トランペットおすすめ5選|初心者の入門用から中級者向けをご紹介!

トランペットおすすめ5選|初心者の入門用から中級者向けをご紹介!
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

トランペットの選び方をレコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに教えてもらいました。あわせてレベル別におすすめのトランペットを5選紹介します。トランペットはメーカーによって塗装方法や材質、ベルの加工方法などが異なります。価格帯は幅広く、品質や種類もさまざま。初めてトランペットを購入するという方は、予算の都合でマイ楽器の購入をあきらめてしまう前に、手ごろなトランペットで演奏に慣れ、上達のレベルに合わせて買い替えや追加していくといいでしょう。本記事を参考にして自分に合ったトランペットを探してみてくださいね。


トランペットはどう選ぶ? レコーディングエンジニアに聞いた

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、トランペットを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。トランペットを選ぶ際は、次の点に気を付けてみましょう。

トランペットをふく男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

選び方のポイントを押さえて、自分に合ったトランペットを選びましょう。

トランペットの塗装方法で選ぶ

レコーディングエンジニア

入門者はラッカー仕上げ、中級以上はメッキ仕上げを

トランペットは、塗装方法によってえられる音色が変わってきます。ノーラッカー、ラッカー、ゴールドラッカー、クリアラッカー、金メッキ、銀メッキ、ニッケルメッキなどさまざまな仕上げがあります。なかでもクリアラッカーやゴールドラッカーは比較的低コストで製作できるため、お求めやすい価格のものが多く、もっともポピュラーです。

ラッカー仕上げのものは、総じてシャープで音の立ちあがりがよいとされています。反対にメッキ仕上げのものは、柔らかく歪み感が少ないのでクリアな音色がえられるといわれています。しかし、息を吹きこむ際に抵抗感が増し、演奏が少し難しいので、中級者〜上級者向けといえます。

Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』

クリアラッカー仕上げで、入門用としても人気のあるモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

トランペットの材質をチェックする

レコーディングエンジニア

音の響き方や好みに合わせて選びましょう

トランペットにもっともよく使われている素材は「真鍮(しんちゅう)」(ブラス)です。真ちゅうは鉄と亜鉛の合金で、明るい響きが特徴です。さびにくい材質なので、古くからトランペットをはじめとする金管楽器に使われてきました。なかでも音が明るいイエローブラスがもっともよく使われています。銅を多めに使ったゴールドブラスは、イエローブラスよりも少し赤みを帯びており、幅のある音色を持っています。

真鍮のほかにもツヤが長持ちしやすい金、しなやかな音色をもつ銀でできたトランペットがあります。どんな音色を響かせたいかによって選ぶといいでしょう。

ベルの加工方法をチェック

レコーディングエンジニア

「1枚取り」か「2枚取り」か

ベルの加工方法は大きく分けて「1枚取り」と「2枚取り」の2種類があり、それぞれ音色に特徴があります。

1枚の真鍮板から手作業で成形する「1枚取り」は、作業に手間や時間がかかるため高価になりますが、継ぎ目がないことから、なめらかで伸びやかな音がえられます。一方、「2枚取り」は別の材料で作ったベルとパイプをつなぎ合わせる製法です。機械加工ができるため、比較的手にいれやすい場合が多いです。

以前は、2枚取りは安かろう悪かろうとされていました。しかし今では工作技術の進歩から製品のクオリティも上がり、プロの使用にもじゅうぶん耐えうるものになっています。あえて華やかで軽い音色の2枚取りを選ぶ奏者もいるようですよ。

YAMAHA『YTR-2330』

こちらのトランペットは2枚取りベルで、華やかな音色が特徴です。

>> Amazonで詳細を見る

トランペットのおすすめ5選! レコーディングエンジニアが厳選

うえで紹介したトランペットの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。長く愛用できるトランペット選びの参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』

Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』

出典:Amazon

材質 -
仕上げ ラッカー仕上げ
付属品 専用セミハードケース、マウスピース、クロス、グリス、白手袋、バルブオイル、クリーニングロッド
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

