ヴァイツェン(ヴァイス)のおすすめ11選【ドイツ発の飲みやすいビール】

ヴァイツェン(ヴァイス)のおすすめ11選【ドイツ発の飲みやすいビール】

ドイツ南部で誕生した小麦のビール、ヴァイツェン。白っぽい色合いから、「ヴァイスビア」「ヴァイス」などと呼ばれることもあります。この記事では、ビアジャーナリスト・宮原佐研子さんにお話をうかがい、ヴァイツェンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


目次

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター
宮原 佐研子

ビールやパン、ワインなどの魅力にはまり、国内外のオイシイもの探しに足をのばし、胃袋を広げる毎日です。 日本パンコーディネーター協会認定パンコーディネーター、日本ビアジャーナリスト協会所属ビアジャーナリストとして日本ビアジャーナリスト協会HP、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)、世界22カ国158本のビールを紹介するe-MOOK『ビールがわかる本』(宝島社)、ビアエンタテインメントムック誌『ビアびより』(KADOKAWA)他執筆。 『ビール王国』では、ビールと料理のペアリングやビール列車などの記事を担当。日本パンコーディネーター協会主催世田谷パン大学でパンとビールのペアリング体験講座も実施。

「ヴァイツェン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Weihenstephaner(ヴァイエンシュテファン)『Hefe Weissbier(ヘフヴァイス)』
久米桜麦酒 大山Gビール『ヴァイツェン』
Franziskaner(フランツィスカーナー)『Hefe weissbier(ヘーフェヴァイスビア)』
銀河高原ビール『小麦のビール』
富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』
ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』
エルディンガー『ヴァイスビア』
月桂冠『ヴェルテンブルガー へフェ・ヴァイスビア・ヘル』
ビンディング醸造所『シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン』
Hofbrau(ホフブロイ)『ヘーフェヴァイツェン』
パウラナー『ヘフェ ヴァイスビール』
商品名 Weihenstephaner(ヴァイエンシュテファン)『Hefe Weissbier(ヘフヴァイス)』 久米桜麦酒 大山Gビール『ヴァイツェン』 Franziskaner(フランツィスカーナー)『Hefe weissbier(ヘーフェヴァイスビア)』 銀河高原ビール『小麦のビール』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』 エルディンガー『ヴァイスビア』 月桂冠『ヴェルテンブルガー へフェ・ヴァイスビア・ヘル』 ビンディング醸造所『シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン』 Hofbrau(ホフブロイ)『ヘーフェヴァイツェン』 パウラナー『ヘフェ ヴァイスビール』
商品情報
特徴 千年に迫る伝統と最先端技術を育てる醸造所のビール 名峰・大山のふもとの水で仕上げたヴァイツェン 伝統を受け継ぎ今も愛され続けるヴァイスビア 缶ビールのヴァイツェンとして親しまれている商品 コーヒーのようなローストとクローブ香がまざり合う アルコールが飲めないときにも楽しめるヴァイツェン 本場ドイツで大人気のビール 万人受けするビール コンクール受賞の実力派ビール 400年の歴史を誇るビール ドイツのヘフェヴァイスといえばこれ!
原材料 大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ - 大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、酵母 麦芽100%、ホップ、酵母 水、麦芽、ホップ、酵母 小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ、酵母/炭酸 - - 小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ 小麦麦芽・大麦麦芽・ホップ 麦芽・ホップ
生産国 ドイツ 日本 ドイツ 日本 日本 ドイツ ドイツ ドイツ ドイツ ドイツ ドイツ
アルコール度数 5.4% 5.0% 5.0% 5.0% 5.2% 0.4% 5.30% 5% 5% 6% 5.5%
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

ヴァイツェン(ヴァイス)ってなに?

