PR(アフィリエイト)

トランペット用マウスピースおすすめ10選|ヤマハなど人気メーカー厳選! 練習用も

トランペット用マウスピースおすすめ10選|ヤマハなど人気メーカー厳選! 練習用も
トランペット用マウスピースおすすめ10選|ヤマハなど人気メーカー厳選! 練習用も

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年05月22日に公開された記事です。

トランペットを演奏するうえで必須のアイテム「マウスピース」。メッキの種類、低・高音、数字によるサイズ・厚みの違いなどさまざまで、とくにトランペット初心者は何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。値段も安いものから高価なものまで。そこで、この記事ではピアノ講師で元大手楽器メーカー店員の山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのトランペット用マウスピースを紹介します。カップ容量・リムサイズなど商品の選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子
武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー、旅行・レジャー、セール・クーポン
名原 広雄

「ゲーム・ホビー」「旅行・レジャー」「セール・クーポン」カテゴリーを担当。元芸能・エンタメ誌・書籍編集者。アナログレコードを1,000枚所有しており、音楽・楽器・アニメ・アイドル関連の情報に敏感。普段はアニメや旅系YouTubeを観ながらスマホで通販生活。ゲームはスイッチやVRなどオンライン対応のハード中心。よく訪れる地域は沖縄や東南アジアなどの南の島。

トランペット用マウスピースの選び方 カップ容量・リムサイズで選ぶ!

ピアノ講師・元大手楽器メーカー店員の山野辺祥子さんにお話をうかがい、トランペットマウスピースの選び方のポイントを教えていただきました。マウスピースは口にあてたときにぴったりとあうものを選ぶのが重要です。唇とマウスピースとのあいだに違和感があると息が出しづらく吹いていると疲れたり、上達をさまたげたりする要因になりかねません。

そのほかに以下で紹介するマウスピースの内部の構造や表面の素材なども重要な要素です。ぜひトランペットマウスピース選びの参考にしてください。

カップ容量で選ぶ 初心者は「B」「C」、唇が厚い方は「W」がおすすめ

 

マウスピースのカップは大きさの違いがあり、もっとも浅いものがA、もっとも深いものがEというようにA~Eの種類があります。標準的な深さはCであり、初心者の最初の1本としてはB、Cが便利です。また、厚い唇の方でも吹きやすいWもあります。

D、Eなどカップが大きいと出す音のボリュームが調節しやすく音が出しやすいです。一方、A、Bなどカップが浅いものは高い音域が出しやすく、深いものは中音域が出しやすくなります。ジャズのソロなどで、高音域を華やかに演奏する機会が多い場合は浅めのカップを選ぶと便利です。

用途に応じてリムサイズを選ぶ オーケストラはリム大きめ、吹奏楽は標準、ビックバンドは小さめがおすすめ

リムはマウスピースのうち直接唇にあたる平らな部分のことです。唇にあたる部分はリムの厚さの部分ですが、音の響きに関わるのは、カップの縁にあたるリムの内径です。

一般的にリム内径が小さいと縁が厚くなるためマウスピース自体の耐久性が高く、高い音程が出しやすいです。ただし出る音量が小さくなる傾向があります。逆にリム内径が大きい場合、耐久性が劣るものの低音域が安定し大きな音が出しやすくなります。

そのためオーケストラはリム内径が大きめ、吹奏楽は標準、ビックバンドは小さめと用途ごとに好まれるリム内径が異なる傾向があります。

表面仕上げの材質を比較して選ぶ 高音や低音向きなど音域を左右

トランペットマウスピースはおもに真ちゅう(しんちゅう)でできていて、腐食防止などの目的でメッキが施されています。同じトランペットマウスピースでも表面の素材が異なるものがあります。それぞれの材質の特徴や価格のバランスを踏まえて選びましょう。

耐久性にすぐれ低音がだしやすいスタンダードな「銀メッキ」

 

