サラウンドヘッドホンおすすめ14選|映画やゲームを最高に楽しめるモデルを紹介

ソニー 7.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 2018年モデル WH-L600
出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、「サラウンドヘッドホン」を選ぶときのポイントとおすすめ製品をシアター向け・ゲーム向け別に紹介!

サラウンドヘッドホンでお手軽に5.1chや7.1chの音響効果でコンテンツを楽しみましょう!


目次

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

サラウンドヘッドホンとは

ヘッドホンで音楽を聴く男性
Payless images logo

サラウンドヘッドホンは、通常のイヤホンよりも臨場感があり、より立体的な音が楽しめるヘッドホンのこと。近年ではお家映画を楽しむ際やゲーミングでワンランク上を目指す方が選ぶなど、一般に普及してきているイメージがあります。

一般的なイヤホンとの違いは、内蔵スピーカーの数。基本的にイヤホンのスピーカーは左右一つずつ付いているのに対し、サラウンドヘッドホンは、各イヤーマフの中にスピーカーが複数個付いています。そのため、複数個のスピーカーから様々な音を流すことで、まるで音に包まれるような臨場感のある立体的な音を楽しむことができるんです。

そんなサラウンドヘッドホン。様々な種類の商品が販売されていて、用途によって音の出方が違うんです。選ぶポイントをしっかり押さえて購入することで、より映画やゲームを楽しむことができますので購入前は確認しておきたいところです。

サラウンドヘッドホンの選び方

それでは、サラウンドヘッドホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】シアター向けか、ゲーム向けか
【2】イヤーマフの種類
【3】使用環境に合わせて接続方式
【4】チャンネル数
【5】ヘッドセットかどうか


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】シアター向けか、ゲーム向けか、用途をチェック

サラウンドヘッドホンは、もともとホームシアター系の製品として登場し、映画などのサラウンド音声を楽しむものとして発展してきました。しかしながら、近年はゲーミングヘッドホンのひとつとしてもバリエーションが広がってきています。

HDMIや光などのデジタル入力がメインなど、使い勝手の面ではどちらも同じですが、包まれ感や臨場感など音質・音場ともに問われるシアター向けに対し、ゲーム向けは遅延のなさや定位の確かさなどスペック面での要求度が高く、結果として異なる性格の製品となっていたりします。まずは、シアターとゲーム、どちらをメインに据えるかを定めてから製品選びをはじめましょう。

【2】イヤーマフの種類をチェック

サラウンドヘッドホンのイヤーマフ(耳当て部分)は、大きく「密閉型」と「開放型」の2つに分けられます。音の感じ方や用途が変わりますので、しっかりチェックしておきましょう。

●開放型:音が通り、自然な音声を感じられる

開放型は、逆に、ヘッドホンから出る音声がイヤーマフを通して外へ聞こえるタイプ。

音楽や音声の通りがいいため、自然で心地のいい音を体験することができます。さらに、高い音から低い音までしっかり表現してくれるため、リアルな音声をしっかり感じることができます。

●密閉型:音を遮断し、音楽や音声に集中できる

密閉型は、耳全体を覆い、音が外に漏れないように設計されたイヤーマフ。さらに、外からの音も遮断してくれるので、電車や飛行機といった移動中や、映画視聴など、音声をしっかり聞きたいという方にピッタリ。

低音もしっかり聞き取れるため、ロックやハードロックなど、重低音を重視して視聴したい場合にも重宝するでしょう。

【3】使用環境に合わせて接続方式をチェック

サラウンドヘッドホンは、無線接続タイプと有線接続タイプの2つが存在しています。使い勝手の面では無線接続タイプが断然有利ですが、音質や遅延の問題など、いくつかのデメリットも抱えています。

とはいえ、サラウンドヘッドホンの無線接続には2.4GHzの独自方式を採用している製品が多いため、Bluetoothワイヤレスとは桁違いの接続安定性があります。

音質や遅延がそれほど気にならなければ、無線接続タイプが有力候補となるでしょう。

【4】チャンネル数をチェック

サラウンドヘッドホンは、チャンネル数が5.1chのものだけでなく、7.1chや9.1chなどに対応しているモデルもあり、ブルーレイなどに収録されている高音質なサウンドを7.1ch以上で再生するには、HDMI端子で接続することとなります。

