子ども用自転車ヘルメット5選! 子ども教育専門家が選び方も解説!

子ども用自転車ヘルメット5選! 子ども教育専門家が選び方も解説!

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師):鈴木 邦明
帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)
鈴木 邦明

神奈川県、埼玉県の公立小学校に22年勤めた後、短大、大学での教員養成、保育者養成に移り、現在に至る。 現在は、大学での講義を中心に、保護者向けに子育て・教育、教員向けに授業方法・学級経営などのテーマで執筆、講演などに幅広く活躍中。

2008年改正の道路交通法にて、13歳未満の子どもにヘルメットの着用をさせることが保護者の努力義務として明記されました。ヘルメットは子どもの安全のための重要アイテムです。だからこそ、しっかり選んであげたいですよね。この記事では、元公立小学校教師であり、現在、帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科で講師をしている鈴木邦明さんに子ども用自転車ヘルメットを選ぶポイントとおすすめ商品をお聞きしました。初めての子ども用自転車ヘルメット選びから、成長した子どもの自転車ヘルメット買い替えまで、ぜひ参考にしてください。


子ども用自転車ヘルメットの選び方|子ども教育専門家の鈴木邦明さんが伝授します

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科で講師をしている元公立小学校教師の鈴木邦明さんに、子ども用自転車ヘルメットを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。実際に着用する子どもに適した自転車ヘルメットを、プロの選び方を参考に手に取ってみましょう。

ヘルメットを着用して自転車に乗る子どもたち
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

子どもを守る自転車ヘルメットは特に安全面を重視して選びたいもの。プロの観点から見た選び方のポイントをふまえて、納得の商品選びにつなげましょう。

SGマークやCE認証の安全性の高い商品を選ぶ

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

自転車で使うヘルメットを子どもと一緒に選ぶとき、どうしてもデザインにまず目が向きます。格好のいいヘルメットを被って自転車に乗ることに憧れる子どももいるのかもしれませんが、最優先すべきは「安全性」です。

「SGマーク」や「CE(ヨーロッパ統一安全基準)」の認証があるかどうかは判断の基準となります。なにかが起こったときのことを想定すると「安全性」はとても大事です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『airio(エアリオ)』

SGマーク認証。さらに後方からの視認性も高める反射シールもついており、安全性にも配慮されたヘルメット。

>> Amazonで詳細を見る

年齢が低いほど負荷のかかりにくい軽いものを選ぶ

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

三輪車やペダルのついていない簡易な自転車も含めると、2~3歳からヘルメットが手元にあったほうが安心です。そのさいに注意したほうがいいことが「重さ」です。

一般的にヘルメットは軽く作られているものが多いです。自転車などに乗り、スピードが出ると頭に対し大きな力がかかることがあります。年齢が低いほどできるだけ「軽いもの」を選んだほうがいいでしょう。

成長に合わせた買い替え前提で適したサイズを選ぶ

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

ヘルメットに限らず子ども用品を買うときには、できるだけ長く使えるように少し大きめのものを買うことがあると思います。ただそういった買い方では場合によっては、目的を果たせなくなってしまうこともあります。

ヘルメットの場合、調整のベルトなどもあるのですが、大きめのものなどあまりサイズが合わないものを選んでしまうと、使い勝手の悪いものとなってしまいます。ある程度のタイミングで買い替えることを考え、そのときにちょうどいいものを選ぶことをおすすめします。

bern(バーン)『BANDITO(バンディート)』

ヘルメットインナー後頭部のフィット感を調整できるようになっているこの商品。成長の早い子どもの頭にもフィットさせることが可能です。

>> Amazonで詳細を見る

子ども用自転車ヘルメット5選! 子ども教育専門家の鈴木邦明さんが厳選

うえで紹介した子ども用自転車ヘルメットの選び方のポイントをふまえて、帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科で講師をしている元公立小学校教師の鈴木邦明さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。子どもにちょうどいいサイズを選ぶべき自転車ヘルメット。おすすめ商品を参考に安全性の高い商品を選びましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『airio(エアリオ)』

出典:Amazon

取得安全規格
SG規格
重さ
約340g
サイズ
54〜56cm(M)、56〜60cm(L)
Thumb lg ff1457e7 a1f6 4a6e 9eea 0925279364cf
帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

軽量の本格的なスポーツヘルメット

スタイリッシュで軽量な子ども用スポーツヘルメットです。カラーも「つや消しのブラック」などがあり、選択肢が豊富にあります。

構造的には、通気性が非常によく、汗をかきやすい子どもでも快適に着用できます。SGマーク認証もあり、また後方からの視認性を高める反射シールがついていますので、安心して使うことができるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OGK Kabuto(オージーケー カブト)『PAL(パル)』

