スノーボードブーツおすすめ4選|バートン、ノースウェーブ、サロモンなど厳選

Rossignol Alley Boa H3 スノーボードブーツ 2019 レディース
出典:Amazon

スノーボード用具の中でスノーボードブーツが選ぶ際に一番難しいと言われています。BOAフィットシステム搭載モデルをはじめ、BURTON(バートン)、FLUX(フラックス)、RIDE(ライド)などのメーカーからさまざまなモデルが出ています。

本記事では、プロスノーボードコーチの出口 超さんにお話をうかがい、スノーボードブーツの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

また、記事後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミなども、ぜひ確認してみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

プロスノーボードコーチ
出口 超

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。 著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。 人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立スノーリゾート(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「アウトドア・キャンプ」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。学生の頃から国内海外問わず一人旅に夢中。旅・アウトドア関連グッツに精通している。趣味は筋トレや格闘技。まずは見た目からとモットーにスポーツ用具やウエア選びにも余念がない。

◆本記事の公開は、2019年11月15日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

スノボブーツの必要性

スノーボードで滑走する人
Pixabayのロゴ

スノーボードを心ゆくまで楽しむなら、スノーボードブーツにもこだわってください。ボードやブーツを固定するビンディングも大切ですが、ボードにじかに接するブーツは疲れなどコンディションに影響します。

自分のスタイルに合わせることがポイントで、自分の足にしっかりフィットするブーツを選びます。適切なブーツなら思いどおりのライディングが可能です。

スノーボードブーツの選び方

それでは、スノーボードブーツの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】紐の締め方
【2】インナーのタイプ
【3】ブーツのかたさ
【4】色やデザイン
【5】履き心地


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

スノーボードで雪山を滑る男性
Pixabayのロゴ

【1】紐の締め方をチェック

スノーボードブーツは紐の締め方で3つのタイプがあります。それぞれの特徴をお伝えしますので、自分に合ったタイプを選んでください。

スノーボードブーツには、一般的にヒモで締めつけるタイプ、BOAと呼ばれるワイヤーで締めつけるタイプ、スピードレースと呼ばれるヒモをかんたんに引っ張って締めつけるタイプ、バインディングとの脱着をワンタッチで可能にするステップインタイプがあります。

スノーボードをする際に毎回必要なことですので、かんたんに済ませられるものを選ぶのもよいでしょう。また、デザインや締めつけ具合にこだわりを持った形状のものを選ぶのも、スノーボーディングを楽しむための重要なポイントです。

▼着脱しやすい「ボアシステム」にも注目

 

ボアシステムのブーツはダイヤルを回すだけでかんたんに紐を緩めたり締めたりできます。紐を締めるときに力がいらないので、初心者や女性・子どもに使いやすいタイプです。

ブーツの着脱がしやすくて利便性のよいのが特徴。ただしダイヤルを回すので、ピンポイントでの調整ができません。フィット感や特定部位を締めつけたい方には向いていません。

▼初心者向けは「クイックレース」

 

クイックレースは左右の紐を引っ張るだけでかんたんに締められるタイプ。力を入れずにできるので初心者や女性・子どもに適しています。

紐の引き具合で締めつけを調整できるので、フィット感を求める方にも向いています。着脱がらくでフィット感もある程度得られるので中級者にも人気です。

ボアシステムで見つからない場合、クイックレースで選んでみてください。

▼フィット感を重視なら「紐タイプ」を

スノーボードブーツを履いた足
Pixabayのロゴ

昔からあるタイプで、一般的な靴紐と同じ感覚でブーツを締めます。スノーボードに慣れている方やオールドユーザーに人気なのが紐タイプです。

自分の好みに合わせて締め具合を微調整できるので、快適な滑りが得られます。ただし紐を締めるときに力が必要なので、女性や子どもには向いていない場合も。着脱に時間がかかるので、こだわりのある中上級者向けでしょう。

【2】インナーのタイプをチェック

立て掛けられた多くのスノーボード
Pixabayのロゴ

インナーにはおもに3つのタイプがあります。

「成形済みインナー」の特徴は紐や縫い目がないので脱着がしやすいです。

「レースタイプインナー」はレースを引っ張って締めるタイプで、自分の好みに合わせて調整できます。

「サーモインナー」は値段は高くなりますが、高いフィットが得られます。専門店で自分の足型をつくるので時間と手間も必要です。

【3】ブーツの硬さをチェック

スノーボードブーツには各メーカー・ブランドによって、足首を曲げたときのかたさを示すフレックス値というものがあります

数値の少ないやわらかめのブーツは、初心者やグラトリ(グラウンドトリック:緩やかな斜面で行うトリック全般)を楽しむなど、あまりスピードを出さずに楽しむフリースタイル系のスノーボーディング向き。一方、フレックス値の大きいかためのブーツはパワーをダイレクトに伝えられるため、中上級者などのスピードを必要とするスノーボーディングに向いています。

