PR(アフィリエイト)

トランペットのおすすめ7選【初心者~中級者】材質やベルの種類で選ぶ!

トランペットのおすすめ7選【初心者~中級者】材質やベルの種類で選ぶ!
トランペットのおすすめ7選【初心者~中級者】材質やベルの種類で選ぶ!

◆本記事はプロモーションが含まれています。

この記事では、トランペットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。初心者でも手が出しやすい値段のものから、中級者レベルのものまで幅広くご紹介しています。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹
1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー、旅行・レジャー
名原 広雄

「趣味・ホビー」「ゲーム・周辺機器」「旅行・レジャー」カテゴリーを担当。元芸能・エンタメ誌・書籍編集者。アナログレコードを1,000枚所有しており、音楽・楽器・アニメ・アイドル関連の情報に敏感。普段はアニメや旅系YouTubeを観ながらスマホで通販生活。ゲームはスイッチやVRなどオンライン対応のハード中心。よく訪れる地域は沖縄や東南アジアなどの南の島。

トランペットの選び方 レコーディングエンジニアに聞いた

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、トランペットを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

材質で選ぶ

 
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

真鍮・金・銀などを音の響き方や好みに合わせて選ぶ

トランペットにもっともよく使われている素材は「真鍮(しんちゅう)」(ブラス)です。真ちゅうは鉄と亜鉛の合金で、明るい響きが特徴です。さびにくい材質なので、古くからトランペットをはじめとする金管楽器に使われてきました。なかでも音が明るいイエローブラスがもっともよく使われています。銅を多めに使ったゴールドブラスは、イエローブラスよりも少し赤みを帯びており、幅のある音色を持っています。

真鍮のほかにもツヤが長持ちしやすい金、しなやかな音色をもつ銀でできたトランペットがあります。どんな音色を響かせたいかによって選ぶといいでしょう。

塗装方法をチェック

 

クリアラッカー仕上げで、入門用としても人気のあるモデルです。

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

入門者はラッカー仕上げ、中級以上はメッキ仕上げを

トランペットは、塗装方法によってえられる音色が変わってきます。ノーラッカー、ラッカー、ゴールドラッカー、クリアラッカー、金メッキ、銀メッキ、ニッケルメッキなどさまざまな仕上げがあります。なかでもクリアラッカーやゴールドラッカーは比較的低コストで製作できるため、お求めやすい価格のものが多く、もっともポピュラーです。

ラッカー仕上げのものは、総じてシャープで音の立ちあがりがよいとされています。反対にメッキ仕上げのものは、柔らかく歪み感が少ないのでクリアな音色がえられるといわれています。しかし、息を吹きこむ際に抵抗感が増し、演奏が少し難しいので、中級者〜上級者向けといえます。

ベルの加工方法で選ぶ

 

こちらのトランペットは2枚取りベルで、華やかな音色が特徴です。

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

「1枚取り」か「2枚取り」か

ベルの加工方法は大きく分けて「1枚取り」と「2枚取り」の2種類があり、それぞれ音色に特徴があります。

1枚の真鍮板から手作業で成形する「1枚取り」は、作業に手間や時間がかかるため高価になりますが、継ぎ目がないことから、なめらかで伸びやかな音がえられます。一方、「2枚取り」は別の材料で作ったベルとパイプをつなぎ合わせる製法です。機械加工ができるため、比較的手にいれやすい場合が多いです。

以前は、2枚取りは安かろう悪かろうとされていました。しかし今では工作技術の進歩から製品のクオリティも上がり、プロの使用にもじゅうぶん耐えうるものになっています。あえて華やかで軽い音色の2枚取りを選ぶ奏者もいるようですよ。

トランペットのおすすめ7選 初心者から中級者まで!

