レグザおすすめ8選|ベーシックモデルから有機ELモデルまで

レグザおすすめ8選|ベーシックモデルから有機ELモデルまで

本記事では、ドヤ家電ライターの小口 覺さんへの取材のもと、有機ELからベーシックな中型テレビまで、幅広くラインナップするREGZAシリーズの選び方とおすすめ商品についてご紹介。ぜひ参考にしてみてください。


目次

ドヤ家電ライター
小口 覺

ライター、コラムニスト。SNSなどで自慢される家電製品を「ドヤ家電」と命名し、日経MJ発表の「2016年上期ヒット商品番付」前頭に選定された。 現在は「意識低い系マーケティング」を提唱。著書に「ちょいバカ戦略 −意識低い系マーケティングのすすめ−」(新潮新書)など。

レグザとは|モデルの各種類・特徴も解説

テレビを見る子ども
Pixabayのロゴ

東芝から発売されている液晶テレビ「レグザ」は、さまざまな便利機能をそなえたテレビです。全機種を通して美しく迫力ある映像が楽しめるだけでなく、好きな番組が見たいときに見られる「タイムシフトマシン」機能や、好きなジャンルや人物が出ている番組を自動で録画してくれる「おまかせ録画」などの機能も充実しています。

大きさも19型から77型まで幅広くラインナップされているので、部屋の広さに合った大きさのテレビが選びやすいのもポイントです。

レグザのシリーズ・モデルの種類

レグザの主なモデルの各特徴をご紹介します。

多くの動画配信サービスに対応した「V34シリーズ」

 

テレビをネットに接続して、ネット動画を大画面で見たいという人にぴったりなのが「V34シリーズ」です。多くの動画配信サービスに対応しているだけでなく、リモコンにも動画配信サービスのボタンがあるので、素早く動画にアクセスできます。

「おすすめ録画リスト」や「瞬速ゲームモード」も搭載しているので、テレビ番組を録画することが多い人や大きな画面でゲームをプレイしたい人もチェックしてみてください。

音にこだわる人にぴったりの「Z740XSシリーズ」

 

「Z740XSシリーズ」は、映像の美しさだけでなく、テレビの音にもこだわりたい人にぴったりのシリーズです。「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPROⅡ」を搭載しており、リアルなサウンドを体感できます。

音の位置や聞き取りやすさにもこだわって設計されているため、映像への深い没入感が得られるのが魅力です。

迫力ある映像が楽しめる「X9400シリーズ」

 

迫力ある映像を楽しみたいなら、有機ELディスプレイを搭載した「X9400シリーズ」がよいでしょう。4Kダブルチューナー内蔵で、別途チューナーを購入することなく、高画質の4K放送も視聴できます。

好きな番組を好きなタイミングで見られる「タイムシフトマシン」機能や、好きなテーマの番組を自動で録画する「おまかせ録画」にも対応しており、録画して番組を見ることが多い人にもぴったりです。

小型で置く場所を選ばない「S22シリーズ」

 

シンプルで、省スペースなのが「S22シリーズ」です。「タイムシフトマシン」は搭載されていませんが、「2チューナーウラ録」や「レグザ番組表から簡単録画予約」など、必要な機能はそなわっています。

19インチの機種もラインナップされているので、省スペースなテレビを探している人にぴったりです。省スペース設計で、旧型のテレビからそれほど大きさを変えずに画面をサイズアップできます。

レグザの選び方

ドヤ家電ライターの小口 覺さんのアドバイスをもとに、レグザ(REGZA)シリーズの選び方を紹介します。ポイントは下記の6つ。

【1】チューナーの数
【2】対応している画質
【3】録画・再生機能
【4】ネットワーク機能
【5】音質
【6】有機EL液晶採用か


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】チューナーの数をチェック

テレビを見る男性
Pixabayのロゴ

レグザを選ぶときは、チューナーの数に注目してみましょう。チューナーの数が多いほど、同時に視聴・録画できる番組が増えます。レグザには4Kダブルチューナーを搭載したモデルも多く、見たい番組が重なったときに便利です。

