ナンプラーのおすすめ5選|料理研究家が選ぶ!【本格タイ料理に】

ナンプラーのおすすめ5選|料理研究家が選ぶ!【本格タイ料理に】
料理研究家&食専門ライター
松本葉子

紙媒体およびwebで食関連記事を執筆するほか、食物学専攻の学生時代から継続している料理研究および多くの料理人や飲食店、生産現場を取材してきた経験を生かして食品メーカーや飲食店などにレシピ提供・メニューアドバイスを行っている。 また、毎日のように取り寄せる食品・調理関連品の中から厳選した「価値あるお取り寄せ情報」を限定読者に発信していたが、近くブログとして公開予定。

料理研究家の松本葉子さんへの取材をもとに、ナンプラー選びのポイントとおすすめ商品を紹介します。ナンプラーは、熟成期間や原材料などによって香りや風味が異なります。少量を取り入れるだけでも本格派のメニューに仕上がりますよ。家でもナンプラーをつかっておいしいタイ料理を作ってみたい! と思っている人はぜひチェックしてくださいね。記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介しています。


ナンプラーの選び方|料理研究家に聞いた

料理研究家の松本葉子さんに、ナンプラーの選び方のポイントを3つ教えてもらいました。

タイ料理
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

タイ料理につかわれるナンプラー。本格派の味わいにするためにはぜひトライしたいところです。

ブランドを確認して選ぶ

料理研究家&食専門ライター

日本でも多くのタイ製ナンプラーが手に入るようになってきたので、いろいろ試して好みのブランドをみつけましょう。

ただし、ブランドで選ぶときには、ちょっと注意が必要。タイ製のナンプラーには、イカやエビ、牡蠣(カキ)などの魚介の絵がラベルに描かれているものがあり、その魚介が使われていると思われがちです。しかし、イカ印や牡蠣印のナンプラーも原材料はイワシ。イカや牡蠣は入っていません。

Thai Fishsauce Factory Squid『ナンプラー』

イカ印のナンプラーですが、イワシから作られています。クセが少なく炒め物などの調味におすすめ。

>> Amazonで詳細を見る

使い方にあわせて容量を選ぶ

料理研究家&食専門ライター

ネットで購入できるナンプラーは、100ml以下の小容量から4,500mlのガロンサイズまでさまざま。一般的に大容量の商品の方が価格的にはお得になりますが、使用頻度が少ないと保存中に塩分の塊(結晶)ができてしまうこともあります。

そのため、はじめてナンプラーを購入する方や、たまに作るタイ料理用に購入する方は、できるだけ小容量のものを選ぶといいでしょう。使い方のバリエーションが増えるにしたがって、購入するボトルを大きくしていくのがおすすめです。

砂糖が入っているかをチェック

料理研究家&食専門ライター

ナンプラーは商品によって香りや味がかなり異なる調味料です。実際に味わってみないとわからない部分も多いのですが、選ぶときに原材料表示で砂糖が使われているか確認しましょう。

タイ料理だけにもちいるなら砂糖が多めのナンプラーもおすすめですが、ほかの料理にも使いたい場合は、砂糖が入っていないか、入っていても量が少ないものを選ぶほうがいいでしょう。

ヤムヤム『王国のナンプラー 200ml』

砂糖不使用のため、さまざまな料理へのアレンジがしやすく便利です。

>> 楽天市場で詳細を見る

ナンプラーのおすすめ5選|料理研究家が厳選

うえで紹介したナンプラーの選び方のポイントをふまえて、料理研究家の松本葉子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Thai Fishsauce Factory Squid『ナンプラー』

ThaiFishsauceFactorySquid『ナンプラー』

出典:Amazon

内容量 700ml
原材料 カタクチイワシ、塩、砂糖

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

クセが少なく炒め物におすすめのナンプラー

ラベルにイカが描かれていることから「イカのナンプラー」と呼ばれたりしますが、原料にイカは使われていません。イワシエキスの割合が77%と高く、イワシ由来のうまみがしっかり感じられます。それでいて色は薄めで透明度が高く、クセが少ないのが特徴。

