PR(アフィリエイト)

トランペットスタンドおすすめ12選|1本~複数本設置できるタイプも

K&M『トランペットスタンド(ST15213)』
出典:Amazon
K&M『トランペットスタンド(ST15213)』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ステージ上でトランペットを立たせておけるトランペットスタンドは、奏者であれば1つは持っておきたいところ。この記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が厳選したトランペットスタンドのおすすめ商品と選び方を紹介します。

K&Mやハーキュレスといった人気ブランドの製品や、入手しやすい安い製品などをピックアップ。持ち運びやすさや、傷の付きにくさなども考慮に入れて選ぶようにしましょう。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子
武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー、旅行・レジャー
名原 広雄

「趣味・ホビー」「ゲーム・周辺機器」「旅行・レジャー」カテゴリーを担当。元芸能・エンタメ誌・書籍編集者。アナログレコードを1,000枚所有しており、音楽・楽器・アニメ・アイドル関連の情報に敏感。普段はアニメや旅系YouTubeを観ながらスマホで通販生活。ゲームはスイッチやVRなどオンライン対応のハード中心。よく訪れる地域は沖縄や東南アジアなどの南の島。

「トランペットスタンド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
K&M『トランペットスタンド(ST15213)』
ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネット スタンド(DS410B)』
K&M『トランペット用スタンド(152/1)』
ハーキュレス『スタンド トランペット/コルネット用(DS510BB)』
ハーキュレス『スタンド 2トランペット/コルネット&フリューゲルホルン用(DS513BB)』
KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』
アイダ楽器『トランペット スタンド(TP-92)』
アイダ楽器『トランペット Wスタンド(140TT-2)』
アイダ楽器『トランペットスタンド(9112R)』
BG『スタンド トランペット&ソプラノサクソフォーン(A42)』
オオハシ産業『トランペット スタンド(WS-100N)』
商品名 K&M『トランペットスタンド(ST15213)』 ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネット スタンド(DS410B)』 K&M『トランペット用スタンド(152/1)』 ハーキュレス『スタンド トランペット/コルネット用(DS510BB)』 ハーキュレス『スタンド 2トランペット/コルネット&フリューゲルホルン用(DS513BB)』 KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』 アイダ楽器『トランペット スタンド(TP-92)』 アイダ楽器『トランペット Wスタンド(140TT-2)』 アイダ楽器『トランペットスタンド(9112R)』 BG『スタンド トランペット&ソプラノサクソフォーン(A42)』 オオハシ産業『トランペット スタンド(WS-100N)』
商品情報
特徴 5本脚の収納タイプ 折りたたんで収納できるトランペットスタンド ベル内に収納できるコンパクトタイプ しっかりとした重量感で支える 一度に3つの楽器を設置できる 軽量タイプのトランペットスタンド アルミ素材でつくられたトランペットスタンド 2本のトランペットを設置できる 分解してコンパクトに持ち運べる商品 4本脚と滑り止めパッドで支える 木製のホルダーピンを採用
脚の本数 5本 5本 3本 3本 3本 3本 3本 4本 3本 4本 3本
重量 324g 280g 240g 670g 1,180g 171g 700g - - 120g 600g
複数設置 - - - - - - - - -
高さ調整 - - - - - - - - -
収納 - - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年3月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月20日時点 での税込価格

トランペットスタンドの選び方 安定感・演奏スタイルなど

まずはトランペットスタンドの選び方をチェックしていきましょう。元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんのアドバイスも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

安定感で選ぶ

トランペットスタンドは大切なトランペットを倒さないためのアイテムです。安定感を確認しましょう。

脚が長く本数が多いと安定感が増す

 

HERCULES(ハーキュレス)TravLite『トランペット/コルネット スタンド(DS410B)』

トランペットスタンドは脚の本数が多いタイプほど安定感が増します。グラつきが心配な人はスタンドの脚が5本あるタイプを選ぶようにしましょう。さらに脚が長めのデザインなら、より安定感が上がります。

ただし、脚の本数が多かったり脚が長かったりするとその分重量も増えます。持ち運びすることが多いなら、トランペットスタンドの重量も確認してください。

ある程度重量のあるものがおすすめ

 

