PR(アフィリエイト)

モンベルのテントおすすめ6選!魅力・特徴・シリーズを徹底解説

モンベル(mont‐bell) クロノスドーム 2型 (2人用) GDOG #1122718
出典:Yahoo!ショッピング
モンベル(mont‐bell) クロノスドーム 2型 (2人用) GDOG #1122718
出典:Yahoo!ショッピング

◆本記事はプロモーションが含まれています。

世界中の登山家から愛されるモンベルの「テント」。ソロキャンプやファミリーキャンプ、ツーリングなどにも人気ですよね。機能性が高く種類も豊富なので、使う目的に合うテントを選ぶことが大切です。

この記事では、キャンプライターの中山一弘さんと編集部が厳選したモンベルのテントのおすすめと選び方をご紹介します。

ムーンライトステラリッジクロノスドームなど人気シリーズの商品もピックアップ。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

モンベルのテントの魅力 世界中の登山家から愛される!

 

「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」をメーカーのコンセプトとして掲げるモンベルは、登山家・冒険家であった辰野勇氏が友人とたった3人で立ち上げた国産メーカーです。

いまでは登山やハイキングなどで、多くの人がモンベル製品を活用している姿をどこに行ってもよく見かけます。そんなモンベルのテントは、日本の高温多湿・多雨な環境を熟知して開発されているだけあり、高価な海外製品に負けないすぐれたクオリティが特徴です。

モンベルのテントの選び方 ソロキャンプやファミリーにもおすすめ!

湖と山の景観
Pixabayのロゴ
湖と山の景観
Pixabayのロゴ

数あるモンベルのテントの中から、目的や使い勝手のよいものを選ぶためのポイントを紹介していきます!ポイントは下記の4つ。

【1】テントを使う目的に合うタイプを選ぶ
【2】設営のしやすさもチェック
【3】収容人数に合うサイズを選ぶ
【4】オプションの豊富さもチェック

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】テントを使う目的に合うタイプを選ぶ

テント
Pixabayのロゴ
テント
Pixabayのロゴ

モンベルのテントには、キャンプや登山、ツーリングなどさまざまな目的に合うものが販売されています。用途に合うタイプのテントを選びましょう。

家族や友人とアウトドアを楽しむなら居住空間が広い「キャンプ用」

焚火
Pixabayのロゴ
焚火
Pixabayのロゴ

家族や友人とアウトドアのいっかんとして楽しむなら、「キャンプ用」のテントがおすすめです。平坦な区画サイトなど、キャンプ場での使用に適しているモンベルのキャンプ用テントは、居住性と設営のしやすさが魅力です。

また、比較的軽くて持ち運びに適しているのが多いのも特徴です。

軽量で持ち運び重視ならコンパクトな「ツーリング用」

ツーリング
Pixabayのロゴ
ツーリング
Pixabayのロゴ

ツーリングなどの寝床としてテントをはる際は、「ツーリング用」のテントがおすすめです。バイクに限らず自転車でのツーリングやソロキャンプでも、収納に限りがある場合はできる限りコンパクトで軽量なテントを選びたいところ。

また、モンベルのテントは、高温多湿な日本の気候にあわせて、通気性にすぐれている点も魅力です。

本格的な登山で使用するなら機能・安全面にすぐれた「登山用」

登山
Pixabayのロゴ
登山
Pixabayのロゴ

登山での居住スペースとして考えている「登山用」のテントがおすすめです。危険のともなう登山ですから安全性には妥協したくありません。モンベルの登山用テントは、気候変動の激しい山に対応できるよう、耐水性・耐風性・通気性などに考慮してつくられています。

また、登山では持っていく荷物が何かと多くなりがちですので、少しでも軽いものを持っていきたいですよね。この軽さにもこだわっているのがモンベルのテントです。

なお、無雪期だけの3シーズン用と積雪期を含む4シーズン用では、換気性能などに大きな違いがあります。最初に、自分が使う季節と場所をイメージしてから、製品選びを始めるようにしましょう。

【2】設営のしやすさもチェック

 

設営がしやすいというのはモンベルのテントの特徴ですが、なかでも特許を取得している「クロスソケット」と呼ばれるものは、ポールをソケットに連結するだけですぐに設営できるすぐれものです。

そのためポールの本数も少なくなり、コンパクト化にも一役買っています。とはいえ大型のテントをひとりで設営するのは難しいので、ツーリングやソロキャンプの際に役立ってくれる技術でしょう。

寒い場所や標高の高い場所でテントを設営するときは、グローブをつけたままでもスムーズに設営できるかどうかも大事なチェックポイントです。滑りにくいループやポールのものを選びましょう。