とはいえ、PS4などをのぞけば、Nintendo SwitchやゲーミングPCなどのゲーム機器やゲームソフトのサラウンド音声は5.1chがメイン。接続も光デジタル端子が主流です。

つまりは映画メインか、ゲームメインかによって選ぶ商品が変わってきます。高音質な最新映画をメインに楽しむ場合はHDMI接続=7.1ch以上に対応しておきたいところですが、ゲームがメインの場合は光デジタル接続=5.1ch対応で充分満足できると思います。

【5】ヘッドセットかどうかをチェック

ヘッドセットとは、通常のヘッドホンにボイスチャット用マイクが取り付けられたモデルのこと。ボイスチャットをしながらプレイするゲームなどではヘッドセットがおすすめ。逆に、シアターを楽しむだけであればヘッドホンで問題ないでしょう。

ボイスチャットを行うゲーミング、シアター鑑賞の両方をする場合は、どちらも併用できるヘッドセットがおすすめです。ゲーミングか、シアターか、両方に使用するのか、用途に合わせて選びましょう。

エキスパートのアドバイス

オーディオ・ビジュアル評論家

5.1chか、2chか、パターンをチェックしよう

サラウンドヘッドホンには、5.1chなどのサラウンド音声入力に対応しているものと、2ch入力をサラウンド化してくれるヘッドホンの2パターンがあります。後者は、厳密にはバーチャル(のつく)サラウンドヘッドホンであって、本記事で紹介したものとは別のものとなります。

ゲームも定位感(敵の位置など)が重要となってきていますので、できれば“本当の”サラウンドヘッドホンをチョイスしましょう。

【シアター向け】サラウンドヘッドホン

サラウンドヘッドホン選びに、チャンネル数は欠かせないもの。数字が大きくなるほど音が立体的になります。ブルーレイなどの高音質サウンドには、7.1ch以上がいいとされています。

そんな映画などをさらに楽しむためのシアター向けサラウンドヘッドホンのおすすめを野村さんに選んでいただきました!

3万円以下のおすすめ4選

Panasonic(パナソニック)『RP-HX350』

パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A パナソニックステレオヘッドホンブルーRP-HX350-A

出典:Amazon

DTS HeadphoneX対応ハイコスパモデル

ステレオ音声だけでなく、2chのヘッドホンで最大11.1chのマルチサラウンドを楽しめるDTS Headphone X対応のヘッドホン。カラフルなカラーバリエーションが用意されているので選択の幅も広がりますし、屋外用のポータブルヘッドホンとしても大いに活躍してくれます。

入力はアナログのみとなってしまいますが、この価格帯、この軽量さでDTS Headphone X対応を謳ったモデルは貴重といえます。映画やゲームなどの映像コンテンツをよく見る人はもちろん、自宅だけでなく屋外でもスマホなどに繋げて活用出来るヘッドホンが欲しい、という人にはピッタリの製品です。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-DWL550』

audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550 audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550 audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550 audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550 audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550 audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550 audio-technicaデジタルワイヤレスヘッドホンシステムaudio-technicaATH-DWL550

出典:Amazon

3モードのエフェクトで迫力の音場空間が楽しめる

バーチャルサラウンド、ゲーム、クリアボイスという3つのモードを持つ「SOUND VISION」機能を搭載することで、それぞれの映像コンテンツにベストなサウンドが楽しめるワイヤレスヘッドホンです。2.4GHz帯デジタル方式のワイヤレス機能を搭載しているので、接続安定性が高いことも好評のポイントとなっています。

普段テレビはヘッドホンで楽しんでいる人や、ゲームをプレイするときはヘッドホンを使いたい人、またはヘッドホンを増設すればペアでワイヤレス視聴が可能なので、家族と2人でヘッドホン映画鑑賞をしたい、といった人にオススメの製品です。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-DWL770』

audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『デジタルワイヤレスヘッドホンシステム(ATH-DWL770)』

出典:Amazon

Bluetoothヘッドホンとして使用可能!

