ボルドー産の白ワインおすすめ11選|専門家も微笑む味を多数紹介

ボルドー産の白ワインおすすめ11選|専門家も微笑む味を多数紹介

フランスのボルドーで生産された白ワイン。同じ産地でも製造される地域やシャトーによって味わいや風味がまったく違います。そこで、日本ソムリエ協会認定のワインエキスパート・石関華子さんがワインの選び方や「ワインをどう選べばいいの?」という疑問にお答えします。白ワインを普段の料理に合わせてみたり、お世話になっている人へのプレゼントにしてみたり、用途によってピッタリ合ったワインが見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。


目次

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

ボルドーの白ワインとは

グラスに入った白ワイン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ボルドーの白ワインのブドウ品種や作られる地域、フランスのAOCなどについて、まずはご紹介します。

ブドウ品種について

ボルドーの白ワインは、ソーヴィニョン・ブランとセミヨンが主流。この2つのブドウ品種で作られるものが、ボルドーの白ワインの9割をしめます。ブレンドされたものがメインですが、ソーヴィニョン・ブラン種は辛口、セミヨン種は甘口という特徴を持ちます。

作られる地域について

ボルドー地区で作られる白ワインは、村や地区の名前がそのままラベルに載っています。有名なところでいうと、メドックやグラーブ、ソーテルヌなど。またボルドーとひとくくりに言っても、地域ごとに作られるワインの特徴が異なります。

フランスのAOCについて

ワインの本場・フランスでは、国内各地の伝統的なワインを守るためにAOC(原産地呼称統制法)という法的な規制がもうけられています。そのなかには品種や栽培方法、醸造方法、アルコール度数などの基準が設定され、その厳しい規定を満たしたワインだけが、原産地を名乗ることが許されています。

ボルドー産白ワインの選び方

ボルドー白ワイン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんへの取材をもとに、ボルドーの白ワインを選ぶときのポイントをご紹介します。

【1】品種の違い

まずはボルドーの白ワインに使われるブドウ品種についてです。ご紹介したように、ボルドーの白ワインに使われているブドウ品種は、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンがメインです。それぞれの特徴をみてみましょう。

辛口のソーヴィニヨン・ブラン

白ブドウ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

白ワイン用のブドウ品種であるソーヴィニヨン・ブランは、そのさわやかな香りが特徴。またしっかりめの酸味とフルーティななかにも苦味のある味わいで、口当たりのいいワインです。また辛口ワインの主体として用いられることが多い品種ですね。

栽培される地域においても違いの出るソーヴィニヨン・ブランは、北の方ではハーブなどの香りが、南の方では果実のような風味がより強くなります。

甘口のセミヨン

2種類の白ブドウ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ボルドーのセミヨンは、ソーヴィニヨン・ブランとブレンドすることが多いブドウ品種です。落ち着いた果実味で上品な味わいを持つのが特徴。

とくに長く熟成させたセミヨンは、コクのある世界最高峰の甘口ワインとして知られています。

【2】辛口か甘口を選ぶ

ボルドーの白ワインのなかにも、甘口・辛口があります。大きく特徴が異なりますので、好みの味わいを選んでみてください。

香り高い辛口ワイン

ボルドーの白ワインを選ぶときには、まず辛口か甘口かをチェックしましょう。また味わいは、それぞれの生産地域やブドウ品種などによっても異なってきます。

主にボルドーの辛口白ワインは、さわやかで香り高いものが多いです。

極甘口の貴腐ワインが有名

ボルドーの甘口ワインとして有名なのは貴腐ワインでしょう。貴腐菌がついたブドウから作り出される貴腐ワインは、濃厚な甘みと独特な香りを持つ極甘口のワインです。

【3】生産地区から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じボルドー地方の白ワインであっても、生産地区ごとにその個性はさまざまです。代表的な白ワインの生産地区としては、すっきりとした辛口の白ワインを生み出す「アントル・ドゥ・メール地区」、芳醇で複雑味のある白ワインを生み出す「グラーヴ地区」などが挙げられます。また、「ソーテルヌ地区」は、甘口のデザートワインの代表格である貴腐ワインの産地として有名です。

