モンベルのテントおすすめ7選|魅力と選び方を徹底解説

モンベルのテントおすすめ7選|魅力と選び方を徹底解説
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

世界中の登山家から愛されるモンベルの「テント」。ソロキャンプやファミリーキャンプ、ツーリングなどにも人気です。最大の特徴は軽さと設営のしやすさですが、その魅力はどこにあるのでしょうか。この記事ではキャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、モンベルのテントについての特徴や選び方、おすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


モンベルのテントの魅力 世界中の登山家から愛される!

「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」をメーカーのコンセプトとして掲げるモンベルは、登山家・冒険家であった辰野勇氏が友人とたった3人で立ち上げた国産メーカーです。

いまでは登山やハイキングなどで、多くの人がモンベル製品を活用している姿をどこに行ってもよく見かけます。そんなモンベルのテントは、日本の高温多湿・多雨な環境を熟知して開発されているだけあり、高価な海外製品に負けないすぐれたクオリティが特徴です。

モンベルのテントの選び方 ソロキャンプやファミリーにもおすすめ!

キャンプライターの中山一弘さんに、モンベルテントを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

湖と山の景観
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

どこで、どんな風に使うかを考えてテントを選びましょう!

テントを使う想定環境をはっきりさせよう

モンベルのテントに限った話ではありませんが、テントはどのような環境で使うのか、という想定に合わせて設計されています。

あたり前ですが、温暖な季節にキャンプ場など施設の整った環境で使う場合と、強風にさらされる高山や、ひと晩で1mも雪が降るような雪山で使うものでは、必要とされる防水性や断熱性あるいは強度なども変わってくるためです。

家族や友人とアウトドアを楽しむなら居住空間が広い「キャンプ用」

焚火
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

家族や友人とアウトドアのいっかんとして楽しむなら、「キャンプ用」のテントがおすすめです。平坦な区画サイトなど、キャンプ場での使用に適しているモンベルのキャンプ用テントは、居住性と設営のしやすさが魅力です。また、比較的軽くて持ち運びに適しているのが多いのも特徴です。

軽量で持ち運び重視ならコンパクトな「ツーリング用」

ツーリング
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ツーリングなどの寝床としてテントをはる際は、「ツーリング用」のテントがおすすめです。バイクに限らず自転車でのツーリングやソロキャンプでも、収納に限りがある場合はできる限りコンパクトで軽量なテントを選びたいところ。また、モンベルのテントは、高温多湿な日本の気候にあわせて、通気性にすぐれている点も魅力です。

本格的な登山で使用するなら機能・安全面にすぐれた「登山用」

登山
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

登山での居住スペースとして考えている「登山用」のテントがおすすめです。危険のともなう登山ですから安全性には妥協したくありません。モンベルの登山用テントは、気候変動の激しい山に対応できるよう、耐水性・耐風性・通気性などに考慮してつくられています。

また、登山では持っていく荷物が何かと多くなりがちですので、少しでも軽いものを持っていきたいですよね。この軽さにもこだわっているのがモンベルのテントです。

なお、無雪期だけの3シーズン用と積雪期を含む4シーズン用では、換気性能などに大きな違いがあります。最初に、自分が使う季節と場所をイメージしてから、製品選びを始めるようにしましょう。

「月明かりの中でも素早く設営できる」が名前の由来となっている通り、抜群の扱いやすさやすぐれた防水性・通気性が魅力。モンベルテントのなかでも、もっとも歴史のある定番モデルです。

持ち運び方で収納性と重量のバランスを考える

キャンプ/釣りライター

モンベルテントにはツェルトに近い軽量で最小限の機能のものから、長期遠征にも耐えられる大型テントまで豊富なバリエーションがあります。

ポイントは収納性と重量ですが、たとえばバイクツーリングで使う場合と、家族で出かけるオートキャンプ目的では持ち運びやすさをどこまで求めるかも変わってきます。

登山用テントなどでは、最近では1~2人用で1~1.5kg以下くらいがトレンドなので、なるべく軽いものにしたい場合は、このあたりを目安にするとよいでしょう。

インナーテントの4隅から垂直に立ち上げる独自のフレーム構造で、圧迫感のない居住空間を実現しています。軽量性と剛性を兼ね備え、強度も申し分ありません。

モンベル独自の特許で設営がしやすい

設営がしやすいというのはモンベルのテントの特徴ですが、なかでも特許を取得している「クロスソケット」と呼ばれるものは、ポールをソケットに連結するだけですぐに設営できるすぐれものです。

そのためポールの本数も少なくなり、コンパクト化にも一役買っています。とはいえ大型のテントをひとりで設営するのは難しいので、ツーリングやソロキャンプの際に役立ってくれる技術でしょう。