ヴァイツェンはヨーロッパでは一般的なエールビールの一種で、日本で作られているラガータイプのビールとは作り方が違います。ラガータイプは下面発酵方法となるのですが、ヴァイツェンは発酵時の温度が高い上面発酵方法でつくられています。

材料も大麦麦芽や小麦麦芽、ヴァイツェン酵母を使っており、苦味が少なく、飲みやすく仕上げられています。1516年、バイエルン公国の君主は、ビールの原料がまちまちで品質が安定しないことを憂い、「ビールは大麦、ホップ、水のみ」という「ビール純粋令」を公布しました。小麦を使うヴァイツェンは醸造できなくなりましたが、密かに宮廷醸造所と一部の修道院だけではつくり続け、貴族たちだけがこっそりと堪能していたそう。そんな逸話もあるほどおいしいビールがヴァイツェンです。

フルーティーで飲みやすいのが特徴

ヴァイツェンは日本のラガータイプとは違い、フルーティーな味わいが強く、苦みは少ないという特徴があります。ライトな口当たりのため、ふだんビールをあまり飲まない人でも飲みやすいでしょう。

ヨーロッパでは日本のようにキンキンに冷やしてビールを飲むことは少なく、常温に近い温度でゆっくりと味わいながら楽しんで飲むのも特徴のひとつです。

ヴァイツェンの選び方 ビールが苦手な人でも飲みやすい!

瓶詰めされたヴァイツェンで乾杯している画像
Pixabayのロゴ

ビアジャーナリスト・宮原佐研子さんへの取材をもとに、ヴァイツェンを選ぶときのポイントをご紹介します。自分好みのヴァイツェンを見つけるためにも、詳しくみていきましょう。

ビアスタイルで選ぶ

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

ビールは醸造の仕上げに、酵母やそのほかの濁りの原因となるものを取り除く「ろ過」を行ないます。そのときビアスタイルにより味わいも変わりますので、違いを楽しむのもいいでしょう。

一般的なのは「ヘーフェ・ヴァイツェン」

 

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

酵母を残して瓶詰めをするものが、「ヘーフェヴァイツェン(またはヴァイス)」です。ヘーフェとは、酵母の意味。小麦のやわらかさに酵母のふくよかさも加わり、まるで白桃を食む(はむ)ようなおいしさです。一般的に「ヴァイツェン」とは、こちらを指すことが多いです。

ローストの香り高い「デュンケル・ヴァイツェン」

 

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

小麦のビールというと、どうしても白のイメージが強いですが、実は濃色のタイプも存在します。それは、「デュンケルヴァイツェン」と呼ばれるビアスタイルで、原料の小麦麦芽をローストすることで、ビールの色が濃色に仕上がっています。小麦本来のふくよかでまろやかな甘さとローストの香ばしさが重なり合い、まるでココアのように楽しめるでしょう。密かにファンの多いビアスタイルです。

飲みごたえのある「ヴァイツェン・ボック」

ヴァイツェン・ボックはヴァイツェンの種類の中ではアルコール度数が高いことが特徴で、約7~9%と設定されています。ローストする時間にもメーカーごとにこだわりがあり、飲み口も製品ごとに変わっています。

アルコール度数が高く、ローストによるしっかりとしたコクなどによって飲みごたえがあるため、ビールの風味をよく感じたい人におすすめです。

本場ドイツのヴァイツェンか日本のものか

 

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

たくさんの醸造所で、ヴァイツェンをはじめ多様なビールをつくり続ける「ビール大国」のドイツ。日本では、1994年のビールの小規模醸造解禁以降、そんなドイツのビールづくりを目指すブルワリーが多数誕生しました。

設備をドイツから輸入して醸造技術を直接学び、その後切磋琢磨を重ねたことで、日本のヴァイツェンも世界のコンペティションで金賞受賞も果たすほどに成長しています。

長い歴史を経ても変わらぬドイツのヴァイツェンのおいしさ、それに負けない日本のヴァイツェン。好みでどちらかを選んでもいいでしょう。また、両者遜色(そんしょく)ないおいしさ同士を、歴史に思いを馳せつつ飲み比べてみるのもいいかもしれません。

ノンアルコールでも楽しめるヴァイツェン

 

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

日本のメーカーでは見かけませんが、ドイツではヴァイツェンのノンアルコールビールがつくられています。ノンアルコールビールは、ビールファンには物足りないという意見もありますが、ヴァイツェンのノンアルコールビールはふくよかな小麦麦芽の味わいもいかされていて、満足度の高い一品です。

通常のヴァイツェンと飲み比べたり、ほかのノンアルコールビールと飲み比べたりしてもいいですね。ヴァイツェンのノンアルコールビールも、ぜひ選択肢に入れてみてください。

ヴァイツェンのおすすめ11選 本場ドイツや日本産も!

