シアターバーおすすめ10選【AV評論家がサラウンドの本気度で厳選】壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

シアターバーおすすめ10選【AV評論家がサラウンドの本気度で厳選】壁掛けタイプや高コスパ商品も紹介

AV評論家の折原一也さんへの取材のもと、シアターバーを選ぶポイントと、映画やゲームのサラウンド再現を重視したおすすめ製品を紹介していきます。「シアターバー」は、薄型TVと組み合わせて、映画やゲームで採用されているサラウンド音響を家庭で再現できるアイテム。「サウンドバー」と呼ばれる製品と一部重複しますが、とくにシアターバーは、バーチャルサラウンド技術5.1ch、7.1chのサラウンドや最新の立体音響に対応していて、本格的に映画やゲームのサラウンドの再現を目指した製品を指します。シアターバーを導入して迫力あるサウンドをぜひ楽しんでください。後半ではちょっと視点を変えた製品も紹介していますので、そちらも参考に!


目次

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

シアターバーとは サウンドバー、ホームシアターセットとの違い

シアターバーとは、TVの音声を包み込むような臨場感あふれる音で楽しむ音響システムのことです。そのシアターバーと似ているシステムにホームシアターセットがありますが、ホームシアターセットと呼ばれるサラウンドシステムは、視聴者の周囲にスピーカーを配置して立体的な音響空間を実現するものです。前方左右とセンターに3つ、後方左右にふたつ、そしてサブウーファーを0.1chと数える5.1chサラウンドが基本的な形です。

ホームシアターセットのサラウンド効果は音像も明瞭で素晴らしいのですが、セッティングがとても面倒です。そこで、もっとかんたんにサラウンド音響が楽しめないかというニーズで誕生したのがシアターバー、サウンドバーです。最初は、多数のスピーカーからの音を壁に反射させることで立体感を得る、ヤマハのビームスピーカー方式が登場しました。その後デジタル技術の発展で、少ないスピーカーでじゅうぶんな立体感を得ることができる、今日のようなスピーカーが登場しました。

最近ではスマホや配信サービスの音楽を楽しめる製品も増えてきて、サウンドバーという呼び方も定着しつつあります。より高いサラウンド効果を求めたホームシアター用製品をシアターバーと呼び分けることもあります。

シアターバーを選ぶポイントは? AV評論家に聞きました

AV評論家の折原一也さんに、シアターバーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

ワンボディかサブウーファー付属タイプか

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

サブウーファー付属を選ぶかは住環境によって異なる

シアターバーを選ぶ際には、まず置き場所を考えて、サウンドバーのみのワンボディタイプを選ぶか、サブウーファー付属タイプを選ぶかを考えておきましょう。

シアターバーは、もとをたどると、映画の5.1chサラウンドを家庭に届けるために生まれたものです。そのため、迫力ある重低音を再生するためのサブウーファーの付属タイプが正統派。ただし、日本の住環境を考えると、重低音が出すぎても近所迷惑になるという側面もあります。とくに低価格のスピーカーでは、あえてサブウーファーを省く機種も増えてきました。

大音量と重低音を流しても大丈夫な住環境ならサブウーファー付属、そうでなければサブウーファーなしのタイプから選びましょう。

対応サラウンド技術をチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

シアターバーを選ぶならDolbyDigital

映画やゲームのサラウンドを体験するためには、対応サラウンドもチェックしてみましょう。映画のサラウンドではDolby(ドルビー)社による「DolbyDigital」が業界標準で、シアターバーとして選ぶなら、少なくとも「DolbyDigital」対応の機種を選ぶことをおすすめします。おすすめとして挙げた製品はこれにすべて対応しています。

一方で、格安で販売されているサウンドバーのなかには「DolbyDigital」に対応せず、サラウンド非対応だったり、独自サラウンドで代用する製品も存在します。これらは本格的な映画やゲームのサラウンド再生にはおすすめできません。