重量670g。しっかりとした重量感で支えてくれるハーキュレス『スタンド トランペット/コルネット用(DS510BB)』。

ある程度重さがあるトランペットスタンドは、多少の衝撃でもグラつかずにトランペットを守ってくれます。重いタイプのアイテムは300gを超えるものが多いです。この重量を起点にして選んでもいいでしょう。

しかし、自宅だけではなくステージをまわって演奏する人にとっては、重さが原因で持ち運びに負担を感じるケースも。トランペット本体、ケースなどほかの商品も含めた重量を計算して選んでください。

演奏スタイルに合わせる

違うトランペットを使い分けたり立って演奏したりする人もいるでしょう。自分の演奏スタイルに合わせるのもポイントです。

複数のトランペットを使う人

 

HERCULES スタンド 2トランペット/コルネット&フリューゲルホルン用 DS513BB

トランペットはB♭やC、E♭/D……など数多くの種類にわかれます。吹奏楽やオーケストラ、ポップス、ジャズなど幅広いジャンルで使われるのはB♭トランペットです。オーケストラなどのソロ演奏では華やかなCトランペットが用いられます。そのため、ひとつのステージで複数のトランペットを使いわける演奏者も。

トランペットやほかの楽器を使いわけて演奏することが多い人は、複数の楽器を一度に立たせることができるスタンドを探しましょう。

立って演奏する人

 

HERCULES(ハーキュレス)『スタンド トランペット/コルネット用(DS510BB)』

ステージによってはトランペット奏者が立って演奏することがあります。しかし、一般的にトランペットスタンドは低い高さでつくられているため、立って演奏する場合には扱いづらいことも。しゃがんで置いたり取ったりする必要があるので、体に負担をかけてしまいます。

立って演奏する人は高さが調整できるトランペットスタンドを探してみましょう。ただし、高さを上げてしまうと安定性が減る場合もあるので、口コミなども確認して使い勝手を判断してください。

ベルに収納できるタイプ

 

K&M(ケーアンドエム)『トランペット用スタンド(152/1)』

トランペットスタンドのなかには、ベルのなかに入れてそのまま持ち運べるタイプがあります。日常的にトランペットスタンドを使うことが多いなら、収納できるタイプを選びましょう。収納タイプならベルのなかに入れた状態でトランペットケースに収めることが可能です。

しかし、ベルのなかに入れたままだとトランペットの材質をキズつけるおそれも。トランペットの素材がゴム製のタイプやフェルトパッドを採用している商品を購入しましょう。

トランペットスタンドは安定感のあるものを選ぼう 元大手楽器メーカー店員からのアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

持ち替えや出番の合間に使うことが多くなるトランペットスタンド。大切な楽器が倒れないように、安定感のあるもの、楽器内部がキズつかないものを選ぶのがおすすめです。習いはじめのころは椅子のうえに置きたくなることもありますが、コロンとしらない間に落ちることが多いのも実状です。

周辺アクセサリーは少しずつでもきちんとそろえて、トランペットを大事に扱ってあげてください。

トランペットスタンドのおすすめ12選 脚の本数・重量・複数設置・高さ調整・収納可否もチェック!

ここからは、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだ、トランペットスタンドのおすすめ商品を紹介します。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務:山野辺 祥子

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

K&M『トランペットスタンド(ST15213)』は、5本脚タイプ。安定感があってベル内収納も可能です。

ハーキュレス)『トラビットトランペット/コルネット スタンド(DS410B)』はトランペットやコルネット、フリューゲルに持ち替える方へ。

マンハセット『トランペット用スタンド(1500)』は3本脚ですが堅牢性はじゅうぶんです。

エキスパートのおすすめ

K&M『トランペットスタンド(ST15213)』

K&M『トランペットスタンド(ST15213)』 K&M『トランペットスタンド(ST15213)』 K&M『トランペットスタンド(ST15213)』 K&M『トランペットスタンド(ST15213)』 K&M『トランペットスタンド(ST15213)』 K&M『トランペットスタンド(ST15213)』
出典:Amazon この商品を見るview item

5本脚の収納タイプ

5本脚タイプのトランペットスタンドです。重量が324gなのでスタンドの重さでしっかりとトランペットを支えてくれるでしょう。スタンドの先端にはベル内をキズつけないためのゴム製トップカバーが搭載。