出典:Amazon

取得安全規格
SG規格
重さ
235g
サイズ
49〜54cm(未満)
Thumb lg ff1457e7 a1f6 4a6e 9eea 0925279364cf
帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

シンプルなデザインのソフトシェルヘルメット

シンプルなデザインが魅力のヘルメットです。ソフトシェルタイプで軽く作られており、子どもの首に負担がかかりません。大人用高級スポーツヘルメットでも採用されている「インモールド製法」で作られており、高い衝撃吸収率と耐久性を両立させています。

あごひもをとめるとき、肌の挟み込みを防ぐ「バックルカバー」も付属。安全性の高い製品の証であるSGマーク認証もあるので、安心して使うことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BELL(ベル)『ZOOM2 (ズーム2)』

出典:Amazon

取得安全規格
CE(EN1078)、SG規格
重さ
XS/S:200g、M/L:218g
サイズ
XS/S:48-54cm、M/L:52-56cm
Thumb lg ff1457e7 a1f6 4a6e 9eea 0925279364cf
帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

デザインと安全性の両方を求める方に

アメリカの人気ヘルメットメーカー「BELL(ベル)」のキッズモデルです。SGマークおよびCEの認証。デザインは、アメリカっぽいポップな感じとなっています。

軽量仕様のため、子どもの首に負担がかかりません。通気用の穴には、虫の侵入を防ぐための「バグネット」を設けてあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

bern(バーン)『BANDITO(バンディート)』

出典:Amazon

取得安全規格
CPSC、CE(EN1078、EN1077B)
重さ
S-M:505g、M-L:510g
サイズ
S-M:51.5-54.5cm、M-L:54.5-57cm
Thumb lg ff1457e7 a1f6 4a6e 9eea 0925279364cf
帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

大人用人気モデルをそのまま小さくした本格モデル

軽量で耐衝撃性にすぐれたモデルです。シェルは、ABS素材やポリカーボネートを使用し、EPSフォームとの組み合わせによって頑丈な作りとなっています。

後頭部でフィット感を調節するCRANK FITインナーシステムにより成長の早い子どもの頭にもしっかりとフィットさせることが可能。安全面では、CPSC(米国消費者製品安全委員会)、CEなどの認証を受けています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『コロン (CHCH4652)』

出典:Amazon

取得安全規格
SG規格
重さ
約370g
サイズ
46〜52cm
Thumb lg ff1457e7 a1f6 4a6e 9eea 0925279364cf
帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

北欧風のかわいらしいデザインと安全性を両立

カラーは、ピンク、ブルー、レッド、イエローグリーン、ライトブルーと明るい感じのラインナップになっています。女の子用やかわいらしい感じのヘルメットを探している人に最適です。

外表面がABS素材のハードシェルタイプで、丈夫な作りとなっています。子どもの頭にピッタリとフィットするサイズ調節アジャスターがついているのも便利です。SGマーク認証を受けているので、安心です。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『airio(エアリオ)』
OGK Kabuto(オージーケー カブト)『PAL(パル)』
BELL(ベル)『ZOOM2 (ズーム2)』
bern(バーン)『BANDITO(バンディート)』
BRIDGESTONE(ブリヂストン)『コロン (CHCH4652)』

商品

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『airio(エアリオ)』 OGK Kabuto(オージーケー カブト)『PAL(パル)』 BELL(ベル)『ZOOM2 (ズーム2)』 bern(バーン)『BANDITO(バンディート)』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『コロン (CHCH4652)』

特徴

軽量の本格的なスポーツヘルメット シンプルなデザインのソフトシェルヘルメット デザインと安全性の両方を求める方に 大人用人気モデルをそのまま小さくした本格モデル 北欧風のかわいらしいデザインと安全性を両立

価格

Amazon : ¥ 2,630
楽天市場 : ¥ 2,700
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,700
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,014
楽天市場 : ¥ 3,999
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,499
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,212
楽天市場 : ¥ 3,790
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,790
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 10,260
楽天市場 : ¥ 10,260
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,715
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,270
楽天市場 : ¥ 2,480
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,290
※各社通販サイトの 2019年6月19日時点 での税込価格

取得安全規格

SG規格 SG規格 CE(EN1078)、SG規格 CPSC、CE(EN1078、EN1077B) SG規格

重さ

約340g 235g XS/S:200g、M/L:218g S-M:505g、M-L:510g 約370g

サイズ

54〜56cm(M)、56〜60cm(L) 49〜54cm(未満) XS/S:48-54cm、M/L:52-56cm S-M:51.5-54.5cm、M-L:54.5-57cm 46〜52cm