うえで紹介したヴァイツェンの選び方のポイントをふまえて、ビアジャーナリスト・宮原佐研子さんと編集部で選んだおすすめ商品を紹介します。ドイツ産・国産も合わせてチェックしながら、自分好みのヴァイツェンを見つけていきましょう。

Weihenstephaner(ヴァイエンシュテファン)『Hefe Weissbier(ヘフヴァイス)』

Weihenstephaner(ヴァイエンシュテファン)『HefeWeissbier(ヘフヴァイス)』

出典:Amazon

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

千年に迫る伝統と最先端技術を育てる醸造所のビール

ヴァイエンシュテファンは、725年に創建のベネディクト派の修道院からはじまり、1040年にはビールの醸造を行なったという歴史ある醸造所。現在はミュンヘン工科大学の敷地内にあり、世界中から醸造に携わる人がビールの研究開発に集まっている、権威ある場所です。そんな醸造所でつくられたのが、こちらの『ヘフヴァイス』。

フルーティな甘さに、かすかなスパイシーさがアクセントとなっています。女性を中心にファン多数のビールですので、女性への贈りものとしてヴァイツェンをお探しの方におすすめです。

久米桜麦酒 大山Gビール『ヴァイツェン』

久米桜麦酒大山Gビール『ヴァイツェン』

出典:Amazon

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

名峰・大山のふもとの水で仕上げたヴァイツェン

鳥取県の久米桜麦酒は1856年に創業した蔵元からスタートした、日本四名山に名を連ねる名峰・大山のふもとにある醸造所です。周辺には雄大なブナの林があり、そこで育まれる伏流水を使ってビールづくりを行なっています。

このヴァイツェンは、2011年に英国で開催された「ワールド・ビア・アワード」で見事金賞に輝き、世界が認めた日本が誇るビール。日本のヴァイツェンの魅力を海外の方々に紹介したい人におすすめです。

Franziskaner(フランツィスカーナー)『Hefe weissbier(ヘーフェヴァイスビア)』

Franziskaner(フランツィスカーナー)『Hefeweissbier(ヘーフェヴァイスビア)』

出典:Amazon

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

伝統を受け継ぎ今も愛され続けるヴァイスビア

かつて、ミュンヘン中心部のフランシスコ会修道院のそばにあったフランツィスカーナー醸造所は、1922年にドイツのラガービールの生み出したシュパーテンと合併しました。そして今もつくり続けられるのがこのヴァイスです。

溢れるバナナのようなアロマとフルーティな芳醇(ほうじゅん)さは、決して古めかしさを感じることのないおいしさ。伝統的なヴァイツェンを楽しみたい方におすすめです。

瓶の底の酵母を残さぬよう、ゆっくりと回しながらグラスに注ぎ入れて楽しむことを忘れずに。

銀河高原ビール『小麦のビール』

銀河高原ビール『小麦のビール』

出典:Amazon

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

缶ビールのヴァイツェンとして親しまれている商品

宮沢賢治生誕100周年である1996年にスタートしたことから、銀河高原ビールと名づけられたブルワリー。今も、夜は満天の星空がまるで降り注ぐように広がる、岩手県沢内村でビールを醸造しています。

ドイツ純粋令にしたがい、ドイツ産の大麦麦芽と小麦麦芽、ドイツ産マルチファインアロマホップをメインに使用し、和賀岳の伏流水で仕込む自然派のビールです。

軽量な缶入りのビールなので、BBQやキャンプなどでも気軽にヴァイツェンを楽しみたい人におすすめします。

富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』

富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』 富士桜高原麦酒『シュヴァルツヴァイツェン』

出典:Amazon

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

コーヒーのようなローストとクローブ香がまざり合う

富士桜高原麦酒がつくるヴァイツェンは、そのクオリティとおいしさで広く知られています。この『シュヴァルツヴァイツェン』は、2014年から定番ビールとして登場したもの。ビアスタイルは、デュンケルヴァイツェンです。