うえで紹介したトランペットの選び方のポイントをふまえて、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。長く愛用できるトランペット選びの参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

カラーバリエーションが豊富な入門用トランペット

「トランペットを演奏してみたい」と思いたったら、気軽に始められる商品をお探しの方におすすめ。しっかりと作られており、初心者の入門用から中級者の練習用まで、幅広く使っていただけます。仕上げはクリアラッカーで、ゴールドのほかにもレッドやブルーなどのカラーバリエーションがあるのも魅力です。

若干ピストンや抜差管に引っかかりがあるという声もあるようですが、オイルやグリスなどを使って手入れすることで解消できる場合が多いですよ。

材質 -
仕上げ ラッカー仕上げ
付属品 専用セミハードケース、マウスピース、クロス、グリス、白手袋、バルブオイル、クリーニングロッド

材質 -
仕上げ ラッカー仕上げ
付属品 専用セミハードケース、マウスピース、クロス、グリス、白手袋、バルブオイル、クリーニングロッド

エキスパートのおすすめ

J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

軽やかで華やかな音色が特徴のトランペット

管楽器、とくにトランペットは、はじめての方にとって、まともな音を出すだけでも難しい楽器です。しかし、この機種はビギナーにも演奏がしやすいように考えて作られていて吹きやすいです。リーズナブルな機種のなかでも、作りがしっかりしたもののひとつといっていいでしょう。

2枚取りのクセのある倍音の出方も華やかに響き、重くなりがちなイエローブラス・ラッカー仕上げも軽やかな音色に聞こえます。ビギナーの方、個人練習用のサブ機としておすすめです。

材質 ベル・マウスパイプ:イエローブラス、ピストン:ステンレス
仕上げ クリアラッカー仕上げ
付属品 ABSケース、マウスピース

材質 ベル・マウスパイプ:イエローブラス、ピストン:ステンレス
仕上げ クリアラッカー仕上げ
付属品 ABSケース、マウスピース

エキスパートのおすすめ

YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』

YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』 YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』
出典:Amazon この商品を見るview item
レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

ビギナーにもおすすめの定番機種

非常に人気の機種で、定番と言ってもいいでしょう。最初の1台に選ぶビギナーの方も多い機種です。管楽器には比較的アタリ・ハズレがあるものですが、メーカーがYAMAHAということもあり、製品ごとのばらつきも少なく、安心して選ぶことができます。初心者でも吹奏しやすい主抜差管に支柱がないタイプですので、抵抗感がなく、肺活量の少ない方でもラクに演奏できます。

2枚取りベル、イエローブラス・ゴールドラッカー仕様ですが、華やかで素直な音色が特徴。ビギナーから中級者までおすすめできるモデルです。

材質 ベル:イエローブラス、ピストン:モネル合金
仕上げ ゴールドラッカー仕上げ
付属品 ケース、マウスピース

材質 ベル:イエローブラス、ピストン:モネル合金
仕上げ ゴールドラッカー仕上げ
付属品 ケース、マウスピース

ソレイユ 『トランペット STR-1/BK』

ソレイユ『トランペットSTR-1/BK』 ソレイユ『トランペットSTR-1/BK』 ソレイユ『トランペットSTR-1/BK』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

トランペットを始めるのに必要なものが揃っている

ソレイユのトランペットは、初心者入門セットということで最初に揃えておきたいものが全てセットになっています。そのため、届いたその日から練習を開始することができますよ。高い音域を得意としており、ジャズやホップス、ロックなど幅広い楽曲の演奏が可能に。

華やかで明るい音を奏でられるので気分も上がります。カラーバリエーションも豊富なので自分に合ったものが見つかるでしょう。

材質 -
仕上げ -
付属品 セミハードケース、KORG メトロノーム・チューナー“TM-60”、KORG コンタクトマイク“CM-300”、グリス、クリーニ

材質 -
仕上げ -
付属品 セミハードケース、KORG メトロノーム・チューナー“TM-60”、KORG コンタクトマイク“CM-300”、グリス、クリーニ

ヤマハ 『トランペット YTR-3335S』

ヤマハ『トランペットYTR-3335S』 ヤマハ『トランペットYTR-3335S』
出典:Amazon この商品を見るview item

なめらかな音のでる扱いやすいモデル

ヤマハのトランペット YTR-3335Sは、リバースタイプチューニングスライドを採用しており伸びの良い音を奏でることができます。また、とても吹きやすいため演奏がしやすく毎日の練習も苦にならないでしょう。

軽量なのに耐久性には優れているので長く愛用できるモデルと言えます。吹きやすさにこだわりたい方におすすめです。

材質 -
仕上げ 銀メッキ仕上げ
付属品 ケース、マウスピース

材質 -
仕上げ 銀メッキ仕上げ
付属品 ケース、マウスピース

Eastar 『トランペット Bb調 Trumpet 初心者セット』

Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』 Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』 Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』 Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』 Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』 Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』 Eastar『トランペットBb調Trumpet初心者セット』
出典:Amazon この商品を見るview item