「タイムシフトマシン」機能が搭載されたモデルは、別売りのハードディスクを使用すれば同時に最大6チャンネル、80時間分の録画ができるのもレグザの大きな魅力です。

ポイント:一度に9番組録画できるものもある

ドヤ家電ライター

4Kダブルチューナー搭載のモデルが多いのもREGZAの特長です。これから4K放送の視聴が増えるにつれて、4K番組を観ると同時に裏番組も録画したくなる機会が増えていくはずです。また、チューナー数と大いに関係しているのが、REGZAが得意とする録画機能。

一部のモデルに搭載される「タイムシフトマシン」は、一度に最大9チャンネルを自動で録画し、後から好きな番組を再生できる機能です。WebやYouTubeで検索するようにテレビ番組を再生でき、テレビの楽しみ方や活用方法を変えることができるでしょう。

【2】対応している画質をチェック

レグザを選ぶときは、対応している画質もチェックしましょう。

臨場感ある映像が楽しめるHDR対応機種

美しい映像を楽しみたいという人は、HDRに対応した機種を選びましょう。HDRは「High Dynamic Range」の頭文字をとったもので、従来の映像よりもより広く明るい幅を表現できる映像技術です。

暗い部分が黒つぶれしたり、明るい部分が白飛びしたりしにくく、目で見たような自然な映像が映しだされます。

質が高い「レグザエンジンProfessional」

レグザエンジンProfessionalは、深層学習などAI技術を活用したレグザが独自に開発した画像処理エンジンです。AIが映像を識別し、ノイズなどを取り除いてより自然な高画質化処理を行ないます。映像分析機能や設定機能も搭載されており、ち密で色鮮やかな映像の視聴を可能にしています。

テレビの映像の美しさは、画像処理エンジンの性能によるところも多いので、映像の美しさにこだわる人は画像処理エンジンにもこだわってみてはいかがでしょうか。

地デジやブルーレイには「地デジ高画質化技術」

レグザには、地上デジタル放送やブルーレイに記録された映像をより美しく見せるための「地デジ高画質化技術」も搭載されています。映像の動きの速さに応じてフレームを調整してくれるため、激しい動きのスポーツも細部まではっきり見えるのがポイント。地デジの映像を、4Kの画質に変換する「超解像処理」機能が搭載されたモデルもあります。

映像の美しさにこだわる人にはぜひチェックしてほしい機能です。

ネット動画を見るなら「ネット動画ビューティPRO」

画質が動画ごとに異なるネット上の動画に高画質処理を施す機能です。コントラストや精細度を調整することで、より美しくなめらかな映像にします。さまざまな動画を、均一な美しい画質で見られるのは、動画をよく見る人にはうれしい機能です。

画質がよい動画には4K超解像を施すことでさらにノイズを低減し、より自然で色鮮やかな映像に調整します。

ポイント:中位モデルでも画質は十分美しい

ドヤ家電ライター

シリーズごとに搭載されている画像処理エンジンが異なります。もっともハイエンドなのは、AI技術を活用した「レグザエンジンProfessional」で、「X930」「X830」「Z730X」シリーズに搭載されています。映画を可能な限りハイクオリティの映像で鑑賞したい、地デジやネット配信動画もきれいに観たいのであれば、なるべく高い画像処理エンジンを搭載したモデルを選ぶといいでしょう。

REGZAの場合、中位モデル以下に搭載されている画像処理エンジンもじゅうぶんに高画質であり、よほど映像にこだわる人でないかぎり不満を感じることはないはずです。

【3】録画・再生機能をチェック

テレビ番組を録画して楽しむことが多い人や、さまざまな番組を見る人は、レグザに搭載されている録画機能や再生機能も忘れずにチェックしましょう。

複数の番組を同時に録画できる「タイムシフトマシン」

タイムシフトマシンは、複数の番組を同時に録画できる機能です。過去番組表から見たい番組を選ぶだけで、いつでも好きなタイミングで視聴できます。

別売のUSBハードディスクを接続すれば、同時に最大6チャンネル、約80時間分の番組が録画できるのもポイント。過去の番組から、見る人の好みに合った番組を探して提案する「スマート機能」も充実しています。

