【カメラグリップ】の選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

【カメラグリップ】の選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーが選ぶカメラグリップ5選をご紹介します。カメラの扱いに慣れ、さまざまな場所で撮影するようになってくると、理想的な撮影姿勢を守ることが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレることのない撮影が可能になります。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんに、カメラグリップの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。多くの撮影現場を経験してきたプロならではの視点、きっと参考になりますよ。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


カメラグリップの選び方|フォトグラファーのチェックポイント

フォトグラファー・瀬川陣市さんに、カメラグリップを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。多くの撮影活動に裏打ちされた説得力があるポイントです。

ミニ三脚とカメラ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

カメラグリップにはさまざまな形状がある。ミニ三脚を兼ねられるものもそのひとつ。使用する場面など用途に合ったタイプを選ぶことも重要。

グリップ部分が三脚併用タイプのものを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラグリップのなかで、グリップ部分が三脚にも応用できる併用タイプのものがあります。

グリップにあるロックを解除すると脚が広がり、三脚としても使える仕様のものです。急に三脚が必要な撮影のときに、グリップと三脚をつけ替える必要がなく、とても便利で重宝します。

また、カメラを固定して動画撮影をしたいときにもおすすめです。

Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚(MTPIXI)』

脚をたためば手持ちグリップ、開けばミニ三脚として使える賢い製品。ステンレス製なので見た目よりもしっかりとカメラを支えてくれます。

>> Amazonで詳細を見る

撮影スタイルに合わせて形状から選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラグリップ自体の形状は一定ではありません。自分の撮影スタイルに合わせて使いやすいカメラグリップの形状のものを選ぶことが大事です。

たとえば、ハンドストラップタイプは、直接手に握るタイプのストラップとして使いやすいので、つねにカメラを持ち、シャッターチャンスを狙うときに選ぶといいでしょう。

そのほかU字型のタイプはカメラを持って被写体を追うような撮影に便利。伸ばすタイプは、高いところから見下ろすような画角や低いアングルから狙うなど視点を変えて撮るときなどに重宝します。

グリップ部分の材質や握りやすさで選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラグリップの握る部分の材質などは、商品によってさまざま。

握ったときに手から滑り落ちないよう突起物があるもの、アウトドアでの撮影などラフな現場でのカメラの落下防止になるラバー系のグリップなどがあります。反対に特別な滑り止めの工夫はなく、プラスチックの材質のままのタイプも。

撮影スタイルに応じて、使いやすく握りやすいグリップから選んでみるのもおすすめです。

Dhana Style (ダナスタイル)『ラバー ハンドグリップ』

握ったときの安定感が抜群のラバーハンドグリップ。上下にネジ穴があるため、ミニ三脚の高さ調節にも活用できます。

>> Amazonで詳細を見る

カメラグリップおすすめ5選|フォトグラファーのセレクト商品

ここまでに紹介したカメラグリップの選び方のポイントをふまえて、瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。オーソドックスなカメラグリップだけでなく、照明やマイクまで一緒に固定して使用できるユニークな商品も紹介いただいています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット) 『PIXI ミニ三脚(MTPIXI)』

出典:Amazon

タイプ
ミニ三脚
三脚
ネジサイズ
1/4
材質
ステンレス
サイズ/重量
全伸高:135mm、格納高:185mm/190g
耐荷重
1kg
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

グリップと三脚の2WAY仕様

イタリアの三脚メーカー、マンフロット社製のミニ三脚です。

折りたたんだ状態の三脚部分をカメラグリップとして使うことができます。コンパクトデジタルカメラはもちろん、小型の一眼ミラーレス機も取りつけて使用可能。三脚になるカメラグリップがあることで、想定外の撮影シーンで三脚としても使用ができ便利です。

旅行など持ち歩ける荷物に限りがあるけれど、カメラグリップとミニ三脚どちらも持ち歩きたい、というユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EASUN(イーサン)『3Way 自撮り棒』

出典:Amazon

タイプ
C型(変形タイプ)
三脚
ネジサイズ
-
材質
ABS+ステンレス
サイズ/重量
収納時:約190mm、延ばした時:約505mm/205g
耐荷重
-
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

曲げ伸ばしができる自由度の高いカメラグリップ

3とおりの使い方ができるカメラグリップです。

折りたたみの本体を伸ばして自撮り棒として使うのが基本。グリップ部分に収納されている脚を広げればミニ三脚として、本体をCの字に曲げて使うとスタビライザーとしても活用できます。

