マザーボードおすすめ15選|ゲーミングPC・動画編集に! チップセットの詳細も

ASUS(エイスース)『ROG MAXIMUS XI EXTREME』
出典:Amazon

マザーボードとは、パソコンで必要なCPUやメモリなどと接続して管理する役割をもつ基盤。ゲーミングPCや高速なパソコンを作りたい人にはお馴染みのパーツです。

搭載チップセット、インターフェース周り、オーバークロックの可否など、ここでは、ITライターの海老原 昭さんと編集部が厳選したマザーボードのおすすめと選び方をご紹介。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndroidも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

マザーボードとは

マザーボードを組み立てる男性
Pixabayのロゴ

マザーボードは、CPUやメモリ、グラフィックボードなど、PCに必要なパーツを取り付ける電子回路基板です。

メインボード、システムボードなどと呼ばれることもあります。マザーボードは製品によって対応するパーツの種類が異なることがあり、どんなマザーボードを選ぶかによってPCの大まかな性能が決まってきます。

とくに、搭載されているチップセットやCPUソケットのタイプによって、使えるCPUが異なる点には注意が必要です。また、一度PCを組み立てた後は、マザーボードを交換するためにはすべてのパーツを取り外す必要があるため、とても手間がかかります。そのため、あとから新たなパーツを追加したくなったときに対応できるよう、なるべく新しい製品で、拡張性の高いものを選ぶとよいでしょう。

マザーボードの選び方

それでは、マザーボードの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の7つ。

【1】搭載チップセット
【2】CPUソケットの種類
【3】オーバークロックの可否
【4】サイズ(フォームファクタ)の大きさ
【5】メモリスロット
【6】用途
【7】インターフェース


上記の7つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】搭載チップセットをチェック

 

マザーボードごとに搭載できるCPUが決まっています。インテル製とAMD製といったメーカーの違いもありますが、さらにCPUを取り付けるソケットの形状が複数あります。

とくに、インテル用の『LGA1151』ソケットは形状が同じでも、第7世代CPU用と第8世代CPU用に分かれており、互換性がありません。チップセットで見分けるしかないので、購入前によく確認しておきましょう。またCPU自体は使えても、安価な製品用のチップセットではメモリの帯域が限られているなど、機能が制限される場合もあります。

逆に、最上位チップセットはサーバー用などで、使わない機能満載ということもあります。チップセットはマザーボードの性格を決める大事な要素なので、使いたいCPUや機能も含めて、よく吟味しましょう。

【2】CPUソケットの種類をチェック

 

CPUを取り付けるためのCPUソケットにもいくつかの種類があり、それぞれ対応するCPUが異なります。

たとえばIntel製CPUなら、第6世代と第7世代(Core i5、Core i7などの6000番台と7000番台)のCPUに対応するのがLGA1151、第8世代と第9世代はLGA1151v2、2020年に登場した最新の第10世代ならLGA1200、というように、使用できるCPUが決まっています。

AMDの場合も現在主流のRyzenに対応するのがAM4、Ryzen ThreadripperはTR4となっています。使いたいCPUに対応するソケットが搭載されているかどうか、忘れずに確認しておきましょう。

【3】オーバークロックの可否をチェック

 

CPUは本来、動作するクロック周波数速度や電圧などが厳密に決まっていますが、ユーザーがカスタマイズして規定よりも高速に動作させること、すなわち「オーバークロック(オーバークロッキング)」が可能です。

ゲームなどで、少しでも速く動作させると有利な場合にオーバークロッキングを試みるユーザーがいますが、マザーボードによってはオーバークロックのためのインターフェースと設定があらかじめ用意されており、容易に電圧や動作倍率を変更することができます。性能を重視する人はこうした機能の有無を確認してみましょう。

【4】サイズ(フォームファクタ)の大きさをチェック

マザーボードにはフォームファクタという規格があり、サイズや構成が決められています。これによって、PC全体の大きさや拡張性が決まってきます。目的に合わせて選びましょう。

ATX

 

ATXは305×244mmのサイズで、ミドルタワーやフルタワーケースで使いたい場合におすすめです。接続端子の数が多く、拡張性が高いことがメリットです。

MicroATX

 

MicroATXは244×244mmとコンパクトで、ミニタワーケースに適しています。設置場所が限られるなどの理由で、コンパクトなPCを作りたい場合に最適ですが、ATXよりも接続端子が少なく、ゲーム用などハイエンドのPCには向いていないことは覚えておきましょう。

