【富士フイルム】カメラ評論家が選ぶ広角レンズおすすめ6選|Xマウント・フジノンレンズ

【富士フイルム】カメラ評論家が選ぶ広角レンズおすすめ6選|Xマウント・フジノンレンズ
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

外出先や旅先で美しい風景を目にした時、1枚の写真におさめたいと思ったことはありませんか? それを可能にしてくれるのが広角レンズです。富士フイルムの交換レンズのマウントは「Xマウント」で統一されており、XFとXCのふたつのラインがあります。富士フイルム「フジノンレンズ」のほか、カールツァイス社の対応レンズもあります。豊富なラインナップから「どのレンズをえらべばいいかわからない」と迷う人もいるでしょう。この記事では、写真家、カメラ評論家の田中希美男さんから、富士フイルムの交換レンズ、広角レンズの選び方についてアドバイスをいただきました。田中さんが厳選した6つの広角レンズをご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


【富士フイルム】広角レンズの選び方|写真家、カメラ評論家に聞く!

写真家、カメラ評論家田中希美男さんに、富士フイルム広角レンズを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

広角レンズ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

交換式レンズが使えるミラーレス一眼を持っているなら、広角レンズは手に入れておきたいですね。

F値の明るいXFシリーズか? 安価なXCシリーズか?

写真家、カメラ評論家

富士フイルムのレンズ交換式デジタルカメラは、APS-CミラーレスカメラのXシリーズのみです。

ボディ、交換レンズのマウントは「Xマウント」で統一されており、XFとXCのふたつのラインがあります。

XFレンズは高性能で、価格は少し高め。開放F値の明るいレンズが多く、防塵、防滴、耐低温の構造を備えたものもあります。ほんの一部のレンズを除いて、絞り値を手動で設定できる絞りリングが備わっています。

XCレンズの特徴はコンパクトで軽量なこと。レンズマウントはプラスチック製で、XFレンズに比べて低価格です。現在は本数も少なく、ボディキット用として使われているレンズも。おすすめレンズはXFレンズの中から選びました。

富士フイルム『フジノンレンズ XF23mmF2 R WR』

性能優先で選ぶか、もしくはコスパのよさプラス軽量&コンパクトさで選ぶか、まずはカメラを選ぶ優先順位を決めておくと選びやすくなります。

>> Amazonで詳細を見る

XFレンズシリーズの絞りリングに注目

写真家、カメラ評論家

XFシリーズのレンズの多くには、絞り値を設定するための回転リング(絞りリングまたは絞り環ともいいます)が備わっていています(薄型パンケーキタイプの『XF27mmF2.8』だけは絞りリングなし)。

他のメーカーでは、以前は多くのレンズに絞りリングが設けられていました。しかし、最近のレンズではカメラボディとレンズとの通信や設定をメカ制御式から電気制御式に変更され、それに伴って絞りリングがなくなってきています。

そんななか、XシリーズのカメラやXFレンズでは、アナログ式(メカ制御式)を採用することを優先する設計のため、絞りリングがあることが大きな特長です。

絞りリングのあるレンズは、いわばアナログ式でレンズ外観をひと目見ただけで、現在の絞り値が瞬時に判別できる利点があります。できるだけ絞りリングのあるレンズを選ぶことをおすすめします。

レンズ内手ブレ補正の有無を確認する

写真家、カメラ評論家

XFレンズ、XCレンズのシリーズにはレンズ内手ブレ補正(OIS・Optical Image Stabilize)の機能のあるものと、ないものがあります。

OIS内蔵レンズはおもにズームレンズに多く、OISを内蔵している単焦点レンズは数本のみです。

手ブレ補正の機能は、ごくわずかな手ブレでも補正してぶれの目立たないシャープな画像にしてくれることです。手ブレ補正機能を持たないレンズは、そのわずかなぶれが撮影した画像に影響して、せっかくの高性能なレンズ描写を台無しにしてしまいます。

手ブレ補正あり、なしのどちらを選ぶかと言えば、文句なしに手ブレ補正を内蔵したレンズです。

富士フイルム『フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS』

撮影ミスの原因によくあるのがシャッターを押すあいだにカメラを動かしてしまう「手ブレ」です。手ブレによるピンボケをレンズの性能で軽減することが可能です。

>> Amazonで詳細を見る

【富士フイルム】広角レンズのおすすめ商品6選 |写真家、カメラ評論家が推薦

上で紹介した選び方のポイントをふまえて、現役の写真家であり、カメラ評論家でもある田中希美男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム『フジノンレンズ XF14mmF2.8 R』