【3】収容人数に合うサイズを選ぶ

キャンプ
Pixabayのロゴ
キャンプ
Pixabayのロゴ

モンベルのテントは、商品名の後ろに「〇型」とついているものがほとんどです。1型~12型まであり、はじめて購入する人でも収容人数のおおよその目安がわかるようになっています。

1型は一人用、4型は4~5人用、6型は5~6人用なので、選ぶ際の目安にしましょう。

テントは大きければ大きいほどよいというものではありません。大きすぎるものは設営・撤去に手間取るだけでなく、大きな荷物になります。用途に限らず、テントを使う人の人数に合わせたサイズのものを選びましょう。

【4】オプションの豊富さもチェック

 

モンベルのテントのなかには、オプション品をつけられるものがあります。取りつけられるオプション品のラインナップにも注目して選びましょう。

冬山で使用する登山テントの場合は、スノーフライが取りつけられるものを選ぶと快適に使えます。底面の汚れや内部への浸水が気になるときは、グランドシートが取りつけられるものを選ぶとよいでしょう。

取りつけられるオプション品が多いものほど、さまざまなシーンで使えて便利です。

モンベルのテントの人気シリーズ

モンベルから発売されているテントのおもなシリーズをご紹介します。

ムーンライト

 

テント設営初心者でもかんたんに設営できるのが、ムーンライトテントの魅力です。「ムーンライト」の名前は、月明かりのなかでもかんたんに設営できることからつけられました。

軽いため持ち運びやすく、自転車やバイクのツーリングテントにぴったり。春、夏、秋と使えるシリーズです。

コンパクトでありながら、広さが感じられるゆったりとした居住空間が魅力です。

ステラリッジ

 

軽量ながら、過酷な山の環境に耐えられる耐久性と剛性を兼ねそなえているモデルが「ステラリッジ」です。独自の吊り下げ構造を採用したことで、風が強い場所でもかんたんに素早く設営できます。

スノーフライやレインフライがついたタイプもあるのがポイント。

テントマットやグラウンドシート、オプショナルロフトを使用すれば、より快適に使用できます。

クロノスドーム

 

ポールを直角に交差させる「バーティカル・クロス・システム」を採用したモデルです。ショックコードでポールとソケットが一体なっているため、はじめてテントを設営する人でも素早くかんたんに設営できるのがポイント。

大きなものでも4kg以下と軽量で、持ち運びやすいです。トレッキングやツーリング、バックパッキングなどにも適しています。

通気性もよくテント内の居住空間が広い、ゆったりと過ごせるテントを探している人にぴったりです。

クロノスキャビン

 

「クロノスキャビン」は、広々としたリビングスペースもそなえているテントです。軽く、コンパクトでありながら、ゆったりと過ごせる居住性があります。

独自のポール構造を採用したことで、素早くかんたんに設営できるのもポイント。

グループやファミリーでのキャンプで使えるテントを探している人に適したモデルです。

モンベルのテントおすすめ6選

ここからは、モンベルのおすすめテントを紹介します。商品選びの参考にしてください。

mont-bell(モンベル) 『ムーンライト キャビン 4型』

mont-bell(モンベル)『ムーンライトキャビン4型』 mont-bell(モンベル)『ムーンライトキャビン4型』 mont-bell(モンベル)『ムーンライトキャビン4型』 mont-bell(モンベル)『ムーンライトキャビン4型』
出典:Amazon この商品を見るview item

キャンプやハイキングに適した2ルームテント

リビングルーム付きの2ルームテントです。リビング側は3面を全開にしたり前面パネル(ひさし)の大きさを自由に変えたりできるので、開放的な空間を演出できる点が嬉しい特徴だといえるでしょう。また、「ムーンライトテント4」を複数連結させることで、ファミリーキャンプだけでなくアウトドア・アクティビティのベースキャンプとして使用できるなど、利用用途が幅広い点もおすすめポイント。設営のしやすい本製品をキャンプやハイキングなどで是非ご利用ください。

おもな用途 キャンプ、ハイキング
対応シーズン -
フロアサイズ 580×250cm
収納サイズ 27×31×70cm
本体総重量(ペグ等含む) 12.0kg
バリエーションモデル -
収容人数 -
全てを見る全てを見る

おもな用途 キャンプ、ハイキング
対応シーズン -
フロアサイズ 580×250cm
収納サイズ 27×31×70cm
本体総重量(ペグ等含む) 12.0kg
バリエーションモデル -
収容人数 -
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

mont-bell(モンベル)『ステラリッジテント2型』

mont-bell(モンベル)『ステラリッジテント2型』 mont-bell(モンベル)『ステラリッジテント2型』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