真ちゅうとの相性がよく費用もおさえられることから、もっとも標準的な種類が銀メッキです。はがれにくく耐久性にすぐれ、低音でややダークな響きが特徴です。

銀メッキだけを施したマウスピースのほか、ものにより内部にニッケルメッキを施した上に銀メッキ処理をしている場合があります。長年の使用ではがれる場合があるため、注意が必要です。

値段は高めだが高音がだしやすくなめらかな口触りの「金メッキ」

 

金メッキは銀メッキよりも唇にあてた際の抵抗が少なく、非常になめらかで高音がだしやすいのが特徴。使い手の好みにかかわりますが、あたりがなめらかなことで唇が自由に移動できます。きめこまやかな響きとスムーズな息の流れが作れ、柔軟性に富んだ吹き方ができます。

ただし、金が希少なため値段が高くなる傾向があります。そのためリムや内径だけに金メッキ処理をした製品もあります。

珍しい外観にあたたかな音色、高級感漂う「ピンクゴールドメッキ」

 

ピンクゴールドメッキとは、金に銅などを加えてやや赤みがかった色のメッキです。

金メッキと同様に口あたりがやわらかいものの、金メッキよりはやや抵抗があるため、金メッキでは滑りすぎると感じる場合に使いやすいです。

銅を含むことで深みとあたたかみのある音色が加わります。販売されているマウスピースにカスタマイズしてメッキを施すことも可能です。

カラフルで視線を集める「樹脂製」

 

材料の研究や加工技術が進歩したことで、樹脂製のトランペットマウスピースも登場しています。

樹脂製のマウスピースは口あたりがなめらかで豊かな音色が楽しめます。カラーバリエーションが豊富なため、珍しい色あいで目立ちたい場合にも向いています。また、金属製マウスピース特有の温度感がありません。気温が高い場合でも低い場合でも安定して吹ける点がメリットです。

シグネチャーモデルであこがれのプレイをめざす

よりいっそうのスキル上達を図るなかでお気に入りのプレイヤーに出会う場合があるでしょう。トーマス・フートゥン、ボビー・シュー、神代 修、エリック・ミヤシロなどジャンルを問わず多くのアーティストのシグネチャーモデルが発売されています。

すぐに各アーティストと同じプレイができるようになるわけではありませんが、あこがれのプレイをイメージすると、演奏や練習する際のモチベーションが大きく高められるでしょう。

トランペット初心者は本体に付けない「練習用タイプ」もおすすめ

 

初心者には、トランペットにつけずマウスピースのみで使える練習用タイプもおすすめです。トランペットをまったくふいたことがなくても気軽にチャレンジできるのが魅力です。

サイズもコンパクトで音も小さめなものが多いので、自宅など場所を選ばず練習ができるのもうれしいですよね。トランペットじたい安いものではないですから、こうした練習用のマウスピースを購入し、入門へのハードルをさげてみてはいかがでしょうか。

主要メーカーのYAMAHA、Bachから選ぶ

 

トランペットの主要メーカーはYAMAHA(ヤマハ)、Bach(バック)、B&S(ビーアンドエス)、Schilke(シルキー)など。本体とマウスピースは異なるメーカーでも組み合わせが可能です。

トランペットマウスピースは複数のメーカーから発売されていますが、種類の多さや入手しやすさ、価格などを考慮すると、YAMAHA、Bachのものが選びやすいでしょう。

トランペットのおすすめと選び方はこちら 初心者必見!各メーカーの本体もチェック

マウスピースを選ぶ際は、楽器店で試奏し比較を! ピアノ講師・元大手楽器メーカー店員がアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

トランペットのマウスピースは同じ型番でも一つひとつに個性があります。奏者の口の形、唇の厚さ、しいては体格や肺活量によっても音色や吹きやすさが変わってきます。楽器店で納得のいくまで試奏し、より相性のいいマウスピースと出合ってください。

トランペット用マウスピースおすすめ10選 YAMAHAなら『11B4』、Bachなら『5C』が人気

ここまで紹介した選び方を踏まえて実際の商品を見ていきましょう。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

