【撮影したらスマホで確認】Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選| ITライターが解説!

【撮影したらスマホで確認】Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選| ITライターが解説!

ITライター:酒井 麻里子
ITライター
酒井 麻里子

IT関連の書籍、雑誌、Webコンテンツ等の編集・執筆に携わる。 著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter 安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)、 『今すぐ使えるかんたんFC2ブログ 超入門』(技術評論社)など。

撮影した画像を手軽にスマホやパソコンへ転送できるWi-Fi付きSDカード。あれば便利なアイテムですが、転送速度やカードの規格を確認しなければ、所有している機器で使えない可能性もあります。本記事では、ITライターの酒井麻里子さんに聞いたWi-Fi付きSDカードの選び方と、おすすめ商品を紹介します。使いたい機器に適したWi-Fi付きSDカードを探している方は、ぜひ参考にしてください。


Wi-Fi付きSDカードの選び方をITライターが解説!

ITライターの酒井麻里子さんに、Wi-Fi付きSDカードを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。はじめてWi-Fi付きSDカードを買う方や、買い換えを検討している方は、酒井さんの選び方を参考にしてみましょう。

SDカードの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

Wi-Fi付きSDカードを選ぶ時のポイントを紹介します。

カードの規格で選ぶ!

ITライター

SDカードには、容量2GBまでの「SD」、4GBから32GBの「SDHC」、64GBから2TBまでの「SDXC」の3種類があります。

これらは単に容量が違うというだけではなく、カード自体の規格が異なります。最近のデジカメなどであれば、どのカードにも対応している場合が多いですが、古い機器の場合は「SDとSDHCは使えるけれど、SDXCには非対応」といったケースもあるため、あらかじめ機器の取扱説明書などで確認しておくといいでしょう。

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04(SD-UWA032G)』

容量32GBのSDHCカードです。専用スマホアプリを使えば、任意の画像を選んでスマホへダウンロードできるので、使いやすさにもすぐれています。

データの書き込み速度に注目!

ITライター

SDカードには、「90MB/秒」などの形式で数値が表記されています。これは、カメラで撮影した映像などのデータを、どのくらいの速度でカード内に保存できるかを示すものです。転送速度が速ければ、連写撮影などもスムーズにおこなえます。

また、動画を撮影する場合には、「スピードクラス」とよばれる値が重要な指標になります。「SDスピードクラス」「UHSスピードクラス」「ビデオスピードクラス」といった数値が併記されていますが、いずれも値が大きいほど書き込み速度は速くなります。対応メディアや容量は、各メーカーサイトで公開されています。ぜひこちらを参考にして選んでみましょう。

カードの容量で使い方を考える!

ITライター

SDカード内にどの程度のデータを保存できるかは、カードの容量で決まります。Wi-FiつきのSDカードを使う場合、撮影が終わるたびにパソコンなどにデータを移し、SDカードの中身を消去するのであれば、1回の撮影で必要な容量を確保できればじゅうぶんといえるかもしれません。

また、RAW形式の写真や動画といったデータ量の大きなファイルを扱う場合と、1枚あたりのデータ量が比較的小さいJPEG形式の写真撮影が中心の場合でも、必要な容量は違います。日ごろの撮影内容に合わせて選んでみてください。

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDXCメモリカード W-04(SD-UWA064G)』

RAW形式の写真や動画といったデータ量の大きなファイルを扱う場合に頼もしい、64GBの大容量モデルです。同じシリーズでも容量が異なるので、用途に合った商品を選びましょう。

Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選! ITライターが厳選

上で紹介したWi-Fi付きSDカードの選び方のポイントをふまえて、ITライターの酒井麻里子さんが選んだおすすめ商品を紹介します。酒井さんの選び方を参考に、容量や転送速度などをチェックしながら、使いたい機器に合ったWi-Fi付きSDカードを選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04 32GB(SD-UWA032G)』

出典:Amazon

カードの種類
SDHC
転送速度
読み出し最大90MB/s、書きこみ最大70MB/s
容量
32GB
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa
ITライター

プロ仕様と同等の転送スピード

容量と価格のバランスがよく、使いやすい32GBのSDカード。データの転送スピードは最大書き込み速度が70MB/s、SDスピードクラスはClass10、UHSスピードクラスはClass3と、同社のプロ仕様モデルのSDカードと同等レベルの速さなので快適に使えます。

カード内のデータは、公式スマホアプリを使うことでかんたんに確認が可能。一括ダウンロードのほか、必要なファイルだけを選んでダウンロードすることも可能など、使い勝手も良好です。容量の大きな撮影データを扱うことが多い方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リコーイメージング『FLUCARD FOR PENTAX(フルカード フォー ペンタックス)(O-FC1)』

出典:Amazon

カードの種類
SDHC
転送速度
-
容量
16GB
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa
ITライター