カラーバリエーションが豊富な入門用トランペット

「トランペットを演奏してみたい」と思いたったら、気軽に始められる商品をお探しの方におすすめ。しっかりと作られており、初心者の入門用から中級者の練習用まで、幅広く使っていただけます。仕上げはクリアラッカーで、ゴールドのほかにもレッドやブルーなどのカラーバリエーションがあるのも魅力です。

若干ピストンや抜差管に引っかかりがあるという声もあるようですが、オイルやグリスなどを使って手入れすることで解消できる場合が多いですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

zeff(ゼフ)『プラスチックトランペット(ZPT-01)』

zeff(ゼフ)『プラスチックトランペット(ZPT-01)』

出典:Amazon

材質 ABS樹脂、ステンレスピストン(ABSコア)
仕上げ -
付属品 専用マウスピース、軽量キャリングバック、保証書、取扱説明書
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

軽くて持ち運びがらくなプラスチック製

プラスチックトランペットは、おもちゃのように思われがちですが、この機種は初心者用としてはじゅうぶんの設計です。中級者以上がメインとして使うには物足りないのですが、ビギナーの入門機種としておすすめできます。

プラスチック製はとにかく軽いので、持ち運びもらくにできます。付属のマウスピースは本体と同色のプラスチック製ですが、汎用(はんよう)の金属製マウスピースも使用可能です。また、ピストンは部分的にプラスチック以外が使用されています。お好みのものを選んで使うことで、さらに演奏がしやすくなりますよ。

ブルー以外にも、ピンクとレッドのカラーバリエーションもあるので、たとえばバンド演奏の際は、ビジュアルでも注目を集められるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』

J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』

出典:Amazon

材質 ベル・マウスパイプ:イエローブラス、ピストン:ステンレス
仕上げ クリアラッカー仕上げ
付属品 ABSケース、マウスピース
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

軽やかで華やかな音色が特徴のトランペット

管楽器、とくにトランペットは、はじめての方にとって、まともな音を出すだけでも難しい楽器です。しかし、この機種はビギナーにも演奏がしやすいように考えて作られていて吹きやすいです。リーズナブルな機種のなかでも、作りがしっかりしたもののひとつといっていいでしょう。

2枚取りのクセのある倍音の出方も華やかに響き、重くなりがちなイエローブラス・ラッカー仕上げも軽やかな音色に聞こえます。ビギナーの方、個人練習用のサブ機としておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』

YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』 YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』

出典:Amazon

材質 ベル:イエローブラス、ピストン:モネル合金
仕上げ ゴールドラッカー仕上げ
付属品 ケース、マウスピース
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

ビギナーにもおすすめの定番機種

非常に人気の機種で、定番と言ってもいいでしょう。最初の1台に選ぶビギナーの方も多い機種です。管楽器には比較的アタリ・ハズレがあるものですが、メーカーがYAMAHAということもあり、製品ごとのばらつきも少なく、安心して選ぶことができます。初心者でも吹奏しやすい主抜差管に支柱がないタイプですので、抵抗感がなく、肺活量の少ない方でもラクに演奏できます。

2枚取りベル、イエローブラス・ゴールドラッカー仕様ですが、華やかで素直な音色が特徴。ビギナーから中級者までおすすめできるモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

V.BACH(バック)『Vincent(ヴィンセント)』

V.BACH(バック)『Vincent(ヴィンセント)』

出典:Amazon

材質 ゴールドブラス
仕上げ ラッカー仕上げ、銀メッキ仕上げ
付属品 ケース、マウスピース、バルブオイル
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45

レコーディングエンジニア

中級者以上におすすめの2枚取り機種

V.BACH(バック)のラインナップの中でも比較的手に入れやすい価格で、コストパフォーマンスに優れています。サウンド的にはV.BACHの看板機、Stradivarius(ストラディバリウス)の系統をふまえつつも、華やかであり、いい意味で若干の軽さが感じられるのが特徴です。