富士フイルム『フジノンレンズXF14mmF2.8R』 富士フイルム『フジノンレンズXF14mmF2.8R』 富士フイルム『フジノンレンズXF14mmF2.8R』 富士フイルム『フジノンレンズXF14mmF2.8R』 富士フイルム『フジノンレンズXF14mmF2.8R』

出典:Amazon

レンズ構成、絞り羽根枚数 7群10枚、2枚(非球面レンズ)3枚(異常分散レンズ)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.12倍
フィルター径 58mm
最大径×長さ、重さ Φ65mm×58.4mm、235g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

歪みの少ない優れた描写力の広角レンズ

フルサイズ換算で21mm相当になる、XFシリーズ中もっとも広角のレンズです。歪曲収差を徹底的に抑えて、直線が歪まず真っ直ぐに写ることが特長。

光学設計を工夫して歪曲収差だけでなく他の収差も丁寧に補正して目立たなくすることで、画面中心から周辺まで均一で高い解像感を実現しています。

レンズ鏡筒には距離指標・被写界深度指標とフォーカスリングを備えており、指標を目安にリング操作してマニュアルでピントを合わせて素早く撮影することも可能。絞り値はレンズ鏡筒にある1/3EVクリックの絞りリングを回転セットするアナログ方式です。

Xシリーズの純正交換レンズで、単焦点レンズに限定すればいちばんの広角レンズはこの14mmレンズです。単焦点レンズで超広角を、と希望するならこちらがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム『フジノンレンズ XF18mmF2 R』

富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』 富士フイルム『フジノンレンズXF18mmF2R』

出典:Amazon

レンズ構成、絞り羽根枚数 7群8枚、2枚(非球面レンズ)
最小絞り F16
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 0.14倍
フィルター径 52㎜
最大径×長さ、重さ Φ64.5mm×33.7mm、116g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

軽さが特長の28mm相当のレンズ

フルサイズ判換算で27mmであることから、広角"定番"レンズといえる28mm相当のレンズとして使用できます。

この『XF18mmF2 R』の特長は、長さ約3cm、重さ約100gという、軽量のレンズであること。開放絞り値がF2という大口径レンズであることも魅力です。最短撮影距離は80cmですが、カメラ側の設定でマクロモードを選択すれば最短18cmまで近づいて撮影することも可能。

レンズ名にRとついていることからもわかるように、1/3EVのクリックステップ付きの絞りリングを採用しています。昔ながらのリング式絞り値設定の方式にこだわる人も多く、ファンも多い。そういった人たちにはコンパクトな18mmレンズがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム『フジノンレンズ XF23mmF2 R WR』

富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF23mmF2RWR』

出典:Amazon

レンズ構成、絞り羽根枚数 6群10枚、2枚(非球面レンズ)
最小絞り F16
最短撮影距離 0.22m
最大撮影倍率 0.13倍
フィルター径 43㎜
最大径×長さ、重さ Φ60.0mm×51.9mm、180g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

費用対効果の高い35mm相当の小型単焦点

フルサイズ換算35mm相当の画角で撮影ができます。XFシリーズには同じ焦点距離で、開放F値がちょうど1段ぶん明るい『XF23mmF1.4 R』があります。

いろいろと「こだわり」のある魅力的なレンズなのですが、価格が倍ほど高くなることと、防塵防滴耐低温(WR・Weather Resistant)仕様になっていないことなどを考えて、ここでは『XF23mmF2 WR』のほうをおすすめレンズとしました。

じつは私自身はF2レンズユーザーで、F1.4の大口径レンズにはひかれるところもあるのですが、F2の開放絞り値でも実用上なんの支障もなく使用できています。コストパーフォーマンスも写りもいい、小型軽量なレンズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム『フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR』

富士フイルム『フジノンレンズXF8-16mmF2.8RLMWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF8-16mmF2.8RLMWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF8-16mmF2.8RLMWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF8-16mmF2.8RLMWR』 富士フイルム『フジノンレンズXF8-16mmF2.8RLMWR』

