電子書籍リーダーおすすめ15選|Kindle・kobo・文石ほかメーカー別に紹介

Amazon『Kindle』
出典:Amazon

本やコミックを購入してもかさばらず、数百から数千の電子書籍を持ち歩ける電子書籍リーダー。AmazonのKindleや楽天のkoboなど、PDFが閲覧できるものやタブレットとしての使用も可能なもの、特徴的なリーダーがたくさんあります。

この記事では、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が厳選したメーカー別のおすすめ電子書籍リーダーをご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ITライター
酒井 麻里子

IT分野を中心に、スマホ、PC、ガジェットなどのアイテムレビューや、企業DXの取材、業界・技術関連の解説記事などを手がける。 noteでは、趣味で集めているプログラミングロボットの話題なども発信。テレワーク×メタバースの可能性を考えるWEBマガジン『Zat's VR』運営。株式会社ウレルブン代表。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:PC・スマホ・カメラ,メンズファッション
横尾 忠徳

「PC・スマホ・カメラ」「メンズファッション」カテゴリーを担当。PC雑誌の編集経験者で、デジタル系商品に馴染みがある。一眼レフカメラやレンズ、メンズファッションにおいて、ユーザーとしての利用・購入機会が多く、物欲や感心が高い。

◆本記事の公開は、2019年06月11日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

電子書籍リーダーとは? メリット・デメリットを紹介

電子書籍リーダー
Pixabayのロゴ

電子書籍リーダーは電子書籍の読書に特化したデバイスで、ディスプレイは「電子ペーパー」を採用し、紙と同レベルの視認性を備えています。

大きなメリットとしては、画面の光もやわらかくブルーライトが発生しないので、長時間使用しても目に優しい設計になっていること。また、電池の消耗が少なくバッテリーが長持ちし、タブレットより本体が比較的軽いことも魅力です。リーズナブル価格のモデルもあるので、はじめての人にもトライしやすいところもポイントです。

スマートフォンやタブレットなどを電子書籍リーダーの代わりとして使うこともできますが、やはり使いやすさでは専用機器にはかなわないと言えるでしょう。

雑誌やカラー漫画を読む場合はタブレットにしよう

電子書籍リーダーは基本的に白黒です。そのため、小説やビジネス本は十分楽しめますが、ファッション雑誌やカラーの漫画など、色味が重要になる書籍は向いていません。ファッション雑誌やカラー漫画を楽しみたい場合にはタブレットか、もしくはアプリと連動させて使用することをおすすめします。

電子書籍リーダーの選び方

ここからは電子書籍リーダーを選ぶときのポイントをご紹介します。どういう点に注目して電子書籍リーダーを選んだらいいかよく分からないという方はぜひ参考にして、ご自身の使い方に合わせてぴったりの電子書籍リーダーを見つけてください。

利用中の電子書籍ストアに対応しているかチェック

資料チェック
Pixabayのロゴ

スマホなどですでに電子書籍ストアを利用しているのなら、そのストアに対応している電子書籍リーダーを選ぶようにしましょう。電子書籍リーダーによっては、ある特定のストアしか利用できないものもあります。購入する前にどのストア対応なのかのチェックが必要です。

もし複数のストアを使っているのであれば、複数のストアに対応している商品を選ぶとよいでしょう。

保存できるデータ容量をチェック

電子書籍リーダーは、電子書籍のデータを端末本体に保存して利用します。文字中心の本の場合、1冊あたりのデータ容量がそれほど大きくないため、容量の小さなモデルでもじゅうぶんに利用できます。

データ量の大きなマンガを読みたい場合は、32GBなどの大容量モデルも選択肢に入れて検討するといいでしょう。

とくに長期連載作品を電子書籍でそろえたい場合は、途中で容量オーバーになることがないように、ゆとりのあるモデルを選んでおいたほうが賢明です。

クラウド利用やSDカードでデータを拡張できる

 

『Boox Note2』

電子書籍は、端末本体に保存する以外にクラウドを利用できるモデルやSDカードで容量を拡張できるモデルがあります。

アカウントで管理するクラウドシステムなら複数のデバイスで閲覧が可能となります。SDカード対応ならつねに大量の書籍を持ち運べるメリットがあります。どちらのタイプがよいか用途や好みで選ぶとよいでしょう。

