島根ワインおすすめ5選|ワインのプロが解説【白・赤・スパークリング】

島根ワインおすすめ5選|ワインのプロが解説【白・赤・スパークリング】

島根県にある湯の川温泉湯宿「草菴」常務取締役の内田洋平さんへの取材をもとに、島根ワインの選び方とおすすめ商品をご紹介します。じつは島根県はブドウの名産地であるとともに、隠れたワインの名産地でもあります。島根県産のワインは種類も豊富で、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインと多数そろっているので、きっとお気に入りが見つかるはず。品質の高い島根県産ワインは、時期的に入手しずらいこともある貴重なワインです。この記事では、内田洋平さんがチョイスした、島根ワインのなかでもとくに時間と手間をかけて造られた上級の銘柄をご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、売り切れる前にお気に入り商品を手に入れてくださいね!


目次

この記事を担当するエキスパート

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役
内田 洋平

東京都杉並区出身。 東京YMCA国際ホテル専門学校を卒業後、六本木ヒルズにあるグランドハイアット東京にてバーテンダーとしてサービスマン人生をスタートさせる。 2008年に結婚し、妻の実家の温泉旅館に入るため島根県への移住を決意。 サービスや旅館経営のノウハウを学びながら、旅館内のオーセンティックBARの運営等を経て2015年にFBO公認唎酒師の資格を取得。 続く2016年には日本ソムリエ協会公認ソムリエの資格を取得、幅広い酒類の知識を活かして島根県産のワインや日本酒を中心にその魅力を発信している。 現在は、島根県出雲市にある湯の川温泉 湯宿 草菴にて常務取締役を務める。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク
中村 美結

「食品・ドリンク」カテゴリーを担当。常に旬な情報をチェックするZ世代の編集者で、話題のカフェやスイーツ、コスメに詳しい。小さい頃から料理をしていたため、美味しくて健康的な食品・食材や調味料を探すのが日課になっている。

◆本記事の公開は、2020年02月28日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

島根ワインの選び方 湯の川温泉湯宿「草菴」常務に聞く

島根県湯の川温泉湯宿「草菴」常務取締役・内田洋平さんに、島根ワインを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。ぜひ参考にしてくださいね。

島根ワイナリー
Pixabayのロゴ

出雲市にある島根ワイナリー。付近にはブドウ畑も広がります。食用だけでなくワイン用品種の栽培も盛んです!

ワイン好きの方は食中酒にふさわしい辛口のワインを!

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

国産のワインと聞くと、甘く、甘味果実酒のようなワインのイメージをもつ方もいらっしゃると思います。確かにそのような甘口のワインもありますが、島根ワインは甘口だけでなく辛口の本格派もあります。ワインが好きな方にはお食事とともに楽しむことができる本格派のワインがおすすめです。

島根県のワインは食事とともに楽しむことができ、まさに本物と呼べる銘柄が多数リリースされています。

日本固有種か欧州系のブドウかで選ぶ

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

せっかく日本ワインを楽しむなら、日本固有のブドウ品種である「甲州」や「マスカット・ベーリーA」から醸造されたワインを選んでみましょう。

ともに世界的にも評価されているブドウ品種であり、ここ島根県でもその品種から醸造されたワインを楽しむことができます。

また皆さん一度は耳にしたことがあると思いますが「シャルドネ」や「ソーヴィニヨン・ブラン」「カベルネ・ソーヴィニヨン」といった欧州原産のブドウ品種からつくられたワインも島根県で生産されているのです。

どれもワイン好きの方にもきっとご満足いただけるであろう、本当においしい逸品が取りそろえられています。

白ワインや赤ワインなどワインのタイプで選ぶ

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

ひと言でワインと言ってもさまざまな種類がありますが、皆さんどんなワインがお好みですか?

島根県産のワインは、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインと多数そろっています。自分の気分で選ぶもよし、贈りものなら相手の好みを想像して選ぶのもよしで、ワイン選びが楽しくなりますね!