Mini-ITX

 

サブ用などで、端子の数や拡張性にはこだわらない、とにかく小型のPCを作りたい、という場合には、さらにコンパクトな170×170mmサイズのMini-ITXもあります。

【5】メモリスロットをチェック

 

メモリスロットに取り付けることができるメモリも、マザーボードによって違うことがあります。現在主流となっているDDR4規格のメモリに対応した製品がほとんどですが、少し前の規格のDDR3とは互換性がありません。以前のPCで使っていたメモリを使いたい場合は、この点をよく確認してください。

また、より高性能なメモリを使いたい場合は、メモリの動作クロックもチェックしておきましょう。動作クロックとは、メモリのデータ転送の速度を示すもので、2400MHz、3200MHzなどの数字で示されます。この数値が大きいほど高性能なメモリを使えます。

【6】用途をチェック

ネットサーフィンや動画を視聴するのがメインなのか、それともゲームや動画編集がメインなのかによってマザーボードのスペックが変わります。

ここでは、用途による選び方の違いについてご紹介します。

ゲーミングや動画編集なら

 

ゲームや動画編集など、PCに負荷のかかる重い処理を行なう場合は、ハイエンドマザーボードと呼ばれるハイスペックなものがおすすめです。

CPUをより高い周波数で動作させるオーバークロックや、2枚のグラフィックボードを使ってグラフィックの能力を向上させるマルチGPUなどの機能が搭載されていれば、通常のPCでは動作がもたつくような重い処理でも、快適に行なうことができます。

また、ゲーミングマザーと呼ばれるタイプは、マザーボード上のメモリやチップセットなどの冷却を考慮したものが多く、重い処理を長時間続ける場合にも安心です。

ネットサーフィンや動画視聴なら

 

ネットサーフィンや動画視聴、Webサイトの閲覧やメールの送受信、オフィスソフトの作業などがメインの用途である場合は、ミドルクラス、またはエントリークラスの「ミドルレンジマザーボード」や「ローエンドマザーボード」でも問題ありません。

ミドルレンジマザーボードには処理能力が高いチップセット、ローエンドマザーボードには廉価版チップセットが使用されています。パフォーマンスを重視するならミドルレンジを選びましょう。

【7】インターフェースをチェック

 

インターフェース周りなどは、拡張カードの増設でカバーできるものもありますが、CPUを刺さなくてもUSBメモリでファームウェアを更新できる機能や、グラフィックカードを2枚ペアで使うマルチGPU機能とそれに使うPCIe x16スロットの数などは後から拡張できないので、今後の拡張計画なども踏まえて選びましょう。

ここでは、PCI ExpressとSerial ATA(SATA)の特徴についてご紹介します。

PCI Express

 

PCI Expressは、データ伝送速度が非常に速いインターフェースで、グラフィックボードやSSDの接続に使われます。とくに、ゲームプレイ時や動画編集でパソコンのグラフィック性能を上げたい場合は、高性能グラフィックボードに対応している「PCI Express×16」がおすすめです。

Serial ATA(SATA)

 

Serial ATA(SATA)とは、マザーボードにHDDやSSD、光学ドライブなどを接続するためのインターフェースです。SATAに接続する機器の数が多いほど余裕をもってSATAポート数を選ぶ必要があります。また、なかには10GB/sなどの高速データ転送に対応したタイプもありますので、予算に余裕があればこうしたものもおすすめです。

マザーボードおすすめ15選

選び方のポイントをふまえ、マザーボードのおすすめ商品をご紹介します。それぞれ性能差があるので、しっかり性能比較して自分の用途にあったものを選びましょう。

ASUS『TUF GAMING B550-PLUS』

ASUSAMDB550搭載AM4対応マザーボードTUFGAMINGB550-PLUS【ATX】 ASUSAMDB550搭載AM4対応マザーボードTUFGAMINGB550-PLUS【ATX】 ASUSAMDB550搭載AM4対応マザーボードTUFGAMINGB550-PLUS【ATX】 ASUSAMDB550搭載AM4対応マザーボードTUFGAMINGB550-PLUS【ATX】 ASUSAMDB550搭載AM4対応マザーボードTUFGAMINGB550-PLUS【ATX】 ASUSAMDB550搭載AM4対応マザーボードTUFGAMINGB550-PLUS【ATX】

出典:Amazon

堅実な動作で扱いやすいマザーボード

本体の耐久性や道産の安定性など、予定された動作を堅実に行うことで、どんな目的でも扱いやすいマザーボード。適切な電力設計や強力な冷却設計によって、つねに高いパフォーマンスを発揮してくれます。

さらに、超高速ネットワークやAIノイズキャンセリングマイクに対応しており、ゲーミング用マザーボードとしてもおすすめです。

ASRock『B460M Pro4』

トラブルの原因を見つけやすい!

