【ストロボディフューザー】のおすすめ5選|料理写真専門カメラマンが商品を解説

【ストロボディフューザー】のおすすめ5選|料理写真専門カメラマンが商品を解説

料理写真専門カメラマン:長谷川 敬介
料理写真専門カメラマン
長谷川 敬介

広告スタジオでコマーシャルフォトを学び、フリーランスとして独立。 現在は、料理の撮影を中心に活動しています。「ハワイ・ライフスタイル・フォト・アワード2015」グランプリ受賞。"写真好きな人もっと増えてしまえ!"をモットーにセミナー講師としても活動中。 【撮影実績】 Samantha Thavasa SWEETS・宅麺・株式会社ニッセーデリカ・中華そば四つ葉・株式会社青梅インターフローラ・パイホリックなど200店舗以上

料理写真専門カメラマンが選ぶストロボディフューザー5選をご紹介します。ストロボディフューザーは、クリップオンストロボや内蔵ストロボの光が強すぎたり、濃い影ができてしまったりする場合に、光量を調整したり、自然光のような柔らかな光に調整したりするために使われます。室内での静物撮影やポートレート撮影など、活用の場は幅広く、うまく使いこなすことで写真のクオリティを引き上げることができるでしょう。本記事で、料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんにお話をうかがい、ストロボディフューザーの選び方とおすすめ商品5選を紹介していただきます。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。


ストロボディフューザーの選び方|料理写真専門カメラマンに聞く

料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんに、ストロボディフューザーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。自分に合ったストロボディフューザーを選べるように着目するべきポイントをしっかり押さえておいてください。

ストロボ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ストロボディフューザーを使うと、ストロボの光を調整して被写体の印象を変えられます。

ストロボの種類で選ぶ

料理写真専門カメラマン

ストロボの種類は大きく分けて2つあります。おもにコンセントから電源を供給して使用する大型ストロボ(モノブロックなど)と、カメラの上につけて使うことが多いクリップオンストロボ。このどちらを使っているかで、購入するディフューザーも異なる場合があります。ディフューザーにはバウンス型、ボックス型、カップ型などがあります。

<ディフューザーの種類>
・バウンス型:光が拡散しやすいため、全体に光がまわりやすい。
・ボックス型:光に指向性があり、アンブレラ型に比べて影がつきやすい。
・カップ型:クリップオンストロボ本体に直接かぶせて使います。簡易的なディフューザー。

たとえば、ディフューザーのタイプがソフトボックスの場合、大型ストロボ用ソフトボックスをクリップオンストロボで使うことは可能ですが、別途アクセサリーが必要になります。逆に、クリップオンストロボ用は大型ストロボで使用することができないので、まずはお手持ちのストロボの種類を確認してください。

エツミ『ストロボディフューザー』

クリップオンストロボにかぶせるだけのかんたん仕様。手軽にストロボの光を柔らかく調整できます。

>> Amazonで詳細を見る

光のかたさ・やわらかさで選ぶ

料理写真専門カメラマン

ストロボが「太陽」とすると、ディフューザーは「雲」の役割をしています。ディフューザーがない状態のストロボはかたい光になり、ディフューザーをつけると光がやわらかくなります。また「薄い雲」より「厚い雲」のほうが、光がやわらかくなります。

さらに、ディフューザーも「アンブレラにディフューザーをつける」「ソフトボックスのなかにインナーディフューザーをつける」と光はとてもやわらかくなります。初心者の方はやわらかい光のほうがあつかいやすいので、そのことも念頭に置いてディフューザー選びをしてください。

ディフューザーの大きさで選ぶ

料理写真専門カメラマン

ディフューザーには、さまざまな大きさがあります。大きいディフューザーは、広い範囲をカバーできることがメリットです。可能な限り大きいディフューザーを購入したほうが、対応できる幅が広がるので便利です。

しかし大きいディフューザーは、「持ち運びがしにくくなる」ことがデメリットです。屋外などロケで撮影することが多い方は、持ち運びやすさを考慮して購入するようにしてください。

Godox(ゴドックス)『ソフトボックス(SFUV6060)』

ストロボディフューザーを持ち出して使うことが多い方は、コンパクトに収納できるタイプが利便性が高くおすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

ストロボディフューザー5選|料理写真専門カメラマンのおすすめ品

上で紹介したストロボディフューザーの選び方のポイントをふまえて、料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。撮影はまず最適なライティングを用意するところから。よりクオリティの高い写真を撮るために使用目的に合ったストロボディフューザーを選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』