出典:Amazon

レンズ構成、絞り羽根枚数 13群20枚、4枚(非球面レンズ)3枚(EDレンズ)3枚(スーパーEDレンズ)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.1倍
フィルター径
最大径×長さ、重さ Φ88mm×121.5mm、805g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

防塵防滴仕様の高性能な広角ズームレンズ

やや高価なレンズですが、その価格に見合うだけの機能を持ったすぐれた広角ズームレンズです。

レンズ名にある「R」はメカ式の絞りリングを搭載していること、「LM」は静かで応答性にすぐれたリニアモーターを採用していること、「WR」は防塵・防滴・耐低温仕様であることを意味しています。

広角ズームレンズとしては大口径と言えるF2.8の解放F値と、ズーミングで絞り値が変化しないことが特長。非球面レンズ4枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ3枚から成る13群20枚のレンズを持った、贅沢で高性能なズームレンズだと言えます。

少し大きめのズームレンズですが、描写性能は素晴らしいので、もし予算余裕がある方にぜひおすすめしたい1本です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム『フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS』

富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』 富士フイルム『フジノンレンズXF10-24mmF4ROIS』

出典:Amazon

レンズ構成、絞り羽根枚数 10群14枚、4枚(非球面レンズ)4枚(異常分散レンズ)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.16倍
フィルター径 72㎜
最大径×長さ、重さ Φ78mm×87mm、410g
手振れ補正 あり

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

防塵防滴仕様の高性能な広角ズームレンズ

フルサイズ判換算で15mm~36mmという、広角域レンズとしてはもっとも頻繁に使用する常用画角をカバーしているズームレンズ。

XF広角レンズの中では珍しい手ブレ補正(OIS)を内蔵しており、カメラ内手ブレ補正を備えた『X-H1』(最新ファームウエア搭載)と組み合わせれば、手ブレ補正効果をより強力にすることができます。

通常の最短撮影距離は50cmのところ、カメラ側でマクロ設定をすれば24cmまで近づけることや、ズーミングしても変化しない開放F値、非球面レンズを4枚、異常低分散ガラスを4枚も使った贅沢な光学設計をしていることなども魅力です。

手ブレ補正の機能を内蔵した超広角ズームレンズを希望している人におすすめしたいレンズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カールツァイス『ZEISS Touit 2.8/12』

カールツァイス『ZEISSTouit2.8/12』 カールツァイス『ZEISSTouit2.8/12』 カールツァイス『ZEISSTouit2.8/12』 カールツァイス『ZEISSTouit2.8/12』 カールツァイス『ZEISSTouit2.8/12』

出典:Amazon

レンズ構成、絞り羽根枚数 8群11枚
最小絞り F2.8
最短撮影距離 0.18m
最大撮影倍率
フィルター径 68㎜
最大径×長さ、重さ Φ68㎜×68㎜、270g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

12mm超広角画角をカバー。ツァイス製広角レンズ

ドイツの有名光学メーカー「カールツァイス」の交換レンズです。

フルサイズ換算18mmの画角で撮影可能。ツァイス製レンズは重くて大きなものが多いのですが、このレンズはコンパクトに仕上げられています。

本品の魅力はAF対応であること。MFに切り替えることもできますが、手軽に撮影できるという点ではAFに勝るものはありません。

もう1つの魅力は、ツァイス社のレンズに施される「T*(ティースター)レンズコーティング」。魔法のコーティングとも呼ばれる同社の技術は、豊かな諧調描写と忠実な色再現を実現しており、富士フイルムの「X-Trans CMOSセンサー」との相性はとても良いです。

