iPhoneユーザーはLightningケーブルでもバッテリー本体を蓄電できます。

また、ソーラーパネル面を日差しの強い場所に置いておくことで充電できるほか、雨水の侵入から守るIPX6防水に対応していたり、SOS信号も発信できるLEDライトも搭載されていたりするなど、万が一の災害時・緊急時に備えたい人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker(アンカー)『PowerCore Speed 20000 PD』

出典:Amazon

容量 20100mAh
入力 5V - 3A, 9V - 3A, 15V - 2A, 20V - 1.5A
出力 PD:5V = 3A, 9V = 2.6A, 15V = 1.6A、通常:5V = 2A
本体充電時間 約4時間
サイズ 約168×62×22mm
カラー ブラック
重さ 約360g
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

PD対応ノートPCも充電可、急速充電器も付属

iPhone 11 Proを約5回、iPad Pro(2018, 11インチ)/ MacBook / MacBook Air(2017 / 2018)を約1回フル充電できる、容量20100mAhのUSB PD対応バッテリーです。

USB-AポートとUSB-Cポートを備え、USB-Cを使えばPD対応のデバイスを最大22.5Wで急速充電できます(iPhoneの場合、USB-C - Lightningケーブルが必要)。また、付属するUSB PD対応の急速充電器を用いることで、USB-C入力ポートから4時間ほどでバッテリー本体をフル充電できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RAVPower(ラブパワー)『コンセント対応モバイルバッテリー(RP-PB054)』

出典:Amazon

容量 20100mAh
入力 AC(24V/1A)
出力 AC(110V/60Hz, 70W最大/60W定格)、USB-C(DC 5V/3Aまで)、USB
本体充電時間 4時間
サイズ 69×69×146mm
カラー ブラック
重さ 585g
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

コンセントに対応、ドリンクホルダーにすっぽり

コンセントに対応した20100mAhの大容量バッテリーです。コンセントの差し込み口(110V/60Hz、70W最大/60W定格)が搭載され、一般的なAC電源プラグも使うことができます。ただし、3W以下の家電と誘導負荷の家電には非対応です(電気毛布、扇風機、ドライヤー、掃除機、冷蔵庫など)。

コンセントのほかに、USB-CポートやUSB-Aポートも備わっているので、スマホやタブレット、USB-Cデバイスへの充電も可能です。ボディは筒型で車内で使う場合はドリンクホルダーにすっぽり入ります。付属のACアダプタを使って、バッテリー本体を約4時間でフル充電できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Earth Ship『Less is more Mighty 100』

出典:Amazon

容量 27000mAh
入力 USB-C(5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20V/5A)
出力 USB-C(入力と同様)、USB-A(3.6V~12V, Max 18W)
本体充電時間 1~1.5時間
サイズ 183×85×21mm
カラー シルバー
重さ 620g
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

PD 100W出力に対応した超パワフルなひと品

USB PDの最大出力が100Wというハイパワーかつ大容量27,000mAhのバッテリーです。100Wおよび60WのUSB-Cポートを2つと、USB-Aポートを1つ搭載し、100W側のUSB-Cポートを単独で使うことで、従来のモバイルバッテリーでは高速充電が困難であった「MacBook Pro15インチ」にもフルスピードで充電できます。また、USB-AポートはQuick Charge 3.0に対応し、QC3.0規格に対応したデバイスへは18W出力で充電できます。さらに、バッテリー本体への蓄電もPD 100Wに対応し、わずか1時間でフル充電できます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Anker(アンカー)『PowerCore 20100』
TSUNEO(ツネオ)『24000mAh モバイルバッテリー ソーラーチャージャー』
Anker(アンカー)『PowerCore Speed 20000 PD』
RAVPower(ラブパワー)『コンセント対応モバイルバッテリー(RP-PB054)』
Earth Ship『Less is more Mighty 100』
商品名 Anker(アンカー)『PowerCore 20100』 TSUNEO(ツネオ)『24000mAh モバイルバッテリー ソーラーチャージャー』 Anker(アンカー)『PowerCore Speed 20000 PD』 RAVPower(ラブパワー)『コンセント対応モバイルバッテリー(RP-PB054)』 Earth Ship『Less is more Mighty 100』
商品情報
特徴 2万mAh超の大容量で重さは缶ジュース1本分 ソーラーやLightning入力にも対応の万能型 PD対応ノートPCも充電可、急速充電器も付属 コンセントに対応、ドリンクホルダーにすっぽり PD 100W出力に対応した超パワフルなひと品
容量 20100mAh 24000mAh 20100mAh 20100mAh 27000mAh
入力 5V=2A micro USB、Lightning 5V - 3A, 9V - 3A, 15V - 2A, 20V - 1.5A AC(24V/1A) USB-C(5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20V/5A)
出力 5V=4.8A USB×4 PD:5V = 3A, 9V = 2.6A, 15V = 1.6A、通常:5V = 2A AC(110V/60Hz, 70W最大/60W定格)、USB-C(DC 5V/3Aまで)、USB USB-C(入力と同様)、USB-A(3.6V~12V, Max 18W)
本体充電時間 - - 約4時間 4時間 1~1.5時間
サイズ 166×58×22mm 166×82×24mm 約168×62×22mm 69×69×146mm 183×85×21mm
カラー ブラック、ブルー、ホワイト、レッド レッド/ブラック ブラック ブラック シルバー
重さ 約356g - 約360g 585g 620g
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月25日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする モバイルバッテリーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのモバイルバッテリーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:モバイルバッテリーランキング
楽天市場:モバイルバッテリーランキング
Yahoo!ショッピング:モバイルバッテリーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

電脳系フリーライターからのアドバイス 大容量モバイルバッテリーを選ぶうえで

電脳系フリーライター

機内に持ち込むモバイルバッテリーは容量に注意

長距離フライトのために大容量モバイルバッテリーの購入を検討している人は、その容量にも注意しましょう。

たとえば、国内線では100Wh(約27,027mAh)以下のバッテリーは何個でも持ち込めますが、100~160Wh(約27,027~43,243mAh)のバッテリーは2個までしか持ち込めませんし、160W(約43,243mAh)を超えるバッテリーは機内に持ち込めません。

国際線ではさらに厳しく、100Wh(約27,027mAh)を超えると機内持ち込み不可としている航空会社もあります。利用する航空会社の規約をよく確認して、制限以下の容量のものを選びましょう。

そのほかのモバイルバッテリー関連記事はこちら 【関連記事】

ITライターの鈴木朋子さんへの取材をもとに、モバイルバッテリー選びのポイントとおすすめ商品をご紹介します。外出先でスマホの電池が切れそうになったことは誰にでも一度は経験があるでしょう。そんなときの救世主が、すかさず充電できるモバイルバッテリー。ひとつ持っていると安心です。

外出先でノートパソコンの充電が切れてしまうと、資料や報告書などを作成できなかったり、顧客へのプレゼンができなかったりと、仕事にさまざまな影響がでてしまいます。そんなときに便利なのがノートパソコンにも使えるモバイルバッテリーです。

スマホの充電が切れたときに役立つモバイルバッテリーですが、早く充電したいのになかなか充電されないとイライラしてしまいますよね。そこでお勧めしたいのが、短時間でのフル充電を可能にする「急速充電」対応のモバイルバッテリーです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/26 一部修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る