出典:楽天市場

タイプ
バウンス型
サイズ
直径:108-399cm
対象ストロボ
-
設置・固定方法
-
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

さまざまな撮影に対応。初心者向け

アンブレラタイプ。大型ストロボ・クリップオンストロボ、どちらでも使用することができます。アンブレラは光もやわらかいので、ブツ撮りやモデル撮影などさまざまな撮影に対応することができます。

また、アンブレラに加えて、対応する別のディフューザーも一緒に購入しておくと、さらに光をやわらかくすることができます。ディフューザー初心者の方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Godox(ゴドックス)『Godox ソフトボックス(SFUV6060)』

出典:Amazon

タイプ
ボックス型
サイズ
幅60×高さ60cm
対象ストロボ
クリップオン
設置・固定方法
はめ込み
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

コンパクト収納でもち運びしやすい

Godoxソフトボックスは、クリップオンストロボ専用のソフトボックス。ソフトボックスはアンブレラよりかたい光が特徴です。

Godoxソフトボックスは、付属でインナーのディフューザーもついているので、2種類の光質で撮影できます。折りたたみ方にコツが必要ですが、コンパクトに収納できるためもち運びもしやすいです。移動先(屋内・屋外)で撮影する機会が多い方におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

写真電気工業『SDソフトライトボックス』

出典:Amazon

タイプ
ボックス型
サイズ
-
対象ストロボ
クリップオン、モノブロック
設置・固定方法
はめ込み
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

たたんで収納可能な大型ストロボ用ソフトボックス

SDソフトライトボックスは、大型ストロボ用のソフトボックスです。別途アクセサリーを使用することでクリップオンストロボでも使用可能な優れもの。大きさは3種類あります。こちらのソフトボックスも、ボックス内にさらにディフューザー(ミッドスクリーン)を取りつけることができるため、2種類の光質で撮影することも可能。

またアンブレラのように、折りたたんで収納することができます。長年、スタジオ等で愛用されているソフトボックスですので、スタンダードなものを選びたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エツミ『ストロボディフューザー』

出典:Amazon

タイプ
カップ型
サイズ
-
対象ストロボ
クリップオン
設置・固定方法
はめ込み
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

ストロボに取りつけるだけでかんたんにセッティング

クリップオンストロボに装着して使用するディフューザーです。取りつけ・取り外しがかんたんにでき、商品自体も小さいので持ち運びもしやすいことがメリットです。クリップオンストロボに取りつけるだけで、光が拡散しやわらかくなります。

「クリップオンストロボではじめて撮ったけど、光がかたくて上手に撮れない」「ディフューザーをつけるとどんな効果が得られるのかよくわからない」とお考えの初心者さんや、セッティングがかんたんにできるディフューザーをお探しの方におすすめです。

お使いのクリップオンストロボごとに形状が違うため、購入時はクリップオンストロボの型番と対応するディフューザーを確認して購入するようにしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

出典:Amazon

タイプ
バウンス型
サイズ
幅110×長さ200cm
対象ストロボ
-
設置・固定方法
-
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

調整の自由度が高く、しかも安価

垂らして使うタイプのディフューザーです。大型ストロボとクリップオンストロボのどちらでも使用可能。垂らして使うタイプのディフューザーは、ユポ・アートレなどの種類がありますが、なかでもトレーシングペーパーは安価なので、多くのカメラマンに愛用されています。

ストロボとディフューザーなどとの距離を変更できるため、光質を調整しやすいのがメリット。ただし、ディフューザーを垂らすために別途機材を準備する必要があるので手間がかかります。ブツ撮りをする方におすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』
Godox(ゴドックス)『Godox ソフトボックス(SFUV6060)』
写真電気工業『SDソフトライトボックス』
エツミ『ストロボディフューザー』
堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

商品

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』 Godox(ゴドックス)『Godox ソフトボックス(SFUV6060)』 写真電気工業『SDソフトライトボックス』 エツミ『ストロボディフューザー』 堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

特徴

さまざまな撮影に対応。初心者向け コンパクト収納でもち運びしやすい たたんで収納可能な大型ストロボ用ソフトボックス ストロボに取りつけるだけでかんたんにセッティング 調整の自由度が高く、しかも安価

価格

楽天市場 : ¥ 5,367
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,367
※各社通販サイトの 2019年8月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,258
※各社通販サイトの 2019年8月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 17,800
※各社通販サイトの 2019年8月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 920
楽天市場 : ¥ 920
Yahoo!ショッピング : ¥ 920
※各社通販サイトの 2019年8月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,490
楽天市場 : ¥ 1,537
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,490
※各社通販サイトの 2019年8月2日時点 での税込価格