CPUなどの状稼状態などをあらわすポスト・ステータス・チェッカーによって、トラブルが起きたときに原因を見つけやすくしたマザーボード。さらに、超過電流による破損を防ぐためのスパイク保護機能によって、意図しないトラブルから守ってくれるのもポイントです。

仕事でも趣味でも、重要な情報扱うパソコンだからこそ、性能とともにトラブルへの対策や対処にも力を入れたい人にぴったりです。

ASUS(エイスース)『ROG MAXIMUS XI EXTREME』

ASUSintelZ390搭載Socket1151対応ゲーミングマザーボードROGMAXIMUSXIEXTREME【E-ATX】 ASUSintelZ390搭載Socket1151対応ゲーミングマザーボードROGMAXIMUSXIEXTREME【E-ATX】 ASUSintelZ390搭載Socket1151対応ゲーミングマザーボードROGMAXIMUSXIEXTREME【E-ATX】 ASUSintelZ390搭載Socket1151対応ゲーミングマザーボードROGMAXIMUSXIEXTREME【E-ATX】 ASUSintelZ390搭載Socket1151対応ゲーミングマザーボードROGMAXIMUSXIEXTREME【E-ATX】 ASUSintelZ390搭載Socket1151対応ゲーミングマザーボードROGMAXIMUSXIEXTREME【E-ATX】

出典:Amazon

ITライター

冷却にも配慮したハイエンドゲーミングマザーボード

ATXより幅が大きい「E-ATX」規格を採用した、ASUS製ゲーミング用マザーボードの最上位モデルです。

「Z390」チップセットを搭載し、第9世代Coreプロセッサーに対応します。M.2 SSDを最大4台搭載できたり、LANポートもゲーム用に最適化されるなど、とにかくゲームを快適に遊ぶための装備が満載されています。

発熱量の多いパーツを搭載するため、冷却用ファンや水冷ポンプなどに電源を供給するためのコネクターも多数用意されており、GPUやCPU、SSDなどが発する熱を効率よく処理できます。価格もハイエンドですが、Intel製CPUで本気のゲーミングPCを組むなら外せない1枚です。

ASUS(エイスース)『TUF Z390M-PRO GAMING』

ITライター

お手軽ゲーミングPCをコンパクトにまとめられる

microATX規格ながら最新の第8・第9世代に対応した「Z390」チップセットを搭載したマザーボードです。ソケットはLGA1151(ver2)を採用。ミリタリーグレードのパーツを採用しており、高い耐久性と安定性を実現。

ゲーミングPCの入門用という位置付けで、パケットの優先度を変えられる「Turbo LAN」対応のイーサネットポートや相手の位置情報もつかめるDTSカスタムオーディオ機能など、ゲーム向きの機能を搭載。ゲーミングPCを省スペースで組みたいという需要にピッタリな1枚です。

MSI(エムエスアイ)『H310M PRO-VDH』

ITライター

とにかく安価にCore iシリーズで組みたい人に

第8世代Coreプロセッサーに対応する最も安価なチップセット「H310」を搭載したmicroATX規格のマザーボードです。

H310はバス速度が他のチップセットの半分で、PCI EXPRESSの世代も1つ前でレーン数も少なく、USBポートの数も少ないなど、機能面でも性能面でも制限が多いのですが、マザーボードは実勢価格で8,000円を切るケースが多く、CPUやメモリ類などをすべて足しても5万円程度で1台組めてしまうコストパフォーマンスが最大の特徴です。

とにかく安価にCoreプロセッサーやCeleron、Pentiumシリーズで1台組みたい、というケースにピッタリな製品です。

GIGABYTE(ギガバイト)『Z390 I AORUS PRO WiFi』

GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609 GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609 GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609 GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609 GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609 GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609 GIGABYTEZ390IAORUSPROWIFIMini-ITXゲーミングマザーボード[IntelZ390チップセット搭載]MB4609