古くからのツァイスレンズの「味」を知っていて、そのファンの方々にはおすすめしたいレンズです。

「富士フイルム・広角レンズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
富士フイルム『フジノンレンズ XF14mmF2.8 R』
富士フイルム『フジノンレンズ XF18mmF2 R』
富士フイルム『フジノンレンズ XF23mmF2 R WR』
富士フイルム『フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR』
富士フイルム『フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS』
カールツァイス『ZEISS Touit 2.8/12』
商品名 富士フイルム『フジノンレンズ XF14mmF2.8 R』 富士フイルム『フジノンレンズ XF18mmF2 R』 富士フイルム『フジノンレンズ XF23mmF2 R WR』 富士フイルム『フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR』 富士フイルム『フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS』 カールツァイス『ZEISS Touit 2.8/12』
商品情報
特徴 歪みの少ない優れた描写力の広角レンズ 軽さが特長の28mm相当のレンズ 費用対効果の高い35mm相当の小型単焦点 防塵防滴仕様の高性能な広角ズームレンズ 防塵防滴仕様の高性能な広角ズームレンズ 12mm超広角画角をカバー。ツァイス製広角レンズ
レンズ構成、絞り羽根枚数 7群10枚、2枚(非球面レンズ)3枚(異常分散レンズ) 7群8枚、2枚(非球面レンズ) 6群10枚、2枚(非球面レンズ) 13群20枚、4枚(非球面レンズ)3枚(EDレンズ)3枚(スーパーEDレンズ) 10群14枚、4枚(非球面レンズ)4枚(異常分散レンズ) 8群11枚
最小絞り F22 F16 F16 F22 F22 F2.8
最短撮影距離 0.3m 0.8m 0.22m 0.25m 0.5m 0.18m
最大撮影倍率 0.12倍 0.14倍 0.13倍 0.1倍 0.16倍
フィルター径 58mm 52㎜ 43㎜ 72㎜ 68㎜
最大径×長さ、重さ Φ65mm×58.4mm、235g Φ64.5mm×33.7mm、116g Φ60.0mm×51.9mm、180g Φ88mm×121.5mm、805g Φ78mm×87mm、410g Φ68㎜×68㎜、270g
手振れ補正 - - - - あり -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

XF、XCレンズのレンズ名の記号は重要ポイント|写真家、カメラ評論家からのアドバイス

写真家、カメラ評論家

XFレンズ、XCレンズのレンズ名称には焦点距離と開放絞り値のほかにさまざまな記号が付いています。

たとえば「R」ですが、これはレンズ鏡筒に絞り値が手動で設定できる絞りリングを備えていることを意味してます。

ほかに「OIS」はレンズシフト方式の手ブレ補正の機能を備えたレンズのことでオプティカル・イメージ・スタビライゼイションの略です。

「WR」は防塵、防滴、そしてマイナス10度までの低温でも動作保証する機構を備えたレンズのことです。

しっかりとレンズの仕様データを確認することを怠らなければ満足のいくレンズと出会うことができますよ。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/17 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


タムロンの広角レンズおすすめ10選|単焦点とズームレンズを厳選

タムロンの広角レンズおすすめ10選|単焦点とズームレンズを厳選

タムロンをはじめとするレンズメーカーが展開する交換レンズのラインナップには、純正レンズにはない焦点距離をカバーしたものや、すぐれた描写性能のわりに価格が安く設定されているものなど、魅力的な製品がたくさんあります。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんが選んだタムロンの広角レンズのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせてご覧ください。


カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


レンズフードおすすめ8選|レンズを保護! ニコン、キヤノンなど厳選

レンズフードおすすめ8選|レンズを保護! ニコン、キヤノンなど厳選

レンズフードは、不要な光が写りこまないようにする日よけのような存在。帽子のつばで目が影に入るとものが見やすくなるように、レンズ周りをおおうことによって被写体をとらえやすくしてくれます。また、衝突や落下からレンズを保護してくれます。ここでは、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選んだレンズフードのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


防水性能や三脚収納も!カメラバッグおすすめ15選|フォトグラファーが選び方も解説

防水性能や三脚収納も!カメラバッグおすすめ15選|フォトグラファーが選び方も解説

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、カメラバッグの正しい選び方とおすすめのバッグを紹介します。大切なカメラを運ぶとき、落下などの外部のダメージから守るのに必須のカメラバッグ。カメラバッグはショルダータイプのものやリュックタイプのものなどその種類は豊富にあり、シーンに合わせて選ぶことができます。しかし、それゆえにカメラバッグにくわしくなければ、何を基準に選んでいいのかわからない人も案外多いのです。リュックタイプのカメラバッグやカメラ女子注目のかわいい商品など、たくさんのカメラバッグをご紹介しているので参考にしてみてくださいね。


【2020年】Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズを厳選

【2020年】Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズを厳選

Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格。標準ズームで満足できない人は写真撮影の構成の幅をぐっと広げることができます。Aマウントレンズとの違いは、接合部分(マウント)の規格です。この記事では、プロカメラマンの武石 修さんが選んだEマウントレンズおすすめ6選と選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る