見たい番組をすぐに再生できる「ざんまいスマートアクセス」

見たい番組をスピーディーに探せる機能が「ざんまいスマートアクセス」です。番組視聴中でもリモコンの「ざんまい」ボタンを押して好みのジャンルやカテゴリーを選べば、好みに合った番組が一覧に表示されます。

現在放送中の番組はもちろん、タイムシフト録画番組もリストアップしてくれるので、好きな番組にすぐアクセスできるのが魅力です。

録画した番組を別の機器でも再生できる「SeeQVault」

録画した番組を外出先や別の機器でも再生したい人は「SeeQValt」対応の機種を選びましょう。「SeeQValt」は、パナソニック・サムスン・ソニー・東芝の4社が開発したコンテンツ保護技術で、高い再生互換性とセキュリティをそなえているのが特徴です。

「SeeQVault対応機器」を利用すれば、買い替えたテレビやスマートフォン・タブレットなどで過去の録画番組が再生できます。

【4】ネットワーク機能をチェック

リモコン
Pixabayのロゴ

レグザをインターネットに接続して使うのであれば、ネットに接続して使える機能もチェックしましょう。

NetflixやYouTubeなどの「動画サービス」

ネットワークのイメージ
Pixabayのロゴ

テレビでYouTubeの動画や、各種配信サービスの番組を見たい人は、ネットに接続できる機種を選びましょう。ネットに接続する際は、有線でしか接続できないものよりも、Wi-Fi接続に対応したもののほうがかんたんに接続できて便利です。

レグザのなかには、リモコンに「ネット動画ダイレクトボタン」を設置している機種もあります。リモコンからすぐにネット動画にアクセスできるので、頻繁にネット動画を見る人にぴったりです。

裏番組がチェックできる「まるごとチャンネル」

「まるごとチャンネル」は、同時刻に放送中の地デジ番組を最大6チャンネル画面上に表示する機能です。テレビ番組や録画を見ながら、リアルタイムで放送されている番組もチェックできます。見たい番組が重なったときに便利な機能です。

見たい番組を選んでリモコンの「はじめにジャンプ」ボタンを押せば、その番組だけ最初から視聴することもできます。

別番組や動画が探せる「次みるナビ/みるコレ」

「次みるナビ」は、番組を見ながら次に見たい録画番組やネット動画を探せる機能です。素早く番組が探せるので、長時間テレビを視聴する人には便利な機能でしょう。

「みるコレ」は、好きな人物やジャンルを登録しておくと、108,000件以上のコンテンツから好みに合った番組や動画、シーン、CMを探してくれる機能です。自分が好きなものは逃さずにチェックしたい人にうれしい機能です。

声で操作できるスマートスピーカー対応機種

リモコンに手が届かないときや、手がふさがっているときに便利なのが、スマートスピーカー対応機種です。スマートスピーカーと接続しておけば、声でテレビを操作できます。

電源のオン・オフはもちろん番組の再生もハンズフリーでおこなえるので、キッチンなど手がふさがることが多い場所に置くテレビはスマートスピーカーとの接続も検討してみましょう。

【5】音質をチェック

 

映像への没入感や臨場感を求めるのであれば、レグザの音質もチェックしましょう。

伸びやかな高音が特徴の「高音質ドームツィーター」

レグザには、高音がクリアに聞こえる「高音質ドームツィーター」を搭載したモデルがあります。ツィーターとは、高音を出すスピーカーのことです。クリアで伸びやかな高音によって、よりダイナミックな映像が楽しめます。

レグザのなかには、音像補正技術を駆使して、スピーカー位置ではなく画面から音が聞こえるよう設計されているものもあるので、映像に浸りたいひとや没入感を味わいたい人はそちらもチェックしてみてください。

迫力ある音の「クリアダイレクトスピーカー」

テレビ前面にスピーカーを配置することで、ダイレクトにはっきりと音が聞こえるよう設計されているのが「クリアダイレクトスピーカー」搭載モデルです。

音声が聞き取りやすいだけでなく、映画やドラマでは臨場感のあるサウンドが楽しめます。価格が抑えめの中堅モデルでも音質にこだわりたい人は、「クリアダイレクトスピーカー」搭載モデルを選びましょう。