本体・画面サイズをチェック

電子書籍リーダーの場合、ディスプレイのサイズは小さいもので6インチ、大画面のモデルで8インチ程度となります。

6インチの場合、紙媒体の雑誌などは文庫本程度のサイズとなるのでかなりコンパクトに。持ち歩いてもじゃまになりません。ただし、マンガなどは少し読みにくいかもしれません。

一方、大画面のものはマンガを迫力あるサイズでたのしむことができますが、持ち歩くときに少々荷物になるのが難点です。読みたいコンテンツやどこで使うかに合わせて選ぶのがおすすめです。

解像度も確認しておこう

kindle

Photo by マイナビおすすめナビ

「ppi」は1インチあたりの画素数をあらわし、数値が高いほど細部までクリアに見ることができます。電子書籍リーダーは白黒表示が一般的ですが、白黒の濃淡をはっきりさせたりこまかなグラデーションを再現するため解像度も重要です。マンガやラノベの挿絵、ビジネス本のグラフなどは、解像度が高い方がよりきれいに見えるでしょう。

防水機能をチェック

防滴や防水に対する保護等級をあらわす数値「IPX」は、0から8まで9段階の等級があります。電子書籍リーダーのなかにはIPX8規格に準拠しているモデルも販売されているので、お風呂やキッチン、ビーチなどでも使用できて便利です。とはいえ、生活防水を目的として設計されているので、水中などの過度な使用は控えましょう。

PDFファイル機能があるかチェック

 

BOOX Note Pro

自宅にある大量の本を持ち歩きたいなら、PDFファイルとして電子書籍リーダーに取り込むとコンパクトに持ち歩けて便利です。自分で本をスキャンしたものを自炊本と呼ぶのですが、電子書籍リーダーによっては変換などの手間が必要なものとそうでないものがあります。

PDF以外のファイル形式もサポートしている商品もありますので、自炊本作成を考えている人はチェックしてみるとよいでしょう。

3種類の人気メーカーの特徴を比較

3種類のメーカーから販売されている電子書籍リーダーの違いをチェックしておきましょう。

Amazon『Kindle』

 

Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

大手通販サイトAmazonが展開する電子書籍リーダー。kindleストアの圧倒的な在庫数から書籍を選べるメリットがあります。またスマホやタブレットと連動することもできます。操作性も直感的で、読み込みスピードも申し分のない、シェアの高い電子書籍リーダーです。

楽天『kobo』

 

KOBO N249-KJ-BK-S-EP 電子書籍リーダー

電子書籍コンテンツやアプリ開発などを行うカナダの企業koboを、2012年に楽天が買収後、サービスを開始した電子書籍リーダー。一般的な機能はその他の電子書籍リーダーと変わりませんが、圧倒的なメリットはコストのお得感。数多くの書籍が比較的安く購入できることに加え、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

文石『Boox』

 

BOOX Max Lumi2

IBM、Google、Microsoftのチームによりアメリカ ロサンゼルスで創業され、中国広州に本社を置く先進家電企業。androidOSも搭載しているだけでなく、使用者の使い勝手を重視した表示切替機能、電子ペンを使用したメモ機能など、「読む」だけに留まらない使いやすさがあります。

Kindleかkoboが主流

 

Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

現在、日本で主流となっている電子書籍リーダーは、Amazonの「Kindle」と楽天の「kobo」に大別できます。

Kindleは、Amazon内のストアから1冊単位でコンテンツを購入できます。それに加え、Amazonの有料会員サービスである「プライム会員」なら対応作品が読み放題になる「Prime Reading」のサービスも利用可能。

一方のkoboは、専用の「楽天koboストア」でコンテンツを購入するしくみです。ポイント増量や割引クーポンなど、お得感の大きいキャンペーンも頻繁(ひんぱん)に行なわれています。

どちらもストアのラインナップは無料で見ることができるので、目的の本やマンガが決まっている場合は配信されているかをまずチェックしてみましょう。

電子書籍リーダーおすすめ4選|Kindle(Amazon)