このように地区ごとに生産される白ワインの個性が異なるので、お好みやその日の気分に合わせてワインの生産地区から選ぶというのもおすすめです。

●メドック地区

メドックは、ボルドー地方の北部及びガロンヌ河の西側にある地区になります。赤ワインの生産地として有名ですが、そのかげで良質な白ワインも造られていますよ。

●グラーヴ地区

グラーヴはガロンヌ河の西側にあり、メドック地区の南側にある地区。赤も白もどちらのワインも生産していますが、高品質な辛口の白ワインをつくることで有名です。

●ソーテルヌ地区

ソーテルヌの貴腐ワインは高品質で、ときに数十万円という価値を生み出すこともあります。ソーテルヌの気候が生み出した貴腐ワインは、極上の甘口だと言われます。

●アントル・ドゥ・メール地区

リーズナブルで良質な白ワインの扱いが多いのも特徴です。赤ワイン生産が多いボルドー地方のなかでも、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンが栽培されている白ワインの産地です。飲みやすい辛口を探しているなら、アントル・ドゥ・メール地区の白ワインはいかがでしょう。

【4】合わせる料理から選ぶ

ワインと料理
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ボルドー地方ではさまざまな味わいの白ワインが生産されているため、それぞれ相性のいい料理というのも変わってきます。

一般的に、すっきりとした辛口の白ワインには、あっさりとした味付けの料理や軽めの料理、まろやかで芳醇な白ワインには、クリームやバターなどを使った料理、甘口の貴腐ワインには甘いデザートやチーズなどがよく合います。

このように、ワインの味わいによって相性のいい料理が異なるため、合わせたい料理からワインを選ぶというのもおすすめです。

【5】ワインの生産者「シャトー」から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

フランスのボルドー地方でブドウ栽培やワイン醸造を手掛けるワイナリーは、伝統的に「シャトー」と呼ばれています。ボルドー地方の白ワインを選ぶときは、このシャトーで選ぶというのもおすすめです。

一般的にフランスのボルドー地方の白ワインは、複数のブドウ品種をブレンドしてつくられているのですが、ブレンドされるブドウ品種の比率(セパージュ)はシャトーごとに異なります。また、ブドウ畑の立地条件やブドウの栽培方法、醸造方法などもシャトーによってさまざまです。ですので、シャトーが変わればワインの味わいもまったく別のものになります。

好みの味わいを探すのはもちろんのこと、シャトーごとのワインづくりへの取り組み方や、歴史などからワインを選んでみてもいいでしょう。

【6】贈りものにする場合は格づけも目安のひとつに選ぶ

ワインのプレゼント
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

贈りもの用のボルドー地方の白ワインを選ぶときは、格づけを目安にして選ぶのもおすすめです。「ソーテルヌ地区」では、とくにすぐれた貴腐ワインを生産するシャトーが上から順に「特別第1級」、「第1級」、「第2級」に格づけされています。また、「グラーヴ地区」でも、とくにすぐれた白ワインを生産する9つのシャトーが格づけされています。

ただし、格づけされているシャトーのワインだからといって、必ずしもすべての人の口に合うとは限りません。格づけされていないシャトーのワインでもおいしいものはたくさんあるので、格づけはあくまでもワイン選びのひとつの目安とするようにしましょう。

ボルドー産の白ワインおすすめ11本

うえで紹介したボルドー産白ワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんと編集部が選んだおすすめのワインを紹介します。これから初めてボルドーの白ワインを購入してみたいという方も、ワイン好きでプロのおすすめを知りたいという方もぜひ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シャトー・カルボニュー『シャトー・カルボニュー・ブラン 2015』

シャトー・カルボニュー『シャトー・カルボニュー・ブラン2015』

出典:Amazon

産地 フランス(ボルドー/グラーヴ地域)
品種 ソーヴィニヨン、セミヨン、ミュスカデル
生産者 シャトー・カルボニュー
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 13%