スノーボードブーツのかたさは、それぞれの目的やレベルに合わせてチョイスしましょう。

【4】色やデザインをチェック

 

すべっている最中はウェアやバインディングでほとんど隠れるスノーボードブーツですが、オシャレは足元からと言います。ゲレンデまでの屋内外での歩行時やゴンドラ待機中など、ふと足元を気にすることも多いでしょう。

ブランドやカラーも豊富なスノーボードブーツのなかには、鮮やかな色合いやプリントがあるものや、シックでシンプルなデザインのものなどもあります。気に入ったブーツを履いているだけで、気分も高まることでしょう。スノーボードブーツを選ぶ際は、自分の個性を主張できる色やデザインのブーツを探すのがおすすめです

【5】履き心地をチェック

 

足に合わないスノーボードブーツを履き続けるのは苦痛でしかなく、スノーボードを思い切り楽しめません。そのため、スノーボードブーツの履き心地は実際に試着して確かめたいところです。

選ぶ際には、自分の足の形をよく知ることが大切。履いた瞬間に自分にとって大きい場合はすぐにわかると思いますが、小さい場合はどのように小さいかを把握することが重要です。「足の幅が狭いのか?」「足の指が曲がるほど小さいのか?」「足の甲が締めつけられるように狭いのか?」など、そのスノーボードブーツが自分の足の形とどう違うのかを把握するようにしましょう。

足入れをした状態で、かかと部分が靴底につかず浮いていないか? といった部分や、足の指が伸びた状態でつま先に触れるか触れない程度のサイズ感を前提に、新品についてはいずれ緩んでくることを考慮して選びましょう。また、幅と甲は痛くない程度にやや圧迫感のあるものを選ぶとよいでしょう。

ブーツ選びは少しキツイくらいがベスト エキスパートからのアドバイス

プロスノーボードコーチ

人の足型はさまざまです。メーカーやブランド各社で、それぞれの足型に合わせられるよう、さまざまな機能やフィッティング(締めつけ方法)を採用したスノーボードブーツを開発・販売しています。長時間履き続けることを考慮してスニーカー感覚で選ぶのも、スノーボーディングのパフォーマンスを考慮しタイトなものを選ぶのもよいでしょう。

ただし、足に合っていないスノーボードブーツを履き続けるのは苦痛でしかありません。実際に履いた印象を参考にして選ぶとよいでしょう。ネットショッピングで購入する場合にも、お店へ出向いて履いてみて選ぶか、合わない時は思い切って返品する勇気も必要だと思います

スノーボードブーツおすすめ4選 人気ブランドも!

スノーボードブーツの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

Rossignol(ロシニョール)『Alley Boa H3』

RossignolAlleyBoaH3スノーボードブーツ2019レディース6 RossignolAlleyBoaH3スノーボードブーツ2019レディース6
出典:Amazon この商品を見るview item
プロスノーボードコーチ:出口 超

プロスノーボードコーチ

老舗スノーギアブランドが提供する女性向けブーツ

長年スキーで培ったノウハウをスノーボードに生かした、シングルBOAでかんたんに締め付けられる女性用スノーボードブーツ。デニム調のシンプルなアウターにプリントされたデザインも人気。インナーに熱や体温で整形できるサーモインナーを採用。

レディースモデルなのに27cmまでのサイズがあるためサイズが大きめの方にもうれしいラインナップです。

NORTHWAVE(ノースウェーブ) 『DECADE (decade-ltd055-bk)』

即出荷19-20NORTHWAVE/ノースウェーブDECADEディケードスピードレースメンズブーツスノーボード2020 即出荷19-20NORTHWAVE/ノースウェーブDECADEディケードスピードレースメンズブーツスノーボード2020 即出荷19-20NORTHWAVE/ノースウェーブDECADEディケードスピードレースメンズブーツスノーボード2020
出典:楽天市場 この商品を見るview item

アジアンフィットのフィット感抜群のモデル

アジアンフィットのモデルのため、日本人の足にも合いやすい設計となっています。インナーはクッション性が高い素材を使用しているため、履き心地は良く、足の形にしっかりとフィットしてくれます。

アウトソールはグリップ力が高く、フラットに設計されているため、アクティブなライディングにも、しっかりと対応できます。

K2(ケーツー)『RAIDER(レイダー) 21-22モデル』

予約販売スノーボードブーツK2ケーツーRAIDERレイダー21-22モデルメンズIIF7 予約販売スノーボードブーツK2ケーツーRAIDERレイダー21-22モデルメンズIIF7 予約販売スノーボードブーツK2ケーツーRAIDERレイダー21-22モデルメンズIIF7
出典:楽天市場 この商品を見るview item

21-22年の新作モデル!