奏法がしっかり身についており、音量や音色が安定するまでは、標準モデルのマウスピースを使うことをおすすめします。YAMAHAの『11B4』は、浅めのカップが効率よく息を集められるため、楽器を始めてすぐの方でも音が出やすいと人気のモデル。

同じリム内径でも『11C4』になると、より深みのある柔らかな音色が狙えます。Bachのマウスピースなら『5C』がおすすめ。華やかさのなかにも奥行きを感じられる音色になります。

エキスパートのおすすめ

YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-11C4』

YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11C4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11C4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11C4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11C4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11C4』
出典:Amazon この商品を見るview item

初級者も上級者も使いやすいスタンダードタイプ

真ちゅう製のスタンダードシリーズのマウスピースで、バックの7C、ジャルディネリの7Cに相当するサイズです。

バイトが明確でほどよいリムを持つことから、唇にあわせやすく、吹奏楽からジャズなどさまざまな用途で用いられるオールラウンドなタイプです。初心者から上級者まで使えるスタンダードなマウスピースといえます。

リム内径 16.46mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ 標準(C)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.46mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ 標準(C)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

YAMAHA カスタムシリーズ『TR-14C4-GP』

YAMAHAカスタムシリーズ『TR-14C4-GP』 YAMAHAカスタムシリーズ『TR-14C4-GP』 YAMAHAカスタムシリーズ『TR-14C4-GP』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

リムがなめらかで大音量が出せる

カスタムシリーズには、マウスピースの内径にまで金メッキが施されています。バックの5C、ジャルディネリの5Cに相当するサイズのマウスピースです。

金メッキ仕様で口あたりがなめらか。リム形状も音の移行が容易となるよう配慮されていて柔軟性に富んでいます。標準的なカップサイズながら大音量が出しやすく、吹奏楽やオーケストラで好まれます。

リム内径 16.88mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ 標準(C)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ リム部・内側金メッキ、その他銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.88mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ 標準(C)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ リム部・内側金メッキ、その他銀メッキ
全てを見る全てを見る

YAMAHA カスタムシリーズ『TR-14B4-GP』

さまざまなプレイに対応できるマウスピース

マウスピースの内径も金メッキ仕様になっているカスタムシリーズのマウスピースです。バックの3C、シルキーの15Bに相当します。

リム径がやや大きくいろいろな唇のあて方に対応できます。またカップはやや浅く高音域にも対応しやすい構造です。完成度が高く、演奏者のテクニカルな要求にも柔軟に対応できるのも特徴です。

リム内径 16.85mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ やや浅い(B)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ リム部・内側金メッキ、その他銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.85mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ やや浅い(B)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ リム部・内側金メッキ、その他銀メッキ
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-11B4』

YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11B4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11B4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11B4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11B4』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-11B4』
出典:Amazon この商品を見るview item

吹奏楽向きのマウスピース

スタンダードシリーズは、真ちゅうで作られています。バック7Dに相当するサイズのマウスピースで、スロート直径は3.65mmです。

カップの深さややや浅めで、リムの大きさがほどよく耐久性に富んでいることから、吹奏楽用途で選ばれる場合が多いです。音色が輝かしく響くため、D菅やE♭管、ピッコロトランペットにも使われます。

リム内径 16.46mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ やや浅い(B)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.46mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ やや浅い(B)
リム 標準・ややフラット
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

Bach スタンダード・マウスピース『5C』

Bachスタンダード・マウスピース『5C』 Bachスタンダード・マウスピース『5C』 Bachスタンダード・マウスピース『5C』
出典:Amazon この商品を見るview item

生き生きとした豊かな音が楽しめる

リムの厚さは標準的なMWタイプ。内側と外側を丸くしているものの、どちらかというと平らな形状です。

Bachのスタンダード・マウスピースは、適度な抵抗で疲労を防ぐ構造になっていますが、5Cは唇が丈夫で、リムの角があたるのを好まない方に向いています。しっかりとした口あたりで生き生きとした豊かな音が楽しめます。

リム内径 16.25mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ 普通(M)
リム 中位・リムの内側と外側が丸い・比較的平ら
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.25mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ 普通(M)
リム 中位・リムの内側と外側が丸い・比較的平ら
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-13A4a』

YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-13A4a』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-13A4a』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-13A4a』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-13A4a』 YAMAHAスタンダードシリーズ『TR-13A4a』
出典:Amazon この商品を見るview item

高音域に強いマウスピース

真ちゅう製のスタンダードマウスピースで、シルキーの13A4aに相当しています。

リムはややフラットで、カップが浅いため、唇とマウスピースがしっかりあたり、息が勢いよく入りやすいです。スピード感のある音が出しやすいため、ピッコロトランペットやリードトランペッターなど、高音域を演奏する機会が多い場合に向いています。

リム内径 16.2mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ 浅い(A)
リム 厚い・ややフラット
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.2mm
ボア径 3.65mm
カップ深さ 浅い(A)
リム 厚い・ややフラット
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

Bach シンフォニックモデル『11/2B』

Bachシンフォニックモデル『11/2B』 Bachシンフォニックモデル『11/2B』 Bachシンフォニックモデル『11/2B』
出典:Amazon この商品を見るview item

用途を選ばないオールラウンドなマウスピース

世界中でよく使われているスタンダードタイプのマウスピースです。

リムの角が立っていないため、口あたりがよいところが特徴。楽器を吹くのに慣れているなど、丈夫な唇の人に向いています。リムの直径が17.00mmと大きく、カップのサイズも標準的なサイズのため、オールラウンドに使えます。あたたかく大きい音が出せるでしょう。

リム内径 17mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ やや深い(MD)
リム 中位・角が立っていない
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 17mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ やや深い(MD)
リム 中位・角が立っていない
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

Bach スタンダード・マウスピース『3C』

Bachスタンダード・マウスピース『3C』 Bachスタンダード・マウスピース『3C』 Bachスタンダード・マウスピース『3C』 Bachスタンダード・マウスピース『3C』
出典:Amazon この商品を見るview item

大きめカップでオールラウンドに使用可能

Bachのなかでも主力となっているサイズのひとつで、フリューゲルホルン向けやダイナミックな音が出せるメガトーン、1920年代のデザインを踏襲するアルティザンなどさまざまなシリーズが取り扱われています。

低音域に強く、大音量を出しやすい大きめのカップを採用していて、オールラウンドに使えるマウスピースです。

リム内径 16.3mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ 普通(M)
リム 中位
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.3mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ 普通(M)
リム 中位
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

Bach スタンダード・マウスピース『7C』

Bachスタンダード・マウスピース『7C』 Bachスタンダード・マウスピース『7C』 Bachスタンダード・マウスピース『7C』
出典:Amazon この商品を見るview item

世界中で好まれるスタンダードなモデル

世界中で多くの人に使われているBachのスタンダード・モデルのなかでも非常に多くの人に使用されているモデルです。

リムの厚さは標準的で外側に向かって低くなっているのが特徴。リムの内側が立っているものの全体的には丸めのリムでグリップがよいです。

輝かしい音で、学生からプロ奏者にまで支持されています。

リム内径 16.2mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ 普通(M)
リム 中位・外側に向かって低くなる・リムの内側が立っている・全体的にはグリップがよく丸め
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

リム内径 16.2mm
ボア径 3.66mm
カップ深さ 普通(M)
リム 中位・外側に向かって低くなる・リムの内側が立っている・全体的にはグリップがよく丸め
表面仕上げ 銀メッキ
全てを見る全てを見る

KELLY トランペット・マウスピース『7C ラジカルグリーン(TP7CRG)』

KELLYトランペット・マウスピース『7Cラジカルグリーン(TP7CRG)』 KELLYトランペット・マウスピース『7Cラジカルグリーン(TP7CRG)』 KELLYトランペット・マウスピース『7Cラジカルグリーン(TP7CRG)』 KELLYトランペット・マウスピース『7Cラジカルグリーン(TP7CRG)』
出典:Amazon この商品を見るview item

なめらかな質感で豊かな音色

練習用ではなく、実際に本体に取りつけて使えるポリカーボネート樹脂(LEXAN製)のマウスピース。寸法はBachのモデルに相当し、樹脂特有のなめらかな質感で豊かな音色が楽しめます。