ひとつのカメラグリップで多様な撮影シーンに対応したいというユーザーには、使い勝手のいい製品と言えるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Dhana Style (ダナスタイル)『ラバー ハンドグリップ』

出典:Amazon

タイプ
ハンドグリップ
三脚
×
ネジサイズ
トップ:1/4インチ、ボトム:3/8インチ
材質
-
サイズ/重量
長さ140×直径33mm/100g
耐荷重
-
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

しっかりとした棒状で安定感あるカメラグリップ

棒状の、片手で握るタイプのカメラグリップです。カメラ本体の三脚をつけるネジ穴に取りつけて、グリップを握って撮影します。つねにカメラにグリップをつけた状態で撮影したいユーザーに適した製品です。

本体は変形することがほとんどない棒状のグリップで、しっかりとカメラを支えてくれるので、安定感を保って撮影ができます。またラバーグリップで滑り止め効果があるので、フィット感が抜群です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UTEBIT(ユートビット)『カメラ スタビライザー C型』

出典:Amazon

タイプ
C型
三脚
×
ネジサイズ
1/4
材質
-
サイズ/重量
W250×D200×H90mm/445g
耐荷重
1kg
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

照明などをつけられる動画撮影向きのスタビライザー

カーブ形状になっている、スタビライザーとして使うカメラグリップです。カメラを持ち歩きながら、おもに動画撮影をしたいというユーザーにおすすめの製品です。

スマホクリップと自由雲台、クイックリリースベースがアタッチメントとして付属します。グリップ上部にも取りつけできるシューがあるので、カメラと照明、マイクなどを同時に使用し撮影することも可能。組み合わせ次第で幅広い撮影に使える、便利なカメラグリップです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Andoer『R005 CAMERA UNIVERSAL TOP HANDLE』

出典:Amazon

タイプ
C型
三脚
×
ネジサイズ
1/4 、3/8
材質
アルミニウム
サイズ/重量
W130×D65×H23mm/216g
耐荷重
-
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

持ち下げる形状で被写体を追いやすいカメラグリップ

一眼レフカメラのフラッシュ取りつけシュー部分につけて使うカメラグリップです。このグリップを取りつけると、カメラを持ち下げる形になります。

カメラを持って、動きながら被写体を追って動画撮影をするときにおすすめのカメラグリップです。グリップにはたくさんのアタッチメントをつけることができる仕様になっていて、マイクや照明などをこのグリップに取りつけて撮影することもできます。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

Manfrotto(マンフロット)  『PIXI ミニ三脚(MTPIXI)』
EASUN(イーサン)『3Way 自撮り棒』
Dhana Style (ダナスタイル)『ラバー ハンドグリップ』
UTEBIT(ユートビット)『カメラ スタビライザー C型』
Andoer『R005 CAMERA UNIVERSAL TOP HANDLE』

商品

Manfrotto(マンフロット) 『PIXI ミニ三脚(MTPIXI)』 EASUN(イーサン)『3Way 自撮り棒』 Dhana Style (ダナスタイル)『ラバー ハンドグリップ』 UTEBIT(ユートビット)『カメラ スタビライザー C型』 Andoer『R005 CAMERA UNIVERSAL TOP HANDLE』

特徴

グリップと三脚の2WAY仕様 曲げ伸ばしができる自由度の高いカメラグリップ しっかりとした棒状で安定感あるカメラグリップ 照明などをつけられる動画撮影向きのスタビライザー 持ち下げる形状で被写体を追いやすいカメラグリップ

価格

Amazon : ¥ 1,973
楽天市場 : ¥ 2,880
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,980
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,799
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,404
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 798
楽天市場 : ¥ 3,308
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,386
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,498
楽天市場 : ¥ 8,490
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,142
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,799
※各社通販サイトの 2019年9月6日時点 での税込価格

タイプ

ミニ三脚 C型(変形タイプ) ハンドグリップ C型 C型

三脚

× × ×

ネジサイズ

1/4 - トップ:1/4インチ、ボトム:3/8インチ 1/4 1/4 、3/8

材質

ステンレス ABS+ステンレス - - アルミニウム

サイズ/重量

全伸高:135mm、格納高:185mm/190g 収納時:約190mm、延ばした時:約505mm/205g 長さ140×直径33mm/100g W250×D200×H90mm/445g W130×D65×H23mm/216g