電子書籍リーダーの選び方のポイントをふまえ、ITライター・酒井 麻里子と編集部が厳選したおすすめ商品をメーカー別にご紹介します。まずはKindle(Amazon)からご覧ください。

エキスパートのおすすめ

Amazon『Kindle』

Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新) Kindleフロントライト搭載Wi-Fi8GBブラック広告つき電子書籍リーダー+KindleUnlimited(3ヵ月分。以降自動更新)
出典:Amazon この商品を見るview item
ITライター:酒井 麻里子

ITライター

はじめての方におすすめ! シンプル&リーズナブル

6インチディスプレイを搭載した端末。Kindleシリーズのなかでは比較的リーズナブルで、はじめて電子書籍リーダーを購入する方にも適しています。

容量は8GBのモデルのみなので、文字中心の本をよく読むという方向け。前モデルにはなかったフロントライトが搭載されたので、暗い場所でもストレスなく読むことができます。

なお、Kindleシリーズには「広告つき」と「広告なし」の2種類の端末が用意されています。「広告つき」の場合、ロック画面などに広告が表示されます。

しかし、その分価格が抑えられているのでリーズナブルに端末を購入したい方におすすめ。気になってしまう方は「広告なし」を選ぶとよいでしょう。

エキスパートのおすすめ

Amazon『Kindle Paperwhite』

ITライター:酒井 麻里子

ITライター

目にやさしく長時間の読書でも疲れにくい

画面の精細さを示す「解像度」が300ppiと高く、文字やマンガが美しく表示されます。防水機能を搭載しているので入浴中に読書をたのしむことも可能です。

Wi-Fiのみのモデルに加えて、データ通信によるネット接続が可能な「Wi-Fi + 無料4G」も用意されています。

自宅にWi-Fi環境がない方や、外出先で電子書籍のダウンロードを行なう可能性がある方はこちらを選ぶといいでしょう。

エキスパートのおすすめ

Amazon『Kindle Oasis』

KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー KindleOasis色調調節ライト搭載wifi8GB広告つき電子書籍リーダー
出典:Amazon この商品を見るview item
ITライター:酒井 麻里子

ITライター

高精細な大画面ディスプレイがマンガ読みにうれしい

Kindleシリーズの上位モデル。ほかのKindle端末より大きな7インチのスクリーンを搭載し、画面も300ppiと高精細です。

8GBモデルと32GBのモデルが用意され、8GBなら約140冊、32GBなら約650冊のマンガを保存できます。

大容量モデルなので、データ量の大きいマンガをたくさん保存したい方、お気に入りのマンガを電子書籍で全巻そろえたいという方などにおすすめ。

こちらも防水対応なので場所を選ばずに使うことができます。

Amazon『Kindle キッズモデル』

KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー KindlePaperwhiteキッズモデルブラックカバー
出典:Amazon この商品を見るview item

子ども向けの本が読み放題になるキッズモデル

本体を購入すると1,000冊以上の子ども向けの本が1年間読み放題になるキッズモデルです。Amazonのコンテンツならすべて無料でクラウドに保存ができるので容量を気にせずたのしめるでしょう。

見守り機能がついていたり、ゲームやソーシャルメディアへのアクセスができないので、安心して子どもに与えられますね。

電子書籍リーダーおすすめ2選|QUADERNO(富士通)

続いて、QUADERNO(富士通)のおすすめをご紹介します。

富士通 『10.3型フレキシブル電子ペーパー』

【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04 【公式】富士通10.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA5サイズ/FMV-DPP04
出典:Amazon この商品を見るview item

想像以上の書きやすさで便利!