ロゼワインも少ないですがリリースがあり、珍しいところでは赤のスパークリングワインなんていうものもあるのです。

島根ワインの傾向としては、どちらかというと白ワインの方がよりハイレベルな銘柄が多いと思います。

生産量の少なさに注意する

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

せっかく飲んでみたいと思っても、時期的に売り切れてたりすることも。品質の高い島根県産ワインはどれも多くの生産があるわけではありません。

こまめにサイトをチェックしたり、メーカーのホームページをみたりしておくとよいでしょう。

逆にいえば見つけたら必ず買い! というような銘柄を押さえておきたいですね! ワイン好きな方は在庫があるうちにストックしておいてもよいかも。

島根ワインおすすめ5選 逸品を楽しむ!

ここまで紹介した島根ワインの選び方のポイントをふまえて、内田洋平さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。スペックもかんたんに紹介しているので、自分好みのワイン選びに役立ててくださいね。

エキスパートのおすすめ

奥出雲葡萄園『奥出雲ワイン シャルドネ樽発酵』

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役:内田 洋平

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

日本ワインもここまできたか! 高品質な白ワイン!

本格的なワインが好きな方には、日本ワインといえども欧州系ブドウ品種での高いクオリティが求められます。

白ワイン用ブドウ品種として有名なこのシャルドネは全量自社農園で栽培、収穫、醸造されたものなので、完全な日本産の高品質白ワイン。発酵、醸造共にフレンチオークを使った贅沢でリッチな優しい味わいの辛口白ワインです。

その優しい味わいは素材のもち味を活かす日本料理との相性もいいので、大事な会食などにもおすすめ。濃いめの味わいにも調和する豊かな樽香(たるこう)は、まるでワインの銘醸地ブルゴーニュのシャルドネを思わせるできばえです。

奥出雲葡萄園がお届けする最高峰の1本! 島根県産のワインでもこの銘柄は群を抜いています。

エキスパートのおすすめ

島根ワイナリー『島根わいん縁結 甲州』

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役:内田 洋平

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

日本固有品種の底力が感じられる高コスパワイン

日本固有のブドウ品種である甲州種を使用。本銘柄は17回目の開催を数える日本ワインコンクールで、2019年度甲州部門において、山梨県以外のワイナリーで初の最高金賞を受賞するなど、その品質は折り紙つきです。

甲州らしいさわやかなやさしい味わいでたいへん飲みやすく、穏やかな柑橘系の酸味と甲州独特のミネラルから感じられるほろ苦さ。食事にそっと寄り添えるその味わいは、奥ゆかしい日本の姿そのものといえます。

そしてなんといっても驚くのはこの値段。コストパフォーマンスのよさを求めている方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

島根ワイナリー『島根わいん縁結 マスカット・ベーリーA』

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役:内田 洋平

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

苺飴のような魅惑の香り! 日本固有のブドウです!

こちらも日本固有のブドウ品種であるマスカット・ベーリーAを使用。特徴的な苺キャンディのような独特の香味がしっかりと表現されています。そう聞くと、このワインは甘口なの? と思われるかもしれませんが、さらりとした飲み口で軽いタンニンが感じられる辛口でミディアムボディの赤ワインです。

通常赤ワインは16~18℃くらいで飲むとよいとされていますが、この縁結マスカット・ベーリーAは軽く冷やして12℃くらいで飲むのがおすすめです。肩ひじ張らずに仲間とワイワイ、お昼どきからガブガブ飲みたいという方におすすめ。

こちらもとてもコスパが高い銘柄です。

エキスパートのおすすめ

奥出雲葡萄園 奥出雲ワイン『メルロ』

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役:内田 洋平

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

島根県産赤ワインのトップクラス! 本格派です!