ベルは2枚取りで、この機種専用に開発されたものを採用し、1本支柱を備えることで、ある程度の吹奏感とコントロールのしやすさを両立しています。仕上げは「GL=ラッカー仕上げ」と「SP=銀メッキ仕上げ」があり、GLの方が若干明るめな音色、SPは落ち着いた印象の音色です。好みによって選ぶといいでしょう。

「トランペット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』
zeff(ゼフ)『プラスチックトランペット(ZPT-01)』
J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』
YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』
V.BACH(バック)『Vincent(ヴィンセント)』
商品名 Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』 zeff(ゼフ)『プラスチックトランペット(ZPT-01)』 J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』 YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』 V.BACH(バック)『Vincent(ヴィンセント)』
商品情報
特徴 カラーバリエーションが豊富な入門用トランペット 軽くて持ち運びがらくなプラスチック製 軽やかで華やかな音色が特徴のトランペット ビギナーにもおすすめの定番機種 中級者以上におすすめの2枚取り機種
材質 - ABS樹脂、ステンレスピストン(ABSコア) ベル・マウスパイプ:イエローブラス、ピストン:ステンレス ベル:イエローブラス、ピストン:モネル合金 ゴールドブラス
仕上げ ラッカー仕上げ - クリアラッカー仕上げ ゴールドラッカー仕上げ ラッカー仕上げ、銀メッキ仕上げ
付属品 専用セミハードケース、マウスピース、クロス、グリス、白手袋、バルブオイル、クリーニングロッド 専用マウスピース、軽量キャリングバック、保証書、取扱説明書 ABSケース、マウスピース ケース、マウスピース ケース、マウスピース、バルブオイル
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トランペットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのトランペットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トランペットランキング
楽天市場:トランペットランキング
Yahoo!ショッピング:トランペット本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

手頃なものからスタートし、感覚をつかもう

レコーディングエンジニア

レベルに合わせて機種を買い替えていくと◎

3つの観点から選び方を紹介してきましたが、ビギナーの方がそれらの組み合わせを考えると途方に暮れてしまうと思います。まずは手にいれやすいものから始めてみましょう。ある程度感覚をつかんだうえで上位機種にステップアップしていくと、ムダなく自分にあうものを選べると思います。

細かい点は省略しましたが、本体の1枚取りと2枚取りの違いのほかに材質についてもいくつか選択肢があります。また、マウスピースを変えるだけで吹きやすさが格段に良くなるので、マウスピースの素材やサイズなどもゆくゆくは考えていくといいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:結城助助、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/18 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

※2020/04/17 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、おすすめのギターピック8選と選び方のポイントを紹介します。ギター演奏に必須のアクセサリであるピックは、形や材質、厚さなどさまざまなため、とくに初心者はどれを選んだらよいか悩んでしまうこともあるでしょう。選ぶときにはギターピックの形や材質、厚さなど気にすべき大切なポイントがいくつかあります。本記事を参考に自分の演奏スタイルにマッチするギターピック選びの参考にしてくださいね。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

音楽機材選びのプロ、田澤 仁さんに初心者に最適なアコギを価格帯別、タイプ別に16本選んでもらいました。ヤマハ、モーリスからマーチン、テイラーまで、厳選ピックアップ! また、プロならではの選び方のコツも伝授していますので、ぜひ参考にしてください。


リコーダーのおすすめ8選【小学生だけでなく大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別に紹介!

リコーダーのおすすめ8選【小学生だけでなく大人の趣味にも】ソプラノ・アルト別に紹介!

リコーダーと聞くと、小学校のころ音楽の授業で苦戦した思い出のある方も多いのではないでしょうか。覚えてしまえば吹き方もかんたんなものではありますが、実は意外と奥が深いのを知っていますか。この記事では、ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんにお話をうかがい、リコーダーのおすすめ8選と、選び方を詳しく解説します。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


YAMAHA(ヤマハ)

新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る