「書く」と「膨大な資料を持ち運ぶ」に特化した新しいビジネスツール電子ペーパーです。静電容量方式タッチパネルと専用スタイラスペンの組み合わせにより、まるで本物の紙のような自然な書き心地を実現。さらにペンには、消しゴムやマーカーにワンプッシュで切り替えられるボタンもついています。
コピー&ペースト機能、マーク検索機能など、紙のノートを超えるデジタル機能を搭載。想像以上に便利な一台。

富士通 『13.3型フレキシブル電子ペーパー』

【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト 【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト 【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト 【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト 【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト 【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト 【公式】富士通13.3型フレキシブル電子ペーパーQUADERNOA4サイズ/FMVDP41ホワイト
出典:Amazon この商品を見るview item

軽さが魅力のペーパーレスに役立つ1台

富士通QUADERNOシリーズのA4サイズモデル。13.3インチの大画面にも関わらず、約350gという軽さで気軽に持ち歩けます。2画面で文書を並べて作業したり、図版を多用するなどの作業をする人にオススメ。
また、約5.5時間のフル充電で、Wi-fiやBluetooth機能オフ状態で最長3週間、オン状態でも最長1週間の使用が可能と、バッテリー切れを気にせず使え安心です。

電子書籍リーダーおすすめ4選|kobo(楽天)

次に、kobo(楽天)のおすすめをご紹介します。

楽天『Kobo Nia』

KOBO|コボN306-KJ-BK-S-EP電子書籍リーダーKoboNiaブラック[6インチ] KOBO|コボN306-KJ-BK-S-EP電子書籍リーダーKoboNiaブラック[6インチ] KOBO|コボN306-KJ-BK-S-EP電子書籍リーダーKoboNiaブラック[6インチ]
出典:楽天市場 この商品を見るview item

お手ごろ価格が魅力の電子書籍リーダー

基本的な機能が充実したはじめてのかたでも扱いやすい電子書籍リーダーです。小説なら約6,000冊、コミックなら約150冊の書籍が入れられます。お手ごろ価格で購入できるのも魅力のひとつ。

PDFやGIF、TIFFなど対応できるファイルフォーマットの種類も豊富なので、ビジネスシーンでも活躍しますね。

楽天『Kobo Libra H2O』

Kobo7インチ電子書籍KoboLibraH2OホワイトN873-KJ-WH-S-EP Kobo7インチ電子書籍KoboLibraH2OホワイトN873-KJ-WH-S-EP Kobo7インチ電子書籍KoboLibraH2OホワイトN873-KJ-WH-S-EP Kobo7インチ電子書籍KoboLibraH2OホワイトN873-KJ-WH-S-EP Kobo7インチ電子書籍KoboLibraH2OホワイトN873-KJ-WH-S-EP
出典:Amazon この商品を見るview item

読みやすさを追求した電子書籍リーダー

上位モデルである「kobo forma」の特徴を継承するE-Ink端末。紙のコミックと同じように見開き表示で臨場感あふれるシーンもたのしめ、ページめくりボタンなどの読みやすさを追求したこだわりも。

防水機能IPX8やスクリーン調整機能つきなので、室内でも屋外でも場所を選ばず快適に読書ができるでしょう。

エキスパートのおすすめ

楽天『kobo clara HD』

楽天N249-KJ-BK-S-EP電子書籍リーダーKoboClaraHDブラック 楽天N249-KJ-BK-S-EP電子書籍リーダーKoboClaraHDブラック 楽天N249-KJ-BK-S-EP電子書籍リーダーKoboClaraHDブラック
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ITライター:酒井 麻里子

ITライター

コンパクトながら大容量メモリを内蔵

koboシリーズのなかではリーズナブルなモデル。300ppiの高精細ディスプレイを搭載しているので美しい画面で電子書籍をたのしめます。

エントリーモデルながら8GBの容量を搭載し、マンガで約150冊、文字メインの本で約1500冊の保存が可能。

6インチと持ち運びやすいサイズなので、外出が多く出先でマンガや読書をたのしむ機会の多い方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

楽天『kobo forma』

Kobo8インチ電子書籍KoboFormaブラックN782-SJ-BK-S-EP Kobo8インチ電子書籍KoboFormaブラックN782-SJ-BK-S-EP Kobo8インチ電子書籍KoboFormaブラックN782-SJ-BK-S-EP
出典:Amazon この商品を見るview item
ITライター:酒井 麻里子