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

特別な日に飲みたいグラーヴ地区格づけワイン

贈りものにしたり、特別な日に飲むのにおすすめの1本がこちら。グラーヴ地区の格づけシャトーのひとつ、シャトー・カルボニューが手がける白ワインです。

産地はグラーヴ地区のなかでもとくにすぐれた白ワインを生み出すペサック・レオニャン。ブドウ品種はソーヴィニヨン・ブランとセミヨン、ミュスカデルがブレンドされています。

華やかな香りに、力強い果実味と適度な酸味が見事に調和しているエレガントな味わいで、まさにぺサック・レオニャンの典型とも言うべき1本です。白身魚のグリルやソテーのほか、お寿司やふぐのお刺身などともマッチします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

バロン・フィリップ・ド・ロートシルト『ムートン・カデ レゼルヴ グラーヴ ブラン 2016』

バロン・フィリップ・ド・ロートシルト『ムートン・カデレゼルヴグラーヴブラン2016』

出典:Amazon

産地 フランス(ボルドー/グラーヴ地域)
品種 セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル
生産者 シャトー・ムートン・ロートシルト
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 13%

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

名門シャトーのオーナーが手掛ける白ワイン

手ごろな価格のグラーヴ地区の上質な白ワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。ボルドー地方の「メドックの格づけ」で第1級に格づけされている「五大シャトー」のひとつ、シャトー・ムートン・ロートシルトを所有するバロン・フィリップ・ド・ロートシルト社が手がける白ワインです。

価格は手頃ながら、その品質管理には一切の妥協はありません。ブドウ品種はセミヨンを主体としており、桃や白い花のような香りとフレッシュな果実味、いきいきとした酸味が感じられるすっきりとした味わいが特徴です。貝類や甲殻類を使った料理とよく合います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シャトー・ボネ『シャトー・ボネ 2016』

シャトー・ボネ『シャトー・ボネ2016』

出典:楽天市場

産地 フランス(ボルドー/アントル・ドゥ・メール村)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル
生産者 シャトー・ボネ
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 12.5%

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

手ごろな価格の親しみやすいボルドーの白

手頃な価格のボルドーの白ワインを楽しみたいという方におすすめするワインが、こちらの『シャトー・ボネ・ブラン』です。産地はボルドーのなかでも、親しみやすい白ワインを生み出すアントル・ドゥ・メール。ドルトーニュ川とガロンヌ川にはさまれた一帯にあります。

このシャトー・ボネのオーナー、アンドレ・リュルトン氏はとくにボルドーワイン全体の地位向上に貢献したことで知られる人物。ブドウ品種はソーヴィニヨン・ブランを主体とし、柑橘類やハーブを思わせる香りに、フレッシュな果実味とさわやかな酸味が特徴で、ワイン初心者の方でも比較的飲みやすい味わいです。魚もしくは鶏肉の香草焼きや天ぷらなどと合わせるといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ドゥルト『ドゥルト bボルドー ブラン』

ドゥルト『ドゥルトbボルドーブラン』 ドゥルト『ドゥルトbボルドーブラン』 ドゥルト『ドゥルトbボルドーブラン』 ドゥルト『ドゥルトbボルドーブラン』 ドゥルト『ドゥルトbボルドーブラン』 ドゥルト『ドゥルトbボルドーブラン』

出典:Amazon

産地 フランス(ボルドー)
品種 セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル
生産者 -
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 12%

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

デイリーワインにぴったりな1本

デイリーワイン用のボルドーの白ワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。ボルドーの大手ワイン生産者のひとつであるドゥルト社が手がけるワインです。

「bボルドー」とはボルドーを知り尽くしたドゥルト社が、ベストなバランスを追求して生まれたブランドです。ブドウ品種はソーヴィニヨン・ブランとセミヨン、ミュスカデルのブレンド。柑橘類やハーブなどを思わせるさわやかな香りに、フレッシュかつフルーティーな味わいが特徴で、白身魚を使った料理や、フライやから揚げなどの、レモンをかけるとおいしくなる料理とよく合います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シャトー・リューセック『シャトー・リューセック 2015』

シャトー・リューセック『シャトー・リューセック2015』

出典:楽天市場

産地 フランス(ボルドー/ソーテルヌ)
品種 セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル
生産者 シャトー・リューセック
味わい 甘口
容量 750ml
アルコール度 -