明るく爽快な音が特徴

こちらのトランペットは、パーツの一つ一つ、細部までこだわり抜かれているため無駄のないつくりとなっています。できる限り軽量に作られており長時間の演奏にも適しています。アタック感が強く、アンサンブルでも他の音に隠れることなく音を奏でます。

指掛けが手の大きさに合わせられる可動式になっているなど初心者の方にも嬉しい工夫がされています。

材質 -
仕上げ ゴールドラッカー仕上げ
付属品 7Cマウスピース、クロス、ケース、クリーニングブラシキット

材質 -
仕上げ ゴールドラッカー仕上げ
付属品 7Cマウスピース、クロス、ケース、クリーニングブラシキット

ammoon 『トランペットBb フラット真鍮管楽器』

コスパ良し!最初の1本におすすめ

ケースや手袋などもセットになっているammoon のトランペットです。約10,000円と、これからトランペットを始める方も手を出しやすい価格となっています。高音域も綺麗にでるなど、お値段以上の品質と言えるでしょう。

耐久性にも優れており、初めの1本にもおすすめできますよ。ゴールドとシルバーの色合いも良くデザインの良さもおすすめです。

材質 -
仕上げ -
付属品 手袋、クリーニングクロス、キャリングケース

材質 -
仕上げ -
付属品 手袋、クリーニングクロス、キャリングケース

「トランペット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』
J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』
YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』
ソレイユ 『トランペット STR-1/BK』
ヤマハ 『トランペット YTR-3335S』
Eastar 『トランペット Bb調 Trumpet 初心者セット』
ammoon 『トランペットBb フラット真鍮管楽器』
商品名 Kaerntner(ケルントナー)『KTR-30/GD(ゴールド)』 J.Michael(ジェイマイケル)『トランペット(TR-200)』 YAMAHA『トランペット(YTR-2330)』 ソレイユ 『トランペット STR-1/BK』 ヤマハ 『トランペット YTR-3335S』 Eastar 『トランペット Bb調 Trumpet 初心者セット』 ammoon 『トランペットBb フラット真鍮管楽器』
商品情報
特徴 カラーバリエーションが豊富な入門用トランペット 軽やかで華やかな音色が特徴のトランペット ビギナーにもおすすめの定番機種 トランペットを始めるのに必要なものが揃っている なめらかな音のでる扱いやすいモデル 明るく爽快な音が特徴 コスパ良し!最初の1本におすすめ
材質 - ベル・マウスパイプ:イエローブラス、ピストン:ステンレス ベル:イエローブラス、ピストン:モネル合金 - - - -
仕上げ ラッカー仕上げ クリアラッカー仕上げ ゴールドラッカー仕上げ - 銀メッキ仕上げ ゴールドラッカー仕上げ -
付属品 専用セミハードケース、マウスピース、クロス、グリス、白手袋、バルブオイル、クリーニングロッド ABSケース、マウスピース ケース、マウスピース セミハードケース、KORG メトロノーム・チューナー“TM-60”、KORG コンタクトマイク“CM-300”、グリス、クリーニ ケース、マウスピース 7Cマウスピース、クロス、ケース、クリーニングブラシキット 手袋、クリーニングクロス、キャリングケース
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月11日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トランペットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのトランペットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トランペットランキング
楽天市場:トランペットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのトランペットアイテムはこちら!

レベルに合わせて機種を買い替えていく 最後にエキスパートからメッセージ

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹

レコーディングエンジニア

3つの観点から選び方を紹介してきましたが、ビギナーの方がそれらの組み合わせを考えると途方に暮れてしまうと思います。まずは手にいれやすいものから始めてみましょう。ある程度感覚をつかんだうえで上位機種にステップアップしていくと、ムダなく自分にあうものを選べると思います。

細かい点は省略しましたが、本体の1枚取りと2枚取りの違いのほかに材質についてもいくつか選択肢があります。また、マウスピースを変えるだけで吹きやすさが格段に良くなるので、マウスピースの素材やサイズなどもゆくゆくは考えていくといいでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button