このナンプラーを和食やフランス料理の隠し味として使っているプロの料理人もいます。熱を加える料理に使っても雑味がでにくいので、炒め物などの調味にナンプラーをよく使う方にもおすすめしたい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

バランス『フィッシュソース(ナンプラー)ゴールド』

バランス『フィッシュソース(ナンプラー)ゴールド』

出典:Amazon

内容量 60ml
原材料 鰯(魚介類を含む)、食塩、砂糖

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

まろやかさがイワシの風味が苦手な人におすすめ

トレードマークが「天秤」なので、「バランス」あるいはタイ語の「トラチャン」と呼ばれるブランドのナンプラーです。熟成期間が1年程度のナンプラーが多いなか、このナンプラーは2年熟成しているので、風味がまろやか。イワシの風味が苦手な人にも使いやすいナンプラーといえます。

使い切りやすい60mlボトルがあるのも便利。甘さが少なく塩分が強めなのも特徴で、日本のうすくち醤油と同じ感覚で使うことができますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Megachef(メガシェフ)『プレミアムフィッシュソース』

Megachef(メガシェフ)『プレミアムフィッシュソース』

出典:Amazon

内容量 200ml
原材料 魚エキス(カタクチイワシ)、食塩、糖類(砂糖、果糖)

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

洗練された上品な味わいが魅力

しゃれたボトル入りで、洗練された味わいのナンプラーです。タイではハイソサエティーの人たちにも人気があります。塩分を減らし、甘みづけには砂糖と果糖を使っているので、すっきりと品のいい味わいに仕上がっているのが特徴。

そのままつけだれやドレッシングとして使っても、後口に魚の臭いが残ったりしません。魚醤の風味が苦手な方にも試してみてほしいナンプラーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Flying Goose(フラインググース)『ナンプラー』

FlyingGoose(フラインググース)『ナンプラー』 FlyingGoose(フラインググース)『ナンプラー』

出典:楽天市場

内容量 200ml
原材料 いわしエキス、食塩、砂糖

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

唐辛子との相性抜群! 食卓にも重宝するナンプラー

まずは容器に注目。タイの食堂でよく見かける形のプラスチックボトルで、エスニック気分が高まります。容器の口が細くなっていて必要な分量をうまく出すことができるので、卓上でナンプラーを使いたいという方にぴったりの商品です。

イワシの発酵風味、塩分、甘さのバランスがよく、タイ料理に欠かせない唐辛子との相性が抜群。辛みを加えることでうまさが引き立つタイプのナンプラーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヤムヤム『王国のナンプラー』

ヤムヤム『王国のナンプラー』 ヤムヤム『王国のナンプラー』

出典:楽天市場

内容量 200ml
原材料 カタクチイワシ

Thumb lg 01c02ba7 cdd8 41ec 9675 a8175e5e8ae0

料理研究家&食専門ライター

砂糖不使用! 凝縮されたうまみがポイント

このナンプラーの最大の特徴は砂糖が入っていないこと。原料は鮮度のいいカタクチイワシとタイの海水からつくった天日塩のみ。イワシを丸ごと塩漬けにして、2年間じっくり熟成させています。

ほんの少量使うだけで凝縮したうまみを感じられますが、しつこさがないので、和・洋・中いろいろな料理に使いやすいのもメリット。糖質制限している方や、小麦アレルギーで醤油を避けている方にもおすすめの調味料です。