長年の定番をリニューアルして完成度がより高く

北アルプスや八ヶ岳など人気エリアのテント場に行けば、必ず何張りかは見かけるほどの大定番モデルです。

無雪期用のレインフライだけではなく、積雪期にも対応するスノーフライも用意されています。本体と4色あるレインフライは別売りのため、ユーザーが使う環境や好みに合わせて購入できるのもうれしいところ。まさにオールマイティな山岳用テントだといえます。

従来はポールをスリーブに通して設営する方式でしたが、2019年からは独自の吊り下げ方式に変更されました。レインフライとインナーテントのクリアランスを大きくできるため、結露を防いだり強風下でもインナーテントに触れにくくなるなど、耐候性を高めるための変更です。

おもな用途 無雪期登山/積雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング
対応シーズン 春~冬(別売りのスノーフライ使用)
フロアサイズ 130×210cm
収納サイズ 本体:約φ14.5×30cm、ポール:約φ5×41cm
本体総重量(ペグ等含む) 1.43kg
バリエーションモデル 1・2・3・4・6型
収容人数 -
全てを見る全てを見る

おもな用途 無雪期登山/積雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング
対応シーズン 春~冬(別売りのスノーフライ使用)
フロアサイズ 130×210cm
収納サイズ 本体:約φ14.5×30cm、ポール:約φ5×41cm
本体総重量(ペグ等含む) 1.43kg
バリエーションモデル 1・2・3・4・6型
収容人数 -
全てを見る全てを見る

mont-bell(モンベル)『クロノスドーム 2型』

mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム2型』
出典:Amazon この商品を見るview item

オプション品で自分好みの空間に!

モンベル独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用したテントです。ショックコードでポールとソケットがつながっているので、誰でもかんたんに素早く設営・撤収できます。

軽量・コンパクトなので、ツーリングやトレッキングにも持っていきやすいのがポイント。レインフライの中間部から張り綱を引くと、前室部分をより広く確保できます。

別売りの天井ループやオプショナルロフトを使えば、小さな荷物の整理もしやすいです。オプションが充実しているテントを探している人はぜひチェックしてみてください。

おもな用途 カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 230×130cm
収納サイズ 本体:約φ16×33cm、ポール:約φ6×43cm
本体総重量(ペグ等含む) 2.43kg
バリエーションモデル 1・2・4型
収容人数 2人
全てを見る全てを見る

おもな用途 カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 230×130cm
収納サイズ 本体:約φ16×33cm、ポール:約φ6×43cm
本体総重量(ペグ等含む) 2.43kg
バリエーションモデル 1・2・4型
収容人数 2人
全てを見る全てを見る

mont-bell(モンベル)『クロノスドーム 4型』

mont-bell(モンベル)『クロノスドーム4型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム4型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム4型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム4型』
出典:Amazon この商品を見るview item

設営簡単で居住空間の広いドーム型テント

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテントです。ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能

抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。

おもな用途 カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 240×210cm
収納サイズ 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 3.64kg
バリエーションモデル 1・2・4型
収容人数 3~4人
全てを見る全てを見る

おもな用途 カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 240×210cm
収納サイズ 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 3.64kg
バリエーションモデル 1・2・4型
収容人数 3~4人
全てを見る全てを見る

mont-bell(モンベル)『クロノスキャビン 4型』

mont-bell(モンベル)『クロノスキャビン4型』 mont-bell(モンベル)『クロノスキャビン4型』
出典:Amazon この商品を見るview item

開放的なリビングスペースを持つキャンピングテント

リビングスペースのひさしはゆとりある高さに設計し、テント本体の就寝スペースも圧迫感の少ない快適な居住空間を確保しています。軽量コンパクト性にも優れ、独自のポール構造で設営も容易に行えます。ファミリーキャンプやオートキャンプなどで活躍します。

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ・キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 230×195cm
収納サイズ 本体:約φ23×55cm、ポール:約φ5×51cm
本体総重量(ペグ等含む) 5.59kg
バリエーションモデル 2・3・4型
収容人数 -
全てを見る全てを見る

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ・キャンプ
対応シーズン 春~秋
フロアサイズ 230×195cm
収納サイズ 本体:約φ23×55cm、ポール:約φ5×51cm
本体総重量(ペグ等含む) 5.59kg
バリエーションモデル 2・3・4型
収容人数 -
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

mont-bell(モンベル)『レラドーム4型』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

全面メッシュで通気性抜群!暑い時期のフェスにも

暑い時期にも快適に過ごせる、インナーテントが全面メッシュなので、夏のフェスに持参するにもうってつけです。一般的にテントの下部は防水のため、ボトムがある程度立ち上がっているものです(バスタブ構造などといいます)。『レラドーム』ではそれが最小限になっていて、その分だけ風が通りやすくなるのです。実際に寝てみると分かるのですが、顔が地面近くにあるのでかなり感じ方が変わります。