基本はダブルウォールで自立するタイプを中心に選ぼう

キャンプ/釣りライター

一般的なキャンプを中心に考えるなら、まずインナーテントとアウター(レインフライやフライシートと呼ばれます)が2重構造になっている、「ダブルウォール」と呼ばれるタイプで、ポール2本で自立するドーム型テントを基本にするとよいでしょう。モンベルテントでも、このタイプのモデルがもっとも多くなっています。

シングルウォールは軽量化しやすいのですが、雨の日には出入りするたびに入口からテント内に雨が吹き込んでしまうなど、不便なことも多いためです。また、自立するドームテントは耐風性も高く、気象条件の悪いときでも安心してテント内で過ごせます。前室があるタイプなら、かんたんな調理をしたり靴置き場にすることもできて便利です。

利用人数とサイズの関係性を見極めよう

モンベルのテントは、テント名のあとに「○型」という表記がされています。この数字はテントのサイズを表しており、1~9型まであります(数字が大きくなるにつれてサイズも大きくなります)。たとえば、1型は1人用、5型は4~5人用、9型は8~9人用というように、利用人数とサイズが連動しています。

キャンプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

1人用は最小限サイズなので多少は余裕あるサイズが最適

キャンプ/釣りライター

少しでも軽くしたい登山用テントなどでは、荷物もザックひとつだけと最小限なので、ソロキャンプでは1人用テントを好んで選ぶ人もいます。ただ、これだと寝袋+マットでいっぱいになってしまい、ザックの置き場所に困ることもあります。

収納性と重量がそれほど違わないなら、ソロキャンプでも多少は余裕のある2人用を選ぶのもよいでしょう。これと同じ理由で、2人でひとつのテントを共有する場合、3人用を選ぶのもアリです。表記が2人用でも、メーカーやモデルによってサイドウォールの立ち上がり角度が異なるため、居住性も変わってきます。お店で実物を見るか、Amazonなどのコメントを参考にするのもよいでしょう。

モンベルのテントおすすめ7選 定番のステラリッジやクロノスキャビンなど!

ご紹介したモンベルテントの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターの中山一弘さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『ムーンライトテント2型』

モンベル『ムーンライトテント2型』

出典:Amazon

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 150cm(90cm×220cm(台形デザイン)
収納サイズ 約φ16×46cm
本体総重量(ペグ等含む) 2.8kg
バリエーションモデル 1・2・3・5・7・9型
収容人数 2人/2型

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

特徴あるスタイルが時代を超えて人気

モンベルテントではもっとも歴史あるモデルで、個性的なフォルムはツーリングライダーなどから絶大な信頼を寄せられてきたものです。1~2型は足元を絞ったスタイルで、狭いながらも前室もあるので濡れた靴なども室内に入れなくてすみます。

「ムーンライト」というのは、「月明かりでもかんたんに設営できる」というところからきていて、ポールと樹脂製ソケットで組む独自のA型フレームですぐ立ち上がります。

3型からは形が変わりますが、ファミリーキャンパーにはより大きい5型や7型も人気です。いずれも、高温多湿な日本の環境に合わせて、通気性がよく雨もよくしのぐすぐれたモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『ルナドーム2型』

モンベル『ルナドーム2型』 モンベル『ルナドーム2型』 モンベル『ルナドーム2型』

出典:楽天市場

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 130×210cm
収納サイズ 本体:約φ17×36cm、ポール:約φ8×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 1.76kg
バリエーションモデル 2型
収容人数 2人

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

快適かつ軽量で登山でもキャンプでも活躍

山岳用テントに分類されますが、一般的なキャンプでも快適に使える利便性もあわせ持つのがこの『ルナドーム』です。インナーテントの4隅から垂直に立ち上げる構造のポールのおかげで、圧迫感の少ない居住性を実現しています。それでいてステラリッジテントと同じ素材を使っているので、山岳用テントとしての強度も心配ありません。

無雪期用なので、4面にメッシュと本体生地の2重構造になったモスキートネットを装備し、通気性もよくなっています。出入り口が長辺方向にあるので出入りもしやすく、フライシートの前室部分がダブルスライダージッパーになっていて、雨の日でも吹き込みを最小限に抑えて周囲が確認できるなど、随所に工夫が見られます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『レラドーム4型』

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ
対応シーズン
フロアサイズ 210×240cm
収納サイズ 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 3.24kg
バリエーションモデル 4型
収容人数 4人

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

全面メッシュで通気性抜群!暑い時期のフェスにも

暑い時期にも快適に過ごせる、インナーテントが全面メッシュなので、夏のフェスに持参するにもうってつけです。一般的にテントの下部は防水のため、ボトムがある程度立ち上がっているものです(バスタブ構造などといいます)。『レラドーム』ではそれが最小限になっていて、その分だけ風が通りやすくなるのです。実際に寝てみると分かるのですが、顔が地面近くにあるのでかなり感じ方が変わります。