「ナンプラー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Thai Fishsauce Factory Squid『ナンプラー』
バランス『フィッシュソース(ナンプラー)ゴールド』
Megachef(メガシェフ)『プレミアムフィッシュソース』
Flying Goose(フラインググース)『ナンプラー』
ヤムヤム『王国のナンプラー』
商品名 Thai Fishsauce Factory Squid『ナンプラー』 バランス『フィッシュソース(ナンプラー)ゴールド』 Megachef(メガシェフ)『プレミアムフィッシュソース』 Flying Goose(フラインググース)『ナンプラー』 ヤムヤム『王国のナンプラー』
商品情報
特徴 クセが少なく炒め物におすすめのナンプラー まろやかさがイワシの風味が苦手な人におすすめ 洗練された上品な味わいが魅力 唐辛子との相性抜群! 食卓にも重宝するナンプラー 砂糖不使用! 凝縮されたうまみがポイント
内容量 700ml 60ml 200ml 200ml 200ml
原材料 カタクチイワシ、塩、砂糖 鰯(魚介類を含む)、食塩、砂糖 魚エキス(カタクチイワシ)、食塩、糖類(砂糖、果糖) いわしエキス、食塩、砂糖 カタクチイワシ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ナンプラーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのナンプラーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ナンプラーランキング
楽天市場:魚醤・ナンプラーランキング
Yahoo!ショッピング:魚醤、ナンプラーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

料理研究家からのアドバイス

料理研究家&食専門ライター

使い方のコツはアレンジを楽しむこと!

タイでは、卓上で使う調味料として、ナンプラーに唐辛子や酢を加えたものを作ります。購入したナンプラーが好みの味ではなかったときは、輪切りにした唐辛子を加えたり、酢やレモン汁を混ぜてみてください。驚くほど味の印象が変わって、食べやすくなることもあります。

また、購入したナンプラーがなかなか使い切れないというときは、醤油やめんつゆに混ぜて使ってみるのもおすすめです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:星野由佳、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【お鍋の季節!】ゆずポン酢のおすすめ15選|料理やドレッシング作りに

【お鍋の季節!】ゆずポン酢のおすすめ15選|料理やドレッシング作りに

フードアナリストの平林玲美さんへの取材をもとに、ゆずポン酢の選び方とおすすめ商品をご紹介します。いまや日本の食卓に欠かせないゆずポン酢。湯豆腐や鍋料理だけでなく、お刺身やサラダ、とんかつなどの揚げものにもよく合います。人気の馬路村のゆずポン酢や人気メーカーの商品も。記事後半には商品の口コミや通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋も確認してみてください。


【料理研究家が解説】醤油の選び方&おすすめ12選|いつもの料理がこんなに変わる!

【料理研究家が解説】醤油の選び方&おすすめ12選|いつもの料理がこんなに変わる!

この記事では、料理研究家である松本葉子さんへの取材をもとに、おいしい醤油の選び方とおすすめの商品をご紹介します。毎日なにげなく口にしている醤油ですが、製法や原材料の違いによってその種類はさまざま。よく使う調味料だからこそ、こだわって選びたいですよね。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているのであわせて参考にしてくださいね!


市販のだし醤油おすすめ14選【減塩タイプも】和食や洋食の隠し味に!

市販のだし醤油おすすめ14選【減塩タイプも】和食や洋食の隠し味に!

この記事では、フードアナリストで日本体質改善協会の代表でもある平林玲美さんへの取材をもとに、おすすめのだし醤油を紹介します。だしが欠かせない和食や、ときには洋食の隠し味にもつかわれる、料理の利用頻度が高いだし醤油。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ参考にして使い勝手のよいだし醤油を見つけてくださいね。


醤油差しのおすすめ商品7選|液だれしないスプレータイプや耐熱ガラス製も!

醤油差しのおすすめ商品7選|液だれしないスプレータイプや耐熱ガラス製も!