また、本体にもフェルトが3本貼りつけられているため、ベルの内部と入り口をキズつけてしまうトラブルを防げます。5本の脚を取り外すとベル内に収納も可能です。

脚の本数 5本
重量 324g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

脚の本数 5本
重量 324g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネット スタンド(DS410B)』

ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネットスタンド(DS410B)』 ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネットスタンド(DS410B)』 ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネットスタンド(DS410B)』 ハーキュレス『トラビットトランペット/コルネットスタンド(DS410B)』
出典:Amazon この商品を見るview item

折りたたんで収納できるトランペットスタンド

ハーキュレス社が販売するトランペットスタンドです。ピストン式やロータリー式などトランペットの種類を問わず使えます。また、コルネットにも適する商品です。

5本脚なのでトランペットの重量をしっかりと分散して支えます。280gと軽めで持ち運びにも便利なタイプです。センターポストをゆるめて押し上げると脚を折りたたんでベル内に収納できます。

脚の本数 5本
重量 280g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

脚の本数 5本
重量 280g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

K&M『トランペット用スタンド(152/1)』

K&M『トランペット用スタンド(152/1)』 K&M『トランペット用スタンド(152/1)』 K&M『トランペット用スタンド(152/1)』 K&M『トランペット用スタンド(152/1)』 K&M『トランペット用スタンド(152/1)』 K&M『トランペット用スタンド(152/1)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ベル内に収納できるコンパクトタイプ

あらゆる楽器のスタンドを開発しているK&M社の商品です。トランペットのベル内に収納できるコンパクトタイプ。重量は240gと軽く設計されています。素材はプラスチックを採用していますが、フェルトが3カ所貼りつけてあるので、ベルをキズつける心配も少ないです。

収納する際は3本の脚を取り外してください。トランペットスタンドをはじめて試す人にも注目してほしいアイテムです。

脚の本数 3本
重量 240g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 240g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

ハーキュレス『スタンド トランペット/コルネット用(DS510BB)』

ハーキュレス『スタンドトランペット/コルネット用(DS510BB)』 ハーキュレス『スタンドトランペット/コルネット用(DS510BB)』 ハーキュレス『スタンドトランペット/コルネット用(DS510BB)』 ハーキュレス『スタンドトランペット/コルネット用(DS510BB)』
出典:Amazon この商品を見るview item

しっかりとした重量感で支える

ガッシリとした3本足が特徴的なトランペットスタンドです。重さが670gあり大切なトランペットをしっかりと支えられるでしょう。この商品はそれぞれのパーツを分解できるため、外出先で使う場合はコンパクトにまとめて持ち運べます。

350mmまで高さを調整できるタイプなので、自分の求める高さまで変更できるか確かめてください。

脚の本数 3本
重量 670g
複数設置 -
高さ調整
収納 -
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 670g
複数設置 -
高さ調整
収納 -
全てを見る全てを見る

ハーキュレス『スタンド 2トランペット/コルネット&フリューゲルホルン用(DS513BB)』

ハーキュレス『スタンド2トランペット/コルネット&フリューゲルホルン用(DS513BB)』 ハーキュレス『スタンド2トランペット/コルネット&フリューゲルホルン用(DS513BB)』
出典:Amazon この商品を見るview item

一度に3つの楽器を設置できる

複数のトランペットやコルネット、フリューゲルホルンを一度に3つまで設置できるスタンドです。安定性の高い回転式の脚を搭載しています。重量も1kg以上あるので少しの衝撃なら倒れる心配が少ないです。

3本のペグは350mmまで高さ調整も可能で取り外しもできます。キャリングバッグつきなのでコンパクトに分解して持ち運びしましょう。

脚の本数 3本
重量 1,180g
複数設置
高さ調整
収納 -
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 1,180g
複数設置
高さ調整
収納 -
全てを見る全てを見る

KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』

KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』 KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』 KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』 KC(キョーリツコーポレーション)『トランペットスタンド(TRS-1)』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量タイプのトランペットスタンド

重量が171gととても軽いトランペットスタンド。プラスチックトランペットにも使えるタイプです。3本脚はスタンドのなかに収納できコンパクトなシルエットに。スタンド自体をベル内に収納してそのまま持ち歩けます。