最新トレンドなら立体音響対応

ホームシアター
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

立体音響対応なら臨場感アップ

シアターバーのサラウンド技術の最先端は、劇場映画で採用例の増えている「Dolby Atmos」や「DTS:X/Virtual:X」といった立体音響技術です。立体音響技術では、音の空間情報がオブジェクトという形で収録されています。従来クリエイターが再現できなかった、頭上から聴こえる音の情報も収録していて、臨場感がアップしています。

とくに「Dolby Atmos」は、UltraHD Blu-rayのパッケージや、映像配信のNetflixなどで採用されているので、家庭でも対応作品に触れる機会も多いでしょう。すべての映画やゲームで対応するわけではないので必須ではありませんが、最新技術として押さえておきましょう。

搭載スピーカーとアンプのW(ワット)をチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スピーカーのチャンネル数もチェック

シアターバーの音質とサラウンドの表現力は、シアターバーに搭載しているスピーカーのチャンネル数(ch)と、アンプ出力のW(ワット)の性能に注目してみましょう。シアターバーはバーチャルサラウンドを搭載しているので、2.1chあれば5.1chや7.1chのサラウンドの再現が可能。サラウンドの表現力を重視するモデルでは、3.1chや、それ以上の数のスピーカーとサブウーファーを搭載しています。

スピーカーやサブウーファーを駆動するアンプのW(ワット)も、シアターバーがどれだけパワフルなサウンドを再生する性能を備えているのかの目安になります。

シアターバーの主要メーカーをご紹介

オーディオメーカーや家電メーカーなどいくつもの会社からシアターバーは販売されています。シアターバー選びの目安として、代表的なメーカーとその特徴をおさえておきましょう。

ヤマハ:高音質かつニーズに合わせやすい多彩な製品

市販のシアターバーのほとんどが、擬似サラウンド方式を採用しているなかで、唯一、多数のスピーカーによる反射を利用したリアルサラウンド方式のシアターバーも発売しているのが、ヤマハです。さらに本格的なホームシアター製品群も充実のラインナップです。

TVの音質を向上させたいけれど、かけられる予算や設置スペースは人それぞれ違い、求める音質も個々人によって異なります。ヤマハには、どのようなニーズにも応えてくれる豊富なラインナップがあります。

パナソニック:TVに寄り添うようなコンパクト性

自社でビエラ、ディーガといったリビングの中核になるテレビシステムを展開するパナソニック。当然シアターバーもそのコンセプトに合わせた設計になっています。

テレビをじゃましないコンパクト性、既存製品とのカンタン接続などは総合的に開発している強みです。また、シアターバーは、迫力ある音を楽しむためだけでなく、ドラマやニュースを聴きやすくしてくれるツールとしても活用可能。家族のリビングの快適度をワンランク上げてくれるような製品としての位置付けです。

ソニー:最新技術にも強い迫力あるサウンド

ソニーもパナソニック同様にブラビアというテレビを販売しています。ところが、ソニーのシアターバーはテレビを支えるというよりもしっかりと存在感を主張するタイプ。

チームの一員としてリビング環境を作るパナソニックと違い、それぞれの製品が強力な個性で攻めてきます。プロ用機器のノウハウを活かし最新技術も積極的に取り入れる、ハイクオリティサウンドがソニーの魅力です。

BOSE:迫力ある低音と拡張性にも富んだ設計

BOSEはプロ、アマチュア問わず音響の現場で定評のあるメーカー。シアターバーもTVをグレードアップするだけでなく、音楽を楽しむツールのひとつとして考えられています。

たとえばApple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスとの連携。Wi-Fiのストーリーミングで音楽を楽しむことができます。もちろん、コンパクトでパワフルというBOSEらしいサウンドクオリティはそのままです。また、リアスピーカーを追加し、本格サラウンドシステムへの拡張も可能なラインナップになっています。

JBL:サラウンドは控えめでも音質には自信あり

テレビの音声のグレードアップだけでなく、音楽鑑賞にも活躍してくれるシアターバー。サラウンドのチャンネル数は多いものでも3.1chと控えめですが、JBL独自の技術による包み込むようなサラウンド感とパワーある重低音サウンドで魅了してくれます。

4種類の製品展開ですが、それぞれが個性的なので、ほしい機能をよく吟味して製品を選びましょう。Bluetooth付き、Googleアシスタント付きなどのユニークな製品もあります。

シアターバーおすすめ4選 AV評論家がセレクト!