出典:Amazon

ITライター

超小型PCでも性能に妥協なし

microATXよりもさらに小さい、Mini-ITX規格のマザーボードです。17×17cmの小さなマザーボードですが、Z390チップセットを搭載し、第8世代/第9世代Coreプロセッサーを内蔵可能です。

Wi-Fiの名のとおり、IEEE802.11ac規格の無線LANカードを内蔵しており、外部アンテナを繋げばすぐに無線LANを使った通信が可能です。

Mini-ITX規格のマザーボードはコンパクトさを生かせる代わりに性能がイマイチというケースが多いのですが、本機はCore i7などパワフルなCPUも搭載できます。このパワーを生かし、コンパクトでも性能面での妥協がない1台を組むことができます。

ASRock『Z390 Pro4』

ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4 ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Pro4

出典:Amazon

高コストパフォーマンスのスタンダードモデル

Intelの第8世代と第9世代のCPUに対応するZ390チップセットを搭載するマザーボードです。PCIe Gen3 x4対応のUltra M.2スロットを2つ搭載、6Gbの転送が可能なSATA3にも対応しているほか、HDDの応答速度をSSD並みに引き上げられるIntel Optaneメモリーテクノロジーにも対応しており、データ転送を高速で行なえます。

スタンダードクラスの製品ながら、マルチGPUに対応、電源フェーズを10としているなどハイエンド製品に迫る仕様で、とてもコスパにすぐれたマザーボードです。

ASUS『TUF H370-PRO GAMING』

ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】 ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】 ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】 ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】 ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】 ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】 ASUSTekIntelH370搭載マザーボードLGA1151対応TUFH370-PROGAMING【ATX】

出典:Amazon

高耐久パーツ採用!低価格のゲーム用マザーボード

H370チップセット搭載、インテル製第8/第9世代CPUに対応する低価格のゲーミングマザーボードです。耐久性の高いパーツを採用した「TUF」シリーズの製品で、ミリタリーグレードのチョークコイルやコンデンサを使用するほか、PCIeスロットには独自の補強によりグラフィックボードを保護できるSAFESLOTを採用しています。

ゲーム向け機能としては、ゲーミングヘッドセットで音源の位置を再現できる「DTSカスタム」を搭載。MMORPGやアクション用、RTSやストラテジー用、ステルスプレイ用にそれぞれモードを切り替えることができ、各ジャンルに最適なサウンドでゲームを楽しめます。

MSI『MPG Z390 GAMING PRO CARBON』

オーディオ機能の充実したゲーミングマザー

スーパーカーの形状からインスパイアされたという、ユニークなデザインが特徴のゲーミングマザーボード。「Mystic Light」対応で、マザーボードやグラフィックボード上のLEDや、RGBピンに接続したLEDを、色やパターンを指定してカラフルに光らせることができます。PCIe Gen3 x4のTurbo M.2スロットを2つ搭載、SSDを冷却する大型のヒートシンク「M.2 Shield Frozr」も装備しています。

ゲームに欠かせないオーディオ機能も充実していて、オーディオ回路を独立させて電磁干渉を防いでいるほか、ヘッドホンのインピーダンスを自動認識する専用のヘッドホンアンプを内蔵、ボイスチャットの音声を明瞭にするVOICE BOOST機能も搭載されています。

ASUS『ROG STRIX Z390-F GAMING』

ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】 ASUSIntel®Z390搭載LGA1151対応マザーボードROGSTRIXZ390-FGAMING【ATX】

出典:Amazon

多数のファンで冷却できるゲーミングマザー

Z390チップセット搭載のゲーミングマザーボード。CPU用に専用のファンヘッダー、水冷システム用のAIOポンプファンヘッダ―、高性能PWM/DCウォーターポンプ用のヘッダーを備えるほか、拡張ファンヘッダ―や、PCIe 3.0 x4対応の2つのM.2スロットにもヒートシンクと専用のM.2ファンヘッダーを備えるなど、多数のファンを配置して冷却できるよう設計されています。

オーディオも高音質設計で、出力にはデュアルオペアンプを搭載、ゲーミングヘッドセットでリアルなサウンドを体感できます。

ASRock『Z390 Taichi』

ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Taichi ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Taichi ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Taichi ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Taichi ASRockIntelZ390チップセット搭載ATXマザーボードZ390Taichi

