【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方
作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


アウトドアライターが解説|トレッキング用リュックを選ぶポイント

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

リュックを背負ってトレッキングをする人たち
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自然を満喫するためにも自分に合ったリュックを選びましょう。

体格にフィットするかどうかで選ぶ

作家/アウトドアライター

ザックを選ぶ場合、どのジャンルでも体格に沿ったフィットは最優先です。身体に合っているかどうかで疲労度も大きく変わります。つまりザックを選ぶ場合、ウェア以上にフィットに気を配る必要があります。

はじめにチェックすべきポイントは背面長のマッチング。自分の「背面長」を知る必要があります。まずは腰骨の上端を探し、次に第七頚椎(首の後ろのもっとも出っ張っている骨)を探します。そして第七頸椎を起点に、腰骨上端までの長さを背骨のアーチに沿うように計測すると「背面長」が測定できます。

対応サイズの目安は、41~46cm=S、46~51cm=M、51~56cm=Lとなります。ザック側のサイズはメーカーによっても異なるため商品詳細を確認してみてください。

Millet(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』

「ファーストクラスの背負い心地」を目指したミレーの人気モデル。日帰りから山小屋泊の山行まで、幅広い用途に対応してくれます。

>> Amazonで詳細を見る

利用シーンから選ぶ

作家/アウトドアライター

トレッキングと一言でいっても、里山散策からデイハイク、山小屋宿泊などさまざまなシーンがあります。ザック容量はもちろん、耐久性や軽さ、使い勝手などシーンにマッチしたザックを選びましょう。

日帰りや山小屋泊の一泊トレッキングなら30L前後のマルチユースのザック、ファストハイクのように軽快に登りたいなら軽量でフィット感が強く機動性の高いザック、里山散策なら軽さより耐久性の高いザックがおすすめです。

GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』

700gの軽さながら、容量は日帰りに充分の24リットル。機動性が高いモデルを探している方におすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

機能面から選ぶ

作家/アウトドアライター

ザックには容量以外に「キャラクター」の違いがあります。それぞれ機能が違い、ニーズにマッチする特性が与えられています。

フィット感に強いモデルや通気性が高いモデル、また軽量性に特化したモデルやファストハイクにもマッチする機動性の高いモデルまでさまざまな個性を備えたザックがあります。優先したい機能やほしい要素を意識して、合致する個性のザックを選んでみてください。

アウトドアライターが厳選|トレッキング用リュックおすすめ5選

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターの夏野 栄さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GREGORY(グレゴリー)『ズール30』

出典:Amazon

サイズ
-
重量
SM/MD(28L):1.19kg、MD/LG(30L):1.21kg
オゾンブラック、ファイアリーレッド、エンパイアブルー
材質
ナイロン、ポリエステル
用途
デイハイク、山小屋1泊の登山、ほか
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

高いフィット感と通気性を実現

グレゴリーの人気モデル、ズールがさらに快適に進化。「フィット感」と「通気性」という、ときに相反する要素を見事に両立しています。

背面部からウェストベルト、ショルダーハーネス裏にいたるまでメッシュ層を配した「フリー・フロート・サスペンション」を採用することで、背面のフィット感を向上させつつ通気性も確保。30リットルという容量から幅広く使えるバックパックですが、デイハイクや、山小屋泊の一泊登山におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Millet(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』

出典:Amazon

サイズ
幅27×奥行18×高さ61cm
重量
1.5kg
CACTUS、BLACK-NOIR、SAPHIR、DEEP RED、GOLD CUMIN
材質
N/210 CORDURA OX、N/210D DOUBLE R/S SD(68*62)PU
用途
デイハイク、山小屋1泊の登山、ほか
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

トップクラスの背負い心地

こちらはミレーの定番かつ人気モデル。バージョンアップを重ね、より快適にブラッシュアップされています。弾性にこだわった背面クッションと背面長に合わせたサイズラインナップでジャストフィットを実現。メーカーのコピーである「ファーストクラスの背負い心地」は伊達(だて)ではありません。

また2カ所の開口部からアクセス可能なメッシュポケットや、行動時の出し入れにも便利なジッパーポケットなど、外部収納が扱いやすく使い勝手も抜群。該当容量の用途ならオールラウンドに使えるモデルで幅広い層におすすめのザックです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OSPREY(オスプレー)『ケストレル 38』

出典:Amazon

サイズ
幅31×奥行29×高さ75cm
重量
S/M(36L):1.46kg、M/L(38L):1.54kg
ブラック、ピコリーヌグリーン、ラックブルー
材質
210D×630Dナイロンドビー、420HDナイロンオックスフォード、500Dナイロンパッククロス
用途
山小屋泊2~3日の登山、デイハイク、旅行、ほか
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