上で紹介したシアターバーの選び方のポイントをふまえて、AV評論家の折原一也さんに選んでもらったおすすめ製品を紹介します。それぞれのスペックを見比べながら、自分に合うものを探してみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム (YAS-108)』

YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-108)』

出典:Amazon

サイズ W890×H53×D131mm
サブウーファー有無 なし
チャンネル(ch)数 5.1ch
アンプ出力 総合120W
DolbyDigital 対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

DTS Virtual:Xの立体音響対応の入門機

入門モデルでここまで高機能がそろうのかと驚くほどの製品。高機能で低価格ながらも、きちんとシアターバーとしての性能を備えているモデルです。サブウーファーが付属しないワンボディで、設置性に重視した設計ながら、サラウンド技術にはバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を採用。

映画やゲームといったさまざまなサラウンド音源を立体音響として、臨場感たっぷりに再生できます。さらに、ふだんのTV番組などもサラウンドに再生可能。予算重視で選びたい人でも、シアターバーを探してるならこのクラス以上のものをおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』

出典:Amazon

サイズ W890×H64×D96mm
サブウーファー有無 なし
チャンネル(ch)数 2.1ch
アンプ出力 総合160W
DolbyDigital 対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

「DolbyAtmos」「DTS:X」完全対応

低価格シアターバーの決定版として注目を集めているモデルです。その理由は、ワンボディのお手ごろ価格の機種でありながら、立体音響技術の「DolbyAtmos」と「DTS:X」に対応し、サラウンドフォーマットへの対応は最上位クラスと同じ性能を備えているためです。

高さ方向の表現力を加える「Vertical Surround Engine」と、音の広がりを表現する「S-Force Pro Front Surround」といった、ソニーが自社開発している技術も惜しみなく投入していているのもぜいたくなところ。映画やゲームの音において、高さ方向までしっかり再現したい人に選んでほしい機種ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』

Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』

出典:Amazon

サイズ W430×H52×D130mm
サブウーファー有無 なし
チャンネル(ch)数 2.1ch
アンプ出力 総合80W
DolbyDigital 対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

コンパクトで立体音響対応

立体音響技術「DolbyAtmos」と「DTS:X」に対応したシアターバーの選択肢としておすすめしたい機種。バーチャルサラウンド技術は「DTS Virtual:X」。映画のサラウンド再現にも活躍する機種であることはもちろん、「ファイナルファンタジーXIV」推奨モデルを獲得しています。RPG、FPS、ボイス強調と、ゲームのジャンルに合わせたサウンドモードを利用できるところがユニーク。

もうひとつの売りが、本体幅が43cmと設置幅を取らないこと。小型テレビと組み合わせるシアターバーを探している人にぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』

出典:Amazon

サイズ W1000×H64×D98mm(サブウーファー:W190×H382×D386mm)
サブウーファー有無 あり
チャンネル(ch)数 3.1ch
アンプ出力 総合400W
DolbyDigital 対応

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ対応の高音質シアターバー

シアターバーでありながら、「ハイレゾ」の高音質再生の基準まで満たした機種です。シアターバーとしては、立体音響技術の「DolbyAtmos」と「DTS:X」まで全対応。高さ方向の表現力を加える「Vertical Surround Engine」に、音の広がりを表現する「S-Force Pro Front Surround」と、ソニー独自の技術も満載です。

内蔵スピーカーが3.1chとなっていて、映画やTV放送で重要な「人の声」の表現力も上げています。ハイレゾ対応により、シアターバーとして異例なほどに高音質なので、映画やゲームだけでなく、音楽リスニングをする人に活用してほしいモデルです。