出典:Amazon

高耐久、高機能のハイクラスマザーボード

Z390チップセット搭載のハイクラスマザーボード。グラフィックボードをしっかりと取り付けられ、信号干渉を防止できる堅牢なスチール製PCIeスロットや、大型のアルミ合金製ヒートシンクを採用しているほか、コンデンサやトランジスタなど細かい部分まで高品位パーツを採用するなど、安定性と耐久性が高められています。

PCIe Gen3 x4のUltra M.2スロットは3つ搭載され、SATA3 6Gb/sのM.2モジュールにも対応。ここにも大型のヒートシンクが備えられています。802.11acのWi-Fiを搭載、Bluetooth 4.2にも対応しています。

MSI『MPG X570 GAMING EDGE WI-FI』

MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781 MSIMPGX570GAMINGEDGEWI-FIATXマザーボード[AMDX570チップセット搭載]MB4781

出典:Amazon

PCIe 4.0、X570チップセット搭載マザー

直線的なデザインの大きなヒートシンクが特徴の、AMD Ryzen 9に対応するゲーミングマザーです。AMD X570チップセットを搭載し、第3世代のRyzenではPCIe 4.0に対応します。PCIe 4.0対応のグラフィックボードやSSDが増えつつあるので、高解像度のゲームをなめらかに動作させたいゲーマーや、データ転送の速度にこだわるユーザーにおすすめです。

802.11acのWi-Fi、Bluetooth 4.2も搭載されているので、機器の追加なしでワイヤレス通信を行なうことができます。

ASUS『ROG STRIX B450-F GAMING』

ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】 ASUSAMDB450搭載AM4マザーボードROGSTRIXB450-FGAMING【ATX】【第3世代AMDRyzenCPUに対応】

出典:Amazon

B450搭載、エントリー向けゲーミングマザー

AMDのB450チップセット搭載、AMD Ryzenに対応するゲーミングマザー。比較的低価格なモデルですが、PCIe Gen3 x4対応のM.2スロットを2基搭載。

そのほか、水冷システム用のファンヘッダーや、よりクリーンでリアルなサウンドを出力できる「SupremeFX」を搭載、LEDイルミネーションを楽しめる「Aura Sync」に対応するなど、上位のゲーミングマザーと共通の仕様も多く、コストパフォーマンスにすぐれたモデルです。

ASRock『B450M Steel Legend』

ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】 ASRockマザーボードB450MSteelLegendAMDRyzenAM4対応B450MicroATXマザーボード【国内正規代理店品】

出典:Amazon

耐久性にこだわった高コスパモデル

B450チップセット搭載、AMD Ryzen対応のMicroATXマザーボードです。エントリークラスの製品ですが、グラフィックボードを保護できるスチール製PCIeスロットや、背面I/Oを静電気から保護するカバー、長寿命のコンデンサなど、上位モデル同様に耐久性にこだわった作りが特徴です。

内蔵のLEDや接続したLEDストリップを好みに合わせて光らせる「POLYCHROME RGB」に対応するほか、CrossFireX対応でマルチGPUをサポート、2基のM.2スロットを搭載するなど、機能も充実していてコストパフォーマンスの高いモデルです。

ASUS『PRIME H310M-A R2.0』

ASUSINTELH310搭載LGA1151対応マザーボードPRIMEH310M-ER2.0【MicroATX】 ASUSINTELH310搭載LGA1151対応マザーボードPRIMEH310M-ER2.0【MicroATX】 ASUSINTELH310搭載LGA1151対応マザーボードPRIMEH310M-ER2.0【MicroATX】 ASUSINTELH310搭載LGA1151対応マザーボードPRIMEH310M-ER2.0【MicroATX】 ASUSINTELH310搭載LGA1151対応マザーボードPRIMEH310M-ER2.0【MicroATX】 ASUSINTELH310搭載LGA1151対応マザーボードPRIMEH310M-ER2.0【MicroATX】

出典:Amazon

高耐久の低価格MicroATXマザーボード

Intel H310チップセットを搭載するMicroATXのマザーボード。耐久性、信頼性を高める「5X Protection III」が採用されたモデルで、保持力の高い強化されたPCIeスロットや、従来の3倍の耐久性を持つステンレス製の背面I/Oパネルが使われているほか、ネットワークの過電圧防御機能や安定したデジタル電源制御機能などが搭載されています。

