サラウンドヘッドホンおすすめ11選|専門家と編集部が厳選【ゲーム、音楽鑑賞、映画に欠かせない】

サラウンドヘッドホンおすすめ11選|専門家と編集部が厳選【ゲーム、音楽鑑賞、映画に欠かせない】
オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、「サラウンドヘッドホン」を選ぶときのポイントとおすすめ製品を紹介します。映画やゲームを楽しむためには、大迫力の映像のほか、臨場感のある音声も欠かせません。後ろで爆発が起こったり、右から左へと車が移動していったりしたとき、そのように聞こえればいっそうストーリーのなかに没入できるようになるでしょう。かといって、5.1chや7.1chのスピーカーセットを用意するのは部屋の面積や費用面を考慮するとたいへん。そんなときは、サラウンドヘッドホンでお手軽に5.1chや7.1chの音響効果でコンテンツを楽しみましょう!


サラウンドヘッドホンの選び方とおすすめ6選 オーディオ・ビジュアル評論家が紹介

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、サラウンドヘッドホンを選ぶときのポイントとして、「シアターとゲーム用でメインになるのは?」「無線と有線」「接続端子」の3つを分かりやすく教えてもらいました。あわせて、おすすめ商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ヘッドホンで音楽を聴く男性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

VR(ヴァーチャル・リアリティ)とサラウンドヘッドホンを組み合わせると大迫力の映像と音響を手軽に楽しめます。

シアターとゲーム、どちらの用途がメイン?

オーディオ・ビジュアル評論家

サラウンドヘッドホンは、もともとホームシアター系の製品として登場し、映画などのサラウンド音声を楽しむものとして発展してきました。しかしながら、近年はゲーミングヘッドホンのひとつとしてもバリエーションが広がってきています。

HDMIや光などのデジタル入力がメインなど、使い勝手の面ではどちらも同じですが、包まれ感や臨場感など音質・音場ともに問われるシアター向けに対し、ゲーム向けは遅延のなさや定位の確かさなどスペック面での要求度が高く、結果として異なる性格の製品となっていたりします。まずは、シアターとゲーム、どちらをメインに据えるかを定めてから製品選びをはじめましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間 -
充電時間 -
接続端子 -
接続方法 無線/有線
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

PS4純正のワイヤレスモデル

PS4とのマッチングに配慮された純正オプションのワイヤレスヘッドセット。7.1chバーチャルサラウンドを実現し、臨場感のある、包み込まれるようなサラウンド空間を実現しています。また、マイクは本体内に設置されていて、ゲーム時の使い勝手にも配慮されています。有線接続への切り替えも可能で、絡みにくい溝入りウェーブコードが付属しています。

コストパフォーマンスの高い価格設定も魅力のひとつといえるでしょう。PS4ユーザーには最有力候補のヘッドホンです。

※ PlayStation VRおよびPlayStation Vitaで使用する場合は有線接続のみとなります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ASTRO(アストロ)『A40 TRゲーミングヘッドセット』

ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』

出典:Amazon

サラウンド -
連続再生時間 -
充電時間 -
接続端子 光デジタル、USB
接続方法 有線
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

定番のゲーミングヘッドセットがさらに進化

eスポーツの大会などでも使用されている高い人気を持つASTRO Gaming製ヘッドセット「A40」と、こちらも定評あるヘッドセット用アンプの最新版「MixAmp Pro TR」とのセットモデル。

このうち「MixAmp Pro TR」は、PCからのUSB入力、PS4からの光デジタル入力でサラウンド音声に対応していて、ヘッドホンでも迫力あるサラウンド音声を楽しむことが可能となっています。アンプとヘッドセットの接続は有線となっていますが、その分、競技で使えるほどの定位感のよさや遅延のなさを持ち合わせています。こちらはゲームがメインという人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ASUS(エイスース)『ROG Centurion(ROG 7.1)』

ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間 -
充電時間 -
接続端子 USB
接続方法 有線
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

現在唯一無二の“リアル”サラウンドヘッドホン

実際に左右ハウジング内に10個のドライバーユニットを配置。専用アンプを組み合わせることで、ヘッドホンでもリアルな7.1chサラウンドを実現した希少なモデルです。Hi-FiグレードのESSヘッドフォンアンプ採用や精密なDSP処理をおこなうことによって、メリハリのよさや正確性の高い定位感を実現しています。