メルロは、フランスの銘醸地ボルドー地方で盛んに使用されている欧州系のブドウ品種です。奥出雲葡萄園では、自社栽培に加え契約農家から受け入れた国産のメルロ種を使って高品質な赤ワインを生産しています。

約8カ月間の樽熟成からくる落ち着いた香りのなかに、スミレやベリー系の香り、そしてスパイスやミネラル感と穏やかな渋みが調和したミディアムボディの赤ワイン。

日本で栽培されるメルロからここまで本格的なワインができるとは驚きです。食中酒としてもふさわしいので、ふだんの食生活のなかに本格派を取り入れたい方にもぴったり。

香味を楽しむために大きめのワイングラスでどうぞ!

エキスパートのおすすめ

島根ワイナリー『縁結スパークリング 甲州 ブリュット』

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役:内田 洋平

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

キリッとした甲州ブドウの泡はほろ苦さが決め手!

日本固有のブドウ品種である甲州種を使用し、シャンパーニュと同じく瓶内二次発酵という製法を用いることによってキメこまかい泡を湛(たた)えたスパークリングワイン。こちらはぜひ日本食とあわせて飲んでもらいたい本格的な辛口のスパークリングワインです!

柑橘系の香りや酵母由来のトースト香、上品な酸が淡く感じられるので、繊細な味つけの日本食に寄り添うことができます。そして味わいの決め手は後味にほんのり感じる生姜のようなほろ苦さ! これがワインと食事を包括的に引き締めてくれます。

スパークリングワインが好きで、甲州ブドウを使った日本のワインらしいその特徴的な香味を味わってみたい方にはおすすめです。

「島根ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
奥出雲葡萄園『奥出雲ワイン シャルドネ樽発酵』
島根ワイナリー『島根わいん縁結 甲州』
島根ワイナリー『島根わいん縁結 マスカット・ベーリーA』
奥出雲葡萄園 奥出雲ワイン『メルロ』
島根ワイナリー『縁結スパークリング 甲州 ブリュット』
商品名 奥出雲葡萄園『奥出雲ワイン シャルドネ樽発酵』 島根ワイナリー『島根わいん縁結 甲州』 島根ワイナリー『島根わいん縁結 マスカット・ベーリーA』 奥出雲葡萄園 奥出雲ワイン『メルロ』 島根ワイナリー『縁結スパークリング 甲州 ブリュット』
商品情報
特徴 日本ワインもここまできたか! 高品質な白ワイン! 日本固有品種の底力が感じられる高コスパワイン 苺飴のような魅惑の香り! 日本固有のブドウです! 島根県産赤ワインのトップクラス! 本格派です! キリッとした甲州ブドウの泡はほろ苦さが決め手!
品種 シャルドネ 甲州 マスカット・ベーリーA メルロ 甲州
タイプ 白ワイン 白ワイン 赤ワイン 赤ワイン スパークリング
アルコール度数 - 12.5% 12% - 12%
味わい 辛口 辛口 ミディアムボディ ミディアムボディ 辛口
容量 750ml 720ml 720ml 750ml 750ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 島根ワインの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの島根ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:島根ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのワインに関連する記事はこちら 【関連記事】

ぜひハイレベルな島根県のワインを選んでください ワインのプロからのアドバイス

島根県 湯の川温泉 湯宿 草菴 常務取締役

ワイン産地としてはまだまだ知名度が高いとは言えない島根県。しかし、どなたにもおすすめできる本物と言える逸品があるのも事実です。

日本ワインの法的整備も整ってきており、そのなかでどれだけ高品質なワインを皆さんに知っていただくかが今後の課題となりそうです。本記事でご紹介した銘柄のほかにも、たくさんの種類がその時期によってラインナップされています。

コレは当たりだな! というワインを選ぶコツは、あまりに安いものを選ばないことでしょうか。値段がすべてではありませんが、ある程度の値段のものは理由があってその値段になっているからです。

いろいろ試してみて自分の好みを探していくことも、ワイン選びの楽しみであると言えます。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部