壁掛けできるシアターバー3選

シアターバーはテレビの前に置いて使用するのが一般的ですが、どうしてもスペースが取れない、デザイン的にそぐわない、ということもあるでしょう。コンパクトなシアターバーのなかには壁掛け可能な製品もあります。

YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』

YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』

出典:Amazon

サイズ W890×H53×D131mm
サブウーファー有無 あり(本体内蔵)
チャンネル(ch)数 2.1ch
アンプ出力 総合120W
DolbyDigital 対応

アレクサ内蔵、多機能をスリムに収めた製品

ヤマハのYASシリーズの最新モデルで、バーチャルサラウンドシステムを採用した製品です。使用スピーカーはフルレンジふたつとサブウーファーひとつの2.1chですが、全身が音に包まれるような3Dサラウンドを再生してくれます。

Amazonのスマートスピーカーアレクサに対応したのも注目ポイント。音声操作でYAS109の操作や音楽再生をおこなうことができます。

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』

出典:Amazon

サイズ W580×H64×D95mm
サブウーファー有無 あり(内蔵サブウーファー)
チャンネル(ch)数 2.1ch
アンプ出力 総合80W
DolbyDigital 対応

バーにサブウーファーも内蔵したコンパクトモデル

58cmとそう長くないサウンドバーに、メインスピーカーふたつにサブウーファーまで内蔵した贅沢なコンパクトモデル。その大きさから想像できる以上にパワフルなサウンドを再生してくれます。

シチュエーションやコンテンツに合わせて最適な音環境を提供してくれる、さまざまなモードを搭載。声が聴きやすくなるボイスモードや、深夜の小音量でも明瞭に音を届けるナイトモードなどが用意されています。本体を壁掛け設置することも可能です。壁掛け用のモードも準備されているので、あらゆる環境で最適な音を楽しむことができます。

Bose(ボーズ)『Solo 5 TV sound system』

Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』 Bose(ボーズ)『Solo5TVsoundsystem』

出典:Amazon

サイズ W548×H70×D86mm
サブウーファー有無 なし
チャンネル(ch)数 2ch
アンプ出力 -
DolbyDigital 対応

テレビサウンドを驚くほどクリアに再生

1本のケーブル(アナログ音声入力、光デジタル入力、同軸デジタル入力のいずれか)でテレビと接続するだけのかんたんさで、音質を驚くほどクリアに改善してくれます。テレビ付属のスピーカーで聞き取りにくかった繊細の音もクリアに再生。ダイアログモードではトーク番組やニュースの音声が聞き取りやすくなります。

BOSEならではの低音サウンドは、リモコンの操作で好みの加減にコントロールできます。

別売りアクセサリーの壁掛けブラケット「Bose WB-120 wall-mount kit」を使用することで壁掛けスピーカーとしても利用できます。

高コスパのシアターバー3選

シアターバーには10万円を超えるモデルもあります。高価格で高品質なシアターバーはもちろん良いですが、安くていいものもあります。ここから、コストパフォーマンスにすぐれた3製品をご紹介します。

JBL(ジェービーエル)『Bar 2.0 All-in-One』

JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』 JBL(ジェービーエル)『Bar2.0All-in-One』

出典:Amazon

サイズ W614×H58×D90mm
サブウーファー有無 なし
チャンネル(ch)数 2
アンプ出力 総合80W
DolbyDigital 対応

コンパクトボディーから飛び出すハイパワーサウンド

テレビ標準スピーカーよりも、さまざまな音が聴きやすく、低音から高音のバランスもよく、音に包み込まれるようなサラウンド効果が楽しめます。

JBLはサブウーファーレスのシンプルなシステムで、包み込むようなサラウンドサウンドと豊かな低音を実現しました。Dolby Digitalにも対応した、このコンパクトスピーカーはシアターバーに期待される多くのニーズを満足させてくれることでしょう。

SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-MT300)』

ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM ソニーサウンドバー2.1chNFC/BluetoothホームシアターシステムチャコールブラックHT-MT300BM

出典:Amazon

サイズ サブウーファー:W95×H383×D365mm、バー:W500×H54×D103mm
サブウーファー有無 あり
チャンネル(ch)数 2.1ch
アンプ出力 総合100W
DolbyDigital 対応

設置自由度の高いサブウーファーがユニークなモデル

低音再生性能の高いサブウーファーなしのシステムも多くありますが、それでもサブウーファーがほしいと思われる方も少なくないでしょう。ただサブウーファーは、テレビ周辺の床上ならどこに置いてもいいとはいえ、いざ置き場所を考えるとなかなかベストポジションが見つからないものです。

本製品の特徴は、そんなサブウーファーの設置方法に解決法を提示したこと。本体と無線接続された本機のサブウーファーは、奥行きはありますが、10cm足らずのスリムタイプなので、テレビ台の脇に立てて置いてもじゃまになりません。ソファモード搭載なので、ソファの脇や下に寝かせて置くのもあり、です。

Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』

Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』

出典:Amazon

サイズ W450×H51×D135mm
サブウーファー有無 なし
チャンネル(ch)数 2ch
アンプ出力 総合80W
DolbyDigital 対応

コンパクトボディで迫力あるサウンドを楽しむ

本体幅450mmとコンパクトボディながら、最大出力80Wの迫力あるサウンドが楽しめるシアターバーです。Bluetooth対応なのでテレビの音だけではなく、スマホやタブレットからの音楽も再生可能。リビングスピーカーとしてフルに活用することができます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム (YAS-108)』
SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』
Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』
SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』
YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』
SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』
Bose(ボーズ)『Solo 5 TV sound system』
JBL(ジェービーエル)『Bar 2.0 All-in-One』
SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-MT300)』
Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム (YAS-108)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-X8500)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB01)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-Z9F)』 YAMAHA(ヤマハ)『フロントサラウンドシステム(YAS-109)』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-S200F)』 Bose(ボーズ)『Solo 5 TV sound system』 JBL(ジェービーエル)『Bar 2.0 All-in-One』 SONY(ソニー)『サウンドバー(HT-MT300)』 Panasonic(パナソニック)『シアターバー(SC-HTB200-K)』
商品情報
特徴 DTS Virtual:Xの立体音響対応の入門機 「DolbyAtmos」「DTS:X」完全対応 コンパクトで立体音響対応 ハイレゾ対応の高音質シアターバー アレクサ内蔵、多機能をスリムに収めた製品 バーにサブウーファーも内蔵したコンパクトモデル テレビサウンドを驚くほどクリアに再生 コンパクトボディーから飛び出すハイパワーサウンド 設置自由度の高いサブウーファーがユニークなモデル ビエラの足元にぴったりサイズのシアターバー
サイズ W890×H53×D131mm W890×H64×D96mm W430×H52×D130mm W1000×H64×D98mm(サブウーファー:W190×H382×D386mm) W890×H53×D131mm W580×H64×D95mm W548×H70×D86mm W614×H58×D90mm サブウーファー:W95×H383×D365mm、バー:W500×H54×D103mm W450×H51×D135mm
サブウーファー有無 なし なし なし あり あり(本体内蔵) あり(内蔵サブウーファー) なし なし あり なし
チャンネル(ch)数 5.1ch 2.1ch 2.1ch 3.1ch 2.1ch 2.1ch 2ch 2 2.1ch 2ch
アンプ出力 総合120W 総合160W 総合80W 総合400W 総合120W 総合80W - 総合80W 総合100W 総合80W
DolbyDigital 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする シアターバーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのシアターバーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サウンドバーランキング
楽天市場:ホームシアターシステムランキング
Yahoo!ショッピング:ホームシアタースピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】AV評論家のアドバイス