【6】有機EL液晶採用かチェック

テレビ
Pixabayのロゴ

省ペースなテレビを探している人は、有機EL液晶を採用している機種を選ぶとよいでしょう。有機EL液晶は、有機物を発光させて映像を映し出すディスプレイです。

有機EL液晶は厚みが従来の液晶パネルの1/10で、解像度はおもに4Kですが、近年は8K対応有機ELディスプレイの開発も進められています。

液晶テレビやプラズマテレビよりも薄型・軽量のものが多いので、テレビを壁に掛けたい・スリムなテレビがほしいという人にもぴったりです。

ポイント:ひと周り大きいサイズも検討して

ドヤ家電ライター

REGZAシリーズは、4K対応の「4Kレグザ」およびフルHD以下の「レグザ」がラインナップされ、4Kレグザのパネルは有機ELと液晶の2種類あります。

有機ELのサイズは55V型と65V型、液晶の4Kモデルは43V型〜65V型まで取りそろえています。テレビのサイズは、お部屋の広さや用途に応じて選びますが、新しい製品ではベゼル(額縁)が狭くなっているので、これまで使用していたテレビの一回り大きいサイズを検討してみてください。

エキスパートのアドバイス

ドヤ家電ライター

レグザの中で比較検討するメリットとは?

テレビはパネルの種類、サイズ、チューナー数、画像処理エンジンなどの違いにより、ひとつのメーカーでもかなり多くの型番が存在します。今回のように、レグザならレグザだけでシリーズを並べて検討してみると、自分に必要な性能や機能から選ぶべきモデルが明確になりやすいでしょう。

画質をどこまで求めるか、また予算は人によって異なるでしょうが、4Kダブルチューナーは、今後長く使う上で求められる仕様だと思われます。また、レグザならではの録画機能「タイムシフトマシン」は、他のメーカーとの大きな差別化となっています。テレビをこれからどう楽しむか、活用するかをイメージしながら選んでみてはいかがでしょう。

「レグザ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
東芝『REGZA 4Kチューナー内蔵テレビ X930シリーズ(65X930)』
東芝『REGZA LED液晶テレビ Z875Lシリーズ(65Z875L)』
東芝『REGZA 液晶テレビ(50M530X)』
東芝『REGZA Z740XSシリーズ(55Z740XS)』
東芝『REGZA S22シリーズ(40S22)』
東芝『REGZA X9400シリーズ(55X9400)』
東芝『REGZA M540Xシリーズ(65M540X)』
東芝『REGZA X8900シリーズ(48X8900)』
商品名 東芝『REGZA 4Kチューナー内蔵テレビ X930シリーズ(65X930)』 東芝『REGZA LED液晶テレビ Z875Lシリーズ(65Z875L)』 東芝『REGZA 液晶テレビ(50M530X)』 東芝『REGZA Z740XSシリーズ(55Z740XS)』 東芝『REGZA S22シリーズ(40S22)』 東芝『REGZA X9400シリーズ(55X9400)』 東芝『REGZA M540Xシリーズ(65M540X)』 東芝『REGZA X8900シリーズ(48X8900)』
商品情報
特徴 シリーズ最高画質の有機ELテレビ 「タイムシフトマシン」対応の液晶フラッグシップ 4Kダブルチューナー搭載のスタンダード機 「レグザエンジンCloud PRO」で高画質処理 臨場感ある美しい画面でゲームも楽しめる 重厚で立体感あるサウンドが実現 画質はAIが自動調整してくれる 最新のコンセプトと技術
画面サイズ 65V型 55V型 50V型 55V型 40V型 55V型 65V型 48V型
パネル方式 4K有機ELパネル(2019年仕様) IPS方式 4K液晶 VA方式 4K液晶 4K液晶 直下型LEDバックライト 4K有機ELパネル 4K液晶 4K有機ELパネル
質量 47.5kg 19.5kg 13.5kg 19.0kg 7.5kg 32.5kg 20.5kg 16.5kg
チューナー 地上デジタル/BS・CS/BS 4K・CS 4K/デジタルCATV(C13~C63)/4K放送対応スカパー! 地上デジタル/BS・CS/BS 4K・CS 4K/デジタルCATV(C13~C63)/4K放送対応スカパー! 地上デジタル/BS・CS/BS 4K・CS 4K/デジタルCATV(C13~C63) 新4K衛星放送/地上デジタル/BS・CS 地上デジタル/BS・CS/デジタルCATV(C13~C63) 新4K衛星放送/地上デジタル/BS・CS 新4K衛星放送/地上デジタル/BS・CS 新4K衛星放送/地上デジタル/BS・CS
映像処理エンジン レグザエンジン Professional レグザエンジン Professional レグザエンジン Evolution-S レグザエンジン Cloud PRO レグザエンジンファイン ダブルレグザエンジン Cloud PRO レグザエンジン Cloud レグザエンジン ZRⅠ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月24日時点 での税込価格