CPUファンとケースファンの回転速度を、温度に応じて細かく制御できる「Fan Xpert」も搭載しており、PCの静音化も簡単に設定できます。コストパフォーマンスを重視したミニタワーPCを構築したい人におすすめです。

「マザーボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ASUS『TUF GAMING B550-PLUS』
ASRock『B460M Pro4』
ASUS(エイスース)『ROG MAXIMUS XI EXTREME』
ASUS(エイスース)『TUF Z390M-PRO GAMING』
MSI(エムエスアイ)『H310M PRO-VDH』
GIGABYTE(ギガバイト)『Z390 I AORUS PRO WiFi』
ASRock『Z390 Pro4』
ASUS『TUF H370-PRO GAMING』
MSI『MPG Z390 GAMING PRO CARBON』
ASUS『ROG STRIX Z390-F GAMING』
ASRock『Z390 Taichi』
MSI『MPG X570 GAMING EDGE WI-FI』
ASUS『ROG STRIX B450-F GAMING』
ASRock『B450M Steel Legend』
ASUS『PRIME H310M-A R2.0』
商品名 ASUS『TUF GAMING B550-PLUS』 ASRock『B460M Pro4』 ASUS(エイスース)『ROG MAXIMUS XI EXTREME』 ASUS(エイスース)『TUF Z390M-PRO GAMING』 MSI(エムエスアイ)『H310M PRO-VDH』 GIGABYTE(ギガバイト)『Z390 I AORUS PRO WiFi』 ASRock『Z390 Pro4』 ASUS『TUF H370-PRO GAMING』 MSI『MPG Z390 GAMING PRO CARBON』 ASUS『ROG STRIX Z390-F GAMING』 ASRock『Z390 Taichi』 MSI『MPG X570 GAMING EDGE WI-FI』 ASUS『ROG STRIX B450-F GAMING』 ASRock『B450M Steel Legend』 ASUS『PRIME H310M-A R2.0』
商品情報
特徴 堅実な動作で扱いやすいマザーボード トラブルの原因を見つけやすい! 冷却にも配慮したハイエンドゲーミングマザーボード お手軽ゲーミングPCをコンパクトにまとめられる とにかく安価にCore iシリーズで組みたい人に 超小型PCでも性能に妥協なし 高コストパフォーマンスのスタンダードモデル 高耐久パーツ採用!低価格のゲーム用マザーボード オーディオ機能の充実したゲーミングマザー 多数のファンで冷却できるゲーミングマザー 高耐久、高機能のハイクラスマザーボード PCIe 4.0、X570チップセット搭載マザー B450搭載、エントリー向けゲーミングマザー 耐久性にこだわった高コスパモデル 高耐久の低価格MicroATXマザーボード
対応規格 ATX Micro-ATX E-ATX MicroATX MicroATX Mini ITX ATX ATX ATX ATX ATX ATX ATX MicroATX MicroATX
チップセット AMD B550 Intel B460 Intel Z490 Intel Z390 Intel H310 Intel Z390 Intel Z390 Intel H370 Intel Z390 Intel Z390 Intel Z390 AMD X570 AMD B450 AMD B450 Intel H310
CPUソケット AMD Socket AM4 LGA 1200 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 Intel Socket 1151 AMD Socket AM4 AMD Socket AM4 AMD Socket AM4 Intel Socket 1151
メモリタイプ/最大容量 DDR4/128GB DDR4/128GB DDR4/64GB DDR4/64GB DDR4/32GB DDR4/32GB DDR4/128GB DDR4/64GB DDR4/64GB DDR4/64GB DDR4/128GB DDR4/128GB DDR4/64GB DDR4/64GB DDR4/32GB
スロット数 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 4 2
インターフェース USB 3.2 Gen 1×1、USB 2.0×1ほか USB 3.2 Gen 1×1、USB 2.0×2ほか USB 3.1 Gen 2×5、USB 3.1 Gen 1×8ほか USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×7ほか USB 3.1 Gen 1×2ほか USB 3.1 Gen 2×1、USB 3.1 Gen 1×4ほか USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×2ほか USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×5ほか USB 3.1 Gen 2×5、USB 3.1 Gen 1×4ほか USB 3.1 Gen 2×4、USB 3.1 Gen 1×5ほか USB 3.1 Gen 2×5、USB 3.1 Gen 1×8ほか USB 3.1 Gen 2×4、USB 3.1 Gen 1×6ほか USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×4ほか USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×4ほか USB 3.1 Gen 1×4、USB 2.0 ×6ほか
オーバークロック有無 - あり あり あり なし あり あり なし あり あり あり あり あり あり なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする マザーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのマザーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:マザーボードランキング
楽天市場:マザーボードランキング
Yahoo!ショッピング:PCパーツマザーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】マザーボードに関するそのほかのおすすめ記事