姉妹モデルと同様に接続安定性の高い2.4GHzワイヤレスを採用しつつ、Bluetooth機能を搭載。屋外でも音楽を楽しむことができるワイヤレスヘッドホン。

バーチャルサラウンド、ゲーム、クリアボイスという3つのモードを持つ「SOUND VISION」機能を搭載しているので、コンテンツごとにベストなサウンドキャラクターや音場空間を楽しむことができます。

また、折りたたみ可能なため、屋外の持ち運びも手軽となっています。室内ではテレビやゲーム機用と活用し、屋外ではスマホと接続して音楽を楽しみたい、という欲張りな人にもピッタリの製品です。

Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』

Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』

出典:Amazon

軽量に纏め上げられたヘッドホン本体が魅力

多彩な音声フォーマットに対応するとともに、ドルビープロロジックⅡxデコーダー搭載により臨場感あふれる7.1chサラウンドを実現しているワイヤレスモデル。本体ユニットとサラウンドヘッドホンの距離は最大30mまで対応可能となっているうえ、最大4台までヘッドホンを接続可能となっていて、家族みんなで楽しめることも魅力のひとつといえます。

また、ヘッドホンは単4電池2本によって駆動する、汎用性の高いバッテリー方式を採用しています。充電式電池も使用でき、その場合は本体に装着したままの充電が可能となっています。

自宅で複数人で映画を楽しみたいという人におすすめです。

3万円以上のおすすめ3選

Sennheiser(ゼンハイザー)『RS175-U』

ゼンハイザー密閉型デジタルワイヤレスヘッドホンRS175-U【国内正規品】ブラック508676 ゼンハイザー密閉型デジタルワイヤレスヘッドホンRS175-U【国内正規品】ブラック508676 ゼンハイザー密閉型デジタルワイヤレスヘッドホンRS175-U【国内正規品】ブラック508676 ゼンハイザー密閉型デジタルワイヤレスヘッドホンRS175-U【国内正規品】ブラック508676

出典:Amazon

低音ブーストとバーチャルサラウンド搭載の万能型!

ダイナミックベースモードとバーチャルサラウンドモードを搭載し、2つを切り替えることでコンテンツごとに最良のサウンドを楽しむことができるワイヤレスヘッドホン。最長100メートル離れても接続を維持してくれるデジタル伝送方式を採用している点も大きな魅力となっています。

隣の部屋に行っても音声が途切れない接続安定性はとても便利で、ライフスタイルを大きく変えてくれます。また、デジタル、アナログ両方の入力を用意しているため、テレビはもちろん、ゲーム機、ミニコンポなど、様々な機器の音をこれ1つで楽しむことができます。家中どこでも同じヘッドホンで楽しみたい、という人におすすめです。

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』

出典:Amazon

独自技術により7.1chサラウンドを再現

ソニーのミドルクラスモデル。独自技術の「Virtualphones Technology」によって、ヘッドホンでも臨場感溢れる7.1ch音声が存分に楽しめます。また、2chや5.1chの入力音声を7.1ch音声に拡張する「DOLBY Pro logic IIx」も搭載されています。

製品はワイヤレスタイプのヘッドホンとヘッドホンスタンド型の本体がセットになり、ヘッドホンを置くことで充電が行なえます。接続端子は、ARC対応のHDMIに加えて、光デジタルやステレオも二端子も用意されています。使い勝手を重視したい人は「MDR-HW700DS」よりもこちらがおすすめです。

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』

SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』

出典:Amazon

9.1chサラウンド対応のハイエンドモデル

シアター向けサラウンドヘッドホンの大定番モデル。2013年発売の製品ですが、光デジタル端子に加えてARC対応のHDMI端子を搭載していたり、9.1ch 3D VPT(Virtualphones Technology)搭載によって立体的なサラウンド音場を再現していたりなど、いまだに色あせないハイスペックさが魅力です。

本体ユニットとはワイヤレス接続なので、使い勝手も良好です。音質的にも、ワイヤレスのデメリットを感じさせない良質さを持ち合わせているので、自宅で映画を楽しみたい、という人におすすめなヘッドフォンになります。

【ゲーム向け】サラウンドヘッドホン

続いてはゲーム向けのおすすめサラウンドヘッドホンをご紹介いたします。

ゲームソフトやゲーム機器のサラウンド音声に向いているのは、チャンネル数5.1chとされています。光デジタルによる接続が主流なので、接続方法も重視しましょう。

3万円以下のおすすめ5選

Razer(ライザー)『Kraken Ultimate』

RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1 RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1 RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1 RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1 RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1 RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1 RazerKrakenUltimate7.1ゲーミングヘッドセットUSBTHX7.1Chroma冷却ジェルパッドノイズキャンセリングマイク【日本正規代理店保証品】RZ04-03180100-R3M1