レグザおすすめ8選

上記で紹介したレグザの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

東芝『REGZA 4Kチューナー内蔵テレビ X930シリーズ(65X930)』

シリーズ最高画質の有機ELテレビ

コントラストに優れた有機ELテレビ。AI技術を活用した「レグザエンジンProfessional」を搭載し、4K放送はもちろん、地デジや映像配信サービスまで自然な高画質化を実現しています。部屋の明るさや色温度と、番組の種類に応じて画面を自動調整する「リビングAIピクチャー」により、視聴環境の変化に応じて最善の絵作りを見せてくれます。

また、新4K衛星放送のチューナーをダブルで内蔵しているので、外付けハードディスクを接続すれば4Kの裏番組も録画できます。搭載されるチューナー数は地デジ×9基で、「タイムシフトマシン」も利用できます。

東芝『REGZA LED液晶テレビ Z875Lシリーズ(65Z875L)』

(標準設置料込_Aエリアのみ)テレビ65型65Z875L東芝65型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵LED液晶テレビ(別売USBHDD録画対応)REGZAタイムシフトマシン4KMiniLED液晶レグザ (標準設置料込_Aエリアのみ)テレビ65型65Z875L東芝65型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵LED液晶テレビ(別売USBHDD録画対応)REGZAタイムシフトマシン4KMiniLED液晶レグザ (標準設置料込_Aエリアのみ)テレビ65型65Z875L東芝65型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵LED液晶テレビ(別売USBHDD録画対応)REGZAタイムシフトマシン4KMiniLED液晶レグザ

出典:楽天市場

「タイムシフトマシン」対応の液晶フラッグシップ

4Kダブルチューナーを内蔵した液晶テレビのフラッグシップで、AI技術を活用した「レグザエンジンProfessional」を搭載しています。

外付けのUSBハードディスクを接続することで、地デジ番組を最大9チャンネル約80時間分まるごと録画する「タイムシフトマシン」も搭載。販売価格もおおむね20万円前後と、画質や機能の充実ぶりを考えればバランスがいいモデルです。

東芝『REGZA 液晶テレビ(50M530X)』

東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル) 東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル) 東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル) 東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル) 東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル) 東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル) 東芝50V型液晶テレビレグザ50M530X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2019年モデル)

出典:Amazon

4Kダブルチューナー搭載のスタンダード機

10万円前後から購入できる価格でありながら、新4K衛星放送のチューナーをダブル搭載した4Kテレビです。「レグザエンジン Evolution-S」によりきめ細かな高画質映像を実現。バスレフ型フルレンジスピーカーで低音から高音までバランスのいい迫力あるサウンドを再現します。

録画機能は、「タイムシフトマシン」こそ搭載していませんが、4Kの裏番組録画、地デジ・BSなどのW録画に対応。AIがユーザーの好みを学習し、おすすめ番組を自動で録画する「おまかせ録画」も備わっています。

東芝『REGZA Z740XSシリーズ(55Z740XS)』

東芝55V型液晶テレビレグザ55Z740XS4Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2021年モデル) 東芝55V型液晶テレビレグザ55Z740XS4Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2021年モデル) 東芝55V型液晶テレビレグザ55Z740XS4Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2021年モデル) 東芝55V型液晶テレビレグザ55Z740XS4Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2021年モデル) 東芝55V型液晶テレビレグザ55Z740XS4Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2021年モデル) 東芝55V型液晶テレビレグザ55Z740XS4Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2021年モデル)