50%以上使用する小麦麦芽をはじめ、7種の麦芽がブレンドされています。甘く香ばしいビールのロースト香と、ヴァイツェン特有のクローブ香を絶妙なバランスで同居させながらも、すっきりと何杯でも飲みたくなる仕上がりが魅力です。

一般のヴァイツェンとは違う、珍しいヴァイツェンを探している人におすすめです。

ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』

ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』 ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』 ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』 ERDINGER(エルディンガー)『アルコールフリー』

出典:Amazon

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

アルコールが飲めないときにも楽しめるヴァイツェン

ドイツ最大の小麦ビールメーカーのエルディンガー醸造所。このブルワリーがつくるのが、『アルコールフリー』。ビールとほぼ同じ製法でつくり、瓶詰めする直前にアルコールを抜くという製法でつくっています(アルコール度数0.4%)。

ドイツでは、スポーツ後の体の回復によいという研究も発表されています。アフタースポーツや、酔えないけれどビールの雰囲気を楽しみたいとい人におすすめします。

エルディンガー『ヴァイスビア』

エルディンガー『ヴァイスビア』

出典:Amazon

本場ドイツで大人気のビール

ヴァイツェンは小麦麦芽を50%以上使用したビールのこと。こちらは、本場ドイツで最も売れている小麦ビールシリーズを作っている「エルティンガー」のおすすめ商品です。

気品のある味わいが特徴のハラタウホップを使用しているため、シャンパンのような華やかな香りがあります。味もバランスがよく、とても飲みやすいです。

月桂冠『ヴェルテンブルガー へフェ・ヴァイスビア・ヘル』

月桂冠『ヴェルテンブルガーへフェ・ヴァイスビア・ヘル』 月桂冠『ヴェルテンブルガーへフェ・ヴァイスビア・ヘル』 月桂冠『ヴェルテンブルガーへフェ・ヴァイスビア・ヘル』

出典:Amazon

万人受けするビール

日本酒で有名な「月桂冠」から販売されている、ヴァイツェンビールです。バランスがよく飲みやすいビールで、華やかな香りときめ細やかな泡が特徴

飲みやすい一方、ドイツの重めのビールが好きな方には物足りなく感じてしまうかもしれません。淡白な味わいの魚料理と肉料理におすすめです。

ビンディング醸造所『シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン』

ビンディング醸造所『シェッファーホッファーヘフェヴァイツェン』

出典:Amazon

コンクール受賞の実力派ビール

ドイツ中部のヘッセン州にある「ビンディング」は、オーストラリアの国際ビール賞でグランドチャンピオンなるほどの実力を持つブルワリーです。

そんな実力派のブルワリーが作ったヘファヴァイツェンは、ヴァイツェンの特徴であるエステルの香りがとても強く、濃厚な甘みと酸味が強く引き出された味わいとなっています。

Hofbrau(ホフブロイ)『ヘーフェヴァイツェン』

Hofbrau(ホフブロイ)『ヘーフェヴァイツェン』

出典:楽天市場

400年の歴史を誇るビール

1600年代のバイエルン王国時代には、王朝が独占的に醸造を行なっていたほど人気のドイツの有名醸造所である、「ホフブロイ」が生産しているヘフェヴァイツェンです。

エステルの香りは控えめになっており、小麦のフルーティーな香りや味が強い商品。ホップの苦味が残らないため、白ビールが苦手な方にもおすすめできます。

パウラナー『ヘフェ ヴァイスビール』

パウラナー『ヘフェヴァイスビール』

出典:Amazon

ドイツのヘフェヴァイスといえばこれ!