ITライター

フロントライトと防水機能で場所を選ばず読書可能

koboシリーズの上位モデル。フロントライトを搭載し、防水にも対応しているので、浴室や暗い場所などさまざまな場所で利用できます。

ディスプレイ下部に搭載された物理ボタンでページをめくることも可能。浴室での閲覧や、手がぬれている場合でもスムーズに操作することができます。

8インチの大画面で見開き表示にも対応しているので、紙の書籍に近い感覚でマンガをたのしむことができます。

さらに、データ容量は32GBと大容量。たくさんのマンガを保存してたのしみたい方におすすめです。

電子書籍リーダーおすすめ5選|Boox(文石)

続いて、Boox(文石)のおすすめをご紹介します。

文石『BOOX Max Lumi2』

BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載 BOOXMaxLumi2電子書籍リーダー電子メモ帳Android11GooglePlay搭載
出典:Amazon この商品を見るview item

13.3インチの大画面でAndroid搭載

BooxシリーズはAndroidを搭載した電子書籍リーダーです。Google Playからストアアプリをインストールすれば電子書籍を購入できます。

こちらのMaxLumi2は13.3インチの大画面が特徴で、A4とほぼ同じサイズ。大きさをいかして目にやさしいPCのサブディスプレイとしても使用できるでしょう。

文石『Boox Note2』

強力プロセッサを搭載した高性能モデル

薄くて軽いボディに64GBの大容量ストレージ。2Ghzの強力なオクタコアプロセッサを搭載し、指紋スキャナーやスピーカーがついた高性能モデルです。

語学学習アプリやニュースアプリを使って学習したりニュースを読んだり、電子版の新聞を読んだりと、幅広く活用できるでしょう。

文石『BOOX Nova2』

持ち運びしやすくて読み書きできる!

持ち運びしやすい7.8インチサイズに、300ppiの解像度を誇る読み書きできるタブレットです。シャープで鮮明な画面は、長時間の使用でも目が疲れにくいのが特徴。

また、デジタル化された書物の画面に、付属のペンで直接書き込みができるので、読みながら気になるところをメモすることも可能ですよ。

文石『BOOX Note Pro』

BOOX-NotePro BOOX-NotePro BOOX-NotePro
出典:楽天市場 この商品を見るview item

64GBの大容量ストレージモデル

10.3インチのディスプレイと64GBの大容量ストレージが魅力的なモデルです。暖光、冷光を調整し、暗闇でも読書が可能。

オーディオフォーマットにも対応しているので、Bluetoothスピーカーに接続すれば、音楽やオーディオブックもたのしめます。テキスト読み上げ機能は、自動で音読してくれるので便利ですよ。

文石『BOOX Nova Pro』

BOOX|ブークスAndroidタブレットNova3Colorブラック[7.8型/Wi-Fiモデル/ストレージ:32GB] BOOX|ブークスAndroidタブレットNova3Colorブラック[7.8型/Wi-Fiモデル/ストレージ:32GB] BOOX|ブークスAndroidタブレットNova3Colorブラック[7.8型/Wi-Fiモデル/ストレージ:32GB]
出典:楽天市場 この商品を見るview item

インタラクティブで直観的な操作性が魅力

指による操作とスタイラスペンによるデュアルタッチを搭載した多機能な電子リーダーです。USB Type-Cと対応しているので、パソコンにつなげば高速のデータ転送が可能に。