「ライブビュー撮影」によりスマホで映像確認できる

スマホとの連携機能に強みのあるWi-FiつきSDカードです。このカードを装着したカメラと、専用アプリをインストールしたスマホを接続すると、カメラの映像がリアルタイムでスマホに表示される「ライブビュー撮影」が可能になります。

カメラのファインダーをのぞいたり、背面のディスプレイで映像を確認したりするのがむずかしいハイアングルやローアングルの撮影をスムーズに行えるのがメリット。また、撮影した写真や動画もワイヤレスでスマホに保存が可能です。スマホを活用して撮影を快適にしたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDXCメモリカード W-04 64GB(SD-UWA064G)』

出典:Amazon

カードの種類
SDXC
転送速度
読み出し最大90MB/s、書きこみ最大70MB/s
容量
64GB
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa
ITライター

動画撮影にも適した大容量タイプ

64GBとWi-Fi付きSDカードのなかでは大容量のモデル。データのサイズが大きい4K動画やRAW形式の写真をたくさん撮影する人向けです。撮影中にSDカードの容量がいっぱいになってしまうのは大きなストレスを感じるもの。

すぐにパソコンなどにデータを転送できる状況であれば、データを移してカードを空にすることもできますが、屋外の撮影などではそうもいきません。あとからカードを買い足すよりは、最初に容量の大きなカードを買ってしまうほうがコスパもよくておすすめですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04 16GB(SD-UWA016G)』

出典:Amazon

カードの種類
SDHC
転送速度
読み出し最大90MB/s、書きこみ最大70MB/s
容量
16GB
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa
ITライター

はじめての方にもおすすめの容量少なめタイプ

こちらは16GBと容量が少なめのモデル。JPEG形式の写真撮影が中心の場合なら、これで丸一日の撮影分のデータを充分に保存できます。

容量の大きなモデルよりリーズナブルなので、「はじめてWi-Fi付きSDカードを使うので、まずは低価格のもので試したい」という方にもおすすめ。

とはいえ、基本的なSDカードの機能やスマホアプリとの連携は、同シリーズのほかのモデルと同じなので快適に使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LZeal Information Technology Ezshare『16GB SDHCカード SDカード Wi-Fi機能搭載』

出典:Amazon

カードの種類
SDHC
転送速度
-
容量
16GB
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa
ITライター

Wi-Fi機能のオンオフが可能

手ごろな価格が魅力の16GB、Wi-Fi付きSDカードです。最大5台までのパソコンやスマホから同時アクセスが可能なため、撮影した画像や記録したデータを複数人で共有したい方におすすめ。専用スマホアプリやパソコンから撮影データの閲覧やダウンロードができます。

SDカード本体にWi-FiのON/OFFスイッチが搭載されているので、必要に応じてかんたんに切り替えが可能。Wi-Fi機能が必要でないときはOFFにしておけば、カメラの消費電力を抑えられる点もメリットです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04 32GB(SD-UWA032G)』
リコーイメージング『FLUCARD FOR PENTAX(フルカード フォー ペンタックス)(O-FC1)』
東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDXCメモリカード W-04 64GB(SD-UWA064G)』
東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04 16GB(SD-UWA016G)』
LZeal Information Technology Ezshare『16GB SDHCカード SDカード Wi-Fi機能搭載』

商品

東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04 32GB(SD-UWA032G)』 リコーイメージング『FLUCARD FOR PENTAX(フルカード フォー ペンタックス)(O-FC1)』 東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDXCメモリカード W-04 64GB(SD-UWA064G)』 東芝メモリ FlashAir(フラッシュエアー)『SDHCメモリカード W-04 16GB(SD-UWA016G)』 LZeal Information Technology Ezshare『16GB SDHCカード SDカード Wi-Fi機能搭載』

特徴

プロ仕様と同等の転送スピード 「ライブビュー撮影」によりスマホで映像確認できる 動画撮影にも適した大容量タイプ はじめての方にもおすすめの容量少なめタイプ Wi-Fi機能のオンオフが可能

価格

Amazon : ¥ 3,980
楽天市場 : ¥ 3,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,081
※各社ECサイトの 2019年7月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 11,300
楽天市場 : ¥ 13,068
Yahoo!ショッピング : ¥ 13,068
※各社ECサイトの 2019年7月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,399
楽天市場 : ¥ 4,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,399
※各社ECサイトの 2019年7月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,391
楽天市場 : ¥ 3,391
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,425
※各社ECサイトの 2019年7月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,099
楽天市場 : ¥ 2,099
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,380
※各社ECサイトの 2019年7月30日時点 での税込価格

カードの種類

SDHC SDHC SDXC SDHC SDHC

転送速度

読み出し最大90MB/s、書きこみ最大70MB/s - 読み出し最大90MB/s、書きこみ最大70MB/s 読み出し最大90MB/s、書きこみ最大70MB/s -

容量

32GB 16GB 64GB 16GB 16GB

商品情報

ECサイトのWi-Fi付きSDカードランキングを参考にする

AmazonでのWi-Fi付きSDカードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:無線LAN内蔵SDカードランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

かんたん転送で効率的なデータ管理を!