出典:Amazon

「THX SPATIAL AUDIO」で正確な音

人気の高い無印『Kraken』の 7.1 chサラウンドに対して、音場定位のより正確な「THX SPATIAL AUDIO」を採用することで、周囲360度にわたって高い位置精度の音響を実現したヘッドホン。

視界に入っていない敵の正確な位置を把握することができるため、巧みに使いこなせばゲーム時の優位性を確保することも可能となっています。また、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したマイクを採用することで、仲間とのコミュニケーションも確実に行うことができます。

FPSなどのゲームで、実際の競技イベントも含めてシビアに活用したい人にもオススメできる製品です。

キングストン『HyperX Cloud Stinger Core 7.1(HHSS1C-AA-BK/G)』

HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G HyperXCloudStingerCoreゲーミングヘッドセット7.1サラウンドサウンドPC向け2年保証HHSS1C-AA-BK/G

出典:Amazon

軽量ボディが魅力のハイコスパモデル

NGENUITYソフトウェアとの組み合わせによって「バーチャル7.1サラウンド」を実現したヘッドセット。指向性をもつ40mm口径ドライバーを搭載することで、正確、かつ迫力のサラウンド空間を実現しています。

また、マイクはノイズキャンセリング機能を搭載しており、ユーザーの言葉を明瞭に伝えてくれます。さらに、マイクは上に跳ね上げるように回転させることでミュートしてくれるなど、ハイコスパモデルとは思えない細やかな気遣いも盛り込まれています。

この製品の魅力は、なんといっても使い勝手の良さ、価格を上まわる機能性の高さです。使い勝手の良さを重視して製品を選びたい人にオススメです。

Logicool(ロジクール)『ロジクールG PRO X Gaming Headset(G-PHS-003)』

LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証 LogicoolGゲーミングヘッドセットG-PHS-0037.1chBlueVO!CE搭載マイク3.5mmusbPC/PS4/XboxGProX国内正規品2年間メーカー保証

出典:Amazon

eスポーツのプロと共同開発した本格モデル

プロのeスポーツアスリートと共同開発したゲーミングヘッドセットです。ゲームの立体音響を正確に表現するため、「DTS Headphone:X 2.0」サラウンドを採用しているのが特徴です。

また、マイクブランドBlue Microphonesの技術を活用したサウンド調整機能「Blue VO!CEテクノロジー」を搭載することで、ゲーム中でも聴き取りやすいクリアな音質を実現。同時に、音声を調整することも可能となっています。

eスポーツアスリートが開発に加わっているだけに、実際のゲームで大いに役立つ製品に仕上がっています。競技にも使える本格派のヘッドセットが欲しい、という人には有力な候補となるでしょう。

SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』

出典:Amazon

PS4純正のワイヤレスモデル

PS4とのマッチングに配慮された純正オプションのワイヤレスヘッドセット。7.1chバーチャルサラウンドを実現し、臨場感のある、包み込まれるようなサラウンド空間を実現しています。また、マイクは本体内に設置されていて、ゲーム時の使い勝手にも配慮されています。有線接続への切り替えも可能で、絡みにくい溝入りウェーブコードが付属しています。

コストパフォーマンスの高い価格設定も魅力のひとつといえるでしょう。PS4ユーザーには最有力候補のヘッドホンです。
※ PlayStation VRおよびPlayStation Vitaで使用する場合は有線接続のみとなります。

ASUS(エイスース)『ROG Centurion(ROG 7.1)』

ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』 ASUS(エイスース)『ROGCenturion(ROG7.1)』

出典:Amazon

現在唯一無二の“リアル”サラウンドヘッドホン

実際に左右ハウジング内に10個のドライバーユニットを配置。専用アンプを組み合わせることで、ヘッドホンでもリアルな7.1chサラウンドを実現した希少なモデルです。Hi-FiグレードのESSヘッドフォンアンプ採用や精密なDSP処理をおこなうことによって、メリハリのよさや正確性の高い定位感を実現しています。

このほかにも、ノイズキャンセリング機能を搭載しているほか、着脱式のデジタルマイクも付属するなど、多彩な機能性を持ち合わせています。ゲームがメインという人に。

3万円以上のおすすめ2選

ASTRO(アストロ)『A50+BASE STATION』

AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証 AstroゲーミングヘッドセットA50WIRELESS+BASESTATIONワイヤレスA50WL-002ブラックヘッドセット無線PS4/PC/MacDolby5.1chA50WirelessBasestation国内正規品2年間メーカー保証