完成度が高いマルチユース

世界的なザックブランドのひとつであるオスプレー。その代表的なモデルともいえるのがこちらのケストレルです。発売から10年を超える年月を経て、バージョンアップを重ね熟成されています。常に時代の一歩先のニーズを搭載しているため、悪い意味ではなくなんというかクセがなく、各所の完成度がとても高い「ふつう」のザック。でもここがすごいところ。用途にサイズ容量さえマッチするなら、誰にでもどんなシーンにもおすすめできる汎用性と平均スペックの高さは随一です。

そんな完成度の高いケストレルですが、2019モデルではいったい何が進化しているのか? 前モデルでは「軽さ」にややパラメータが多めに振られていたため数カ所の「耐久性」にやや弱さがありました。その点を解消すべくショルダーハーネスとヒップベルト、サイドポケットなどが強化され、耐久性がアップすると同時に、安定感もさらに向上しました。しかも重量はほぼ変化なしという正当進化を遂げた万能モデルに仕上がっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エフピー30(NM61911)』

出典:Amazon

サイズ
M:幅28×奥行18×高さ54cm、L:幅28×奥行18×高さ54cm
重量
M(30L):0.92kg、L(32L):0.94kg
(TI)ティングレー、(NB)TNFブルー
材質
100Dトリプルジオリップストップナイロン、420Dシャドウリップストップナイロン
用途
山小屋泊2~3日のトレイルランニング、デイハイク、ほか
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

機動性と機能性が融合したハイブリッドザック

ノース・フェイスにはキャラが強く見逃せないザックがあります。こちらはハーネス部分がランニングパックのベスト型、ストレージはトレッキング用バックパックサイズというハイブリッドなザック。長さがある分ウェストベルトもしっかり装備しています。バックパック容量を確保しながら、ランニングパックのように肩と胸の高い位置で背負える革新的なザック。

メリットはなんといっても機動性の高さです。重心移動が非常にラクです。高重心の場合上体が振られやすくなるというデメリットもありますが、ウェストベルトもあり30リットルというサイズ感なので「速く移動しやすい」範疇(はんちゅう)のザックに仕上がっています。高重心が好きな方やスピーディーに登りたい方、また動きやすいためアクティビティ用ザックとしてもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』

出典:Amazon

サイズ
-
重量
0.7kg
グラファイトグレー、フレームブラック、レフレックスブルー
材質
ナイロン、ポリエステル
用途
トレイルランニング、デイハイク、通勤・通学、ほか
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

フィットにすぐれた高機能軽量パック

グレゴリーの基本性能の高さに加え、「軽量パック」に求められるニーズに特化したモデルがこちら。24リットルで700gという軽さながら、機能を切り捨てた「ミニマル」ではなく、日常使いにも対応する使い勝手もカバー。幅広いシーンで機動力高く荷物を運べるザックです。また「バイオシンク」というショルダーハーネスの位置を調節可能な機能により、フィットに強いグレゴリーのラインナップのなかでもトップクラスのフィット感を実現しています。

ランニングパック手前、バックパックのカテゴリーで機動性が高く動きを意識したザックがほしい方にぴったりのザックです。軽く柔軟性が高いため、ややデリケート。木や草の多いエリアでは気を配る必要があります。

「トレッキング用リュック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

GREGORY(グレゴリー)『ズール30』
Millet(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』
OSPREY(オスプレー)『ケストレル 38』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エフピー30(NM61911)』
GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』

商品

GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 Millet(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル 38』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『エフピー30(NM61911)』 GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』

特徴

高いフィット感と通気性を実現 トップクラスの背負い心地 完成度が高いマルチユース 機動性と機能性が融合したハイブリッドザック フィットにすぐれた高機能軽量パック

価格

Amazon : ¥ 22,000
楽天市場 : ¥ 22,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,000
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 17,455
楽天市場 : ¥ 18,447
Yahoo!ショッピング : ¥ 18,332
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 18,700
楽天市場 : ¥ 18,700
Yahoo!ショッピング : ¥ 18,700
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 23,324
楽天市場 : ¥ 23,303
Yahoo!ショッピング : ¥ 23,303
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,685
楽天市場 : ¥ 17,600
Yahoo!ショッピング : ¥ 17,600
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格

サイズ

- 幅27×奥行18×高さ61cm 幅31×奥行29×高さ75cm M:幅28×奥行18×高さ54cm、L:幅28×奥行18×高さ54cm -

重量

SM/MD(28L):1.19kg、MD/LG(30L):1.21kg 1.5kg S/M(36L):1.46kg、M/L(38L):1.54kg M(30L):0.92kg、L(32L):0.94kg 0.7kg