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

立体音響技術への対応がポイント

映画やゲームのサラウンドを再現するシアターバーは、ワンボディでTVのサウンドを高音質化するだけの条件で考えると、より多くの選択肢があります。そこで見極めのポイントとなるのが、「DolbyAtmos」や「DTS:X」といった立体音響技術への対応です。それを基準とすることで、対応できるメーカー・製品が選びやすくなります。

シアターバーのナビでは、サラウンドの本気度からおすすめできる5機種を厳選しました。いつもの映画鑑賞やゲームプレイをワンラックアップさせるために、好みの音質を表現できるシアターバーを探してみてください。

まとめ

スポーツイベントが近いから、いい音でテレビも見たいよね、なんて思いつきならコストパフォーマンス重視でじゅうぶんかも。

見たくてたまらないけど来日しないミュージシャンのライブを繰り返し鑑賞するなら、現地の雰囲気に近づける本格派のシアターバーがほしくなりますよね。

シアターバー、サウンドバーを検討するなら、こんな軽い感じでご家族とも相談してみてはいかがでしょうか。ひとりで楽しむなら思いっきり趣味を反映させたハイエンド製品が楽しそうですが、家族のリビングならみんなが楽しめるちょうどいい製品を見つけたいものですね。

【関連記事】その他のサウンド関連のおすすめ商品はこちら

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/06/10 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ドライブのテンションを上げる!カースピーカーおすすめ12選|選び方も解説

ドライブのテンションを上げる!カースピーカーおすすめ12選|選び方も解説

車内で音楽を楽しむために必要となるカースピーカー。ほとんどのクルマには自動車メーカー純正のスピーカーが取りつけられていますが、音質に満足していない方もいらっしゃるのではないでしょうか?本記事では、カースピーカーについて、種類ごとの特徴や高音質のポイントといった選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。


PCスピーカーおすすめ22選|5.1ch・Bluetooth接続・ハイレゾ対応も

PCスピーカーおすすめ22選|5.1ch・Bluetooth接続・ハイレゾ対応も

パソコン内蔵のスピーカーでは物足りない、そんなときに活躍するのがPCスピーカー。ここでは、5.1chのスピーカーや、Bluetooth接続ができるスピーカーなど、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんと編集部が厳選したPCスピーカーのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


ワイヤレススピーカーおすすめ26選|Wi-Fi・Bluetooth・防水対応も

ワイヤレススピーカーおすすめ26選|Wi-Fi・Bluetooth・防水対応も

BluetoothやWi-Fiと接続して屋外などでワイヤレスで音楽を鳴らすことができるワイヤレススピーカー。ここでは、IT専門ライター・島田祥輔さんと編集部が厳選したワイヤレススピーカー26選と選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


小型スピーカーおすすめ20選|おしゃれな設置型やアウトドア向けの持ち運び型まで

小型スピーカーおすすめ20選|おしゃれな設置型やアウトドア向けの持ち運び型まで

本記事では、音楽・オーディオ評論家の岩田由記夫さんへの取材のもと、音質や使いやすさ、衝撃耐性といった小型スピーカーを選ぶ上でのチェックポイントと、おすすめ商品をご紹介。おしゃれな置き型やアウトドアにピッタリな持ち運び型も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


【2021年版】USBスピーカーおすすめ16選|お手軽な安いものから高音質なものまで

【2021年版】USBスピーカーおすすめ16選|お手軽な安いものから高音質なものまで

おすすめのUSBスピーカーと選び方をご紹介します。アナログ接続と比べてノイズや音質の劣化が少なく、パソコンの音楽再生をよりいい音で聞けるUSBスピーカー。USBケーブル1本で接続できるものも多く、オーディオに不慣れな方でも簡単に接続できます。エレコム、サンワサプライなどのおなじみのサプライメーカーのほか、JBLやヤマハ、クリプトンなどのオーディオメーカーからも高品質な商品がたくさん発売されていて、手軽に導入したいのであれば数千円から選ぶことができますよ。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。