このほかにも、ノイズキャンセリング機能を搭載しているほか、着脱式のデジタルマイクも付属するなど、多彩な機能性を持ち合わせています。ゲームがメインという人に。

無線と有線、使用環境にあわせてチョイス

オーディオ・ビジュアル評論家

サラウンドヘッドホンは、無線接続タイプと有線接続タイプの2つが存在しています。使い勝手の面では無線接続タイプが断然有利ですが、音質や遅延の問題など、いくつかのデメリットも抱えています。

とはいえ、サラウンドヘッドホンの無線接続には2.4GHzの独自方式を採用している製品が多いため、Bluetoothワイヤレスとは桁違いの接続安定性があります。

音質や遅延がそれほど気にならなければ、無線接続タイプが有力候補となるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間 約17時間
充電時間 約6.0時間
接続端子 HDMI、光デジタル、アナログ
接続方法 無線
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

独自技術により7.1chサラウンドを再現

ソニーのミドルクラスモデル。独自技術の「Virtualphones Technology」によって、ヘッドホンでも臨場感溢れる7.1ch音声が存分に楽しめます。また、2chや5.1chの入力音声を7.1ch音声に拡張する「DOLBY Pro logic IIx」も搭載されています。

製品はワイヤレスタイプのヘッドホンとヘッドホンスタンド型の本体がセットになり、ヘッドホンを置くことで充電が行なえます。接続端子は、ARC対応のHDMIに加えて、光デジタルやステレオも二端子も用意されています。使い勝手を重視したい人は「MDR-HW700DS」よりもこちらがおすすめです。

基本の光デジタル接続、映画向けのHDMI接続

オーディオ・ビジュアル評論家

サラウンドヘッドホンは、チャンネル数が5.1chのものだけでなく、7.1chや9.1chなどに対応しているモデルもあり、ブルーレイなどに収録されている高音質なサウンドを7.1ch以上で再生するには、HDMI端子で接続することとなります。

とはいえ、PS4などをのぞけば、Nintendo SwitchやゲーミングPCなどのゲーム機器やゲームソフトのサラウンド音声は5.1chがメイン。接続も光デジタル端子が主流です。

つまりは映画メインか、ゲームメインかによって選ぶ商品が変わってきます。高音質な最新映画をメインに楽しむ場合はHDMI接続=7.1ch以上に対応しておきたいところですが、ゲームがメインの場合は光デジタル接続=5.1ch対応で充分満足できると思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』

出典:Amazon

サラウンド 9.1ch
連続再生時間 約12時間
充電時間 約3時間
接続端子 HDMI、光デジタル、アナログ
接続方法 無線
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

9.1chサラウンド対応のハイエンドモデル

シアター向けサラウンドヘッドホンの大定番モデル。2013年発売の製品ですが、光デジタル端子に加えてARC対応のHDMI端子を搭載していたり、9.1ch 3D VPT(Virtualphones Technology)搭載によって立体的なサラウンド音場を再現していたりなど、いまだに色あせないハイスペックさが魅力です。

本体ユニットとはワイヤレス接続なので、使い勝手も良好です。音質的にも、ワイヤレスのデメリットを感じさせない良質さを持ち合わせているので、自宅で映画を楽しみたい、という人におすすめなヘッドフォンになります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』

Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間 約16時間(付属充電式電池)/約20時間(単4形アルカリ乾電池)
充電時間 約3時間
接続端子 光デジタル×2、アナログ入力
接続方法 無線
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

軽量に纏め上げられたヘッドホン本体が魅力

多彩な音声フォーマットに対応するとともに、ドルビープロロジックⅡxデコーダー搭載により臨場感あふれる7.1chサラウンドを実現しているワイヤレスモデル。本体ユニットとサラウンドヘッドホンの距離は最大30mまで対応可能となっているうえ、最大4台までヘッドホンを接続可能となっていて、家族みんなで楽しめることも魅力のひとつといえます。

また、ヘッドホンは単4電池2本によって駆動する、汎用性の高いバッテリー方式を採用しています。充電式電池も使用でき、その場合は本体に装着したままの充電が可能となっています。

自宅で複数人で映画を楽しみたいという人におすすめです。

まだある! サラウンドヘッドホン5選

サラウンドヘッドホン選びに、チャンネル数は欠かせないもの。数字が大きくなるほど音が立体的になります。ブルーレイなどの高音質サウンドには、7.1ch以上がいいとされています。