出典:Amazon

ワイヤレスでも本格派!ゲームヘッドセットの新しい

A50ワイヤレスヘッドセットと充電ステーションともなるBASE STATIONとが組み合わされたシステムがこの『A50+BASE STATION』です。2.4GHzワイヤレスを採用することで、遅延が少なく接続も安定しているのが特徴です。

これまで競技用ヘッドセットといえば有線モデル一択でしたが、こちらの製品が登場してからはワイヤレスでも大丈夫かもしれない、と徐々に評判が広がりつつあります。環境の問題からシビアなFPS競技会場では厳しいかもしれませんが、自宅などでは、こちらの方が圧倒的に使い勝手が良いはずです。また、約15時間の連続使用ができることも高ポイントといえます。

FPSでも活用できる遅延のないヘッドセットが欲しい、けれどもワイヤレスの利便性も捨てがたい、という人にオススメです。

ASTRO(アストロ)『A40 TRゲーミングヘッドセット』

ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』 ASTRO(アストロ)『A40TRゲーミングヘッドセット』

出典:Amazon

定番のゲーミングヘッドセットがさらに進化

eスポーツの大会などでも使用されている高い人気を持つASTRO Gaming製ヘッドセット「A40」と、こちらも定評あるヘッドセット用アンプの最新版「MixAmp Pro TR」とのセットモデル。

このうち「MixAmp Pro TR」は、PCからのUSB入力、PS4からの光デジタル入力でサラウンド音声に対応していて、ヘッドホンでも迫力あるサラウンド音声を楽しむことが可能となっています。アンプとヘッドセットの接続は有線となっていますが、その分、競技で使えるほどの定位感のよさや遅延のなさを持ち合わせています。こちらはゲームがメインという人におすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic(パナソニック)『RP-HX350』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-DWL550』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-DWL770』
Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』
Sennheiser(ゼンハイザー)『RS175-U』
SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』
SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』
Razer(ライザー)『Kraken Ultimate』
キングストン『HyperX Cloud Stinger Core 7.1(HHSS1C-AA-BK/G)』
Logicool(ロジクール)『ロジクールG PRO X Gaming Headset(G-PHS-003)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』
ASUS(エイスース)『ROG Centurion(ROG 7.1)』
ASTRO(アストロ)『A50+BASE STATION』
ASTRO(アストロ)『A40 TRゲーミングヘッドセット』
商品名 Panasonic(パナソニック)『RP-HX350』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-DWL550』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-DWL770』 Panasonic(パナソニック)『デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム(RP-WF70)』 Sennheiser(ゼンハイザー)『RS175-U』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(WH-L600)』 SONY(ソニー)『デジタルサラウンドヘッドホンシステム(MDR-HW700DS)』 Razer(ライザー)『Kraken Ultimate』 キングストン『HyperX Cloud Stinger Core 7.1(HHSS1C-AA-BK/G)』 Logicool(ロジクール)『ロジクールG PRO X Gaming Headset(G-PHS-003)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』 ASUS(エイスース)『ROG Centurion(ROG 7.1)』 ASTRO(アストロ)『A50+BASE STATION』 ASTRO(アストロ)『A40 TRゲーミングヘッドセット』
商品情報
特徴 DTS HeadphoneX対応ハイコスパモデル 3モードのエフェクトで迫力の音場空間が楽しめる Bluetoothヘッドホンとして使用可能! 軽量に纏め上げられたヘッドホン本体が魅力 低音ブーストとバーチャルサラウンド搭載の万能型! 独自技術により7.1chサラウンドを再現 9.1chサラウンド対応のハイエンドモデル 「THX SPATIAL AUDIO」で正確な音 軽量ボディが魅力のハイコスパモデル eスポーツのプロと共同開発した本格モデル PS4純正のワイヤレスモデル 現在唯一無二の“リアル”サラウンドヘッドホン ワイヤレスでも本格派!ゲームヘッドセットの新しい 定番のゲーミングヘッドセットがさらに進化
サラウンド 最大11.1ch - 7.1ch - 7.1ch 9.1ch 7.1 ch 7.1ch 7.1ch 7.1ch 7.1ch 5.1ch -
連続再生時間 - 連続通信 最大約12時間 12時間 約16時間(付属充電式電池)/約20時間(単4形アルカリ乾電池) 約18時間 約17時間 約12時間 - - - - - 15時間以上 -
充電時間 - 約4時間 4時間 約3時間 充電時間8.5時間 約6.0時間 約3時間 - - - - - - -
接続端子 アナログ φ3.5mmステレオミニプラグ 光デジタル、アナログ 光デジタル×2、アナログ入力 ステレオミニ(アナログ)/光デジタル(角型) HDMI、光デジタル、アナログ HDMI、光デジタル、アナログ USB - USB - USB USB 光デジタル、USB
接続方法 有線 無線 無線/有線 無線 無線 無線 無線 有線 有線/無線 有線 無線/有線 有線 有線/無線 有線
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サラウンドヘッドホンの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのサラウンドヘッドホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サラウンドランキング
Yahoo!ショッピング:サラウンドヘッドホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自分にピッタリの商品を選ぼう