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ソーテルヌ格付け1級シャトーの貴腐ワイン

贈りものにしたり、特別な日のデザートタイムに飲みたいソーテルヌ地区の貴腐ワインがこちら。1855年に制定されたソーテルヌの格づけで、第1級に格づけされた11のシャトーのひとつ、シャトー・リューセックの貴腐ワインです。

長きにわたって安定して高い評価を受けているこの貴腐ワインは、トロピカルフルーツや甘いスパイスを想わせる香りと、エレガントな甘味が特徴的です。ドライフルーツやチョコレートのほか、フォアグラやブルーチーズなどとも抜群の相性です。長期熟成も可能なため、お子さんやお孫さんの生まれ年のものを探し、成人や結婚などのお祝いに贈るのもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シャトー・ギロー『プティ・ギロー 2013』

シャトー・ギロー『プティ・ギロー2013』

出典:楽天市場

産地 フランス(ボルドー/ソーテルヌ)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン
生産者 シャトー・ギロー
味わい 極甘口
容量 750ml
アルコール度 -

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ソーテルヌ1級シャトーのセカンドラベル

貴腐ワインを気軽に試してみたいという方におすすめの1本がこちら。ソーテルヌ格付け第1級のシャトー・ギローが手掛けるセカンドラベル、『プティ・ギロー』です。

セカンドラベルとはいっても、その製法や品質管理には一切の妥協はありません。貴腐ワインは希少価値が高いため高価なものが多いのですが、そのなかでは比較的手ごろな価格で、本格的な味わいを楽しむことができる1本です。

完熟したトロピカルフルーツやアカシアの花のような香りに、蜂蜜のような甘さとほのかな酸味が特徴で、フルーツやデザートのほか、ナッツやチーズなどのおつまみともよく合います。

シャトー・フレイノー 『ボルドー・シューペリュール』

シャトー・フレイノー『ボルドー・シューペリュール』

出典:Amazon

産地 ボルドー
品種 ソーヴィニヨン・ブラン セミヨン
生産者 シャトー・タルボ
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 13.5%

ゲストをもてなすにはこのワイン

生産者のシャトー・タルボでは、ゲストをもてなすためにシャンパン代わりに振る舞うほどの商品。青草やはちみつのアロマを加えたものをオーク樽で9ヶ月熟成させているため、口の中で果実の甘みと、ほのかな苦味がほどよく広がっていきます。辛口のワインのため、キレのある後味が楽しめるワインとなっていて食事にもよく合います。

シャトー ラ ミッション  『オー ブリオン ブラン』

シャトーラミッション『オーブリオンブラン』

出典:Amazon

産地 ボルドー
品種 メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン
生産者 シャトー ラ ミッション オー ブリオン
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 -

特別な日に飲みたい最高の白ワイン

ボルドーでは61の格付けがありますが、その格付けはメドック地区のみのものです。しかし、このオー・ブリオンのみは、別の地区にも関わらず、あまりの商品の素晴らしさに例外として認められています。白ワインの名産地の白ワインとなっており、ボルドー最高の白ワインとの称号を得ている商品です。価格も高めなので、特別な日に飲みたい商品です。

クレスマン 『クレスマン・アントル・ドゥ・メール』

クレスマン『クレスマン・アントル・ドゥ・メール』

出典:Amazon

産地 ボルドー
品種 ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン
生産者 -
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 12%

フローラルな香りがやみつきになる白ワイン

ボルドー白ワインとして使用されている、ソーヴィニョン・ブランとセミヨンのコンビネーションがとてもバランス良く仕上がっている、白ワインとなっています。鮮明な黄緑色となっており、口の中に含むと、フローラルな香りが広がります。繊細さとエレガントさを兼ね備えており、食事の際にもおすすめの白ワインとなっています。

シャトー ラグランジュ  『アントル ドゥ メール』

シャトーラグランジュ『アントルドゥメール』

出典:Amazon

産地 ボルドー
品種 ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン
生産者 シャトー ラグランジュ
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 -