またフライシートにも大型のベンチレーションを装備するので、立体的な風の抜けがよく考えられています。一般向け4人用としては、3kg程度というのは軽量な部類なので、暑い時期用に持っていてもいいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『アストロドーム』

おもな用途 ベースキャンプ/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 360×425cm(6角形デザイン・長短の長さのみ記載)
収納サイズ 本体袋:約70×31×27cm
本体総重量(ペグ等含む) 12kg
バリエーションモデル 通常サイズ・Sサイズ
収容人数 -

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

テントとタープのいいとこ取り! アレンジ多彩!

モンベルテントのなかではもっとも大型で、自立するドーム型タープとしても使えるモデルです。スリーブとフックを組み合わせた独自の吊り下げ方式で、設営・撤収も素早くできます。

別売りの「アストロドーム インナールーム」の種類が豊富で、約3.5m×約2mの大きな1室タイプだけではなく、右半分用(R)と左半分用(L)があります。RとLを合わせれば1室のインナーと同じ面積になりますが、プライベート空間は分けたいというニーズにも対応するのです。また、3カ所にムーンライトテント3・5・7型のいずれかを接続できるので、グループキャンプのベースとして使うこともできます。応用しやすい、面白いモデルだといえます。

※リンク先は通常サイズの商品になります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『ステラリッジテント2型』

おもな用途 無雪期登山/積雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング
対応シーズン 春~冬(別売りのスノーフライ使用)
フロアサイズ 130×210cm
収納サイズ 本体:約φ14.5×30cm、ポール:約φ5×41cm
本体総重量(ペグ等含む) 1.43kg
バリエーションモデル 1・2・3・4・6型
収容人数 -

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

長年の定番をリニューアルして完成度がより高く

北アルプスや八ヶ岳など人気エリアのテント場に行けば、必ず何張りかは見かけるほどの大定番モデルです。

無雪期用のレインフライだけではなく、積雪期にも対応するスノーフライも用意されています。本体と4色あるレインフライは別売りのため、ユーザーが使う環境や好みに合わせて購入できるのもうれしいところ。まさにオールマイティな山岳用テントだといえます。

従来はポールをスリーブに通して設営する方式でしたが、2019年からは独自の吊り下げ方式に変更されました。レインフライとインナーテントのクリアランスを大きくできるため、結露を防いだり強風下でもインナーテントに触れにくくなるなど、耐候性を高めるための変更です。

モンベル『クロノスキャビン 4型』

モンベル(mont‐bell)クロノスキャビン4型1122629サックスSX

出典:Amazon

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ・キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 230×195cm
収納サイズ 本体:約φ23×55cm、ポール:約φ5×51cm
本体総重量(ペグ等含む) 5.59kg
バリエーションモデル 2・3・4型
収容人数 -

開放的なリビングスペースを持つキャンピングテント

リビングスペースのひさしはゆとりある高さに設計し、テント本体の就寝スペースも圧迫感の少ない快適な居住空間を確保しています。軽量コンパクト性にも優れ、独自のポール構造で設営も容易に行えます。ファミリーキャンプやオートキャンプなどで活躍します。

モンベル『クロノスドーム 4型』

モンベル(mont-bell)テントクロノスドーム4型[3~4人用]ゴールデンオレンジ1122492-GDOG モンベル(mont-bell)テントクロノスドーム4型[3~4人用]ゴールデンオレンジ1122492-GDOG モンベル(mont-bell)テントクロノスドーム4型[3~4人用]ゴールデンオレンジ1122492-GDOG

出典:Amazon

おもな用途 カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 240×210cm
収納サイズ 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 3.64kg
バリエーションモデル 1・2・4型
収容人数 3~4人

設営簡単で居住空間の広いドーム型テント

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテントです。ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能。抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。

「モンベルのテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
モンベル『ムーンライトテント2型』
モンベル『ルナドーム2型』
モンベル『レラドーム4型』
モンベル『アストロドーム』
モンベル『ステラリッジテント2型』
モンベル『クロノスキャビン 4型』
モンベル『クロノスドーム 4型』
商品名 モンベル『ムーンライトテント2型』 モンベル『ルナドーム2型』 モンベル『レラドーム4型』 モンベル『アストロドーム』 モンベル『ステラリッジテント2型』 モンベル『クロノスキャビン 4型』 モンベル『クロノスドーム 4型』
商品情報
特徴 特徴あるスタイルが時代を超えて人気 快適かつ軽量で登山でもキャンプでも活躍 全面メッシュで通気性抜群!暑い時期のフェスにも テントとタープのいいとこ取り! アレンジ多彩! 長年の定番をリニューアルして完成度がより高く 開放的なリビングスペースを持つキャンピングテント 設営簡単で居住空間の広いドーム型テント
おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ/キャンプ 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ ベースキャンプ/キャンプ 無雪期登山/積雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ・キャンプ カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ
対応シーズン 春~秋 春~秋 春~秋 春~冬(別売りのスノーフライ使用) 春~秋 春~秋
フロアサイズ 150cm(90cm×220cm(台形デザイン) 130×210cm 210×240cm 360×425cm(6角形デザイン・長短の長さのみ記載) 130×210cm 230×195cm 240×210cm
収納サイズ 約φ16×46cm 本体:約φ17×36cm、ポール:約φ8×53cm 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm 本体袋:約70×31×27cm 本体:約φ14.5×30cm、ポール:約φ5×41cm 本体:約φ23×55cm、ポール:約φ5×51cm 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 2.8kg 1.76kg 3.24kg 12kg 1.43kg 5.59kg 3.64kg
バリエーションモデル 1・2・3・5・7・9型 2型 4型 通常サイズ・Sサイズ 1・2・3・4・6型 2・3・4型 1・2・4型
収容人数 2人/2型 2人 4人 - - - 3~4人
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

通販サイトのモンベルテントランキングを参考にする

楽天市場でのモンベルテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:モンベルテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

モンベルのテントはペグや張り綱をカスタマイズ キャンプライターのアドバイス

キャンプ/釣りライター

モンベルテントに付属するペグや張り綱は高品質なものですが、テントを張る環境によっては、別に用意したほうがいいこともあります。

たとえば、砂浜でテントを張る場合は、標準のアルミペグではなく砂地用のプラペグのほうが向いていることもあるのです。行き先に応じて、何種類かペグを別に買っておくと現場で困らないようになります。河原などの場合は、頑丈なスチールペグをがんがん打ち込まないと入っていかないかもしれません。

張り綱についても、切れた場合や状況に応じてもっと長くしたいこともあるので、予備のロープを持っていくとよいでしょう。張り綱用に使うなら、4mm程度のロープが使いやすいと思います。

キャンプを知り尽くしたマイナビおすすめナビのエキスパート5人がタイプ別、用途別、使用人数別に選び方と特選テント、併用アイテムを36個ご紹介。キャンプ用、運動会用、ソロ用、多人数用など、さまざまな角度から、テントをどのように選ぶのが良いか、結局どれがおすすか、しっかりご紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/10 コンテンツ修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


コールマンテントおすすめ人気10選|キャンプ初心者向けも紹介! ランキングも

コールマンテントおすすめ人気10選|キャンプ初心者向けも紹介! ランキングも

コールマンは100年以上の歴史を誇る、アメリカを代表するアウトドア用品メーカーです。アウトドア用ファニチャーや調理用具など、幅広いジャンルで高いシェアを誇っています。テントの種類も豊富で、ソロやツーリング用のコンパクトなものから、悪天候であってもグループで快適に過ごせるような大型のものまで、ユーザーの多様なニーズに応えるモデルを細かく用意しています。そこで、コールマンテントについて、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


サンシェードテントおすすめ10選|ワンタッチ・フライシート付きなど厳選

サンシェードテントおすすめ10選|ワンタッチ・フライシート付きなど厳選

キャンプやビーチ、野外イベントで活躍するサンシェードテント。フライシート付きのものやワンタッチ式など手軽に設営できてキャンプで海や山へ行くときはもちろん、子どもの運動会やピクニックなど、活躍の幅は無限大。ここでは、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したサンシェードテントのおすすめと選び方をご紹介します。通販サイトの人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【2020年】登山用テントおすすめ12選|1人~4人用・軽量・4シーズン対応も

【2020年】登山用テントおすすめ12選|1人~4人用・軽量・4シーズン対応も

本格的に登山を楽しむようになるとほしくなるのが、登山用テント。定番のモンベルを始め、多くのアウトドアブランドから幅広い製品が発売されています。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が登山用テントのおすすめ商品を「軽量」「4シーズン対応」などタイプ別に厳選。選び方のポイントもご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバーク・登山中の悪天候に! 超軽量モデルも

ツェルトおすすめ10選|ビバーク・登山中の悪天候に! 超軽量モデルも

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


軽量タープおすすめ12選|【1人~4人用】ポール1本で設営できるものも

軽量タープおすすめ12選|【1人~4人用】ポール1本で設営できるものも

アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事ではアウトドアライター・大森弘恵さんと編集部が厳選した軽量タープのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


mont-bell(モンベル)

新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る