単語を辞書検索したり、アプリをダウンロードしたりと、よりインタラクティブで直観的な操作ができるでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Amazon『Kindle』
Amazon『Kindle Paperwhite』
Amazon『Kindle Oasis』
Amazon『Kindle キッズモデル』
富士通 『10.3型フレキシブル電子ペーパー』
富士通 『13.3型フレキシブル電子ペーパー』
楽天『Kobo Nia』
楽天『Kobo Libra H2O』
楽天『kobo clara HD』
楽天『kobo forma』
文石『BOOX Max Lumi2』
文石『Boox Note2』
文石『BOOX Nova2』
文石『BOOX Note Pro』
文石『BOOX Nova Pro』
商品名 Amazon『Kindle』 Amazon『Kindle Paperwhite』 Amazon『Kindle Oasis』 Amazon『Kindle キッズモデル』 富士通 『10.3型フレキシブル電子ペーパー』 富士通 『13.3型フレキシブル電子ペーパー』 楽天『Kobo Nia』 楽天『Kobo Libra H2O』 楽天『kobo clara HD』 楽天『kobo forma』 文石『BOOX Max Lumi2』 文石『Boox Note2』 文石『BOOX Nova2』 文石『BOOX Note Pro』 文石『BOOX Nova Pro』
商品情報
特徴 はじめての方におすすめ! シンプル&リーズナブル 目にやさしく長時間の読書でも疲れにくい 高精細な大画面ディスプレイがマンガ読みにうれしい 子ども向けの本が読み放題になるキッズモデル 想像以上の書きやすさで便利! 軽さが魅力のペーパーレスに役立つ1台 お手ごろ価格が魅力の電子書籍リーダー 読みやすさを追求した電子書籍リーダー コンパクトながら大容量メモリを内蔵 フロントライトと防水機能で場所を選ばず読書可能 13.3インチの大画面でAndroid搭載 強力プロセッサを搭載した高性能モデル 持ち運びしやすくて読み書きできる! 64GBの大容量ストレージモデル インタラクティブで直観的な操作性が魅力
ディスプレイ 6.0インチ 6.0インチ 7.0インチ 6.0インチ 10.3インチ 13.3インチ 6.0インチ 7.0インチ 6.0インチ 8.0インチ 13.3インチ 10.3インチ 7.8インチ 10.3インチ 7.8インチ
内蔵メモリ容量 4GB 8GB/32GB 8GB/32GB 8GB 16GB 16GB 約8GB 約8GB 8GB 32GB 64GB 64GB 32GB 64GB 32GB
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 167ppi 227ppi 206ppi 212ppi 300ppi 300ppi 300ppi 207dpi 227ppi 300ppi 227ppi 300ppi
防水 × IPX8規格準拠(水深2m/最大60分耐久) IPX8規格準拠(水深2m/最大60分耐久) - - IPX8規格準拠(水深2m/最大60分耐久) × IPX8規格準拠(水深2m/最大60分耐久) - - - - -
サイズ(幅×高さ×厚さ) 113×160×8.7mm 116×167×8.18mm 141×159×8.3mm 119×162×14mm (キッズカバー含む) 174×243×6mm 224×302.6×5.9mm 112.4×159.3×9.2mm 159×144×5〜7.8mm 111×157×8.3mm 160×177.7×4.2~8.5mm 309.8×227.8×6.8mm 177.8×249.5×7.1mm 137×197.3×7.7mm 178.8×249.5×6.8mm 137×196.3×7.7mm
重さ 174g 182g 194g 288g(キッズカバー含む) 251g 350g 172g 192g 166g 197g 490g 378g 265g 390g 275g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 電子書籍リーダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの電子書籍リーダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:電子書籍リーダーランキング
楽天市場:電子書籍リーダー本体ランキング
Yahoo!ショッピング:電子書籍リーダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

電子書籍リーダーに関するQ&A よくある質問

question iconメーカーごとの処理速度について違いを教えてください。

answer icon

電子書籍リーダーの処理能力は、メーカーや上位機ともにどれも大差はありません。

question icon上位機だと何が違うのですか?

answer icon

上位機では、防水・内蔵ライト・ページめくりボタン・文字の見やすさ(解像度)などの追加・改良などが行われています。

question icon反応速度が遅いと聞きますが?

answer icon

スマホやタブレットよりもコンマ何秒か遅いのが電子書籍リーダーの特徴です。

電子書籍リーダーに関するそのほかのおすすめ 【関連記事】

たくさん電子書籍を読むなら、専用端末は一択

電子書籍は、スマホやタブレットでも読むことができます。しかし、電子書籍リーダーには、専用端末ならではのメリットがあります。

たとえば、バッテリーの持ちがよく、旅行など長時間の移動でも電池切れを気にせずに使える点や、メールなどの通知にじゃまされることなく読書に集中できる点などです。

ふだんからスマホなどで電子書籍を読むことが多い方や、これからたくさん書籍を読みたいと思っている方は電子書籍リーダーを使うことで、これまで以上に読書をたのしめるでしょう。購入の際には、ディスプレイの大きさやデータ容量に着目しながら選択してください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部