商品情報

ECサイトの子ども用自転車ヘルメットランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの子ども用自転車ヘルメットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:子ども用自転車ヘルメットランキング
楽天市場:子ども用自転車ヘルメットランキング
Yahoo!ショッピング:子ども用自転車ヘルメットランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

子どもの安全面をフォローする自転車ヘルメットを親子で選ぼう

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 講師(元公立小学校教師)

子どもが巻き込まれた交通事故のうち、きちんとヘルメットを被っていれば亡くならずに済んだかも知れないケースが少なからずあるとされています。子どもが自転車などに乗りはじめたら、適切なヘルメットを被らせたいですね。

こういったものを選ぶさいは、安全性などの親の希望から数品を選び、最後は子ども自身に決めさせていくというやり方がいいのだと思います。子どもがあまり気に入らないまま購入しても、結局使用しないということになってしまう可能性があるからです。

キッズバイクは、子どもが自転車に乗るための練習に使う乗り物です。「バランスバイク」や「ランニングバイク」、「キックバイク」ともよばれます。子どもはキッズバイクで遊びながら、自転車に乗るために必要なバランス感覚を身につけることができます。小さい子どもが使うものだから慎重に選んであげたいですね。しかし、どんな点に注目して選べばいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では元公立小学校教師で、現在も子どもの教育について研究されている鈴木邦明さんへの取材をもとに、キッズバイクの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。本記事を参考に、お子さんが楽しんで乗れるキッズバイクを見つけてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/13 タグ修正およびコンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


砂場セットのおすすめ8選+α! おもちゃコンサルタントマスターが解説

砂場セットのおすすめ8選+α! おもちゃコンサルタントマスターが解説

この記事では、おもちゃコンサルタントマスター・加藤理香さんに砂場セットの選び方と、おすすめ商品をお聞きしました。セットになっているものに加えて、買い足しにもうれしい単品アイテムも紹介しています。幼いころ、砂場で泥だらけになって遊んだ思い出のある人は多いのではないでしょうか。そんな砂遊びには、スコップやバケツなどがセットになった「砂場セット」が便利です。商品によって、セット内容も異なりますので、お子さまにぴったりの砂場セットをみつけてあげましょう。


ビニールプールおすすめ10選【滑り台つきも】おもちゃコンサルタントマスターに聞く

ビニールプールおすすめ10選【滑り台つきも】おもちゃコンサルタントマスターに聞く

おもちゃコンサルタントマスター加藤理香さんへの取材をもとに、家庭用のビニールプールのおすすめ商品10選をご紹介します。子どもの年齢や設置場所、サイズなど、ビニールプールを購入するとなると悩んでしまいますね。では、ビニールプールを購入するには、どのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事ではビニールプールを選ぶときのポイントや、おすすめの商品を紹介します。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。はじめて購入する方はもちろん、追加購入や買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

スポーツライターで、ミラソルデポルテ代表の今 雄飛さんにおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。自転車のテールライトは、クルマからの視認性を高めるために必要な装備のひとつです。しかし自転車を、通勤だけに使用する、遠出をするなど用途によって、最適なテールライトは変わってきます。どのような点に注意して選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、ぴったりなテールライトを見つけてください。売れ筋ランキングも掲載しています。


【輪行袋おすすめ4選!】自転車ジャーナリストに聞いた|飛行機も電車移動も

【輪行袋おすすめ4選!】自転車ジャーナリストに聞いた|飛行機も電車移動も

電車などを使って自転車を手荷物として運ぶ輪行。いつもの場所とは違った景色のなかを走るのは楽しいものですが、輪行の規則に適した商品を選ばなければ、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。本記事では自転車ジャーナリストの菊地武洋さんにおうかがいした輪行袋の選び方とおすすめ商品を紹介します。プロの選び方を参考に、安全で快適な輪行を実現させましょう。


【自転車チェーンオイル】おすすめ商品6選|自転車ライターが選び方のコツを解説!

【自転車チェーンオイル】おすすめ商品6選|自転車ライターが選び方のコツを解説!

自転車ライターが選ぶ自転車チェーンオイル6選をご紹介します。自転車を長く愛用するためには、チェーンのメンテナンスが大切です。しかし、走るときの天候のほか、リキッドタイプやスプレータイプなどチェックするべきポイントが多く、どのように選べばいいか悩んでしまいます。本記事では、数ある自転車チェーンオイルの中から厳選した商品と選び方のポイントを、自転車ライターの浅野真則さんに解説していただきます。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。