耐荷重

1kg - - 1kg -

商品情報

ECサイトのカメラグリップランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのカメラグリップの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラ用グリップランキング
楽天市場:カメラ用クランプ・グリップランキング
Yahoo!ショッピング:カメラ用クランプ グリップランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フォトグラファーの「ここがポイント」|カメラグリップは撮影のスタイルに合わせて選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラグリップは、撮影を補助するための道具です。撮影するスタイルに合わせて、便利に使えるカメラグリップを選ぶことがポイントになります。

また、マイクや照明機材などの撮影機材を同時に取りつけることができるカメラグリップもあるので、アタッチメント製品との相性も考慮して選ぶといいでしょう。

カメラグリップがひとつあるだけで、これまでは撮りにくかったシーンでもかんたんに撮影できるようになります。それぞれの撮影シーンに使えそうなカメラグリップを選んでみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スチールカメラ用【三脚】おすすめ商品7選|フォトグラファーが選び方のコツを解説

スチールカメラ用【三脚】おすすめ商品7選|フォトグラファーが選び方のコツを解説

フォトグラファーが選ぶスチールカメラ用三脚7選をご紹介します。数ある撮影用品のなかでも、本格的に写真を撮るのにまずそろえておきたいツールが三脚です。三脚があればスローシャッターを使用するときのブレを抑え、表現の幅がぐっと広がります。そこで、フォトグラファーの高月 優さんにスチールカメラ用三脚を選ぶときのポイントをうかがい、おすすめの商品を選んでいただきました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、三脚を購入する際の参考にしてみてください。


登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

なくても山は登れますが、できれば持っていきたいアイテムがカメラです。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、その思いは共通でしょう。近年のスマホカメラは画質がよくなったとはいわれるますが、拡大やプリント時にアラに気づいたユーザーも多いことでしょう。イメージセンサー(撮像素子)がスマホカメラのそれより大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは登山では不便です。ではどのようなカメラが適しているか、カメラマンの山下大祐さんに伺いました。登山カメラ選びで気をつけたいポイント、おすすめの機種をていねいな解説といっしょに教えていただきました。


【カメラマンが選ぶ】撮影ボックスおすすめ5選|自宅で本格撮影を!

【カメラマンが選ぶ】撮影ボックスおすすめ5選|自宅で本格撮影を!

ネットオークションやブログなどに掲載する商品や小物、料理の写真。自宅のテーブルに置いて撮影しただけでは、あまり雰囲気のある写真にならないことも。かといって、プロのような本格的なライティングをしての撮影も難しい。そんなときに役立つのが「撮影ボックス」です。撮影ボックスは、周囲の光を被写体に均一に拡散させることができるもの。組み立て式のものが多く、ふだんは折りたたんだ状態でしまっておくことができるので邪魔になりません。部屋の照明だけで撮影するよりも、被写体全体に光が回った状態で撮影できるので、ワンランク上の写真に仕上がります。この記事では、カメラマン・三浦一紀さんへの取材をもとに、撮影ボックスの選び方とおすすめ商品を5つ紹介します。


【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレス一眼カメラにおける選び方のポイントとおすすめ機種6選をご紹介します。誰でも手軽にきれいな写真が撮れるミラーレス一眼は、本格的に写真を撮りはじめた人にぴったりのカメラです。レンズを交換することでさまざまなニュアンスの写真を撮ることができます。おすすめの機種としてキヤノン、ソニー、オリンパス、ライカ、パナソニック、富士フイルムから商品を紹介しています。自分が使いやすいミラーレス一眼カメラを購入して、素敵な写真をたくさん撮影しましょう! ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【Eマウントレンズ】選び方&おすすめ商品6選|プロカメラマンが解説

【Eマウントレンズ】選び方&おすすめ商品6選|プロカメラマンが解説

プロカメラマンが選ぶEマウントレンズ6選をご紹介します。Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格のこと。ソニーのミラーレス一眼を愛用されているなら、この規格の交換レンズから選べば、「使えない……」という最悪のケースは避けられます。あとは、自分の思うような写真を撮るためにどのレンズを選ぶべきかだけ。そこで、フリーランスライターでプロカメラマンの武石 修さんに、レンズの選び方とおすすめのEマウントレンズについて紹介していただきました。ぜひ参考にして、イメージする写真撮影にチャレンジしてみましょう。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。