ドイツの強豪サッカーチーム、バイエルンミュンヘンのメインスポンサーをしているので、サッカー好きなら知っている方も多い、「パウラーナー」の主力ビールです。

エステルの香りが強く、苦味もしっかりあるので飲みごたえがあるビールとなっています。重めのビールが好きな方におすすめです。

発祥の地・ドイツらしい料理やスイーツと相性抜群! ビアジャーナリストからのメッセージ

ビアジャーナリスト・パンコーディネーター

ヴァイツェンの魅力は、ビール特有の苦味をほとんど感じないところ。ビールの苦味はちょっと……という人にぴったりです。また、副原料を使わずとも、豊かな香りとふくよかな甘みを楽しめるところも魅力のひとつといえるでしょう。

料理と合わせるなら、発祥の地であるドイツの白ソーセージやポテト料理、パンケーキやフルーツ、アイスクリームなどと相性抜群です。初夏の食卓にぜひ、選んでみてください。

そのほかのビールおすすめはこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する記事


IPAのおすすめ9選|人気の海外産から国産まで!苦みや香りを飲み比べよう

IPAのおすすめ9選|人気の海外産から国産まで!苦みや香りを飲み比べよう

華やかなホップの香りと苦味を特徴とする、人気のビール「IPA(インディア・ペールエール)」。ただ、IPAと一言にいってもそのスタイルはさまざま。いざ選ぶとなると迷ってしまうケースも多いのではないでしょうか。この記事では、IPAの選び方とおすすめ商品を紹介します。とっておきのIPA探しに、ぜひご参考ください。また記事後半には、IPAの美味しい飲み方やおつまみレシピも紹介しています!

tag icon 地ビール・クラフトビール , 国産ビール , 海外ビール

【発泡酒・第三のビール】おすすめ23選|糖質・カロリーオフの商品も!

【発泡酒・第三のビール】おすすめ23選|糖質・カロリーオフの商品も!

ビールよりも安い値段で買えることで人気の「発泡酒」や新ジャンルの「第三のビール」。ビールに近い味で楽しめるものや、健康志向の方向けに糖質カットやカロリーオフした商品もたくさん市販されています。この記事では、発泡酒や第三のビールの選び方とおすすめの商品を紹介します。サントリーやアサヒ、キリンなど主要ビールメーカーの商品をピックアップしています。記事後半には、発泡酒や第三のビールの美味しい飲み方や、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね。

tag icon 国産ビール , ビール・発泡酒 , お酒

ビールのおすすめ29選|日本や海外のビールからクラフトビールまで

ビールのおすすめ29選|日本や海外のビールからクラフトビールまで

厳選したビールのおすすめと選び方を紹介!アサヒ、キリン、サッポロ、サントリーなどの有名ビールメーカーはもちろん人気のある海外ビール、そして人気上昇中のクラフトビールまでピックアップしています。記事の後半には、各通販サイトの最新人気売ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしましょう! ビール好きの方から、女性やお酒初心者まで、おいしいビールを飲みたい方は必見です!

tag icon 地ビール・クラフトビール , 国産ビール , 海外ビール

ホワイトビールおすすめ13選【飲みやすい】人気の銘柄を紹介!

ホワイトビールおすすめ13選【飲みやすい】人気の銘柄を紹介!

ビールが苦手な方でも挑戦しやすいのが「ホワイトビール」。ビール特有の苦味が少なく、スッキリと飲めるのが特徴です。この記事では、ビールを含めた洋酒全般に詳しい石関華子さんへの取材をもとに、おすすめホワイトビールと選び方をご紹介。記事後半には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 地ビール・クラフトビール , 国産ビール , 海外ビール

ツイッターフォロー&RTで1,000名に『本麒麟』6本が当たる!

ツイッターフォロー&RTで1,000名に『本麒麟』6本が当たる!

本キャンペーンは、キリンビールの公式Twitterアカウント(@Kirin_Brewery)をフォローし、当該ツイートをリツイートすることで、抽選で1,000名様に『本麒麟』(350ml)6本が当たる「この品質が、このうまさ。味覚評価3万回※の結晶。」本麒麟当たる!キャンペーンです。

tag icon ビール・発泡酒 , お酒 , ドリンク

関連するブランド・メーカー


月桂冠 銀河高原ビール

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。