デイリーワインとしておすすめの商品

シャトーラグランジュは、家族経営の強みを活かし、とても丁寧にワイン作りを行なっている生産者です。フレッシュで引き締まった味わいは、辛口のワインそのものといった印象を受けます。価格も比較的手頃な価格になっているので、デイリーワインとしてボルドーの白ワインを飲みたい方におすすめしたいワインとなっています。

ミシェル リンチ  『オーガニック ブラン』

ミシェルリンチ『オーガニックブラン』

出典:Amazon

産地 ボルドー
品種 ソーヴィニヨン ブラン、セミヨン
生産者 ミシェル リンチ
味わい 辛口
容量 750ml
アルコール度 -

EU認定取得のオーガニックワイン

ボルドーのメドック地区に拠点を置くJMカーズの主力ワインです。人気が高い商品で、現在では世界68カ国で販売されています。使用するぶどうは、有機栽培のものを100%使用しており、EU認定も得ています。製造方法や品種は、ボルドーの伝統的なスタイルを踏襲し、上質で洗練された味わいを楽しむことができる商品です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
シャトー・カルボニュー『シャトー・カルボニュー・ブラン 2015』
バロン・フィリップ・ド・ロートシルト『ムートン・カデ レゼルヴ グラーヴ ブラン 2016』
シャトー・ボネ『シャトー・ボネ 2016』
ドゥルト『ドゥルト bボルドー ブラン』
シャトー・リューセック『シャトー・リューセック 2015』
シャトー・ギロー『プティ・ギロー 2013』
シャトー・フレイノー 『ボルドー・シューペリュール』
シャトー ラ ミッション  『オー ブリオン ブラン』
クレスマン 『クレスマン・アントル・ドゥ・メール』
シャトー ラグランジュ  『アントル ドゥ メール』
ミシェル リンチ  『オーガニック ブラン』
商品名 シャトー・カルボニュー『シャトー・カルボニュー・ブラン 2015』 バロン・フィリップ・ド・ロートシルト『ムートン・カデ レゼルヴ グラーヴ ブラン 2016』 シャトー・ボネ『シャトー・ボネ 2016』 ドゥルト『ドゥルト bボルドー ブラン』 シャトー・リューセック『シャトー・リューセック 2015』 シャトー・ギロー『プティ・ギロー 2013』 シャトー・フレイノー 『ボルドー・シューペリュール』 シャトー ラ ミッション  『オー ブリオン ブラン』 クレスマン 『クレスマン・アントル・ドゥ・メール』 シャトー ラグランジュ  『アントル ドゥ メール』 ミシェル リンチ  『オーガニック ブラン』
商品情報
特徴 特別な日に飲みたいグラーヴ地区格づけワイン 名門シャトーのオーナーが手掛ける白ワイン 手ごろな価格の親しみやすいボルドーの白 デイリーワインにぴったりな1本 ソーテルヌ格付け1級シャトーの貴腐ワイン ソーテルヌ1級シャトーのセカンドラベル ゲストをもてなすにはこのワイン 特別な日に飲みたい最高の白ワイン フローラルな香りがやみつきになる白ワイン デイリーワインとしておすすめの商品 EU認定取得のオーガニックワイン
産地 フランス(ボルドー/グラーヴ地域) フランス(ボルドー/グラーヴ地域) フランス(ボルドー/アントル・ドゥ・メール村) フランス(ボルドー) フランス(ボルドー/ソーテルヌ) フランス(ボルドー/ソーテルヌ) ボルドー ボルドー ボルドー ボルドー ボルドー
品種 ソーヴィニヨン、セミヨン、ミュスカデル セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン ソーヴィニヨン・ブラン セミヨン メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン ソーヴィニヨン ブラン、セミヨン
生産者 シャトー・カルボニュー シャトー・ムートン・ロートシルト シャトー・ボネ - シャトー・リューセック シャトー・ギロー シャトー・タルボ シャトー ラ ミッション オー ブリオン - シャトー ラグランジュ ミシェル リンチ
味わい 辛口 辛口 辛口 辛口 甘口 極甘口 辛口 辛口 辛口 辛口 辛口
容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
アルコール度 13% 13% 12.5% 12% - - 13.5% - 12% - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ボルドー産白ワインの売れ筋をチェック