本記事では、サラウンドヘッドホンの選び方や、値段別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、シアター向けか、ゲーム向けかという使用用途をしっかり決めた上で、イヤーマフの種類、接続方式、その他、音質に関係するチャンネル数やゲームなども行えるヘッドセットかどうかなどをもチェックすると、シアター・ゲームなど、それぞれの用途に合う商品を選ぶことができるはずです。

サラウンドヘッドホンは、自宅用に使用することが多いかもしれませんが、モデルによっては外に持ち運べるタイプもあり、とても使い勝手がいいです。ぜひ本記事を参考に、新しい商品を見つけてくださいね。

【関連記事】その他のサウンドを楽しむアイテムをチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

近年は、コードがないワイヤレスイヤホンが流行っていますが「値段の幅が大きくて、何を買えばよいかわからない」や「予算を抑えたいけれど機能面が不安でいまいち購入に踏み込めない」という方がいらっしゃるかと思います。この完全ワイヤレスイヤホン『EarFun Air Pro』は価格が5,000円台でとてもリーズナブル。初めてワイヤレスイヤホンを試すにはぴったりの商材です。本記事では、リーズナブルな価格のイヤホン「EarFun Free Pro」の実力を試してみました。これからワイヤレスイヤホンの購入を検証される方はぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

ラディウスのHP-T200BTを検証レビュー|おしゃれさと高性能をあわせもつANC機能つきイヤホン!

ラディウスのHP-T200BTを検証レビュー|おしゃれさと高性能をあわせもつANC機能つきイヤホン!

この記事では、ラディウス株式会社から2021年8月に発売されたオーディオ『HP-T200BT』を実際に使って、機能性や口コミなどを検証しています。有線のイヤホンは、ふとした時に手や鞄のストラップに引っかかって不便ですよね。そんなときに便利なのがBluetoothを使って機器と接続するワイヤレスイヤホン。とても便利なのですが、たくさんのメーカーから発売されており価格もさまざまなのでどのイヤホンがよいのかわからないのではないでしょうか?今回検証をしているラディウス株式会社の完全ワイヤレスイヤホン『HP-T200BT』はデザイン性、機能性にくわえ価格も1万円台ととてもリーズナブル。実際に使ってみて筆者が気付いたことを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

【充電不要】ライトニングイヤホンおすすめ10選|純正品以外でも高音質なタイプを紹介!

【充電不要】ライトニングイヤホンおすすめ10選|純正品以外でも高音質なタイプを紹介!

近年のiPhoneやiPadは、3.5mmのイヤホンジャックが付いていないものが標準になってきていますが、それと同時に、新しく搭載されたLightning端子に直結できるライトニングイヤホンが人気になっています。高音質で安いアイテムも豊富に取り揃えています。この記事では、ライトニング(Lightning)イヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , iPhone

開放型イヤホンおすすめ12選|インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など

開放型イヤホンおすすめ12選|インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など

インナーイヤー型をはじめスポーツタイプや耳かけ型イヤホンまで様々なタイプがある開放型イヤホン。ここでは、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部が厳選した開放型イヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ9選|ワイヤレス・高音質

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ9選|ワイヤレス・高音質

日本では高級オーディオ、高級スピーカーのイメージが強いJBLですが、本国アメリカではカジュアルな価格帯やサウンドキャラクターの商品も幅広くラインナップしていて、親しみのあるオーディオブランドとなっています。ここでは、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんと編集部が選んだJBLのヘッドホン・イヤホン5選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。