最後に|エキスパートのアドバイス

ITライター

外部インターフェースの数と種類にも注目

マザーボードにはさまざまなインターフェースが付いていますが、製品によって数や種類には差があります。たとえば、もっともよく使われるUSBの規格はバージョン3.1 Gen.2が最新で、ポートの形状は従来のType-Aに加えてType-Cも普及してきています。

ところがマザーボードによっては、サポートするUSBポートがUSB 3.1 Gen.1までだったり、USB 2.1のポートがあったりします。高速なポートを期待して繋いでみたら全然速度が出なかった、ということもあり得るのです。これは他のインターフェースにも言えることなので、購入時はインターフェースの種類や数にも注目しておきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


おしゃれな白色の自作PCケースのおすすめ7選|小型、ミドルタワー、フルタワー型も

おしゃれな白色の自作PCケースのおすすめ7選|小型、ミドルタワー、フルタワー型も

この記事では白いPCケースのおすすめ商品をご紹介しています。自作PCの作成に欠かせないPCケースですがせっかく作るならオシャレなものを作りたいですよね。記事の後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 自作パソコンパーツ , パソコン周辺機器 , デスクトップパソコン

PC電源ユニットおすすめ7選|大容量コンパクト・静音、ゲーミングPC向けも

PC電源ユニットおすすめ7選|大容量コンパクト・静音、ゲーミングPC向けも

PC電源ユニットを選ぶ際は、電力の変換効率を示す「80PLUS」認証がついているものや、電源容量、ケーブル類の取り回しやすさ、静寂性も選ぶ際のポイントです。ここでは、ITライターの海老原 昭さんと編集部が厳選したPC電源ユニットのおすすめ商品と失敗しない選び方を掲載しています。SEASONIC、玄人志向などから発売されているPC電源ユニットの中から、厳選した商品をご紹介。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 自作パソコンパーツ , デスクトップパソコン , パソコン

CPUクーラーおすすめ11選|冷却性能の高い人気モデルも紹介

CPUクーラーおすすめ11選|冷却性能の高い人気モデルも紹介

CPUを冷やすためのパーツCPUクーラー。PCを組み立てたり、カスタマイズする際、CPUの熱を冷ますために必要なアイテム。重要なのは知っているものの、どんな商品を選べばいいのかわかりにくいですよね。実際、CPUクーラーにはいくつか種類があり、ケースの大きさや、CPU自体の種類によって選ばないと、うまく熱を冷ませない場合もあります。本記事では、CPUクーラーの種類ごとの特徴や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品を紹介。人気のトップフロー型や安いタイプも紹介しています。本記事を読めば、CPUクーラーの選び方を全体的に把握できるはずですので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 自作パソコンパーツ , パソコン周辺機器 , 小型・薄型パソコン

CPUおすすめ15選|Core i・Ryzen、コスパ・機能・処理性能別に厳選

CPUおすすめ15選|Core i・Ryzen、コスパ・機能・処理性能別に厳選

コンピューターを構成する中枢部分であるCPU。おもにIntel(インテル)とAMD(エーエムディー)から発売されており、性能などはさまざま。ここでは、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんと編集部厳選したCPUのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 自作パソコンパーツ , パソコン周辺機器 , 小型・薄型パソコン

ミドルタワーPCケースおすすめ11選|ベイ数・冷却性・静音性・ATX対応で選ぶ

ミドルタワーPCケースおすすめ11選|ベイ数・冷却性・静音性・ATX対応で選ぶ

拡張性とコストパフォーマンスが高い製品が多いのが特徴のミドルタワーPCケース。PCの自作などで活躍するアイテムですが、初めてPCケースを購入しようと思うと、何を基準に選んでいいかわからないですよね。本記事では、ミドルタワーPCケースについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。使い勝手のいい商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon 自作パソコンパーツ , パソコン周辺機器 , 小型・薄型パソコン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。