タイプ

バウンス型 ボックス型 ボックス型 カップ型 バウンス型

サイズ

直径:108-399cm 幅60×高さ60cm - - 幅110×長さ200cm

対象ストロボ

- クリップオン クリップオン、モノブロック クリップオン -

設置・固定方法

- はめ込み はめ込み はめ込み -

商品情報

ECサイトのストロボディフューザーランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのストロボディフューザーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ストロボ用ディフューザーランキング 
Yahoo!ショッピング:ストロボ ディフューザーランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

料理写真専門カメラマンの「ここがポイント」|被写体や撮影場所によって使い分けを

料理写真専門カメラマン

ストロボのディフューザーは、光の拡散具合や光質など数値であらわすことがむずかしいジャンルなので、「慣れ」や「経験」が必要になってくる部分があります。被写体によっても、向き不向きがありますし、屋内撮影か屋外撮影かによってディフューザーを使い分ける必要があります。

ただ、ストロボとディフューザーを使って自分が思い描く光をつくり、1枚の作品を仕上げていくことはとても楽しい作業です。「どのディフューザーをどう使ったらベストなのか」と試行錯誤すること自体が楽しくなってきます。ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

なくても山は登れますが、できれば持っていきたいアイテムがカメラです。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、その思いは共通でしょう。近年のスマホカメラは画質がよくなったとはいわれるますが、拡大やプリント時にアラに気づいたユーザーも多いことでしょう。イメージセンサー(撮像素子)がスマホカメラのそれより大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは登山では不便です。ではどのようなカメラが適しているか、カメラマンの山下大祐さんに伺いました。登山カメラ選びで気をつけたいポイント、おすすめの機種をていねいな解説といっしょに教えていただきました。


【カメラマンが選ぶ】撮影ボックスおすすめ5選|自宅で本格撮影を!

【カメラマンが選ぶ】撮影ボックスおすすめ5選|自宅で本格撮影を!

ネットオークションやブログなどに掲載する商品や小物、料理の写真。自宅のテーブルに置いて撮影しただけでは、あまり雰囲気のある写真にならないことも。かといって、プロのような本格的なライティングをしての撮影も難しい。そんなときに役立つのが「撮影ボックス」です。撮影ボックスは、周囲の光を被写体に均一に拡散させることができるもの。組み立て式のものが多く、ふだんは折りたたんだ状態でしまっておくことができるので邪魔になりません。部屋の照明だけで撮影するよりも、被写体全体に光が回った状態で撮影できるので、ワンランク上の写真に仕上がります。この記事では、カメラマン・三浦一紀さんへの取材をもとに、撮影ボックスの選び方とおすすめ商品を5つ紹介します。


【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレス一眼カメラにおける選び方のポイントとおすすめ機種6選をご紹介します。誰でも手軽にきれいな写真が撮れるミラーレス一眼は、本格的に写真を撮りはじめた人にぴったりのカメラです。レンズを交換することでさまざまなニュアンスの写真を撮ることができます。おすすめの機種としてキヤノン、ソニー、オリンパス、ライカ、パナソニック、富士フイルムから商品を紹介しています。自分が使いやすいミラーレス一眼カメラを購入して、素敵な写真をたくさん撮影しましょう! ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【カメラグリップ】の選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

【カメラグリップ】の選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

フォトグラファーが選ぶカメラグリップ5選をご紹介します。カメラの扱いに慣れ、さまざまな場所で撮影するようになってくると、理想的な撮影姿勢を守ることが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレることのない撮影が可能になります。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんに、カメラグリップの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。多くの撮影現場を経験してきたプロならではの視点、きっと参考になりますよ。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【Eマウントレンズ】選び方&おすすめ商品6選|プロカメラマンが解説

【Eマウントレンズ】選び方&おすすめ商品6選|プロカメラマンが解説

プロカメラマンが選ぶEマウントレンズ6選をご紹介します。Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格のこと。ソニーのミラーレス一眼を愛用されているなら、この規格の交換レンズから選べば、「使えない……」という最悪のケースは避けられます。あとは、自分の思うような写真を撮るためにどのレンズを選ぶべきかだけ。そこで、フリーランスライターでプロカメラマンの武石 修さんに、レンズの選び方とおすすめのEマウントレンズについて紹介していただきました。ぜひ参考にして、イメージする写真撮影にチャレンジしてみましょう。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。