またフライシートにも大型のベンチレーションを装備するので、立体的な風の抜けがよく考えられています。一般向け4人用としては、3kg程度というのは軽量な部類なので、暑い時期用に持っていてもいいでしょう。

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ
対応シーズン
フロアサイズ 210×240cm
収納サイズ 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 3.24kg
バリエーションモデル 4型
収容人数 4人
全てを見る全てを見る

おもな用途 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ
対応シーズン
フロアサイズ 210×240cm
収納サイズ 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 3.24kg
バリエーションモデル 4型
収容人数 4人
全てを見る全てを見る

「モンベルのテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
mont-bell(モンベル) 『ムーンライト キャビン 4型』
mont-bell(モンベル)『ステラリッジテント2型』
mont-bell(モンベル)『クロノスドーム 2型』
mont-bell(モンベル)『クロノスドーム 4型』
mont-bell(モンベル)『クロノスキャビン 4型』
mont-bell(モンベル)『レラドーム4型』
商品名 mont-bell(モンベル) 『ムーンライト キャビン 4型』 mont-bell(モンベル)『ステラリッジテント2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム 2型』 mont-bell(モンベル)『クロノスドーム 4型』 mont-bell(モンベル)『クロノスキャビン 4型』 mont-bell(モンベル)『レラドーム4型』
商品情報
特徴 キャンプやハイキングに適した2ルームテント 長年の定番をリニューアルして完成度がより高く オプション品で自分好みの空間に! 設営簡単で居住空間の広いドーム型テント 開放的なリビングスペースを持つキャンピングテント 全面メッシュで通気性抜群!暑い時期のフェスにも
おもな用途 キャンプ、ハイキング 無雪期登山/積雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ カヌーツーリング/自転車ツーリング/無雪期登山/キャンプ 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/ベースキャンプ・キャンプ 無雪期登山/カヌーツーリング/自転車ツーリング/キャンプ
対応シーズン - 春~冬(別売りのスノーフライ使用) 春~秋 春~秋 春~秋
フロアサイズ 580×250cm 130×210cm 230×130cm 240×210cm 230×195cm 210×240cm
収納サイズ 27×31×70cm 本体:約φ14.5×30cm、ポール:約φ5×41cm 本体:約φ16×33cm、ポール:約φ6×43cm 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm 本体:約φ23×55cm、ポール:約φ5×51cm 本体:約φ20×43cm、ポール:約φ7×53cm
本体総重量(ペグ等含む) 12.0kg 1.43kg 2.43kg 3.64kg 5.59kg 3.24kg
バリエーションモデル - 1・2・3・4・6型 1・2・4型 1・2・4型 2・3・4型 4型
収容人数 - - 2人 3~4人 - 4人
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする モンベルのテントの売れ筋をチェック

楽天市場でのモンベルのテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:モンベルのテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

モンベルの他のアイテムもチェック 寝袋、ランタン、トレッキングシューズ

モンベルのテントはペグや張り綱をカスタマイズ キャンプライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

モンベルテントに付属するペグや張り綱は高品質なものですが、テントを張る環境によっては、別に用意したほうがいいこともあります。

たとえば、砂浜でテントを張る場合は、標準のアルミペグではなく砂地用のプラペグのほうが向いていることもあるのです。行き先に応じて、何種類かペグを別に買っておくと現場で困らないようになります。河原などの場合は、頑丈なスチールペグをがんがん打ち込まないと入っていかないかもしれません。

張り綱についても、切れた場合や状況に応じてもっと長くしたいこともあるので、予備のロープを持っていくとよいでしょう。張り綱用に使うなら、4mm程度のロープが使いやすいと思います。

モンベルのテントでテント泊を楽しもう! 編集部より

モンベルからは、オーソドックスなテントのほか、ツーリングテントや冬用テントなど評価のよい商品が多数発売されています。1人でもかんたんに設営できるものも多く、アウトドア・テント泊デビューにはぴったりです。

テント泊には、テント泊でしか味わえないワクワク感や解放感があります。ぜひこの機会に、モンベルのテントでテント泊デビューしてみましょう!

少しでもテント購入費用を抑えたいのであれば、アウトレットを利用するのもひとつの手です。商品選びに迷ったときは、記事中で紹介した選び方や商品を参考にしてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button