また、ゲームソフトやゲーム機器のサラウンド音声に向いているのは、チャンネル数5.1ch。光デジタルによる接続が主流なので、接続方法も重視しましょう。ホームシアターや音楽用、ゲームにピッタリのサラウンドヘッドホンを紹介します。

audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』

audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』

出典:Amazon

サラウンド
連続再生時間 12時間
充電時間 4時間
接続端子 光デジタル、アナログ
接続方法 無線/有線

デジタル×Bluetoothでクリアなサウンドを

デジタルワイヤレスとBluetoothで、スマホやTVとかんたんに接続。ハイブリットワイヤレスだから部屋中どこにいても楽しめます。

バーチャルサラウンド、ゲーム、クリアボイスの3つのサラウンドエフェクトモードを搭載。映画の臨場感やクリアなセリフ、音声、ゲームの効果音などシーンごとにリアルさや迫力が表現されています。

Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS 175)』

Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS175)』

出典:Amazon

サラウンド
連続再生時間 18時間
充電時間
接続端子 光デジタル、アナログ
接続方法 無線/有線

すぐれた低音をデジタルワイヤレスで堪能!

正確な信号伝送により、部屋の中を移動してもノンストレスで音楽とテレビを楽しめる、デジタルワイヤレステクノロジー機能搭載しています。

低音レスポンスの向上により、すぐれた低音を実現。BASSブーストシステムを搭載しており、ボタンひとつで低音を調節することが可能です。2つのバーチャルサウンドモードで、その場にいるかのような臨場感を味わうこともできます。

SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセット ARCTIS 5』

SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセットARCTIS5』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間
充電時間
接続端子 USB、アナログ
接続方法 有線

PCゲーマー必見!次世代DTSサラウンドサウンド

次世代DTSサラウンドサウンド対応のPCゲーマーに特化されたデザインのサラウンドヘッドホン。Headphone:X v2.0を搭載し、ゲーム内で発される細かな音まで把握できます。

ChatMixダイヤル機能搭載で、ゲームをしながらでもチャットでの会話を楽しむことが可能です。音量バランスを適切に調整してくれるため、ゲームの世界観を壊す心配もありません。

Logicool(ロジクール)『7.1サラウンド ゲーミング ヘッドセット(G433 )』

Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンドゲーミングヘッドセット(G433)』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間
充電時間
接続端子 USB、アナログ
接続方法 有線

高耐久性で軽量!長時間ゲームしても疲れにくさが自

軽量性と高耐久性の両立を実現したヘッドセット。スマホやタブレットはもちろん、PS4やNintendo Switchにも対応で外でも楽しめます。

軽量素材を使用することで、重さ約260gを実現し、長時間の使用や外出先への持ち運びも快適に。後ろから忍びよる敵の音までわかる、DTS Headphone:Xサラウンド サウンド機能を搭載しています。ゲームの世界に入り込んだかのような錯覚に浸れるでしょう。

RAZER(レイザー)『THRESHER 7.1』

RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』 RAZER(レイザー)『THRESHER7.1』

出典:Amazon

サラウンド 7.1ch
連続再生時間 16時間
充電時間 4時間
接続端子 光デジタル
接続方法 無線

PS4ユーザーのための商品!長時間のゲームも快適

ゲームのサラウンドサウンドを楽しむために、PS4に特化して作られたモデル。デジタルマイクは、明確なチーム通信を可能にし、指示をしっかり伝えられます。

ワイヤレス接続なのに遅延もなく、クリアな通信を実現。最大12mの長距離で無遅延接続が可能です。レザーレット製で軽量なため、ゲームに長時間没頭しても耳や頭への負担を感じずに音を楽しめます。

「サラウンドヘッドホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』
ASTRO(アストロ)『A40 TRゲーミングヘッドセット』
ASUS(エイスース)『ROG Centurion(ROG 7.1)』
SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』
SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』
Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』
Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS 175)』
SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセット ARCTIS 5』
Logicool(ロジクール)『7.1サラウンド ゲーミング ヘッドセット(G433 )』
RAZER(レイザー)『THRESHER 7.1』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 ASTRO(アストロ)『A40 TRゲーミングヘッドセット』 ASUS(エイスース)『ROG Centurion(ROG 7.1)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『デジタルワイヤレスヘッドホン(RS 175)』 SteelSeries(スティールシリーズ)『サラウンドサウンドRGBゲーミングヘッドセット ARCTIS 5』 Logicool(ロジクール)『7.1サラウンド ゲーミング ヘッドセット(G433 )』 RAZER(レイザー)『THRESHER 7.1』
商品情報
特徴 PS4純正のワイヤレスモデル 定番のゲーミングヘッドセットがさらに進化 現在唯一無二の“リアル”サラウンドヘッドホン 独自技術により7.1chサラウンドを再現 9.1chサラウンド対応のハイエンドモデル 軽量に纏め上げられたヘッドホン本体が魅力 デジタル×Bluetoothでクリアなサウンドを すぐれた低音をデジタルワイヤレスで堪能! PCゲーマー必見!次世代DTSサラウンドサウンド 高耐久性で軽量!長時間ゲームしても疲れにくさが自 PS4ユーザーのための商品!長時間のゲームも快適
サラウンド 7.1ch - 7.1ch 7.1ch 9.1ch 7.1ch 7.1ch 7.1ch 7.1ch
連続再生時間 - - - 約17時間 約12時間 約16時間(付属充電式電池)/約20時間(単4形アルカリ乾電池) 12時間 18時間 16時間
充電時間 - - - 約6.0時間 約3時間 約3時間 4時間 4時間
接続端子 - 光デジタル、USB USB HDMI、光デジタル、アナログ HDMI、光デジタル、アナログ 光デジタル×2、アナログ入力 光デジタル、アナログ 光デジタル、アナログ USB、アナログ USB、アナログ 光デジタル
接続方法 無線/有線 有線 有線 無線 無線 無線 無線/有線 無線/有線 有線 有線 無線
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サラウンドヘッドホンの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのサラウンドヘッドホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サラウンドランキング
Yahoo!ショッピング:サラウンドヘッドホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオ・ビジュアル評論家からアドバイス サラウンドヘッドホンには“本当”か否かが存在する

オーディオ・ビジュアル評論家

サラウンドヘッドホンには、5.1chなどのサラウンド音声入力に対応しているものと、2ch入力をサラウンド化してくれるヘッドホンの2パターンがあります。後者は、厳密にはバーチャル(のつく)サラウンドヘッドホンであって、本記事で紹介したものとは別のものとなります。

ゲームも定位感(敵の位置など)が重要となってきていますので、できれば“本当の”サラウンドヘッドホンをチョイスしましょう。

サラウンドヘッドホンについておさらい

1)シアター向けかゲーム向けか、用途に合わせて選ぶ
2)使用スタイルに合わせて有線・無線を選択
3)接続方式もしっかりチェック

使用用途によって、選ぶポイントやチャンネル数が大きく異なるのが特徴のサラウンドヘッドホン。自分に合っているモデルを見つけて、ストレスなく映画やゲームを楽しみましょう。

【関連記事】迫力のサウンドを楽しむ

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/01/15 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

ソニーショップ店長である野田博之さんと編集部が選ぶSONY(ソニー)のイヤホンの選び方&厳選商品をランキング形式でご紹介します。ノイズキャンセリングやワイヤレス(Bluetooth)、ハイレゾ対応など最新技術をつめ込んだ高性能モデルも続々登場。自分に合ったイヤホンを見つけてみてください。


2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場で使われているヘッドホンです。本記事では、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶモニターヘッドホンをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

オーディオを楽しむ際に欠かせないヘッドホン。ヘッドホンにはさまざまな種類があり、選ぼうとしても迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶおすすめの2020年最新ヘッドホン32選をご紹介します。新しいヘッドホンの購入を考えている方は、参考にしてみてください。


骨伝導ヘッドホンおすすめ4選+番外編2選|有線接続タイプもご紹介!

骨伝導ヘッドホンおすすめ4選+番外編2選|有線接続タイプもご紹介!

骨伝導ヘッドホンは、鼓膜を介さずに外の音と音楽を同時に聴くことができるヘッドホンです。骨伝導ヘッドホンは頭骨経由で内耳(ないじ)の蝸牛(かぎゅう)を振動させ、脳に信号を届けます。本記事では、ガジェットライターの武者良太さんに選び方とおすすめ商品、また骨伝導ヘッドホンと同じく外音と音楽を同時に聴くことができるヘッドホンを番外編として紹介していただきます。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ5選|有線タイプから完全ワイヤレスまでご紹介

オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ5選|有線タイプから完全ワイヤレスまでご紹介

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、オーディオテクニカ製イヤホンの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。オーディオテクニカは、エントリークラスからハイエンドモデル、有線タイプから完全ワイヤレスタイプまで、数多くのイヤホンを取りそろえています。その分、商品を購入しようとなると、次から次へと目移りしてしまいますね。本記事を参考にして、好みの音質やライフスタイルにあった商品を見つけてみてください。


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る