ITライター

最近はカメラ自体にWi-Fi機能を備え、撮影データをかんたんにスマホやパソコンに転送できる機種も増えています。しかし、そういった機能を搭載していないカメラでも、Wi-FiつきのSDカードを使うことで、同様の環境が実現します。

カードを抜き差しする手間なくデータを転送できるようになれば、撮影後の画像の加工や整理もさらにスムーズになります。また、スマホへ転送すればSNSなどにすぐにアップすることも可能。写真ライフをより快適に楽しくするために役立つアイテムといえます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:山岡 光、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【モバイルITライターが厳選】iPadケースのおすすめ5選|キーボード付きやアップルペンシルホルダー付きも

【モバイルITライターが厳選】iPadケースのおすすめ5選|キーボード付きやアップルペンシルホルダー付きも

モバイルが大好物のITライター・傍島康雄さんに取材をして、iPadケースの選び方のポイントとおすすめ商品5選を紹介します。iPadケースは、iPadの保護をするだけではなく、スタンドとして立てておく機能やキーボードが付属するもの、Apple Pencilを収納するスペースがあるなど、さまざまなタイプがあります。機能性だけでなく、デザイン性、カラーリング、価格と選ぶポイントがほかにもたくさんあります。各ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【ITジャーナリストが解説】3万円からの使えるノートパソコンおすすめ5選

【ITジャーナリストが解説】3万円からの使えるノートパソコンおすすめ5選

ノートパソコンは、中国、台湾メーカーなどが多く販売する低価格帯の製品と、MacBookなどに代表される高価格帯の製品に二極化しています。映像編集、画像編集などのパソコンに大きな負荷をかける業務に使うのであれば高い性能が必要でしょう。しかし、一般的なインターネット閲覧やネットショッピングでの利用程度なら、必要最低限の性能を備えている低価格帯のマシンでも充分にに活躍してくれます。そこで、ITジャーナリストの一条真人さんに、普段利用に適した3万円程度で購入できる格安ノートパソコンの選び方や、おすすめ商品をお聞きしました。


ガジェット選びのプロがおすすめする一眼レフ用カメラストラップ8選

ガジェット選びのプロがおすすめする一眼レフ用カメラストラップ8選

一眼レフカメラを持ち歩く際に便利なカメラストラップ。本体を購入したときに付属していたものをそのまま使っている方も多いかと思います。機能としてはそれでも十分ですが、一新することでカメラライフの充実に繋がるものです。販売されている商品には、ただ首にかける以外にどのような魅力があるのでしょうか。そこで、ガジェット選びのプロフェッショナルである東 智美さんに、おすすめの一眼レフ用カメラストラップ8選とアタッチメントを紹介いただきました。カメラ好きの方はもちろん、カメラグッズをプレゼントにとお考えの方もぜひ参考にしてください。


レンズフィルターおすすめ6選|写真家が種類・サイズなど選び方を解説

レンズフィルターおすすめ6選|写真家が種類・サイズなど選び方を解説

保護フィルター、PLフィルター、NDフィルターなど、さまざまな種類がレンズフィルターにはありますが、どのように選べば間違いがないのでしょうか? この記事では、写真家でありカメラ評論家でもある田中希美男さんへの取材をもとに、レンズフィルターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。基本的なレンズフィルターの選び方から、写真撮影をより楽しくするレンズフィルターの紹介までさまざまなお話をいただきました。なかなか奥が深そうなレンズフィルターの世界、いっしょにのぞいてみませんか?


最新の記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

ペレットとは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためたエサのことで、ハムスターに必要な栄養が詰まっています。しかし、ペレットはメーカーによってかたさや大きさが異なります。さらに、ハムスターの種類によってもペレットの選び方が異なるため、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さんへの取材のもと、おすすめのペレットをご紹介いたします。


虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除け剤の効果確認試験を行なう有限会社モストップの取締役で、蚊についての書籍を複数執筆されている害虫防除専門家の白井良和さんに、虫除けスプレーの選び方とおすすめ商品9選をお聞きしました。虫除けスプレーには、効果の持続時間や使用タイプなどによってさまざまな種類があります。アース製薬、フマキラー、ジョンソンなどの商品が定番となっています。持ち運びにも便利ですし、虫が多そうなところで、さっと吹きかければ虫が近寄ってきにくくなるので有効に使って快適にレジャーを楽しんでください。