ベルがちょうど当たる部分にはフェルトを3本貼りつけています。トランペットがキズつくトラブルも防げるでしょう。

脚の本数 3本
重量 171g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 171g
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

アイダ楽器『トランペット スタンド(TP-92)』

アルミ素材でつくられたトランペットスタンド

アルミ素材を採用したトランペットスタンドです。脚部分を太くデザインしているので、3本脚でもしっかりと支えてくれるでしょう。重量は700gとなっています。

ベル部分にはシリコン樹脂を使っているため、トランペットをキズつける心配が少ないです。ほかの商品とは違い、ある程度高さがあります。立って演奏する人に注目してほしいアイテムです。

脚の本数 3本
重量 700g
複数設置 -
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 700g
複数設置 -
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

アイダ楽器『トランペット Wスタンド(140TT-2)』

2本のトランペットを設置できる

アイダ楽器が販売する、トランペットをふたつ設置できる商品です。スタンドが細長いフォルムのため、縦並び・横並びなど自分の手に取りやすい形でステージ上に置くことができます。

脚が4本搭載されているトランペットスタンドなので安定性が高くなっています。2本のトランペットを使いわけて演奏する人はぜひチェックしましょう。

脚の本数 4本
重量 -
複数設置
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

脚の本数 4本
重量 -
複数設置
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

アイダ楽器『トランペットスタンド(9112R)』

分解してコンパクトに持ち運べる商品

ベル部分がシリコン樹脂でつくられたトランペットスタンドで、ベル内をキズつける心配が少ないタイプです。

ペグとスタンドを分解可能で、ペグはそのままトランペットに収納して持ち運ぶことができます。また3本の脚もコンパクトにまとめられるので、トランペットを持ち運びの際にかさばることは少ないでしょう。

ベル内に収納できるタイプを探している人は一度検討してください。

脚の本数 3本
重量 -
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 -
複数設置 -
高さ調整 -
収納
全てを見る全てを見る

BG『スタンド トランペット&ソプラノサクソフォーン(A42)』

BG『スタンドトランペット&ソプラノサクソフォーン(A42)』 BG『スタンドトランペット&ソプラノサクソフォーン(A42)』 BG『スタンドトランペット&ソプラノサクソフォーン(A42)』
出典:Amazon この商品を見るview item

4本脚と滑り止めパッドで支える

さまざまな楽器のアクセサリーをつくるBG社の商品。ABS素材を採用し120gという重量を実現したトランペットスタンドです。スタンド自体は軽いですが、4本の脚で支えるデザインと滑り止めパッドが設置されているため安定性は高いといえます。

ベルの内部が当たるパーツにはやわらかい素材を貼りつけし、トランペットがキズつくのを防いでくれます。

脚の本数 4本
重量 120g
複数設置 -
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

脚の本数 4本
重量 120g
複数設置 -
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

オオハシ産業『トランペット スタンド(WS-100N)』

木製のホルダーピンを採用

鉄製のスタンドと木製のホルダーピンを組み合わせてつくったトランペットスタンドです。木製のホルダーピンなのでベル内部をキズつける心配が少ないですが、フェルトを貼りつけるなど細部にまで気を配っています。

重量が600gあるのでしっかりとトランペットを支えてくれます。ホルダーピンはクリアラッカーで塗装しツヤ出しも。高級感をかもし出している商品です。

脚の本数 3本
重量 600g
複数設置 -
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

脚の本数 3本
重量 600g
複数設置 -
高さ調整 -
収納 -
全てを見る全てを見る

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トランペットスタンドの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのトランペットスタンドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:トランペットスタンドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのトランペットの記事はこちら 【関連記事】

自分に合うトランペットスタンドを見つけましょう

本記事では、トランペットスタンドの選び方と、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部で選んだおすすめ商品を紹介しました。トランペットスタンドは安定感で選ぶことがポイントです。脚の本数や重量に注目してみましょう。

また、複数のトランペットを使いわけたり、立って演奏したりする場合は、自分の演奏スタイルに合ったタイプを見つけてください。さらに、ベル内に収納できるタイプなら持ち運びも便利です。

今回紹介したおすすめ商品も参考にして、自分の用途に合うトランペットスタンドを見つけてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button