出典:Amazon

「レグザエンジンCloud PRO」で高画質処理

4Kレグザのハイエンドモデルとなる液晶テレビです。自分にあった視聴スタイルが楽しめる「タイムシフトマシン」が搭載されており、音声での録画予約も可能です。また、2基の新4K衛星放送用チューナーが内蔵されており、外付けのハードディスク接続により4K放送を見ながら別の4K放送録画が可能です。

「全面直下LEDバックライト」と新開発された液晶パネルによって星の輝きまでリアルに映し出されます。総合出力80Wのマルチアンプ駆動によって迫力のサウンドと重低音が再生されます。

東芝『REGZA S22シリーズ(40S22)』

臨場感ある美しい画面でゲームも楽しめる

快適な操作と高画質な映像処理を行うレグザエンジンファインを搭載しており、鮮やかな質感や色彩表現の豊かさを楽しめます。映像モードによって映画・ゲームなどが映像の種類に合ったこだわりの画質で再現されます。

短い起動時間で素早く番組表が表示されるので、気になる番組を見つけた時も操作を快適に行えます。録画番組は自動で区分けされ、見たいシーンからの再生が可能です。先進のゲーム機能が採用されており、遅延時間短縮や超解像技術での画像処理により美しい映像で臨場感にあふれたプレイができます。

東芝『REGZA X9400シリーズ(55X9400)』

東芝55V型有機ELテレビレグザ55X94004Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2020年モデル) 東芝55V型有機ELテレビレグザ55X94004Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2020年モデル) 東芝55V型有機ELテレビレグザ55X94004Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2020年モデル) 東芝55V型有機ELテレビレグザ55X94004Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2020年モデル) 東芝55V型有機ELテレビレグザ55X94004Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2020年モデル) 東芝55V型有機ELテレビレグザ55X94004Kチューナー内蔵外付けHDDタイムシフトマシン対応(2020年モデル)

出典:Amazon

重厚で立体感あるサウンドが実現

高コントラストと高輝度を叶えたレグザ専用の4K有機ELパネルです。さまざまな設定機能と映像分析機能が搭載されており、映像ファンから映像制作のプロまで幅広いニーズに対応できます。地デジ2K映像が4K解像度に変換できるので、ブルーレイソフトやBS/CS放送を美しい映像で楽しめます

タイムシフトマシンに対応していて、別売ハードディスク接続によって地デジ番組最大6チャンネルで約80時間分の録画ができます。自動調整で、常に画質を適切な状態にしてくれる色温度センサーも搭載されています。

東芝『REGZA M540Xシリーズ(65M540X)』

東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル) 東芝65V型液晶テレビレグザ65M540X4Kチューナー内蔵外付けHDDW録画対応(2020年モデル)

出典:Amazon

画質はAIが自動調整してくれる

「クラウドAI高画質テクノロジー」によって高画質処理が行われ、4K放送からネット動画まで幅広いコンテンツがリアルで高精細に描き出されます。色温度センサーが搭載されており、色温度や視聴環境の違いをその場で検出するので常に高画質を楽しめます。サウンドも低音や高音のバランスがよくて迫力があり、サウンドリフト機能で臨場感や自然な音像定位も味わえます。

AIが学習と解析を行って好みの番組を見つけてくれる「みるコレ」をはじめ、「おまかせ録画」「4Kダブルチューナーウラ録」などさまざまな便利機能が備わっています。

東芝『REGZA X8900シリーズ(48X8900)』

東芝48V型有機ELテレビレグザ48X8900K4Kチューナー内蔵(2021年モデル) 東芝48V型有機ELテレビレグザ48X8900K4Kチューナー内蔵(2021年モデル) 東芝48V型有機ELテレビレグザ48X8900K4Kチューナー内蔵(2021年モデル) 東芝48V型有機ELテレビレグザ48X8900K4Kチューナー内蔵(2021年モデル) 東芝48V型有機ELテレビレグザ48X8900K4Kチューナー内蔵(2021年モデル) 東芝48V型有機ELテレビレグザ48X8900K4Kチューナー内蔵(2021年モデル)