大人数で演奏する際に色にこだわって楽しめるほか、寒い時期の練習時に気になる唇のひんやり感が緩和できます。シリーズ全体でカラーバリエーションは全28色。クリアタイプはアンブシュアの確認にも便利です。

リム内径 16.51mm
ボア径 -
カップ深さ Medium-shallow
リム -
表面仕上げ ポリカーボネート樹脂
全てを見る全てを見る

リム内径 16.51mm
ボア径 -
カップ深さ Medium-shallow
リム -
表面仕上げ ポリカーボネート樹脂
全てを見る全てを見る

「トランペット マウスピース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-11C4』
YAMAHA カスタムシリーズ『TR-14C4-GP』
YAMAHA カスタムシリーズ『TR-14B4-GP』
YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-11B4』
Bach スタンダード・マウスピース『5C』
YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-13A4a』
Bach シンフォニックモデル『11/2B』
Bach スタンダード・マウスピース『3C』
Bach スタンダード・マウスピース『7C』
KELLY トランペット・マウスピース『7C ラジカルグリーン(TP7CRG)』
商品名 YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-11C4』 YAMAHA カスタムシリーズ『TR-14C4-GP』 YAMAHA カスタムシリーズ『TR-14B4-GP』 YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-11B4』 Bach スタンダード・マウスピース『5C』 YAMAHA スタンダードシリーズ『TR-13A4a』 Bach シンフォニックモデル『11/2B』 Bach スタンダード・マウスピース『3C』 Bach スタンダード・マウスピース『7C』 KELLY トランペット・マウスピース『7C ラジカルグリーン(TP7CRG)』
商品情報
特徴 初級者も上級者も使いやすいスタンダードタイプ リムがなめらかで大音量が出せる さまざまなプレイに対応できるマウスピース 吹奏楽向きのマウスピース 生き生きとした豊かな音が楽しめる 高音域に強いマウスピース 用途を選ばないオールラウンドなマウスピース 大きめカップでオールラウンドに使用可能 世界中で好まれるスタンダードなモデル なめらかな質感で豊かな音色
リム内径 16.46mm 16.88mm 16.85mm 16.46mm 16.25mm 16.2mm 17mm 16.3mm 16.2mm 16.51mm
ボア径 3.65mm 3.65mm 3.65mm 3.65mm 3.66mm 3.65mm 3.66mm 3.66mm 3.66mm -
カップ深さ 標準(C) 標準(C) やや浅い(B) やや浅い(B) 普通(M) 浅い(A) やや深い(MD) 普通(M) 普通(M) Medium-shallow
リム 標準・ややフラット 標準・ややフラット 標準・ややフラット 標準・ややフラット 中位・リムの内側と外側が丸い・比較的平ら 厚い・ややフラット 中位・角が立っていない 中位 中位・外側に向かって低くなる・リムの内側が立っている・全体的にはグリップがよく丸め -
表面仕上げ 銀メッキ リム部・内側金メッキ、その他銀メッキ リム部・内側金メッキ、その他銀メッキ 銀メッキ 銀メッキ 銀メッキ 銀メッキ 銀メッキ 銀メッキ ポリカーボネート樹脂
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トランペットマウスピースの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのトランペットマウスピースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:トランペットマウスピースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

トランペットケースやスタンドもあわせてチェック 【関連記事】

トランペット用マウスピースは自分にあったものを見つけよう まとめ

トランペットマウスピースはカップの直径とカップの種類など内部の構造がこまかく作りこまれています。部活で使う場合など、最初の1本は5Cをはじめ3~7が人気です。

日本でよく選ばれているマウスピースは1C、1 1/2C、2C、3B、3C、5B、5C、6C、7C、10 1/2Cなど。吹きなれていくと演奏したい曲にあわせて求めるマウスピースの形が変わっていくでしょう。自分がめざす音に近づけるよう、いろいろな形状を試してみてもおもしろいでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button