オゾンブラック、ファイアリーレッド、エンパイアブルー CACTUS、BLACK-NOIR、SAPHIR、DEEP RED、GOLD CUMIN ブラック、ピコリーヌグリーン、ラックブルー (TI)ティングレー、(NB)TNFブルー グラファイトグレー、フレームブラック、レフレックスブルー

材質

ナイロン、ポリエステル N/210 CORDURA OX、N/210D DOUBLE R/S SD(68*62)PU 210D×630Dナイロンドビー、420HDナイロンオックスフォード、500Dナイロンパッククロス 100Dトリプルジオリップストップナイロン、420Dシャドウリップストップナイロン ナイロン、ポリエステル

用途

デイハイク、山小屋1泊の登山、ほか デイハイク、山小屋1泊の登山、ほか 山小屋泊2~3日の登山、デイハイク、旅行、ほか 山小屋泊2~3日のトレイルランニング、デイハイク、ほか トレイルランニング、デイハイク、通勤・通学、ほか

商品情報

通販サイトのランキングを参考にする トレッキング リュックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのトレッキング リュックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山リュック・ザックランキング
楽天市場:バックパック・リュックランキング
Yahoo!ショッピング:バックパック、ザックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

デイパックとは、1日分の装備を入れるための小型のバックパックのこと。トレッキング用デイパックの選び方を、山岳/アウトドアライター&プロデューサーの高橋庄太郎さんの意見をもとに紹介していきます。サイズやフィット感、各部のディテール、防水性など、どのようなポイントに注意しながら選べば失敗しないのか...

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バック...

登山をするときに必要なバックパック。男性の体型をベースにつくられているものが多いため、女性の体型にフィットするバックパックを見つけられないという方も多いのではないでしょうか。バックパックは荷物を詰めこむだけでなく、登山そのものの快適さを左右する大切な存在です。快適な登山を楽しめるように、山岳ア...

フィットが合い、個性がマッチするザックを選ぶ|アウトドアライターよりアドバイス

作家/アウトドアライター

ザック選びの際には、ウェア以上に身体に沿ったフィットが重要です。フィットは「背面長」が基本ですが、ショルダーハーネスやヒップベルトも必ずチェックしたいポイントです。

ザックを背負った際に、肩まわりから背面に隙間や違和感はないか? またヒップベルトを緩すぎず、きつすぎず締められるか? ベルト位置に違和感はないか? まずは身体に合うかどうか、徹底的にチェックしてみてください。そのうえで自身のトレッキングで優先させたいニーズを想定し、マッチする個性のザックを選んでみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/01/14 コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【かわいいクーラーボックス】おすすめ6選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

【かわいいクーラーボックス】おすすめ6選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

山岳写真家が選ぶかわいいクーラーボックスの選び6選をご紹介します。キャンプなどで飲み物や食材を保冷してくれるクーラーボックス。実用的で質素なデザインのものが多いですが、インテリアとしてキャンプサイトに違和感なく溶け込むようなものを選びたいですよね。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、かわいいデザインのクーラーボックスについて教えてもらいました。いままで見た目が気になって選べなかった方もぜひ参考にしてみてください。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表的なメーカーをはじめとして、クーラーボックスを購入するときに見るべきポイントを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、数あるテントの中でも安いけれど使える商品を教えてもらいました。家族でキャンプをしてみたいけど、高価なテントはハードルが高いし、テントを何回使うかもわからないし……。そんな悩みをお持ちの方は、まずは手ごろな価格のテントを試してみてはいかがでしょうか。3万円以下のドームテントや5万円以下の大型2ルームテント、さらにはポリコットンを素材に使ってコストを抑えたテントなど、比較的購入しやすい価格のテントを選ぶポイントとおすすめをご紹介します。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。キャンプの楽しさを知ってみたい! という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


軽量な焚き火台のおすすめ9選【アウトドアライターが教える】調理もできる!

軽量な焚き火台のおすすめ9選【アウトドアライターが教える】調理もできる!

アウトドアライターの大森弘恵さんに取材し、軽量焚き火台の選び方とおすすめ商品を聞きました。キャンプで暖をとったり料理をしたりするときに必要な焚き火台。薪をくべたり調理用にダッチオーブンを載せたりするのでしっかりしたものが安心だけど、重かったり組み立てが大変だと使うのが億劫(おっくう)に……。そこでこの記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんが、軽くて使いやすい焚き火台の選び方のポイントやおすすめ商品を紹介してくれているので、ぜひ参考にして快適なキャンプ生活を楽しんでください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る