食卓に欠かせないアイテムのひとつが醤油差し。ガラスや陶器製のものをはじめ、スプレータイプや液だれ防止機能がついている便利ななど種類はさまざま。たくさんある醤油差しのなかから、フードアナリスト・市岡充重さんと編集部おすすめの商品を紹介します。選び方も参考にしながら、お気に入りの醤油差しを探してみてください。


おすすめポン酢しょうゆ5選|フードアナリスト厳選【鍋料理からサラダまで使える!】

おすすめポン酢しょうゆ5選|フードアナリスト厳選【鍋料理からサラダまで使える!】

豆腐にかけたり、冷しゃぶのタレに使ったりと、用途の幅が広い万能調味料ともいえるポン酢しょうゆ。商品によって酸味や味わいが異なるので、自分好みのポン酢しょうゆを見つけるのはなかなか難しいですが、上手に選べばお料理の味わいがワンランクアップします。そこで、フードアナリストで日本体質改善協会の代表である平林玲美さんに、ポン酢しょうゆの選び方とおすすめ商品をうかがいました。


新着記事


白髪染めヘアマニキュアのおすすめ10選|ダメージを抑え美しく

白髪染めヘアマニキュアのおすすめ10選|ダメージを抑え美しく

ヘアデザイナー・毛髪改善スペシャリストである窪田圭志さんへの取材をもとに、白髪染めヘアマニキュアの選び方とおすすめ商品をご紹介します。髪にやさしくセルフカラーリングができるヘアマニキュア。美容院に行けなくて根元が白く気になってきたとき、ヘアマニキュアがあればすぐリカバーできて便利ですね。忙しい方、コスパが気になる方にも強い味方です。ぜひこの記事を参考に自分にぴったりの商品を見つけてくださいね。


SIXPACKプロテインバーチョコレート味はおいしい? 実際に食べてレビューしました

SIXPACKプロテインバーチョコレート味はおいしい? 実際に食べてレビューしました

健康や筋トレのため、タンパク質が注目を集めています。でも、普段の食事だけで必要なタンパク質をとるのは大変。そんなときに役に立つのがプロテインバーです。今回はUHA味覚糖の『SIXPACKプロテインバー』を試してみました。一本で約1/3日分のタンパク質がとれるそうです。


MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

どんな筆記具でも書きやすく、一冊の本をつくるようにおしゃれに記入できるノートを探している人もいるのではないでしょうか。ふつうのノートじゃ満足できないというあなたにぴったりなノートが、今回ご紹介する『MDノート』です。昔の文庫本のようなシンプルかつ個性的なデザインで、にじみにくく上質なオリジナル用紙を使用。糸かがりとじで製本されていることもあり耐久性もすぐれています。ここでは、『MDノート』を実際に使用している様子を写真を交えたレビューをお届けするとともに、使い方の実例もご紹介します。


『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

手帳にぴったりのボールペンを探している方におすすめしたいのが三菱鉛筆のボールペン、その名も『ジェットストリーム』。油性ボールペンでありながら力を入れなくてもなめらかに書けるのが特徴です。また油性なので速乾性に優れていて、商談先で手帳に予定を書き込んでさっと閉じても写り込む心配がいりません。ですが油性ボールペンと水性ボールペンを迷っていたり、もうボールペン選びで悩みたくない! と思っている人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックしてみました! さらに実際に購入して使ってみた感想もお伝えします。


牛乳嫌いでも食べやすい! 愛知ヨークのヨーグルト『コアコア』を実際に食べて味を検証レビュー

牛乳嫌いでも食べやすい! 愛知ヨークのヨーグルト『コアコア』を実際に食べて味を検証レビュー

食後のデザートとしても食べやすい少量サイズのヨーグルト。お子さんのおやつとしても手軽で便利ですよね。でも、種類も豊富で購入する際に悩んでしまうこともあるでしょう。また、食べたことないメーカーだと不安に感じて成分表示やパッケージを眺めて買わずに終わる、ということもあるかもしれません。今回は、色んなメーカー・種類のヨーグルトを食べ比べた筆者が愛知ヨークの『コアコア』について実際に食べて特徴や味について解説していきます。購入を考えている方も是非参考にしてみて下さいね。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る