出典:Amazon

最新のコンセプトと技術

大きすぎない4K48V型の有機ELモデルで、独自開発されたエンジンを採用し、最新のコンセプトと技術が集約されています。「地デジAIビューティZR I」の超解像処理によって地デジが4K解像度に変換され、BS/CS放送も美しい映像が楽しめます。

ダブルフルレンジとハードドームツィーターで左右に6個のスピーカーが搭載してあるため、高音質も伸びやかです。有機ELならではの動画応答性やゲームモード輝度の大幅な向上により、ゲームプレイも迫力ある映像で楽しめます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レグザの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレグザの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:東芝 REGZA テレビランキング
楽天市場:テレビ(東芝)ランキング
Yahoo!ショッピング:レグザランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自分にぴったりな商品を選びましょう


本記事では、レグザのシリーズの種類や選び方、そしておすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、チューナーの数、対応している画質、録画・再生機能などをしっかりチェックし、テレビの基本となる機能をしっかり選びましょう。さらに、ネットワーク機能や音質、有機EL液晶採用かなど、より映像作品を楽しめる要素を確認することで、満足の行く商品選びができるはずです。

様々なシリーズが展開されているレグザシリーズ。よりテレビを楽しむためにも、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を選んでくださいね。

【関連記事】そのほかのテレビのおすすめ商品はこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


32型テレビおすすめ17選|一人暮らしや子供部屋に

32型テレビおすすめ17選|一人暮らしや子供部屋に

「自分の部屋にゲーム用のテレビが欲しい」「一人暮らしを始めるから新しいテレビが欲しい」「小型テレビでいいから安いテレビが欲しい」そう考えている方にピッタリなのが32型テレビです。32型テレビは、現在展開されているテレビの中でも小さいサイズで、画質は4Kなどに比べると劣りますが、とにかく値段が安く、コスパがいいことが魅力。そんな32型テレビですが、実はポイントを抑えて商品を選ぶと、値段はそこそこに、より満足いく視聴ができるんです。本記事では、32型テレビの購入を考えている方に向け、選び方やおすすめ商品を紹介。本記事を読めば、視聴面・機能面・そしてコスパ面できっと満足のいく商品選びができるはずです。ぜひ参考にしてください。

tag icon モニター・ディスプレイ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

40型テレビおすすめ5選|高画質で人気コスパのいい製品も紹介

40型テレビおすすめ5選|高画質で人気コスパのいい製品も紹介

性能に見合ったコスパのよさで比較的に手に入れやすい40型テレビ。本記事では、40型テレビの選び方、価格と性能で厳選したおすすめ商品を紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon モニター・ディスプレイ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

【50インチ】テレビおすすめ7選|液晶・4K・ネット接続機能など人気商品を厳選

【50インチ】テレビおすすめ7選|液晶・4K・ネット接続機能など人気商品を厳選

テレビを迫力ある大画面で楽しむなら、50インチ以上のものを選ぶことになります。せっかくなら、4K8Kの高画質で楽しみたいですよね。本記事では、高機能テレビから格安コスパテレビまで、50インチテレビの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

tag icon 4Kテレビ , テレビ , 生活家電

低価格で大迫力な中型テレビおすすめ18選|32型・40型なども紹介

低価格で大迫力な中型テレビおすすめ18選|32型・40型なども紹介

省スペースでリーズナブルなことから、画面サイズ32型〜43型クラスの中型テレビには根強い人気があります。画面から得られる迫力は大画面テレビには及びませんが、画質自体は向上しており、単身世帯や、テレビや映画などはあまり観ない方に向いています。しかし、実際に購入しようと思うと、どこの点に注目して決めればいいかわかりませんよね。本記事では、中型テレビについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

tag icon モニター・ディスプレイ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

【プロ厳選】4Kテレビおすすめ18選|サイズ別・人気激安型落ちも

【プロ厳選】4Kテレビおすすめ18選|サイズ別・人気激安型落ちも

どうせなら大型で高画質な映像美・音響を楽しみたい4Kテレビ。各メーカーがしのぎを削り、その性能は日々進化しています。そこで、ガジェット選びのプロ、海老原 昭さん厳選の4Kテレビおすすめ商品をご紹介。4K有機ELテレビも厳選。失敗しない選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 4Kテレビ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。