アメリカ発のスキー・スノーボードブランド、K2(ケーツー)の21-22シーズン新作モデルです。

柔らかめのライナーで快適に履くことができ、内側と外側に組み込まれたJバーによりヒール部分もしっかりサポート。アウトソールには、耐久性と衝撃吸収性にすぐれた「ハーシュメロウテクノロジー」を採用しています。

VAXPOT(バックスポット)『スノーボードブーツ スピードレースタイプ(VA-3660)』

VAXPOT(バックスポット)スノーボードブーツスピードレースタイプVA-3660ブラック27.5cm VAXPOT(バックスポット)スノーボードブーツスピードレースタイプVA-3660ブラック27.5cm VAXPOT(バックスポット)スノーボードブーツスピードレースタイプVA-3660ブラック27.5cm VAXPOT(バックスポット)スノーボードブーツスピードレースタイプVA-3660ブラック27.5cm VAXPOT(バックスポット)スノーボードブーツスピードレースタイプVA-3660ブラック27.5cm VAXPOT(バックスポット)スノーボードブーツスピードレースタイプVA-3660ブラック27.5cm
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパがよく初心者におすすめ

紐を引っ張るだけのクイックレース仕様で、初心者にもおすすめのスノーボードブーツです。価格が安いのもうれしいポイント。インナーは取り外しが可能で、柔らかく履き心地も快適です。

シューレースを結ばない「メガスピードレーシングシステム」採用で、滑っている途中でも紐をきつくしたり、逆にゆるめたり簡単に調節ができますよ。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Rossignol(ロシニョール)『Alley Boa H3』
NORTHWAVE(ノースウェーブ) 『DECADE (decade-ltd055-bk)』
K2(ケーツー)『RAIDER(レイダー) 21-22モデル』
VAXPOT(バックスポット)『スノーボードブーツ スピードレースタイプ(VA-3660)』
商品名 Rossignol(ロシニョール)『Alley Boa H3』 NORTHWAVE(ノースウェーブ) 『DECADE (decade-ltd055-bk)』 K2(ケーツー)『RAIDER(レイダー) 21-22モデル』 VAXPOT(バックスポット)『スノーボードブーツ スピードレースタイプ(VA-3660)』
商品情報
特徴 老舗スノーギアブランドが提供する女性向けブーツ アジアンフィットのフィット感抜群のモデル 21-22年の新作モデル! コスパがよく初心者におすすめ
サイズ展開 23〜27cm 24.0cm〜29.0cm 24.0~33.0cm 26.5~28.0cm
カラー Black ブラック、ブラウン、グレー、ホワイト ブラック ブラック
フレックス かため 普通 - 柔らかめ
締め付け方法 BOA BOA クイックレース
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スノーボードブーツの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスノーボードブーツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スノーボードブーツランキング
楽天市場:ブーツランキング
Yahoo!ショッピング:スノーボードブーツランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スノーボードブーツのお手入れ方法は? メンテナンスも大切!

スノーボードを楽しむ人の画像

Photo by Colin Lloyd on Unsplash

雪山で使うスノーボードブーツは、きちんとお手入れしないとイヤな臭いやカビの原因に。使い終わったら、まず表面の雪などをはらい、「インソール」「インナー」「アウター」に分解してしっかり乾かします。インナーブーツとアウターは、型崩れしないようにワイヤーなどで固定するといいです。

シーズン後のお手入れや保管方法

シーズン後は、収納する前にもお手入れをしましょう。「インソール」「インナー」「アウター」に分解し、それぞれ中性洗剤を薄めた水でもみ洗いします。メーカーによっては、水洗い不可のモデルもあるので事前に確認しましょう。しっかりと乾かしたら、ブーツを組み立てて保管します。

ブーツのなかに乾燥材や新聞紙などを入れて、型崩れしないように紐をしめて保管しましょう。もともと入っていた箱があれば、箱に収納するのもありです。

あわせて使いたいスノーボードのインソール

スノーボードブーツのインソールの役割は、疲労軽減、そしてバランス力向上、姿勢のゆがみ補正、力の伝達力を高めるなどがあげられます。あわせてインソールもチェックしましょう。

また、かかとが浮くときの対策として、専用のインソールやパワーライドを使用したり、紐の締め分けができるモデルを選ぶ、またはブーツを買い換えるなどで改善できるでしょう。

SUPERFEET『TRIMFIT GREEN』

※ 2021年1月29日時点 での税込価格

足のコントロールを向上させ、かかとへのショックを減らす。バランス力も向上。

【関連記事】その他のスノボ用品をチェック

履きやすく動きやすいスノーボードブーツを

本記事では、スノーボードブーツの選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の5つのポイントを抑えておきましょう。

【1】紐の締め方
【2】インナーのタイプ
【3】ブーツのかたさ
【4】色やデザイン
【5】履き心地


スノーボードでは、ボードと足を密着させるため、ブーツのサイズや履き心地がとても重要になってきます。少しキツイなと思えるサイズ感がベストなため、特に紐の結び方や結ぶ際の手間なども考えながら選ぶと、より自分に合った商品を見つけられるはずです。ぜひ本記事を参考に、満足のいくスノーボードブーツを選んでくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部