楽天市場でのボルドー産白ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ボルドー産白ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】ワイン専門家のアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

あらゆるシーンでボルドーの白ワインを楽しんで

贈りものにしたり、特別な日の1本にしたり、ふだんの食事に合わせてカジュアルに飲んだりと、ボルドーの白ワインはあらゆるシーンで楽しむことができます。また、すっきりとした辛口の白ワインから甘口の貴腐ワインまで、幅広い味わいのものがあるのも、その魅力のひとつと言えるでしょう。

皆さんもこの機会を通して、日々のワインライフにボルドーの白ワインを取り入れてみてはいかがでしょうか。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/24 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


山形ワインおすすめ11選|甘口好きに!【朝日町や高畠ワイナリーなどの人気商品も】

山形ワインおすすめ11選|甘口好きに!【朝日町や高畠ワイナリーなどの人気商品も】

山梨、長野、北海道に次いで、日本国内のワイン生産量第4位の山梨。特徴は地元産の原材料を使ったワイン、さくらんぼ・ラフランス・山葡萄などを使ったフルーツワインが人気を集めています。この記事では、料理研究家の松本葉子さんと編集部が、山形ワインの選び方、赤・白別に人気の高畠ワイナリーや朝日町ワイナリーなどのおすすめ商品をご紹介します。甘くてフルーティーなワインが好きな人は、山形ワインがおすすめです。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。


カリフォルニアワインのおすすめ16選【コスパ最高】ナパヴァレーワインも紹介!

カリフォルニアワインのおすすめ16選【コスパ最高】ナパヴァレーワインも紹介!

ニューワールドと呼ばれる、比較的歴史の新しいワイン産地のひとつであるカリフォルニア。安いけど美味しいコスパの高いナパ・ヴァレーやノース・コーストの人気ワインも紹介!日本ソムリエ協会(JSA)認定ソムリエである井出玲子さんへの取材をもとに、カリフォルニアワインの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


アメリカワインおすすめ11選|産地ごとの特徴を理解して美味しいワインを選ぶ

アメリカワインおすすめ11選|産地ごとの特徴を理解して美味しいワインを選ぶ

近年、ワインの生産地として実力を発揮しているアメリカワイン。アメリカ大陸の広大な土地と気候により、安価で飲みやすいものから、高級品まで幅広い商品があります。特に有名なのがカリフォルニア州やオレゴン州で生産されたアメリカワインですが、それ以外にも魅力的なワインがたくさんあります。本記事では、アメリカワインについて、「ナパヴァレー」で知られるカリフォルニア州やオレゴン州といった、産地ごとの味の特徴やおすすめ商品、さらに選び方まで、初心者向けにご紹介いたします。一通り読んでいただければ、アメリカワインの産地ごとの特徴や選び方を把握できるはずなので、ぜひ参考にしてください。


長野ワイン人気おすすめ12選|専門家が通販で買える美味しいワイン厳選!

長野ワイン人気おすすめ12選|専門家が通販で買える美味しいワイン厳選!

国内でも有数のブドウ産地である長野県で製造された「長野ワイン」。日本ワインのなかでも高い人気を誇り、お土産やギフトとしてもおすすめ。しかし種類が豊富なので、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いのでは? そこでこの記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに取材のもと、おいしい長野ワインの選び方とおすすめ銘柄をご紹介。きっと飲んでみたいワインに出会えますよ。合わせてワインに合う料理も教えてもらったのでこちらもぜひ参考にしてください。


南アフリカワインおすすめ14選|ピノタージュや人気のシラーズなど!

南アフリカワインおすすめ14選|ピノタージュや人気のシラーズなど!

南アフリカは、ワインの名産地でもあります。手にしやすい価格のものがそろっているため、カジュアルにワインを楽しみたいときにもぴったりです。この記事では、南アフリカ産ワインの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。ピノタージュやシュナン・ブランなどの品種にも注目です。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもぜひチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。